5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

1 ::04/02/28 14:10 ID:07QwSN+P
http://plaza.rakuten.co.jp/mari329/

2 :名前はいらない:04/02/28 14:14 ID:VBLCGMse
逃げっと。

3 :名前はいらない:04/02/29 22:30 ID:hVCvB7/K
酸げっと。

4 :名前はいらない:04/03/02 14:18 ID:+a15q8gc
読んゲット

5 :名前はいらない:04/03/04 02:53 ID:RXNwSQfT
5ゲット...。そんな訳で再利用候補あげ

6 :名前はいらない:04/03/04 02:54 ID:NZUeRS2R
ヤター

1000獲ったどぉー

7 :名前はいらない:04/03/04 02:54 ID:nia7EWWn
ふにふに にゃにゃん ぽむぽむ

8 :名前はいらない:04/03/04 02:55 ID:RXNwSQfT
トラレy=ー( ゚д゚)・∵.ターン

9 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :04/03/04 02:55 ID:QwEDORFt
>>6

(快Д楽) チッ

10 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :04/03/04 02:56 ID:QwEDORFt
>>7
ほうほう・・・ははは、お父さんそっくりだな

11 :◆tr.t4dJfuU :04/03/04 02:56 ID:EDw73puX
迷子になったー

12 :名前はいらない:04/03/04 02:57 ID:NZUeRS2R
そうやって僕らは得たいの知れない芸術を追い求めていくのさ。

13 :ウノ ◆mdm4jQk4Iw :04/03/04 03:02 ID:X4rNbotc


14 :名前はいらない:04/03/04 03:03 ID:NZUeRS2R
ンジャナメ(チャド共和国)

15 :名前はいらない:04/03/04 03:05 ID:NZUeRS2R
しりとりで ん を言っても フカーツ できる呪文

16 :名前はいらない:04/03/04 03:05 ID:y4MZcn1T
芸術デザイン板に
「911/NYのテロは芸術。美しい!」ってスレが立ってた。

17 :名前はいらない:04/03/04 03:06 ID:F4ae9His
次、なぜ芸術が不変であると思われるかについて、議論しませんか。


18 :名前はいらない:04/03/04 03:11 ID:y4MZcn1T
>>16のスレにあったレス

『美しいと思えようが思えまいが、また、芸術だと思えようが思えまいが、
「テロリズム」が殺人するものである限り、あらゆる人に絶対的に否定されねばならない。』
芸術は破壊構築[創造]であるから、事物にそれを見いだすなら、なんであれ人は芸術性を感じることができる。
美は芸美(破壊構築の美)と性美(動物の美)に分かれる。
よって、テロリズムに美を見いだすとすれば、それは前者の美だ。
彼らは物質の破壊(一方で何もない空間の創造)に「美」を見いだしたのであって、決して『テロリズム』という行為自体にでは無い。


なるほど、確かに芸術的な破壊だった、と思った。

19 :名前はいらない:04/03/04 03:14 ID:F4ae9His
概念と概念が対立は不変に生じてしまう。
対立は、自らの正しさを示そうと怒りに震える。
もちろん、その怒りは、いろいろな方法で物質的対立にならないようにする(知恵をもつ)
ことはできる。
だから、戦争が起きるのは、決して不変ではない。
だが、人と人が生活している場合、同じ脳みそを持っていない限り、
対立は生じてしまう。
だから、概念下での対立は不変だと思う。
唯一、確実なのは、対立の状態だ。
唯一確実なものを表現しているのが、芸術だと思う。
不変な状態を美しいというのなら、
飛行機がビルに突っ込んだことは、美しいのかもしれない。
ただ、人の死が訪れる時、そこには美しさはなくなる。
私には、方法が間違っていると思われるし、
攻撃では、状態から実体を持ってしまうからだ。


20 :ウノ ◆mdm4jQk4Iw :04/03/04 03:16 ID:X4rNbotc
>>18
そんなコンテクストを介さないと「芸術」になれないものは
俺はいらないな

21 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :04/03/04 03:18 ID:QwEDORFt
とりあえずキキキスレも落ちたんで
芸術というか哲学っぽいにはこっちでやらんか

■□哲学と詩☆★
http://book.2ch.net/test/read.cgi/poem/1049025014/

ここは落ちか削除させたほうがいいだろうし

22 :ウノ ◆mdm4jQk4Iw :04/03/04 03:20 ID:X4rNbotc
いっそたてちまえば?

23 :名前はいらない:04/03/04 03:21 ID:F4ae9His
さらにいうと、
その対立が自分の内部で、行われることはある。
善と悪が内部的に対立する時がアル。
悪魔と天使のささやきが内部的に、対立する。
誰もがそうだと思う。

だから人間は美しい。

生き様は誰でも、美しいのだ。
僕は、受け入れようと思う。
人間の全てを、対立を。
私はそう思う。


24 :名前はいらない:04/03/04 03:25 ID:CAUCS09y
生々流転

25 :名前はいらない:04/03/04 03:25 ID:NZUeRS2R
新スレ希望です!


自分を込めた詩を書かないと意味がないぞ。2

前スレ
http://book.2ch.net/test/read.cgi/poem/1078165513/l50


テンプレも作成したので、どうぞ!

26 :名前はいらない:04/03/04 03:29 ID:NZUeRS2R
寝るか。。。

27 :名前はいらない:04/03/04 03:30 ID:NZUeRS2R
女性ヌードモデルって
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/art/997431684/l50

芸術デザイン板逝ったらここでハァハァしそうになたーよ。デハデハ

28 :名前はいらない:04/03/04 03:33 ID:NZUeRS2R
「911/NYのテロは芸術。美しい!」
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/art/1027063186/l50

いちおう貼り。

29 :名前はいらない:04/03/04 03:36 ID:MWu9sOnm
このスレはまだ読んでないんですが、キキキ君のスレは読みました。
真の芸術ですか……。メディアアートやパフォーマンスやら、人間関係やら、
そういうのをのほほんと考えてしまう面もある私には重い問いです。

キキキ君と話すことによって、「具体」展が気にかかっていたことや、
大学の卒展のことを思い出し、それが私の心に強く刻まれたこと。
キキキ君がどうであれ、7日に行ってみようかと考えていること。
キキキ君の身長も体格ももう問題ではなく、存在そのものに引かれ、何者でもない
姿を撮りたいと、今はそう感じています。

こういう気持ちを笑う人に芸術を語って欲しくない……なんてことも言いたくは
ないし、私は圧倒的に愚かであるわけですし。

カメラも持って行こうかなんて、そんなことも浮かんできています。
誰もいないところを撮るのも面白いかもしれない。
何も知らない人からみれば、ただの風景ですが。
そして私に私の心が撮れるかは分かりません。

しかしキキキ君との会話スレが作品であったことは間違いないと自分では思います。

30 :名前はいらない:04/03/04 03:40 ID:F4ae9His
>誰もいないところを撮るのも面白いかもしれない
>何も知らない人からみれば、ただの風景ですが。

カメラを持っているあなたがいる。そういうことですよね?
やっぱり人間は人間から離れられないんですよね。芸術も。

31 :名前はいらない:04/03/04 03:55 ID:+201GdJ8
写真は人間が撮るものですけれど……確かに何も写っていないように見えても
撮影者が存在してますね。

人間が人間をやめるのを期待しているってわけではないですよね?
自称ミドリムシではありますが、人間でもありますよ。

自分は芸術という言葉はなかなか使えない人間です。

32 :名前はいらない:04/03/04 04:12 ID:F4ae9His
>>31
僕は人間が人間である事を受け入れようとしています。
他のものではない、唯一の人間以外になりたいという感情は、自然にでますが、
それでも、やはり、人間でありたいです。

下世話な話をすると、
ずーと、彼女と一緒だと、
彼女以外の人と寝たいと思うんだけれど(ごめんあさい)、
やっぱり、人生終わるまで、彼女と寝ていたいと思うんです。
そういう感情と似ています。

33 :名前はいらない:04/03/04 04:37 ID:2sdeTCOY
麻酔薬である時もあれば、その他の効き目があることもあれば、毒になることも
あれば、またその毒の効き目もさまざま。その残酷性。愚かさ。

絶望や恐怖に取り込まれすぎては何もできないし、誰かに簡単に操られるかも
しれないし。まぁそんなこと言ってられないくらい自分は弱い。

なんだか違うな。やっぱりからすさんのスレを眺めているのが好き。
女に論理性を求められるとつらいなんて弱音吐くと馬鹿にされるんだろうな。

34 :はなまる:04/03/04 06:24 ID:hSfsTRoY


35 :名前はいらない:04/03/04 23:04 ID:peQ4k4zQ
自分も何度も突発的な反応があり、苦しんだんですが、今まさにPTSD症状が
出ている人もいるんじゃないのかと心配しています。

信じられないような出来事に遭遇するというのも原因の一種となりうると思う。
禅の魔境と近い気もするけれど、悟りを得たという思い上がりが加わるので
かなり攻撃的になるのかな。まぁ適当な分析でごめんなさい。

36 :☆キキ+キ゚Д゚♪ ◆qpmo.OOqAo :04/03/05 04:03 ID:WM4kfFrI

僕のHPで「物事の極み」って作ったから見てみ。

http://www.geocities.co.jp/HeartLand/8862/

才能と知識がどうってとこ。




37 :名前はいらない:04/03/05 13:35 ID:rHL85Rhe
>>36

なんだか人格が変わってませんか?
内容は非常に示唆に富むのだけれど、結論には疑問を感じます。

禅や道にスライドさせて読んでしまう自分の読み方のせいかもしれない。
どんな分野にも個人差はあるから、自分の感じた疑問と☆キキ+キ゚Д゚♪
さんの言いたいことは矛盾しないのかもしれない。

いいページありがとうございました。音楽についての話はとても説得力
あるように感じました。

38 :ねこいるか ◆/D0HAk633. :04/03/05 14:12 ID:0qPiwIre
>>36
なんだかこの人さいきんよく見かけるから
どんなホムーペかなー て見てみようとしたら
なんか、いきなり声が出てて
後ろからパン♪パン♪するか
とか言ってて
それが何度も繰り返しててキモーイから
結局読んでないやー

39 :名前はいらない:04/03/05 15:38 ID:SeaQu3A/
>>38

大丈夫っすか?

40 :伊達直子(仮名):04/03/05 17:49 ID:0QzN1VVK
音という言葉を取り戻した音楽家
時はまさに21世紀
歌姫になりそこねた阿修羅はギャル系だった

白い〜ベッドの〜じゃ〜んぐるで〜
温泉に行こうなんていつも話してた
落ち着いたから一人風呂に沈んだ♪

41 :名前はいらない:04/03/30 13:19 ID:hli9iGoD
芸術の消された
世界の果ては
誰も知らない
包装紙のカケラでした

42 :名前はいらない:04/07/04 17:57 ID:+zl9K4MQ
「期待」

いま
飛べ

43 :名前はいらない:04/10/16 22:34:05 ID:h5tAmmvT
tesu

44 :   ◆PhxXOOBGGU :04/12/22 21:26:14 ID:Dtg89OK2
良スレ捕手

45 :名前はいらない:04/12/27 06:07:18 ID:dTnI/aTn
ドットひとつで詩、寄る雑魚は大物を見え困惑。

46 :情景描写撮影所 ◆Imq0studio :2005/05/06(金) 00:11:21 ID:r9s9/5sm
てん 、

47 :名前はいらない:2005/05/23(月) 20:33:58 ID:6Ql77QTC
,

48 :名前はいらない:2005/07/02(土) 02:57:29 ID:k+jQZMzD
対男性2の三角関係になると決まって逃げることを考える
小学生の頃からそうでした
いろいろうだうだとややこしくなってくると
もうなにがなんだかわからなくなり
どうでもいいから逃げたくなるというのがたぶん本音です

49 :名前はいらない:2005/07/02(土) 03:04:46 ID:k+jQZMzD
小学校の段階だと、クラスで一番もてる男子は体育の得意な子です
これは全国津々浦々例外のない単純な事実ですが
ところで私のクラスの男子は大きく2ブループに分かれていて
それぞれのリーダーの子に私はなぜか好かれていました
そのせいで私は非常にやっかいな思いをしました

三角関係になると
あの時の感覚が無意識によみがえるようなのです

50 :名前はいらない:2005/07/02(土) 03:10:32 ID:k+jQZMzD
もてていいねと思われるかもしれないけれどそれどころではないのです
私はドッチボールの掛け金代わりにされるのは嫌だった
私はどっちの人形でもない
実際それで私の男嫌いに拍車がかかったのです

51 :名前はいらない:2005/07/02(土) 03:11:20 ID:k+jQZMzD
今のはだじゃれではないです
そんな親父ギャグは言いません

52 :名前はいらない:2005/07/02(土) 03:11:51 ID:k+jQZMzD
人が居ないスレっていいねv

53 :名前はいらない:2005/07/02(土) 03:16:31 ID:k+jQZMzD
出血は結局止まりません
胃が痛くて薬も効かないのが辛い


54 :名前はいらない:2005/07/02(土) 03:20:20 ID:k+jQZMzD
駆け引きの駒にされるのは本当にもうごめんです
私の忍耐力を試さないでください
キレる時はキレるんです

55 :名前はいらない:2005/07/02(土) 03:26:09 ID:k+jQZMzD
私は二人とも何とも思ってなかったのに勝手に二人で白熱していて
それはもう迷惑千万でした

それとは別に他の男の子に、愛のムチ!とか言って叩かれたこともありました
なんだそりゃ
さっぱり理解できなかったです
おかげで走るのは随分早くなりましたが

56 :名前はいらない:2005/07/02(土) 03:27:55 ID:k+jQZMzD
自分で言うのもなんですが私は逃げ足が速い

57 :名前はいらない:2005/07/02(土) 03:28:50 ID:k+jQZMzD
いいねこのスレ
検索かけても検索できなそうなところが

58 :名前はいらない:2005/07/02(土) 03:31:41 ID:k+jQZMzD
もうマジで山にでも篭りたいです
人生に疲れてしまいました

59 :名前はいらない:2005/07/02(土) 03:36:56 ID:k+jQZMzD
この頃分かったんです
私が逃げるのは
溜まりに溜まった恨み辛みを二人に向かって一気に吐き出した結果だと
本当は本当は怒りたいところを我慢に我慢に我慢を重ねるんだけど、
結局ある日
どっかーーーーーーーーーんと大爆発してしまうんだなと
私は下手なんです

60 :名前はいらない:2005/07/02(土) 04:15:06 ID:k+jQZMzD
子供の頃のそういう経験を、大人になるまで持ち越してしまうのはよくないね
第一あの時とは状況が全然違うのに
同じような結末にしてしまうのは、どこかで私の判断に歪みがあった証左


61 :名前はいらない:2005/07/02(土) 10:24:44 ID:oQKw0T2Z
逃げる、という言い方は大いに誤解を生みそう
距離を置こうとする、という言葉のほうが適切かな
実際に取る行動としてはさほど差はないんだけど

なんにせよ言えるのは、今回の場合私は逃げ遅れたということ
自分のシナリオの通りに自分が動けなかった

62 :名前はいらない:2005/07/02(土) 10:38:53 ID:oQKw0T2Z
私は自分のことを、いざとなれば機械のように動ける人間だと思ってた
しかし歳をとるにつれて、動かしがたい自我がはっきり出てくるようなのです
自分に嘘を吐いているということに無意識でいられた子供の頃は
確かに、私はある意味機械のようになれたのだけれど、
年の功で周囲の状況がよりよく見渡せるようになり、物分りが良くならざるを得ないのに反比例して、
抜き差しならない自我というものが確固として前面に出てきた
もう昔のように、自分を殺して生きられないと、悟った



63 :名前はいらない:2005/07/02(土) 10:49:44 ID:oQKw0T2Z
悪い意味ではなく、やはり若い頃というのは若いのだ
自分のことをよく分かっているつもりで、自分の意志で行動してるつもりで、
大枠では誰かの価値観に従って行動しているだけだということに気付いてない
緻密に意識化できてない
まだ本当には自我に目覚めていない

自分、というものに、人より早くから思い悩んできた方だと思うけれどそれでも、
今思えばあの頃はまだ未成熟で、その分柔軟性があった
否、時の流れが早すぎて、立ち止まる暇もなかったというほうが正しいかもしれない
そしてその一々に対処できないままでもなんとかやり過ごせた頃だった

64 :名前はいらない:2005/07/02(土) 11:02:21 ID:oQKw0T2Z
子供のほうが大人より敏感で傷つきやすいという
もはやその通念を私は全く信用してません
年齢に関係なく、鈍感な人は鈍感なんだもの
この前新宿のウェンディーズで、OL達の噂話を聞いて思いました
大勢で集まって友達の陰口を言って楽しんでる中学生となんら変わりは無いです
若いからでもなく働いていてストレスが溜まっているからでもなく、
きっとあの種類の人たちは、自分を外から見るということをそもそもしないのだ

65 :名前はいらない:2005/07/02(土) 11:09:32 ID:oQKw0T2Z
女が嫌になり
男が嫌になる
本当はどちらもあまり好きではないのだろう

でも女の人とは大抵仲良くなれます
男の人には警戒心を隠さないので、正直あまり仲良くなれません
だけど男の人に対してはそれでいいと思ってます

66 :名前はいらない:2005/07/02(土) 11:21:56 ID:oQKw0T2Z
誰しも自分の外見やイメージを自覚して人に対さなくてはならない
意識してそうすべき、というより、どうしてもそうせざるをえない、ほうの意味の
「〜なくてはならない」なのだけれど、
私の場合、女の人に対しては、同姓としての嫉妬を買わないことによって、
男の人に対しては、過剰に媚を売って誤解されることのないよう気を使うことによって、
円満な人間関係をなんとか成り立たせてきたような気がする
そう、誰だって自分の外見を戦略的に使うよりない
無意識にでも、自分の都合よくいくようにと利用してるところがあるはず

67 :名前はいらない:2005/07/02(土) 11:30:51 ID:oQKw0T2Z
昨晩他スレで嫉妬の話をしている人がいたが…
彼のいう書き込みの主は、よほど高飛車で、何かに追い回されて
キリキリマイになって生きている人に違いないと思った
状況がそうさせているのかもしれないが、はっきり言えば、一般的な基準で言うと性格は良くなさそうだ
嫉妬を好物だというくらいだから、人の心の動きに対する繊細さの欠けた人物だろう
大物には間違いないが、決して自分もそうなりたいとは思わない

68 :名前はいらない:2005/07/02(土) 11:36:12 ID:oQKw0T2Z
自分で自分のことを凡人を超えた天才だと思っている人のほとんどは、
本物の天才ではなく、
変わり者の凡人だと思う


69 :名前はいらない:2005/07/02(土) 11:43:56 ID:oQKw0T2Z
「顔を見て見ないと分からない」
これは一つの真理だと思うのね
ねじれた精神がそれらしい理屈を作り出してる場合もある
いったいどんな人がそういうことを言ったのか
それを知らない限りは、その言葉の真意は分からないものだけれど、
それには大いにその人の外見が含まれる
ネット上ではそれができないから、発せられた言葉の説得性が本気で問題にされない

70 :名前はいらない:2005/07/02(土) 11:56:45 ID:oQKw0T2Z
言葉について色々と語ることほど消耗することはない
だから本当のことを言って、それについて詳しく喋るのはめんどくさい
なぜなら言葉を語るにも言葉を使わなくてはならないから、その時点でかなりの矛盾と限界を含む
誰かが言った通り、言葉は透明な道具であるべきで、そう信じ込んで使うから人は言葉を使えるんだ
それが不透明だと思いながら、流暢に喋ることはできない


71 :名前はいらない:2005/07/02(土) 12:01:28 ID:oQKw0T2Z
私には、今まで「彼」が語ってきた話がとてもよく分かる
でもその議論は詩板ではタブーかもしれないよ
というか、下手をすると君の口から言葉というものを奪ってしまいかねないよと
思いながら見ていた
常に何かを喋らないといけない立場の人が、言葉の持つカラクリに気付いてしまうのは、
確かに酷だと思う

72 :名前はいらない:2005/07/02(土) 12:10:16 ID:oQKw0T2Z
これは、一貫して自らの詩情を否定しながら詩を書いていた人の話↑
彼の話をちゃんと聞くために、私は故意に愚か者の振りをした
彼が自ら選んでいくべき、話の筋道を邪魔しない為に
そしてまた、人目を気にさせることで彼が自分の話をより研ぎ澄ましていくように
だけど周囲には、どうもその意図が伝わらなかったようだった

73 :名前はいらない:2005/07/02(土) 12:21:18 ID:oQKw0T2Z
私には私なりの答えがあり彼は早くそれが聞きたいんだ
でも私は出し惜しみする
そうやって彼にわざと回り道させ自分で考えさせる
そういう方法で私は彼の能力を引き出す
まるで聞いていないふりをしながら、彼の考えが鋭くなっていくのをそっと見守っている
いつか彼は私をも超えるだろう
私はそれを心から期待しているんだ

74 :名前はいらない:2005/07/02(土) 13:06:57 ID:oQKw0T2Z
彼には才能がある
そう感じた自分の勘を疑ったことはないし
だけど才能があるとかないとか、そういう判断を超えて好意を持ってしまったとき
いわゆる三角関係になってしまった
考えてみればよくある話だけど

子供の頃から、好意を感じる相手のタイプは変わっていない
グループを仕切ってた二人は全然好きじゃなかった
私が好きだったのは、その二人に反抗していた子だった
生意気だと言われてよく二人に泣かされていたけれど、それでも屈しない子だった
抵抗を続ける、それは決して人間関係において“賢い”対処法ではないし、
(黙っておけばいいのに…)と誰もが心では思っていた
彼はバカだと言う人もいた
でも、喧嘩したら絶対負けると分かってても自分の考えをはっきり言ってた、
あの子は偉かったと思う

75 :名前はいらない:2005/07/02(土) 13:11:21 ID:oQKw0T2Z
しかしある意味問題児だったそれは否めない
それはちょっとどうかな…と私も感じることは、あったことはあったんだけど

76 :名前はいらない:2005/07/02(土) 13:29:29 ID:oQKw0T2Z
ただ、今までの彼には、被害者意識が強すぎた
ここを突き抜けられない原因はそこにある

公然と暴力を描く・振るう側には、無意識にでも自分の行動を正当化する理屈が必要になる
それは映画でも同じ 
いかに多くの映画が、家族愛を壊されたことによって暴力を振るうことを無批判に正当化しているか
逆に言えば、その正当化が組み立たなければ、いくら映画でも暴力を公然と描けないのだ
無意味な暴力は批判されて見る人に支持されず、問題作と見なされるから
まず最初にこちらが攻撃を受けた
ゲームでも同じ 必ず冒頭にそういう暴力の正当化のストーリーが入ってる
暴力を正当化するのに最も適切は理論は
「被害者はもともとこっちだ」という主張なんだ

多くの人は無意識にその理屈を刷り込まれている
ゲームだとか映画だとか、多くはそういう映像を通して
だから、自分が被害者だと思いこんだ人の暴力は止まるところを知らない

77 :名前はいらない:2005/07/02(土) 13:36:16 ID:oQKw0T2Z
自分以外の誰かを守るため、というのも美しい理屈だね
復讐も共感を買うし美化されうる

だけど



78 :名前はいらない:2005/07/02(土) 13:53:25 ID:oQKw0T2Z
君は、必要性に迫られて虚構の悪を作り出してはいけないよ
それをすると君の中で、素直で綺麗な何かが壊れていってしまう
私も君もそれを望んではいないよね

もう無理だと思ったとき
君は君自身の手で終わらせなくてはいけない
私の許可の有無ではなく

そしてその時は、私のことも捨てるんだ
君は被害者意識を突き詰めすぎた
額縁ごとその絵を捨てなければ
そうしないと君は進めない

79 :名前はいらない:2005/07/03(日) 03:33:00 ID:Wsbp2BdH
まだ生かされているということは、まだやるべきことが残ってるんだろうか
私の役目は終わった
そう思っていたけれど

80 :名前はいらない:2005/07/03(日) 03:42:37 ID:Wsbp2BdH
生と死の間を当てもなく彷徨うといつか狂気になる
いまいち誰にも気付いてもらえなかっただけで、数年前からおかしかったのかな

私には尊敬する人がいて、その人は私なんかよりずっと賢くて立派な人なのだけど、
その人が決して幸福な人生は送らなかったこと
ほぼ毎日なんらかの形で、自殺が頭をかすめていたこと
いつか自分は狂うんじゃないかと、密かに恐れていたこと
だけど結果的には天寿をまっとうしたこと
そのことを思うと気分が少し楽になる




81 :名前はいらない:2005/07/03(日) 03:46:51 ID:Wsbp2BdH
いつも思うんだよ
哲学は、人に教わって分かる、という類の知ではなくて
ひたすら自分でやるものなんだと

82 :名前はいらない:2005/07/03(日) 04:10:52 ID:Wsbp2BdH
だから君が努力してやっていることは、私から見ても、
決して無駄なことではないです
一つの方法として、それはすごく正当だと思う
だから、自信を無くして挫けたりしないで欲しい
君の話は、時々飛んでいるけど、面白いよ

83 :名前はいらない:2005/07/03(日) 09:14:19 ID:Wsbp2BdH
貴方の生き方を肯定する、ということは、自分自身の生き方を否定することに、
繋がりかねないという危うさがありました
これまでの生き方の経緯が、私とは大きく違うからです

私は貴方に何もしてあげられないあまりに、自分を傷つけることでしか、
気持ちを表現できないと無意識に思っていたのかもしれません

私も自分自身に対して、あまりに非情になる時があります
あなたとはやり方が違いますが


84 :名前はいらない:2005/07/03(日) 09:36:01 ID:Wsbp2BdH
私は自分を気の毒に思わないのでしょうか
よく分からないです
プライドが高くて、素直に認められないのかもしれないです

「あなたが心配だ」と人に言われたとき
私は無意識に、自分の心を止めて、何も感じないようにしてきたような気がします
人の心配はするのに、自分のことは自分で何とかしようと思ってしまいます

85 :名前はいらない:2005/07/03(日) 09:39:33 ID:Wsbp2BdH
偽善的とかいうより、なんだかひねくれているのです


86 :名前はいらない:2005/07/03(日) 09:51:36 ID:Wsbp2BdH
それならそれでいっそ冷酷に突き通せればいいのですが
中途半端なんですね
途中でちょっと気が変わったり、弱くなったりするんですね



87 :名前はいらない:2005/07/03(日) 09:57:54 ID:Wsbp2BdH
それが結果的に貴方を振り回し、
何を考えているのかよく分からないと思わせてきたんでしょう
確かに、よく分からないこともあるだろうと思います
断片的にしか説明しなかったり、話題が飛んだりするし

88 :名前はいらない:2005/07/03(日) 10:05:59 ID:Wsbp2BdH
私は人の思いやりや愛情を感じるのを拒否しているところがあるのかも
それを受け入れてしまうと、自分が弱くなるからかな
人よりしっかりしているんじゃなく、ずっと脆いのかもしれないです

89 :名前はいらない:2005/07/03(日) 10:10:07 ID:Wsbp2BdH
でも、人の思いやりや愛情を受け入れるのにも、
結構な量のエネルギーが必要だと思いませんか?
なんでしょうね、もっと素直になれば受け入れられる、というものじゃなくて、
感じ取るのを拒否することで、自分を守ってるような気もします

90 :名前はいらない:2005/07/03(日) 10:15:21 ID:Wsbp2BdH
でもそれって、相互的なコミュニケーションの拒否なのかもしれないですね
なんでそうなるんでしょう、やっぱり他人との関係が私には重いのかな
自分が人にあげるだけのほうが気分的に楽なんだと思う

91 :名前はいらない:2005/07/03(日) 10:21:16 ID:Wsbp2BdH
私は私で自分に正直なんだと思う、というか妥協できないんだと思う
人に与えたんだから自分も貰ってしかるべきだと、相手に期待してしまうと、
純粋に善意から相手を思い遣ることができなくなる、ということが分かっているから、
期待すまいとして、相互関係をあえて拒否するのかもね
自分の中に負の感情が溜まることが苦手なんだろう

92 :名前はいらない:2005/07/03(日) 10:33:47 ID:Wsbp2BdH
でも私、負の感情が好物なわけじゃない
それにそればかり食べていると、自分が汚染されてしまうと分かる
私は物に当たったりすらできない分、消化して排出できなくてそのまま具合が悪くなってしまう
やっぱり弱いんだろう

93 :名前はいらない:2005/07/03(日) 10:41:26 ID:Wsbp2BdH
眠い…

94 :名前はいらない:2005/07/03(日) 13:26:20 ID:Wsbp2BdH
前のOLの話だけど、あの人たちは健康なのかもしれないとも思う
仕事のストレスは溜まってるんだろうけど、ちゃんと排出して循環させてる
あれだけ喋ってれば消化されるだろうって気がした

でもああいう話には混じれない
それともずっと一緒に居れば自分でも言うようになるんかな
ああいう話にもついていけるようじゃないと、よけい集団から孤立するんだよね
って中高のときも考えてた気がする

95 :名前はいらない:2005/07/03(日) 13:37:13 ID:Wsbp2BdH
自分で言うのも何だけど、私っていかにも人の悪口言わなそうなんだよ
いい人っぽいんだよね
で、実際言わないし、秘密を聞いても他言しない
うわーーーーーって感情が爆発して、豹変するってこともない
だから、周りから見て、打ち明け話や愚痴吐きがしやすい人なんだと思う
そういう意味で、暗黙の了解のうちに周りに頼られてきたとこがある気がする

96 :名前はいらない:2005/07/03(日) 13:43:15 ID:Wsbp2BdH
話してる最中に、ああこの人これからなんか話すなぁって分かる
そういう話するときって目や顔つきが変わるでしょ
そうすると私は顔には出さずに、構える ていうかそれしかないし
私は私で、下手な親切心で、聞いてあげようとしてしまうし

97 :名前はいらない:2005/07/03(日) 13:51:54 ID:Wsbp2BdH
でもさ、もうそこまで持ってこられたもんは、突っ返せないでしょう?
外見的にどう見えるとかいうのは、私が偽善者だからとか、そういう問題でもないし
しょうがない、外見は親から受け継いだもんなんだから

98 :名前はいらない:2005/07/03(日) 13:57:58 ID:Wsbp2BdH
その時その場では調子良く聞き役がこなせるんだよね
だから話した相手も、そんなに私に負担かけてるとは思ってないんだよね
でも問題は、その後一人になったとき
必要以上に考えてしまうから
多分、人との関わりがしんどいのは、そのことのせいでもあると思う
私本当は容量少ないんだよ

99 :名前はいらない:2005/07/03(日) 14:13:19 ID:Wsbp2BdH
まぁもちろん皆が皆私に何か言ってくるわけじゃない
でもそうやって相談に乗ったりしているうちに、聞かなくても見えてくるようになった気がする
そうなるともう、人を見るのがしんどくなった
一人で勝手に中毒になってるんだよね
勘違いも多々あるだろうと思うから

100 :名前はいらない:2005/07/03(日) 14:36:36 ID:Wsbp2BdH
子供の頃の告白ってさ、正直大したことないと思うんだよ
だいたい、好きとか嫌いとかの理由がすごい単純だったりするし
なんかの罰ゲームかイジメで、告白しに来させられたらしい人もいた 
でも、それにも関係あった気がするんだよね、私は他言しないっていうことが
すぐペラペラ友達に喋る女の子にはやっぱり言いにくいだろう
噂になったら困るとかいうことも結構考えてる年頃だと思うんだ
そう思うと、この子なら、もしフラれても誰にも言われないだろうっていう
安心感みたいのがあったんじゃないかと思う

でも私的には、それってどうなの?っていう…

私も一回、思い切って全部周りにしゃべっちゃおうか!
とか思うけど、とんでもないよね

101 :名前はいらない:2005/07/03(日) 14:46:46 ID:Wsbp2BdH
最終的には楽器しかないと思う
多分薬とかより、そっちのほうが効く
誰か私に、防音装置のついたマンションを下さい

牛乳でも買ってこようかな

102 :名前はいらない:2005/07/03(日) 17:18:48 ID:Wsbp2BdH
マンションはいい
現実的に、近くのヤマハにでも行ってみるよ

空が澱んでて、帰り雨に降られた
やっと梅雨

103 :名前はいらない:2005/07/03(日) 18:24:04 ID:Wsbp2BdH
宇宙といえばあの曲聴いたよ
意外とまったりした曲だったよ
こんな曲も聴くんだなぁと思った

104 :名前はいらない:2005/07/04(月) 19:57:07 ID:JoA/K3pZ
私にとって一番大事なのはやっぱり私なんだと思う
人に譲ってる部分もあるんだけど譲りきれない部分もあって
譲りきれない部分の無意識の主張がかなり強いんだなって

昔、将来は世の中の役に立たないことをしようと思ったんだ
役に立つとしてもずっと先に何人かの役に立てば十分だと
その考え方がすでに
自分が強い人の考え方だよね
でも、そもそも役に立つって凄く怪しい言葉だと思ったの
世間には思い通りにならないことがいろいろあるから

105 :名前はいらない:2005/07/04(月) 20:07:14 ID:JoA/K3pZ
政治家になって大声で街頭演説するより
家で自分の子供一人をしっかり育てることの方が
めぐりめぐって世の中のためになるんじゃないかな
と思うんだけどね
大勢を変えることは難しいけど
数人に影響与えるくらいなら可能じゃないかな

106 :名前はいらない:2005/07/04(月) 20:15:04 ID:JoA/K3pZ
誰と結婚するにしても
自分の子供に信頼されるお父さんになってね
子供に嫌われたくなくて機嫌とるんじゃなくて
ちゃんと向き合って考えてやれるような

107 :名前はいらない:2005/07/04(月) 21:13:26 ID:JoA/K3pZ
ましてやうちの父親みたいにならないでね
父親が強すぎると家の中はギスギスする
子供にトラウマが残る

108 :名前はいらない:2005/07/04(月) 21:19:14 ID:JoA/K3pZ
個人的には
貴方の遺伝子はこの世に残って欲しい

109 :名前はいらない:2005/07/05(火) 00:54:51 ID:r5j6QR6U
私は世間知らずだけど、男女関係は経験的によく解ってるほうだと思う
他人と暮らす大変さも、いろんなパターンで経験してる
だからどうしても考え方が現実的になるの
好きだったらうまくいくってもんじゃないよ、現実は
どうしても合わないといけないとこはある
ここまで話したから言うけどね

110 :名前はいらない:2005/07/05(火) 01:18:00 ID:r5j6QR6U
まず現実的には、
金銭感覚が似てること、
理想の家庭像が近いこと、
共通の趣味があること、
喧嘩しても仲直りできること、
セックスの相性がいいこと だいたいこの五つだと思う。
信頼関係があるなんてことは当たり前すぎるから言わない。
相手を思いやる気持ちは当然両方に必要だし。

111 :名前はいらない:2005/07/05(火) 01:19:57 ID:r5j6QR6U
最後のは、らしくないと思うかもしれないけど、
合わない人と結婚しちゃうと特に女にとって最悪だから大事。
避妊できない時代じゃあるまいし、婚前交渉はダメなんていったら、
後で苦労するのは女のほう。きれいごとは言ってられない。

112 :名前はいらない:2005/07/05(火) 01:25:28 ID:r5j6QR6U
あ、これは付き合う基準じゃなく結婚の基準ね

113 :名前はいらない:2005/07/05(火) 01:39:53 ID:r5j6QR6U
現実的には、お互いの努力でカバーできることもあるけど、できないこともあるから、
もともと性格的に合う組み合わせであることが
必要だと思う

114 :名前はいらない:2005/07/05(火) 02:02:55 ID:r5j6QR6U
貴方が夢見たシナリオはだいたいは解ってるつもりなの
その夢の中で貴方は相性が合うかどうかの確認を
もう既に終えちゃったつもりなのかもしれないけど、
私はその確認は省略できないとこだと思ってる

115 :名前はいらない:2005/07/05(火) 02:25:16 ID:r5j6QR6U
突飛ではあるけど可能性ゼロじゃない
変わった組み合わせってあるから

116 :名前はいらない:2005/07/05(火) 12:52:09 ID:r5j6QR6U
うちの親は私が新しく家庭を作ることになっても
私がその主軸になることを期待してるみたい
旦那にはそのサポートをしてほしいと
でも貴方はサポートに回るどころか…でしょ
わかる?

117 :名前はいらない:2005/07/05(火) 13:09:32 ID:r5j6QR6U
貴方は子供が欲しいっていうけど
もちろん相手に育ててもらうつもりなんだろうと思うんだよ
でも私両方は無理だと思う
そこまで体力あるほうじゃないし

118 :名前はいらない:2005/07/05(火) 13:13:53 ID:r5j6QR6U
いろいろ考えると二番目がかなり難しい
と思う

119 :名前はいらない:2005/07/05(火) 13:19:33 ID:r5j6QR6U
よっぽど性格的に合えば
それでもお互い少し妥協しながらやっていけるかなとも思う
でもその肝心な部分が
ぶっちゃけ未確認じゃない?
そうなるとね…
選ぶも選ばないも、選びようがないんだよ

だいぶ見えてきた?

120 :名前はいらない:2005/07/05(火) 13:32:13 ID:r5j6QR6U
私は私で、っていうか多分私のほうが具体的に、
どうしたらいいか解決法を考えてきたと思う
でも貴方とは、ちゃんと話し合おうにも、一方的な手段しかない
これを乗り越えられないようなら
もし現実に付き合ったとしても
将来何かでつまづくだろうと思ったから
譲れなかった
現実は甘くないから

121 :名前はいらない:2005/07/05(火) 13:37:10 ID:r5j6QR6U
ごめんね
私夢を見ることは見るけど
それでも最低限は現実的なんだよ
そういう性格なんだよ

122 :名前はいらない:2005/07/05(火) 13:46:42 ID:r5j6QR6U
東京にどっちかの実家があるならまだ頼れるけど
どっちもいないしさ
後先考えず子供作ったら
可哀想なのは子供だし
東京で子供ほっとくのは危険でしょ

123 :名前はいらない:2005/07/05(火) 13:51:48 ID:r5j6QR6U
妄想って言われたら終わりだけど
いろいろ想像して考えたんだよ
まぁそれ以外にも大変なことはいろいろあるけど

今日はここまで

124 :名前はいらない:2005/07/05(火) 19:38:49 ID:r5j6QR6U
そろそろ薬やめたいんですけど少しずつ減らせませんかね?
って言ってみたら
駄 目 で す !って強い口調で言われた
ふえぇぇ;;そうなの?
もうやだよ

ああ空は広いね大きいね
理論的に海なんかよりずっと大きいしね
おまけに何もない

125 :名前はいらない:2005/07/05(火) 23:35:31 ID:r5j6QR6U
前に話したと思うけど、辛い思いをしてる人のなかには
人を救うことで間接的に自分が救われようとする人がいる
もちろん本人にはそういう自覚はないけど
相手の中に辛い自分自身の姿を
映し出してしまうんだよ

そういう時は話をきいとくしかない
なかには参考になることがないとも限らないし
ただ、あまり固執されないようにね

126 :名前はいらない:2005/07/06(水) 13:17:01 ID:99vqGLEH
私は子供なんだ
大人になれないでいる
だけどそれにしてもこの板には本当の子供が多い…
子供は子供ですごく辛いのは分かるんだけど
大人になりきれない大人の辛さとはやっぱり違う
どちらがどれくらいという比較の問題ではなく、ただ、違う
詩、そのものは面白いのもあるけど
考え方として共感できるものには、滅多に滅多に滅多に滅多に出会えない

127 :名前はいらない:2005/07/06(水) 15:37:04 ID:99vqGLEH
私は私が何故貴方を好きになったのかだいたい分かる
貴方に見えるかどうか分からないけれど
私には私の、劣等感があったからだと思う
自分にないものを持っている人には憧れる、そういうもんだし
たとえ時がたつにつれ、その人が完璧に自分の理想通りでないと分かっても
許せるようになるもんだよ

でも貴方は、私に対しても自分に対しても、
完璧を求めているみたいだよね

私の心には歪みがある、それは間違いなく私の育ち方に関係してる
そして私はその歪みを蔑視してる、自分の血を憎んでる
でも貴方には私のような歪みがない、私とは違う育ち方をしてきたから
そのことが私にとって、貴方を魅力的にした

私の貴方への強い想いは、自己批判や自己嫌悪と無関係じゃないんだ

でも、貴方は貴方で、私にはない心の歪みがある
いつからかそのことに気付いていたけれど
それでも私は貴方のことを嫌いになったりしなかったよ

128 :名前はいらない:2005/07/07(木) 00:22:20 ID:wdZzeMaF
貴方に会いたい

129 :名前はいらない:2005/07/07(木) 17:25:50 ID:6hXNnv1U
貴方と私の苦しみはある部分で完全に正反対だと思う
私は単独行動 一から十まで自分でやらないと何も進まない
一方の貴方はそうではなく そのぶん自由が利かない
どちらもそれぞれ辛いのよ

130 :名前はいらない:2005/07/07(木) 17:28:04 ID:6hXNnv1U
そういえば七夕か
喧嘩してからもう一年だね

131 :名前はいらない:2005/07/07(木) 17:33:05 ID:6hXNnv1U
単独行動には単独行動の厳しさがあるよ
常に自分が倒れたら終わりだということ
誰かが途中までやっておいてくれるということはないから

132 :名前はいらない:2005/07/07(木) 17:53:44 ID:6hXNnv1U
貴方には倒れるに倒れられないという厳しさがある
その代わり倒れないように周りが助けてくれる部分もある
私は倒れようと思えば倒れられる
その代わり倒れても誰も助けてくれないし助けられない
構想も具現化も全部一人 自分にできないことはできるようになるしかない
それはそれで厳しい

133 :名前はいらない:2005/07/07(木) 18:00:06 ID:6hXNnv1U
でもやっぱり貴方のほうがずっと大変だと思うけどね

134 :名前はいらない:2005/07/07(木) 18:00:48 ID:6hXNnv1U
だから何も言えないんだけどね

135 :名前はいらない:2005/07/07(木) 20:54:47 ID:7oEa6Wa8
何にしろ何とかせねば

136 :名前はいらない:2005/07/07(木) 21:29:19 ID:U4WV7n7E
親なんてバカヤローだ!
地位や名誉が欲しいなら好きなだけ己でとりやがれ!(と言いたいところだが事実とってるから悲しい)
いいもんいいもん、男なんてどうにでもなってまえ!
私はカッと明るい服を着て露出度満点で頑張るさ!(と言っても限度はわきまえる)
私はまだ頑張るさ

137 :名前はいらない:2005/07/08(金) 14:27:53 ID:aNcep6nL
前から考えてた
ごく近くにいるのに遠くから愛を語られるってどんなんだろう
そこには嘘や裏切りが生まれる?
それとも貴方は語るのをやめる?

さぁ…
私には分からない

不自然だね
 不条理だね

138 :名前はいらない:2005/07/08(金) 14:34:00 ID:aNcep6nL
その時名実ともに
純粋さは貴方の側でなく私に寄ってしまうんだろうな
私のほうが立場が弱くて無口なぶん

私は
何を何から守ればいい?
何が正しかったのか
どこが間違っていたのか

139 :名前はいらない:2005/07/08(金) 14:48:30 ID:aNcep6nL
ねぇ、もっとハッキリ聞いていいなら
私は結局、誰の味方についたらいいんだろうね?
みんなの味方なんてほんとは無理なのに
貴方を守りたくても貴方だけを守ることができない 遠巻きにしか
矛盾してる

そう思ってること自体
口にしてはいけないんじゃないかと思ってた

140 :名前はいらない:2005/07/08(金) 14:55:45 ID:aNcep6nL
分かってる、矛盾は初めからあって
選択肢は、巻き込まれるか、巻き込まれるのを拒否するか
そのどちらかだけなんだろうって

私の存在が成り立ったこと自体
貴方の運や努力のみに拠るわけじゃない
誰かの橋渡しなしでは不可能だった
その事実が辛い

141 :名前はいらない:2005/07/08(金) 14:57:28 ID:aNcep6nL
だいぶ喋った
今度は貴方が答える番だよ

142 :名前はいらない:2005/07/08(金) 15:10:26 ID:aNcep6nL
何もない、何もない空の上で貴方に出会ったなら良かった
どんなことでも私たち二人の自由になる世界で

143 :名前はいらない:2005/07/08(金) 15:48:22 ID:aNcep6nL
まぁでも貴方は空の上でも口が悪いんだろうなぁ…
そのへんはあんまり期待できないわぁ…

144 :名前はいらない:2005/07/08(金) 16:01:11 ID:aNcep6nL
よく考えると世の中が全部貴方の自由になったら大変なことになっちゃうわ
そりゃダメだわ;

やっぱり主導権は私じゃないとw

145 :名前はいらない:2005/07/08(金) 16:03:17 ID:aNcep6nL
しまった惚気出した
若干キモい流れになってしまった

146 :名前はいらない:2005/07/08(金) 18:05:41 ID:HhfkvlyQ
コテつけよう…
怖くなってきた

147 :名前はいらない:2005/07/08(金) 18:15:54 ID:HhfkvlyQ
もうここは捨てる

…(((( ;゜Д゜))))ガクブル…

148 :名前はいらない:2005/07/08(金) 18:29:16 ID:HhfkvlyQ
ここ去る前にこれだけは言い残しておくね
ぶっちゃけ>>206は意味不明だった
多分誰かと取り違えてる

この先を読む気があったら探して
貴方なら見つけられるような方法を考える

149 :名前はいらない:2005/07/08(金) 18:40:51 ID:HhfkvlyQ
ああ、頭痛くなってきた。・゚・(ノД`)・゚・。
あれは貴方で間違いないの?

150 :名前はいらない:2005/07/08(金) 18:50:18 ID:HhfkvlyQ
昔、私がここで使った名前を覚えているよね?
もう一度それを使う 二人と同じ名前はいないはずだから
ただし、この板ではないから検索して
前のスレはもう落ちてるからそこからは拾い出せないけど、大丈夫かな?
無理なら今のうちに言ってね

2chは結構頭を使う…
それが正直な感想です。

151 :名前はいらない:2005/07/08(金) 19:01:34 ID:HhfkvlyQ
うぎゃー!気持ち悪い気持ち悪い!一体誰やねん;
とにかく移動するね
| ω・`)ノ バイバーイ♥

152 :名前はいらない:2005/09/13(火) 20:30:08 ID:MwlFieRw
テストン!クッキー取り

153 :名前はいらない:2005/09/18(日) 22:39:36 ID:2WEmN10O
中秋の名月やね、見えんけど。。。



154 :名前はいらない:2005/10/12(水) 16:38:04 ID:ovGv0sN7
感じ合えると言う事は
感じられる人が側に居るから

一人で生きて居るつもりでも
一人では何もできない事に気づく

言葉にすれば簡単な事でも
言葉一つに綴れない



       


                           ☆明日☆


155 :名前はいらない:2005/10/12(水) 16:40:39 ID:ovGv0sN7
感じられると言う事は
感じられる人が近くに居るから
怒ると言う事は
怒る相手がそこに居るから

一人で生きているようで
結局一人では何もできない

一目見た時に
あぁ、こいつとならうまくやって行けそう
そう感じる事が大切








                            ☆明日☆

156 :名前はいらない:2005/10/18(火) 00:36:00 ID:kqBoCi5j
「・」

世界は狭いと言った
他人は自分を否定する 行動は制限される
自分は人の評価を気にする小さい生物だと知った
行動を制限したのは 誰でもない自分自身だ

教科書に載っていた あの夜空に浮かぶ小さな星は
直径80万キロで天文学的な距離から輝いている
それでも光をこっちまで届けているのだから
本当に凄いもんだ

そんな風に他人事に言ってみたけど
そんな事は自分も同じなんだって気が付いた

自分は小さな生物じゃない 自分から自分を遠ざけたんだ
近付いてみせるさ 本当は眩しく輝いている

世界は広いと気が付いた
そして、歩き始めた

157 :名前はいらない:2005/10/21(金) 09:27:05 ID:JTrrbLuL
痴漢三件
スリ一件
日本人女性は永久年金

158 :名前はいらない:2005/10/21(金) 09:31:49 ID:JTrrbLuL
電話が壊れているやっぱりだ
洗濯機が動いている驚きだ
乾燥機が家にあるこれはきっと夢


159 :名前はいらない:2005/10/22(土) 10:57:21 ID:/slbTEmu
ついでだから言っておこう
私の今回のは「家出」だよ
友達に言われて気付いた
だから気が済むまで帰らない
後は野となれ山となれ

160 :名前はいらない:2005/10/22(土) 10:59:31 ID:/slbTEmu
っていうか私はぶっちゃけ
こういう形で彼らに「投げ返した」んだ
彼らにも責任はあるしもう私一人には無理だから
私は神じゃない

161 :名前はいらない:2005/10/22(土) 11:01:35 ID:/slbTEmu
私は私で勝手にする
だからそっちもそっちで何とかやってください
お互い本当は
助け合える関係じゃないってのが現実でしょ

162 :名前はいらない:2005/10/22(土) 11:04:28 ID:/slbTEmu
街を歩いていると「自由」を感じるよ
私はもう誰にも守られてないし誰にも干渉されてないし
誰かさんに死ねとか言われずに済むし
痴漢に遭おうがスリに遭おうが私は今すごく自由

163 :名前はいらない:2005/10/22(土) 11:06:08 ID:/slbTEmu
幸せだ

164 :名前はいらない:2005/10/22(土) 11:08:31 ID:/slbTEmu
治安は確実に悪化してる
一週間で二回痴漢に遭うなんて予想してなかった
明らかに物乞いが増えてる
誘拐も増えてるらしいからせいぜい気をつけよう

165 :名前はいらない:2005/10/22(土) 11:12:05 ID:/slbTEmu
君はさ、多分、
周囲の人に丁寧に丁寧に守られすぎて自分で身を守る術を忘れたんだろうね
わが身に迫る危険なんて感覚さっぱり無いんだろうな

166 :名前はいらない:2005/10/22(土) 11:16:56 ID:/slbTEmu
君の語る「死」にはいつもなにかが欠けていた
いつもそう思っていたけど、たぶんそういうことだったんだろう
だから君は死に憧れたりするのさ

167 :名前はいらない:2005/10/22(土) 11:20:37 ID:/slbTEmu
そう、あなた、あなたが誰なのか私にははっきりとは分からないけど
きっとあなたは私を知っているんでしょう
別に構わないです
私はあなたには絡まないけど続きを書きたければ書いていいYO
ここは誰の場所でもないから


168 :名前はいらない:2005/10/22(土) 11:24:44 ID:/slbTEmu
別れには二つあって
ひとつは儀式としての別れ、もうひとつは忘却という別れ
そして私は自ら「死」を選んだっていうこと
君たちの中で死んだ人間になることを選んだってこと
これはこれで私の選択だったということを
どうか尊重してほしい


169 :名前はいらない:2005/10/22(土) 11:28:35 ID:/slbTEmu
私は神じゃないしもちろん人形でもない
だから当然、生と死がある
単純にそういうことだってことを、受け入れてほしい

170 :名前はいらない:2005/10/22(土) 11:33:22 ID:/slbTEmu
もうそろそろ帰らなきゃ
流石に誘拐はいや

171 :名前はいらない:2005/10/22(土) 12:54:35 ID:qEBBrCU/
皮肉なもんだな
世の中には ただ生きる事だけを望んでも
叶えられない人間が大勢いるというのに
恵まれた環境に生まれながらも
それ故に縛られて 自由を欲する余りに
「死」という選択しか選べなかった人もいるという事か

なあ、聞こえるかい?
阿吽絶倒する声、音にならない叫び
そうしたものを吐き出す為に人は詩を記すんだろう

まあ、どーでもいいけどね

172 :名前はいらない:2005/10/25(火) 01:57:49 ID:iIShSQq6
そういう話にはもううんざりだよ。
生きたくても生きられない人には、生き続けることの苦しみが本当に分かるのか?

親がいない人は、親さえいれば人間に不幸などないと錯覚する。
学歴がない人は、学歴さえあれば人間に不幸などないと錯覚する。
お金が無い人は、お金さえあれば人間に・・・もう十分だろう。
人の幸不幸など比較できるものじゃない。
恵まれない人にとって最も不幸なことは、自分がいかに恵まれていないかを
知らされることかもしれない。
決して手の届かない夢を見せられることが、何よりの不幸なのかもしれない。

人間にとって一番不幸なのは、自分で自分が気に入らなくなることだよ。
あなたの話は退屈すぎる。


173 :名前はいらない:2005/10/25(火) 02:03:16 ID:iIShSQq6
誰でもこのスレに来ていいけど、
このスレを読めば分かるように、ここでは私はあえてこういう言葉で喋ってる。
中途半端な話をするつもりなら他のスレに行ってほしい。

174 :名前はいらない:2005/10/25(火) 02:07:15 ID:iIShSQq6
「死」を望む人の大半は、本当の死を望んでいるわけじゃない。
生まれ変わることを望んでいるだけだ。
自分で自分が気に入らなくなり、なんとかして今の自分から脱却しようとする、
それが自殺を望むということだよ。
自殺願望くらい、生きていれば誰にでも起こりうることさ。
たいしたことじゃない。

175 :名前はいらない:2005/10/25(火) 02:10:33 ID:iIShSQq6
まぁ、生まれ変わることを望むあまり、
その儀式の一環として、「殺人」に行き着く馬鹿も最近は多いわけだけど。
日本の刑務所の収容人数の男女比を知ってる?
男性が6万人、女性が4千人だよ。
どちらも足りなくなっているけどね。

176 :名前はいらない:2005/10/25(火) 02:19:35 ID:iIShSQq6
私が「君」という呼称で呼ぶのは一人だけだ。
そして今君に言うよ。
君は、自分で自分が気に入らないあまり、私を殺そうとした。
私がいなくなれば自分の劣等感をも同時に消すことができるから。
君の心理は私にはとても分かり易くて、私は分かっていても君を受け入れてきた。
私を殺して気が済むなら殺してもいいけど、
君はまた同じことを繰り返しを将来もしていくことになるだろう。
私が「死」を選んだとして、君自身私の「死」を望みもしていたということ、
私一人の選択とは言いながらも、実際はそれだけではありえなかったということ、
君はよく考えてみることだ。
自分で自分を誤魔化すのをやめることだね。

177 :名前はいらない:2005/10/25(火) 20:56:51 ID:ob1LJNbl
死とは「肉体が生体的機能を停止させる事」だよ
そこに何らかの感情が篭るものではないさ

死んだ人間は何も感じないんだよ
死んだ人間を想う人が悲しむだけなのさ

俺はアンタが死んだら悲しい
言いたい事はそれだけだ

178 :名前はいらない:2005/10/26(水) 08:18:36 ID:4Z9fyBvQ
私はあなたが死んだら悲しい?
正直言って分からない。
だって、あなたが私の知っている人かどうか私には確かめられないから。
見知らぬ誰かが死ぬことと、知り合いの誰かが死ぬのは全く別のことだからね。

もしあなたが私が誰なのか知らずにそう言っているのなら、
私が死んだとして、あなたは私の死を悲しむのではなくて、
あなたの頭の中にある漠然とした死のイメージに対して、
ただ少しばかり、センチメンタルになるだけだろうと断言するよ。

でも、もし本当に私を知っていてそう言っているのなら、
その懇意に対しては一応「ありがとう」と言っておく。
これでも礼節は重んじるほうなんでね。

179 :名前はいらない:2005/10/26(水) 08:26:57 ID:4Z9fyBvQ
あなたが私の知人だとして、前置きはもういい。
本題に入ろう。

私は必ず死ぬ。君の中でいつか必ず死ぬ。
そしてそのときは、もう君は痛みさえ感じないはずだよ。
二つの別れのうち痛みを感じるのは初めの一回だけだ。
二回目は、痛みすら感じない。
その時がその人が本当に死ぬ時だよ。

私は完全に死ぬべき存在なんだよ。
そう確信してる。

180 :名前はいらない:2005/10/26(水) 08:33:36 ID:4Z9fyBvQ
本当の死には痛みはないんだよ。
死にゆく人にも、それを看取る人にもね。

181 :名前はいらない:2005/10/26(水) 08:38:10 ID:4Z9fyBvQ
あなたが私の知人だとして、
あなたは私の死を悲しむのかもしれないが、
私はあなたの死を受け入れないだろう。
死ぬことを許さないだろう。
私にとってあなたの死は、悲しいとかそういう次元の問題じゃないから。

182 :名前はいらない:2005/10/26(水) 08:41:35 ID:4Z9fyBvQ
知っている?
私には、君を永遠にすることが可能だっていうこと。
君が私を永遠にすることは不可能だけど、私には事実可能なんだよ。
それが私の唯一の特権だろう。

183 :名前はいらない:2005/10/26(水) 09:17:59 ID:4Z9fyBvQ
そういえば私も一度だけ君にしねと言ったことがある
生まれて初めて人に死ねと言った

184 :名前はいらない:2005/10/26(水) 09:22:21 ID:4Z9fyBvQ
だってバレバレなんだもの。
なんであんなことしようと思ったんだか。

それに、もし私の勘違いだったとしても、
それならそれで、君に死ねと言ったわけじゃないことになるから無問題。
念のため、知らない誰かに謝っておこう。ごめんなさい。
あの言葉は全く気にしないで、普通に生きていてください。

185 :名前はいらない:2005/10/26(水) 19:53:42 ID:Yk0ePpeL
いやはや、その言葉は深く痛み入るよ
うん、余命三年と言われて早一年が過ぎようとしている今日この頃
よもや長生き望んだってオフタイムみたいなもんなんだ
ちょっとブルーになってしまうけど、まあ気にせず思うように言葉を並べてくれ

生き死になんざ簡単に記せるもんでもないが
死に直面した人間が死に対してどの様に考えるか、考えた事はあるかい?
いや、今アンタは死に直面しているのかもしれないな

俺は逃げているよ、だって深く考えたら怖いもんな
普通に生きられないよ、うん、そりゃあ無理だ
何か寄り道して悦楽に浸ったりしながら笑わなきゃやってられんのさ
でも、そろそろ潮時だな・・・身の振り方を深く考えてみよう

アンタが死んだら悲しいってのはさ
アンタの中に俺っぽい何かを感じたからさ
まあ頑張って生きていれば楽しい事だって沢山あるはずだからさ
捨て鉢にならないで、とりあえず頑張ってみろや
何も頑張らない俺が言うのもなんだけどさ

人間にとって一番不幸なのは、自分で自分が気に入らなくなることだ
って言ったよな?そりゃあ的を得ていると言えばその通りなんだが
俺は礼儀知らずで力足らずで不便なこの体が結構好きだよ
劣等感とか罪悪感とか色々なものに苛まれているけどね

人の生き死になんか簡単に語れるものでもないよなぁ〜
結局、生きるってのは何なのか今でも分からんのよ

186 :名前はいらない:2005/10/26(水) 20:01:48 ID:Yk0ePpeL
きっと、一生懸命頑張って生きていなかったから
生きるって事が何なのか分からないままなのかもしれない

なんて、ガラにもない事を記すもんではないね
さっきから虫唾が止まらんよ、ハッハッハ

187 :名前はいらない:2005/10/29(土) 03:44:46 ID:2gVlz53x
なのよんさまちょわへ
のなさらんへ?
ぺくぽ
ぺぷろ

188 :名前はいらない:2005/10/29(土) 04:00:18 ID:2gVlz53x
まだ若いうちに余命○年て宣告される人ってどれくらいいるんだろうか。
私に嘘つかないほうがいいよ、後悔することになるから。
痛い目に遭わせてやるぞって脅しじゃなくて、
言葉通り、私に嘘つくと自分で後から後悔することになるから、
嘘つかないほうがいいと思うよ。

でも、今はあなたの話が真実だと考えて喋るとして、
私には死の宣告を受けた経験がない。
だからあなたの気持ちが分かるとか簡単に言えるわけないし、
私も、偉そうなことや知ったようなことをいろいろ言ってきたけれど、
現実の死を前にしては、私には何もできない。ただ、何もできない。

余命3年と宣告されるっていうのがどんな気持ちなのか想像してみたけど、
私もあなたと同じように、死という現実からできるだけ目を逸らそうとすると思う。
でもやっぱり、死ぬ前に、何か綺麗なものが見たいと思うだろうな。
たぶん、今と同じように。

189 :名前はいらない:2005/10/29(土) 04:10:10 ID:2gVlz53x
人の死は理屈では語れない。
生と死の世界を外側から見た人なんて誰もいないのに、
人の生死について語るなんて、理屈で考えて不可能なことだよ、私はそう思う。
生と死の世界の両方を外側から見れるのは、あえて言うなら神だけだろう。
人間はその内側から語れるに過ぎないし、内側からだけしか語ることができない。
生死に対して鳥瞰的な視点を持つことなど不可能。
それを、無理矢理語ろうとしたがために、歪められた世界観をたくさん見てきた。
そんな例は世界中にいくらでもあるよ。

仏陀は晩年自分に関する書物をすべて破棄するよう弟子に言い残したって知ってる?
仏陀が最後に望んだことは果たされなかった。
偉人の遺志が果たされなかったということは、果たして正しいことだったのか?
仏陀が最後に見たものは本当は何だったんだろうね。

190 :名前はいらない:2005/10/29(土) 04:22:19 ID:2gVlz53x
私は多分、ある面では経験豊富と言えるのだけれど、
今のあなたに何か助言ができるような立場にはない。
あなたの分まで頑張って生きるよ、なんて気の利いたことが言えればよいんだけど、
そんな言葉さえ、あなたにとって何か意味あるものになるかどうか分からない。

私は頑張って生きてる。
というか、寸でのところで逃げ出したんだよ。
そうやって、死より生を選んだんだと思ってる。

私は何度か危険な目に遭ってて、だからいざとなると自分の体が、
私の意志に関係なく、身を守ろうと勝手に動くことを知ってるよ。
そうやって、私の体は生きようとしてる。私はその体の意志に従おうと思う。
体がもう無理だと根を上げるまでは、私は生き続けるだろう。

私には自傷癖とか手首切ったりとか何にもないんだけど、
体中どこにも傷がないことこそ、私の最大の傷跡なんだと思ってる。
目に見えるものだけが傷じゃない。


191 :名前はいらない:2005/10/29(土) 04:33:44 ID:2gVlz53x
私は絵画とかよく分からないんだけど、
もし暇があったら、フリーダ・カーロっていう画家について調べてみてよ。
その絵よりも生涯が伝説化されちゃってる人だけど、
私が尊敬する人の一人なんだ。数年前に映画化もされてる。

私が尊敬する数人の中に、自殺を選んだ人はいないよ。
よくキリスト教は自殺を禁じてるとか何とか言うけど、
結局最後に来るのは、宗教的な理由とはまた別の、その人の主義の問題なんだと思う。
私の腕に傷が無いのも、生き方の問題、信念の問題だよ。
私の尊敬する人は誰一人として、自分の持つ痛みや辛い運命から逃げなかった。
そのことを考えたとき、少しだけ自分の痛みが和らぐんだ。
私はまだ生きられるんだってね。

192 :名前はいらない:2005/10/29(土) 04:39:46 ID:2gVlz53x
私は逃げたとさっき言ったけど、
死に逃げたんじゃなくて、生きるための逃亡を選んだんだよ。
それで良かったと思ってる。

死とまともに対峙できる人が居るとは思えない。
というか、どういう状況にあれば、まともに対峙してることになるのかさえ分からない。
人生には波がある。どうしたって、誰にだって、波やペースの乱れはあると思う。
その波に無理に逆らわないことも、ひとつの選択肢じゃないかな。

あなたのほうこそ、頑張らなきゃとか思わないほうがいいよ。
頑張れるときは自然に頑張れるし、そうじゃないときはどうしたってそうじゃないのさ。

193 :名前はいらない:2005/10/29(土) 05:13:00 ID:2gVlz53x
私は明日から来週の木曜までネットカフェに来れないんだけど、
ひとつ聞いてもいいかな。
あなたは私に、何かして欲しいことがある?
できることは実際そう多くはないけど、何かできることがあればするよ。

194 :名前はいらない:2005/11/04(金) 01:06:08 ID:ZE8pu+YZ
はてさて、わざわざ日付変更線を狙ってやってきましたよっと

フリーダ・カーロなる人物についてウィキでちょいちょいっと見てみた。
眉毛が太いな!ってのが第一印象、絵についてはノータッチだ。意味分からん
でも、酷い境遇でも現実を直視して生きてたんだな、俺とは全く逆だな

興味そそるものを紹介してくれた御礼という訳ではないが
俺の愛読書というより聖書を紹介しよう
リチャード・バック著「イリュージョン」
集英社文庫から出版されていて、村上なんとかって人が翻訳したものなんだが・・・
人生観を根底から変えさせられたよ、元より明確な目的があって生きている訳でもないけど

逃げるってのとは少し違うんだけどさ
世界の見方や捉え方を変えるって方法もあると思うんだよ
確かに頑張らなければと焦る事もあるけどさ、それだけじゃなくて頑張りたいとも思えるんだ
記していて上手く表現できそうにもないんだが、この本を読むと不思議な爽快感が得られてね
生きるってのは楽しい事の様に思えるんだよ、流石に飛行機無しで空は飛べなかったけどさ

何かして欲しいことか・・・色々考えたのだけど、特に何も無いなぁ
生きる事に悲観している訳でもなく、いや実際には鬱に苛まれる事は多々あるけど
まあ、なあなあ生きているよ、何事にも無気力なだけでさ

じゃあ、色々と愚痴って楽になったしそろそろ元の古巣に帰るよ(半角ニ次元)
なんだか独り言の邪魔をした感じになってしまって悪いねぇ
結局アンタの言う「君」というのがアンタ自身の心を指していたのか別の誰かだったのかは分からないけど
満足行く答えに行き着くことを祈っているよ

195 :名前はいらない:2005/11/04(金) 10:50:04 ID:lJVZK7us
約束通り来たよ。本当に調べてレスくれたんだね、ありがとう。
その本は知らないな・・・というか帰国したら探してみるよ。
英語で完全に理解できる自信はないからさ。

昨日ね、この国でも有数の五つ星ホテルに泊まったのね。
たった一泊で一か月分の家賃以上のお金が飛んだ。
でも、思う存分湯船に漬かってお姫様気分を楽しんだよ。
16世紀の修道院を改装したホテルでね、噴水とかプールとかあってすごくロマンチックだった。
ま、一人で泊まったんだけども。

あなたが私の言う「君」でないことは途中で気がついたんだけど、
なんにしても私には男のファンが多いみたいだ。知らないけど。
別に独り言の邪魔にはならなかったよ。
今までのレスを全部読んだのか知らないけど、
よく途中で頭おかしくなりそうにならなかったねぇ。
まぁ、なんにしてもさ、頑張りたいと思えるのは良いことさ。
そんな大事な本を紹介してくれてまりがとん。


196 :名前はいらない:2005/11/04(金) 11:06:39 ID:lJVZK7us
というわけで、勝手に独り言を続けます。

っていうか私の言う「君」はどうもまだこのスレを発掘してないっぽいわ。
そりゃそうだよね、このスレタイじゃ検索もできないしねぇ。
ま、でも暇があったらそのうち見つけるだろうし、私はその時々で書きたいことを書く。

197 :名前はいらない:2005/11/04(金) 11:12:43 ID:lJVZK7us
この板って人少ない割に700以上もスレがあるんだよね。
探すって言ったって、名無しの私を彼が見つけられる可能性は極めて低いな。
私は彼を見つけられても逆は難しいだろうな、実際。
だって私スレ上げないもん。第一あげる必要ないしね。
自己顕示欲の程度の差かな、これは。

198 :名前はいらない:2005/11/04(金) 11:15:28 ID:lJVZK7us
彼は私をストーカー呼ばわりしたけど、
そりゃ私じゃなく自分のことだろうと内心ずっと思ってた。
と独白してみる。

199 :名前はいらない:2005/11/04(金) 11:19:26 ID:lJVZK7us
まぁ彼も、運があれば見つけるだろうし、なければ見つけないままだろう。
それならそれで構わないんだ。
とにかく私はもうあそこには戻らない。あげても無駄。

200 :名前はいらない:2005/11/05(土) 11:07:20 ID:ngg942dZ
どうしたもんかね。

私には何人か新しい友達ができた。
男も女もいる。今まで仲良くやってる。
そんな私にこれ以上このスレに居る意味があるのかな。
このスレっていうより、ネット上に存在する意味が。

201 :名前はいらない:2005/11/05(土) 11:11:29 ID:ngg942dZ
私は彼の為だけにここに存在し続けなければならないのか。
それとも、もう思い切って今こそあっさりと切るべきか。

彼は私を必要としてる。それはよくよく分かってる。
皮肉にもプレイヤーとして私は有能だった。
だけど・・・



202 :名前はいらない:2005/11/05(土) 11:19:15 ID:ngg942dZ
例えば二人の人に、あなたが居なければ俺は死ぬと言われたとして、
二人とも見殺しにするのは、最悪な選択か、それとも妥協策としてそれなりに通用するものなのか。

今の私は二人とも半殺しにしている。最悪だと思う。
正直、この終わりのない自己嫌悪の渦から私自身いい加減逃れたい。

でも、死ぬとか言うのって卑怯だよ。卑怯だと思う。
自分さえ私を得て幸せになれれば、私の心なんてどうでもいいのか?って思う。
私が病気になったのにはそれなりの過程と理由があったし、
今こうしてここに逃れてきているのにもそれ相当の根拠があるし、
私だけが悪いんじゃないのは明らかだし。

203 :名前はいらない:2005/11/05(土) 11:24:39 ID:ngg942dZ
なんかさ、正直なところ、どうも愛されてるって気がしない。
単に二人にエゴをぶつけられているだけな気がする。
「愛してる」って言われても、私には何が言いたいのかよく分からないよ。
だって、現に私は病気になった。薬がないと生活できない状態になった。
薬がきれたら私は普通の生活が送れない。

奴だけじゃなく自分も悪いんだと、二人は考えてくれるだろうか。
それとも、いつまでもいつまでも、相手のせいにするつもりだろうか。

204 :名前はいらない:2005/11/05(土) 11:27:43 ID:ngg942dZ
もしかして私、もう二人とも好きじゃないかも・・・

205 :名前はいらない:2005/11/05(土) 11:58:57 ID:ngg942dZ
「愛してる」って言えば、相手を愛したことになるわけじゃないと思う。
その言葉の端々に、何かしら「違う」と感じるものが見え隠れして、
もう私は、そんな言葉欲しくないんだ。

私を今精神的に支えてるのは紛れもなく薬だ。
でもそれでもいい。とりあえずこれがあれば私は生きられるし。
だけど毎日薬を飲むたびに、私はこれがないと生活できないんだなってことを思い出す。
そんな自分になってしまったことに、何かしら孤独を感じる。



206 :名前はいらない:2005/11/05(土) 12:04:43 ID:ngg942dZ
疲れた。
眠いな。
それに夕飯食べてさっさと薬飲まなきゃだ。
風邪引いたみたいだし、上着ホテルに忘れてきたから寒いし、お腹もすいたし、もう帰ろう。

207 :名前はいらない:2005/11/05(土) 19:30:18 ID:28U5X6jb
なるほどね。。。。

208 :名前はいらない:2005/11/06(日) 11:31:54 ID:OZ1awYPG
このスレを見てる人の中に、私の知り合いがいるのは確かだから、
あえてレス番は言わないまでも、その人には伝わるだろうと思って書くよ。

こっちで私は韓国人の友達ができた。
毎週一回は会おうって言われて約束して、友達というより半ば愛人状態だよ・・・
まぁ、女同士楽しくやってます。年下だけどね。
来週はカラオケに行ってZARDを歌う羽目になりそう・・・この私が。
彼女がZARDが好きなんだよね・・・(私は昔彼氏にZARDのCDを全部捨てさせたクチ)
まぁ、まぁ、まぁ、、、、彼女のためだ、100歩譲るか。

まぁそれは置いといて、
私はとりあえず元気にやってます。
こっちに来る前は住むところも決まってなくて、持つものも持たずに飛び出した感じだったけど、
それなりに友達できたし、一緒に住んでる人ともまぁ普通にやってる。
だから、もう私のことは心配しなくていいです。
言っても私は芯は強いほうだと思うし、だからこそ飛び出せたんだと思う。

たぶんあなたにも色々と迷惑や心配や苦労を掛けたんだろうと思うけれど、
ここに書き綴った通り、私には私なりの苦悩があって、
でも、あえて私はそのことをここ以外では言わなかった。
私は病気になったけど、言ってしまえば当然の結果だと自分では思ってます。

私を知ってる人なら状況は分かるだろうと思うけれど、
こんな数奇な運命に翻弄されるのは、正直言ってもうたくさんです。
もっと普通に暮らしたい。
といっても、私は昔からこうだった。
あなたがたとの関係を終わらせたとしても、私はこれからもこんなでしょう。
私には何か憑いてるからね。
物凄く強い良い運と、同じくらいに強い悪い運が(苦笑)。

209 :名前はいらない:2005/11/06(日) 11:38:16 ID:OZ1awYPG
私は、自分にできないことを、できるとは言えません。
私は他の人の命を保証できません。
死ぬとか死ねとか、ぶっちゃけ私も相当頭に来てるんです。
誰も彼に言わないんだろうけど、私だって普通の人間だということは、
あなたには本当は分かってるはず。
私にも限界があります。できないことをできるふりするわけにはいかないです。
これ以上私は、我慢すべきですらないと思う。


210 :名前はいらない:2005/11/06(日) 11:50:27 ID:OZ1awYPG
彼が抱いている私の像は、はっきり言ってあれは私じゃないです。
それ言っちゃおしまい、と言われればその通りだけど、
彼の妄想とは別に、一人の人間としての私は、確かに存在しているわけで、
そのギャップが広がれば広がるほど、私自身苦しむっていうことは、
きっと想像がつくだろうと思う。

彼のことは任せましたよ、と簡単に言ってしまいたいんだけど、
もう暫くは見守っています。何も手は出さずに。
でも最終的には、彼自身の問題だということを、彼が自分で認めるのでなければ、
きっと今後も何も変わらないし、また同じループが起こると思う。

たまたま、韓国人の彼女も、三角関係のどつぼに嵌まってて、
だからこそ色々話せて急速に仲良くなったってのもあるんだけど、
彼女の彼氏が、話聞く限りだと彼にそっくりで、
男友達のほうが、私の彼氏にそっくりなわけです。要するにまるで逆なわけ。
だから、彼女と話し合って分かった。
彼みたいな人とは、友達でいるのも、彼女でいるのも、相当に疲れるんだと。

結局彼女も、いわばここに避難してきてる状態なんです。だから気が合うんだと思う。
もてる女は辛いねーとか冗談で言ってるけど、
彼女は彼女で、一人で夜お酒を飲んで気を紛らわせてるわけです。
病気にはなってないみたいだから、私ほどじゃないと思うんだけどね。

211 :名前はいらない:2005/11/06(日) 12:03:25 ID:OZ1awYPG
私は結局最後まで、彼の世界の中ではプレイヤーに過ぎませんでした。
私は彼の前で人格を持った一人の人間になることを望んだけど、
彼はそれを受け入れなかった。つまり実在の私は彼に「拒否」されたわけです。
となれば、もう次のシナリオは一つしかありえない。

私は血も流せば涙も流すごく普通の人間で、
永遠に彼のためにプレイヤーでいることはできない。
私には、私の生活があります。それは理解して欲しい。
私のプレイヤーとしての命は、いずれにせよもう長くないです。
私は彼の中で死ぬことを、最終的に自分で選んだわけです。
だから、たとえ私が何も言わずにこのまま彼のもとを去ったとしても、
どうか探さないで欲しい。

212 :名前はいらない:2005/11/06(日) 12:12:14 ID:OZ1awYPG
たとえ私たちがまたいつか会えたとしても、
その時は、もう私は別の人でしょう。
結婚してるかもしれないし、子供もいるかもしれない。
ただ、鬱のあまり自ら生命を絶つという、そういう最悪な道だけは選ばない。
それだけは、ここで約束するから、
あなたがたは、それぞれにできる範囲内でいいから、彼を支えてあげて欲しい。

戻れないのは私も一緒です。
世間は甘くないです。
彼がどんなに私個人を憎もうとも、たとえ泣き叫ぼうとも、
私は、もう戻るつもりはありません。
今はそれより自分自身のケアをしないと。

213 :名前はいらない:2005/11/08(火) 04:20:15 ID:pKvCBKjo
一通り目を通してきました。
どうもありがとう。

私の最後の目標は達成されたようです。
もしかしたら、ここを見ていた人のお陰かもしれない。だからありがとう。
彼の希死念慮をどうにかすることが、私の最後の役目だと思っていたから。

多分そんなにすぐに楽観視するわけにはいかないだろうけど、
少しでも状況が落ち着くことを願ってます。


214 :名前はいらない:2005/11/10(木) 03:58:52 ID:4KPyYyOE
彼が今何を喋ってるのか、分かる人いますか?

しばらく放っておくしか・・・


察するに彼には別に女性がいるようだけど、
それも彼の頭の中での話なのか、現実なのかよく分からない。
よく分からないことが多すぎて、でも私は分からないという事実に対して、
諦めるよりないです。だって、本当に分かりようがないんだもの。
私には、黙って見守ることくらいしかできないと思っていたけど、
これが見守ってるうちに入るのかどうなのか・・・

私が居なくなったということを、彼が受け入れられるようになるのは、
たぶん、次の女性を見つけてからなんでしょう。
一人で生きていくだけの精神力の持ち主とはとても思えないから、
いつかは、誰か相手を見つけないといけないと思うんだけど、
それはもう、時が解決してくれるのを待つしかないのかもしれない。
彼は、一人で生きていくほうが自分に合っていると思っているみたいだけど、
誰かとの葛藤の中で、人はなんとか自分なりのパランスを作り出していくものだと思う。
誰とも関わらなくなったときこそ、彼の軌道は大きくずれてしまい、
取り返しのつかないことになるのかもしれません。

彼の感情の起伏はとても激しすぎて、
私じゃなく別の誰かだったとしても、きっと苦労はすると思う。
結局、いわゆる感情表出EEの低い子とのほうが、長続きはするんだろうけど、
大人しすぎる子だと、彼の強い個性に彼女が潰されてしまう可能性はあると思う。
だから、もし次の子ができたら、彼女のことも支えてあげてほしい・・・
というのは出すぎたお願いなんだろうけど、
一人で鬱々と悩んでいるのを放っておくのは、あんまりだと思うので、
彼女にも信頼できる友達とかが居ればいいなと思う。

215 :名前はいらない:2005/11/10(木) 04:16:28 ID:4KPyYyOE
年齢的に考えても、おそらくこの先の数年が彼にとって分岐点になると思う。

彼が自分の人生をどう考えるのかは、彼自身の判断だけど、
彼は残念ながら、あまり女性を見る目がなさそうなので(私が言うのも悲しいけど)
この先、下手に症状を悪化させてしまうような子と付き合ってしまわなければいいなと思ってます。
彼に、というより、彼女にちゃんと相談できる「同性の」友達がいることが大事、たぶん。
人の感情は無意識に呼応してしまうものなので、
彼女が深い悩みを抱えていると、それが彼にもうつってしまいます。
だから、今までのような悪循環のループを起こさないためにも、
彼女が何とかやっていける環境を作ることが、長続きのコツだと思う。

一人の人間が彼を完全に支えるのは、おそらく無理です。
彼はそれを望むだろうけど、それはかなり難しい話だと思う。
といっても、こんなこと誰に頼んだらいいのか分からないし、
せいぜいここに書き残すくらいしか思いつかないんだけど・・・

216 :名前はいらない:2005/11/10(木) 10:18:13 ID:4KPyYyOE
というか双方ともだいぶレベルアップした。と思う。
実は独仏英はどれも私の仕業だったんだけど、
今はもう、私じゃなくてもできる人がいそうな気がする。
この人は他の人と違うかなって人がポツポツと見受けられるようになった。
全体として見ればそんなに前と変わらないように見えるかもしれないけど、
内部では変化は起こってると思う。だから悲観はしてない。

217 :名前はいらない:2005/11/10(木) 10:29:59 ID:4KPyYyOE
最後の最後に、余計なお世話なうえ偉そうなことを言って申し訳ない。
でも、確実にレベルアップしてると思うよ。少なくても現にあなたがたは。
私が居なくなっても平気。
こんな自意識過剰な言い方は、本当は適当じゃないんだけど、
でも、私のすべきことは終わったんだと思う。
彼にはもう私は必要ではなく、というかもう私は彼に必要とされるべきではなく、
私は、私の世界に戻るべきなんだと思う。

ところで来週は試験だぁ・・・・
適当な時期が来たら、ちゃんとお別れの挨拶に来ます。

218 :名前はいらない:2005/11/11(金) 10:23:20 ID:rnYo7mx1
君へ
「死ね」と「愛していない」は、
よっぽどの理由がなければ言ってはいけない言葉だと思う。
今思うに、私をどんどん冷めさせたのは、明らかにその二つの言葉でした。
「愛している」は複雑な言葉だけど、「愛していない」は分かりやすい。
少なくとも私にとっては。

219 :名前はいらない:2005/11/11(金) 10:39:12 ID:rnYo7mx1
ここにはっきりと書き留めておきます。

少なくてもネット上で4回は直接言われた、「死ね」って。
私には、もう十分。

私にはどうしてもその気持ちが分かりません。
どうしてそんな言葉が言えてしまうのか、どうしても分かりません。
残念だけど、此処が私たちの間にある超えられない壁のようです。

私は彼氏にそんなこと一度も言われたことがない。
この長い付き合いの中で、たったの一度も言われたことがない。
もちろん私も一度も言ったことがない。

許せないのは、その言葉自体じゃなくて、
私の繊細さに対して、あまりに無頓着な君の態度そのものなんです。
何度も何度もやめてと言ったのに、君は聞き入れなかった。
君は私を無視し続けた。
それで突然愛していると言われても、私には何の意味もないんです。
君が誰かと浮気をしたから冷めたんじゃない。
周囲の状況が許さなかったから諦めたんでもない。
私に対する君の態度そのものが、私には受け入れがたかった。

彼氏のほうがずっと、私がいかに傷つきやすい性格か知ってます。
だから私を守ろうとします。
でも君は自分の傷を強調するばかりで、私の傷に対してあまりに無神経だった。
私が最終的にこういう結論に達したのは、
誰のせいでもなく、君自身の行動がもたらした結果なんです。

220 :名前はいらない:2005/11/11(金) 10:46:02 ID:rnYo7mx1
私が敢えてこのことを書いたのは、誤解を解くためでもあります。
きっと、私たちのことで過剰に自分を責めてしまっている人がいるだろう。
きっとその人は心が優しい人です。
でも実情は、そうじゃないんだよ、と。
最終的には、私たち二人の間に、性格的な不一致があったんだよと、
苦しんでいるかもしれないその人に、どうしても言いたかったから。

221 :名前はいらない:2005/11/11(金) 11:00:55 ID:rnYo7mx1
やっぱり私は、私の傷つきやすさを理解できない・理解しようとしない人と、
長く付き合っていけるとは思えないです。
私の純粋さと君の純粋さは、思うに全く別物で、
自分の純粋さばかり強調する君が、私にはよく分からない。
僕は純粋ですと言えば、その人は純粋だということになるんでしょうか。

私は自分で自分を純粋だとは思わない。自分で自分をよく知っているから。
でも友達とか彼氏には、純粋だと言われるよ。
この違いはなんなんだろう。

222 :名前はいらない:2005/11/11(金) 11:04:18 ID:rnYo7mx1
確かに、君は「ある意味」純粋だ。
でも、私の純粋さとはまた違うタイプの純粋さだ。
だから分かり合えない。

223 :歌川からす ◆lXZBPVO3GQ :2005/11/11(金) 16:45:35 ID:cMIYQfci
頭の中で話してるの?

224 :名前はいらない:2005/11/12(土) 11:02:25 ID:PHY3leUA
貴方が頭が良いのは知ってますよ、歌川からすさん。
また会いましたね。
奴に一発かましといてくれませんか、私の代わりに。
誰のことなのか貴方は分かってるでしょう。

225 :歌川からす ◆lXZBPVO3GQ :2005/11/12(土) 11:24:51 ID:GcMm2f3R
奴って誰のことやら解りません。19の彼?

226 :名前はいらない:2005/11/13(日) 19:58:41 ID:3V8Gupy2
別れて気づく。。。なんとかってやつ

227 :名前はいらない:2005/11/16(水) 06:39:18 ID:sP3uDAcH
分からなかったら分からなかったでいいです。
冗談です>からすさん

228 :名前はいらない:2005/11/16(水) 06:39:57 ID:sP3uDAcH
さあこれからもうひとつテストだ・・・

229 :名前はいらない:2005/11/16(水) 06:44:22 ID:sP3uDAcH
ちなみに昨日のテストは98点でした。
脳もだいぶ回復してきてるようです。
この通り、私のことは心配いりません。

230 :名前はいらない:2005/11/16(水) 06:48:09 ID:sP3uDAcH
彼には新しく話し相手ができたようで、
良かったです。
ただ、あれは私ではないです。私も知らない誰かです。
別のコテで書き込むような姑息な真似はしません。
なんにしても、彼女が来たことで彼が元気になるといいね。

231 :名前はいらない:2005/11/16(水) 10:27:46 ID:sP3uDAcH
テスト無事終わった!
朝早く始まって朝早く終わるテストだよねw
終わってほっとしたせいで満月も綺麗に見えるよ。

232 :名前はいらない:2005/11/16(水) 10:31:27 ID:sP3uDAcH
からすさん、さっきはなんだか不躾な言い方になって済まなかった。
私が言ってるのは19さんではないよ。別の人のことです。
からすさんとは今までに偶然何度か交差したんだけど、
まぁだいぶ前の話だし、覚えていないだろうね。

233 :名前はいらない:2005/11/16(水) 10:40:41 ID:sP3uDAcH
まぁ誰が誰なのかとか気にしないで下さい。
確かに、半分は自分の頭の中で喋ってるようなもんですから。
とりあえず私は、からすさんの知っている「彼女」ではないよ。念のため。

234 :名前はいらない:2005/11/16(水) 10:50:40 ID:sP3uDAcH
今さっき、からすさんのスレものすごく久しぶりに見てきたんだけど、
いつの間に中の人変わった??

失礼だがここに来たからすさんもちょっとアレなからすさんだろうか。
間違っても19さんに特攻しないでくださいね(汗


235 :名前はいらない:2005/11/16(水) 11:19:09 ID:sP3uDAcH
なんていうかぶっちゃけ、
私が居なくなってから彼は落ち着いたみたいだ。
やっぱり逃げるのもありだよね。
よかったよかった。

236 :名前はいらない:2005/11/16(水) 11:33:58 ID:3es02BEu
>234
・・・・・もう遅かったわけですね(汗

237 :名前はいらない:2005/11/16(水) 12:36:51 ID:3es02BEu
たぶん、育った環境もあるよね。
「死ね」なんて言葉を簡単に言えてしまうというのは。
言ってる人はおそらく、自分が何を言っているのか「分かってない」。
だから言えるんだろう。

でも、男だからって誰もが簡単に相手に死ねなんて言うわけじゃない。
ちなみに私の彼氏も「死ね」は言うけど、あくまでも犯罪者とか、
私に危害を加えてくる人について話してる時だけで、
当たり前だけど、本人を目の前にして言うようなことはない。
だから、男は多少乱暴な言葉を使うのが普通だとか、
そういう話で片付くことではないように思う。

一度人間が作り出したものは必ず人間に働き返す。
「死ね」とその人の口から出たその言葉は、必ずその人自身に働き返す。
なぜならその瞬間、その人自身も、自分の発した言葉をその場で聞いているから。
つまり、「死ね」なんて言葉を多用すればするほど、
その人にとって「死」の重みはどんどん少なくなっていき、
現実の「死」に対して、ますます鈍感になっていくのだと思う。

238 :名前はいらない:2005/11/16(水) 12:40:31 ID:3es02BEu
なんていうかさ・・・本当は私、前からそう思ってたんだよね。
彼がおかしくなっていくのは必然的なことで、
私がどうしても恨んでしまうのは、結局そのことで「利益を得た」人たちだ。
その人たちは、いつか彼が本当にどうにかなってしまっても、どうにもできないだろうに。
責任など取れないだろうに。

239 :名前はいらない:2005/11/16(水) 12:47:29 ID:3es02BEu
私は彼が「分かっていない」ことを分かってて、
例えば彼が簡単に私に「死ね」と言うとして、
もし本当に私が自殺でもしたら、彼自身、周囲にどれだけ非難されることになるか、
もし私が「失敗」したら、彼はどれだけ私の親の憎しみを買うことになるか、
その時点でもう完全に私たちは現実に終わりだということ、
彼はそういうことを全く考えていないから言えるだろう言葉で、
だけど、そういうことを一通り考えた上でも、
やっぱり許せなかった。その言葉が含む彼自身の自分勝手で自己中心的な態度が。

彼は純粋だけど、心が綺麗だとは言えない。
むしろ人並みにどんよりと曇ってる。
まぁ、だから成り立つんだろうけど。それも分かってるんだけど。
要するに、ある意味彼はごく凡庸な人間だということかな。

240 :名前はいらない:2005/11/16(水) 13:00:06 ID:3es02BEu
そうなんだ、彼は自分には私を「救える」と思い込んでた。
だから今は失敗させても良いんだと。
一人で勝手に先の先の、そのまた先のシナリオまで考えてた。
そしてそのシナリオの結末に向かって現実の今の自分の行動を決めてた。
だから、周りからすると彼が何がしたいのか理解できない。

それは、はっきり言うけどとても危険な判断基準で、
でも、意外と男の人にありがちな思考回路で、
結末にたどり着く前に、途中で途切れて消えてなくなってしまうのがオチだ。
例を挙げればきりがない。というか思い当たる人はたくさんいると思う。

なぜ男の人には想像力と柔軟性がないんだろう。
どうして最初に結果を決めてからしか行動できないんだろう。
いや、もちろん想像力と柔軟性に富んだ男の人もたくさん存在するんだろうけど。
どんな理論も理屈も、「最初」と「最後」は感情論だ。
つまり、動機と結論の部分には、かなりその人の個人的価値観が含まれる。
だから、完璧な理論などこの世に存在しえないのに、
男の人はその「間」だけ見て、「自分は理論的に考えて喋ってる」と思い込んでる。
それは違う、と。
あなたには最初と最後が見えてないよ、と。
そう私が言いたくなっても仕方ないよね。

241 :名前はいらない:2005/11/16(水) 13:07:52 ID:3es02BEu
私を救えるのは私だけだ。
というか、彼はいったいどうやって私を救うつもりだったんだろうな。
彼にとって、「救う」っていうのは、私をどうすることだったんだろう。

彼を救えるのは彼だけだ。
突き放した言い方だけど、「好き」とか「愛してる」とかいう
自己満足な愛情表現より重みがあると思う。
彼を救えるのは彼自身だけだ。

結局、甘やかされて育つと、本人が十年後、二十年後に苦しむ。
それと同じで、今彼の機嫌をとることが愛情では決してない。
第三者が私の意見を聞いてどう思うか分からないけど。

242 :名前はいらない:2005/11/16(水) 13:13:43 ID:3es02BEu
なんかさ、こっち来てから知り合った日本人の男の人で、
何度も食事に誘ったり電話してきたりメールまでくれたりする人がいるんだが、
私はしっかと自分の指に指輪をはめているわけですが、
私より年上だし、わきまえてる人だろうとは思ったけど、
まぁ良い人は良い人なんだけど、おまけに医者の息子で年上なんだけど、
そろそろここらでサインを出しとくべきかな・・・
ポストモダンについて議論するついでに、さりげなく彼氏の話でもしてみるか。
もう面倒はいや。

243 :名前はいらない:2005/11/16(水) 13:17:59 ID:3es02BEu
明日の議題。「ポストモダンと私の彼氏」。
・・・どうやってさりげなく話を繋げよう??


しょうもな。もう帰ろ。

244 :歌川ケイ ◆lXZBPVO3GQ :2005/11/16(水) 20:02:03 ID:Od3uyoRd
おぬしだれじゃ

245 :◆lXZBPVO3GQ :2005/11/16(水) 20:10:55 ID:Od3uyoRd
ん・・・。彼ってもしかして葵君じゃないだろうな。
言っとくが彼には絶対に手出しさせない。

246 :名前はいらない:2005/11/17(木) 03:04:09 ID:MGJ9FxOO
葵君ってだれ?????そんな人詩板にいたかな?
ところでからすさんってバイだったんだねw
手出しも何も、知らない人だから大丈夫だよ。

247 :名前はいらない:2005/11/17(木) 03:34:36 ID:MGJ9FxOO
「死ね」って人を罵倒することが、本人にどういう影響を及ぼすかの話の続きだけど、
「死」が軽くなれば、それに比例して「生」も軽くなる。
死と生は同じ紙の表と裏の関係だから。
彼が「死」だけでなく「生」の実感をも失くしていくのにも、それなりのカラクリがある。
「生」の実感をなくしていくからこそ逆説的に「死」を求めて苦しむ。
でもその悪循環は、言ってしまえば、彼自身の自家中毒なんだ。
彼自身、その自家中毒に、どこかしら惚れているんだよ。
だから抜け出せないんだよ。

248 :名前はいらない:2005/11/17(木) 03:53:07 ID:MGJ9FxOO
例えば、ある発展途上国の貧困層が、
日々の糧のために悪事を働いてでも生きようとしているとして、
裕福な国に住んでる日本人が、そんな「必死な」生き様を見て感銘を受けて、
ああ、世の中にはこんな恵まれない環境の中でも、
こうやって必死に生きてる人がいるんだ。
今まで自分はなんて些細ことで躓いていたんだろう。
自分の心はなんて弱かったんだろう。
と思って、改心したとして、
ま、それはそれでその人にとって良い結果を生む可能性はある。あるんだけど、
その時点だと、その人はまだ、あくまで「豊かな国の人の発想」から抜け切れてない。

実際にはその貧困層の人たちには、自分たちが「必死に」生きているという意識はなくて、
ただ、死ぬ確率が高いから、生きようとすることが当たり前だというだけのことだと思うのね。
ある人が改心して生気を取り戻す、そのこと自体は良いことではあるけど、
その貧困層の人にしてみれば、そうやって一枚でも自分たちの写真を撮って帰るなら、
さっさと金よこせ、って話だと思うの。

249 :名前はいらない:2005/11/17(木) 03:53:43 ID:MGJ9FxOO
彼らにとっては、生も死も軽い。
自分たちの生き方が輝いてるなんて間違っても思ってないだろうし、
たとえば映画化されたとしたって、そんなことされるより、
現実に目の前にある経済格差をなくしてくれって思うだろう。
彼らはそういうことに対して敏感で冷淡だ。
映画化して儲かるのは誰か?
少しでも、それで得た利益はその貧困層の人たちに還元されるのか?
そういうところですごく疑問を感じる。
結局はその人たちをネタにして、一方的に搾取しただけじゃないのかって。
自己満足的で偽善的な、奇麗事を並べてね。

ドキュメンタリーだろうが映画だろうが小説だろうが、
有名になるのは、あくまでも「搾取した側」だけだ。
彼らが取り上げられてもてはやされたとしても、それはほんの一時期で、
すぐに忘れられる。
状況は変わらないまま、彼らはまた取り残される。
それが現実。

250 :名前はいらない:2005/11/17(木) 03:59:24 ID:MGJ9FxOO
どうして私がこんな話をしたかわかってもらえるかな。
あまりにも、自分の行動に対して無神経な人たちが多いからだよ。
自分が相手から搾取しているっていうことに対してね。

251 :名前はいらない:2005/11/17(木) 04:02:18 ID:MGJ9FxOO
本当に「死」がどんなものであるかを感じている人は、
「死」という言葉を口にすることさえ、ためらう。
そういうもんだと思う。

「むやみに神の名を口にすること勿かれ」
この言葉も、理にかなっているんだよ。

252 :名前はいらない:2005/11/17(木) 04:18:35 ID:07Fe8lLM
「むやみに」じゃなくて、「みだりに」だね。
キリスト教徒の皆さんごめんなさい。

ちなみに、連続投稿で規制かかったからID変えただけで私は246-251です。

253 :名前はいらない:2005/11/17(木) 10:18:04 ID:MGJ9FxOO
苦しい。ただ遠くから見ているのって苦しい。
ううだけどここで踏ん張らねば。

98点だろうが100点だろうがどうでもよくなる。
いつもそうだ。終わってしまった途端に全部何の価値もなくなる。
気づいた瞬間、自分が存在する意味まで失ってしまうような気がする。
だから苦しい。
この虚脱感はどうして起こるんだろう。
どうしてもうちょっと長い間、喜んだり満足に浸ったりできないんだろう。
何をした後だろうと同じ。終わった途端に瞬間的に消える。
何もない状態になる。

「義務とは素晴らしいものだ」ってね、本当だよね。
何かやることがあるうちはいいんだ。文句言いながらでも何かしてるうちはそんなに苦しくない。
何もなくなったときが一番怖い。
時間が怖い。有り余った時間が考えてもどうしようもないことばかり考えさせるから。
忙しくしているときはなんて幸せなんだろう。
終わった瞬間のこの虚脱感に比べたら。

254 :名前はいらない:2005/11/17(木) 10:30:28 ID:MGJ9FxOO
昨日は答えられた問いに今日になって急に答えられなくなる。
昨日出した自分の答えが間違いかもしれないことに気付く。
昨日、じゃない、さっき出したばかりの答えさえも。

時間の流れが速くなって私は効率よく生活できるようになった。
だけどその代わり、鬱が酷かったときにはなかった別の不安が起こるようになった。
思えば10代のころも同じことで悩んでた。
どうして終わった瞬間無価値になってしまうのか。

忙しいとか言いながらもだからって考える時間がないなんてことは起こらない。
電車の中で、バスの中で、道を歩きながら、
起きているほとんどの間、私は何かを考えてる。
考えてることのほとんどは、いくら考えても答えなどすぐには出ないことだ。
それでも考えてる。そのうち鬱になる。
余りにそれが酷くなると目の前の現実に対処しきれなくなる。
でもこうならない人はならない。なる人はなるんだろう。

私はもう、どういう状態が自分の「普通」なのかよく分からない。
10代の頃もこうだったってことは、今の状態が普通なのかな。
それとも10代の時も、そのときはそのときで少しおかしかったのか。
でも小学生の頃からそうだった気がする。いつも何か考えてた。
っていうことはやっぱり、この状態が私の普通なのかな。


255 :名前はいらない:2005/11/17(木) 10:37:37 ID:MGJ9FxOO
なんだかもうよく分からない。
でも、ただ見てるだけってことがこんなに苦しいっていうことに、
今日になって急に気付いてしまった。テストが終わってしまったせいだ。

やっぱり人には仕事が必要だ。お金を手に入れるためじゃなくて、
余計なことを考える時間をできるだけ作らないために必要だと思う。
できるだけ頭を使う仕事がいい。待ち時間が長い仕事とかじゃ困る。
いつも頭をフルに回転させていられる仕事のほうが私には楽なのかもしれない。

256 :名前はいらない:2005/11/17(木) 10:47:55 ID:MGJ9FxOO
10代の終わり、私は人と話すのが怖かった。
対人恐怖症じゃない。どんどん変わっていく自分の考えの速さに、
自分で対処できなかったせいだ。
目の前にいる相手が、私の話を聞いて頷くのを見て私は不安になった。
なぜかって、今さっき自分が口に出したことが、
間違いかもしれないことに、次の瞬間には気がついてしまっているから。
だから私は、目の前の人が頷くたびに、
なにか、嘘を吐いて相手を騙しでもしてしまったかのような罪悪感に囚われてしまって、
自分で自分に呆然となっていたことを思い出す。
君の考えは正しいと言われることほど怖いことはなかった。

257 :名前はいらない:2005/11/17(木) 11:00:31 ID:MGJ9FxOO
疲れたな・・・
今日は課題が多いから、日記書く暇もないだろう。
それくらいが丁度いい。

258 :◆lXZBPVO3GQ :2005/11/17(木) 19:21:55 ID:A8DMHWkm
あんた誰だか教えてくれ。ちなみに俺は彼女は居ても
彼氏は居ない。よってバイではない。

259 :名前はいらない:2005/11/18(金) 10:54:20 ID:Oe5fStEl
私には名前がないんだ。というかあるべきではないんだ。
だから名乗らないんだよ>からすさん

260 :名前はいらない:2005/11/18(金) 10:57:22 ID:Oe5fStEl
私が何で人に好かれるのか考えてみた。
多分私は聞き役がうまいんだと思う。
ここでは勝手に一人で喋ってるけど、普段はむしろ相手の話をよく聞くほうだ。
だからだろうな、女の友達も男の友達も。そして彼氏も彼も。

261 :名前はいらない:2005/11/18(金) 10:58:45 ID:Oe5fStEl
さっきまで最悪な気分だったけど、美怜のおかげで元気になれた。
やっぱり持つべきものは同性の親しい友達。

262 :名前はいらない:2005/11/18(金) 11:06:23 ID:Oe5fStEl
ちなみに本当にZARD歌った。それもステージの上で(汗
日本みたいなボックスじゃなくて、レストランにステージが併設されてる感じで。
美怜と二人で熱唱しました。楽しかったです。帰ったら12時過ぎでした。
しっかし曲目が恐ろしく古くてさ・・・親の世代の曲ばっかりで困ったよ。
エックスだったら知ってるっていうから、3人でエックスも歌ったよ(汗
3人てね、もう一人韓国人の男の友達連れて行ったんだけど。

263 :名前はいらない:2005/11/18(金) 11:14:19 ID:Oe5fStEl
大人しくてほとんど喋らなかった彼が、歌い出したら豹変したからびっくりした。
彼にはボックス式のカラオケは無理だろう、狭すぎて(汗
飛ぶは走るは叫ぶはで、えらいこっちゃだったよ。

264 :名前はいらない:2005/11/18(金) 11:16:43 ID:Oe5fStEl
美怜さっきはありがとん。
って今同じネットカフェにいるんだけどさ。
ありがとう美怜。週末まだどっかに遊びに行こうね。

265 :名前はいらない:2005/11/19(土) 05:26:33 ID:YbKgDcJz
大変なことになった。
薬を取りに日本に緊急一時帰国しないといけないかもしれない。
宅急便で送ってもらうはずだったんだけど、
こっちに何の連絡もないまま、税関で止まって、そのまま送り返されてしまった。
これっておたくの信用問題ですよね!?って粘って抗議したけど、とにかくもう送り返されました、と。
これだからこの国は・・・小包ひとつ送るのに何万払ってると思ってるんだ!!
もう一度こっちに送るにしても何日かはかかる。
病院の先生に相談しなければ・・・

266 :名前はいらない:2005/11/19(土) 05:33:48 ID:YbKgDcJz
医療関連の事情って国によって違って、
私が普段飲んでる薬は、この国じゃ手に入らないんだ。
だいたい、荷物の中身見て、病人だって分かれよ!!
なんでもマニュアル通りにやればいいってもんじゃないだろうが!
っていうか、せめてマニュアルに従って連絡しろ、連絡!こんなのありえない。

267 :名前はいらない:2005/11/19(土) 05:37:36 ID:YbKgDcJz
日本はまだ朝の5時半か・・・・
メールの返信が来るまでに、まだ数時間はかかるだろうな・・・
どうしようもない

268 :名前はいらない:2005/11/19(土) 05:43:14 ID:YbKgDcJz
急に薬をやめると発作が起きやすくなる。
一度大きな発作が起こったら、私の将来はもう終わりだ。
なんとしてでもなんとかしなければ・・・

269 :名前はいらない:2005/11/19(土) 05:45:16 ID:YbKgDcJz
でも5日以上休むと最終試験受ける資格なくなるんだ。
それ以外のことだって、ちょうどこれからが大変なのに、今一時帰国なんてとても考えられない。

270 :名前はいらない:2005/11/19(土) 10:37:26 ID:YbKgDcJz
いずれにせよ、もう終わらせよう。
この不条理な食物連鎖の鎖を解くんだ。
微生物がいなくなれば、水中の魚も死ぬだろう。
もしどうしても死にたくなければ、進化して別のものを食べるしかない。
その人次第だ。

271 :名前はいらない:2005/11/19(土) 10:57:31 ID:YbKgDcJz
いろいろあったけれど、
もう私は彼を許しているんだと思う。
それにもう、彼に何を求めようとも思わなくなった。
前は求めたいものが沢山あったけど、今はもう、求めようとする気力さえ尽きた。
これ以上時間だけ浪費する意味はないと思う。

そう、疲れたんだ、君のゲームに付き合わされるのには。
結局君は最後まで、ゲーム感覚で私を見ていた。
現実の私より、自分のお気に入りの人形のほうが大事だったんだ。
それならそれで気が済むまで、その人形と遊んでいればいい。

私は最後まで秘密を守った。
よくぞ守り通したと思う。孤独に耐え抜いて、よく頑張ったよ。
もう君もこれ以上、生身の私に求めることなど何もないだろう。

272 :名前はいらない:2005/11/19(土) 11:22:47 ID:YbKgDcJz
私たちの間では、もう挨拶は前に済んでる。
君が繰り返し唱えたさよならに、私は確かにしっかりとあの時答えた。
私はあの時、自分の心にもさよならしたんだよ。

自分の家にネットを引かないでネットカフェで済ませてきたのも、
ここに依存しすぎないためだった。
実際、物理的に離れるというのはそれなりに効果がある。
所詮人間の意識は、時間と空間を完全に超えられはしない。

本当にありがとう。
今まで何とか持ち堪えてくれた、自分自身にもありがとう。
よくあの過酷な重圧に不条理なまでに耐えて、今まで無事生きてきてくれた。
がんばったね。でもこれからは、もっと自分の為に生きなさいよ。
自分の為に生きていいんだからね。

私はもっと遠くまで行きたい。
もっともっと遠くまで行きたい。

さよなら。

273 :愛の詩:2005/11/19(土) 18:33:01 ID:xFPVg/pR
俺はお前を家具にする

その器用な手は 俺の飯を作り 俺の服を繕う
その明るい声は 俺を強く励まし 俺を称え歌う
その美しい顔は 俺の家で一番高価な装飾品だ
そのしなやかな身体は 俺を一番楽しませてくれる玩具だ

街の男達は着飾り 歯の浮くような言葉でお前を口説くだろう
俺はそんなまわりくどい事はしない
お前の首に鎖を嵌めて お前の素肌に俺の名前を刻み込む
ほら お前はもう 俺のモノ

俺はお前の心を殺して とても都合の良い家具にする






そんな言葉をぶつけても お前は優しく微笑んで 
「それでもいいよ」と言うから
俺はいつまで経っても 本当の気持ちを伝えられない


274 :歌川K ◆lXZBPVO3GQ :2005/11/20(日) 00:15:48 ID:G8N+teG4
お互い気張ると苦労するよな。

何か節目に来ていて色々大変なようにお見受けするけど、
あなたは良い人そうなので応援します。
頑張って幸せになって下さい。

275 : :2005/12/15(木) 20:58:02 ID:H9Ory3ry




276 :名前はいらない:2005/12/24(土) 08:03:23 ID:kYK7E89e
無言。という言葉ほど、
どうとでもとれるメッセージはないので、
沈黙ほど価値ある言葉はないと言われるんです。

でもただ単に、
考えに考えた末、結局何言ったらいいのか分からないという沈黙もあります。

277 :名前はいらない:2005/12/24(土) 08:05:40 ID:kYK7E89e
世はクリスマスですね。大変お疲れ様です。>ひろゆき

278 :名前はいらない:2005/12/24(土) 08:13:09 ID:kYK7E89e
私は正直彼が何を言いたいのか、よもや半分も分かっていないので、
もう会話する資格も義務もないと思っているんですが、
とにかく言えることは、彼は私に関して何か重大な勘違いをしている、ということです。

私はとっととこの国に逃げてきました。
これはもうとても私の手には負えないと悟ったからです。
それに、誰も私を助けてくれる気配がなかったので、
私は私自身の力で、何とか逃げ出しました。
確かに私は私でここでやることがあるし、それだけが理由ではないのだけれど。

279 :名前はいらない:2005/12/24(土) 08:20:36 ID:kYK7E89e
彼は私を知らないはずです。
なぜなら一度も会ったことがないからです。
電話したことすらありません。
よって当然、今の今まで、「告白」も「承諾」も、全く何もありませんでした。
なのになぜ、すでに「付き合った」ことになってるのか、正直私には理解できません。
おまけに私は彼の個人的な連絡先も何一つ知らされていないし、
こちらから聞こうとすれば拒否するし、
私からはもうこれ以上解決のしようがなかったんです。

さすがにその部分まで誤解されていると困るので、
それだけは言っておきたいです。

280 :名前はいらない:2005/12/24(土) 08:32:25 ID:kYK7E89e
私は彼氏は二人もいらないです。
いつでも一人で充分です。
その考え方は昔から変わってません。
なので片方がもう進展のしようがないなら、そちらを切るまでです。

というか、もうそれ以外どうしろというんでしょうか?
私は彼に拒否され続けてきたし、もうその繰り返しにはだいぶ疲れました。
ただのゲームならとっとと辞めたいです。

でもそれとは別に、できるだけちゃんと挨拶だけはしておきたい人たちがいました。
なんと言えばよいのか分からなかったけれど・・・
私としてはそういうつもりだったんです。それ以外に他意はないんです。

281 :名前はいらない:2005/12/25(日) 00:19:56 ID:LRwIGikU
私は、小学3年です。
: : :   私には、彼氏がいます。彼とわたしは、デートの時、どちらかの家に行き、だれもいないとき、
部屋で横になって裸でだきあいます。それがだんだんエスカレートしていって、学校の体育倉庫で服をぬがされ、
まだ3年生ですが学年で1番大きいおっぱいを、つかむように触られたり、しゃぶったりされます。最初は、
苦手だったんだけどだんだん気持ちよくなりサイコーです。しかも、わたしは、学年1美人でもてます。彼も同じで、
美男美女でよくみんなにうらやましく、思われます。
: : このカキコ見たあなたは4日後に不幸がおとづれ44日後に死にます。それがイヤならコレをコピペして5ケ所にカキコして下さい。
私の友達はこれを信じず4 日後に親が死にました。44日後友達は行方不明・・・・。
いまだに手がかりもなく私はこのコピペを5ケ所に貼り付けました。
すると7日後に彼氏ができ10 日後に大嫌いな人が事故で入院しました。
: :     信じる信じないは勝ってです

282 :名前はいらない:2005/12/29(木) 04:57:52 ID:B01TOfBK
私は、無視=拒否と捉えてきました。
だから、彼は数え切れないほどの回数私を無視してきたことになります。
彼は私を責めていますが、私は自分が責められる立場にあるとは思っていません。
彼は現実の私を無視し、その一方で一人でストーリーを作って妄想に浸り、楽しんできたのですから。

事情があって明日から一時帰国します。
といっても10日間程度でこちらに戻ってきます。

たまたま通りかかったらネットカフェが奇跡的に開いていたので、
今年中に挨拶を、と思って最後に来ました。
どうかお元気で。

283 :19 ◆gwnULb/9mw :2005/12/30(金) 18:30:06 ID:sE8Xbs23
>>67
ちょっと前に見つけて読んでたら
レスがあったんで驚きました
初めまして

見てるかどうか分からないけど「彼」について差し出口出させてください
そういう人は多分、どうにもならないと思うんですよ
悪意に善意の皮かぶせてるでしょ?話とか出来ないんじゃないかな
自分がやってくにはどうしたらいいかってことだけ考えるといいと思うよ
相手のことなんか考えないほうがいいと思うよ
外野の声なんか届かなそうだけど一応、見てて心配なので

284 :名前はいらない:2006/01/01(日) 20:02:46 ID:zwEW4l9F
明けましておめでとうございます。

実は前に19さんのスレを読んだことがあったんです。
っていってもだいぶ前の話なのに、よく自分のレスへのコメントだと分かりましたね。
こちらこそどうも、初めまして。

彼の話ですが、自分でもこれじゃいつになっても埒が明かないと思って、
それで飛び出したんです。
海を跨いでの大掛かりな家出です。今年末でちょっと帰ってきてますが。
だけど、今帰ってきたからといって、彼に何かしようという気はなくて、
むしろ暫く日本でゆっくり休んで、また戻ろうと思ってます。

そういうわけなので、まぁ私はなんだかんだいって大丈夫です。
体も心もだいぶ回復に向かってると思うし、
距離を置いたことで、自分自身のことも少し落ち着いて考えられるようになった気がします。
ご心配&レスどうもありがとう。

285 :名前はいらない:2006/01/01(日) 20:53:28 ID:zwEW4l9F
3ヶ月も日本に居ないとCMが全部変わってるんですよね。
見るCMCM知らないのばっかで驚きました。

お正月の初売りに行って色々服を見てきたけど、
思ったほどあの国で今の売ってる服の流行と日本の流行変わらなかったです。
丈の短いカーディガンとか、ファー付きフードの付いた結構ボリュームのあるナイロン素材のジャケットとか。
レースのついたキャミを重ね着するとことかも同じだし。
もちろん細部は違うんだけど、スカートのデザインも結構似てるの多かったな。
ただやっぱ日本の服のほうが、色の組み合わせが豊かだし、
重ねるキャミの枚数が多いぶん全体が可愛いイメージになるよね。

もう服はだいだい見たし分かった。今年の冬はこんな感じなのか。

286 :名前はいらない:2006/01/01(日) 21:09:52 ID:zwEW4l9F
やっぱし重ね着のセンスは日本人がダントツですな。
秋冬の服見ると特によく分かる。

287 :名前はいらない:2006/01/01(日) 21:18:59 ID:zwEW4l9F
向こうは貧富の差が激しいから、確かにお金出せば良いのは買えるけど、
お買い得でかつ可愛いのって、あんまりないんだよね。
あと、下着の質と値段は、たぶん日本が世界中で一番いい。

288 :名前はいらない:2006/01/01(日) 21:30:37 ID:zwEW4l9F
私は物の色と形にどうしても魅せられてしまう
メイクにしても服にしてもアクセにしても、やっぱ女のほうが種類多くて楽しい
そこだけは、女に生まれて良かったと思えるとこ

289 :名前はいらない:2006/01/01(日) 21:32:19 ID:zwEW4l9F
ちなみに男に生まれていたらギターやりたかったです

290 :名前はいらない:2006/01/01(日) 21:48:02 ID:zwEW4l9F
日本に帰ってきて一番良かったのは音楽がステレオで聴けるとこ
年始のテレビより私はこっちがいい

291 :名前はいらない:2006/01/01(日) 22:21:06 ID:zwEW4l9F
私の場合、人が嫌いというより、特別に好きな人がいない
人そのものが嫌いというより、人の弱さと愚かさが憎い

292 :名前はいらない:2006/01/01(日) 22:33:56 ID:zwEW4l9F
相手を許すしかないってことは、諦めるしかないってことと同じでしょ?
諦めるってことは、まだ見ぬ未知の可能性をも見限るってことでしょ?
もしかしたら、自分の意識の外へその人を仮に追い出して、
とりあえず清々してしまうってことが許すってことなんでしょ?

許すこと
それって本当にいつも正しいのかね?
そうとは限らないっていうのが本当のとこだろうね

ただ、生き延びるためには
許してしまうほうが楽だよっていう意味の教えなんだったりしてね

分からん

293 :名前はいらない:2006/01/01(日) 22:45:22 ID:zwEW4l9F
もし世の中の全てのことが、人が生き延びるために作られているとしたら、
とても残酷なことだと思う
正しさも間違いも、世の中を維持するためだけに決められているとしたら、
とても悲しいことだと思う


294 :名前はいらない:2006/01/01(日) 22:50:21 ID:zwEW4l9F
彼は私を許したがらない
そのことがまた私を苦しめる
それは彼の心の偏狭さを嘆いてのことではなくて
彼にはまだ本当は私という存在が必要なのだということを
示されてしまったのと同じだから


295 :名前はいらない:2006/01/01(日) 22:59:30 ID:zwEW4l9F
せっかくお正月に日本に帰ってきて、こんなじゃ、
馬鹿以外の何者でもないと分かっているけど、私はまた苦しんでる。
苦しいのは、まだ彼が私の一部だからだ。

私は人が良すぎたし世間知らずすぎた。
彼は最初から自分のことしか考えていなかった。
散々分かってもなお、彼を自分から切り離すことができずにいる。

それは初めから彼ではなくて、私の作り出した彼だったろう。
だから私が切り離さなくてはいけないのは、
私自身の体の一部だし、だからこんなにも痛むのだろう。

全て分かってもなお、痛む事実に対して、
私にはもう、与えるべき言葉が見つからない。



296 :名前はいらない:2006/01/01(日) 23:07:03 ID:zwEW4l9F
たぶん、生まれつきもっと馬鹿だったら、こんなに苦しまずに済んだ
何も深く感じず、考えず、全てに対して傍観者でいられたのなら・・・

知るほどに苦しむのなら
何のために私は知ろうとするのか

297 :名前はいらない:2006/01/01(日) 23:35:09 ID:zwEW4l9F
横になって飲んだら・・・飲みにくいよね・・・
チャレンジしてジャボッって自分の顔にかかったりした、子供の頃。

何の話か分からないだろうけど、
私も正直何の話か分からないんです。

298 :名前はいらない:2006/01/02(月) 04:11:49 ID:pyid60qf
初夢は見ないつもりかも。

そういえば彼が言ってた。私が何がしたいのかいまいち分からないと。
でも、私の究極的な目的は前から明確だよ。
私は自分が何者なのか知りたい。
異質な他者を知ろうとするのは、
そうすることによって相対的に自分が見えるようになるからだよ。
だからこそ私は、自分とは相容れないものに敢えて近づく。
そしてそこで違和感や嫌悪感をあえて受け止める。
頭から否定するよりも、毒をも薬に変えてみせようという考え方だよ。
だから少なくとも私の中では、今してることはその道から反れるものではないんだ。



299 :名前はいらない:2006/01/05(木) 16:37:36 ID:x7syaETo
雪が降ろうが雹が降ろうが日本の家には暖房があるじゃないか
年賀状が届かない

300 :名前はいらない:2006/01/05(木) 16:42:16 ID:x7syaETo
これぞ底の底!

301 :名前はいらない:2006/01/05(木) 18:19:41 ID:x7syaETo
なんでお正月早々そんなにシモネタが言いたいのか分からない
どうして男はu○○という言葉ひとつでそんなにも盛り上がれるのか皆目見当がつかない
みんな病気やわ

302 :名前はいらない:2006/01/05(木) 19:39:57 ID:8NAdSWHW
 

303 :名前はいらない:2006/01/06(金) 02:29:50 ID:GYtGoHr0
結論

日 本 の ほ う が 断 然 寒 い

家の中はあっちのほうが本気で寒いんだけど、
今日の日本の外の寒さは、あまりにも寒すぎて、しまいには腹が立ってきた!!
やっぱり空気が濡れてる、空気が水含んで重いって感じがする
要するに湿度が高いぶん寒い、というか、すべてが冷たい

304 :名前はいらない:2006/01/06(金) 02:34:59 ID:GYtGoHr0
要するに、私は開いていて彼は閉じている。
私は外からの影響を重視するけど、彼はひたすら内に篭ることで自分を極めようとする。
まるで逆。似ているようでも方法としては真逆。

305 :名前はいらない:2006/01/06(金) 02:46:57 ID:GYtGoHr0
彼はなんだかんだ言っても自分を守ってる
闘ってるように見せてはいても、根っこのとこで何かに怯えてる
そして自分と気の合う仲間で周りを固めてる(ように見える)
でも私はそういうことは好きじゃない
自分と気の合う人だけを集めようとも思わない
私は拡散させようとする 彼は凝縮させようとする
でも私は何かを一所に固定させることにあまり興味がない
常に運動しているもの 私はその状態に魅力を感じる

306 :名前はいらない:2006/01/06(金) 03:00:24 ID:GYtGoHr0
私に足りない感情は、もしかしたら嫉妬かもしれない。
基本的に誰でも、来たいなら来ればいいし去りたいなら去ればいいと、突き放してるとこがある。
もしかしたら、深く傷つくことを恐れるあまり、
表面的に嫉妬心が隠されてるだけのことかもしれない。
事実、相手に裏切りの兆候が見えただけで、私はその人への興味を失う。
嫌いになったとかじゃなく、その瞬間その人は私の中ですでにどうでも良い人になってしまっている。
だけど一見何事もなかったかのごとく、いつもと同じように振舞うから、
私の心の中の変化は、私しか気がつかない。


307 :名前はいらない:2006/01/06(金) 03:05:51 ID:GYtGoHr0
ほんと、考えてみれば彼氏は彼氏でよく今まで一度も浮気もせず・・・
でも長年の付き合いで、私の心の冷めきった部分を知ってるから、
怖くてとても浮気どころではないのかもしれない。
別れ話を持ちかけられたことも一度もないし、
私の心の冷たい部分が、いつかふいに持ち上がってくるんじゃないかと、
どこかで恐れているんだろうな。

308 :名前はいらない:2006/01/06(金) 03:20:45 ID:GYtGoHr0
私はたぶん、親からの精神的自立が早すぎたんだろうな・・・
もっと甘えててもいいような年頃に、さっさと親元を離れてしまったんだろう
まあ親は親で、明らかに私に甘えられるのが嫌いだったし
だからどこか私の中にアンバランスさが残ってしまってるんだろうな

309 :名前はいらない:2006/01/06(金) 03:25:54 ID:GYtGoHr0
私子供の頃、母親に、「気持ち悪い!」って跳ね除けられたことがある
あれは正直ショックだったな

310 :名前はいらない:2006/01/06(金) 03:30:09 ID:GYtGoHr0
私の何が悪かったというより、存在そのものがウザかったんだろう
子供ながらにそれを感じ取って、愕然としたんだっけ・・・
まあ、理想的な家庭なんて実際はそうあるもんじゃないから、
こんなんよくある話なのかもしれないけど

311 :名前はいらない:2006/01/06(金) 03:41:02 ID:GYtGoHr0
子供って大抵は自分の“お母さんのにおい”って好きなんだと思うけど、
私はなぜかお母さんのにおいが嫌いだった。
母親が寝たお布団じゃ、匂いが気になって落ち着いて眠れないっていう。
お父さんの匂いはもっと嫌いだったし。
まぁ匂いには子供の頃から敏感だったのかも。


312 :(*^_^*) ◆IeLq5RJpRM :2006/01/09(月) 11:09:04 ID:0pjY7CMK
わたしはアナタがダイスキだからアナタには活きていて欲しいの。・゜゜(>_<)゜゜・。

313 :名前はいらない:2006/01/09(月) 18:11:03 ID:MZKyhYmD
全く余計なお世話

314 :名前はいらない:2006/01/10(火) 14:19:08 ID:VVUPUMto
さよなら日本

315 :名前はいらない:2006/01/10(火) 14:25:12 ID:VVUPUMto
そしてさよならこの携帯
いよいよ解約だね
長い間おつかれさまだった

316 :名前はいらない:2006/01/10(火) 14:27:35 ID:VVUPUMto
空の上でぐっすり眠ろう

317 :名前はいらない:2006/01/17(火) 05:36:38 ID:+mIEhxKS
どうやってこのスレ探そうかと思ってたけど、奇跡的に1分で見つかった。

今日は開いていたネットカフェ。
どうしてこの前は休みだったのか教えていただきたい。
気まぐれに開けたり閉めたりするのはできればやめていただきたい。

318 :名前はいらない:2006/01/17(火) 05:39:48 ID:+mIEhxKS
突然だけど、カメハメ波出すときって指輪なんているんだっけ?
その指輪から光線が出るの?
東京ゲームショーってなんですか?

こっちにいると変な外人に会う。
いっそ秋葉原に住んで下さい。

319 :名前はいらない:2006/01/17(火) 05:48:00 ID:+mIEhxKS
日本語から○語に訳したり、その逆をしたりする授業をとった。
というか試しに行ってみよと教室に入ったら生徒が2人しかおらず、、、もう後戻りはできない雰囲気。

しかしながら○訳はともかく邦訳は、ぶっちゃけ先生より私のができると思っちゃいましたごめんなさい。
私は○訳がんばります。

320 :名前はいらない:2006/01/17(火) 05:53:29 ID:+mIEhxKS
良くも悪くも彼のスレは私のよりすぐ見つかった。

もういいよ、何でも。
生きていてさえくれれば。

321 :名前はいらない:2006/01/17(火) 06:08:41 ID:+mIEhxKS
その外人さんがね、日本に帰ったら自分が欲しいゲームや電化製品を送ってくれっていうの。
気がつけば終始ゲームの話だったの。
言語の壁以上の厚い壁を感じたの。
ちなみに初対面でいきなりその話でした。

うん、もうよく分かってる。
ここにいる人たちは基本的に変。

322 :名前はいらない:2006/01/17(火) 06:15:55 ID:+mIEhxKS
外国語をある程度やったことがある人なら分かると思うんだけど、
外国語ができるようになるには、実は推理力が必要なんです。
相手の言っていることや書いていることが、完全に分かりきらなくても、
分からない部分を自分の頭の中で補いながら、繋げて意味を成すひとつの文にして理解する力が必要なんです。
これができる人が言語センスのある人です。
耳が良いとか記憶力が良いとか、それだけでは外国語は制覇できません。

323 :名前はいらない:2006/01/17(火) 06:19:49 ID:+mIEhxKS
でも、仮にどんなに言語センスがあったとしても、
ゲームの話が分からない人にゲームの話は無理なのね。
今度会ったときは、ゲーム以外の話をしよう(勧誘)

324 :名前はいらない:2006/01/17(火) 06:34:45 ID:+mIEhxKS
こっちのファッション雑誌(GLAMUARだったかVOGUEだったか)に桃井かおりが載ってた。
SKUの広告だけど。さすがは大女優。
それ以外の日本人は見たことないな・・・
浜崎あゆみも山田優も仲間由紀恵も皆無。
アジア人で載ってるのは他にはZhing Ziyiくらいかな。
チャン・ツィーってほんと綺麗だよね。
でもゲイシャを演るのはやっぱ変だよね。

325 :名前はいらない:2006/01/17(火) 07:08:11 ID:+mIEhxKS
空の上でぐっすり眠りながら紙袋を開けました。
照合の結果、彼はあまりにも落ちているときと、
単純に忙しくて時間がなさすぎのとき不在になるみたいだ。

飛行機に乗るといつも想像する。
もしこの飛行機が落ちて今私が死んだらどうなるかなって。
ま、実際は飛行機事故で死ぬ確率より、交通事故で死ぬ確率のほうが高いんだけど。
とりあえず、一番自由に物事を想像したり考えたりできるのが、私の場合飛行機の中。
地面に足がついていないと思うと、俗世の何にも縛られていないような気分になれるから。
なんか凄く自由になったような錯覚に陥って、
機体が揺れたりなんかすると、もうわくわくしてしまう。
着陸してしまうと、あーれ着いちゃったって感じ。
だから、10時間のフライトなんか平気平気。
エコノミー症候群なんて気にしたこともないや。

326 :名前はいらない:2006/01/17(火) 07:10:15 ID:+mIEhxKS
あ、もう次の授業始まってる!
しまった。


327 :名前はいらない:2006/01/17(火) 10:23:06 ID:+mIEhxKS
もーマジでみんな喋れ過ぎ・・・前のクラスと大違い・・・
スイス人の女の子なんて若干19歳ですでに4ヶ国語喋れるらしい。
いいよなぁヨーロッパ人て。言語が似てるってほんと羨ましい。
日本人なんて英語だけでどんなに苦労してることか・・・涙
ロシア、イタリア、スイス、ブラジル、イギリス、タイ、日本、アラブのどっか
すごくバラバラな人たちが集まった。

ていうか、イタリア人男、おまえもか!!
何が好きかって先生の質問に、「プレステ」と答えてた。
イタリア人ならまずサッカーだろ!と思ったけど一番はプレステらしい。
いいね男は世界共通の話題がいろいろあって。
私にはわからんよ。

328 :名前はいらない:2006/01/17(火) 10:41:01 ID:+mIEhxKS
そんな話はどうでもいいんだけど、一つ書いておかないといけないことがある。

前に私に愛読書を紹介してくれた方。
日本に帰ったときに、本屋を3軒ほど回って探しました。
が、店頭にはどうも置いてないらしく、今回は残念ながら入手できませんでした。
決して忘れていたわけじゃないんです。ちゃんとタイトルも覚えていたんですよ。
でも、注文して入荷を待てるほど日数的に余裕なかったから、
また本帰国したとき探してみます。
もうここ見てないだろうと思うけど、ねんのため。

329 :名前はいらない:2006/01/17(火) 11:04:09 ID:+mIEhxKS
「じゃっかん」て、「若干」で良かったっけ???
と思って調べたら、やはり間違いでした。「弱冠」でした。
ちなみに「弱冠二十歳」という言い方はあっても「弱冠19歳」とは言わないそうです。
弱冠はもともと二十歳の男性を示す言葉らしいです。
というわけで、帰ろう。

330 :名前はいらない:2006/01/18(水) 10:28:00 ID:1vMx+3MX
考えたんだけど、なんにしろ、彼はここを見てないことだし、
もう好き勝手書こうと思った。
うん、よく見てみれば(まぁよく見なくとも)この板には此処みたいなのが幾つもあるし、
遠慮しなくていいかなって。

そういうわけで。

ここ何年も外人の男の人をかっこいいと思ったことなかったんだけど、
昨日のイタリア人、よく見たら結構かっこいいと思ってしまった。
しかしどうしてああねちっこい、いやらしい喋り方をするかなぁ?

スイス人の女の子が、今日は髪をくるっくるにカールさせてきて、
彼の隣にさりげなく座った。
ん?とは思ったんだけど、ちょうど席が向かい側だったからちょっと見てたら、
隣を見る目つきが・・・あらま、もう半端ないじゃああーりませんかw
これは面白いことになってきたぞと思って、
「がんばれスイス人、負けるなイタリア人!!」と授業中こっそり楽しんでたw
まぁどうなろうが私には正直どっちでもいいわけで、
だから面白いんだけど。

うん、でもあのイタリア人は絶対もてると思うから、
これからも毎晩カーラー巻いてがんばらないと無理だと思うよ、スイス人の彼女。
美人だしスタイルもいいけど、彼は女の子にもてることに慣れてるタイプだよ?
一見クールに見せかけて実は結構選好みしてるよ?
できればいろいろ見える形でwがんばってください。

331 :名前はいらない:2006/01/18(水) 10:38:04 ID:1vMx+3MX
ちょっと待って。彼は確かにこのスレを知らないんだよね??
なんでそんなことになる??ただの偶然か?

332 :名前はいらない:2006/01/18(水) 10:42:44 ID:1vMx+3MX
よし。これはただの偶然と見た。

彼が今言ってることは8割方分かる。分かるけど、
私にどうにかできることじゃない、それも自分で分かってる。
そして私はどうしてももう今すぐ帰らないといけない。
続きは明日読んどくよ。

333 :名前はいらない:2006/01/18(水) 10:44:44 ID:1vMx+3MX
ほんとごめんね。
って言っても聞こえやしないけど、ごめんよ・・・

334 :名前はいらない:2006/01/19(木) 10:31:41 ID:MmHSr3DT
日本はまた大変なことになっちゃいましたね。
一億の収入が三億の損失に変わるのか・・・

やっぱ株はねー怖いよ。素人が手出すもんじゃない。
ていうかしばらく前まで主婦のための株教室みたいなの流行ってたよね。
でもさ、考えてみて。地球上にあるお金の量はいつも一定に保たれてるわけで。
誰かが得をすれば、一方で誰かが必ず損をするしくみになってるわけで。
できるだけ無知で先見の明のない素人さんの数が増えたほうが、
株の玄人にとっては実は都合がいいんじゃないかと思うんだけどどうなんだろう。
やっぱ一攫千金的な考え方ってやばいと思う・・・
難波金融道なんか読んでる場合じゃありませんよ。
勧誘だの宣伝だのに簡単に乗せられないことです。

335 :名前はいらない:2006/01/19(木) 10:43:14 ID:MmHSr3DT
話は変わるが、やっぱ19歳じゃまだ駆け引きは無理だね。
スイス人は今日もイタリア人にべったりだったけど、
授業から帰るとき、イタリア人のほうから私に話しかけてきて、
おっと。やっぱこれは年の功かなと思ってしまった。

こんな話聞いたら、きっと彼は今度は心から本気で「死ね」って言うんだろうな。
彼氏はショックで寝込んで仕事に行けなくなるだろうな。
だから言わないけど。

彼は彼で、私にとって嫌なことを、今まで山ほど言ってきたんだから、
私は私で我慢してただけで、本当は本当に嫌だったんだから、
私にも多少は言わせてください。

大丈夫。私プレステ好きな人好きじゃないから。

336 :名前はいらない:2006/01/19(木) 10:56:24 ID:MmHSr3DT
だいぶ前の話になるけど、私が○理で激痛のあまり真っ青になってて、
痛みのあまり脂汗がびっしょり出て、それが冷えるほどに痛みが増すから、
夏場だというのに何枚も毛布にくるまって、
部屋の隅で、どうしようもなくて痛みでぶるぶる震えてるときに、
彼氏が、時間をもてあましたのか、ゲームやりだしたのね。

ま、最初は心配してくれてたよ、「大丈夫?」って。
でも私がトイレから出てきたころには、
もう私の様子には目もくれず、シムシティとかいう街を作るのに熱中してた。
それを見て、ゲームなんかくそくらえと思ったわけ。
私はまだ真っ青になって震えてるのに、
彼にとっては、ゲームの中の街を大きくすることのほうが大事だったわけ。
数字がどんどん上がってくのを見るのに夢中になってたわけ。
それ見て私、ゲーム好きな男の人なんて嫌い、と思った。

同じ部屋にいてもさ、相手の状況完全に無視するでしょ。
で、無視することに慣れてるでしょ、ゲーム好きな人って。
それって私からするとあり得ない。

337 :名前はいらない:2006/01/19(木) 11:03:59 ID:MmHSr3DT
まあ早い話が、私は彼のことも彼氏のこともイタリア人のことも、
こうして否定してることになるわけだけどね。

でもどう考えても私の言ってることはまともでしょ?
誰だってそんなことされたら、嫌いになって当たり前だよね?
もし彼や彼氏が具合悪いときに、私がゲームに熱中して振り向きもしなかったら、
きっと彼らだって普通に怒ると思うよ。

338 :名前はいらない:2006/01/19(木) 11:25:09 ID:MmHSr3DT
話がころころ変わって悪いんだけど、あなた方に問いたいことがある。

私は本当は彼をあの世界から連れ出したかった。
これ以上居続けると本当に危ないと思ったから。
でもそのためには、彼に直接会って、彼が自分の状況をどう考えているのか、
これからどうしたいのか、私が自分の目と耳で確かめたうえで、
この先どうしたらいいか考えなければと思ってた。
でも私には、というか私たちには、その機会が与えられなかった。

ここにはさまざまな人たちの利害関係が交錯してる。
私と彼を会わせたくない人も実際たくさんいるだろう。
私が簡単に手を出せなかったのは、私にも全体像が把握しきれないと悟ったから。
だからこそ、こういう形で本来その責任があるべき人たちに私は「問題」を丸投げした。

そこで、あなた方に問いたいのは、
あなた方は本当に、独善的な考え方で物事を判断していないかどうかだ。
私は、まずそれを自分に問うた。そして悩みに悩み続けて、
彼ができるだけ自由になるためには、私が消えるしか道はないのだと考えた。
それ以外、この状況のリセットの方法はないんだと思ったから。

結果正しかったかどうかはまだ分からない。
でも事実私は、自分から手を引き、すべてあなた方の判断に任せることにした。
私にできるのは、本当に遠くから見守ることだけ。
そして、いつか彼やあなた方にとって良い思い出になることだけ。
私はそういう覚悟でいる。

339 :名前はいらない:2006/01/19(木) 11:57:35 ID:MmHSr3DT
私はあなた方に何を強制するつもりもない。
そもそも強制できる立場にない、たとえ影響力はあったとしても。

私のために何かしようとは思わないでほしい。
私があなた方にしてほしかったことと、あなた方が私にしたかったことは、
実は前から微妙にずれていた。
だからもう、私のためにとか考えないでほしい。

私は彼に会う機会がなかった。
完全に軸がぶれてきてしまった最大の原因は、やはりそこにあったと思う。
もう今さらどうしようもないことだけど。

今更どうしようもないことを、いくら悔やんでも先には進めない。
現状をできる限り正確に見極めた上で、最善の方法をとるしか道はない。
これからどうするかは、あなた方が自分たちで決めてください。

340 :名前はいらない:2006/01/21(土) 10:30:38 ID:010dYUZu
はっきり言おう。
私はここでは、利用できるものは利用する。
じゃないと生きていけないから。

・・・というほど大したことじゃないんだけど、
どうもあのイタリア人、映画に超詳しいということが分かった。
邦画のこともすごくよく知っている。仕事も映像関係らしい。
ということは・・・
もしかして、映像の検索にも強かったりなんかしないだろうか??
ビデオ撮るの上手だったりする?
だったらすごく助かるんだけど・・・

良い身分だよね、両脇にスイス人と日本人とは。
それもまんべんなく両方に気を使うあたり、イタリア人の血にはすごいもんがあるな。
こっちを見てるイタリア人の向こうで、じーっと私を見てるスイス人の目が怖かった・・・
ひえぇ、こわいよこわいよこわいよこわいよー!!!と心の中で叫んでた><
私こんなことで授業に出にくくなるの嫌だよー!と思ってたら、
察したのか、今度はスイス人に気を使いだした。

はぁ・・・・イタリア人って、なんか違うわ。

でもそうか、プレステといい、もともと日本に興味があるんだね。
それで私を繋いでおきたいわけね。
私住んでるの東京だしね。(秋葉原も近いしね)
それならそれで、お互いいんてるかんびおしましょうよ。

341 :名前はいらない:2006/01/21(土) 10:40:30 ID:010dYUZu
もうとりあえず何のスレだかわかんなくなってきたけど、
ええ、そう、私は声を大にして叫びたいことがある!!!!!!!!!!!!!!

ト イ レ の な い 家 が あ っ て た ま る か !!!!!!!

はぁ・・・・落ち着け、落ち着くんだ。
しかしこっちに来てはや3ヶ月、今の今までそりゃあいろいろあったさ。
だけど、怒っちゃいけない、怒っちゃいけないと自分に言い聞かせながら、できるだけ怒りを抑えてきた。
でもこれはもう無理だろう。
っていうか人として許されない。
ていうか私が許さない。

怒りが怒りを通り越して、自分の部屋で夜一人で大笑いしてしまった。
もう何がなんだか、とにかく笑いが止まらないっていう。

まぁその後に、ぐったりと疲れが来たんだけど。



342 :名前はいらない:2006/01/21(土) 10:58:13 ID:010dYUZu
4人で一つのアパートをシェアしてるんだけど、
一昨日の夜、隣の部屋の子が、下の階の人から苦情が来てて、
明日9時からトイレの修理工事があるらしいって言いにきた。

え、そうなの?大丈夫かな?くらいしかそのときは思わなかった。
それがどうよ?次の日の朝になったら、なんかトイレから物凄い音がするじゃありませんか。
風邪が具合が悪くて寝てた私からしたら、すごい迷惑だった。
それでも薬飲んだおかけで、何時間かそのまま寝てた。
で目が覚めて、何時間ぐらいで終わるの?って聞きにいこうと思いつつ、
とりあえず、トイレに行きたかったので、不便だなと思いながら近くの店で物を買って、
その店にあるトイレを借りて帰ってきた。

で、帰ってきたら、工事の人たちがいない。
ん???と思って広間を見たら、広間に便器と洗面台がどーーーんと置いてあって、
ちょ、ちょっとどうなってる!??と思ってトイレのドアを開けて呆然。。。

床のコンクリートがすっかり掘られてて、完全に下水のパイプが外に出てる・・・

これって・・・

「明日には終わる」と言って彼らは帰ったらしい。
んなわけないじゃん!!素人だってこんなもん明日中に終わるわけないわ!って思って、
ちょうど帰ってきてたもう一人の日本人に、トイレ見ました?って聞きに言ったら、
彼女は平然とした顔で、うん。見たよ。と言ってきた。
彼女は一昨日の夜どころか、さっき帰ってきて初めて工事のことを知ったらしい。

私、こっち来て初めて、本気で切れました!って私が言ったのに、
彼女にはぜんぜん怒ってる様子がなくて、
むしろ普通に喋ってるのを見て、
これは・・・あまりの衝撃に、頭がついていかなくて反応できないんじゃないか・・・・と思った。
あなおそろしや・・・
後から来るに違いない・・・

343 :名前はいらない:2006/01/21(土) 11:11:07 ID:010dYUZu
素人だってこんなもん明日中に終わるわけないって分かるわ! の間違いでした。

それはともかくだ。
昨日は私は近くに住んでる友達にシャワーを貸してもらって急場をしのいだんだけど、
今朝、満面の笑みで、「気分はどう?」とか言いつつ大家がうちにやってきて(だいたいあんたが前もってちゃんと連絡すべきだったはずでしょ!)
工事の人たちと話している。

はぁ?合鍵を作るだぁ???下の果物屋がおいしいから良かったら食べにいってだぁ?
合鍵なんて、んなもん、危ないに決まってるじゃないの!?
悪用されて、後から泥棒に入られたらどうするつもりよ!?
おまけに奥さんに電話して、「コンクリートが固まるまでに1日はかかるらしいよ・・・」って。

は?ふつうに考えて、あんなもんが数時間で固まるかい!!
まさかあなた、ほんとに今日中に工事終わると思ってたの????
あなたここの人でしょ?ここの人はいつも平気で嘘つくの知ってるでしょ??
どう考えてもあれは5日はかかるだろ!!
その間、お風呂とトイレ、住人4人、どうしてくれるんじゃ!!!!!!!

会話を聞いてるうちに、だんだん腹が立ってきて、
とりあえず、合鍵なんて渡されたらたまらんと思って、
3時までは私が家にいるからってことで、その話はなくなった。

344 :名前はいらない:2006/01/21(土) 11:33:51 ID:010dYUZu
大家は帰ってしまった。
その後だよ・・・さらに大変なことが起こったのは。

工事の音を聞きつけて、この団地の管理人がやってきた。
何の工事をしているのか見せてもらいたいと。
へ?もしかして話通ってなかったの?と思って、とりあえず家に入ってみてもらったんだけど、
その1時間後くらいに、同じ人が、きちんとタイプされた告知の手紙を持ってやってきた。
大家に渡せということらしい。

何だろう?と思って目を通したら、・・・え?これってもしかしてやばいんじゃない?
要するに、団地内の備品を、許可なく違うものに取り替えてはいけないっていう内容。
「本日、2006年1月20日4時半に、本事務所に来ていただきたい。
私たちはこの問題に関して、早期解決を望んでいる。」

これって、もしや、呼び出し??

ほんとにやばいんじゃない?と思いながら工事の人たちに見せたら、やっぱり、
手紙を声を出して読み上げて、こりゃー駄目だ、的なことを言ってる。
帰ってしまった大家さんにすぐ連絡を取らないといけない、ということで、
なんでかしらないけど、私が電話をかけるってことになって、
しょうがないから携帯に電話して(高いのに!)、かくかくしかじかであなたは4時半にここに来るか、
事務所に電話しないといけないみたいですよって伝えた。

345 :名前はいらない:2006/01/21(土) 11:35:07 ID:010dYUZu
当然、工事の人たちは、もうすっかりやる気なし。
お昼を食べてくるといって、さっさと出かけて行ってしまった。
私は配管の運び出しやらなんやらで、ごみがいっぱい落ちた床を箒で掃きつつ、
私、なにやってんだろ?なんでこんなこと私がやってんの?
それに私、ほんと3時まで、外にトイレにも行けない状態じゃない!と思って、
なんかもう、愚痴を言う相手もいないし、部屋の中でぽつんと一人床を掃きながら、
この国って、いったいどうなってんの!?!?!?
絶対頭いかれてるわ!!!!!!と

心の中で叫んでいた。

346 :名前はいらない:2006/01/21(土) 11:54:00 ID:010dYUZu
上記の通り、私は今日、その後授業があったわけで、
掃除の後ちゃんと宿題をして、予習をして授業に出た。
もちろん、お昼ご飯を食べ終わった工事の人たちは、
そういうわけなので帰る、といって、戻ってきてすぐ、片付けをして帰った。

授業に出たといっても、
正直、ただでさえ清潔好きな私は、シャワーとトイレがどうなるかで頭がいっぱいで、
イタリア人もスイス人も、目が怖いも何も、ほとんどどうでもよかったくらいだったんだけど、
ああ・・・とりあえず、また友達に電話して、お風呂入らせてもらえるように言わなきゃ・・・と思いつつ、
ありえないありえないありえないありえない・・・・
なんなんじゃこの国は・・・と思いながら、学校でトイレを済ませてここにきた。

はぁ・・・・

347 :名前はいらない:2006/01/21(土) 12:09:43 ID:010dYUZu
電話したあと、私が宿題してる最中に大家さん夫婦が来たんだけど、
告知の手紙を見せたら、オゥ!これはこまった!とか言っている。

なんかもう・・・私はそのころには疲れ果ててて、
だめだぁ・・・この人たち、ほんとに頭わるいんだぁ・・・と思って、
もう怒る気力さえなくし、もう、とりあえずここはこの人たちに任せて家を出ようと思って、
学校行くから出かけますって言って家を出たんだけどさ・・・

家に帰るのがこわい。
あの後どうなったかって、どうにもなってないに違いない。
ああ・・・

348 :名前はいらない:2006/01/21(土) 12:32:25 ID:010dYUZu
私、そういえば、まだ闘病中なんですけど。
なんていうか、この国に来たときは、これで少し症状もましになるはずと思ったけど、
これじゃなんだか、良くなるんだか悪くなるんだか分からない。

ああそういえば、今とってる授業の先生が最初の授業で聞いてきた。
最初に、この国で好きなものは何かと聞いた後、
「じゃあ、この国で嫌いなものは何ですか?」と。
でもそこはみんな大人、しばらく黙って誰も喋らずにいたら、
「ここで生活していくためには、ユーモアのセンスが必要です」と言い出した。

そうさ、ここの人たちは、自分たちの行動を正そうとする前に、
相手に、自らの許容範囲を広げることを、平気で求めることができてしまう人たちなのさ!
「悔悛」って言葉知ってますか?
っていうかそれ以前に、「反省」って、今までしたことあります??

349 :名前はいらない:2006/01/21(土) 12:43:21 ID:010dYUZu
もうわけわかんない。
でもこんな話で今日の書き込み終わらせるのもなんだから、
最後に、ちょっとはましな話を書こう。
なんていうか、自分のためにも。

もう、3日目にして、スイス人とイタリア人との闘いに巻き込まれるのに嫌気が差しちゃった私だけど、
今日イタリア人の机を見たら、私が買ったのと同じ、GREEN DAYが表紙の音楽雑誌が載ってた。
先生に宿題で、自分の好きな雑誌を買って読んでくるように言われたんだけどさ。
で、帰りに、どこのバンドが好きなの?ってちょっと話しかけようと思ったんだけど、
スイス人が出口のところで、こっちを見ながらイタリア人を待ってて、
聞くに聞けなんだ。

あーあ。

もういいや今日は・・・
お風呂入ってちょっとはすっきりできますように。

350 :名前はいらない:2006/01/24(火) 05:39:59 ID:DqRAFfRK
ここまで来るともう日記と変わんないな。

とりあえず・・・恐れてはいたけど本当に病気になってしまった。
○○○と、おまけに○○・・・
やっぱ女の人は、トイレ我慢しちゃいけないんだよ。
あと、トイレ行く回数少なくてすむようにと、
水分を摂るのを控えたことで、○○にまでなってしまった。
なったことある人しかわからないと思うけど、あの病気は本当に辛い。
土曜日は、寝るに寝られず、起きて店のトイレに入ってもそこに長居できるわけでもなくで、
結局、近所の店と家を夕方までに8往復した・・・
ただでさえできるだけ動かずに寝ているか、トイレに篭っていたい状態なのに、
家にトイレがないわけだから、
もう、歩くことそのものが辛くて辛くて、
でも、夜早めに友達にお風呂借りて、それから真夜中までその家にいさせてもらえたから、
そのおかげで次の日にはだいぶ回復したんだけど、
それはともかく、
土曜日、「明日には直る」と言っていたおじさんが、
当然のごとく日曜に働きに来るはずもなく、何の連絡もなく普通にすっぽかされ、
結局、5日目の昼過ぎに、やっと、、、、、やっと直った!!!!!

351 :名前はいらない:2006/01/24(火) 05:43:11 ID:DqRAFfRK
大家に対して、住人4人のサイン入りで陳述書を書いた。
もとはといえば、す べ て お ま え がわるい。
どう考えても全面的にこれは大家の責任だ。
生まれたときからこの国に住んでおいて、来て3ヶ月の外人より世間知らずってどういうことよ!?

というか・・・・
前に用事があってその大家の家に行ったことがある。
入って、家の概観と、家具の豪華さにまずびっくりした。
もう、典型的な、親の財産だけで何もしなくても一生食べていける人だと思った。
この国のお金持ちは日本のお金持ちなんかとは比べ物にならない。
悪いが学歴があるとはとても思えないし、あれじゃどんな仕事だってできるわけがないけど、
あの状態のままでも生活に困る心配が全くがないんだと思う。
だから努力しようとかちゃんとしようとかいう気そのものが起こらないんだと思う。

日本なんてさ、いったいどれだけの若い人が、
それまでの学歴とか努力に見合わないような低賃金で、
毎日毎日、真夜中まで、時には明け方まで働かされてると思う??
建築事務所なんていい例だよ。
過労死とか、仕事上のことで悩んで自殺する人がいるなんて、
ここの人にはとても想像つかないだろうね。

352 :名前はいらない:2006/01/24(火) 05:54:06 ID:DqRAFfRK
もう、精神的にも身体的にも、ほんとにぼろぼろで、
文字通り、ほんとにぼろぼろで、
日曜日には、元気出してちゃんと宿題とかいろいろやらなきゃ、と思ったものの、
なんか自分でもよく分からないような、脈絡のないいろんなことが頭を流れて止まらなくて、
結局、お昼ごろから始まり夜9時になってもそんな状態で、全く何も手につかず、
ああ、、、たぶん、私の頭と体は、こうやって無駄なことを考えることで今休んでるんだ・・・
と思うことにして、もう無理に何かしようとはしないでおいた。

とは言っても宿題があったので、夜中に始めたら2時になってしまい、
今度は寝付けなくなって、というか昼間の脈絡のないいろんな考えがまた始まってしまい、
朝4時ごろになってもまだ寝られず、でも午前中から授業があって、
もう、仕方ないと思って睡眠薬を飲んだ。
で、授業には遅刻して行った。


353 :名前はいらない:2006/01/24(火) 06:19:54 ID:DqRAFfRK
前に具合が悪くなって病院に行って診断を受けたら、
「あなたは貧血で、非常に低血圧で、胃炎で、それに高山病です。」と言われた。
前の日に、道端で3回ももどしてしまったのだ。
3回目はもう、もどしてる途中、一瞬、本当に意識が飛んだ。
それでも、こんなとこで倒れたって誰も助けてくれない、むしろ強盗に遭うかもと思って、
なんとか1時間半かけて、自力で家にたどり着いた。

で、次の日、吐き気を我慢しつつなんとか一人で病院まで行って、
それも、できるだけ揺れない交通手段となったら、タクシーじゃ駄目だ、地下鉄だと思って、
距離的には大回りだったけど、地下鉄で行った。
血圧が著しく低いのは前からだけど、その日も測ったら80−60で、
え?あれ?とか言いながらもう一回先生に測りなおされた。
というか血圧は、たいていの先生に二回は測られる。
夏場なんて、日本でも70−40とかになってしまうんだけど、
その日その先生に、「これじゃー何にもやる気起きないでしょー!」と言われ、
そんなこと言ったって、生まれてこのかたこの体しか知らないし、
他の人の体と取り替えて、比べたことがあることがあるわけじゃあるまいに、
他の人よりやる気が起きないのかどうかなんて、聞かれたってわからない。

それで正直に、「はぁ・・・よくわかりません」と答えて、それからとりあえず注射を打ってもらって、
何種類か薬を貰って、でも注射のおかげでなんとか帰りは、歩くことや動くことがそれほど苦痛じゃなかった。

354 :名前はいらない:2006/01/24(火) 06:20:42 ID:DqRAFfRK
しかしだ・・・
この国ではいろんなミラクルが起きる。
私が3回目に吐いてる途中、後ろからおばさんが近づいてきて、
ポケットから飴を取り出し、「これを舐めなさい!」と言った。
何か喋るどころではなかったし、とりあえずそれを口に入れたんだけど、
うぇっなにこれ!?っていう、普通の、というか日本人の口には合わない味の飴。
辛いのか甘いのかなんなのか分からないすごい味だった。。。
それで、舐めたとたんによけいもどしてしまい、
本当に意識が遠のいているところに、そのおばさんの言ったことが、何だったと思う?
「パンか何か食べる?」

は???
は????????

なんかよく分からないけど、そのおばさんは、吐き気は何か甘いものを食べれば治ると思ってるらしくて、
さっき飴を口に入れて、よけいに吐き気がひどくなったのを見たはずなのに、
この飴食べなさい、よくなるから、とまたしつこく言ってきた。
こっちは今まさにもどしてるっていうのに、
ごめんなさい私には全く理解不能です。

どういう民間療法が知らんが、
もしかしたら、ここの人には本当に効くのかもしれない。
でも少なくても、それは日本人には効かない。

355 :名前はいらない:2006/01/24(火) 06:27:59 ID:DqRAFfRK
3回目に戻しながら、心の中で思ったのは、
助けてくれるとしてもこのおばさんじゃ、一人で帰ったほうがまだましだ。
ということだった。
帰りの電車は満員だったけど、
本当に運良く、座席に座ることができたし、
あのとき座れて本当に良かったと今でも思う。

356 :名前はいらない:2006/01/24(火) 06:43:28 ID:DqRAFfRK
この前は、彼のスレを覗きに行くような元気が全くなかったけど、
今日はまだ余裕があったのでちょっと見た。

でもまだ全部は読んでない。

357 :名前はいらない:2006/01/24(火) 10:38:54 ID:qpU9tq3m
昔の思い出とか自分の主張とか理屈とか屁理屈とか、
そういうことがとめどなく頭の中を流れて止まらなかったんだけど、
真夜中過ぎ、はっと気づいた。

あれ?そういえばなんであの日3人横並びになったんだ?

私はいつも同じ席に座っている・・・

・・・そこでやっと気づいた。
私にしては気づくのが遅かった。
あのイタリア人は初めから、私に目をつけていたんだと。
スイス人と日本人と、良い身分だねぇと思ってたけど、
そういえば、その前の日は私の正面に座ってた。
初日はもっと遠くに座ってたと思う。近くはなかった。

つまり・・・だんだん私に近づいてきて、最終的には隣まで来たんだと。

あの日、私は目の前で繰り広げられるスイス人とイタリア人との闘いを楽しく鑑賞していたんだけど、
そうじゃなくて、イタリア人のほうは、
私と一番目が合いやすい位置にわざと座ってたんだ。
にっこり笑いかけられてにっこり返してしまったけど、
多分お互いにとんでもない勘違いが起こっていたんだと思う。

358 :名前はいらない:2006/01/24(火) 10:53:10 ID:qpU9tq3m
とりあえず、寝ながら私は考えた。
あのスイス人の鋭い目が光ってるんじゃ、
どうやって、一言でもあのイタリア人と喋ろうかとそれまで思ってたけど、
・・・そういうことになると話が違ってくる、と。

ていうか、結局雑誌の話ができないまま別れたあと、
私は彼らの少し後から教室を出たんだけど、
私は家にまだトイレがなかったので、当然のごとくそれからトイレに行ったら、
さっきのスイス人とトイレの中ですれ違った。

それが、彼女、私を見たとたん、
キャーだかなんだか、悲鳴かなんかよく分からない声を上げて、
走ってトイレを出て行ったのだ。
私、そんなに嫌われてんのかー・・・と思ってびっくりしたんだけど、
今思えば、多分彼女は、自分がトイレに入ってる間に私とイタリア人が喋りでもしたら一大事だと思って、
それであわててトイレから出て行ったんだと思う。
なんちゅう警戒の仕様だ。

それにそういえば、邦画の話をしてるとき、宮崎駿の作品のことも出てきたんだけど、
さっきまで隣で雄弁に邦画の話をしていた彼が、突然、完全にノーコメントで、
ん?そんなによく知ってるのに宮崎駿は知らないの?と不思議に思ったんだけど、
そういえばその前の日、授業で私が、
「外国では日本のアニメは大人の鑑賞にも堪えうるものとして扱われてるけど、
日本ではやっぱりあくまでアニメは子供の文化で、
たとえば、30歳にもなって、まだアニメを見てる人がいたとしたら、
その人は変な人だと周りに思われる」って、私が言ったんだった。
あ、もしやそれで・・・

なんか、「あれ?」と思ってたいろんなことが、頭の中でつながった。
そうだったのか・・・

359 :名前はいらない:2006/01/24(火) 11:04:22 ID:qpU9tq3m
それで・・・とりあえず今日、どうしようかと思いながら授業に行ったんだけど、
意外にも、私の向かい側とはいえ、イタリア人は真正面には座らなかった。
というか、もっとびっくりしたのは、
スイス人が、彼の隣に座らなかったことだ。
一つ席を空けて座ったのである。

おまけに・・・
イタリア人にバイバイも言わずに、スイス人は先に一人で教室を出て行った。

なんだ?今度はどうなってんの?
ていうかどうなったの?


360 :名前はいらない:2006/01/24(火) 11:11:51 ID:qpU9tq3m
なんかよく分からないけど、
スイス人はどうもなんかあったらしい。
なんかあんまり元気なかったし、
ていうか、今日は、私をじーっと見たりもしなかった。

なにはともあれ、私はやっとイタリア人と帰りがけに喋れた。
なんだかすごい長い道のりだったように思うけど、
考えてみればたった一週間だった。

別に大した話はしなかったけど、
前に少し日本語を勉強したらしく、自分の名前は日本語で言えるらしくて、
まぁイタリア人なら日本語の母音の発音は問題ないんだろうけど、
外国人によくある、変な訛りとかいっさいなく、ふっつうに、「わたしは○○です」と言って見せた。
はぁーーー!と思ってしまった。


361 :名前はいらない:2006/01/24(火) 11:27:37 ID:qpU9tq3m
昨日の晩、寝ながら私が考えたことには続きがある。

私は、日本でのごじれた三角関係に耐えられずに、いわばここに避難してきた。
こっちに来てまでまた三角関係じゃ、本気でしゃれにならんと。馬鹿だわと。
いったい、こんなとこまで何しに来たんだ?ってことになる。

だからいっそ、私のほうからあのスイス人と仲良くなってしまって、
なんとか彼女の警戒を解き、
イタリア人が、この二人はどうしたいんだ?と思ってる隙に、
私は彼女と彼の盛り立て役になって、
彼は私とは普通の「友達」にならざるをえない状況を作ってしまおうか、と。
で、なんか困ったことがあったときには、
手伝ってもらえるような関係を作ろうかなぁと。

だけど・・・あのスイス人の警戒ぶりを思い出したら、
相手の女の子が日本人ならいざ知らず、喋る言葉が私の母国語ならまだともかく、
私にそんな、演技力というか、そんなうまいもっていきかたができるような喋りと振舞いができるのか?と。

まあ、頭の中で想像するのは簡単だけど、
ちょっと現実にはそうそう無理そうだ・・・・・・と。


362 :名前はいらない:2006/01/24(火) 11:38:38 ID:qpU9tq3m
これ以上あんまり考えても、相手の出方を見ないとどうにもならないやと思って、
とりあえず今日は様子を見てみようと思って行ったら、これだ。

本当に申し訳ないが私には大人の計算がある。
私は正直、本業のほうにもう少し精を出したい。
それに、ここの気候はただでさえ私の体質に合っておらず、
できることとできないことを自分で判断して、極力ストレスを減らすようにしないと、
日本にいるときのように、気合だけでは体が持たないなと思った。

だから、この妙な関係が変に長く続くようなら、
イタリア人に期待していたことも諦めようと。

363 :名前はいらない:2006/01/24(火) 11:41:16 ID:qpU9tq3m
でも、ほぼ何の苦もなく、今日一日であっという間に展開が進んでしまった。

うーむ。
今後どうすべきか。

364 :名前はいらない:2006/01/24(火) 11:49:32 ID:qpU9tq3m
ちなみにこの学校には日本人はほかにもいっぱいいる。
もちろん女の子もいっぱいいる。
学校で一番多いのは明らかに韓国人だけど、
だいたい、実は同じクラスにも日本人は私以外に二人いる。

あのイタリア人が私に何をどこまで期待しているのか・・・
でも喋った感じ、なんていうか、女に飢えてます的な感じは全くなかった。
私が前に出会ったイタリア人なんて、女好きを絵に描いたような人だったけど、
イタリア人にしては控えめな人かもしれない。
なんか妙なハイテンションで喋ってくるってこともなかったし、
本当に普通に会話できた。

なんにしろ。
気をつけねば。

365 :名前はいらない:2006/01/24(火) 12:09:37 ID:qpU9tq3m
なんか、そうなってきたらそうなってきたで、
しめた、利用してやろうって気には、むしろなれないんだよな・・・

言っても年下だし、なんかよけいに。
どうしよう。

366 :名前はいらない:2006/01/26(木) 05:06:19 ID:9OMghWmi

私の悲しい川よ
痛みだけを抱えて
今も流れているか
ただ海に向かって


私の犠牲よ
絶え間ない痛みよ
いつか海に流れ着き
彼の幸せとなれ

367 :名前はいらない:2006/02/07(火) 05:53:43 ID:v5nTPXtz
もう落ちたかと思ってたよこのスレ。
あーもう。美怜のおかげでやっとネットできた〜!
それも自分のパソコンから。めでたいw

368 :名前はいらない:2006/02/07(火) 06:59:49 ID:v5nTPXtz
044-55-2930-6788
ピンときた人は今すぐ精神科へ

369 :名前はいらない:2006/02/07(火) 07:08:03 ID:v5nTPXtz
ていうかどうなってるのか結局よく分からないんですけど・・・
誰か情報求む

370 :名前はいらない:2006/02/07(火) 07:19:30 ID:v5nTPXtz
ていうかほんとのとこあの日はどうなってるんだ!?
誰か教えてよ!
ちょっとそこのあなた!

371 :名前はいらない:2006/02/07(火) 07:21:43 ID:v5nTPXtz
結局イタリア人とは期限付きで付き合うことになりました。
期限付きというのはつまり、彼か間もなく帰国してしまうため。
一応報告まで。

372 :名前はいらない:2006/02/10(金) 03:28:16 ID:n5wsOCqU
学校のパソコンから日本語が打てることに、
滞在4ヶ月目にして初めて気がついた点について。

373 :名前はいらない:2006/02/10(金) 03:32:26 ID:n5wsOCqU
昨日のテストは、外国語の試験というより、国語のテストに近いものでした。
正直相当難しかった。まいった。問題の形式そのものがまるで違う。
文法がどうとか読み取りがどうとかじゃない。
「次の会話文の空欄の部分を、論理的に話のつじつまが合うように埋めなさい」
そんなん外国語の試験と違うって。
今回は90点台は確実に無理です・・・なんかごめんなさい。

374 :名前はいらない:2006/02/10(金) 03:38:42 ID:n5wsOCqU
イタリア人、あんたさー、あんた仕事忙しすぎるよ・・・
イタリア人のくせにそんなに仕事するなー!!!!!
土日祝日も仕事なんて、日本人じゃあるまいし!

最初は他に遊んでる女の子とかがいるんじゃないかと疑った。
それで一度私が激怒して、彼が必死に弁解した日があった。
その後もしばらくは半信半疑だったんだけど・・・

どうも本当に仕事してるな、あの疲れた顔は。
イタリア人でも仕事する人はするんだね。


375 :名前はいらない:2006/02/10(金) 03:44:57 ID:n5wsOCqU
本当に、ただ仕事するためだけに本国から派遣されて来た人みたいで。
イレギュラーな仕事がしょっちゅう入るので、学校で夕方に会う以外ほとんど会うに会えない。
ていうか私も土日の予定が決められない。
彼を優先したいが、彼より先に他の友達から次々にお誘いがかかってしまって、
でも予定を入れていいものかどうか、どうしていいか分からない。
こまるんですけどーーー!

376 :名前はいらない:2006/02/10(金) 03:50:06 ID:n5wsOCqU
でも忙しい合間をぬって、二回も夕食に招待してくれた。
もちろん彼がパスタを作った。イタリア人の男は全員料理するんだって。
一回目は瓶詰めのバジルソースだったけど、二回目はちゃんとツナとオリープの
トマトソースを作ってくれた。ぶっちゃけ美味しかった。
でもこれくらいなら私にも作れると思ったw
と言ったら若干プライドを傷つけられたらしくて、
パスタを上手く作れるのはイタリア人だけだって言い張ってた。

377 :名前はいらない:2006/02/17(金) 06:22:48 ID:l6B5fqGl
ついにひとつ100点採ったよ〜v
っていっても難しいほうの試験はやっぱり85点だったけど・・・

378 :名前はいらない:2006/02/17(金) 06:25:26 ID:l6B5fqGl
昨日見た夢の中で、私はいろんな人になにかを謝ってた
妹に謝ってるときは、半泣き状態だった
母親に、「あなたを産んでよかった」と言われた
あくまで夢の中での話で現実には言われたことがないけれど

夢に君も出てきたよ


379 :名前はいらない:2006/02/17(金) 06:26:43 ID:l6B5fqGl
すべてを闇に葬らん

380 :名前はいらない:2006/02/17(金) 06:37:28 ID:l6B5fqGl
私に何ができるのかといえば
何もしないことが、何よりの親切なのかもしれない
際限のない異常なまでの忍耐力
それだけが‘本当に’正しいことなのかもしれない

381 :名前はいらない:2006/02/17(金) 06:51:03 ID:l6B5fqGl
一人で5回以上連続投稿できないんだよね
ってことは今日はこれが最後かな

嘘は吐きたくない
中途半端なおべっかを使うくらいなら、
相手を傷つけるかもしれないことを、初めから覚悟するべきだったと、
今になって思うから

イタリア人は見かけがどうだろうとやはりラテン系なのだと分かった
この言葉はいろんなことを意味するわけだけど、それはともかく
期限付きと割り切った付き合い とはいえ
もう多分二度と会えないっていう、そういう別れを
連続して経験するのは、私じゃなくとも辛かろうと思う

深く立ち入りすぎないようにと、自然に感情の防衛線を張ってしまうのは
彼と私の感情の表出の仕方の文化的な差なんかじゃなくて、
まだ今の私にとっては仕方ないことなのかもしれない

もう慣れている、とはいっても、
そういう別れの痛みの感覚を、麻痺させて生きてきたつもりでいても、
別れの翌日の朝は、同じ朝ではないだろう

382 :名前はいらない:2006/02/27(月) 06:28:03 ID:GbNudhGH
さあ今日は書き込めますでしょうか?


383 :名前はいらない:2006/02/27(月) 06:43:53 ID:GbNudhGH
読んでる人にとってはどうでもいいことだろうけど、
スイス人がいまだにうざいんです。
っていっても、学校では二人ともまるで普通のクラスメイトのように振舞ってるし、
彼女は何も知らないから仕方ないんだけど・・・・
文化の差かどうかしらないけど、やたらべたべたと彼に触るのは、見ていてこちらも気分がよろしくない。
彼は彼で私に気を使っているけど、それ以上にスイス人がしつこく彼に迫っていて、
ほんと一時も傍を離れようとしないので、
あーもう・・・なんなんだこれは・・・と思いながら私は遠くから知らん顔をしてる。
化粧は濃くなるわ、露出度は激しくなるわ、
まだ若いからしょうがないとはいっても、ちょっとやり方が露骨で子供っぽすぎるよ。

384 :名前はいらない:2006/02/27(月) 06:51:10 ID:GbNudhGH
そんなんだから振り向いてもらえないんですよ。
わかんないのかなぁ。

私が機嫌を悪くしてることを彼は知っているので、
彼は彼で私が怒ってるんじゃないかと怖がっているみたいで、
昨日なんて、自分でかけてくればいいものを、友達に電話をかけさせてきた・・・。
はぃ??

あんたさーボクシングやってるんでしょ?
私なんて軽々持ち上げてそのまま階段上ったでしょ?
45キロしかない私を相手に、そんなに気弱でどうすんのよ・・・
もうちっとしっかりしてちょうだいな・・・

385 :名前はいらない:2006/02/27(月) 07:01:53 ID:GbNudhGH
なんかあれだね、もてる男はもてる男で気使って大変だね。
あれだけあけっぴろげに好意を示されたら、周りに人がいることだし、
下手に彼女を邪険に扱えないっていうのも分かることは分かる。

が。
頭では分かってても感情のほうで納得がいかないんです。
スイス人〜!!!自分が周りにどんなに気使わせてるかそろそろ気づけよ〜!!!
私と彼に限らず他の人まで邪魔しないように気使ってるじゃないの。
文化の差じゃないでしょこれは。

386 :名前はいらない:2006/02/27(月) 07:40:09 ID:GbNudhGH
まぁ一人で舞い上がってる彼女も、冷静に考えれば気の毒なんだけどさ。
ここは私が黙って我慢しとくべきなんだろうな。

387 :名前はいらない:2006/02/27(月) 07:58:11 ID:GbNudhGH
痛みは一つの「暴力」だと言っていた人がいた。
私もそう思う。
痛みは人をその"痛み"の中に閉じ込めて動けなくしてしまう。
あまりにも痛みが激しいと、痛みはその人から人としての尊厳を奪う。
そういう意味で、痛みは一つの外からの暴力だ。
病気や事故による身体的な痛みだろうと、精神的な辛さだろうと、
痛みは一つの暴力だと思う。


388 :名前はいらない:2006/02/27(月) 08:01:21 ID:GbNudhGH
彼が痛い痛いと言っているとき、
私はそういうつもりで彼の話を聞くようにしてる。
痛みに苦しんでいる人に、健康な人と同じ対応を求めるのは酷な話だろう。
だから、相手の話を話半分で聞き流すっていうことも、
不誠実な態度なわけではなくて、むしろ時には必要なことなんだと思う。
そういうのもふくめて、人間らしいコミュニケーションが成り立つんだと思う。

389 :名前はいらない:2006/02/27(月) 08:02:12 ID:GbNudhGH
私はそろそろ彼と話すべきか。
それとも、今はまだその時ではないのか。

390 :名前はいらない:2006/02/27(月) 08:05:37 ID:GbNudhGH
いったい、彼は私にとって何なんだろう。
私は彼を、自分にとっての何だと思ってるんだろう。
イタリア人とのこともある。
あーーー!!!!!私はこうしてまた自分で自分の首を絞めている!!!
分かってるんだ、ほんと。
運とか偶然とかもあるけど、半分は自分で蒔いた種だって。

391 :名前はいらない:2006/03/04(土) 06:57:37 ID:aASs29T7
今彼に話しかけているあなた方二人に言いたい。
あなた方二人は、自分のことだと分かるはず。

あなた方の言葉は決して間違っていない。私も同じように思ってるとこもある。
ただ、あなた方の言葉は彼にとって“理解しにくい”んだ。
彼には、かなり噛み砕いた言葉で話しかけないと、
お互いよく理解できないがために、簡単に喧嘩になってしまう。

彼は発想や行動パターンが通常の人とは明らかに違う。
常に詩的な言葉で話している、と言ってもいいと思う。
左脳と右脳の両方を使って理解しようとしないと、彼の言葉は理解できない。

それから、いくら汚い言葉を吐こうが、彼にはそこまでの悪意はないんです。
もっと明確に言うならば、彼には、自分の言葉の持つ力の大きさに対しての自覚が“ない”んです。
もちろん、自覚がなければ無罪放免というわけじゃないし、あれは彼の欠点だと私は思う。
自分の吐く言葉に責任を持たないといけないのは、むしろ彼のほうなんだけど、
それを今更彼に自覚させるのは、それはそれでかなり酷なことなんです。

だから、怒らないでおいて。
彼は彼で、自分の中の何かと闘っている最中なんで。

392 :名前はいらない:2006/03/04(土) 07:09:13 ID:aASs29T7
私から見て、あなた方は二人とも賢い。
この板の書き込みの中でも、あなた方の書き込みは読んでいて面白いし。
だから、たとえこの状況を完全には把握できないとしても、
なぜ私が彼のような人に関わっているのか不思議に思っているかもしれない。
でもこれにはいろいろ複雑な事情があるんです。

私は私で、自分の足で立つことを知っている人間です。
たとえ私が無理しているように見えたとしても、しんどそうに見えたとしても、
私はこうして今、ちゃんと自分の足で立って生きている。
私にはそれだけで十分なんです。

393 :名前はいらない:2006/03/04(土) 08:48:54 ID:aASs29T7
ただ一つ気に入らないのは、イタリア人が二回続けて100点をとって、
結局クラスで一番だったことだ。
仕事忙しくてほとんど勉強してないくせに〜!!!なんなんだお前!!
ボケ!

394 :名前はいらない:2006/03/04(土) 08:53:30 ID:aASs29T7
とりあえず語学の授業は最終クラスまで終わった。一安心。
ああ退屈だった。めんどくさかった。
というわけでいよいよ本業に力を入れねばです。

395 :名前はいらない:2006/03/15(水) 06:19:02 ID:sIyDFAn4
一つ言えることは、なんだかおかしな人が混じってきていて、
私にもよく分からんということです。

今日は土曜日じゃないけど来た。
学校のPCがまた壊れてるから。


396 :名前はいらない:2006/03/15(水) 06:23:31 ID:sIyDFAn4
一つ報告すべきことがある。

帰国の日を前に、イタリア人とは実質別れてしまいました。

彼は「もう二度と会えない別れ」っていうのに慣れてないんだなと思った。
そんなものに慣れられる人がいるか分からないけど。
いろいろあったけど、彼のほうから何となく距離を置くようになってきて、
ああ、この人は「別れ」っていものに、真正面から向かえない人なんだなって。
まだ帰国まで日があるというのに、一人旅に出ちゃって、
いつ戻ってくるか分からないらしい。

仕方ない。
仕方ない。

397 :名前はいらない:2006/03/15(水) 06:27:30 ID:sIyDFAn4
彼は彼で仕事が忙しすぎたさ。
でもそれだけじゃなくて、ちゃんと私に連絡してくれなかったりしたし、
忙しいなりにも、もう少し何かやりようがあったろうって気がする。

「忙しい」なんていうのは、言い訳にはならないさ。
だって、世界中みんな忙しいんだから。
仕事だからって言えば、どんなことでも通ると思ってた彼もわがままだったと思う。
私は私で、彼にできるだけのことをしたし、
私の優しさや許容範囲の広さに甘えすぎた彼も、本当は悪いはず。
自分は悪くないって言って聞かなかったけど。

398 :名前はいらない:2006/03/15(水) 06:33:44 ID:sIyDFAn4
私は私で来週から少し旅行に出る。
その日までに彼がここに帰ってきて私に連絡をくれなければ、
私から彼に連絡を取ることはもうないし、
もう多分、これっきりだと思う。

今だから言うけど、彼は医者の息子だった。
おまけに本人も公務員で、働いてるだけあってかなり稼いでた。
だけど、私が一番に欲しいのはお金じゃない。

いくら外見的にかっこよくても、
やっぱ性格とか考え方に問題があったら、続くものも続かない。
イタリア人の考え方に私がついていけなかったのかもしれないけど、
文化的な差異であれ、
彼個人の性格的な問題であれ、
私がそれを受け入れられなかったのは事実。

今から思うとあのスイス人が本当に恨めしい。
もし彼女がいなかったら、私は授業中もう少し元気でいられたろうに。
今更仕方ないけど。

399 :名前はいらない:2006/03/15(水) 07:14:16 ID:sIyDFAn4
こんなこと冷めたこと言いつつ、実は帰って泣いた自分がいる。
彼のことも彼氏のことも話せたのは、美怜を除いてこのイタリア人だけだった。
もう誰に話すこともない。

自分のことを分かってくれている人を失うのは辛い。

でも私は、もう1年近くになるからということで、今薬を減らし始めてる。
どうしてもやめちゃいけないと言われた薬二種類を除いて、
あともう一種類、朝晩に飲んでる薬を少しずつやめるつもり。
「あなた、ちょっと薬飲みすぎですよ。」
こっちのお医者さんのセカンド・オピニオンをちょっと尊重してみる。

400 :名前はいらない:2006/03/22(水) 09:25:27 ID:xZLYilPr
めでたいな日本。幸先良いことこの上なし。
普段野球に興味のない海外住みの私も励まされたよ。

私ももっと堂々と歩かねば♪

日本ほんとにおめでとう。団体戦で世界一は、そうはないよね。
こんなときに日本のテレビ見れないのは残念だけど、
テレビ見てる夢だけは見たw
イチローが感情を露わにして子供みたいに喜んでるとこ、私も見たかったなぁ。
ちょうど春分の日でよかったね。
歴史に残る日だね。

401 :名前はいらない:2006/03/22(水) 09:31:45 ID:xZLYilPr
明日は朝4時半に家を出る。
旅先のホテルでネットに繋げるといいんだけどな。
なんとか無事に行って帰ってこれますように。
ガイドブックも何もなしで行くんで・・・。

まぁ、なんとかなるさ。
死ぬことはないでしょ。

402 :名前はいらない:2006/03/22(水) 09:34:18 ID:xZLYilPr
私がんばろー

がんばってねー

403 :名前はいらない:2006/03/22(水) 10:01:52 ID:cpvloMEN
ここは詩板です。
夢・独り言板へ移動して下さい。
http://life7.2ch.net/yume/

404 :名前はいらない:2006/03/22(水) 11:52:39 ID:xZLYilPr
>>403
そうですね。
そうしようと思います。

せめてsageてくれてありがとう。

405 :名前はいらない:2006/03/22(水) 12:01:53 ID:xZLYilPr
長い間お世話になりました。

ttp://life7.2ch.net/test/read.cgi/yume/1142336969/l50

406 :名前はいらない:2006/03/22(水) 14:13:32 ID:N71haHXv
このスレの人ですか?

http://makimo.to/2ch/book2_poem/1080/1080086593.html

407 :名前はいらない:2006/06/03(土) 09:08:20 ID:n+/HwSM7
Uzeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee!

408 :名前はいらない:2006/10/26(木) 00:43:45 ID:TPx5TSIQ
ただいま

409 :名前はいらない:2006/11/03(金) 04:22:54 ID:8CUGQQPh
さっきフジで「自殺大国に潜む影…」っていう、新潟総合テレビ制作の番組を見た。
有機リン化合物(農薬)と鬱病の発症と自殺についての仮説がテーマだった。

自殺死亡統計の概況
人口動態統計特殊報告
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/tokusyu/suicide04/

以前にこのページを見て概観だけ掴んだつもりだったんだけど、
有機リン系農薬が、気管支炎、喘息の発症の原因になるだけでなく、
脳神経系に多大な悪影響を与えて、それが日本の農村地帯での鬱病率、
自殺率を上げているのではないかという仮説は、今回初めて知った。
一人暮らしのお年寄りより、二世帯、三世帯で住んでいるお年寄りのほうが、
家族の中での孤立を深め、自殺する確率が高いということも。

夜中の3時なんかにやらないで、ああいう番組こそもっと視聴率の高い時間帯にやるべきだと思った。


410 :名前はいらない:2006/11/03(金) 04:33:29 ID:8CUGQQPh
有機リン化合物の化学式と、地下鉄サリン事件で使われたサリンの化学式は、
どちらもP(リン)を中心にした化合物だということで、似ているらしい。
日本の農薬の使用量は世界でも有数。

なぜ東北地方で自殺率が高いのかの理由がもし、農薬散布にあるとしたら、
実は私にも、ちょっと思い当たるふしがある。
引っ越す前に住んでた家の隣が畑で、しょっちゅう早朝に農薬を撒いていたことだ。
家の玄関にまで農薬が飛んできていて、家の前にとめてあった自転車が黄色くなってたから、
一度区役所を通して苦情を言ったんだけど、結局、聞いてもらえなかった。

鬱病の発症と農薬の関係…もしかしたら、私とも無関係じゃなかったのかも。

411 :名前はいらない:2006/11/04(土) 19:27:38 ID:A0BFcIno
「中絶を許すべきか否か」について、男に発言権はない。

と私は思ってる。

マサチューセッツ州で、中絶を法的に禁止すべきかどうかについて、
議論されてるらしいけど、私に言わせれば、答えは簡単。
「生理の痛みも、妊娠と出産も、育てる苦労すら知らない男が、
偉そうに口を出すな。」
女の現実の苦しみを知りもしないで、法律だけ決定する権利なんて誰にもない。
どうしても禁止するというなら、
望まない妊娠で生まれた子供は、自分が全員引き取って経済的援助をし、
大人になって自立できるようになるまで無事に育てるから心配ない、と公言しろ。

私の友達のお姉さんは、中絶手術で亡くなった。
その国では中絶が法的に禁止されていて、ヤミ医者しかいなかったからだ。
法的に中絶を禁止するということは、正規の医者が中絶の手術の技術を持っていないということを意味し、
結局、医師免許を持たない医者が、多額の手術費を分捕ってヤミで手術をするという事態を生む。

412 :名前はいらない:2006/11/04(土) 19:28:40 ID:A0BFcIno
つまり、まだ「人間」と呼べるかどうかも分からない受胎後3ヶ月かの胎児の「命」の保護のために、
生まれて10数年、20年経ち、親がいて兄弟がいて友達がいて、いろんな人間関係の中で生きてる女性の「命」が、
犠牲になる可能性があるということだ。
ヤミ医者に中絶手術をされて女性が亡くなるというケースは、稀にだがその国では実際にある。
ただ、中絶自体が違法行為なため、暗黙のうちに隠されてしまっているだけだ。

中絶は法的に禁止すべきではない。法律で禁止したところで中絶はなくならないし、
むしろ母体を危険にさらし、その国なり州なりの医療技術を落とす結果になるからだ。
お姉さんの死を境に、その家族はバラバラになった。
家族の一人がいなくなる…それはその家族に、とてつもなく深い影を落とす。

胎児の命の保護。これは、もっと深く、デリケートで、非常に難しい問題だと思う。
少なくとも、選挙活動のコマに使われていいような軽い議題じゃない。
もっとはっきり言えば、これは法律以前の、その女性と周囲の人間たちの「良心」に委ねられるべき問題であって、
一律に、法律で良い悪いを決めるべき問題じゃない。

413 :名前はいらない:2006/11/05(日) 06:14:58 ID:TTtB7r37
君は…君は元気でいるか?

私は君の「誰」にもなれないだろう
たぶんこの先も
だけど、君が元気でいることを願うくらい
自由にさせてほしい
私にはもう、君にどんな思いを伝える資格もなく権利もなく
だけど、君はまだ私の中で「死んだ人間」になってはくれない

私は、生きる価値のある人間になるために、生きることにした
生きる価値のある人間になること、それが私の人生の最終目標だ
今はまだ、私には、生きる価値はない
でもいつか、自分には生きる価値があるんだと、思える人間になりたい
獲得すべきものは、地位でも名誉でもお金でも知名度でもなく
私は私の価値観の中で、「生きる価値のある人間」になることを目指す


414 :名前はいらない:2006/11/05(日) 06:31:38 ID:TTtB7r37
妄想でも何でもなく事実として私の身体について言えることは、
極めて抵抗力が低い、ということで、
一度何かの症状が出ると、急激に悪化する傾向があるということだ

私はどうもあまり長生きしそうな気がしない
心臓病であれ、癌であれ、一度なったら一気に病状が進行しそうな気がする
別にいいんだけどさ
それならそれで、そういう運命なんだろうから

この20日間で4回病院に行った
また別に薬を飲まなくてはならなくなった
もう、薬を飲んでいるというより、薬を食べている感覚に近い
一日に合計何錠の薬を飲んでいるのかなんて、数えたくもないよ
胃痙攣は頻繁に起こるし
もともと貧血気味なのに生理が二回も来るし
膿は出続けるし
私自身には、特に今苦しいという自覚はないのに、身体は危険信号を発してる

もう眠いから寝るよ
眠ろう

415 :名前はいらない:2006/11/05(日) 06:42:56 ID:TTtB7r37
脇の下に、原因不明のしこりができてね、結構大きいの
もし脂肪の塊だったら、切開して取らなくちゃいけないんだって
少なくともこれはリンパ管の腫れとは違うって言われた
乳癌じゃないらしい?からまだましだけどさ
しばらく様子を見て…

416 :名前はいらない:2006/11/06(月) 05:26:46 ID:R+EwI9/V
ああそういえばと思い出して「しょ○たん」を検索してみた



世の中いろんな人がいるんだなぁと思った(自分含め)

417 :名前はいらない:2006/11/06(月) 05:58:57 ID:R+EwI9/V
君さぁ
これは禁句かもしれないけど
顔で人を…的なことを言うわりに実は自分はアイドル好きだよね
それに人妻も好きだったよね

だったら初めから私じゃなくても全然OKだったんじゃないかと思う
やっぱり
君は遅かれ早かれ浮気するタイプだろう

たぶん、男の95%は浮気すると思う
でもそれなら私は残りの5%を探して選ぶ



418 :名前はいらない:2006/11/06(月) 06:10:20 ID:R+EwI9/V
なにはともあれ、ああいう売り方はああいう売り方でうまいよな
と思った

人それぞれ

419 :名前はいらない:2006/11/06(月) 18:45:40 ID:R+EwI9/V
いざヤフオク出品となると、いろいろと準備がいるもんだね
アバターまで作ったけど元取れなかったらどうしよ
売れますように…

420 :名前はいらない:2006/11/06(月) 18:50:49 ID:R+EwI9/V
アバターの無料の顔パーツの中に、私にそっくりなのがあるんよ
髪型も似たようなの合わせると、もう「気持ち悪いくらい似てる…」らしい
だからその髪型は使わないことにした

421 :名前はいらない:2006/11/07(火) 04:59:13 ID:UiUAWzVa
理解できるからといって、私に何ができる?
分かるからといって、救えるわけでもないのに

君の声が私に染み込む
君の声は私の中にある何かを呼び起こす
だけど

答えがあるなら教えて欲しい

422 :名前はいらない:2006/11/07(火) 05:09:17 ID:UiUAWzVa
さっき雨が降り出したから
君の家の付近もじき雨になるだろう

私はなぜまだここにいる?
もう十分苦しんだのに

独り言が言いたいだけなのかもしれない
分からない

423 :名前はいらない:2006/11/08(水) 04:03:56 ID:Wfoxg54y
最近こんなに夜が遅いのは
モノ作りをしているからだ
元来職人気質なもんだから
作っていると時間を忘れる

424 :名前はいらない:2006/11/08(水) 13:52:26 ID:Wfoxg54y
今日こそはお掃除してあげないと
可愛いうちの姫お二人さんが
臭いからって怒って巣から出てこない
わがまま姫め〜

425 :名前はいらない:2006/11/11(土) 01:57:23 ID:Qt/zzihH
「清水ミチコとKate Mossが好きである」

この私のセンスが分からない男とは付き合えない。

426 :名前はいらない:2006/11/11(土) 02:27:51 ID:Qt/zzihH
日本人女性は軽いと外国人男性に思われている。

確かにそれはそうなんだけど、
その裏には、日本人男性を内心では男として小馬鹿にしている欧米人男性の心理がある。
理由は簡単。「体型が違うから。」
アジア人の女の子に対して欧米人が大きく出るのは、
アジア人の男より自分のほうが…(なんちゃらかんちゃら)と、自分に自信を持っているせいでもある。

ということが、今回の留学ではっきりしました。


427 :名前はいらない:2006/11/11(土) 02:51:22 ID:Qt/zzihH
日本人女性が、実際に軽いのかどうかよりも、
「欧米人男性がアジア人女性を満足させるのは簡単」、という先入観が先にあって、
それが逆説的に、「日本人女性は落としやすい」、という固定観念に繋がったように思える。

まぁ実際、落ちやすい日本人の女の子もいるけど、
話を聞く限り、欧米人の女の子の比には到底及ばない程度だと思う。
落ちやすいといっても、
性に対して軽い、というより、世間知らずでうまく相手の男の本性を見抜けず、
いざってときに強く拒めない、のほうが正解だと思う。

それはそれで、結局馬鹿にされることになるんだけど、
じゃ、日本人の女の子も、欧米人の女の子みたいになればいい、というものじゃない。

私が親だったら、自分の娘を一人で語学留学なんて絶対させない。
危険度が日本の比じゃないもの。


428 :名前はいらない:2006/11/11(土) 03:00:49 ID:Qt/zzihH
ただ、アジア人の中でも、少なくとも韓国人は、
日本人よりもずっと、国際結婚に否定的。
韓国人は日本人よりもずっと保守的だと、彼女が言ってた。
確かに、アジア人の中では、日本人は閉鎖的ではないほうだと言えるかもしれない。

少なくても私の周囲にいた外国人男性たちは、
私が「軽くない」ことに驚いていたし、
結局は、アジア人女性だろうと欧米人女性だろうと、
ちゃんと付き合うなら軽くない女のほうがいい、と思ってるみたいだった。

男って、世界共通の要素をいろいろ持ってるよね。
不思議な生き物だわ。


429 :名前はいらない:2006/11/14(火) 16:22:34 ID:QqVZ9l20
最近の報道に過剰反応するわけじゃないけど
子供のころ、自殺を考えた経験のある人間として言いたいのは
命の尊さなんて説いたところで、何の助けにもならないということだ

そんな一般論では人は救えない
その人個人個人のケースに基づいた対応をしなければ
自殺願望を抱いている人をよけい追い詰めるだけだと思う

それと、今文部省に自殺予告の手紙を出している子と
本当に自殺してしまう子は別だと思う
ここが重要なところだ

430 :名前はいらない:2006/11/14(火) 16:35:11 ID:QqVZ9l20
前に私がここに貼ったリンクをよくよく見た人はもう知っていると思うけど
どこの国でも男性のほうが女性より自殺率が高いんだけど
諸外国の女性に比べると、日本の女性の自殺率は高い

おそらく、ここに自殺大国日本の問題を解く鍵の一つがあると思う
たぶんそれは、大枠で日本の男性の自殺の理由にも繋がっているだろう
勘だけど


431 :名前はいらない:2006/11/14(火) 16:44:10 ID:QqVZ9l20
自殺願望を抱いている子に必要なのは
「今、この場でどうしたらいいか」の具体的な助言であって、
命の尊さなんて抽象的なことを理解することが必要なんじゃない

それと大事なことは
「人の命」と「自分の命」は、実際、人間にとって意識的には同じではないということだ
自分の命を軽く考えているからこそ人の命を粗末にする犯罪者がいるのは確かだけど
いざ自殺を考える人の頭の中には、無意識のレベルでも、そういう比較の概念が入り込む隙がない

だからこそ、自殺願望を持っている人に
「命の尊さ」なんて説いたところで、それは「他人の命を大切にしよう」という
自分の状況を与しない、的外れなスローガンにしか聞こえず
「誰も自分のことをわかってくれない」という思いを強くさせるだけだと思う

432 :名前はいらない:2006/11/14(火) 16:48:05 ID:QqVZ9l20
名前は忘れたけど「14歳の母」の主人公を演じている子が
「同世代の目線から」自殺願望を抱いている人に宛てたというメッセージを見て驚いた

もしあれが本当に、あの子自身の発言なら
あの子には、自殺を考えるということがどういうことなのか、サッパリ理解できていないということになる

命の尊さをテーマにしたドラマの主人公か・・・
理解できてなくても演技はできるってことなのかなと思った

433 :名前はいらない:2006/11/14(火) 16:54:04 ID:QqVZ9l20
あの子だけじゃなく、あの記事を執筆した人も、OKを出した編集長も、
自殺を考える人の気持ちが分かってないということなんだろうな

命の尊さを子供に教えよう、なんて言ってる教育委員会も文部省も先生たちも
総じて、分かってないっていうことなんだろうか

命の尊さなんて、自分自身が老いて死ぬ間際くらいにまでならないと
実感として分かるはずないことだと私は思う
だから私にはまだ分からないし、みんな分かってるフリをしてるだけに思える

434 :名前はいらない:2006/11/14(火) 17:16:59 ID:QqVZ9l20
>「今、この場でどうしたらいいか」の具体的な助言であって
具体的で実行可能で、本人の意志に大きく反しない助言、に訂正

そんなこと、できるもんならもうとっくにやってるわ、と言いたくなるようなことを
助言されても、仕方ないからね
でも、鬱状態に追い込まれてる人は、その時その言葉に反論する気力も、
自分の考えをまとめて言葉にするだけの力すらないから
助言した側は、自分の間違いに気づかずに、同じことを繰り返しがちだと思う

本人の性向を考慮しないような、無茶な助言とか、理想論とか、
助言する側の自己満足でしかないような言葉は、助言とはいえないと思う

435 :名前はいらない:2006/11/14(火) 18:03:36 ID:QqVZ9l20
私は長生きしそうにないな、と思う反面
「老いる」ということがどういうことなのか、自分の身体で経験したいとも思ってる
早死にしたんじゃ、見えないことがたくさんあるだろう
私は自分の死の直前まで目を開けていたい


436 :名前はいらない:2006/11/14(火) 20:34:37 ID:ALULvrwx
やっぱり13歳の子にそんな要求すること自体が無理だよね
私の言い方もキツすぎた

だけどね、皆が皆、望まれて生まれてくるわけじゃない
お前なんか産まなきゃ良かったとか、死んでしまえとか言われながら育つ子もいるのに
私は母に愛されて生まれました、自殺なんて考えられない、なんて言われても、
そうじゃない子にとって、どんな励ましになるというの?

いじめは自殺のきっかけであって、いじめだけでは人は自殺しないと思う
危機状態のその子を支えきれなかった家族にも、もともと何かしら問題はあったのだと思う
過剰な期待とか、子供を見てやる余裕がなかったとか
経験的に言って、特に男の子は、自分がいじめられてるなんてことまず親には言わない

今回の相次ぐ自殺は
親のせいとか学校のせいとかじゃなく
周囲にいた人間全員の責任が問われるべきものだと思う
報道関係者含め

437 :名前はいらない:2006/11/15(水) 00:25:57 ID:ngRe9qbQ
私に何ができるだろう

前から考えていたんだけど、将来、もしできたらやりたいことリスト

@ペットショップで売れ残って処分される動物を全部引き取る
A理由あって親元で育つことができない子供の里親になる
B塾でも学校でもない、子供のための居場所を作る

だけどどれもお金がかかる・・・そして私にはお金がない。
自分にお金がないなら誰かに融資してもらうしかないけど、そのためには社会的地位がいる。
どこそこの無名の人間が提案しても、早々融資なんかしてもらえないからだ。

でも、Bについては、具体的にいろいろ考えているんだ。
塾講も家庭教師もやった。でも、勉強を教えることが主目的の場所じゃだめだ。
将来のため、テストで良い点をとるために行く場所じゃなくて、
「ここには私の居場所がある」とその子が自分で思える場所、
そういうのを作りたい。

特に、女の子のため。
学校に行っていない子でも、勉強が苦手な子でも、援助交際をしたことのある子でも、
誰でも好きなときに来れるような場所を作りたい。

438 :名前はいらない:2006/11/15(水) 00:39:57 ID:ngRe9qbQ
日本って国はね、資源と呼べるものが何もない国なんだよ
金銀が採れる国じゃないし
農業であれ林業であれ漁業であれ、第一次産業に頼っていける国じゃない
人間だけが資源になりうる国なんだと思う

439 :名前はいらない:2006/11/15(水) 00:50:52 ID:ngRe9qbQ
民主政治は一夜にして独裁政治になりうる危険性をはらんでる
多数決採用の法則では、少数派や弱者のための政策は生まれえない
政府に頼ってても何も良くならない

一億総中産階級の時代はもうとっくに終わった
経済格差はこれからも広がるだろうし、一度広がったが最後、歴史的に見ても、元には戻らないだろう
もう一度原爆を落とされて何もかも失えばいい?そうじゃない
勝ち組の融資をうまく利用するんだ
これからはそういう方法を考えていかないと、きっと物事先に進まない、そんな気がする

440 :名前はいらない:2006/11/15(水) 03:05:33 ID:ngRe9qbQ
具体的にどんな?っていうと・・・
いわゆる「○○教室」みたいなのをやりたい。少なくとも名目上は。
で、各々自分でデザインしたアクセサリーを作るの。

女の子にとってメイクは、ただの顔の上に描いた絵じゃなくて、
自分に自信を持つために大事なことでもあるんだよね。
薬の副作用で、頭髪がすべて抜け落ちてしまった女性の癌患者たちのために、
病院がメイキャップアーティストを呼んで、メイクをしてもらったら、
彼女たちの顔に笑顔が戻ったっていう報告もある。
「私もまだこんなに綺麗になれるんだわ!」って。

笑う人は笑うかもしれないけど、これはちゃんとその治療効果を認められている。
綺麗なものに憧れたり、身につけたりする気持ちって、女にとって、年齢に関わらず大事なんだと思う。

だから、メイクじゃないけど、各々自分の好きなアクセサリーを作らせるの。
ものを作る作業って、その人に精神的な何かを与えると思うんだよね。
アイデアを絞るときの集中力とか、できたときの喜びとか・・・
何万もするブランド品より、自分で作ったアクセサリーをいとおしく感じられるようになったら、
その変化ってきっと、その子の価値観全体を変える可能性があると思うんだ。

やっぱり、場所を作る限りは、何をする場所なのか目的がなくちゃ、
ただぺちゃくちゃお喋りするだけの場所になっちゃうでしょ。
だからそうならないように、一応目的は作る。
でも、必ずしもアクセサリー作りをしなくてもいい場所にしたい。
第一の目的は居場所を作ることだから、日々の生活のごたごたの相談所みたいになっちゃってもいい。
ただ、家にも居場所がない、学校にも居場所がない、だから売春したり非行に走ってしまう、
そういう女の子を少しでも減らしたいのと、
同世代の女の子とだけ喋るんじゃなくて、
いろんな世代の、いろんな境遇の、いろんな意見を持った女の人と知り合える場を作りたい。

やっぱり理想論かな・・・

441 :名前はいらない:2006/11/15(水) 14:12:28 ID:ngRe9qbQ
こんなこと書いたすぐ後に何だけど、家庭教師の依頼が来た・・・
なんか皮肉なもんだなぁ。

とりあえず、お金が要るんだもん。
12月に多額のお金が出て行くし。
仕方ないよね。

・・・またとんでもない問題を抱えた家庭とかじゃありませんように!

442 :名前はいらない:2006/11/15(水) 14:24:47 ID:ngRe9qbQ
ん!そういえば!!!と思って学年を確認したら、高3じゃなくて中3だった。
よかった、今年の高3の履修不足の問題に巻き込まれずに済んで・・・
年も暮れのこの時期になって、その学年の受験対策を任されるのはかんなり酷だもんね。

443 :名前はいらない:2006/11/17(金) 19:41:18 ID:EVv6m/M1
ジーンズ、洗わないとどーなる?


色落ちさせたくないし、見た目にも汚くないしと言うことであまりジーンズを洗濯しない方もいるかもしれませんが、これは間違いです。

汚れが付着したままだと細菌が繁殖して、生地を蝕み、強度がもろくなります。
また汗自体もそのままにしておくと酸化作用で生地がもろくなります。

洗濯による色落ちは防げても、ジーンズ自体の強度、寿命が短くなってしまいます。
汚れ具合にもよりますが毎日はくのなら冬なら15日に一度、夏なら3日に一度は洗いたいものです。

444 :名前はいらない:2006/11/17(金) 19:51:09 ID:EVv6m/M1
男に多いのは「ジーンズは、洗わない。」

でもその実、ただ洗濯が面倒だから、洗わなくて済むと思ってジーンズばかり履いている人もいる。
夏場なのに、ジーンズを一回も洗ってないっていう男友達がいて、
正直、100kmくらいドン引きした。二度と近寄るまいと思った。
だって、単純に、汚いじゃないの!

そんなに色落ちが気になるなら、40万、50万、60万のビンテージジーンズだろうが、2,3枚買え!
買えないなら、まだ自分はそんな代物が履ける水準に達していないんだと諦めてくれ!
汚い男だけは、ほんとに勘弁。生理的に受け付けない。

今まだ冬だからいいけど、
夏場に電車で、ジーンズ履いた男の人の隣に座るの、すごく嫌だもん。
どんなに顔やスタイルや服のセンスが良かろうが、避けて別のとこに座る。
絶対洗ってないでしょ…と思うから。


445 :名前はいらない:2006/11/17(金) 20:05:11 ID:EVv6m/M1
発祥の地・米国ではジーンズは作業着なので、汚れたら当然、どんどん洗う。
古いものや色あせ、ほころびにそれほど価値を見いださないという。

「日本ではジーンズはファッション、趣味の服で、長く大切に着たいという意識が高い。
ビンテージの復刻版が日本生まれだということからもわかるように、古いものに価値を見いだす文化もある」。
そう話す雨宮さんだが「洗濯はあくまで個人の自由ですが、メーカーの立場から言えば、
たまには洗ってほしい」と本音を漏らす。

汗や皮脂でデニムの生地が傷んでくれば、徐々に弱くなってしまい突然裂けることもあるという。
せっかく大切にはいていても、突然破れては台なしだ。

 ☆不潔ですよ!

「汗をたくさんかく季節を過ぎたとはいえ、やはり衛生的ではない。ぜひ洗ってほしい」
こう援護射撃するのは文化女子大学の田村照子教授(衣環境学)だ。
下半身の中でも特に大腿(だいたい)部にはかなりの量の汗をかくが、
椅子に座るなどして体重をかけると、繊維と繊維の間に汗や皮脂などをもみ込むようなものだ。
洗濯をしないままだと微生物や細菌が繁殖し、ひどい場合はカビが発生したりするという。
「ジーンズやチノなど木綿のパンツは、じゃぶじゃぶ洗ってはじめて素肌で着られる。
もし、あまり洗いたくないのなら、昔のお父さんがスーツの下にはいたようなアンダーパンツ(ズボン下)を着用して
衣類を守るべきだ。
体にフィットして若い人も抵抗なくはける、おしゃれなアンダーパンツをメーカーに開発してほしい」と提案する。



446 :名前はいらない:2006/11/17(金) 20:07:18 ID:EVv6m/M1
>おしゃれなアンダーパンツ

…そんなもの想像つかないよw
○のときにそんなの穿いてるの見たら、絶対笑ってしまうw

447 :名前はいらない:2006/11/17(金) 20:12:20 ID:EVv6m/M1
>発祥の地・米国ではジーンズは作業着なので、汚れたら当然、どんどん洗う。
古いものや色あせ、ほころびにそれほど価値を見いださないという。

アメリカは知らないけど、イタリア人は「絶対洗わない派」だったよ。
でも、「あのジーンズ、臭うんだけど」って一言言ったら、
そのジーンズを洗ったばかりでなく、翌日体中に香水を振りまいて学校に来た。
そこまでしなくてもよかとね。

448 :名前はいらない:2006/11/17(金) 20:27:41 ID:EVv6m/M1
今、今、絶対に想像してはいけないものを想像してしまったw

ごめん、むせるどころか咳き込んだww

449 :名前はいらない:2006/11/18(土) 02:38:12 ID:aNUI9mz8

ついに初出品!!!ヽ(`Д´)ノ


450 :名前はいらない:2006/11/18(土) 15:08:19 ID:Z1CLmJZ1
現時点でのアクセス件数

2件・・・(゚Д゚)

451 :名前はいらない:2006/11/20(月) 04:13:59 ID:yEYc4/Ps
ところで、「○○○○」と「生まれ」で検索したら、
えーーーーーーーー!!!!!!!!!!私より年上じゃぁないですか!!
てっきり年下だとばかり…これは失礼した。
ずいぶん若く見えるなぁ。スタイル保ってるし。
どうやってその若さを保ってるのか、お聞きしたい。

お聞きするもなにも、私も若く見られがちだけどさ。
4月の終わりくらいに、18歳と間違えられて日本人にナンパされたときは、
嬉しいとかいうよりも、私、人としてこれで本当にいいんだろうか…と悩んだ。
ナンパした側からしたら、合法的詐欺罪だね。

私にはどうも、「貫禄」ってものが付いてくる気配がない。
それはそれで職業がら心配なんだが…

452 :名前はいらない:2006/11/20(月) 04:25:42 ID:yEYc4/Ps
日本語歌詞の曲の評判はあまりよくないみたいだけど、
ジギーバグの歌詞は結構好きなんだけどな。
曲調的には私には明るすぎるけど。

「確かめる足元」

結構苦労人なんだな…なんて。
でも彼は、良い顔をする、数少ない30代男性だ。

453 :名前はいらない:2006/11/20(月) 05:46:48 ID:yEYc4/Ps
もう寝るけど、高校の時の国語の先生が授業中に言ってたんだよ
「女子供が騒いでるうちは本物じゃない」って

なんていう男女差別だ!と思って、ものすごくムカついたんだけど
こうして大人になりいろんな実状を知るに従って
残念ながら、その言葉が、ある程度は的を得てることを認めざるを得ない

世代別に見ると、20代男性にダントツに人気があるみたいだけど
もう今の10代の子にはCDを買うっていう文化がないから
20代ウケは良い傾向じゃないかと思う

PV、良い監督と良い機材使ってるね
なんとなくだけど

454 :名前はいらない:2006/11/20(月) 11:23:30 ID:mkGAqRrU
土日のアクセス総数がそれほど多くなかったから
これはどうかなぁ…と思ってたけど
どうやら土日の子供と旦那の世話から開放された主婦が見てるらしく
月曜だというのに、いきなりアクセス総数が上がった

それも、ある一つの商品が特に…
作った私が言うのもなんだけど、絶対みなさん平均年齢高いでしょっていう;

455 :名前はいらない:2006/11/20(月) 11:26:07 ID:mkGAqRrU
開放→解放

アクセス解析ができるわけじゃないけど、いろいろ推測できて面白いね
やはり一度は出品してみるもんだ

456 :名前はいらない:2006/11/20(月) 11:34:31 ID:mkGAqRrU
私はもともと、誰にでも(異性に対して)やさしいタイプじゃないよ。
言いたいことはサクッと言うし。それがたとえ君でもね。
コンパの席で、私のキツすぎる一言で、
具合悪くなってトイレで吐いた男友達がいるくらいだからね。

でも、そうはいっても、その「サクッ」の、奥が深いんだな。

…っていうことを、私が言うまでもなく君に感じ取ってほしかった。

私には悪意はない。君が思うほど人でなしじゃない。
きついこと言うのは、見込みがあると思ってるからで、
こりゃー救いようがないなと思った人には、逆に何も言わないよ。
それが大人の優しさであり、大人の冷たさじゃない?

これでももう大人なつもりなもんで。

457 :名前はいらない:2006/11/20(月) 11:40:45 ID:mkGAqRrU
今週は中日に祝日があるのねんw
祝日とその前夜にまた、アクセス総数が上がることを願ってる。
私のターゲットは主婦じゃないしなぁ。

458 :名前はいらない:2006/11/20(月) 11:45:31 ID:mkGAqRrU
私は言ってることが、「赤ちゃん」だし「女王様」だし「ヤクザ」なのよ。
前にそう言われた。

459 :名前はいらない:2006/11/20(月) 12:07:02 ID:MLloEiTD
連投規制だけど緊急につきケータイは便利

460 :名前はいらない:2006/11/20(月) 12:13:52 ID:mkGAqRrU
そういうわけで何が言いたかったかというと、
君もそういう私に慣れてくれなくちゃ、ということと、
周りの人の言葉に振り回されず、私自身が言ったこと、したことを重視してよってこと

君は私にとって特別な人間だよ
自分の持ちうるあらん限りの能力と時間を駆使して
私にここまで無茶で馬鹿なまねをさせたのは今までの人生で君だけだ

461 :名前はいらない:2006/11/20(月) 12:19:26 ID:mkGAqRrU
何かいろいろと言ってることが矛盾してるのは私も自分で分かってるけど、
短くまとめると、
私はときに「赤ちゃん」であり「女王様」であり「ヤクザ」であり、
理論的に考えもするけど脱線することもよくあって、
思い込みが激しいために、時々自分で自分の首を絞め、
非常に貪欲なために、したいことを我慢できない人だということ。

462 :名前はいらない:2006/11/20(月) 12:30:10 ID:mkGAqRrU
だけどそんな貪欲な私も、「皇帝」が出てきたときは引かざるを得ない
理性のカタマリみたいなヤツだ
どんなに涙しても、最終的には私は「皇帝」に完全には逆らえない
皇帝は暴君ではないと分かっているからだ
「赤ちゃん」よりも「女王様」よりも「ヤクザ」よりも、
私は「皇帝」の意見を尊重する
どんなに涙しても


463 :名前はいらない:2006/11/21(火) 04:57:37 ID:Xa04rhzJ
また「死ね」って言われたよ

君に言われるよりはマシだけどね

もう寝る

464 :名前はいらない:2006/11/21(火) 05:04:36 ID:Xa04rhzJ
ああいう口の利き方をするから男だと思われちゃうんだろうけど、
本当に最後まで、私を男と信じて攻撃しまくり、疑わなかった彼ら
私も私だ。もうお子ちゃまの相手はしない。


465 :名前はいらない:2006/11/22(水) 00:33:05 ID:iU/zCrN6
私も男嫌いだし、痴漢に遭ったりストーカーに遭ったりした直後は、
「男なんて世界中から消えてしまえ!」って思うよ。

だけど、彼女らの男嫌いは、むしろコンプレックスから来てるでしょ。
それだから誰が何と言おうが、正論だろうが極論だろうが、
いつも同じ態度で言うことが毎回変わらないんだと思う。
あれはもう無理ね。

466 :名前はいらない:2006/11/22(水) 00:42:19 ID:iU/zCrN6
誰かが私の気持ちを代弁してくれてた。

自分に都合いいときだけ「神!!」とか言っておだててみたり
ちょっと機嫌を損ねるようなこと言うと「死ね」とか言ってみたり。
同一人物だと分からないから仕方ないってのもあるけど
こっちだって、それなりに苦労して、自分の時間削って書き込みしてる時もあるのに
ネットって本当、恐ろしいね。



467 :名前はいらない:2006/11/22(水) 01:32:53 ID:iU/zCrN6
やったーーーーーー!!初入札!!!!!!
今日は祭りだぁ!!!!

468 :名前はいらない:2006/11/22(水) 01:36:33 ID:iU/zCrN6
やっぱり予測通り、うちの看板娘が一番人気だった!!!!
可愛いうちの第一号ちゃん、あなたの行き先が決まりそうだよ!!
私の考案したオリジナルデザインも入ってる商品だし!!

もう家庭教師なんか行く気分じゃなくなったって!!(明日が初日だけど)

469 :名前はいらない:2006/11/22(水) 01:41:05 ID:iU/zCrN6
看板娘っていってもね、全部一点ものだから、
二度と同じデザインのものは作らないし、
だからこそ、本当にひとつひとつ丁寧に作るんだけど、
作ってるうちに愛着が出ちゃうと、別れは少しさびしいわ…

でも良かった!行き先が決まって。
きっと可愛がってもらってね!!

470 :名前はいらない:2006/11/23(木) 04:20:05 ID:NlYYhKHu
当初から予想していたことではあったけど、
やっぱり、オリジナル作品を毎週出し続けるのはキツイものがある。
一個じゃないし。
普段から通りがかる人がつけてるものはチェックして、
参考になるものは家帰ってメモッたりもしてる。
しかし、参考程度で、同じものはつくらない。

…という自分に課するノルマの大きさはいいと思うんだけど、
実際のとこ、いつまで続くかなぁ。
言っても激戦区。約900の出品があるうち、週に落ちるのは30点程度。
手を抜いたものはすぐ見破られるだろう。

家庭教師の時間、私立高校の過去問を見ながら受験対策を考えつつ、
私っていったい、何屋さんなんだろ?と思った。
だけどあの子は受からせる。

471 :名前はいらない:2006/11/26(日) 08:10:32 ID:6VukjLyw
5点出品したうち3点落札された。
出だしとしては上出来。

さぁいつまで続くかな…
毎週毎週新しいデザインを5点も出品するのには無理があるぞ…

472 :名前はいらない:2006/11/26(日) 08:14:55 ID:6VukjLyw
冬のボーナス、年末商戦が始まる前に
店(ってほどのものでもないけど)の名前だけでも売っとかないとと思ってね
その時期にいきなり新規で出品しても知れてるでしょ

それで今集中的に頑張ってるんだけどね

473 :名前はいらない:2006/11/26(日) 08:19:59 ID:6VukjLyw
アバターの顔が本当に私に似てるので、
いろいろ着せ替えして楽しんでる
髪型とか…現実の私にはありえない髪型にしてみたりとかして

リンクで自己紹介欄まで飛んでくる人がいることも考えて
こまめに着せ替えしてるさ!
すべて無料でだけど



474 :名前はいらない:2006/11/26(日) 08:27:17 ID:6VukjLyw
ホソミさんはある意味一人で何でも屋さんだな
ちょっと私に似てる
でも私よりずっとえらい

475 :名前はいらない:2006/11/26(日) 08:29:24 ID:6VukjLyw
@えらい=立派である、尊敬に値する
Aえらい=大変そうである

@A両方の意味で、私よりずっとえらい

476 :名前はいらない:2006/11/27(月) 01:14:32 ID:DRcniAUj
指輪はなぁ、私には彫金の技術はないから、
海外から仕入れてくるしかないんだよね。
サイズ直しもできないし。それが痛いところ。
年に何回も海外いけるほど余裕ないし。

とりあえず今回仕入れてくる分と、
売るかどうか迷ってる分と、
いずれにせよ、指輪は高値で売るよ。

だって

こんなの日本にないもの

今日本に入ってきてるもののほとんどは、中国での加工品だ。
中国は確かに人件費が安く、コピー商品は作れるが、デザイン力がない。
だから、私がデザインを指示して、作ってもらって、
日本で売る。

というのが理想なんだけどな


477 :名前はいらない:2006/11/29(水) 04:19:05 ID:mA9T8Kld
かてきょの生徒が志望してる私立校の過去問を
前回の指導のときにやらせてみたんだけど
さっき答え合わせをしてみた


ままままままま、まじっすか!?

これはヤバい…

478 :名前はいらない:2006/11/29(水) 04:23:31 ID:mA9T8Kld
指導科目は英語と数学なんよ
特に英語が…とは聞いていたけど
私からすると、今更英語の文法なんて、もう教え方忘れちゃったよって感じで
むしろ数学のほうがまだ教えやすいかもしれない

でもどうしても共学の高校に行きたいらしい
女子高はもう嫌だ!!!という本人の強い希望があるので
やる気と志望動機がしっかりしてるだけ(不純だろうと何だろうとこの場合問題ではない)
何とかなるかなと思ったのだけど
これは、こっちも覚悟して付きあうんじゃないと、これはやばい…

479 :名前はいらない:2006/11/29(水) 04:33:01 ID:mA9T8Kld
これは何とかミラクルを起こさねば!!! 

…   

480 :名前はいらない:2006/11/29(水) 12:19:00 ID:mA9T8Kld
男の子は、叱られて伸びる
女の子は、励まされて伸びる

というのが基本らしいけど、もちろん例外も多い
けど、この子の場合は、叱って伸びるタイプじゃなさそうなので
やっぱり、これはヤバいと内心思いながらでも、励ましていくほうがいいだろうな
反骨精神の強い子なら、叱られて伸びるんだけど、そうでもなさそうだし
本人がやる気と自信を失ったらアウトだから
うーん ここはなんとか工夫しないと…

481 :名前はいらない:2006/11/30(木) 00:31:33 ID:6t9BEjx+
そんなこと言われたって
もう今日は終わっちゃうよ

482 :名前はいらない:2006/11/30(木) 00:40:47 ID:6t9BEjx+
それにあんな高いの買えない

483 :名前はいらない:2006/11/30(木) 00:43:51 ID:6t9BEjx+
この時期は毎年無理だと分かってて、わざとこの時期にしたんでしょ?
それじゃしょうがないよ

484 :名前はいらない:2006/11/30(木) 00:59:01 ID:6t9BEjx+
君は、自分の仕事をほっぽって私のところに来れる?
絶対に無理でしょ?
私だって無理なんだよ

485 :名前はいらない:2006/11/30(木) 06:32:12 ID:6t9BEjx+
ふてくされた私は買い置きしてあったチューハイを飲みながら
一つ訳をやって
ますます寝られなくなりそのまま朝を迎え
ますますふてくされて仕方なくベッドに入りましたとさ。

486 :名前はいらない:2006/11/30(木) 15:07:31 ID:6t9BEjx+
私は今三つのことをやってる

かてきょのバイトは週3日になった
6日から18日までは調査
その前に商品作りを済ませ
19日早朝に帰ったその足で集中講義に行かないといけない
一番キツイのは調査だろう
身体が持つかどうか自信がない

487 :名前はいらない:2006/11/30(木) 15:35:36 ID:6t9BEjx+
この土曜日には病院に行かないともう薬が足りない

488 :名前はいらない:2006/12/01(金) 02:39:05 ID:TO2W4GJq
ホソミさんって変態だったのか…(゚Д゚)
軽くショック

ひさしぶりにマトモな人に出会えたと思ったのに…

489 :名前はいらない:2006/12/01(金) 02:41:16 ID:TO2W4GJq
やっぱヤダー!!MCでシモの話はしないで!!

490 :名前はいらない:2006/12/01(金) 02:42:58 ID:TO2W4GJq
そうさ、男なんて隠すか隠さないかの差だけで基本は全部変態さ!
でも一抹の希望を持ちたかった…

491 :名前はいらない:2006/12/01(金) 06:23:28 ID:TO2W4GJq
一抹の不安ならよく聞くけど、一抹の希望って使い方聞かないよね…
exciteの辞書じゃ当てになんないわ
一○の希望って言い方があった気がするんだけど何だっけ…

売れ残るのもあるはずだから、あと三つ作れば2週間分(不在分)足りるはず。
同じ素材を使ってもデザインが全然違うのが私のとこの売りだから、
あと三つ、デザイン考えないと。

492 :名前はいらない:2006/12/01(金) 08:02:20 ID:TO2W4GJq

どうかMCの話がネタでありますように…(まだひきずってる)

493 :名前はいらない:2006/12/01(金) 08:19:27 ID:TO2W4GJq
あ゙〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

494 :名前はいらない:2006/12/01(金) 08:29:35 ID:TO2W4GJq
そんな物販いや…

495 :名前はいらない:2006/12/02(土) 05:18:52 ID:j8CO0Ufz
後からフォローされても、
あんな生々しいシモネタじゃ、嫌でも信じざるを得ないじゃない…

男に理想を求めても無駄なのね。男はみんな汚れてるのね。もう100万回分かったよ。


でも0.01%くらいの例外は居るはず…

0.01%さえいないとしたら、この世はやっぱり絶望的に汚れきってるんだわ…
ああもう生きてるのが嫌になる。

496 :名前はいらない:2006/12/02(土) 05:23:59 ID:j8CO0Ufz
大人になるってことは、許すこと、というより、
諦めて同じ色に染まることなんだわ


497 :名前はいらない:2006/12/02(土) 05:43:42 ID:j8CO0Ufz
世界宗教のほとんどがさ、男神を中心に、男尊女卑で女を汚いもの扱いしてきたけど、
どう考えても、自分の中に潜む醜さを認めたくなかった男たちが、
自分の嫌な部分を無茶な理屈で女に押し付けて、清く正しい虚構の自己像を作り上げて、
おまけにそれを崇め奉ったのが「神」だよね。

ある意味、究極のナルシシズム(自己愛)ね。

男っていうのが、地域も時代も年齢も超えて、大して違いがないものなのだとしたら、
それはそれで、私には想像もつかない、ものすごいことだと思うけど。

498 :名前はいらない:2006/12/02(土) 05:53:17 ID:j8CO0Ufz
ところで、神道の天照大神って、女だって知ってた?
男だと勘違いしてる人が多いけど、女なんだよ。どうでもいい話だけど。

まぁ、分からなくはない。
社会的に権力を握ってる「男」が、清く正しい人間じゃないってことになると、
言うことやることに説得力がなくなって困るもんね。
虚構でも何でも、祀り上げなきゃいけなかったんだろうね。


499 :名前はいらない:2006/12/02(土) 06:00:26 ID:j8CO0Ufz
そのへんのことは精神分析の分野でさんざん言われてきたことだけど、
やっぱそういうことなんかなぁと思ってしまう、ことあるごとに。

500 :名前はいらない:2006/12/02(土) 06:06:45 ID:j8CO0Ufz
ただ、どうしても許せないのは、
戦争は「人間の」本性だとか言うアホ。

戦争を起こすのはいつも男じゃない。
男が権力を握ってるから、定期的に戦争が起こるんじゃない。
なのにそういうときだけ、女を自分と同等扱いにしないでくれる?
ものすごい迷惑なんですけど。

どうしてそういう、自分の都合の良いときだけ、女を自分と同じだとみなしたり、
自分の都合の良いときだけ、女は自分と違うと言ってみたり、
そういう考え方が、とてつもない自分勝手だってことに気が付かないんだろう。
不思議でしょうがないわ。

501 :名前はいらない:2006/12/02(土) 06:23:56 ID:j8CO0Ufz
話がずいぶん脱線したけど、
推測するに彼は、今非常なストレスに晒されているんでしょう
女の私には感覚的には理解できないけど、男として異常なわけじゃないんだと思う

ので、
あのMCのレポは脳内消去しよう。

502 :名前はいらない:2006/12/02(土) 10:07:58 ID:j8CO0Ufz
私はいつ寝てるんだろう?

あと一個!あと一個!!
ジターバグ

503 :名前はいらない:2006/12/03(日) 17:11:20 ID:06e2pJHO
GIGSを読んで知った

この人のシモネタはこの前のMCに限ったことじゃないんだと…


曲だけ聴こう、うん。

504 :名前はいらない:2006/12/03(日) 17:14:32 ID:06e2pJHO
でもさー普通の女の子ならあのシモネタは引くって。
引かないとしたら、かっこつけて無理してるか、もともとちょっとおかしな子だって。

505 :名前はいらない:2006/12/03(日) 17:18:27 ID:06e2pJHO
ライブ中興奮して周りの女の子が脱ぎだしたら、男だったら嬉しいだろうけど、
自分の彼女も一緒になって脱ぎだしたら、100%、ひくでしょ。
それと似たようなもんだって。

うん。音楽は音楽として、曲だけ聴いとくのが良い。

506 :名前はいらない:2006/12/03(日) 17:25:10 ID:06e2pJHO
いや、自分の彼氏があんな話人前でしてたら、ひくどころか、
即日でさようならだな

自分と二人だけのときにされるならともかく、
人前でされたら引くことってある

507 :名前はいらない:2006/12/04(月) 21:56:08 ID:hnMO6ypF
小田急線人身で帰れない…

508 :名前はいらない:2006/12/04(月) 22:29:27 ID:hnMO6ypF
寒すぎる…風邪ひきそう

509 :名前はいらない:2006/12/04(月) 22:31:40 ID:hnMO6ypF
早くかえりたい(T_T)

510 :名前はいらない:2006/12/06(水) 05:18:37 ID:IzRKjNiH
行きたくない!! 行きたくない!! 行きたくないのに仕事!!!!!

511 :名前はいらない:2006/12/06(水) 06:08:14 ID:IzRKjNiH
拒否反応で昨日からじんましんがぁー!どんだけ行きたくないんだ私!!

512 :名前はいらない:2006/12/06(水) 06:49:59 ID:IzRKjNiH
爆弾しかけ〜♪
みなごろしだぜ〜♪(by セックスマシンガンズ)

513 :名前はいらない:2006/12/06(水) 11:30:46 ID:mIuHWPSz
今回はホテルでダニに70カ所以上刺されたりとかしませんように!
でも念のためウナは持ってくよ!


ヽ(`д´)ノ行ってきます!!

514 :名前はいらない:2006/12/20(水) 07:42:17 ID:No+JJ0ho
ただいま〜(^o^)ノ

旅行会社のミスで到着が今日だった…
集中講義もうダメっぽい(´д`;)

515 :名前はいらない:2006/12/20(水) 10:17:18 ID:No+JJ0ho
成田から自宅までが遠いんだよね

んーでも今回はホテルでノミでなかった
(ダニじゃなくてノミ)

516 :名前はいらない:2006/12/20(水) 10:31:34 ID:No+JJ0ho
ま、仕入れもできたし出品も向こうのネットカフェでもうやったし、
調査的にも行った甲斐はありました

517 :名前はいらない:2006/12/20(水) 15:37:24 ID:LwqNs5HQ
ところで、おすすめ2ちゃんねる絶賛開発中。。。ってなんの話?
ひろゆきがなんかしたの??
なんのこっちゃ。

518 :名前はいらない:2006/12/20(水) 15:49:59 ID:LwqNs5HQ
そして私は今日もバイト〜w

519 :名前はいらない:2006/12/20(水) 21:32:24 ID:No+JJ0ho

「先生、数学、ぜんぜんやってません!」

ぜぜぜぜぜんぜんってこの二週間分の宿題をですか??


きゃーーーーーーー!!!(。∀゜)

520 :名前はいらない:2006/12/20(水) 21:36:17 ID:No+JJ0ho
一番問題なのは、
本人にいまひとつ危機感がないことである


ミラクル!!ミラクル!!ミラクル求む!!

521 :名前はいらない:2006/12/20(水) 21:46:34 ID:No+JJ0ho
代理受験
できたら百倍
楽なのに

522 :名前はいらない:2006/12/21(木) 10:43:46 ID:THXX8CX+
今指輪を出品中だから見たい人は見ていいよ。
号数ごとにカテゴリ分けされてるけど、
異彩を放ってるから多分すぐ見つかる。

ま、暇な人は。

523 :名前はいらない:2006/12/22(金) 13:24:36 ID:yndHuA1N
なんかうちの商品は金属アレルギーのある人に好評らしい。
でも実際シルバー925はアレルギー起こしにくい物質なんだよね。
いちおデザインは頑張ってるし、
できればそういう層のファンがついてくれると嬉しいな。

524 :名前はいらない:2006/12/22(金) 13:33:14 ID:yndHuA1N
私にはライバル視してる店がある。
彼女の商品は出せば出しただけ落札されるから。
でも、その人が使ってるのはほとんど14kgfで、シルバーじゃないので、
直接相殺しあうことにはならないと思う。

しかしだ…だいたいものの値段が分かってきたから言うけど、
どこかでよっぽど安く仕入れてるんじゃなければ、
彼女の商品は、あれだけ高値で売れてても、赤は出てるはず。
趣味でやってるのかねぇ…すごいな。

525 :名前はいらない:2006/12/22(金) 13:41:21 ID:yndHuA1N
でもなんか、結構荒れてる業界だなと思った。

シルバー1000なんてものは理論上存在しないんだけど、
シルバー1000って書いて売ってる人いるし、
シルバー925は純銀じゃないんだけど、純銀って書いてる人いるし、
チェリークォーツは完全なる人工石なのに、「天然石」って銘打って、
他の天然石と同じくらいの値段で売ってる人もいる。
あくどいねぇ。
4分の一くらいの値段のはずなんだけど。

私もシルバー999の指輪を一個持ってるけど、
シルバーは純度として、999が限界のはずなんだけどね。
それに、999は傷がつきやすいから、925のほうが値段的には高価だ。
純銀って言葉にだまされてる人いるんだろうなぁ。

526 :名前はいらない:2006/12/22(金) 14:01:04 ID:yndHuA1N
たぶん、オニキスって書いてオブシディアンの指輪を売ってるとか、
普通にあると思う。

オニキスっていうと黒い石だと思ってる人が大半だろうけど、
あれは、黒い部分を採ってきて加工してるから黒いだけで、
クリーム色とか、緑系とか、本当は色合いは多種多様だ。
オニキスの産地に行って、博物館を訪れて自分で見た上、博物館員に直接確認したから確か。
オブシディアンのほうが輝きがあるけど、産出量が多く、硬度が低く、安価。

でも、黒ければオニキスだと思ってる消費者相手なら、
いくらでもごまかしはきくと思う。
異常に安いオニキスの指輪とか、気をつけたほうがいいよ。

527 :名前はいらない:2006/12/22(金) 14:19:06 ID:yndHuA1N
偽物が多いことで有名といえば、琥珀もそうかな。
虫入りなんて、100%ニセモノと見て間違いない。
あれは死んだ虫を拾ってきて、プラスチックで固めただけだ。
もちろん、本物の虫入りもあるけど、
そんなものは考古学博物館にでも並んでいるものであって、普通の店には置いてない。

本物の琥珀は、ブラックライトを当てると色が変わる。
プラスチックは、もちろん変わらない。
それと本物は、持ってみると、不思議なことに、ほんの少し温かい。
でもプラスチックは冷たい。素人でも分かるほど、温度に違いがある。
これも、琥珀博物館に行って、自分で確認したから確かな情報。

528 :名前はいらない:2006/12/22(金) 16:03:35 ID:yndHuA1N
わーい!入荷したネックレスさっき即決価格で落札されたよ!!

やっぱ良いものから順に落とされてゆくのかなぁ
あれ本当ならもっと高いしな

529 :名前はいらない:2006/12/22(金) 16:16:44 ID:yndHuA1N
オリジナル一点ものの、一番の強みは、
価格破壊が起こらないことだ。

類似のショップが出てきて、どんどん値が下がるということがない。

530 :名前はいらない:2006/12/23(土) 20:21:47 ID:r+ksOsr5
はんだごてとデジタル一眼レフが欲しい

531 :名前はいらない:2006/12/23(土) 20:24:16 ID:r+ksOsr5
バッグとか服とかアクセサリーとか何にも要らないので、
仕事に必要なものを、誰か私にめぐんでください

532 :名前はいらない:2006/12/24(日) 12:16:59 ID:/3nDbR6l
朝から何か不安。とても不安。
胸のあたりがじーんとして収まらない。
なんなんだ?誰かこれがなんなのか教えて。

533 :名前はいらない:2006/12/24(日) 20:59:15 ID:dHcbDwmE
あー今年はスッキリ終わったわ。

534 :名前はいらない:2006/12/25(月) 11:38:12 ID:u/prwaQz
このスレを見ている人はこんなスレも見ています。

って私別にそんなんどうでもいいんですけどひろゆきさん
おすすめ2ちゃんねるってそういう意味かー

535 :名前はいらない:2006/12/25(月) 11:39:54 ID:u/prwaQz
不要。いやむしろ邪魔。
もとに戻してほしい。

536 :名前はいらない:2006/12/26(火) 12:36:49 ID:zPziVT0K
はこのなかをよくみて

537 :名前はいらない:2006/12/26(火) 22:34:29 ID:ijbeDgwO
骨折れるかと思った

538 :名前はいらない:2006/12/27(水) 12:52:35 ID:42G9fhfd
膝のアザがすごい〜
まだ治っていないノミ刺されも含め、とても人には見せられない状態…

539 :名前はいらない:2006/12/27(水) 12:53:47 ID:42G9fhfd
昨日の私の足はよくがんばった

540 :名前はいらない:2006/12/27(水) 13:20:30 ID:42G9fhfd
日本にいない一年間、ずっと自分で髪を切ってたんだけど、
もう年内に切りに行けそうにないので、さっきまた自分で切った。
すきバサミがあるから手馴れたもんです。

今日明日と連ちゃんでバイトだ。

541 :名前はいらない:2006/12/27(水) 22:21:17 ID:Jnb/GDEG
かてきょの生徒から私が習った言葉

茶の間、ショタコン、トップ、狩られる、イッピ、

あと何だっけ?

542 :名前はいらない:2006/12/27(水) 22:24:56 ID:Jnb/GDEG
前にもアニオタの生徒に当たったことがあるけど、
生粋のジャニオタは初めてだ





そしてなぜか私は
オタクと話がはずむ

543 :名前はいらない:2006/12/27(水) 22:33:04 ID:Jnb/GDEG
叩き掲示板っていうのがあるらしいね

ファンがお互いを潰し合うための


ジャニーズの子ってステージ上では笑顔で手振ってても、
追っかけには普通に怒って跳び蹴りかましたりするんだって

しねとかブッサイクとか平気でその子たちに言うらしい

すごー
その切り替え、そのプロ意識がある意味すごい

544 :名前はいらない:2006/12/28(木) 03:09:15 ID:QQz94U/J
なんかいろいろ考えてたらすごく疲れた
私の選んだ道って、不可能に近い道なんじゃないかと思い始めた
まず、生活ができないレベルだっていうのは、
生まれてから今までしてきた苦労に、あまりにも見合わなすぎる

お金が要るお金が要るお金が要る

実家で、自分で得たバイト代等を全部次の仕事に回せる人
第一条件ってそれじゃないか?

545 :名前はいらない:2006/12/28(木) 03:12:35 ID:QQz94U/J
事実、私の同期は、全員実家だ
だからこそ私とは苦労の度合いが全然違う

どうやって生活してるの?って聞かれたけど、
誰もが思う疑問だと思う

君は、そういう事情を何にも知らない
何も知らないで文句だけ言ってきたんだもんね
今さら君に理解を求める気もないけれど
あまりにも残酷な仕打ちだったよ

546 :名前はいらない:2006/12/28(木) 03:16:31 ID:QQz94U/J
私は、生活していくために同棲を選んだ
君はそれを単なる裏切りと判断して責め立てた

そんなに人生は甘くない
生きていくことは奇麗事ではないのに

547 :名前はいらない:2006/12/28(木) 03:26:55 ID:QQz94U/J
才能のある人ですら、どんどん辞めていく
その理由の9割以上が、「経済的に無理だから」だよ
それだけ、お金には常に悩まされる仕事なんだ

将来の保障もなく、税金を払う義務だけが課され、
どんどん追い詰められて、精神的にも病んでいく

うちの父親は上司の特別配慮(贔屓)で、他の人よりもずっと良い地位に就けた
でも、母親はそれを、運が良かったと考えず、当たり前のことと受け止めてる
自分たちはむしろ苦労を知らないほうなのに、
自分はこれだけ苦労してきたということをやたら口に出して主張する
そして、父親と同等の結果、またはそれ以上の結果を娘の私にも求める

時代が違うとか、状況が違うとか、
そういうことをちゃんと説明しても、
次の日には忘れて、同じことでまたイライラしてる

年末実家に帰るって言ったって、怒られに帰るようなもんだもんな
きっと父親からも母親からも、さんざん言われるに違いないのに、
無いお金をはたいて、どうして実家に帰らないといけないんだろうな

548 :名前はいらない:2006/12/28(木) 03:34:37 ID:QQz94U/J
久しぶりに実家に帰れるっていうと、嬉しい人もいるんだろうけど、
私は両親のことを考えただけで気が滅入ってくる
「手ぶら」で帰れるような家じゃないから

たとえ何にもかもなくなっても、自分の子として迎え入れてくれる
そういう親って、現実に存在するの???
私には、そういう親って想像もつかないや
世間体、名誉、なにかそういうものを持ち帰るんでないと、
子供として受け入れてもらえないもの

549 :名前はいらない:2006/12/28(木) 06:03:53 ID:QQz94U/J
あーもー我ながらこんなとこでこれ以上自分の親の愚痴もどうかと思うわ。
口に出す以前に考えるだけでも嫌だっていうのに。

商品もUPしたので寝よう。

550 :名前はいらない:2006/12/29(金) 05:18:27 ID:qS0SfEKR
私の年賀状は絶対に元旦には届かない
12月に毎年調査が入るせいだ
クリスマス前に出せばクリスマス前に出せば…と思いつつ
ここ数年クリスマス前に出せた試しがない

ちゃんと元旦に届くようにと思ったら
私の場合、11月中に書いて出さないといけないということにやっと気づいた

551 :名前はいらない:2006/12/29(金) 05:24:34 ID:qS0SfEKR
もーバイトとか商品作りとかだけでも、正直いっぱいいっぱいなんですけど
年賀状のデザイン考えたりするのは好きだけど
「○○さんの年賀状は毎年届くのが遅い」と一人の人に言われてから
すっかり書く気がしなくなった
そらーあなたは楽ですよ!ずっと日本にいるんだから!!

もうめんどくさー!!!なんでこんな忙しい時期に年賀状まで書かないといけないんだ!
ほんともういっぱいいっぱいなんですけど

552 :名前はいらない:2006/12/29(金) 11:14:10 ID:kfzciwOS
あれだけぶーたれておきながら、
結局、徹夜で年賀状全部書いた私はエラい!

だけど宛名ちゃんと書けてないまま出しちゃったのがある
手書きでかきたそうと思って忘れてた
届くんだろうか…

553 :名前はいらない:2006/12/30(土) 00:39:11 ID:5NmVLBTV
実家に帰ってさっき判明しました
私の出す年賀状が絶対元旦に届かないのは…!?

ド田舎にある実家近くの郵便局から出してたからだぁ!!

こっから出す年賀状は
もれなく届くのが異様に遅いらしい

まんべんなく働け公務員!
いえ働いて下さい…

554 :名前はいらない:2006/12/30(土) 00:45:11 ID:5NmVLBTV
どんだけ田舎だから31日に出した年賀状が7日とか8日に届くんだよ…
謎は解けたが悲しいよ…

555 :名前はいらない:2006/12/30(土) 21:48:24 ID:5NmVLBTV
一年日本にいなかった私には
二年連続で倖田クミな理由が分からない



分からなくても気にする必要のないこともある

556 :名前はいらない:2006/12/31(日) 03:07:47 ID:OxJvf4+2
人間みないつかは死ぬでしょ

そんなの当たり前のことだけど
死ぬ前には君に会いたいなぁ

557 :名前はいらない:2007/01/01(月) 13:11:38 ID:2VPdEeGK
あけおめ
お守り大事にしてね

558 :名前はいらない:2007/01/01(月) 13:20:03 ID:2VPdEeGK
お守りってあれね

もし暇ならヤフオクで「女性用ブ−ッ」で検索かけてごらん。
一件しかヒットしないから。あ、「ー」じゃなくて「−(マイナス)」だからね。
で、出品者のその他のオークションを見てみて。
30分は笑ってられるw

559 :名前はいらない:2007/01/01(月) 14:01:58 ID:2VPdEeGK
地元の有名なお寺で合格祈願のお守り買って来たよ…
ついでにハート型の良縁のお守りも…

合格するまではこっち!共学に合格したあとはコレ!!って意味で。
親に知られたらあきれられるだろうなぁ…
なんにしても、このさい神でも何でも、ミラクル!ミラクル求む!!

560 :名前はいらない:2007/01/02(火) 13:54:37 ID:lFza3V8C
芸能人格付けSP面白い!
叶恭子さん見直した!

1000万のギターと5万のギターの音色の差、当たったよ〜ww

561 :名前はいらない:2007/01/02(火) 16:12:14 ID:lFza3V8C
実家帰ってアクセサリーの話してたら、
もっと高く売りなよ!もったいない!!って母親と妹に言われた。

で、三つ四つ作ってほしいと妹に頼まれた。
嬉しいことは嬉しいけど…あまり身内にあげてるとお金にならないんだけど…

562 :名前はいらない:2007/01/02(火) 20:56:11 ID:lFza3V8C
覚えた。本物のストラトバリュースダヴィンチはキィーッっていうの。キィーって!!


ああ…私の耳、音楽聴く価値なし…

563 :名前はいらない:2007/01/02(火) 21:13:23 ID:lFza3V8C
うちの商品をもう5点も落としてくれた人がいて、
この人なんでこんなに買うんだろ?大丈夫かいな?と思ってたんだけど、
さっきのメールで理由が分かった。赤ちゃんが欲しいんだって。

そっか…そんな人もいるんだなぁと思った。
私には何もできないけど、無事に赤ちゃんができて生まれるといいな…。

564 :名前はいらない:2007/01/03(水) 13:26:35 ID:AGqvszIK
そうそう、新年を祝ってアバターも着物姿に着替えたから見てねw

565 :名前はいらない:2007/01/03(水) 13:28:52 ID:AGqvszIK
自分のアバター妹と親に見せたら、最初「似てる!!」って言われて、
髪型も近いのに変えたら「気持ち悪い…(似てすぎて)」って言われた;

566 :名前はいらない:2007/01/04(木) 02:01:00 ID:SmksGiyT
世の中には、深く考える価値のあることと、ないことがあると思う。
少なくても今の時点での私はそう思う。

そして、考えても大した実りが見込めない、というか、
大して深みもないというか、もうだいたい分かったわ、と思えるのが、男の浮気だ。

私はたぶん、今までの人生で、付き合ってる男に浮気されたという経験がない。
(まぁ、あくまでも「多分」の話で、実際どうかなんて分からないけど、感覚的に)
だけど一人、付き合ってはいないけどいろいろ話をした男の中で、
あーこういう人が浮気する典型的な男の人だなーっていうのを、
私の目の前で実演してみせてくれた人がいた。

その一つの“サンプル”を見る限り、
性欲そのものの強さと、浮気するかどうかは、イコールでは結べない。


567 :名前はいらない:2007/01/04(木) 02:10:07 ID:SmksGiyT
ずっと前に読んだ仮説の中に、
赤ん坊の頃、母親から授乳された期間が長い男の人ほど、
大人になってから性欲が強くなる、というのがあった。

これは興味深い。ただ、医学データ的に信用性に足るものかどうか、
よく分からなかったので、私の頭の中で保留にしてある。
そして、少なくとも一例、私はまさにそれに当てはまる男の人を知っていて、
確かにその人の性欲は、強いというより異常だった。

母親は女の赤ちゃんより男の赤ちゃんを溺愛する。
私の覚えている限りでは、平均して3ヶ月、女の赤ちゃんのほうが、
母親からの授乳期間が短いそうだ。女の子のほうが乳離れが早いということだ。
母親はたとえ相手がまだ1歳にも満たない赤ん坊でも、男の赤ちゃんを異性として見る傾向がある。
だから、授乳する必要のある期間が終わっても、なかなか乳離れをさせようとしないことがある。

自分の性欲は強すぎるんじゃないか、と思っている男の人は、
一度自分の母親に、何ヶ月くらい授乳していたか、訊いてみたらいいと思う。
もし、平均より長かったら、この仮説の信憑性を少し高めることになるかもね。

568 :名前はいらない:2007/01/04(木) 02:23:09 ID:SmksGiyT
私は女なのに理屈っぽい性格かもしれないけど、
実生活の中では、男の人のほうが、一問一答的な答えを求めがちで、
そういう明解な答えを求めるあまり、
無理なこじつけを真実として仕立て上げてしまう傾向があると思う。

浮気する男の人がよく言うのは、
「男なんてみんな浮気する」(←自分は世界中の男の平均だと思っている)
「俺だっていい女と付き合えば浮気なんてしない」(←自分のせいではなく女のほうが悪い)
「浮気ぐらいできないようじゃ男とはいえない」(←俺は男だというナルシスト的発想)

そして、浮気する男の人が抱いているのは、
自分の浮気はバレていないはずだという思い込みだ。

女は気づかないのではなくて、
気づいても、気づいた素振りをするといろいろ自分にとって損なので、
気が付かないふりをしているだけなのだということに気づかず、
自分の嘘が通っていると勘違いして、またすでにバレている嘘を重ねる。

その繰り返しのうちに、女のほうはサッパリと冷めきってしまい、
考えの甘い男が抱いているような、温かい家庭像なんてものは、地球の裏側まで飛んでいってしまい、
男が気が付いた頃には、まるで前から計画されていたことかのように、熟年離婚を言い渡される。

569 :名前はいらない:2007/01/04(木) 02:30:49 ID:SmksGiyT
私が見ていて感じるのは、
男の人はまず、自分自身を騙すのだ、ということだ。
そして、周囲の男の人の中では、そういう「敵を欺くにはまず自分から」的なやり方が通るため、
女の人に対しても、同じやり方が通るのだと思い込んで行動している。


570 :名前はいらない:2007/01/04(木) 02:47:24 ID:SmksGiyT
ちなみに私自身は、授乳期間がめっちゃくちゃ短かった。
さっき言った、異常に授乳期間が長かった男の人と比べると、
実に、12分の1だ。

だけど、性欲の強さは別に弱いほうではないと思う。
まぁそれこそ、どうやって自分が平均かどうか知るのかって言う問題はあるけど、
男嫌いなわりには、そのへんの欲求は健全みたいで、拒絶反応とかいうのは全くない。
実際のところ、○○に達したことのある女性は、3割にも満たないっていうデータがあって、
ほとんどの女性は、毎回ただ演技してるだけなんだと知ってショックだったけど、
私は幸運にもその少数派のほうに入ってるみたいだ。

だけどそうなってくると、最初に出した仮説と噛み合わなくなってくる。
授乳期間の長さ=性欲の強さなら、私にはほとんど性欲というものが存在しないはず。
男と女とでは脳のでき方が違うから、単純に比べられないというのはあるけど、
乳幼児のときの授乳の経験が、その後の人生の性欲すべてを決めるわけではない気がする。

571 :名前はいらない:2007/01/04(木) 02:57:01 ID:SmksGiyT
さっき私が出した、サンプルにあたる男の人が言ったんだ。

「いざとなったら、男でもいい。もしかしたら子供でもいい。
とにかく、人肌恋しいんだ」と。

ぶっちゃけるにも程があるというか、私は正直、「子供でもいい」という言葉にドン引きしたけど、
「人肌恋しい」というのは、ちょっと頭の中でひっかかった。
「人肌恋しい」って、なんだ?って。

私は性欲には特に問題ないと思うけど、
「人肌恋しい」という感覚は、正直言って分からない。
というか、人肌なんて別に恋しいと思ったことがない。

好きな人とエッチする。相手が好きな人だからしたくなる。
それは分かるけど、
「人肌恋しい」っていう、その限りなく不特定多数的な発想はなんだ??と。


572 :名前はいらない:2007/01/04(木) 03:05:36 ID:SmksGiyT
毎回○○に達することができる女性、に絞ると、なんと約4%らしいね。
男性のほうは、40%台だったと思うけど。

すごいとんでもないぶっちゃけ話だけど、
私は浮気されたことがないけど、相手の男の人が○○に達せなかったことって、
皆無ではないにしても、片手で数えられる程度だよ。
だから、男でも40%台って聞いて、へぇ〜!!なんて低いんだ!!、と思ってびっくりした。


573 :名前はいらない:2007/01/04(木) 03:13:09 ID:SmksGiyT
まぁそれは措いておいて、
「人肌恋しい」という人は、性欲が強いというより、
自分がまだ赤ちゃんで、お母さんに抱っこされてた頃と同じ感覚を、
大人になっても求めてるんじゃないかと思う。

「人肌恋しいから」と言うのは、別に男の人に限らない。
女の人も、(多分一般に男が思ってる以上に)浮気してる人は結構いる。
ただ、男のほうが周囲の変化に鈍感で、浮気されてても気が付かないから、
女は浮気しない生き物、男は浮気する生き物だと、思い込んでいるだけだ。

574 :名前はいらない:2007/01/04(木) 03:19:02 ID:SmksGiyT
私が言うサンプルは、エッチには単なる性欲を満たす以上のものがあると言っていた。
彼はそれを「愛情」というものと繋げて考えたいみたいだったが、
前から私が一貫して、私には愛っていうものが何なのか分からないと言っているように、
それは9割がた違うだろと内心思いながらも、答えは出さないでおく。

私が思うに、彼は乳幼児の頃に、母親からの自立に失敗し、
母親の腕の中に居た頃の感覚を、大人になっても引きずっているのだと思う。
その母親の腕に抱かれたときの感覚が、エッチすることに似ているんだろうと。

575 :名前はいらない:2007/01/04(木) 03:25:38 ID:SmksGiyT
その彼は彼で、おそらく極端な例で、
私は私で、それとは対極的に極端な例なんだと思う。

直線的な図式を描くことは間違っているかもしれないけど、
仮に、その彼と私を、一つの直線の両端だと考えると、
私よりか彼よりか、というだけで、同じような直線の上に他の人も乗っている、
そういうような図式が描けるんじゃないかと思う。

あくまでも素人の勘で、何の根拠もないけどね。

576 :名前はいらない:2007/01/04(木) 03:34:36 ID:SmksGiyT
私は、浮気したことのない男の人を二人だけ知っている。
一人は彼氏で、もう一人は、ずっと前にここで話した、
私の話で急に具合が悪くなってコンパの時に吐いた人だ。

コンパの人は、あーあーあなたはそりゃもてるでしょうっていうタイプの人だった。
まず、顔が整ってる。テレビに出ててもおかしくない。
そのうえ、親が医者で、本人も医者。

これだけ揃っててもてないわけがない。
ナースに囲まれてるから、日常的にも女の子にキャーキャー言われてる人で、
この男の人と下手に仲良くなったら、他の女の子とうまくいかなくなるわ、と
私があえて接触を避けていた人だ。

でも彼は見るからに苦労していた。もてすぎる男はそれはそれで苦労する。
女の子っていうのは気まぐれで、大好きかと思えば大嫌いになったり、
ちょっと自分が相手にされないと、その話を倍にして、
他の女の子に喋り捲ったりするものだ。
その彼はそのところを心得ていて、当たらず触らずの、微妙な距離のとり方をしていた。



577 :名前はいらない:2007/01/04(木) 03:44:55 ID:SmksGiyT
もてる男は必ず浮気すると彼氏は豪語していたけど、
私は、そうではないと思う。
むしろ浮気しまくるのは、昔もてなくて、それを内心コンプレックスに持ってて、
お金持ちになったとか、社会的地位があがったとか、
そういう何かの拍子に急にもてだした「我がの世の春」タイプの人のほうが多いと思う。

子供のころからずっともててたタイプの人は、経験的に、女の子の怖さも知ってるから、
あまり度が過ぎた行動には出ない気がする。
長い目で見て、必ずしもそれが自分の得にならないことを知っているからだ。

実際、その彼は全然女の子に媚びないタイプの人で、
大げさに笑ったりすることもなければ、女の子に対して、露骨に軽蔑の眼差しを向ける人でもなかった。
その中途半端で当たらず触らずな位置取りたるや、
私だったら、途中でめんどくさくなって、わー!!っと全部投げ出してしまいたくなるような、
非常に忍耐力の要る位置取りだったと思う。


578 :名前はいらない:2007/01/04(木) 04:06:11 ID:SmksGiyT
そろそろ、なんで彼が急に吐いたのかの経緯を話さないといけないだろうけど、
つまり話は、コンパの席で、彼女がいるはずのその彼が、
普段はそんなことしないんだろうけど、他の女の子に食べさせてもらってたわけ。

っていっても、「はい先生、あーんしてw」みたいなノリで、
彼も、まぁ仕方ないか、くらいの気持ちだったんだろうけど、
今日はこの人ちょっと調子に乗ってるなぁと思った、席が隣だった私は、
その彼の耳元でこう言ったわけ。

私 「もし私が先生の彼女だったらね…」

彼 「…うん。」

私 「怒ると思う。」


その言葉を聞いたとたんに、彼は席を立ってトイレに行っちゃったの。
で、あら??と思いながら私はコンパの席にいたんだけど、
それきり、コンパが終わるまで、ずっと吐きっぱなしだったみたいで、
一向にトイレから出てこなかったうえ、コンパが終わってみんなが店を出ても、
まだ道の端のほうで吐いてた。

それまでの彼の行動(1年半くらい)と、その反応を見て、
あーこの人本当に浮気してないわ、と直感的に思ったわけ。
で、あぁちょっとお灸がキツすぎたなと、私も反省したわけだけどね。


579 :名前はいらない:2007/01/05(金) 00:08:20 ID:1ElTtaQ2
今日は頭痛がするので早めに寝ます。おやすみ。

580 :名前はいらない:2007/01/05(金) 22:27:56 ID:6hL4TaIj
かてきょの生徒に地元の有名なお寺の合格祈願のお守りをあげた

効いてくれますように。
切実に。

581 :名前はいらない:2007/01/05(金) 22:33:26 ID:6hL4TaIj
でもまさに今中学生!って子の生の声を聞けるのはおもしろい
少年犯罪についてどう思うかとか聞けるし

ま、もちろん「少年犯罪についてどう思う?」って聞くわけじゃないけどね

582 :名前はいらない:2007/01/05(金) 23:53:58 ID:1ElTtaQ2
さっき帰り道に気が付いた。
今日教えた数学の問題、一問間違えた・・・

家庭教師の権威失墜・・・
代○木のテキストに負けるとは
あぁあぁあああ・・・

583 :名前はいらない:2007/01/06(土) 22:32:29 ID:KrLgA/s7
多分私今過去に例をみないほど、右脳と左脳とあらゆる脳使いまくってる

584 :名前はいらない:2007/01/07(日) 02:11:34 ID:x32btAHN
どんなにくつろいでるときも
どんなに楽しいときも
君のことが頭をよぎる

どんなに
どんなに


知ってる?
私の好きな歌
美しすぎて届かない人を思って
主人公は身を投げるの

生きていれば
いつか君に会えるの?

585 :名前はいらない:2007/01/07(日) 02:14:05 ID:x32btAHN
不思議ね

同じ場面を見て
あの頃と同じように涙が出る

悲しい記憶はみんな
薬が流し去ってくれたはずなのにね

586 :名前はいらない:2007/01/07(日) 02:15:13 ID:x32btAHN
愛は死に等しい

ただそれだけのことなのに

587 :名前はいらない:2007/01/07(日) 03:06:18 ID:x32btAHN
死ぬ前に、一度だけでいいから
君の隣で眠りたい

十分贅沢な望みだろうけど

588 :名前はいらない:2007/01/07(日) 03:12:22 ID:x32btAHN
You're beautiful

589 :名前はいらない:2007/01/08(月) 07:04:40 ID:d30Oa1fk
自分の死は他人の死からの類推でしかない
誰も自分の死を経験することはできないから

それは時に絶望のどん底であり
時にこの上なく甘い夢だ

すべてから解き放たれる夢
それは甘い現実逃避

だけどそこでしか夢を見られないこともある
死ぬことが唯一の希望であることもある

590 :名前はいらない:2007/01/08(月) 07:18:48 ID:d30Oa1fk
私は妄想の中で何度か死んでいる
肉としての私の体は生きていても
心は何度か死んでいる

崖から飛び降りるシーンが何ヶ月も頭を離れなかった
出国する前のことだ

そして私の心はついに決意して
その崖から身を投げた

あのPVのように海に身を投げたんじゃない
妄想の中で私が見た崖の底は
とてつもなく深く
底も何も見えない奈落だった

私はあの時
その崖から飛び降りたんだ
ただ独りで

591 :名前はいらない:2007/01/08(月) 07:22:20 ID:d30Oa1fk
死は時に
甘くはかない夢だ

592 :名前はいらない:2007/01/08(月) 07:25:27 ID:d30Oa1fk
私さえ泣いていないのに
君が泣くことはない

593 :名前はいらない:2007/01/08(月) 07:40:07 ID:d30Oa1fk
私は存在してはいけない存在だった
人形でなければならなかった

誰一人に声をかけられることもない
存在することの許されない存在
誰の目にもうつってはいけない存在
否定され続ける存在
誰一人、ありがとうともがんばれとも
言ってくれなかった

まるでそれが当たり前のことのように
捨てられるどころか
初めから存在すらしなかった人形

594 :名前はいらない:2007/01/08(月) 12:53:03 ID:d30Oa1fk
私は“生きて”いてはいけなかったんだよ
息をしない人間でなければいけなかった

595 :名前はいらない:2007/01/09(火) 19:23:48 ID:8tXElIZa
あのファー付きピアスがなぜ売れないのか本気でわからん

それどころか一月に入って
店でもファー付きピアスをみかけるようになった

さては私のマネしたな〜!
…ってか、売れようよ。

596 :名前はいらない:2007/01/09(火) 19:42:08 ID:8tXElIZa
ちょっと思い切ったデザインだからかなぁ?

私の保証つきなのに…

597 :A道化 ◆lXZBPVO3GQ :2007/01/09(火) 22:58:41 ID:ELT+Lsvg
寂しい?

598 :名前はいらない:2007/01/10(水) 04:01:42 ID:xaomTEPl
寂しいかって、寂しくなきゃこんなとこで一人で、
意味不明な書き込みしないさ

貴方がいつもコテハンで書き込んでくることに免じて答えてみた

599 :名前はいらない:2007/01/10(水) 04:05:17 ID:xaomTEPl
まぁこれだけは言えるかな
寂しい人間は寂しい人間を探し出すのがうまい

A道化さんとこのスレ、最近全然書き込みなかったね
生きていたようで何より

600 :名前はいらない:2007/01/10(水) 07:45:54 ID:xaomTEPl
両親とも教師とか両親とも医者とか
子供にとっては悲劇だよね

601 :名前はいらない:2007/01/10(水) 21:46:54 ID:xaomTEPl
うったえてやる!!ヽ(`д´)ノ
この大事な時期によけいなことしやがって!!
本人に代わって私が言う!

担任、マジ死んでくれ!!!

602 :名前はいらない:2007/01/10(水) 21:51:24 ID:xaomTEPl
教師以前に人間としてあんたのしたことは最低だ!!

受験が終わったらあの子と一緒に校長室に乗り込んでやるから覚えとけ!!

603 :名前はいらない:2007/01/10(水) 22:09:34 ID:xaomTEPl
泣いてなかったけど
夜一人で泣いてそうで心配

604 :名前はいらない:2007/01/12(金) 21:20:43 ID:L9SUr+rQ
今日行ったら泣いてるどころかピンピンしてた
根っから楽観主義らしい…

むしろ親がストレスで顔色悪かった

605 :名前はいらない:2007/01/12(金) 21:22:45 ID:L9SUr+rQ
ところでひろゆき今回はマジでやばそうなんだけど?
いよいよこのスレともさよならかぁ

606 :名前はいらない:2007/01/13(土) 07:32:49 ID:jSKE3DK1
結局どうなるのか不明だけど
このスレがなくなることに対しては、うれしいようなかなしいようなってとこだな…

まあ私がどうできることでもないから
様子をみるしかないけど

607 :名前はいらない:2007/01/13(土) 17:31:50 ID:jSKE3DK1
私、本業よりジュエリストになったほうがいいかも。

いや、ほんとにほんとに。

608 :名前はいらない:2007/01/14(日) 15:01:25 ID:zNZSNphm
こういう形で終わるなら誰にも何も言われないしね

609 :名前はいらない:2007/01/14(日) 15:03:38 ID:zNZSNphm
今のうちに残したいログは保存しとくかな

610 :名前はいらない:2007/01/14(日) 23:32:19 ID:zNZSNphm
アクセス数 175!
入札数 15!!
開始価格の4倍!!!

ちょっと!作った私が言うのも何だけどそんな大したもんじゃないスから!!

ひぇぇぇどうしよ〜!!ヽ(。д゜)ノ
ついに火噴いちゃったよ!!

611 :名前はいらない:2007/01/15(月) 09:17:40 ID:VmqvRmbk
今日の午後2時で終了か…

ひろゆきの身も案じられるけどいざなくなるとなると寂しいな…

612 :名前はいらない:2007/01/15(月) 09:19:52 ID:VmqvRmbk
そんな私は午前中は家庭教師

613 :名前はいらない:2007/01/15(月) 09:37:28 ID:VmqvRmbk
今までありがとうひろゆき

いやマジで。

614 :名前はいらない:2007/01/15(月) 09:48:45 ID:VmqvRmbk
ひろゆき自身には分からないだろうが、彼と私にこういう場を提供した

その功績は非常に大きい

615 :名前はいらない:2007/01/15(月) 09:51:39 ID:VmqvRmbk
ある意味、電車男以上だ


だから本当にありがとう
感謝してる

裁判できるだけ有利に決着つくといいね

616 :名前はいらない:2007/01/15(月) 12:26:42 ID:VmqvRmbk

なんかもう心の準備整っちゃったからさ
たとえ閉鎖がなくとも自己閉鎖してこのまま消えちゃうかも

そしたらごめんねひろゆき…

なんて知り合いでもないのに言ってみるw


今からでもいいから、閉鎖はないと断言してくれ!
騒動に関しては、許すから!

617 :名前はいらない:2007/01/15(月) 20:59:52 ID:Frv6D3wM
いかないで!

618 :名前はいらない:2007/01/16(火) 03:01:02 ID:60kHMVYo
君もすぐ気づいたんでしょ

あれができるのは私だけで
でも今までああいうマネはしなかった

過剰な情報漏洩だし
吉とでるか凶とでるか私にも分からない


ただ、2chは問題山積みにしても
私はひろゆきに対しては、個人的には恨みより感謝の気持ちが大きい

ひろゆきが管理人の2chというのは
おそらく遅かれ早かれなくなるのだろう
その前に
警察沙汰以外ではIP非公開を守って、この掲示板のメリットを保ち続けてくれた
ひろゆきに感謝したいんだ

そういう思いもあってああいうことをした
ひろゆきを信用して

619 :名前はいらない:2007/01/17(水) 21:31:23 ID:1IIzQ8dE
早く帰らなきゃ

620 :名前はいらない:2007/01/17(水) 21:43:27 ID:1IIzQ8dE
中学校で、明日一人いくらいくら持ってきて下さいって
募金集めるのって
違法行為…だよね?

621 :名前はいらない:2007/01/17(水) 21:52:04 ID:1IIzQ8dE
自由意志なら合法だけど持ってくるよう生徒に強制して
だしたかどうか名簿にチェックするのは
違法行為だと思うんだが

それも丁寧に文書に残すなんて…

どんだけアフォな学校なんだ

622 :名前はいらない:2007/01/17(水) 23:34:49 ID:1IIzQ8dE
思ったより良かった

623 :名前はいらない:2007/01/18(木) 04:05:12 ID:GZ5FzUSs
なるほど。強制募金を取り締まる法律というのは存在しないのか。

でも集める相手が
・中学生(義務教育の終了していない未就労者)
・学校単位で全校生徒から徴収
・目的金額は書かれているが、生徒数×一人当たりの募金金額を単純計算すると、目的金額の1.5倍になる
・心臓移植希望者についての情報はいっさい書かれていない
・どこの団体が募金運動の母体なのか不明
・余剰が出た場合、そのお金をどうするのか不明
・全校生徒に配られた紙に唯一書かれていたのは「生徒総会より」


は?ナメとんのかおまえ?

と、私が親なら思う
だって結局、徴収元は生徒の親でしょ?
それが強制って、そんなもん誰が払うか!

624 :名前はいらない:2007/01/18(木) 04:15:06 ID:GZ5FzUSs
まあね、私も、中学生の言うことを100%信用はしてないよ。
今までその子から聞いた話も、まぁ2割増くらいで話してるかなと思って全部本気にはしてなかった。
でも、今日そのプリントを見て、あー、この学校は、担任はおろか校長もイタいわ…と確信した。

625 :名前はいらない:2007/01/18(木) 04:39:48 ID:GZ5FzUSs
で、結局私、「こんなん払わなくて良いよ」
「後でこの紙、親にも見せな」
とその子に言ってしまった

で、さっきネットでちらっと調べたら、
なんというか…とある巨大掲示板の過去ログ倉庫に行き着いた

そして私、仕方なくモリタポを使う
で、まぁ、この募金運動の母体と移植希望者が、どこの誰なのかは一応分かった
少なくとも、ある程度知名度のある募金活動だということは分かった

だけど、○○○ちゃんのときと同じ、いやそれ以上の著しい説明不足
集まった金額と余剰金については事後報告します、という言葉すらない

それとも私立っていうのは、こういうのが罷り通るもんなの?
親は子供の内申書のことを考えて、
ハイハイ分かりましたって素直に払うの?
それとも全先生と校長がマジでイカレポンチなの?
もう本当わからん

626 :名前はいらない:2007/01/18(木) 05:00:50 ID:GZ5FzUSs
ところでひろゆき、例のスレの480は事実?
事実じゃないとしても、
明日もあの流れでいったら足下掬われかねないよ
私の杞憂かな

627 :名前はいらない:2007/01/18(木) 05:20:14 ID:GZ5FzUSs
はあ!?エラいもん見つけてしまった

募金目標金額達成の御礼(2006年12月28日

ソース:公式HP(先にそっち見ろ私;)

これは…学校ぐるみの募金詐欺??

628 :名前はいらない:2007/01/18(木) 05:24:55 ID:GZ5FzUSs
じゃ、何のための強制募金なわけ?
そんなにうちの学校は良い学校ですって宣伝したいの?

だめだ…イカレポンチ確定。

629 :名前はいらない:2007/01/18(木) 05:37:55 ID:GZ5FzUSs
あれもこれもいろいろあって、気になって気になって、
結果こんな時間まで寝れない私はどうすれば?

どうしよ…とりあえず明日、というかあと数時間したら
もうその募金は目標金額達してるって
あの子の親にメールするか…

630 :A道化 ◆lXZBPVO3GQ :2007/01/18(木) 19:57:50 ID:e4DuOjgq
醜い

631 :名前はいらない:2007/01/19(金) 01:26:20 ID:U1zdn1yy
君には解らないだろうね
君にさえ解らない
いや
私の周りにいる人たちの中で
君が一番解らないんじゃないかと思う

今晩はもう一錠必要だ

632 :名前はいらない:2007/01/19(金) 01:31:40 ID:U1zdn1yy
詩を書くことがたやすいわけではない

だけど
相手に分かるように書くということは
世の中で一番見たくないもの
つまり自分自身と
真摯に向き合い
そして対象物を鋭利に切り裂くことだ

少なくとも私にとって
書くということは

633 :名前はいらない:2007/01/19(金) 01:34:55 ID:U1zdn1yy
誰も君を救えない

でも同じように
君が私を私自身から救えることはない

私は私だけのもので
切り裂くのも抱きしめるのも
私自身にしかできないから

634 :名前はいらない:2007/01/19(金) 01:36:59 ID:U1zdn1yy
せめて
好きな香りのアロマオイルでも焚くかな

635 :名前はいらない:2007/01/19(金) 03:55:45 ID:U1zdn1yy
分かるでしょ?まだ山場が二つあるんだ

636 :名前はいらない:2007/01/19(金) 10:45:20 ID:U1zdn1yy
ゆっくり寝たかったのに

親から電話で起こされた
聞けば特に緊急でもない話を小一時間…

家族内で睡眠障害があるのは私だけで
寝れないというのがどういうことか理解できないらしく
寝たのが遅かったとかなかなか寝付けなかったとか
寝ても数時間で目が覚めることがあると言っても
なまけているとしか受け取ってもらえず
さっさと起きなさいとばかりに長話…

今日はぐっすり寝たかった

637 :名前はいらない:2007/01/19(金) 11:05:23 ID:U1zdn1yy
私、寝ないと胃にくるんだよね

まあ寝れない理由と胃痛の理由が無関係じゃなさそうってのもあるけど
食欲不振も同時にくるから
必然、体へのダメージが大きい

せめて食べられたらな…と思うんだけどね

638 :名前はいらない:2007/01/19(金) 16:11:12 ID:U1zdn1yy
結局二度寝した
夕方になっちゃった

こまった

639 :名前はいらない:2007/01/19(金) 16:52:19 ID:U1zdn1yy
そういうわけで寝てました

お疲れ

640 :名前はいらない:2007/01/19(金) 17:11:53 ID:U1zdn1yy
お願いだ、2ちゃん閉鎖しないでくれ

私がこんな匿名無秩序な場所で彼を見つけられるようになったのは
ひとえに私の動物的勘と
長年の努力によるものなんです

ここがなくなったらもうこんなふうにはいかない
どうかお願いします

641 :名前はいらない:2007/01/19(金) 21:48:11 ID:U1zdn1yy
Z会とはいえ、中3の数学の問題が解けなかった








onz

642 :名前はいらない:2007/01/19(金) 21:59:47 ID:U1zdn1yy
高校のときのZ会の最高偏差値は72だった
全国で14番だったかな

しかしそれはあくまで「小論」の話で…(大して重要な科目ではない)

英語のほうは全然難しいと思わなかったけど
しかしそれは私の本職上当然そうあるべきことであって…


…数学が…




(・∀・)もうダメぽ

643 :名前はいらない:2007/01/19(金) 22:02:54 ID:U1zdn1yy
「〜ぽ」ってもう死語?

うんいいの今は使わせてonz

644 :名前はいらない:2007/01/19(金) 22:10:56 ID:U1zdn1yy
結局募金は払わなかったと言ってた
まあ受験前に学校のゴタゴタに関わるのはよくないって思ってたし
それで良かったと思う

645 :A道化 ◆lXZBPVO3GQ :2007/01/20(土) 00:35:35 ID:C9Tsn+G4
死になよ

646 :名前はいらない:2007/01/20(土) 01:40:10 ID:U2EMbhKX
どっちもまだだけど
やることやった後の楽しみにしとくね

647 :名前はいらない:2007/01/20(土) 01:42:54 ID:U2EMbhKX
ごめん偏差値76だった
たしか79までしかないんだよね?w

648 :名前はいらない:2007/01/20(土) 19:23:31 ID:U2EMbhKX
過去は過去
私は男より男らしいたちでね

今晩で決着をつける

649 :名前はいらない:2007/01/20(土) 19:28:47 ID:U2EMbhKX
君が不快に思っている可能性はもちろん考えたよ

人間っていうのはいつでも
自分に都合のよいことは理解されたがり
都合の悪いことは知らないままでいて欲しい
そういう矛盾を持っているものだ

本当に何もかも理解して欲しいなんて人
どこにもいないんだよ

違う?

650 :名前はいらない:2007/01/21(日) 05:19:11 ID:yPdqMySa
◆lXZBPVO3GQさん
君のコテ名はいろいろあって全部思い出せないからこう呼ぶよ。
恋愛相手なら、ネット上じゃなくリアルの世界で見つけな。
「死になよ」と言われるほど、君に好かれた覚えは無い。

651 :名前はいらない:2007/01/21(日) 05:25:12 ID:yPdqMySa
もうあれ以上やるつもりはない。
心配しなくていいよ。
自分でやると決めたことは必ずやるけど
面倒くさいorできそうにないことは初めから引き受けない性質なんで。

652 :A道化 ◆lXZBPVO3GQ :2007/01/21(日) 07:26:42 ID:mZPD1jDR
確かに死になよなんていう必要はなかったね。
だってお前はもう死んでるんだから。

死んだ脳みそで色々考えな。
そこに花が咲くまで。

653 :名前はいらない:2007/01/21(日) 13:08:04 ID:yPdqMySa
君と喧嘩するつもりはなかったんだけどね。
ただ、何を目的に。1年半もこのスレに居ついてるんだろうってね。
読むのは別に構わないけど、
このスレを読んでても君に何ら得はないよ。
君は赤の他人。

それと、私はブログもMixiもHPも持ってない。
ここが唯一の居場所だし、ここに来る前は普通に自分のノートにこういうことを書いてた。
もしここがなくなったら、これを機会にその状態に戻ろうと思ってる。
実際、手書きで書くほうが、内容のあることを書けるもんでね。

654 :名前はいらない:2007/01/21(日) 13:22:50 ID:yPdqMySa
ノートに書いた日記の中で、私は一人で将棋をするんだよ。
自分の中に、「もう一人の自分」を何人も作って、数人を相手に考え話し合う。
5人が限度なんだけどね、私の場合。

この場所では常にギャラリーを想定しなくてはいけない。
時に私にとってそれは邪魔だった。
いろんなことを主張してきたけど、このスレに書き込むことで成長した割合はごく僅かだ。
ほとんどの内容は、もう何年も前に自分のノートの中で終わった話題だ。
私は彼のためだけにこのスレを存続させてる。

655 :A道化 ◆lXZBPVO3GQ :2007/01/22(月) 08:58:08 ID:Wq6xX/nC
ところでふと思ったんだが君に俺は理解できるのか?

656 :名前はいらない:2007/01/22(月) 12:14:59 ID:TQ1Lv0ie
誰にも理解されない人間なんていないだろう
その代わり、完全に理解される人間もいないんだよ

私の周りには変な人が多かったからね、子供のころから
だから確かに君のことは多少は理解できる
経験的にね
でも全部ではない

657 :A道化 ◆lXZBPVO3GQ :2007/01/22(月) 13:15:00 ID:Wq6xX/nC
世界は対になるべきだった
俺には反対側の存在が居らず
生命の無いグレーな世界にしか留まれなかった

658 :名前はいらない:2007/01/22(月) 15:57:26 ID:TQ1Lv0ie
今まで何度も言われてきたでしょ?
君と話すのは疲れるって

なぜそう言われるのか分かる?

君は自分でも無意識のうちに
会話のルールを崩すからだ
それも君のタイミング、君の気分で崩す

最初は面白い人だと思われても
だんだん疲れる人だと思われてしまうのは
暗黙の了解というものを察知するアンテナが
遠くまで張られていないから

君のタイミングは君にしか予測不可だ
解ろうという誠意のある人ほど、君と話すことに疲れを感じる

659 :A道化 ◆lXZBPVO3GQ :2007/01/22(月) 20:12:03 ID:Wq6xX/nC
他人なんてどうでもいいんだ 俺にとっては

660 :名前はいらない:2007/01/22(月) 20:27:05 ID:TQ1Lv0ie
他人なんてどうでもいい人がなんでここにいる?

今まで君から離れていった人を責めちゃいけない
彼らが悪いわけじやない
君とは相性がよくなかった、それだけのことなんだから

661 :A道化 ◆lXZBPVO3GQ :2007/01/22(月) 20:56:27 ID:Wq6xX/nC
俺は俺のために感情を製造する
他人は俺が幻を見るための道具だ

662 :名前はいらない:2007/01/22(月) 21:15:59 ID:TQ1Lv0ie
私という他人は、君にどんな幻を見せた?

人は自分の利益を第一に考えて行動するものだよ
君が君のために感情を製造する、それはごく普通のことだ

それで君が私の中に見た幻は
一時的にでも君の役に立ったのか?

663 :A道化 ◆lXZBPVO3GQ :2007/01/22(月) 21:50:50 ID:Wq6xX/nC
俺が 俺に 見せた幻は全て 俺の 中にあるものだ 

664 :名前はいらない:2007/01/22(月) 21:58:51 ID:TQ1Lv0ie
それは解ってる

君は君自身を見るために他人を見ている
それが幻だろうとね

君は君自身を創り出すためにそれらの幻が必要なんだ
たとえそれらが醜悪だろうとね

665 :名前はいらない:2007/01/22(月) 23:31:09 ID:TQ1Lv0ie
お風呂入ってご飯食べてたから
待たせたかなと思ってきてみたらレスなしか

まだ話には続きがあるんだけど
じゃあまたそのうち


一つ言っておくけど
私は君を打ちのめすためにレスしたんじゃない

666 :A道化 ◆lXZBPVO3GQ :2007/01/23(火) 00:52:52 ID:a4x/QoKD
そんなに連続で返事を頂けると思っていなかったんでね。

話は少しだけ戻るけど、貴方の幻は役に立っているよ。
俺と会話の成立する人間はもうほとんど居なくなったから。

話の続きとやらをよろしく。
まめに覗きに来るとしよう。

667 :名前はいらない:2007/01/23(火) 05:34:10 ID:WML8iNmC
じゃ、話の続きを。

人の五感の中で一番重要なのは、視覚だ。
視覚によって得られる情報量は、五感全体の6割から8割を占めるといわれる。
視覚の次に重要なのは、聴覚だが、
目が見えない人の聴覚が異常に鋭いのも、
最重要の視覚が奪われたことによる損失をできるだけ埋めようと、
脳が自動的に切替を行うからだ。

ただ、この視覚は厄介な面を持っている。
認識方法が、三次元だということだ。
人間の思考というものが、二次元でしかないにも関わらず。

…何の話が始まったんだ?と思うだろうが続きを読んでくれ。

善と悪、陰と陽、美と醜、右と左、表と裏、女と男、白と黒、
基本的に人間の思考は、極端な二点を両端とする、
一つの直線上、または、多少複雑化した場合でも平面上にある。つまり二次元だ。
空間を把握するときのように、三次元でものを捉えることはできない。

668 :名前はいらない:2007/01/23(火) 05:35:37 ID:WML8iNmC
視覚は三次元でものを捉えても、
その情報が一度脳を通過して思考や記憶になる際、必ず二次元に置き換えられてしまう。
二次元に変換したとき、初めて人の脳は、その物事について価値判断を加えることができる。
あくまでも、二次元、つまり二元論的な考え方にのっとってね。

問題は、その「変換」は、言葉を変えれば「歪み」「歪曲」だということだ。

人間の中にも例外はある。サヴァンだ。
彼らの中には、三次元でとらえたものを三次元のまま記憶することができる人がいる。
ただし、彼らはその記憶に対して、価値判断、思考力を持たない。
つまり彼らは、写真のように正確に景色を記憶できるだけであって、
言語に置き換えて記憶していないため、それらが何なのか、どういうものかについて、
判断し言語で説明することができない。思考や感情を伴わない単純な記憶だからだ。
そして彼らの脳は、一部分が異常に発達している反面、ほかの部分に支障がある。

さっきも言ったが、人の脳は、見たものを歪めることでしか、
対象を把握することも、記憶することもできない。
ここで問題になるのが、「どう歪めるか」だ。

669 :名前はいらない:2007/01/23(火) 10:25:24 ID:lnMk7iE/
女は賢いと嫌われる
女はかわいいと嫌われる
賢くてかわいいと敬遠されて嫌われる

だが頭が悪くて不細工だと
人間扱いされない

670 :名前はいらない:2007/01/23(火) 10:28:56 ID:lnMk7iE/
もういいよ

バカなフリして黙って何も言わず自分を抑えて生きる以外
私がこの世界で生き延びる方法はないんでしょ
もう嫌ってほど分かった

671 :名前はいらない:2007/01/23(火) 10:41:27 ID:lnMk7iE/
事実君もだよね
君は賢い女が嫌いだ
できれば私にはバカな娼婦であって欲しい
そうであれば良心の呵責に苛まれることなく
好きなだけ私を人形扱いできる

すべて君の都合だ

672 :A道化 ◆lXZBPVO3GQ :2007/01/23(火) 11:51:14 ID:apXRIfXT
どうした?

ちなみにあんまりあの人の言葉は使わないでほしい。
気分良く無いな。

俺は尊敬できる人が好きだよ。頭の良し悪しじゃなく生きていく上での
感性が鋭い人は尊敬できる。頭の悪い人間は
好きになるのが簡単な部分はあるけどね。自分の価値を見出しやすいから。
でもそれはつまらないな。

673 :名前はいらない:2007/01/23(火) 17:43:45 ID:WML8iNmC
ちょっと嫌なことがあって、
過去のことを思い出したんだ。ごめん。

うちの親がさ、父親のほうなんだけど、
母親と結婚する前、水商売の女の人と何年か付き合ってたんだ。
それも堂々と。周囲じゃ噂になってたらしい。
でも父親は彼女を捨てて、突然母親と結婚した。

父親にとって、人間は二種類しかいない。
利用価値のある人間と、利用価値のない人間だ。
おそらく、水商売の女の人は父親に貢いでいたんだと思う。
だけど、いざ結婚というときになって、
結婚相手が「水商売」じゃ、自分のキャリアが汚れると思ったんだろう。
それで、お嬢さん育ちの母親と結婚した。
そう誰かに聞いたわけじゃないけど、父親の性格から察するに、そうだと思う。

でも父親は結婚してからも、数限りなく浮気をした。
初めから、水商売タイプの女性が好きな人間だ。浮気しないわけがない。
私が子供の頃、家には脅迫電話が何回もかかってきてた。
父親は毎晩暴力をふるい、母親はノイローゼ状態だった。

674 :名前はいらない:2007/01/23(火) 17:53:09 ID:WML8iNmC
父親の好きな女性像というのはね、
バカで、何でも言うことを聞いて、自分にとって性の対象であること。

私はそれとは程遠かった。
父親は、成績が良く反抗的な私を嫌った。
私が成長すればするほど、私に対する父親の嫌悪感は明白になった。
「お前になんて生きる価値がない」、くらいのことを何度も言われたのは、
私が父親にとって、利用価値のない人間だったからだ。

私がここで時々「君」と呼んでいる彼、
彼は私をなんとか娼婦扱いしようとしてくる。
私はそれが嫌で仕方ないのに、
私の気持ちを何も考えず、何度も何度も繰り返す。
671は、その彼に対する言葉だよ。

675 :名前はいらない:2007/01/23(火) 18:27:16 ID:WML8iNmC
そんなんで「愛してる」って言われて、嬉しいと思う?

彼が好きなのは、明らかに私じゃない。
自分の都合で勝手に像を作られて押し付けられるのは、もう沢山なんだ。
しょこたんでも何でも、顔が良ければいいんだったら、
もうさっさと他の女の子のところへ行って欲しいと思うくらい。
彼は現実に絶望していたけれど、私はもっと深く絶望してた。

676 :A道化 ◆lXZBPVO3GQ :2007/01/23(火) 19:55:59 ID:apXRIfXT
望みがあるから一緒にいるのでは?

677 :名前はいらない:2007/01/23(火) 20:42:48 ID:WML8iNmC
望みか…望みがあると思えていた頃もあったんだけどね。

彼と結婚したいなんて言ったら、私は間違いなく家族を「首」にされていた。
つまり、親に勘当されていたと思う。
家族の名誉を守る、そこについてだけは、うちの両親は意見が一致するんでね。

私はそれに逆らってでも、なんとか道を見つけようとしてた。
そして、何度も彼に呼びかけた。何年にも渡って。
でも彼はそれを全て無視した。

やがて私にもどうにもならないところまで時間が経ってしまい、
今じゃ、望みとか希望とか、過去の良い思い出に思える。

私は今年結婚する。
それで全て終わるよ。

678 :名前はいらない:2007/01/23(火) 21:09:29 ID:WML8iNmC
話変わるけど、
「華麗にスルー」ってw

この記事書いた人も2ちゃん使ってそう。


湿っぽい話をして悪かったね。
気にしないでくれていい。
君は君にとって良い人を見つけなね。

679 :19 ◆gwnULb/9mw :2007/01/23(火) 22:09:12 ID:IRDFDvje
幸せになってくださいよ

680 :A道化 ◆lXZBPVO3GQ :2007/01/23(火) 22:58:12 ID:apXRIfXT
これから結婚しようという人が何故まだその彼とやらの話を?

681 :名前はいらない:2007/01/23(火) 23:24:49 ID:WML8iNmC
それはいい質問だね

そりゃ、まだ未練があるからでしょうねぇ
病気になったくらいだから


だけど女ってものはいずれ、心を決めないといけない時が来るんだと思う
過去を全部切り捨てて死ぬつもりの覚悟というか

というか、本当は男もそれくらいの覚悟がないなら結婚なんて望むべきじゃないんだと思うけど
男は、結婚するにも子供を作るにも、大した覚悟で臨まないでしょ
困ったら浮気すればいい、ソープ行けばいい、妻も子供も捨てればいい
自分にとって、物凄いマイナスを、これから死ぬまで一生背負い続けることになる
なんて思ってたら、
あんなに簡単にプロポーズしてこれないよね

682 :名前はいらない:2007/01/23(火) 23:32:17 ID:WML8iNmC
>>681みたいなことを書くと、また心配されかねないから前もって書くけど、
何ていうか、仕方ないんだよ、私の場合
そもそも結婚に対して、ドが100個つきそうなくらいのマイナスイメージしか持ってないんだから

結婚する=自殺する

私の頭の中ではこうなってる

683 :名前はいらない:2007/01/23(火) 23:39:20 ID:WML8iNmC
多分、問題は誰と結婚するかじゃないんだよ、私にとって
誰と結婚しようが幸せになれそうな気なんてしない

だけど、だからといって一生独り身でいられるかっていうと
正直そこまでの覚悟もない
そうなると、だいたいのところで見切りをつけて
精神的自殺をするというか、「諦める」しかないんだよ

684 :名前はいらない:2007/01/23(火) 23:43:54 ID:WML8iNmC
訂正
誰と結婚しようが幸せになれそうな気なんてしない
>今はもう、誰と結婚しようが幸せになれそうな気なんてしない

685 :名前はいらない:2007/01/23(火) 23:57:58 ID:WML8iNmC
ああでも自殺とはやっぱり違うかな

自殺は、死ねば今よりはましな状況になると思うからするんだよね
つまり死ねば楽になると
でも結婚は、すれば必ず今より悪くなるからな
自殺とは覚悟の仕方が根本的に違うか

686 :A道化 ◆lXZBPVO3GQ :2007/01/24(水) 01:11:58 ID:O9HMMDoG
俺と貴方の何が似ているか解ったよ。
夢を見ることが出来ても、それを信じきれないところだ。

現実的過ぎるんだ。先が見えすぎていて、危ない綱を渡る勇気が無い。

眠りにつくとき、もう二度と目を覚まさなければ良いのにと思うことはないか?
俺は今年こそ、死にたいと思っている。それなのに俺が気にしているのは、
断りも無く居なくなったら会社の人間が困るんじゃないかということだ。
俺は全部忘れたい。この肉を、不安定な怒りや喜びの感情を捨てて、
もっと大きな入れ物の中に帰属したいんだ。

687 :名前はいらない:2007/01/24(水) 01:50:03 ID:lLhqNXQC
君には多分、子宮の中に居た頃の記憶がうっすらとあるんだよ。
もっと大きな入れ物っていうのは、きっとそこからくるイメージなんだと思うよ。

君の過去に何があったのか知らない。
私はここで自由に喋り捲っているけれど、
君が私のことを知ったからといって、
君が同じように、話したくないような自分の個人的なことまで話す必要はない。
人はいろいろなんだから。

残念だけど、私も君も、そうそう死ねるタイプじゃないよ。
周囲の状況を全部無視できる人でなければ、
または、初めから周囲の状況が見えていない人でなければ、
死にたいといくら思っても、本当に死ぬことはできない。
君も私も、そのどちらにも当てはまらない。

今の私は、薬のおかげで安定してる。
普通に喋っていられるのは、きちんと薬を飲んでいるからで、
一回でも飲み忘れたら、私は次の日、立ってまっすぐ歩くこともできない。
実際、一度だけ忘れたことがあって、その一度で十分懲りた。

私が予期せぬ大地震に対して現実的に心配しているのは、
たとえ、瓦礫の下で生きながらえたとしても、
発見されるまで何日も薬を飲めない状態が続いたら、
おそらく、考えられないほど苦しんで死ぬだろう、ということだ。

688 :名前はいらない:2007/01/24(水) 02:11:43 ID:lLhqNXQC
信じることは難しいよ。
信じたいという意志が信じさせるだけだよ。
先のことは誰にも分からない。それが唯一の答だ。

ただ盲目的に信じることなんて、できはしない。
頭の良い人間ほど、実は臆病なものだ。
でもそういう恐怖心は、自分の身を守るための本能であって、
勇気があれば、信じることが出来れば良いわけじゃない。

君もそう分かってるんだろう?

689 :A道化 ◆lXZBPVO3GQ :2007/01/24(水) 02:37:33 ID:O9HMMDoG
それは違う。俺は死ねるよ。事実もうほとんど生きていない。
ここには形が残っただけなんだ。

大きな入れ物の話は、個の認識に関わることで長くなりそうだから
割愛するけど、俺は死が消滅だとは考えていない。
解放され元どおりになることだと考えているよ。
物の中に入ることじゃなくて、物の枠から離れ、希薄で大きい存在に変わることが
俺の望みなんだ。

色々気を使ってくれているみたいだね。
ありがとう。

690 :名前はいらない:2007/01/24(水) 04:09:14 ID:lLhqNXQC
分かったよ。君の考える死というのは、私のと少し違うみたいだ。
また時間があるときに話そう。

691 :名前はいらない:2007/01/24(水) 18:32:24 ID:I6cla6FP
今日は昼間は頭痛がひどかったので
今日レスできるのは家庭教師が終わってから、10時以降になる
念のため

692 :A道化 ◆lXZBPVO3GQ :2007/01/24(水) 23:13:58 ID:DmOQkdaG
旦那になる人は良い人?

693 :名前はいらない:2007/01/25(木) 00:03:59 ID:lLhqNXQC
良い人っていうか、なんともいえないけど
まぁ欠点も多いけど、少なくてもうちの父親とはだいぶ違うタイプの人かな。
少なくても暴力は振るわない

694 :名前はいらない:2007/01/25(木) 00:11:51 ID:sba1mELk
私のこと理解してるかっていうと、
まあ他の人よりは分かってるような気がしないでもないが

でも、「○○の言うこと全部理解できる人なんて、この世にいないでしょ?」って
開き直っちゃってて、理解できなくても全然気にしてないみたいだ
「鬱病」とは程遠い人だね
自分に対する(根拠のない)評価の高さといったら
それはもう、よくこんなにも違う人間が同じ地上にいたなと思うほど

なんか人生楽そうで羨ましいよ

695 :名前はいらない:2007/01/25(木) 01:02:50 ID:sba1mELk
>>672で君が、「〜でもそれはつまらないな。」って書いてたけど、
まぁ正直、あんまり頭良い人ではないように思う。
殺人事件が起きたっていうニュースを一緒にTVで観ていたとしても、
私が見ながら、事件の背景とか動機とかいろんなことに考えを巡らせてる間、
彼が喋ってるのは、レポーターが今噛んだとか、アナウンサーの服がダサいとか、
そういう話ばかりで、私が真面目に話し始めたりすると、
「きた!ディテクティブ○○!!」とか、ちゃかされて終わってしまう。

なんかいっつも同じような地平に話が持っていかれてしまって、
物足りなさは感じるけど、
何が何なのか分からないけど、とにかく彼自身はすごく幸せそうだ。

696 :名前はいらない:2007/01/25(木) 01:10:00 ID:sba1mELk
だいぶ前にも書いたけど、私には、愛とか幸せとか、よく分からないわけだよ。
だけど今までのこの苦しみの果てに、せめて誰か一人くらい幸せになるべきじゃないかと。
彼の顔を見ていると、まぁこの人が幸せなら、それでいいのかもな…と思う。

697 :A道化 ◆lXZBPVO3GQ :2007/01/25(木) 06:47:20 ID:jGN927Oi
ギャグとミスチルを愛する夢追い人か。正解だと思うよ。
でもきっとそいつも、暗い過去や不安を笑い飛ばして生きている。
そいつの強さを見習えば良い。

698 :名前はいらない:2007/01/25(木) 11:49:03 ID:sba1mELk
そうだね、「俺を見習えばいい」って自分で言ってるからね。
でも、暗い過去や不安を笑い飛ばして…っていうか、
自分でも本当にすぐ忘れちゃうみたいでね;
あの時大変だったでしょう?って私が言っても、
あれ?そんなことあったっけ??ああそういえば…みたいな感じで、
私のほうがよく覚えてるっていうかね…なんていうか、唖然とするんだけど。

私が自分の過去の暗い話をしても、それもすぐ忘れるらしくて、
言うたびに、「そんな話初めて聞く!」って言われて、
えーーー!…って思うことも多い。

699 :名前はいらない:2007/01/25(木) 16:40:38 ID:sba1mELk
話変わるけど、今日は一日家で商品作りだから、作りながら勝手に書くね。
今二つできたとこ。

私にとっては死は消滅。完全なる消滅。
来世とか最後の審判とか、正直言ってそういうのは、子供の頃から何も信じてない。
だから、死後の世界に何かを期待して自殺したいと思ったことはないよ。

ただ、まさに、完全にこの世から消滅したいと思うから、
自殺したいと思うんだ。

700 :名前はいらない:2007/01/25(木) 16:45:51 ID:sba1mELk
この世から消滅したいっていうか、ありとあらゆる次元から、
宇宙そのものから、自分の存在を消したい。

悟りとかそういうものは別にどうでもいい。
何が人生の答なのかとか、そういうのもどうでもいい。
周囲の人の記憶の中からも完全に消えたい。
まさに、初めからどこにも存在しなかったことにしたいんだよ。

701 :名前はいらない:2007/01/25(木) 17:01:21 ID:sba1mELk
ただ残念なことにね、鬱状態が最高潮に達したときっていうのは、
自殺するなんてことを考えられるだけの余裕も、
それを実行に移せるだけの力も残ってない。

そして、鬱から少し回復して、頭が少しでも働くようになってくると、
今度は、本当に死んだらどうなるかを考えてしまって、
結局死ねない。
私はそれの繰り返しだよ。

ここには何も書かなかったけど、留学中、私は一度本気で自殺を考えた。
ちょっと事情があってね。
で、留学中の保険の明細を見ながら、3000万か…それだけあれば、
今まで親が私にかけてきたお金の一部は返せるかなって。
どうやったら自殺に見せかけて死ねるか、本気で考えていたんだ。
あの国で自殺にみせかけて死ぬことなんて、その気になれば簡単だった。

ただ…
やっぱりまず考えたのは、死体の処理なんだよね。
海外で死んだ場合、遺族が遺体の受け取りに来ないといけないでしょ。
結局親にも面倒をかける。
変にニュースになったりでもしたら、「君」にも死んだことが分かってしまうし、
一緒に住んでる同居人たちも事情聴取とかされることになるし、
下手したら上司や後輩にまで迷惑をかけることになる。

いや、実は同じ業界でね、自殺した子がいるんだ。
だから、ただ一人の自殺が、何年も後まで負の影響を与えてしまうことは知ってる。
知っているってことは、時に邪魔なもんでね。


702 :名前はいらない:2007/01/25(木) 17:07:09 ID:sba1mELk
でも私は、自殺したらその後自分自身がどうなるかなんて、
多分、今まで一度も考えたことないな。
っていうか、どうなろうとどうでもいい。なんせ自殺するんだから。

君とはだいぶ考え方が違いそうだね。

703 :名前はいらない:2007/01/25(木) 17:22:56 ID:sba1mELk
>あの国で自殺にみせかけて死ぬことなんて、その気になれば簡単だった。

いやいや、それじゃ全然意味ないってw
事故にみせかけて自殺、の間違いでした。

704 :名前はいらない:2007/01/25(木) 20:06:13 ID:sba1mELk
断る。お風呂に入ってご飯を食べるんだ。

705 :名前はいらない:2007/01/26(金) 18:12:42 ID:dGsZzLGZ

働けど働けどわがくらし楽にならず
じつと手をみる

小学校の教科書にでてきたこの詩が心に沁みるよ


君はもうずっと前に忘れてしまった感覚だろうけど

706 :名前はいらない:2007/01/26(金) 18:18:09 ID:dGsZzLGZ
自分との闘いならともかく
私にはああいうのは本当は性に合わない

でも、君たちのために私ができる最大限のことが
ああして闘うことだ

相手は30人近い
味方のあの子はいつまでもつか分からない

でも、せめてあと数日

707 :名前はいらない:2007/01/26(金) 18:58:08 ID:dGsZzLGZ
マイノリティのマイノリティは潰される運命なのか

私があそこで負けたとしても
何か一つでも次につながるならそれでいい
でももしかしたら
何も残らないかもしれない

708 :名前はいらない:2007/01/26(金) 21:31:44 ID:dGsZzLGZ
やっぱ解答のない問題
っていうか答えだけでやり方書いてない問題のプリントを
毎回ぶっつけで教えるのはつらい

事前に問題集渡されてて予習できればいいんだが…

709 :名前はいらない:2007/01/26(金) 21:35:09 ID:dGsZzLGZ
まあ答えがあるだけマシか

あってるかどうか確認できないで教えるなんて無理だ…私には

710 :名前はいらない:2007/01/27(土) 00:28:29 ID:IcI6pBi+
なんか予想してたよりレス少なかったし、しばらく様子見でいいよね

私さ、わざとあんなIDで書いてるの
あれならコテハンと変わらないでしょ?
簡単に個人特定できるぶん、一度叩かれ始めたら集中攻撃に遭うんだろうと
覚悟はしてたよ

でも、わざわざ危険をおかしてでも堂々と言いたかった
自分が思ってることを


いつもの無限ループで終わらせないために

711 :名前はいらない:2007/01/27(土) 00:55:57 ID:IcI6pBi+
多分、抽出はさ、私がやらなくても
モリタポ持ってる人は自分でできると思うんだよね
自分でやって結果見るほうが、その人も納得できるでしょ
本当にやったら煽りと変わらないし
単純にモリタポもったいないし
だからよっぽど事態が悪化して
それ以外方法がないって状態にならない限り、やらない

712 :名前はいらない:2007/01/27(土) 01:14:33 ID:IcI6pBi+
商品ももう作って出したし、家庭教師も今週はもうないし
やっと久しぶりに、休みって気がする

713 :名前はいらない:2007/01/27(土) 05:13:31 ID:IcI6pBi+
なんか私が目が行く人って、なんだかんだでみんな具合悪そうなんだけど大丈夫?
彼氏だけ例外でピンピンしてるわ。

714 :名前はいらない:2007/01/27(土) 05:58:22 ID:IcI6pBi+
H氏の文章を読みながら思った
これまたなんてヘンテコな人なんだと

私にはやはり何か特殊なアンテナがついていて
山ほどいる中から妙な人ばかり百発百中で見つけ出すらしい

やばい私この人と気合うわ〜と思っちゃった瞬間
自分が心配になった

715 :名前はいらない:2007/01/27(土) 12:13:11 ID:IcI6pBi+
今私ができる限りのことはするよ

でもあとはそっち次第だから
本当の勝負はこれからだから

716 :名前はいらない:2007/01/28(日) 01:17:58 ID:k/zRp5Lp
どうにもなんないかもなぁ。

味方も増えてるみたいだけど、相手のあのしつこさには対応しきれないや。
対応してると巻き込まれてこっちまでアラシ化してしまう。
それじゃ意味ない。

私にはさ、本当に理解できないんだよ。
女と男は生まれつき脳の機能に違いがあるらしくて、
実験からすると、同じ生まれたばかりの赤ん坊でも、
女の赤ん坊のほうが人間の表情に興味を示し、
男の赤ん坊のほうが、動くものに興味を示すはずなんだ。

でも、あの人達はそれに逆行してる。
もう成長してるはずなのに、あんなにも人の表情が読めないんじゃ、
そりゃ現実の世界でも人間関係に支障はあるだろうと思う。

まぁいいや。沈静化を待つ。
多分沈静化した頃には、味方もほとんどそこらに居ない状態だろうけどね…。
いいよ。一人で闘うの慣れてるし。
今はとりあえず、もう疲れた。

717 :名前はいらない:2007/01/28(日) 01:30:53 ID:k/zRp5Lp
まあでもあれだよね、実験っていってもあくまでも傾向が分かっただけで、
女だから、男だからで一くくりにできるっていうことが分かったわけじゃないもんね。

でも、私はその結果知ったとき、男のほうがゲームにはまり、戦闘機にはまる
理由が分かったような気がしたよ。
男の脳は、動くものに反応するのか、と。

君との縁を切れば、私ももうあの人達に付き合わなくて済むのにね。
皮肉だ。

718 :名前はいらない:2007/01/28(日) 02:03:59 ID:k/zRp5Lp
私ね、確か2歳かそれ以下ころだけど、県の絵画コンクールで賞をとったんだ。
でもね、別に絵が上手だったわけでもなんでもなくて、
私の書いた絵が、ちゃんと「人間の顔」になっていることに、
審査員が感銘を受けたらしい。

普通、それくらいの幼児の書く絵って、人間の顔を書いても、
ちゃんと目と鼻と口と耳があって、髪があって…っていうふうになってないらしい。
だから、断トツで受賞してしまった。

たぶん私は、人の表情から何かを読み取る感覚に、
子供の頃から長けてるんだと思う。
時には異常とか、気持ち悪いと思われるくらいに。

719 :名前はいらない:2007/01/28(日) 02:40:54 ID:k/zRp5Lp








さっきあるスレを見て知った…

ぜぇぇぇぇぇぇぇったい、私には何か憑いてる!憑いてる!!
ウワォッ!!って感じ。

あーーーーーー …

720 :名前はいらない:2007/01/28(日) 04:13:15 ID:k/zRp5Lp
内心ヘンテコだと思ったなんて今更絶対言えない;
っていうか男だと思われてるし。

うん。でも良かった。うんうん。
っていうことにしとこう。

721 :名前はいらない:2007/01/28(日) 08:02:10 ID:k/zRp5Lp
自分が書いたレスを冷静に全部読み返してみた。
やっぱ熱くなってるときは熱くなってるな〜;と思いながらも、
我ながらよく、格好の標的にされると分かってて、あれだけやったな、とも思った。

上の人から駄目って言われてしまえば、仕方ないと思ってる。
事実上機能しなければ仕方ないという考えも、最初に言った通り。

私はネットが嫌いだって、今まで何回もここで言ってきたけど、
たとえば一つの教室だったら、全員の顔が見えるわけじゃん?
で、いろんな子がいて、でしゃばって持論まくしたてる子もいれば、
何も言わないで黙って聞いてるだけの子もいるわけで。
だけど、何も言わない人たちの存在が、完全に消されるわけじゃなくて、
そこに確かに存在する人たちとして、「無言」っていう選択肢の人がいることも、
何人くらいいるかも、その場にいる全員が分かるし、考慮されるじゃない?

でもネット上は違う。まず、その場に何人居合わせるのか分からないし、
強弁をふるって、一人が無理やり流れを変えてしまうこともできる。
理論的にじゃなく、どれだけ暴言を吐いたかで、どっちが有利になるかが、
決まってしまったりする。
何も言わない人たちは、考慮されるどころか存在さえしないことにされる。
これは人間同士の普通のやり取りじゃないよ。



722 :名前はいらない:2007/01/28(日) 08:11:28 ID:k/zRp5Lp
書き込む人1人につき、ロムってるのは数十人だと思うんだよね。
その数十人が何を考えて無言なのか、よく分からないまま、
各クラスのでしゃばりがこぞって集まって、数人をバッシングするっていうのはね。

ああ、なんで私はこんな子たちの相手をしなきゃいけないんだと、
ため息つきながらキーボードの前に居るよ。

前に彼氏に言われたんだ。
バカな子っていうのは、ほんっとうにバカだからって。
私の想像も及ばないくらい、底辺の人間っていうのは存在するんだって。
私はそういう子たちをあまり生で見たことが無いから知らないだけで、
俺は見てきたから知ってるって。
だから、いくら私が努力しても、そういう子たち相手じゃ本当に意味無いよって言われた。

ふー。

723 :名前はいらない:2007/01/28(日) 08:28:36 ID:k/zRp5Lp
だから、私がまともにそういう子たちの相手をして、
その度に精神的にダメージ受けてるのが、見ていられないんだって。
私はそんな子たちの相手をすべきレベルの人間じゃないって。

そして、その子たちのことをケチョンケチョンに言う。
彼は、バカででしゃばりな女っていうのが大嫌いなんだ。
言っても女だから、男の自分が暴力で負かすわけにいかない。
だけどあいつらは、自分が女だから手出されないことをいいことに、
好き放題やると。
で、何かこっちがちょっとでも言うと、被害者顔をしてみたり、泣いてみたり。
それが、ものっすごくムカつくみたいで。

724 :名前はいらない:2007/01/28(日) 08:51:37 ID:k/zRp5Lp
男相手だったら、掴みかかって殴れるけど、
女の性格の悪いのは、男の性格の悪いのより始末に負えないと。

男相手だとなると、本当に掴みかかるんだよ。
その度にヒヤヒヤして、私はもう、とりあえず謝る体勢になっちゃうんだけど。

まぁもうその話はいいんだけどさ…
私のしてることは、結局ただの無駄なのかなぁ…
あの子たちはいったい何なんだ…
つかれる…

725 :名前はいらない:2007/01/28(日) 09:17:04 ID:k/zRp5Lp
あの子たちよく、「バカなの?」とか「頭悪すぎ」とか言うでしょ。
鏡に向かってそう言ってるのが、なぜ分からないんだろうねぇ…
と内心思いながら見てる。
まぁそんなこと言ったら荒れるだけだから言わないけどさ。

誰かも言ってたけど、反論してくるなら反論してくるで、
もうちょっとまともな議論ができるかと思ってたけど、
あまりにも似たようなレスが続くのを見て、
あ、この子たちには、これ以上の反論が本当にできないんだなって。
だから、サイを投げたっていうかね。いろんな意味で落胆。
つかれた。


726 :名前はいらない:2007/01/28(日) 16:42:01 ID:k/zRp5Lp
○○炎になってしまった…(´;ω;`)

一度なると癖がつくっていうか、何度も繰り返しなる病気だから、
不潔だからとか関係ないんだけど、今回も、思い当たるふしがない。
やっぱストレスか……あの子の受験も近いしな。
受験ストレスといえば、あの子のお母さんも、
この前ぜんそく発作起こして、家庭教師の時間一時間遅らせたんだよね。
息が出来なくなるらしくて、その日会った時も、やつれた感じだった。
もちろん一番ストレス感じてるのは本人だろうけど。

明日家庭教師終わったら、病院へ直行だな。

727 :名前はいらない:2007/01/29(月) 00:18:50 ID:lNZWyM67
こっちは他板にまで粘着してきた奴に仕返ししてるところ。
一発で決めちゃっても良いんだけどそれじゃああまりにも味気無いので
ほら、俺ってわりと凝り性なもので(笑)
ジワジワやってる。仲間呼んで。

728 :名前はいらない:2007/01/29(月) 00:35:31 ID:lNZWyM67
しかしなあ・・・まったく眼中に無かったのに。
だいたい接点も何も無いじゃない?俺なんか言った?
そんなに興味があったの?わからねえ・・・
ずっーと見てたんだろうな。他板にまで来るんだから。それを考えると本当に気持ち悪い。
でも向こうとしては気付いてもらえたということで
結果オーライっちゃあ結果オーライなのかねえ。

729 :名前はいらない:2007/01/29(月) 00:43:13 ID:7K7Bw83Y
あんた、誰?????

730 :名前はいらない:2007/01/29(月) 00:44:28 ID:7K7Bw83Y
だめだもうわけわからん…誰か私を病院に連れてってくれ…

731 :名前はいらない:2007/01/29(月) 00:47:34 ID:7K7Bw83Y
誤爆?こんなスレに??

だめだ…明日自分で病院に行ってくる…内科だけど

732 :名前はいらない:2007/01/29(月) 00:52:44 ID:7K7Bw83Y
仲間って何のこと?

733 :名前はいらない:2007/01/29(月) 01:00:28 ID:7K7Bw83Y
まぁいいや。私が今後悔してるのは、男みたいな口調で書いてしまったことだ。
でも…女のままで下ネタは言えなかった;ムリムリ;
でもちゃんと読めば、男が使うはずのない言葉とか使ってて、
不自然なはずなんだけどな…

でも完全に男だったと思われてるなら、
「すいません女なんです;」って謝りに行きたいんだけど、
なんか事が大きくなっちゃってて、もう取り返しつかないっぽい。
ごめーんH氏。悪気はなかったんだよ全然!!
だから、変に女嫌いにならんといてください!!


734 :名前はいらない:2007/01/29(月) 06:38:14 ID:lNZWyM67
こんな感じでボチボチやってるのさ。

735 :名前はいらない:2007/01/29(月) 14:54:01 ID:7K7Bw83Y
正直話が見えないんだけど、
仮に、おたくさんと私が同じ人たちを相手にしてるとしよう。

だけどそれなら尚のこと言うけど、
あの子たちは、悪意とか何とかそういう問題以前に、
観察力なし、洞察力なし、思考力なし、忍耐力なし、学習能力なし、
注意力なし、感受性なんて問題外。

「街中にゴミを捨てるのはやめましょう」ってアナウンスが流れても、
「は?今なんか言った?」
「なんかゴミとか言ってなかった?」
「へぇー、ゴミだってぇ。キャハハハハハハ!!」
ぐらいしか理解できない子たちだと思うよ。

ここまで言ったら悪いけどさ…

736 :名前はいらない:2007/01/29(月) 15:05:58 ID:7K7Bw83Y
↑あぁ、でもこういう子たちは、アホすぎて大した害もないか。

ちょっと違うんだよね、
なんかこう、どういうのかな、
カレー作るために玉ねぎを切ろう!って思ったら、
一日中玉ねぎだけ切りまくって、今日は頑張った!って思ってそうな感じ。
カレー作るつもりだったことなんて、
日が暮れる頃には、とっくに忘れてそうな感じ。

で、カレーできてないじゃん!って誰かに言わられると、
猛烈に逆切れして、包丁持って追っかけてきそうな…

とりあえず、一つの行動に執着しすぎて、
何が目的かとか、手順とか何だとか、とても考えられなそう。
でも自分的には頑張ったし大満足、人に文句言われる筋合いないし。みたいな。

737 :名前はいらない:2007/01/29(月) 16:12:40 ID:7K7Bw83Y
一発でガン!って止められるのなんて、削除人くらいじゃない?
一般ユーザーには無理だと思うけど…

ただ、言葉尻を掴んで押し問答みたいのは、議論としてあまり意味ないし、
話の筋がずれていっちゃって、収拾つかなくなる(もうこの言葉使いたくない…;)と思う。

自分とは別に議長みたいのがいて、話の筋が逸れてきたら正してくれるならいいけど、
ネット上では、ずれたらずれたで、ずれっぱなしでレスだけ進んだりするでしょ?
議長と発言者と両方を兼ねると、自治厨とかってことになるし、
ザクッっと核心を突いてもね、それが理解できない相手じゃ、暖簾に腕押しだしね。
下手したら包丁持って、執拗に追っかけてくるわけよ。

もう、明らかにあっちの板とこっちの板を横断して、同じタイミングで全く同じ返しをして、
アホみたいに同じソースばかり貼って、同一人物か、同程度の人物って分かりまくりで、
もう、いちいち気がついたことを指摘するのも面倒だと思うくらい、安易なんだよね。
新しく参入してきた人は、過去レス読んでないのか、
もうその話はさっきしたでしょっていうようなことで、ワンパターンな暴言を吐いてくる。

私が議長だったら、一度全員退場だよ。

あれもできないこれもできない、で、
結局、一般ユーザーには手の施しようが無いと思う。

738 :名前はいらない:2007/01/29(月) 16:38:41 ID:7K7Bw83Y
あのスレの内容まとめたら、5行〜10行になるよ、ほんと。
それくらい、ほとんど内容が無い。

739 :名前はいらない:2007/01/29(月) 16:44:31 ID:7K7Bw83Y
もう400スレも使って、まとめたら10行以下って。泣けてくるよね。

740 :名前はいらない:2007/01/29(月) 16:45:57 ID:7K7Bw83Y
400レスだった。最近、誤字脱字が多いわ…。

741 :名前はいらない:2007/01/29(月) 17:02:02 ID:puFqMRoS
板違いを極める

742 :名前はいらない:2007/01/29(月) 17:13:29 ID:7K7Bw83Y


743 :名前はいらない:2007/01/29(月) 17:14:53 ID:7K7Bw83Y


744 :名前はいらない:2007/01/29(月) 17:15:43 ID:7K7Bw83Y


745 :名前はいらない:2007/01/29(月) 17:17:58 ID:7K7Bw83Y


746 :名前はいらない:2007/01/29(月) 17:19:10 ID:7K7Bw83Y


747 :名前はいらない:2007/01/29(月) 17:26:36 ID:7K7Bw83Y


748 :名前はいらない:2007/01/29(月) 17:34:54 ID:7K7Bw83Y


749 :名前はいらない:2007/01/29(月) 17:42:47 ID:7K7Bw83Y


750 :名前はいらない:2007/01/29(月) 17:47:17 ID:7K7Bw83Y


751 :名前はいらない:2007/01/29(月) 17:49:11 ID:7K7Bw83Y


752 :名前はいらない:2007/01/29(月) 18:34:26 ID:7K7Bw83Y
また来たね
自称老舗のカレー屋さん
その男嫌いさっさと直せ

一句詠んでみた

753 :名前はいらない:2007/01/29(月) 18:42:37 ID:7K7Bw83Y
なんでこう
男に間違えられるのか
ちゃんとスカート穿いているのに

二句目

754 :名前はいらない:2007/01/29(月) 18:48:04 ID:7K7Bw83Y
言葉では
表しきれぬと誤魔化さず
「得体が知れぬ」と直に言え

三句目

755 :名前はいらない:2007/01/29(月) 18:49:59 ID:7K7Bw83Y
言葉では
表しきれぬと誤魔化さず
「得体が知れぬ」と正直に言え

三句目訂正


これで解決


756 :名前はいらない:2007/01/29(月) 19:00:42 ID:7K7Bw83Y
その気持ち
解らないでもないですが
こちらも為す術ありません

757 :名前はいらない:2007/01/29(月) 19:07:47 ID:7K7Bw83Y
↑「ありませんから」にしないと字数が足りないな

どうでもいい
不純だキモイといいながら
今日の話題で一番の人気




758 :名前はいらない:2007/01/29(月) 19:14:31 ID:lNZWyM67
昔から何やらせても上手い俺だが
「落ち度の無いように生きる」
このテーマには特に力を注いできたつもり。
そのかいあってかそれまで一度も他人から非難されることはなかった。
実際に対面したらすぐに実感出来ると思うけど「俺を非難する」
これはちょっと有り得ない話なんだわ。現実には。

759 :名前はいらない:2007/01/29(月) 19:19:04 ID:7K7Bw83Y
世の中は
数が全てを決めるのだ
知れど解れど納得いかず

760 :名前はいらない:2007/01/29(月) 19:24:37 ID:7K7Bw83Y
落ち度のない人間なんているのかなぁ…

でも多分ね、非難してくれる人間が一人くらいいたほうが、
安心して暮らせると思うよ

761 :名前はいらない:2007/01/29(月) 19:32:33 ID:7K7Bw83Y
非難じゃなくて、批判してくれる人間はいたほうがいいと思うけどね
良い意味で

762 :名前はいらない:2007/01/29(月) 19:48:44 ID:lNZWyM67
落ち度が無いのにどうやって非難、批判できるわけ?
理論上不可能でしょう。
御伽の世界ならかまいませんよ。やりたいことおやんなさい。
でもね、この辺勘違いしている人も多いかもしれないけど
インターネットだって現実なのだよ。
御伽世界と一緒にしてもらっちゃあ困るよね。

763 :名前はいらない:2007/01/29(月) 19:51:56 ID:7K7Bw83Y
おとぎの世界??

ところであなた誰?

764 :名前はいらない:2007/01/29(月) 20:09:59 ID:7K7Bw83Y
相手に、あなたを非難する気が起こらないってことと、
客観的に見て、あなたに非の打ちどころがないかどうかは、
別の話だと思うけどね

少なくても私は

765 :名前はいらない:2007/01/29(月) 20:50:48 ID:7K7Bw83Y
人には誰にでもバランスがあると思うんだよ。
多分、あなたの置かれてる環境は、あなたのバランスを壊しやすいんだよ。
あなたが誰なのか知らないけど、あなたは完璧な人間である必要はないし、
そうなろうとすべきでもない。

誰があなたに完璧を求めてる?
その人たちは、あなたにとって本当に大切な人たちなわけ?

私は完璧な人間じゃないし、私の周りの人たちも完璧である必要はないし、
あなたも完璧でなくて構わない。

766 :名前はいらない:2007/01/29(月) 21:16:56 ID:7K7Bw83Y
あなたの原動力になっているのも、
あなたを焦らせ苦しめているのも私なんでしょ?

事実、私が居ない間のほうが、あなたは一人で平和だったでしょ
精神的にも落ち着けていたんでしょ?

私が完全に居なくなれば、もしかしたら君のスピードは落ちるかもしれない
でも、君は今より幸せになれるかもしれないよ







767 :名前はいらない:2007/01/29(月) 21:43:17 ID:lNZWyM67
いや、君には関係ない。
俺のことはもう放っておいて欲しい。

768 :名前はいらない:2007/01/29(月) 21:57:22 ID:7K7Bw83Y
どちらにせよ、あともう数日だよ。
私は、やるだけのことはやった、そう思ってる。

私はコンタクトをしてても、視力が1.0しかない。
それ以上度の強いのをすると、目が痛くなるから。
TVも長い時間見れないし、ゲームもそんなにできないし、
暗いところで映画を見るのも、パソコンに向かうのも、時間的に限界がある。
耳も、右側はやっぱりよく聞こえない。
ヘッドフォンやイヤフォンを使うたびに、右からちゃんと音が出ているのか、
よく分からなくて、いったん外して左耳で確かめるくらいだ。

だけど私の目は、他の人に見えないものが見えるし、
耳は、他の人には聞こえないものが聞こえる。
別にただそれだけなんだけどね。

私に関係ないならそれでいいよ。

769 :名前はいらない:2007/01/29(月) 22:19:57 ID:7K7Bw83Y
2ch閉鎖は免れたみたいだけど、
あと数日したら、このスレも閉じるよ。
というか、削除依頼を出す。
出す理由はいくらでもあるからね。

770 :名前はいらない:2007/01/29(月) 22:27:09 ID:7K7Bw83Y
前に書いてた詩にあったでしょ。
君は死んだんだ、って。
その通り、私は死んだんだよ。
そう思って欲しい。

771 :名前はいらない:2007/01/29(月) 22:29:02 ID:lNZWyM67
そう剥れるなよ。これだから女は・・・

772 :名前はいらない:2007/01/30(火) 04:56:27 ID:a8XGW7u5
冗談で言ってるんじゃないよ。

私のことは、もう諦めて。
現実的に、もう本当に無理なんだよ。
さよならなんだ。

君の周りにはいろんな人がいて、支えてくれてるでしょう。
君にはそれがもう当たり前になってるだろうけれど、
私には、そういうのがないの。
これ以上、一人で立ってるのは無理だと分かった。
事実、もうすでに今だって、一人で立ててない。

君たちは、私の無償の忍耐力に甘えすぎたよ。
だから、もうどうしようもない。

773 :名前はいらない:2007/01/30(火) 22:05:00 ID:a8XGW7u5
私の中で君の見方が一変したよ。
ああいう人が君と仲の良い友達なんだ。

自分のことを認めてくれる人たちだけで周りを固めておけば、
そりゃ、誰も君を非難してこないだろう。
当たり前のことだ。

君と私は根本的に生き方が違う。

774 :名前はいらない:2007/01/30(火) 22:38:02 ID:eW0f+hrz
俺のことは何を言われても構わないが
仲間のことを悪く言うのだけは止めてくれよ。

775 :名前はいらない:2007/01/30(火) 22:47:51 ID:a8XGW7u5
私は君の仲間のことを悪く言ってるんじゃない。
君のことを悪く言ってるんだよ。

776 :名前はいらない:2007/01/30(火) 22:49:15 ID:eW0f+hrz
気付いてる?
君、最近少しずつではあるが俺を非難し始めている。
自分が何をしているのか自分で解ってやっているかい?
もし解ってやっているのだとしたら
俺にとって特別な人間になりたいという思いが君にそうさせているのだろうな。

777 :名前はいらない:2007/01/30(火) 22:50:19 ID:a8XGW7u5
悪いけれど、この前までの私の努力は意味無かったみたいだ。
君の望みなら、と思ったけれど、
君自身の中に自己矛盾が多すぎる。
私は、自分でも納得できないことを主張することはできない。

778 :名前はいらない:2007/01/30(火) 22:59:28 ID:a8XGW7u5
私は自分が何をしているか分かってやっている。
やっぱり、君には別の人のほうがいいんだと思うよ。
私とは、単純に合わないよ。

779 :名前はいらない:2007/01/30(火) 23:02:08 ID:a8XGW7u5
そういうわけで、このスレは1月いっぱいで閉じる。
というか削除依頼を出す。予定通り。

もう何回も言っているけれど、私は君が思うような女じゃない。
というか、私が何を言ったかに関わらず、君は自分の理想像を、
その時たまたま気に入った人に押し付けているだけで、
初めから終わりまで、私自身のことが好きだった試しなんてなかったんだと思う。
そう確信したよ。

780 :名前はいらない:2007/01/30(火) 23:23:27 ID:eW0f+hrz
削除依頼を脅しに使うの止めろよ。
そうやって「閉じる」とか言っとけば俺が慌てて飛んでくると思ってるんだろ?飛んできたけど・・・
言っとくがねー俺には「削除依頼」なんて脅しは通用しないから。

781 :名前はいらない:2007/01/30(火) 23:32:45 ID:a8XGW7u5
今まで私が、脅しで何かを言ったことがある?

実際に一年間留学してた私が、
「削除依頼」なんて、脅しや冗談で言い出すわけないじゃない。
削除依頼は本当に出すし、私はここから消える。
「神」と呼ばれるような行為も、もういっさいやるつもりはないよ。

そもそも、君は私じゃなくても、適当に可愛いか綺麗かなら、誰でもいいんだよ。

782 :名前はいらない:2007/01/30(火) 23:47:57 ID:eW0f+hrz
「神」と呼ばれる行為は止めないでおくれ。
俺のせいで止めたとわかったら俺は民に呪殺されてしまうよ。

783 :名前はいらない:2007/01/31(水) 00:07:46 ID:ajP++ZIa
俺は女はまず顔、次に体を見て好きになるから
どっちも見ていない君のことはまだ好きになっていない。
俺に好きになってもらいたいのなら、まず容姿の特徴を出来るだけ詳しく説明することだね。

784 :名前はいらない:2007/01/31(水) 00:08:12 ID:zmYa3bLV
心配しなくても、君のせいで「神」が消えたなんて、誰も気がつきはしない。
ドイツ語もフランス語も英語も、もうみんなそれぞれ自力で読んだらいい。
日本語の解説も、他の人がやればいい。
私の代わりなんていくらでもいるよ。

785 :名前はいらない:2007/01/31(水) 00:16:58 ID:zmYa3bLV
容姿の特徴も何も、アバターの顔にそっくりだって書いたでしょ。
アイテム一覧→顔→顔つきの、左の上から二番目のやつだよ。
身長160体重45、これ以上何を詳しく言う必要がある?

786 :名前はいらない:2007/01/31(水) 00:31:13 ID:ajP++ZIa
yahooのアバターだよね?
確認した。
へー、あんなに目がパッチリしてんのか・・・
まつ毛長いね。
髪型と服装は?アバターでいうと?

787 :名前はいらない:2007/01/31(水) 00:35:52 ID:zmYa3bLV
…なんかもう気持ち悪いからやめて。
君だけじゃなくてここ見てる他の人まで分かることになるじゃない。
顔だけ分かれば十分でしょ。

788 :名前はいらない:2007/01/31(水) 00:37:59 ID:zmYa3bLV
髪型も服装も、あとはもう全部基本アイテムのままってことでいいよ。
なんでそこまで書かなきゃいけないんだ?
君、動画で持ってるじゃない。

789 :名前はいらない:2007/01/31(水) 00:39:00 ID:ajP++ZIa
そうかそうか、失礼。
顔が好みだったんで、ついもっと知りたくなったんだ。

790 :名前はいらない:2007/01/31(水) 00:42:28 ID:zmYa3bLV











君、ほんとに君だよね?

本当に気持ち悪くなってきた…


791 :名前はいらない:2007/01/31(水) 00:44:42 ID:zmYa3bLV



     ネ ッ ト ス ト ー カ ー 反 対 !!




792 :名前はいらない:2007/01/31(水) 23:11:57 ID:zmYa3bLV
2ch閉鎖かと思ったらただのメンテだった。
閉鎖だったら余計なこと悩まずに済んだのに…と勝手なことを一瞬考えてしまった。
沖縄シークァーサー美味しい。

793 :名前はいらない:2007/01/31(水) 23:16:47 ID:zmYa3bLV
2000万って微妙…3000万以上じゃないと私的に意味無いんだけど

794 :名前はいらない:2007/01/31(水) 23:18:59 ID:zmYa3bLV
この前調査行ったときかけた旅行保険は、死亡時1000万って書いてあって、
なんかがっかりしたわ…

795 :名前はいらない:2007/01/31(水) 23:22:52 ID:zmYa3bLV
よく見たら沖縄シークヮーサーじゃない。
泡盛0.5%使用。沖縄弁は難しいわ。

796 :名前はいらない:2007/01/31(水) 23:28:36 ID:zmYa3bLV
最近発情期の野良猫の声が夜中うるさいです。
まだ1月末ですがこれからもっと酷くなる予感。
必死感が伝わってきてちょっと可哀相に思えるときもあります。
でもやっぱりあの声は
うるさいです。


797 :名前はいらない:2007/01/31(水) 23:59:24 ID:zmYa3bLV
あーあ、スレストかかっちゃったよ。
orz

798 :名前はいらない:2007/02/01(木) 02:25:54 ID:vT/qQL7w
バレたら殺されるだろうな
ひろゆきも呆れるだろうな

799 :名前はいらない:2007/02/01(木) 02:28:54 ID:vT/qQL7w
こっち来なよ


…ってすぐには気付かないか orz
私と同じ専ブラ使えばいいのに

800 :名前はいらない:2007/02/01(木) 04:36:52 ID:vT/qQL7w
君はもう知ってるかもしれないけど、
外国人の男と握手するときは、できるだけ相手の目を見て、ギュッと握りなよ。
欧米人の男っていうのは、初対面の握手の仕方で、
まず相手と自分との力関係を決める癖がある。
ふにゃっ握っちゃうと、こいつ大した奴じゃないなって軽く見られちゃうから。

日本にはあんまりそういう習慣ないけど、
海外で、誰か男の人と握手するときは気をつけな。
向こうの男は、日本人の男よりもずっと、闘争心を態度に出すからね。
一見、フレンドリーに見えても、
相手が自分より上か下か、常に見極めてるから。

そういう意味で、自分の敵にも自分から握手しに行ったりする。
でもそれは、握手の力加減で、相手を威圧するため。
饒舌になるのも、自分のほうが能力が上だと見せ付けるため。
アホらしいと思うかもしれないけどさ、
向こうの男同士では、それが普通のことなんだよ。

801 :名前はいらない:2007/02/01(木) 04:56:20 ID:vT/qQL7w
まぁ外国人だってことで、別枠で見てもらえるかもしれないけどさ、
少なくても、HIPHOPの彼の、同性に対する闘争心は凄かったよ。
もうずいぶん前のことのように感じるけど。

802 :名前はいらない:2007/02/02(金) 04:34:42 ID:zZq4bjVj
BBQがなんとかで書き込めない(>_<)

803 :名前はいらない:2007/02/02(金) 04:59:42 ID:NC58emWy
test

804 :名前はいらない:2007/02/02(金) 05:00:44 ID:NC58emWy
あれ?書き込めたし…

パソコンよく分からない orz

805 :名前はいらない:2007/02/02(金) 05:59:12 ID:zZq4bjVj
たまたま書き込めただけで、実は面倒なことになっていることが判明…
プロバイダのせいらしい
どうなるんだろ…orz

806 :名前はいらない:2007/02/02(金) 15:34:33 ID:NC58emWy
IPアドレスが変わったからいちおう風呂敷確認君で問題ナシと出た。
でも自分のプロバイダのとこが、赤字で××になってたの見たときは焦ったよ;
過去レスざっと読んでも同士が見つからなかったし。
あーびっくりした。

807 :名前はいらない:2007/02/04(日) 07:55:57 ID:8YxJWgNK
もう疲れた。肩も腰もこりすぎ。

日曜だけど、もう今週末に第一志望の入試ってことで、今日も家庭教師。
まー本人があれだけ頑張ってるからさ、こっちも頑張らなと思うんだけど、
ここまでしてくれる家庭教師はそうそう居ないぞ〜ほんとに。

受験生の家庭教師兼、なぜか親のカウンセラーみたくなってるし。
勉強を教えてもらってるからっていうより、
「家庭教師の先生に来てもらってる」っていうことが、精神安定剤になってるっぽい。

にしても、高校なのに4校受けるんだよ、4日連続で!!
私なら絶対イヤだ。そんなに精神力続かない。
それも、それぞれ翌日に合格発表なんだよ!
落ちてたら次の試験にひびくっちゅうねん。

あうあうあう、心配…

808 :名前はいらない:2007/02/04(日) 08:05:11 ID:8YxJWgNK
それがその子、私が言うことを逐一問題のプリントに書き込んでいくからさ…
こっちも下手にいい加減なこと言えなくて、集中力要るっていうのもあるけど、
2時間っていったら、本当に2時間、集中力途切れることなく、
びっちり勉強するんだよね。あれはえらい!

途中に休憩とかナシで、私も喋りっぱなしで辛いんだけど、
私の言うことを逐一書き留めるあの子のほうも、大したもんだと思う。

ほんと、受からせてあげたいよ。
最後は本人次第だけどさ。


809 :名前はいらない:2007/02/04(日) 08:10:52 ID:8YxJWgNK
そういうわけで、あの子の入試が終わるまでは、
私もあの子の指導その他に集中するさぁ〜。

だからそれまであのスレには行かないと思う。
言っても一人の子の、人生が、とまではいかないにしても、
この先3年がかかった試験だからね。

もう今週出品する分の商品は作っちゃったしな。
あとは、いかにその2時間という限られた時間内に、
効率的に教えるか、だな。

810 :名前はいらない:2007/02/08(木) 01:13:08 ID:krqAEjUB

一瞬で消える

吐く息と同じくらい深く長く
地中に埋もれていたい
せめて月が綺麗ならいいな

きっと明日も
永久に

811 :名前はいらない:2007/02/08(木) 07:57:30 ID:krqAEjUB
一瞬で消える
私の存在価値

とりあえず一週間くらい土の中で寝てたいわけ
たまに起きるかもしれないけど
人に起こされるのは嫌
とりあえず一ヶ月くらい

812 :名前はいらない:2007/02/08(木) 08:45:14 ID:jMpWTh+t
いかないで

813 :名前はいらない:2007/02/09(金) 02:09:21 ID:EPwpzf+L
こっちは○○炎が再発してるんだ
今日の昼も母親から電話があっていつも通り大変だったんだ
受験前の家庭教師も昨日の夜ようやく終わったっていうのに
少しは安静にさせてよ

814 :名前はいらない:2007/02/09(金) 05:16:34 ID:EPwpzf+L
こんだけ私に愛されてて、いったいこれ以上何の文句があるんだ?

まぁ答えは解ってるんだけどさ…
聞いてみたかっただけ

815 :名前はいらない:2007/02/10(土) 08:05:50 ID:ClRyl8bT
そんでこれからどうしていけばいいんだろうね…

いつもと同じで、君には答えはないんでしょ?
「解らないけどとりあえず投げつけてみる」っていうのが、
いつもの君のやり方だもんね。

解ったこともいろいろあるよ。
感じ取ったこともね。
一ヶ月あればより深く解るだろうし、
いろんな見方ができるようになるだろう。
できれば誰にも邪魔されず、そのことだけに集中したいもんだね。

だけど、私は自分が感じ取ったことを、
この板上でも、他のどこでも、話さないかもしれない。

私のやった日本語解釈は、細かい部分では間違いも多かったろうけど、
大枠ではあってたはずだ。
彼らはまた「神」が降臨してくれるのを待ってる。
あの話の続きを、知りたいんだろうね。

変化していくはずだから、また同じ場所で解釈をやったとしても、
それが全てではないってことは、彼らにも一応解る…はず。

816 :名前はいらない:2007/02/10(土) 08:24:40 ID:ClRyl8bT
去年の今頃、私はイタリア人の男の人と付き合ってたんだよ。
遡って読んでたなら、もう知ってるだろうけど。
政府関係の雑事以外に、映画の脚本を書くのが彼の仕事だったけれど、
私から聞いた摩訶不思議な話は、絶対に映画にしない、
映画にすることで、私のプライベートを興味本位の大衆に暴くようなことは、
絶対しないから、って言ってくれた。

彼との別れかたは悲劇的だったけれど、私は今もその言葉を信じてる。
なんでかっていうと、彼だけが最後まで、
私のした話を、可哀相に頭のイカレた女の戯言ではなくて、
本当のことなんだと、信じてくれたから。

こんな時期に、そんな彼のことを思い出してるなんて変でしょ。

別れるとき、最後にハグしようって彼のほうから言ってきて、
そうしたんだけど、そのときのハグの仕方から直感的に、
この人まだ私が好きなんだと思った。
だからこそ、帰り道私は、一度も彼を振り返らなかった。

彼が怒って私に怒鳴った言葉は、何だったと思う?
「君は、地球上に、2人も3人も彼氏を作っちゃいけないんだ!!
俺は君だけだったのに!!」だよ。

最初は、君のことと彼氏のこととで相談にのってくれてたはずの彼が、
いつのまに、そんなふうになっちゃってたなんてね。
どこ行ってもモテモテだから、どうせ他にも女の子いるんだろうと
諦め半分で思ってたから、その言葉がショックでさ。ズドンと来た。
ショックのあまり、私は、日本語も何語も喋れなくなっちゃって、
あとはまくし立てる彼に言われるままって感じでね。

君にこんなこと言っても仕方ないんだけど、
変に気が弱いところもあったけど、いい人だったよ。ほんとに。

817 :名前はいらない:2007/02/10(土) 08:39:48 ID:ClRyl8bT
私は多分、苦労する星のもとに生まれたんだよ。
二人とも心から幸せな気持ちで、結婚式する人たちもいるんだろうけどさ、
私はその人たちみたいに、楽な人間関係の中で生きてないんだよ。

だから、自分を責めてばかりしないようにしようって思ってる。
これは仕方なかったんだ、私にもどうしようもなかったんだってね。
だって実際、犯罪には巻き込まれやすいし、重い過去を背負った人に
偶然会ってしまうことが多いし、
私がどうこうでは回避できなかったことが、私にはいっぱい起こってきた。
だから思ったんだ。
私は人より苦労するし、苦労することに、慣れていくしかないんだって。

他の人よりも、「結婚」の段階で、躓いて苦しんで時間かかっていまだ解決をみず、
でもそれは、私みたいな人間の場合は、仕方ないことなんだって。
他の人みたいにスムーズに進めないことで、自分を責めることはないんだって。

私は汚れてるかもしれない。確かに病気かもしれない。
だけど他の人が、私と同じ立場に立った場合、うまく解決できるかというと、
きっと私じゃなくても無理だと思う。
様々な人の利害関係が複雑に絡み合いすぎてる。


818 :名前はいらない:2007/02/10(土) 08:54:54 ID:ClRyl8bT
多分今度の解読は、もうやらなくていいと思うんだ。
私がやったのを読んで、想像つく人だけ想像すればいい。
そこまでリアルタイムで出演するのは嫌だよ。
私は一般なんだから。

こんなのは、本当はおかしい。

そう初めから解ってるさ。
だからこそ、怒りもあるんだよ。
どんなに贔屓目に見ても、君が私を「利用した」ことは間違いない。
話すのが面白いから、
珍しいタイプの人だから、
本当はきっと、私自身のパーソナリティーがどうこうよりも、
私と関わることがいかに自分にとって有益かが、優先だったんだろうことは、
もう解ってる。
今までの行動が、それを示してる。

819 :名前はいらない:2007/02/10(土) 09:19:43 ID:ClRyl8bT
だけど君はそういう事情をみんな、「愛情表現」というオブラートで包んだ。

私は騙されたかのようなフリをした。
でも本当は、君の言動が詭弁でしかないことは分かってた。
だけど私はそれも許してた。なぜなら君は特殊な人で、
一般的な考え方で測り、つきあえる人じゃないからだ。
でも、私のそのやり方にも限度があって。
私の忍耐力が切れたときが終わり、ということだ。

女は突然いなくなる。
でもそれは、そうなるまでに、不満をかかえた長い日々の蓄積があって、
もうこれ以上は無理だと覚悟したときに、一大決心して起こす行動であって、
単なる気紛れじゃない。大抵の女は、リアリストで計画的だからね。
だから、一度去っていった女を、どんなに恨んでも、待っても、
それはもう仕方ないことなんだよ。

私が居ない間、君は悩んだろう。
でも君は、どん底のどん底を、わが目を見開いてガッとみるだけの、
精神力の持ち主だとはやはり思えない。
自分が体調を崩すだけでなく、関係ない人たちに迷惑をかける可能性が高い。
違うかい?

820 :名前はいらない:2007/02/10(土) 09:30:12 ID:ClRyl8bT
昔の私は、子供のように明るく無邪気だったわけじゃない。
あの頃の私でさえ、いつも何か陰があった。
ただ、それを懸命に君に隠していただけだ。

君には知らないことがたくさんあるんだよ。
本当にたくさんあるんだよ。
本当に何もかも知ったら、
君はもう私のことを、羨ましく思う気持ちなんて微塵もなくなるだろう。

私は、マイノリティのマイノリティの、そのまたマイノリティだ。
つまり、孤独な人間だ。
君との共通点はたぶん、それくらいなんだろうな。

821 :A道化 ◆lXZBPVO3GQ :2007/02/10(土) 09:58:57 ID:dqiGgj/0
一年前、より、あなたは良くなったんだろうか?
一年前、は、俺の世界は寒くても、
骨の 裏、に光 る る 太陽の 夢 の 残る る 庭 で

822 :名前はいらない:2007/02/11(日) 11:20:45 ID:hxkGAAC/
私が良くなったかどうか、というより、
うちの両親があのまま変わらない限り、
私の状況も良くなりようがないと思う。

昨日は大変だった。
彼氏には、前々から、結婚したら親とは縁を切って欲しいと言われていたけど、
昨日の夜、電話で母親と彼氏が大喧嘩をしてしまった。
私は具合が悪くて寝ていて、止めに入れなかった。

もういや。

823 :名前はいらない:2007/02/11(日) 11:25:10 ID:hxkGAAC/
「あの子は私のモノだ」
と電話口で母親ははっきりそう言ったらしい。
「モノという言い方はやめていただきたい」
彼氏はそう返したわけだけど…(それは聞こえた)

そんなに可愛がってきたわけでもないのに、
いざとなると、「親」という権利と権威を振りかざして従わせようとする
そして、まるで自分が私のことを、心から心配しているような言い方をする

そういうやり方が汚くて嫌なんだ

そうですか私はあなたの「モノ」ですか…
それが本心なんだろう



824 :名前はいらない:2007/02/11(日) 11:35:46 ID:hxkGAAC/
昨日今日明日明後日と、家庭教師の子は入試。

私に災いが降りかかった分、あの子が受かってくれるといいんだけど。
せめて。

825 :名前はいらない:2007/02/11(日) 11:44:49 ID:hxkGAAC/
筆記はあと20分…がんばって!!
「もうできた〜」と安心せずに最後まで見直しするんだよ!

826 :名前はいらない:2007/02/12(月) 14:48:11 ID:PosxtdIX
人は自分の嫌いなものをカテゴライズして固有名詞で呼びたがるんだな
となんとなく思った

827 :名前はいらない:2007/02/13(火) 04:37:57 ID:+JoJWXzN
こんな時間に目が覚めちゃったから書くけどさ
「○○の両親が死んでから結婚しようか?」って言われた;

確かに、私と結婚する人は大変だ。
私の親なんだから私に似てるんだろうし、何とかなると思ったら大間違い。
君も、変わった人だけどね、
君の3倍くらい物凄い人たちだと思ったほうが良いよ。

私はここで母親の話ばかりしてるけど、
詳しく言わないだけで、父親はもっと凄いから。
あんな人1000人に一人だろうと思う。

父親とその友人がご飯を食べに行ったら、
なんと、その出されたおかずのお皿に、ゴキブリが入ってたらしいんだよ。
で、その友人は、「別のに変えてもらおおう」って父親に言ったんだよ。
そしたら、父親はブチ切れした。
「人が食べてる途中で、邪魔するな!!!」
そう言って、そのまま平気でゴキブリが入ってたおかずを食べたらしい。

全然普通の人じゃないでしょ?

828 :名前はいらない:2007/02/13(火) 04:52:33 ID:+JoJWXzN
自分は5分と待てないけど、
相手のことは、平気で10時間でも待たせるし、そのうえ謝らないからね。
悪かったという気持ちそのものがないらしい。
でも、相手がほんの数分遅れただけで、火のように激怒して止まらない。

世界は自分を中心に回っていて当たり前。そういう人だよ。
いかに自分が偉いか、凄い人間か、それを執拗に主張してくる。
当然、話といえば、自分の話、自慢話ばかりが何時間も続き、
私とか、明らかに自分より下の人間に対しては、
いかに相手が駄目な人間かを、延々と説教する。
そして、お前はあれができない、これができない、とできないことばかり並べ立て、
相対的に、自分がいかに凄い人間かを見せつけようとする。

人間の価値は、見た目と学歴と社会的地位。それのみ。
自分がお金持ちじゃないから、お金のある人は評価しない。
というより、お金持ちというだけで、猛烈にバッシングする。
弱きをくじき、強きを助け、利用できるものはすべて利用する。
そういう考え方で、今まで何十年間と、何一つ疑問を感じずに生きてきた人。
うつ病なんか、むしろ一度でいいから罹って欲しいくらい。

「反省」という文字はあの人の辞書には存在しない。
自分に自信を失って落ち込むということも全くない。
外の人に何か批判されたら、家に帰ってブチ切れてそれでストレスを発散するから。

829 :名前はいらない:2007/02/13(火) 05:08:37 ID:+JoJWXzN
距離をとって、当たり障りなく生活すればいいじゃん?と思うでしょ?
そうだよね。両親の仲がよければね。

でも、あの夫婦は完全に破綻してるんだよ。
二人だけでいると、二人とも気がおかしくなりそうになるから、
娘のところに電話してきては、何とか実家に引き戻そうとするんだよね。

だいたい「このままだと離婚してしまうから、離婚できないように子供を作ろう」
この考え方で、二人とも意見が一致したっていう時点でおかしい。
ある意味、本人にとっておそらく幸いなことに、第一子は亡くなり、
私が、かわいそうに無事生まれてしまった。

にしても、子供達が自立したら、結局また二人になることは分かっていたろうに、
自分たちだけでやっていけない夫婦というのは、どういうことなのだろう。
だったら、なんで子供産む前に離婚しなかったのか、
何をもってそんなにも世間体が大事なのか、正直、理解に苦しむよ。


830 :名前はいらない:2007/02/13(火) 11:10:01 ID:+JoJWXzN
さっきお母さんから電話があった。
決死の覚悟で電話に出た。

今、寂しく思うのは、
あんなにお母さんが「お母さんはあなたのことを憎いと思ったことなんてない」
そう涙ながらに訴えたにも関わらず、
やっぱり私の心には、その言葉が入ってこなかったことだ。

数十年の経過とともに凍りついた私の心は、
あんなにお母さんが泣いてさえ、溶けないんだと思った。

お母さんは、自分が私に言った非情な言葉を、全然覚えていなかった。
私の心には刻み付けられて決して忘れることのできない言葉を、
そんなことは言ってない、全く覚えがないと言った。

今になって、どんなに否定されても、
行動や言葉の端々に見え隠れした、私に対する母親の冷たさは、
もう、謝られたからといって、私の記憶から消えてなくなることはない。

そう気付いたとき、
私は自分が悲しかった。

831 :名前はいらない:2007/02/13(火) 11:13:39 ID:+JoJWXzN
母親の言葉に、
心打たれることもなく、
私の心は、本当に何も感じなかった。

せめて、お母さんと一緒に泣けていたらよかったのにと思う。
それができなかった事実、
何も感じることができなかった事実、
そのあまりも重い事実。

832 :名前はいらない:2007/02/13(火) 11:25:33 ID:+JoJWXzN
私のほうから、「お母さんは私のことを憎んでるんでしょ?」
と聞いたわけじゃない。
「憎む」という言葉は、母親の口から、なぜか急に出てきた言葉だった。

833 :名前はいらない:2007/02/13(火) 11:47:54 ID:+JoJWXzN
私の心が、もう修復できないほどに壊れ果てていて、
歪んだ考え方しかできないのかもしれない。

「憎んでいない」と否定したのは、むしろ本心では憎んでいたからだと、
さすがにそこまでは考えない。
だけど、
お母さんは私の心を開かせることは出来なかった。
残念だけど、私の心が壊れ果てているのなら。

嘘を嘘と見抜けてしまうほうが辛い。
騙されたまま、気付かずにいられるなら、もっと楽に生きられるかもしれないのに。


834 :名前はいらない:2007/02/13(火) 12:19:15 ID:+JoJWXzN
君と彼氏はいがみ合う。
彼氏と親はいがみ合う。
君と親は全く合わない。

私は何をどうすればいいのか。

835 :名前はいらない:2007/02/13(火) 12:34:28 ID:+JoJWXzN
私は誰のモノにもなりたくない。
私は人間でいたい。

836 :名前はいらない:2007/02/14(水) 04:01:04 ID:ylTiKRiT
いつか私がやらなきゃいけなかった。
お父さんが言っても、妹が言っても効果がないなら。

結局、お母さんに対しても、私の言葉が一番効くから。

ただ、今までの私には、うつが酷すぎてとてもそのエネルギーがなかった。
今だって、いろんな災難が折り重なるように一度に私を襲った直後だけれど、
いつか私がやらなきゃいけなかったことだと思う。

無意識にそのきっかけを求めていたのかもしれない。
「母親と、ガチでやる」っていう。
彼氏と母親が電話口で大喧嘩したとき、
なんとか起き上がって、止めに行かなかったのは、
無意識の意図的行為かもしれない。


837 :名前はいらない:2007/02/14(水) 04:12:01 ID:ylTiKRiT
君はね…うちの父親にすごく似てるところがあるよ。

他をいっさい認めず、自分が一番賞賛されなければ気が済まず、
視野が極端に狭いところとかね。

他の人を片っ端から蔑むのは、自分に自信がない心理の裏返しだ。
私には経験的にそう分かる。
本当に凄い人は、何も言わない。何も求めない。
人を蔑むようなことをしなくても、自然に周囲の尊敬を得られるからだ。

私の父親は「本当に凄い人」ではない。

838 :名前はいらない:2007/02/14(水) 05:24:52 ID:ylTiKRiT
昨日の夜9時半ごろ、少し泣いた。
合格の連絡が来たから。

ぶっちゃけ、私が11月末に見せてもらった模試の偏差値は、
3教科とも52〜54だったんだ。
だけど、本人と親御さんの第一志望は、偏差値68の学校だった…;;

受かったのは、偏差値60の第二志望の高校だけど、
よく健闘したと思ってる。
受けた学校の合格発表は、昨日の午前中で全部出揃ったはずで、
それで、朝4時ごろ目がさめてから、お昼過ぎまで起きてたんだけど、
ずっと連絡を待っていたから、メールを見て思わず泣いてしまった。

ぶっちゃけ、一校も受からない可能性もある…と思ってたから。
一番下のとこでさえ、偏差値55だったからね…


839 :名前はいらない:2007/02/14(水) 05:43:19 ID:ylTiKRiT
家庭教師の紹介所から、最初電話が来たとき、
その子の所属中学と、だいたいの成績と、志望校を説明された後、
「あの…本当に引き受けていただけますか?」って聞かれたんだけど、
その意味深な質問の意味が分かってきたのは、引き受けた後になってからだった。

全部落ちたらニートになります、なんて言ってたから、
本当に全部落ちたらどうしようかと思ってたんだけど、
共学は共学だし、第一志望落ちたっていっても、できる限り頑張ってダメだったわけだから、
本人的にも、納得いってると思う。

ああ…今まで受け持った受験生の中で、一番短期で、正直一番いろいろ大変だったわ…
受かってくれてありがとう、だなぁ。

840 :名前はいらない:2007/02/14(水) 05:58:31 ID:ylTiKRiT
実は、お正月に実家に帰ったときに、
合格祈願のお守りを、地元の有名なお寺で買ってきて、
1月の最初の家庭教師のときにあげたんだけど、
きっと受かった後に渡せるようにと、
一緒に、ハート型の良縁のお守りも買ったんだよねw

絶対共学に行きたい!っていうし、変な男の子じゃなくて、
素敵な男の子との出会いがあるようにって…

渡せることになって嬉しい。

841 :名前はいらない:2007/02/14(水) 16:10:39 ID:EqoltRvE
よかったねw
他人事ながら、なんかほろっときました。

842 :A道化 ◆lXZBPVO3GQ :2007/02/14(水) 23:45:20 ID:Pd+dOpul
貴方や俺の心は鍛え抜かれた鋼のようなものだね。
そう考えるとなんだか笑えてくるね。

843 :名前はいらない:2007/02/15(木) 13:27:43 ID:90tTUM+0
【機能不全家族とは】
1)身体的虐待があった。
2)性的虐待があった。
3)精神的虐待があった。
(1)家庭内が不和であった。
(2)家庭内に怒りの爆発がよくあった。
(3)愛情が欠如した寂しい家庭であった。
(4)人格や尊厳が否定されるような行動や言葉がある家庭であった。
(5)傷つく言葉を言われる家庭であった。
(6)罪の意識をうえつけられる家庭であった。
(7)なんらかの脅しがある家庭であった。
(8)家庭内でおこっていることを外で話さないように言われる家庭であった。
(9)見捨てられることを言われる家庭であった。
(10)他人や兄弟姉妹とたびたび比較される家庭であった。
(11)親の思い通りに制御される家庭であった。
(12)親の期待が大きすぎる家庭であった。
(13)他人の目を気にする、表面だけよくふるまう家庭であった。
(14)多くの秘密がある家庭であった。
(15)容姿をからかわれることがある家庭であった。
(16)自分の存在を否定された家庭であった。
(17)依存症や共依存の者がいる家庭であった。
(18)家庭内ルールに一貫性がない家庭であった。

これ20個全部当てはまるんだけど…
そんな私はどうすれば;

844 :名前はいらない:2007/02/15(木) 13:38:15 ID:90tTUM+0
鍛え抜かれた鋼か…
一見聞こえはいいけど、全然幸せそうな言葉じゃないね。
ならずに済むならなりたくなかったな。

845 :名前はいらない:2007/02/15(木) 13:46:21 ID:90tTUM+0
(14)多くの秘密がある家庭であった。

そう。沢山あるけど、その一つを知ったがために自殺を考えたほどだった。
この血は絶やさなければならないと。

大袈裟に聞こえるかもしれないけど、小学生だった私は、
本気でそれを考えたんだ。
大きすぎる秘密なうえ、とても小学生が知っていいようなことじゃなかった。
今でも、あんなことを小学生に話した母親の理性を疑う。

846 :名前はいらない:2007/02/15(木) 14:50:42 ID:90tTUM+0
なんか思った…
私、よく今まで自殺せずに生きてきたわ…

847 :名前はいらない:2007/02/16(金) 00:45:22 ID:0EuAPlSa
[編集] 定義の変遷

原義は「アルコール依存症の親のもとで育ち、成人した人々」を指す言葉
(Adult Children of Alcoholics, ACA, ACoA)である。
1970年代、アメリカの社会福祉援助などケースワークの現場の人たちが、自分たちの経験から得た知識で、
名づけて呼び始めたものである。学術的な言葉ではない。
したがって背景にある社会や現場の状況の変化にともなって、定義が少しずつ変わってきている。

その後、アルコール依存症の親ばかりでなく、広義的に子供の成育に悪影響を与える親のもとで育ち、
成長してもなお精神的影響を受けつづける人々もアダルトチルドレンの範疇に含める考え方が登場した。
クラウディア・ブラックがその提唱者の代表格である。
この場合「Adult Children of Dysfunctional Family, and or AC of Divorce, ACoD ……機能不全家族
(不健全な親の家庭)・離婚家庭、のもとで育ち成人した人々」と言われ、現在ではもっぱらACというと
このケースを指す。ただし、この定義によるACである人は、ただちに社会生活に支障があるわけではなく、
むしろ自身がACであってもそれを自覚もせず大して苦にもしていない人々が大多数であり、
一般成人の6〜7割がACといわれている。そのごく一部が心的ダメージが強くメンタルケアが必要とされる。

そして、徐々にメンタルケア(心理療法)が必要な人をACと呼ぶようになってきている。
メンタルケアの現場では、幼少時代から親(血縁上の親とは限らない)から正当な愛情を受けられず、
身体的・精神・心理的虐待を受け続けて成人し、社会生活に対する違和感があったり子供時代の心的ダメージに悩み、
苦しみをもつ人々の総称と解釈されるようにACという言葉が育ってきている。
「あなたはACです」と宣告される場合は、メンタルケアが必要な状態であるケースが多い。

848 :名前はいらない:2007/02/16(金) 00:52:35 ID:0EuAPlSa
学術的な立場について

●AC理論と医学界

全般的に日本の精神医学界ではAC理論とは距離を取っている。
それは前述のACの定義から社会ではACは多数派であり、
ACであっても一般社会生活に当面支障のない人が大半であることが
理由とされている。
心的苦しみが極度に進行し精神科的治療が必要な症例だけに
虐待や喪失体験による心的障害として位置づけられている。
したがって「ACとは病気ではない」という見方をする。
しかし一部にAC理論を正面から受け入れ、カウンセラーも兼任して
患者と向きあい治療を行っている医師もいる。

●ACと社会問題について

現在の社会問題である、子供の不登校・引きこもり・家庭内暴力・若者がキレる・
凶悪犯罪、などの現象はAC理論と密接に結びついてるという見方が固まりつつある。
これまでは、それぞれの現象は個別に研究されている傾向があったが、
主としてメンタルケアを直接行っているカウンセラーなどのあいだで、
児童期の養育環境・親子関係の問題として統合される過程にある。

849 :名前はいらない:2007/02/16(金) 00:56:29 ID:0EuAPlSa
●著作活動による社会への理解

ACに関する文献は米英国を中心にいくつか出版され、
国内ではそうした文献を翻訳していく中で、アルコール依存症
(アル中)の患者の治療で定評のある斎藤学の著作から広まっていったが、
その本来のアルコール依存の人を主にする機能不全家族の中での
幼少期のストレス体験という意味から離れて、
恣意的な意味でマスコミで流布するようになり、
斎藤学は、自らこの語を使うことを一切やめ、
自らの開いた家族機能研究所も、この言葉との関係を現在では絶っている。

90年代後半に入り、不景気と就職難を背景に社会的にメンタルな病気の
増大とともに、ACも再度注目をうけるようになり、
斎藤学、西尾和美、信田さよこなどの著作や、いくつかの米英国人の著作を
通してアダルトチルドレンの認識が広がりつつあるが、
マスコミによる誤認情報の流布の影響もあり、
AC問題はいまだマイノリティーといわざるを得ない。

しかし、医療機関に属する心理カウンセラーの間では既にAC問題は常識と
なっており、主な受け皿となっている。
またACODAなどの全国自助グループもあり全都道府県で自助活動が行われ、
まだまだ表舞台にいるとは云えないが、
全国のAC問題を抱える人にとって一助となっている。

850 :名前はいらない:2007/02/16(金) 00:57:10 ID:0EuAPlSa
●ACへの批判

AC問題は世間一般ではかなり誤解を受けており、批判も受けている。
・簡単な誤解としては、
「子どものような大人」、「大人になりきれていない未熟な人」などである。
・批判としては、
「いい年をして自分の人格未熟な部分を親のせいにするな」が代表的な例である。

こうした誤解・批判がAC問題に悩む人にとって解決への大きな足かせとなっている。
ただし、AC自認者の一部にACを特権・免罪符と勘違いしているトラブルメーカーも
存在しているため、前述の批判が必ずしも的外れとはいえないこともある。

専門家側からは概念の曖昧さが指摘されたり、
ACOAと非ACOAの差が見られないとする研究結果が報告されており、
日本では精神分析学に批判的な岩波明や矢幡洋などの
精神科医や心理士がAC概念の有用性を疑問視している。

851 :名前はいらない:2007/02/16(金) 01:20:12 ID:0EuAPlSa
自己診断だけどやってみた

●ACの主要な特徴

・正しいと思われることにも疑いをもつ →YES
・最初から最後まで、ひとつのことをやり抜くことが難しい →NO
・本音を言えるような場面で嘘をつく →NO
・自分を情け容赦なく批判する →YES
・自分のことを深刻に考え過ぎる →YES
・様々なことを楽しむことができない →NO
・他人と親密な(心の通った)関係がもてない →自覚がないだけでYESかも
・環境の変化に過剰反応する →NO
・常に他人から肯定され、受け入れられることを求めている →NO
・自分は他人とは違っていると感じている →YES
・過剰に責任をもったり、過剰に無責任になったりする →NO 両極端な状態にはならない
・従うことに価値がない場面でも、従いがちである →NO
・衝動的で、ひとつのことに閉じこもる →NO
その他にも
・離人感、自分が自分でなくなるような感覚 →YES 子供の頃はあった
・身体性が希薄 →NO
・他人への依存 →NO??
・自立的な判断と思考の欠如・周囲の期待に合わせようとする →NO
・ストレートに「いやです」が言えない →相手による
・甘えと愛情、依存、しがみつきの区別がつかない →NO
・被害妄想を持つことがある →YES でも母親に比べればだいぶマシ
・喜怒哀楽の表現が不得手 →YES?? 怒りの表現は確かに不得意
・楽しむこと、遊ぶことがうまくできない →NO
・自分を殺して、違う自分、期待されている自分を演技してしまう →NO
・他人からの承認を必要とする →NO
・自己処罰癖、自罰傾向がある →YESYES
・無力感を訴え、心身症に陥りやすい →YESYESYES 今まさにその状態なわけで
などがある。

852 :名前はいらない:2007/02/16(金) 01:43:34 ID:0EuAPlSa
●ACの習慣化された思考

・先取り不安と時間感覚の障害 →YES
まだ起っていない悪い未来への不安に縛られてしまう。
また「自分の将来に待っているのは悪い未来ばかり」としか思えない。

・見捨てられ不安 →NO
良い子の自分でいないと、好きな人から嫌われてしまうし、
愛してもらえないと思う。

・マインド・リーディング →NO
相手の言動や表情から「自分はイヤがられている」「私がこの人
不快にさせてしまった」など悪い答えばかりを引き出してしまう読心術。

・承認欲求と愛されたい願望 →NO
「認められたい」「愛されたい」という他者への過度の欲求で、
自分自身を混乱させてしまう。

・テスティング →NO 全く無い
相手を困らせたり不快がらせる言動をわざとして、
自分への愛情度を測る「試し行動」。

853 :名前はいらない:2007/02/16(金) 01:45:02 ID:0EuAPlSa
・親密感と距離感の問題 →NO
他者との関係が、くっつき過ぎか離れ過ぎかのどちらかになってしまい
適度な距離感が実感できず、維持できない。

・対人恐怖 →YES??
むしろ相手との関係が親密になってゆく過程で出てくる問題で、
表面的な関係では極度な対人緊張として感じる。

・自他の境界線の問題 →YES 相手による
他者の感情や行動上の問題に、自ら巻き込まれてしまう。
あるいは逆に自分の 感情や行動へ相手を巻き込んでしまう。

・白黒思考 →NO 最近自分はこれに当てはまらないと気付いた
オール・オア・ナッシングで、自分の中にいつも二者択一の選択肢しかない。

・完璧主義 →NO このタイプの完璧主義者ではない
白黒思考と似た考え方で、「すべての準備」 や「成功への約束」が
整わないと、何もしない完璧主義者になりやすい。
過剰に自責的な一方で無責任とも言える。

854 :名前はいらない:2007/02/16(金) 01:45:50 ID:0EuAPlSa
・パワーゲーム思考 →確実にNO
人間関係を「優・劣」「上・下」「勝ち・負け」の尺度で見てしまう。
しかも多くの場合、自分が「劣」「下」「負け」側になっている。

・自己主張の問題 →NO
嫌なことを「イヤ」と相手に言えなかったり、
正当な欲求や要求を「自分のわがまま」だと思い込んでしまい、
言葉にして伝えることができない。

・責任感の問題 →NO
「この場をつまらなくさせているのは自分がいるからだ」など、
過剰で不要な責任を感じてしまう反面 、
果たす必要がある責任を放棄してしまう。

・自分の感覚や感情への不確実感 →NO
「嫌だ」「好きだ」と感じた自分の感覚や、怒りなどの自分の感情に、
「そう感じた通りで正しい」と いう実感がもちにくい。

この他にも
・怒りの感情と、その表現の仕方(伝え方)の問題 →YES
・淋しさの感情と、その感情とのつきあい方の問題 →YES たぶん
・問題自体の否認やコントロール欲求の強さ →NO 問題自体を否認することはない
などが報告されている。

855 :名前はいらない:2007/02/16(金) 01:53:59 ID:0EuAPlSa
なんかこうやって見ると、ACになりやすい環境で育った割には、
私自身は、ACの特徴をそれほど持ってない気がするんだけど…

うーん…

856 :名前はいらない:2007/02/16(金) 04:10:19 ID:0EuAPlSa
「機能不全家族」のことをネットで調べるほど、
これはまさしく、うちのことだ!!と思うんだけど、
私自身も、「アダルトチルドレン」の定義について誤解をしていて、
いい歳になって、いつまでも親のことを責めるのは、本当は恥だと思ってた。

でも、その恥を、敢えてさらけ出そうと意識的にしてきた。
それがこのスレで、私が執拗に自分の親のことを書いてきた理由だと思う。

家の中のことを外で話すなんてみっともないよ、とたしなめる友達と、
絶対に外に漏らしてはいけない、という親との、
内と外の両方からの圧力に、子供の頃からずっと疑問を感じ、抵抗してきた気がする。

もう、とても内に秘めておけるようなレベルではないくらい、
子供の頃から、日常的に大きなストレスを感じてきた結果かもしれない。
あるいは無意識に、自分の危機的状況の突破口を探していたのかもしれない。
私が、今までそれなりに道を外れたような行動をしないで来たのも、
時折、自分の家族について外で不平を漏らすことが、
少なくても、自分的にはタブーではなかったからかもしれない。
私は明らかに、憤りを感じていた。






857 :名前はいらない:2007/02/16(金) 04:27:47 ID:0EuAPlSa
躾と称して精神的虐待をすることはよくあることだけど、
私が鮮明に覚えていて、トラウマになってることは、
私が大事にしているものを、ある日突然、自分の留守中に捨てられることだった。

学校から帰ったら、跡形もなくなっている、ということが時々あった。
理由は、「家が狭いし、邪魔だから」
邪魔だから何か捨てるとなったら、真っ先に捨てられたのは私の物だった。

今でも、ときどき夢に見る。
自分が大事にしているものを、なんの躊躇いもなく親が勝手に捨てるという夢。
どんなに嘆いても、親に文句を言っても、
捨てられたものは、もう二度と戻ってこない。
そういう経験を、子供の頃何度も繰り返していたことは事実だ。

もう一つは、与えては奪う、ということ。
いろいろ習い事を始めさせるのに、いざ私が夢中になると、
勉強の邪魔だから、という理由で、強制的に辞めさせる。
習い事を始めさせるのは、自分の子に教養をつけさせたいという親の自己満足で、
辞めさせるのも、親の勝手な考えでだったと思う。

そうやって、始めさせられては辞めさせられ、始めさせられては辞めさせられ、
私は最後に、自分の魂と言えるほど大事だったものを強制的に取り上げられた。

どんな幼い子供にも、大切にしているものはある。
それを取り上げられ、もう二度と戻ってこないということが、どれほど辛いことか、
私はよく知ってる。

858 :名前はいらない:2007/02/16(金) 04:40:50 ID:0EuAPlSa
今でも思う。家が手狭で物が邪魔なら、
なんで親は、まず自分の持ち物を整理することをしなかったんだろうと。

どうして捨てたの!?と半泣きで叫ぶ私に、母親が言ったのは、
邪魔だし、要らないでしょ。仕方ないのよ。
どうしてあなたはそんなに物に執着するの??
要らないものは、ちゃんと捨てる癖をつけないと。

それだけだった。

要らないものかどうかを判断するのはあくまでも親で、
一切の口答えは許されなかった。

「親に養ってもらっているうちは、親のすることに一切口出しするな」
『大草原の小さな家』に、そういうセリフが出てくるらしいけど、
開拓期のアメリカの状況と、現代日本の状況の違いをすっとばして、
自分に都合のいい、そういう言葉だけを、躾に使われていた記憶がある。

母親はそういう自分の行動に、何の疑問も感じてなかった。
うちは厳しく躾けている、ということが、むしろ母親の誇りだった。

859 :名前はいらない:2007/02/16(金) 05:13:59 ID:0EuAPlSa
厳しく躾けていることが誇り、というか、
近所のおばさんと、どっちのほうが厳しく躾けているか、競っていた気がする。
私はよくその家の子と比べられたし、
その子の家では、子供がテレビを見ていい時間が1時間なら、
うちは30分。というふうだった。

その貴重な30分は、妹優先でアニメに、
さらにそのアニメさえ、父親優先でニュースにチャンネルを変えられるのが日常で、
だから私は、日本で生まれ育ったにも関わらず、当時のテレビ番組をほとんど知らない。
音楽番組も全く見せてもらえなかった。お笑い番組なんてもってのほか。

もともと母親は、家族がテレビを見て笑っていると、何かイライラするらしく、
30分のアニメを見ているときでも、何かにつけ怒られたりしてた。
というか、自分抜きで家族が楽しそうにしているのが我慢できないみたいだった。


860 :名前はいらない:2007/02/17(土) 07:50:32 ID:8rXE+qpf
私が一番知りたいのは、機能不全家族そのもののことでも、
精神疾患のことでもない。

機能不全の家族なんていくらでも存在するというのに、
ある人たちは大丈夫で、ある人たちには何らかの異常が出てくる。
その違いが生まれる理由を知りたいんだ。


861 :A道化 ◆lXZBPVO3GQ :2007/02/17(土) 18:42:47 ID:PwYY27jO
俺は家のことを他人には話さなかったな。
小さい頃から放置されていて、ふさぎがちだったし、
自分の家庭環境を恥じていたから。
あとことあるごとにぎゃあぎゃあ騒ぐ母親が醜くて嫌いだったからな。

その結果自己破壊的な衝動が強くなったのかな。

ACの自己判断ほぼ的中でギガンティックメタヴァルスwwwwwww
全部あたってるっぽい。て(`э´)ノ

862 :名前はいらない:2007/02/18(日) 01:40:12 ID:G6wxAo/H
人間関係には、親子関係に限らず、あるパターンがあると思うんだ。

相手が先にキレてしまうと、こっちはもうキレられない(自分の感情を押し殺す)
相手に先に甘えられてしまうと、こっちはもう甘えられない(自分の感情を押し殺す)

もちろん、彼氏のように、相手がキレようがキレ返すことができる人もいるけど、
それはある意味、状況とか、自分と相手との位置関係に疎いからできることで、
そういうことに敏感だと、どうしても自分を抑えて我慢するほうに回ってしまう。
というか、否応なしに、そういう役割を押し付けられてしまう。

うちの両親は、長女である私に切れ、甘え、
親子という関係が逆転したままの状態が、十数年続いていた。
他に介入する大人もいないので、両親は自分の行動を反省したりすることもなく、
延々と、私に頼りっぱなしの状況が続き、
しかもそれは、当人たちにとっては、親としての当然の「躾」だった。

私は、生まれてすぐ、親とは別部屋で一人で寝かせられていたんだよ。
それは母親が、「甘えた子に育って欲しくないから」だったと言ってたけど、
本当は、自分が子供に甘えられるのが嫌だったからだと思う。

うちの親は両方とも、根本的に子供が好きじゃなかったのに、
「みんな産むから」「産むのが当たり前」程度の理由で、子供を産んだんだ。
そういう親は、今でも沢山いるだろうけどね。

863 :名前はいらない:2007/02/18(日) 13:04:15 ID:G6wxAo/H
親のことを悪く言ってばかりきたけど、
心の底では、もう諦めてる。
許す、のではなくて、諦めてる。

子供のころから、私と両親の間には、温かいコミュニケーションなんてなかった。
もうこの歳になって、たとえ両親が改心したところで、
どう私とコミュニケーションをとっていいか、分からないんだと思う。

「叱る」「プレッシャーをかける」「愚痴を吐く」
基本的にそれ以外、うちの親は私に何をしていいのか解らないのだと思う。


母親から私の口座にお金が振り込まれてた。
私は、お金をもらえば機嫌を直して尻尾を振るような単純な人間じゃない。
だけど、多分これが、親が考えうる精一杯なんだろうという気はした。

どう頑張ったって、何歳私より年上だったって、
うちの両親は私より精神年齢が幼いんだ。
それはもう、私が文句を言おうと、どうしようと、もう仕方のないことなんだ。

怒りと、諦め。
怒りと、諦め。
結局いつも、その繰り返しで、
私は最後には、「それでも育ててくれたんだから」と自分に言い聞かせることになる。




864 :名前はいらない:2007/02/18(日) 13:53:04 ID:G6wxAo/H
親が結婚して私を産んだのと同じくらいの年齢に自分がなってみて初めて、
どう考えても、やっぱり、うちの親の精神年齢は実年齢に見合わないと、
もう自分への言い訳や慰めの言葉も見つからないくらい、
リアルに解るようになった。

怒りと、諦め。
怒りと、諦め。
親にほんの少し優しいところがみえただけで、
期待してみては、また裏切られ、期待しては、また裏切られ…

ACの特徴にはあまり該当しない気がするけど、
私の中に、インナーチャイルドっていうものが存在するのは確かだ。
私が思っている以上に、私の中のインナーチャイルドはまだ幼いのかもしれない。

小学生の頃、母親のひざに甘えて泣こうとしたとき、
「気持ち悪い!触らないで!!」と母親に飛びのかれたことが忘れられない。
多分、私の中のインナーチャイルドは、あのとき泣けなかったまま、
今でも私の心の中にいるのだと思う。


865 :名前はいらない:2007/02/18(日) 14:31:20 ID:G6wxAo/H
http://www11.ocn.ne.jp/~oneness/innerex.html

ここ、読んでみるといいかも。
ちょっと長いけど時間があれば。

866 :名前はいらない:2007/02/18(日) 14:49:25 ID:G6wxAo/H
インナーチャイルドで調べると、
なんかお金取るセラピー系のサイトがいろいろ出てくるんだが…

HPの感じからしても、女性向けで、この言葉自体が一種の流行語っぽい感じで、
なんかちょっと私が求めるものと違う…というようなページが多い。
医療用語なわけじゃないから仕方ないのかもしれないけど…

でもまぁ、インナーチャイルドっていうか、子供らしい子供時代を送れなかった、
今でも子供のままのもう一人の自分が、心の隅にいるのは分かる。
私の場合何歳まで記憶を遡ればいいんだろう…
もしかして、生後7ヶ月??



867 :A道化 ◆lXZBPVO3GQ :2007/02/18(日) 18:57:14 ID:g1mCzeJ6
人間は不安に名前をつけて安心したがるからね。

プライマルスクリームやりたいね。

868 :名前はいらない:2007/02/19(月) 19:56:44 ID:ZFvIB7Fo
前にも書いたことがあるけど、もう1年以上ずっと、寝汗がひどい。
明け方に冷えた汗で寒くて起きて、パジャマを替えるのが日課になってる。
で、休みの日なんかにお昼ごろお昼寝をしても、また汗でグッショリ。
今日なんて、3回もシャワー浴びたよ…

どの程度の寝汗かって、洗濯して脱水かけた後の衣類くらい。
前までは上半身だけだったのに、最近全身に寝汗をかくようになった。
どうも、暑さ寒さは全く関係ないみたいで、
また精神的なことが原因か…とは思ってるんだけど、
もう3週間ずっと○○炎が治らないから、腎盂炎のせいかなと思ったけど、
寝汗に関係するのはむしろ肝臓らしいし、でも全くお酒飲んでないし、
まさか結核ってことも、悪性リンパ腫ってことも、ありえないような気がするんだけど…

もう、面白いくらいに、精神的なストレスが原因で即座に病気になる。
ちょっと無理してるかな…と気づいたころには、すでになんらかの病気になっている。
この身体、誰かと交換してほしいくらいだ。

869 :名前はいらない:2007/02/19(月) 20:15:25 ID:ZFvIB7Fo
さっさと病院行けばと思うだろうけど、もう行ったんだよね。
でも内科に行っても判然としないし、精神科の先生は、よく寝れてないんじゃないですか、程度で、
結局、要するにストレスが原因らしい、くらいのことしか解らず、
これ以上たくさん薬飲むのも嫌だし、ほっといて良くなるもんでもなさそうだし、
と思いながら、結局それ以上追求せずに放置してある。

でもよく寝れてないのは確かなんだよね…
寝汗で冷えて夜中に目が覚めるっていうより、もともとあった早朝覚醒に寝汗が加わった感じ。
夢は、異常なくらい鮮明な夢を一晩にいくつも見るし、起きてからもよく覚えてる。
ストーリーもすごくはっきりしてて、毎朝映画の脚本が書けそうなくらいだ。
でも、夢をよく見るっていうのは、よく寝れてないってことらしいから、
全然いいことじゃないんだけど。

なんにしても本当に、嫌になる。

870 :名前はいらない:2007/02/19(月) 20:40:08 ID:ZFvIB7Fo
今日見た夢も、スケールが壮大だった。
前なんか、地殻変動で日本列島が中国にくっついて、中国と日本との政治・
経済的な力関係が逆転する、とかいう夢だったんだけど、
基本的にSFみたいな世界が多い。

夢に出てきた世界の中では、生命は、心臓みたいな一つの器官の運動に依存するんじゃなく、
目に見えないたくさんのエネルギー粒子の集まりなのね。
で、その粒子は自ら増殖することが可能で、たとえ生命の危機にさらされても、
そのエネルギー粒子がゼロにならない限り、つまり他の生命体に生命エネルギー粒子を移動させれば、
その命は生き続けることができるの。
だけどある時、私が撃った弾が、なぜか私のほうに跳ね返って来て、
弾が近づくほどに、視界がオレンジ色でいっぱいになっていって、背後にある赤い色との間に、
ほんの少しできた黄色い空間に、私の生命エネルギー粒子が逃げ込もうとするんだけど、
時すでに遅く、オレンジと赤の間で、押し潰されてしまって、
ああ、私、死んだんだなって解ったんだよね。

で、自分が死んだ後も夢の物語は続き、
今度は、四角錐の形をした、ものすごく高くて、天辺に目のマークがついた、
石でできた塔みたいなのがでてきて、
それがどうもその世界の神?か、精霊か何かみたいなんだけど、
その神の生命エネルギーも粒子の集合体で、
黒い雲と強風に飲み込まれて、その神も死んでしまうの。
その塔は、途中何箇所か空間があって、要するに宙に浮いている状態なんだけど、
ピラミッドみたいな階段状のものは何もなくて、下から上るために作られた人工物じゃ
ないみたいだった。

三角形に目って…フリーメーソンかい!?って、起きてから思ったけど、
映像だけじゃなくて、どうも寝てる間に作曲してることもあるらしく、
起きたとたんに、聞いたこともない音楽が頭を流れてることもある。
もっとぐっすり眠りたい。

871 :名前はいらない:2007/02/20(火) 13:35:54 ID:+rir7+xD
もうマジで。ゆっくり寝て疲れを取りたいのに、むしろ寝るのが苦痛だ。
今朝なんて2回パジャマ替えた上、起きたらまたビッショリだった。
どうなってるの??

面倒だけど、別の病院に行ってみることにした。
夜中に何度も起きて下着まで全部着替えるのは、正直苦痛…
起きるたびに寒くて、そのうち風邪ひきそうだ。
こんなに毎晩汗かいてて、脱水症状にならないんだろうか。
しっかりしてよ私の身体…


872 :名前はいらない:2007/02/21(水) 13:40:23 ID:acU9F3ap
2ちゃん以外の掲示板なんだけど、寝汗で悩んでる人たちの掲示板があって、
書き込んでみた。
私よりずっと何年も、私みたいな症状で、
いろいろ病院に行っても治らない人が結構いるんだと分かって少し安心した。
結局のところ、解決法は見当たらないんだけど…

昨日はもう仕方なく、睡眠薬を通常の量の3倍飲んで寝た。
そしたら、多少は寝汗の量が少なくて、いつもよりよく寝れた。
それでも夢は見たけど、久しぶりに寝た気がした。

873 :名前はいらない:2007/02/21(水) 13:51:10 ID:acU9F3ap
あんまり言いたくないけど、これだけ寝汗をかいてれば寝具も汚れるわけで…
今日は天気がいいから、毛布とかシーツとか全部洗って干して、
その後で血液検査に行くことにした。
パジャマはともかく、毛布類は天気がよくないと洗えないから、
今日天気が良くてうれしい。
ちょっとした嬉しいこと。

874 :名前はいらない:2007/02/21(水) 14:32:09 ID:acU9F3ap
じゃあね。
パケ代に気をつけなね。

875 :名前はいらない:2007/02/21(水) 20:04:04 ID:acU9F3ap
つかれた。

来週の火曜、新宿で父親に会う。出張のついでに。
結婚の話がメインか、私の本業の話がメインか、それとも、
自分ではどうにも母親との関係が収拾つかないので母親のいないところで相談したいのか、
なんにしても、
考えるだけで疲れる。
このところの悪夢はそのせいかもしれない。

私がうつ状態が酷くなってきていたのとは裏腹に、
数日前、母親が、何事もなかったかのように電話してきた。
ああ…この人は、散々周りの人間を苦しめた上、自分だけ先に回復する人なんだと、
今更のように思った。
この父と母がいる限り、私のうつは決して治ることはないだろうと思った。

876 :名前はいらない:2007/02/21(水) 20:17:44 ID:acU9F3ap
もうお母さんと二人ではやっていけないから、
今の人とは別れて、地元で婿入り養子を探して結婚しなさい、とか言われたら笑うな。

ありえなくもないが。

いや、でもそこまで言われたら、いくらうつ状態が酷い今の私でもキレるわ。
私のこと一度でも、自分の娘、いや「人間」だと思ったことある??って。

なんにせよ、うちの母親に「うつ」という病気を理解させるのは無理だと再度思い知った。
情報を一度頭に入れても、自分にとって都合の悪いことは全部、
初めからなかったことにしてしまう。勝手に思考がそう切り替わるらしい。
なかったことにすれば、反省する必要もない。
そして、一番可哀相なのは私、というお決まりのパターンを取る。

私もそんなふうに思考できる人間に生まれてたら、さぞかし楽だったろうに。


877 :名前はいらない:2007/02/22(木) 01:59:51 ID:uc9QmD72
なんかね、思うのは、いろんな意味で、
君より私のほうが、実際にははるかに重症だということだ。

私は、自分のほうが重くて深い心の闇を抱えているにも関わらず、
自分ほど心配する必要のない君のことを、一生懸命になって心配してきた。
君がだいぶ前に言っていた病気のことも、妹に聞いたら、
それほど心配する必要のあるものじゃないらしいし(妹の専門分野だから)。

ずいぶん前だけど、君が言ってたでしょ。
病院に行けないほどの状態って、想像つかない…とか。
私、その言葉を聞いたとき、君のうつ症状って、
実はそれほど大したことないんだってことを悟ったんだ。
薬の量が少ないのも納得いった。

私は、なんら罪悪感に苛まれることなく、もっと自分の心配をしないと。
周囲の人間の世話をすべきで、自分のことを心配するのは悪いことだ、というのは、
私が子供の頃から刷り込まれてきた、間違った考え方だ。
自分を大事にするのは、悪いことじゃない。罪悪感を感じるべきことでもない。
だから、周りの人間がどう非難してこようが、自分を一番大事にすべきだ。





878 :名前はいらない:2007/02/22(木) 03:22:20 ID:uc9QmD72
このスレを誰が読んでいるのか知らない。何人読んでいるのか、男か女かも知らない。

でも、君に宛てて、一つ前から思っていたことを打ち明けようと思う。
君は、君自身が思っているほどには、世の中の現実を知らない。

君がずっと前に書いた詩の中に、私の負った大きな心の傷に、
ダイレクトに刃物を刺すようなものがあったね。そう、だいぶ前のことだ。
君は、よく書けた詩だと自分で褒めていた。
私はそれに対して激しく反論したけど、もう忘れてしまったのではないかな。
でも今、私が子供の頃から思春期に渡って、父親から性的虐待を受けていたと告白すれば、
あの時の私の激しい反論の意味が分かるはずだ。

私が受けていたのは最重度の虐待ではなかった。
でも私が今でもスカートをほとんど持っておらず、めったに穿かないのは、
父親にいつ何をされるか分からなかったために、
とても家でそんな服を着ていられなかったからだ。
キャミソール類も着たことがないし、寝るときもブラをしていた。
そうでないと、安心して眠れなかった。

私にとって、家は、とても安全と呼べる場所ではなく、
むしろいつも気を張って、身の安全を確保しなくてはいけない場所だった。

879 :名前はいらない:2007/02/22(木) 03:35:46 ID:uc9QmD72
自殺?
何度も何度も考えたよ。
私が死ねば、いくらあの父親でも、私がどれだけ苦しんでいたか分かるんじゃないかって。
そう思って、理科の一研究用に父親にもらったある劇薬を、
ずっと机の引き出しの中にしまっていた。
これを飲んで死ねば、父親にも分かるんじゃないかって。
いつでも飲めるように、利き手である右手ですぐ取り出せる位置に置いてあった。

君のあの詩を読んで、直感的に分かったんだ。
君は、半分おもしろがっている。
人の心の傷を楽しんでいる。
そして君自身には、そういう実体験がない、ということも。

君がどんなに理屈を並べ立てようと、分かる人には分かるものなんだよ。
君は、いや君たちは、性的虐待を受けた女性に対して、非常に無知で、無頓着だ。
だからこそあんなものが作れる。

君は、ああいうものが、私や、私のような女性の受けた傷を癒すとでも思ったの?
君たちの言っていることは、言い訳でしかない。
君たちの行っていることは、どう言い繕っても、一つの商業活動なんだ。
一円でもお金を得ている時点で、そういう建前は通じないと思ったほうがいい。

880 :名前はいらない:2007/02/22(木) 03:58:03 ID:uc9QmD72
私が君のあの詩に抗議してからしばらく後に、
私の生活にある大きな変化が起こった。
君もよく知っている通りだ。

あれは、偶然のようであって、偶然ではなかった。
私は、君の感受性の低さに失望していた。
少なくともあれをきっかけに、私の心は君から離れてしまった。
君は決して、私の心の底の傷を本当に理解することはないだろうと、
はっきりと悟ってしまったからね。
そしてその考えは、最近になっても変わらない。
君が最近作り出したものにも、似たようなものが含まれていたからね。


881 :名前はいらない:2007/02/22(木) 04:04:34 ID:uc9QmD72
彼氏はね、私を守ろう、守ろうとしてくれるよ。
潔癖症だからというのもあるけれど。
でも、私が父親に虐待を受けていたということも、二三日前に話した。
相当にショックだったみたいだけれど、
最後にはしっかり私の目を見て、両手を握って、事実を受け止めてくれた。

君はどうだろうね。
私から目をそらすんじゃないかな。

私は真面目にそうじゃないかと思っているよ。



882 :名前はいらない:2007/02/22(木) 04:25:08 ID:uc9QmD72
君は、私に似せて、私の存在をネタにして、
今まで、私の心の傷に寄生するようにして生きてきた。
君の頭の中では、愛情と暴力は表裏一体なんだろうけど、
そういう君の感覚は、決して普遍的なものではないと知るべきだ。

私はもうこれ以上、君に自分の人生を搾取されたくない。
私が居なくなって、君がネタに困ったとしても、それは私の知るところではない。
むしろ、それが君の本来の姿だ。

883 :停止しました。。。:停止
真・スレッドストッパー。。。( ̄ー ̄)ニヤリッ

330 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)