5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ぃぇーぃ

1 :名無し屋さん ◆77483qp02s :04/05/02 19:28 ID:Rb+y7avC
俺が来たからにはもう安心だ!
ポエム板のみんなを救いに来たぜ!!!

2 :名無し屋さん ◆77483qp02s :04/05/02 19:28 ID:Rb+y7avC
なんていうか2

3 :名前はいらない:04/05/02 19:28 ID:A+JPNdPd
>>1
ありがとう!ちょっとまじで感動した。
アクティブってのはいい事だね、うん。

4 :まりーぬ ◆tN/IsOnbhE :04/05/02 19:29 ID:IlyJpxAs
いいかげにしなさい!!

5 :しあ ◆SHIA///FtE :04/05/02 19:29 ID:+iaQV1tP
>>1期待age

6 :soft ◆ZYsoftMCT2 :04/05/02 19:29 ID:kLiN0sRV
>>1
おい!天皇賞で5万負けたぞ!!
俺に5万返せ!!俺を救ってくれ!!

7 :名前はいらない:04/05/02 19:30 ID:vj/yj7fX
どう救われるんだい

8 :まりーぬ ◆tN/IsOnbhE :04/05/02 19:30 ID:IlyJpxAs
信じるものは救われる

9 :名前はいらない:04/05/02 19:31 ID:vj/yj7fX
>>6
夢追い人に代償はつきもの

10 :まりーぬ ◆tN/IsOnbhE :04/05/02 19:32 ID:IlyJpxAs
プゲラ!!本当に過疎板だな!!誰もいねぇ!!資源の無駄遣い!!頭おかしいんじゃないの!!

11 :名無し屋さん ◆77483qp02s :04/05/02 19:39 ID:Rb+y7avC
「ぬあんちん」
作:名無し屋さん

僕はぬあんちん。
僕と君とでぬあんちん。
みんな一緒にぬあんちん。
歌舞伎町でぬあんちん。
お台場フジテレビのあの球体の上でぬあんちん。
ちょっとそこのアレ取って。アレだよ。アレ。ぬあんちん。
残り少ないシャンプーのボトルに水入れるのやめてよ。ぬあんちん。
そうさ僕らはぬあんちん。

12 :Akila:04/05/02 19:51 ID:q+YEBhlE
はぁ?でしゃばってんじゃねーよヴォケが。

救われるって言われても別に捕らわれてないし・・・

13 :名前はいらない:04/05/02 20:01 ID:vj/yj7fX
【ちょっと背伸びした恋しませんか?】
http://love2.2ch.net/test/read.cgi/kageki/1082990847/l50

14 :むこうの317 ◆317..n/Ke6 :04/05/02 20:08 ID:z/U2UZgq
>>10
過疎すよー
しかし、なぜかコテの数は通常(板)の3倍(以上)。

ていうか、どこの板からのお客さん?(゚∀゚)ノ ハジメマステ

15 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :04/05/02 20:09 ID:MT1ac3f+
せめてケツ毛マソ並にはスレ伸ばしてくれるんだろうな・・・>>1よ

16 :ぼるじょあ ◆yEbBEcuFOU :04/05/02 20:12 ID:e2b7uVHm
(・З・)>>1 エェー?別に救われたくないYO!

17 :Mew ◆mewrkbizfg :04/05/04 01:34 ID:Rgza3dh/
勢いがたらんよ

18 :ぼるじょあ ◇yEbBEcuFOU:04/05/07 22:18 ID:sKxNNh/f
(・З・)>>17 エェー?そんなことないYO!

19 :名前はいらない:04/05/07 22:33 ID:8I7vZxns
http://qb3.2ch.net/test/read.cgi/sec2chd/1060174084/l50




20 :しあ ◆SHIA///FtE :04/05/11 17:53 ID:vbu/2R3J
>>1期待age

21 :しあ ◆SHIA///FtE :04/05/11 17:54 ID:vbu/2R3J
>>1期待age

22 :しあ ◆SHIA///FtE :04/05/12 22:18 ID:xe75GSvj
>>1期待age

23 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :04/05/12 23:33 ID:n3S7Rexu
ぃぇーい
僕の 落とした ハンカチ 拾ってくれた
彼女の 名前は みゆきさん
つまんで くれた 白い 布
すでに ただの 布じゃ ない

おいかけておいかけて休み時間
ブサイク親友かわしてあのねみゆきさん

しわを のばした スカートに
僕のハンカチ ひいてください
釘までなら ふせげます
泣いた時 僕のハンカチ 使ってください
ここのイニシャルの所が よく吸い取れます


ぃぇーぃ!
       そんなこといえたらどれだけいいだろう
ぃぇーぃ!
       冗談でもいいからふれてみたい言葉で
ぃぇーぃ!
       ドラえもんを本当に願ったあのころより
ぃぇーぃ!
       少しだけ進歩の僕の指先は震えていた


みゆきささん! あ、ありがと、とう、、、いや、その、
ハンカチなんです、これ、ハンカチなんです!

ぼくの ハンカチなんです!!

24 :名前はいらない:04/05/27 10:22 ID:4r+yBK+f
ヵッォ、ぉゃっょ

25 :Mana魔名:04/06/04 02:56 ID:/tcFqozQ
いくじなし、ベランダで日光浴 dance in the sun
えもしれぬ快感 腹から込み上げる
1発2発3発シャウト 狂ったように
いくじなし、ロッカーで月光浴 trance on the moon 

26 :なまはげ ◆jANAmAHagE :04/06/09 23:32 ID:6OQXGLM1
>>1期待age


27 :ねほん:遊びモード ◆Wiq5v/7bjE :04/06/10 01:09 ID:H9Rujsdw
『 カラッポ 』

感動?

なきたい?

笑いたい?

それぞれが自分勝手な主張をした映画評論家

主人公はのうみそを食べられて!!!!  彼らは評論家の資格がない 監督は黙って パンパンとメガフォンをいつものようになでる

28 :名前はいらない:04/10/02 00:40:46 ID:sIRbwJCx
終わり?

29 :♯あ:04/11/14 19:06:29 ID:V2KxY+bF
テスト

30 :名前はいらない:04/12/12 16:27:57 ID:L0Dn+/17
iiiii

31 :   ◆PhxXOOBGGU :04/12/22 21:23:42 ID:Dtg89OK2
期待hage

32 :すぐる ◆sugulu85W6 :04/12/28 00:36:55 ID:oRXg2p6N
ぃぇーぃヘ(^^ヘ)(ノ^^)ノ

33 :名前はいらない:2005/05/01(日) 23:39:38 ID:Qbb4Am5r
いェい

34 :ニケ ◆9w0nrIgO1k :2005/05/07(土) 00:13:18 ID:UeejOz6c
ぁぃιτょぁヶ゛τ  


35 :名前はいらない:2005/05/17(火) 23:48:24 ID:Ge3QDIS4
test

藤沢和 18408(6562)
橋口   10065(3475)
国枝    7722(2608)
音無    5854(1917)
小島太  5841(1912)
二ノ宮  5603(1824)
池江郎  5319(1719)
瀬戸口  5151(1657)
松田国  5043(1617)
田村   4741(1505)
増沢   4597(1452)

36 :名前はいらない:2005/05/17(火) 23:51:05 ID:Ge3QDIS4
test

藤沢和 18408(6562)
橋口    10065(3475)
国枝     7722(2608)
音無     5854(1917)
小島太  5841(1912)
二ノ宮   5603(1824)
池江郎  5319(1719)
瀬戸口  5151(1657)
松田国  5043(1617)
田村      4741(1505)
増沢      4597(1452)

37 :名前はいらない:2005/05/18(水) 00:05:50 ID:3C9y//R4
(騎手)
武豊  22205(7967)
横山典 13116(4604)
柴田善 11884(4148)
福永  10878(3776)
藤田  10516(3642)
後藤  10046(3468)
中舘    9238(3169)
田中勝  9178(3147)
四位    9100(3118)
北村宏  8357(2843)
池添    8249(2803)
松永    8043(2727)
蛯名    7186(2410)
幸      7027(2351)
熊沢    6670(2219)
勝浦    6600(2193)
内田博  6489(2152)
武幸   6295(2080)
本田   6035(1984)
佐藤哲  5908(1937)
石橋脩  5751(1879)
岩田    5549(1804)
秋山    5451(1768)
小牧太  5392(1746)
江田照  5314(1717)
吉田豊  5297(1711)
木幡    5246(1692)

38 :名前はいらない:2005/05/18(水) 00:08:16 ID:3C9y//R4
(騎手)
武豊   22205(7967)
横山典 13116(4604)
柴田善 11884(4148)
福永   10878(3776)
藤田   10516(3642)
後藤   10046(3468)
中舘     9238(3169)
田中勝  9178(3147)
四位    9100(3118)
北村宏  8357(2843)
池添    8249(2803)
松永    8043(2727)
蛯名    7186(2410)
幸      7027(2351)
熊沢    6670(2219)
勝浦    6600(2193)
内田博  6489(2152)
武幸   6295(2080)
本田   6035(1984)
佐藤哲  5908(1937)
石橋脩  5751(1879)
岩田    5549(1804)
秋山    5451(1768)
小牧太  5392(1746)
江田照  5314(1717)
吉田豊  5297(1711)
木幡    5246(1692)

39 :名前はいらない:2005/05/18(水) 00:10:37 ID:3C9y//R4
(騎手)
武豊   22205(7967)
横山典 13116(4604)
柴田善 11884(4148)
福永   10878(3776)
藤田   10516(3642)
後藤   10046(3468)
中舘     9238(3169)
田中勝  9178(3147)
四位     9100(3118)
北村宏  8357(2843)
池添     8249(2803)
松永     8043(2727)
蛯名     7186(2410)
幸        7027(2351)
熊沢     6670(2219)
勝浦     6600(2193)
内田博  6489(2152)
武幸       6295(2080)
本田       6035(1984)
佐藤哲  5908(1937)
石橋脩  5751(1879)
岩田     5549(1804)
秋山     5451(1768)
小牧太  5392(1746)
江田照  5314(1717)
吉田豊  5297(1711)
木幡     5246(1692)

40 :名前はいらない:2005/05/21(土) 19:36:35 ID:uNA74FrA
test

東京《3R》 3歳未勝利(ダ1400)          ハッケノジン   5着/7人/16頭
新潟《8R》 4歳以上500万下(芝1600)      セイシュンジダイ 3着/2人/16頭
新潟《11R》 邁進特別(1000万下・芝直1000) ステキプレゼント 11着/2人/16頭
東京《12R》 4歳以上500万下(芝1400)       ピアニスト    11着/10人/18頭
中京《12R》 4歳以上1000万下(ダ1700)     オジャマシマス  5着/10人/16頭

41 :名前はいらない:2005/05/21(土) 19:38:14 ID:uNA74FrA
test

東京《3R》 3歳未勝利(ダ1400)           ハッケノジン     5着/7人/16頭
新潟《8R》 4歳以上500万下(芝1600)      セイシュンジダイ  3着/2人/16頭
新潟《11R》 邁進特別(1000万下・芝直1000) ステキプレゼント 11着/2人/16頭
東京《12R》 4歳以上500万下(芝1400)       ピアニスト     11着/10人/18頭
中京《12R》 4歳以上1000万下(ダ1700)     オジャマシマス  5着/10人/16頭

42 :名前はいらない:2005/05/26(木) 19:41:55 ID:Dg4DCaPk
test

【日曜】
中京《7R》 4歳以上500万下(ダ1700)        イエス(57K・田中学)
中京《7R》 4歳以上500万下(ダ1700)        ゲッケイジュ(55K・柴原)
中京《11R》 飛騨ステークス(1600万下・芝1200) ナゾ(55K・長谷川)

43 :名前はいらない:2005/05/26(木) 19:42:56 ID:Dg4DCaPk
test

【日曜】
中京《7R》 4歳以上500万下(ダ1700)         イエス(57K・田中学)
中京《7R》 4歳以上500万下(ダ1700)         ゲッケイジュ(55K・柴原)
中京《11R》 飛騨ステークス(1600万下・芝1200) ナゾ(55K・長谷川)

44 :饂飩:2005/06/15(水) 19:59:43 ID:SL7Y5Zcz
なにがいぇーいだ!だっさー!
そして寂しい場所だ。こういう不発弾は爆破してやらなくてはな

45 :饂飩:2005/06/15(水) 20:05:50 ID:SL7Y5Zcz
あげちまった。ま、いいや。序章の一発目だ

コーシン

挙句の果てにラーメンの丼に溜まったコーンを救い出せ
カワイさの欠片もない無表情の笑みで繕ったハリボテスマイル
プライスレス。黄金の笊で砂金をすくって雨宿り
操れない人形とポンコツの戦車 語りつくせない人生と
げっそり焼けたイカ焼き げっそーー!
順番違い 暗号化したテキストの波を目で追って
とっさに視線を電光掲示板にすりかえる・・
あはぁあぁはぁはぁ 何処にいったんだ僕の麺玉は

46 :饂飩:2005/06/15(水) 20:18:23 ID:SL7Y5Zcz
俺様の記念すべき自スレにするがために
曖昧な文章をどっぷりつけ塗りつぶす真っ白な空壁

サバイバル

帰ってきた やつが帰ってきたよ!
あれから十数年 寝ずに波打ち際で待っていた甲斐があったさ
この瞬間のために体毛と年と 砂と魚と海ザメと手足を棒に振った
軽石のテトラポッドに乗ったその距離350メートル弱の水平線のアイツ
彼は結局バラバラ白骨死体になって帰ってきた
あっ!高波だ!スッパッシャーンシャーンシャーンーンーンン
彼は飲み込まれた 既に無い肉と脳みそと共に
彼を食らったネズミや海鳥や鯨も何年か前に死んでいて
そいつらもまたネズミや海鳥や鯨に食われて
・・・ヤツは後悔しながら死んでいったのだろうか
俺の後ろにはフル装備のキャンピングカーと焚き火の跡
そして700000回書き直した砂浜カレンダー
あと暇つぶしに作った14人の子供とワイフ
一番上のガキは会社の重役だ
ワイフに家庭は任せ 俺はずっとヤツを待っていた
俺よりも先に死んだアイツ 俺はワイフ達が来ない間はずっと一人で
同じ境遇だったんだろう 死んだからもういいんだ
時効は4年前 完全犯罪 樹立

47 :饂飩:2005/06/15(水) 20:25:08 ID:SL7Y5Zcz
凱旋

もういいかい まだだよ
もうだよ いいかいだちょ
まだやるかい まだだちょ
明日で良いかい 本日晴天
昨日のゴハンは 牛丼並み
なんでかな カナブン口に入ったちょ
忘れたよ いつから寝てるか
離れても 一緒だよ
今、目を食われた それは百足だね
下半身は ガスで膨張ぱーん
冷たいね 雨降ったからね
苦しいね 死んだのに
いつからだっけ ちょっと前
生きてるの 死んでるの
動けるの 動けない 縄だし
どうしようもないね そうですね
終わりですか もう 行こうよ
さようなら さようなら

48 :饂飩:2005/06/15(水) 20:26:56 ID:SL7Y5Zcz
とりあえずまた来ようっと。
ぶるぶるがっちょん


49 :饂飩:2005/06/17(金) 02:27:18 ID:r0STEriY
もし生きていたら 愛していると言ってくれ

50 :饂飩:2005/06/17(金) 02:47:52 ID:r0STEriY
俺のわがままに 金縛りでいる灰色の瞳のお前
指先からこぼれる音楽と ススキのような髪
模った血を一滴グラスに入れて 俺は酒を飲む

質素で角ばってて 誰にも似つかない女の笑顔でいた
お前の好きだった「彩られたモノトーン」は俺も好きだ
離れてからさ 恋しい気持ちに解き放たれた窓
この部屋の風景は 鳥が羽ばたき遠のいていくように
小さく 小さく なっていく 記憶の中にそっとしまえるくらいに

「考え直せ」 あの時 俺が決めるんだった
「そばに居てくれと」 言うべきだった
不可能な現実から 抜け出せやしない 一人で哀愁の彼方に
お前よ もし生きていたら どうしようもなくなってしまった俺に
あの潤んだ瞳で 愛していると言ってくれ 夢でもいいから
このセピアで染まった空を 俺が 引きずっちまってる
優しく俺の頭を撫でて 愛していると言ってくれ
薄暗いバーで一人 心で泣く俺に囁いてくれ 今でもSweetHeart

51 :饂飩:2005/06/17(金) 02:49:03 ID:r0STEriY
彼の存在が私を縛る

52 :饂飩:2005/06/17(金) 03:09:31 ID:r0STEriY
もういつのことでしょう 思い出しても仕方ないわ
忘れてみたわ 情熱と無垢で色づいたあの瞳を
とても自然で 力強く私を抱いてみせた腕も
あなたの歌と声が私を躍らせた 初めてだった

無闇に好きになれない私を 愛してくれたあの人
知らない間に私のほうから歩み寄っていたのね
蝕んでいく愛情と 一つになりたい願いが
私を壊してゆく それは不安だから 愛すためには

例えば春の匂い 待っても来ないあの人へ送るバラッド
ピアノの鍵盤を順番に弾いていくと あなたが歌うの 聴こえないけど
胸がきつくて脱ぎ捨てたくなる 毎日が一人
なんであの時 私を繋いでおいてくれなかったの
悲しみも別れも 忘れてしまうくらい今でも愛してる
寂しがりやのあなたは 今どうしているの
思い出してしまった あなた
この胸をどうやって押さえればいいの
離れてもあなたが付いてきてしまう
あなたの存在が あなたとの時間が私を縛る

53 :饂飩:2005/06/17(金) 03:12:53 ID:r0STEriY
身体にキスして 心に届け

54 :饂飩:2005/06/17(金) 03:24:02 ID:r0STEriY
自分以外を愛するのは とても不自然で決まりがないけど
ゼロ距離射撃で このわだかまりを吹き飛ばすのさ
不安と夢中を繰り返して 切磋琢磨に摩り替えて
理性を忘れて進むのさ 二人の間の見えない子供
それは二人の愛 育てていくんだ この先も
身体にキスして 心に届け キャッチボールで膨らます
綺麗は嘘さ 下劣が売りさ 光っても地味なこの愛を
二人よがりの大空にぶちまけて 夢を見ようよ最後まで
開いたときからそれは始まる 文字通りのメイクラヴ
たまにの 飼ったり 買ったり 勝ったり かったりぃーは真実さ
啜るほどに湧き出てくる奇跡の泉よ 永遠にバージン!

55 :饂飩:2005/06/18(土) 05:27:29 ID:0m9dLlGU
体位って正直に言わないと損だよな

56 :饂飩:2005/06/18(土) 06:05:58 ID:0m9dLlGU
夢でいて

蒼い朝に目覚める そっと吹く冷たい風に僕は
悲しくもない目で 一人止まった時間を夢見る
鳥の鳴き声と東の空からぼんやりと降る光
哀愁の歌と共に呟き ふと現実を触ってしまう
静かに俯き煙草に火を点けるけど 気は急ぐばかりで
空の下を滑る鳥を僕にして 自由を気取るんだ
紛れてもなお飛ぶ うわの空 反転していく

君の温もりを肌寒い肌で思い出しては 移ろいゆく心
変化しない世界の果ては 僕にしか見えずに
今もなお動き続ける生き物達    何も見えやしない
固まって冷えてゆく賞味期限切れの愛と
すれ違ってゆく思いが僕を痛める ねぇ君はまだ眠るの

気付かないでこの僕を 二人の夢を見ていて

57 :饂飩:2005/06/18(土) 06:08:18 ID:0m9dLlGU
尾崎豊の歌は好きだ。でも尾崎豊は嫌いだ

58 :饂飩:2005/06/18(土) 06:12:02 ID:0m9dLlGU
何かを感じて動かねば感動とはいえないのかな
それは心だけでなく何かの運動やキスやメッセージとか
サムシング

59 :饂飩:2005/06/18(土) 06:35:46 ID:0m9dLlGU
スパットリデケー

哀れな子羊たちに僅かながらのトキメキを
男には憧れのスポンジ脳みそのアイドルを
女にはその場で殺した動物のブランドバックを

満ち足りないジャンキーたちに永久の祈りを
乾いては捨て 果てた後蘇る永遠なる性器を
尽きない欲望を 唖然とする狂気に満ちたSEXに

おっぱじめろ おっぱい いぢめろ アヴァンギャルド
静止した気まずい終焉の歯車に隙だらけの悪戯を
あごきに時を進める可愛げのない針を折って
この夜の闇の一部に突き刺して 時の先を裂き
膨らんだ風船の中身を見るかのような闇の爆発
クリスマスにはトリスを頂こう 壊れた破滅を元に戻す
闇に戻す 世紀に戻す 愛想を尽かす スパットリデケー
たいした呪文ではない

60 :饂飩:2005/06/25(土) 15:59:23 ID:0p0HF4T1
結婚式

決意を人の前で晒してみて
ようやく実感が滲み出ていく様子を見て
結局流れていくものなんてそうでもよくて
時間ばっかり気にし始める アーメン
涙の数だけざらに有る 安全標識で飾るウェディング
未知数を身体に着飾る 重い腰といたずらな笑顔
やめてしまえ 金と愛で優柔不断は買えない
人生で一番高い水準のバラ色の滝つぼ
ようやく終わりを向かえ 明日なんて日は到底どうでもよくて
いまこの瞬間に全員生きるのを諦めてしまっても
神様は許してくれるのかな 僕は反場強制的に汗をかいて
自由を剥がされながらも軽快な拍手を打つ
人々が共に踊る歓喜の中 僕はただ黙って先陣で拍手を打つのだ
終わってしまえばどうってことない半日が
僕をさらに幸せ嫌いにさせるのだ 乾麺

61 :饂飩:2005/06/25(土) 16:05:49 ID:0p0HF4T1
歓声を浴びる新郎夫婦
見ず知らずの義理集団
滅多に会わない親戚

こぞってシャッターを切る撮影軍団

全てを血でぶち壊したくなる衝動は
僕のものだけなのだろうか

幸せ 数ある幸せ これが

二人の愛にまみれた塊を
一面に伸ばすのが嫌いです

僕は今一番御集まりの皆様に
自由からお別れを言いたいのです

62 :饂飩:2005/07/01(金) 22:03:33 ID:8P+DeBgF
ナビゲーター。一人ください

63 :名前はいらない:2005/07/04(月) 23:41:55 ID:I92/XqRp
君を すきで、よか った !

64 :饂飩:2005/07/05(火) 00:49:20 ID:SaPgMfnI
>>63
生きててよかった。よーかったーー!!

65 :饂飩:2005/10/17(月) 11:03:00 ID:FFD3oSv3
いぇーい元気かい?

いつも誰にでもそんな声をかけたいな

66 :饂飩:2005/10/17(月) 11:16:36 ID:FFD3oSv3
メッセージ

元気かい?

短い文でどうにか伝えなくては
繋いでいくと段段それは重くなって飛ばなくなってしまう
誰に当てるでもない言葉 屋上から落とす紙飛行機

この街にある最も高いところは地面であって
一般人である僕は屋上に登れる建造物を二つしか知らない
僕が紙飛行機を投げて 地上の誰かに当たる
その誰かは自分の名前を呼ばれたわけでもないのに
辺りをキョロキョロ見回して 振り向いたのを雑踏のせいにして 捨てる

67 :饂飩:2005/10/17(月) 11:42:13 ID:FFD3oSv3
ひどく当たり前なことを言うけど
この国で僕のことを知ってる人なんて全体から見ると居ないに等しい
でもこの文章を書いている存在は確かにいる 居ないかも知れない
しかし僕に限らず他の人達もそれには入る しかし大人は名刺を上空でばら撒く
だからまだ大人にもなっていない 僕らだけに限っての話

言いたいとか 教えたいとか そういう外壁は僕の中には無い
あくまでも主観で 相手にされたい ストリートミュージシャンや暴走族のような
あからさまに注目を浴びたい訳でもない なのに僕は
何故今日もメッセージを折ってしまうのだろう
言うなれば確信犯 他人の認識からは悪戯に最も近い距離
これって世間に取って罪な事なのだろうか

68 :饂飩:2005/10/17(月) 11:56:05 ID:FFD3oSv3
僕の書く文章は 小説でもなく 新聞の記事でもなく コラムでもない
その僕の内面はとても臆病で じっと黙っているだけの塊なんだ
時に運悪く 僕の紙飛行機に当たってしまった人の反応だけが気になる
そのためには人を呆然とさせたり 怒らせたり出来るだけ
出来るだけ注意をそらして 目測りのランダム性で書いていく

昨日は素敵なことがあっただろう
そう 君は目にも留めない出来事だったろうけど
僕には見えたんだ

これを今飛ばす 叙情的過ぎるかな
普段こんなことを書いている人が居たらきっと僕と同じ存在だ
気が付かないかはその人次第 別にそっぽを向いていたって構わない
僕が地上 この街で最も高い位置から紙飛行機を滑らせるときっと
僕のことを変な奴だと思う人がいるだろうから

だから僕はとある屋上から 誰に当たるか判らないこのメッセージを落とすんだ

69 :饂飩:2005/10/17(月) 20:34:08 ID:FFD3oSv3
蚊に刺された人目掛けておしっこかけたら 殴られました
どうしてなんでしょう 涙が出るよ 良心真っ二つ

外人が僕に話し掛けてきた 勿論僕には通じない
だから僕は適当にくっちゃべっていたら 殴られました
「ふぁっきん!ぶちころすぞ」 確かに外人はそう言った

70 :饂飩:2005/10/17(月) 20:49:47 ID:FFD3oSv3
大人が書いた児童詩

「簡単なこと」を地図に表すと きっと僕はそこに辿り着けずに 遭難する

美味しい大福が目の前にあるけど 虫歯が痛いから食べたくない
だから僕はきっと糖尿病にはならない だけどきっと癌で死ぬだろう

おばあちゃんに電話をしたら おばあちゃんが笑ってた

車を運転しているときの僕は 飛行機のパイロットになったみたい

タバコを吸っていると だんだんだんだん短くなっていく
まるで僕の命が短くなっていっているみたいだ

携帯電話を使っている人は 映画に出てくるスパイみたいでカッコイイ

粘土をこねて何作ろう 僕は神様だ
はじめにお日様を作ろう そして仲の良い犬と猫を作る
二匹の為にのんびり出来る家を建てて 暖かい暖炉を設ける
そして仲良く暮らす二匹を空から眺めて 僕はほっとして 幸せをもらうんだ

71 :向日人:2005/10/17(月) 20:53:36 ID:FFD3oSv3
脱皮っていうか 今の生活に飽きたというか
時の過ぎるまま張り付いた垢を 今引き剥がしてみよう
多分何も変わらないつもりだけど 変わっていたら嬉しいかも

72 :向日人:2005/10/17(月) 21:23:43 ID:FFD3oSv3
プロローグinエピローグ

すっぴんべいべー 君は元気でいるかい?
僕は瓦礫の山に咲く 白い花に恋をしている最中さ
再起動もなんたって ダンボールの中に鮫がいたって
そんなのさりげない幻さ ホントは何もないナッシング
魔法辞典を破いて捨てて 本当の明日を見つけるんだ
滑走路に落ちているビフテキをリパックして並べる作業は
自給にして480円 乙姫だって干からびる そんなのやめてヘイヘイホー
さりげないフラクタルは香水の匂い アナグラムとダイヤグラムの隙間に
チーズを詰めて 落ちてゆく それは夕暮れ時のデ。パ。チ。カ・
珍獣動物園は閉園に追い込まれ 飼われてた標本は日常へ
そう内臓を表にして走り去った もう彼らは遺伝子組み替え大豆だ
僕はゴミ箱の中からSOSを掲げる そしてラジオ体操をする人ごみへ
トイレットペーパーはもう下水の彼方に溶け出して みんなそれを飲んでいる
蜻蛉と蛾の漫才をお茶の間で眺めながら
僕は塩入コーヒーとホワイトティーを交互に啜る
すこし背中に光ファイバーが当たる感覚を大事にしながら今立ち上がった

両手を伸ばすとデッドホールや料理店や宇宙空間から
忘れる為に忘れてきた言葉達が僕を中心に渦巻いた
僕が忘れないように書き留めていたものは 悪い意味で僕を縛っていたことに
気が付いて 白くうそ臭く塗りたくった壁の部屋の猫が次元を超えてやってきて
僕の体に飛び込んできた 僕の年齢はその瞬間19を超えたのだ

そして

何をする訳でもなく僕はこの言葉を口に出さずに呟く
僕が切り捨てた時間よ 今共に歩き出そう 目指すはフロンティアだ

73 :向日人:2005/10/26(水) 03:20:14 ID:/+ivRgR9
かんがえなくなったらまたかけばいいよ

74 :向日人:2005/10/26(水) 03:29:21 ID:/+ivRgR9
禁煙

タバコが吸いたい 煙が吸いたい ニコチンが欲しい
呼んでいる 悔しいけど我慢できない 吸いたい猛烈に

あそこで吸ってるサラリーマンから奪って吸いたい
自販機の取り出し口にフィストファックしてでも吸いたい
葉書を丸めて嘘でもいいから吸いたい
カラスの羽でもいいから毟って吸いたい
アププ あぷあぷ マッコリーンッツッツッツッツ!!!

吸いたいという野生が 僕を脳みそから落っことした


                                _ _灰 の よ.....  う_に..  

75 :向日人:2005/10/26(水) 15:53:07 ID:/+ivRgR9
メール着信の合図が聞こえたふりをして
僕は携帯を開き退屈な気持ちを自分当てに送信する

76 :向日人:2005/10/26(水) 16:00:41 ID:/+ivRgR9
あの時湧き上がった怒りはどこにいってしまったのだろう
今はもう怒ったことしか記憶にない

77 :向日人:2005/10/26(水) 16:03:20 ID:/+ivRgR9
トイレの紙を沢山使うとミイラになっちゃうぞ

78 :向日人:2005/10/26(水) 21:36:36 ID:/+ivRgR9
自由はなるものではない 自由とは思うことに有り

79 :向日人:2005/10/26(水) 21:41:34 ID:/+ivRgR9
僕が街を冒険する前には必ず電話帳を使って下調べをする
地図や観光案内を見て行き先を決めてもそれでは冒険できないからだ

今日は「で行」 さぁデンタルクリニックに行こう

80 :向日人:2005/10/26(水) 21:43:57 ID:/+ivRgR9
80年代は電子と血戦の時代だった

81 :向日人:2005/10/26(水) 21:48:55 ID:/+ivRgR9
/+ivRgR9

打ち落とす作業をマニュアル化していけば 生存率は飛躍的に上がる
戦略と偶然を引き算して どちらの言葉が確立として残るだろう

僕が偶然を愛してやまないのは 遺伝子だからだよ

82 :向日人:2005/10/26(水) 22:03:40 ID:/+ivRgR9
カルネージハート#1

破破破破破破破破破破破破破破破破破破破破破
壊殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺
壊戮異国の地に一匹の白いカラスが飛び込んだ
壊戮一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
壊戮掃外部からきたその「敵」をすかさず人々は
壊戮掃隠隠隠隠隠隠隠隠隠隠隠隠隠隠隠隠隠隠
壊戮掃滅あらゆる武器の引き金を引いて其存在を
壊戮掃滅剥奪奪奪奪奪奪奪奪奪奪奪奪奪奪奪奪
壊戮掃滅剥根絶やしたカラスは抵抗できないまま
壊戮掃滅剥自自自自自自自自自自自自自自自自
壊戮掃滅剥慰その白い羽を散らして砕け去った。

83 :向日人:2005/10/26(水) 22:15:20 ID:/+ivRgR9
意思

僕は僕の目が僕に有りのまま見えたものを見せてくれればいいなと思っている
僕は僕の口が僕に有利に傾けてくれることを喋ってくれたらいいなと思っている
僕は僕の手が僕の本当に掴みたいものを掴んでくれればいいなと思っている
僕は僕の足が僕をとても綺麗なところに連れて行ってくれればいいなと思っている
僕は僕の体が僕をいつまでも元気な体に保ってくれればいいなと思っている
僕は僕の心が僕をそんな五臓を自由に操れたらいいなと思っている

84 :向日人:2005/10/26(水) 22:36:40 ID:/+ivRgR9
最後に言う台詞

首の皮一枚繋いであるからってどうとでもなれるこの世界が
僕にはたまらなく可笑しくて 曲がりなりにも愛しちゃっていて
いつでも遺書となる言葉について考えることが日々の日課である
僕の最後はあっけないほど良いもので それは口を閉じたままでもいい
笑いながら死ぬのは簡単すぎる だからって泣くのでは有り余るものがある
最近考えたのは遺言の言いかけだ しかも最後にはふさわしくないもの
それはトイレの電気を消し忘れたとか 見たいテレビがあったとか
タバコがないなとか 日常的 ぼんやりとした回想とか
「ちょうど一年前この道を通った夜 サンタクロース トナカイと致してた」
と歌を繋げて歌いながら 自分の頭を打ち抜いてやっても良い
僕の考える台詞なんて 本当にどうでもいいことのレプリカで
もしどうでも良いことを告げて死んだら 神様は人生やり直させてくれるかしら

85 :向日人:2005/10/26(水) 22:45:11 ID:/+ivRgR9
ヘリウム3=エーテル

僕はこの答えについては考えを示さない

86 :向日人:2005/10/26(水) 22:49:50 ID:/+ivRgR9
凄く短い言葉だけで見ず知らずの人に自分を愛してもらえるとすれば
そのことについて僕は不可能ではなく時間の無駄と言ってしまうだろう

87 :向日人:2005/10/26(水) 22:53:40 ID:/+ivRgR9
優しい言葉はそんなに要らないんだ

親父に優しい言葉をかけてもらった瞬間
僕は涙が止まらなくなった

88 :向日人:2005/10/26(水) 22:56:53 ID:/+ivRgR9
火葬場では誰もが本当に優しい人になる
みんながみんな優しい気持ちを出してしまうから
それを拾ってしまう僕は ろくでもないくらい泣いてしまうんだ


89 :向日人:2005/10/26(水) 23:04:11 ID:/+ivRgR9
たくさんほんをよんでえいようをつけるんだ
たくさんひととあってじぶんをたのしむんだ
たくさんしをかいて たくさんしをかいて・・・?

90 :向日人:2005/10/28(金) 02:10:04 ID:5+OhYiyx
忙しさの外にいる俺は 俺の背中を押してくれる決意を探している

91 :向日人:2005/10/28(金) 02:10:56 ID:5+OhYiyx
大人になると 夢って食べられないんだよ 知ってた?

92 :向日人:2005/10/28(金) 02:14:06 ID:5+OhYiyx
子供→大人→老人

金の流れにそって緩やかになっていく

93 :向日人:2005/10/28(金) 21:20:57 ID:5+OhYiyx
三日で一個のタバコも 三ヶ月で一カートンのタバコも
三年で一箱のタバコも 三十年で一人の人間も一緒

94 :向日人:2005/10/28(金) 21:23:49 ID:5+OhYiyx
日記をつけよう

昨日の回数

2回
0回
42回
500回



今日の回数

3回
一回
8回
200回

95 :向日人:2005/10/28(金) 21:26:40 ID:5+OhYiyx
2回 ----------------|
0回 ----------------|
42回 ---------------- |
500回 ---------------- |



今日の回数

3回----------------|
一回---------------- |
8回---------------- |
200回---------------- |


一ヶ月前の回数

8回----------------|
5回----------------|
2回----------------|
650回----------------|

96 :向日人:2005/10/28(金) 21:29:30 ID:5+OhYiyx
2回 ----------------|
0回 ----------------|
42回 ---------------- |
500回 ---------------- |
3回----------------|
一回---------------- |
8回---------------- |
200回---------------- |
8回----------------|
5回----------------|
2回----------------|
650回----------------|

回 ----------------|
回 ----------------|
回 ---------------- |
回 ---------------- |
回 ----------------|
回 ---------------- |
回 ---------------- |
回 ---------------- |
回 ----------------|
回 ----------------|
回 ----------------|
回 ----------------|

97 :向日人:2005/10/28(金) 21:48:28 ID:5+OhYiyx
埃の部屋

僕の部屋にあるものはみんな埃にまみれ 煤けている
それは単に動かさないからだけでなく どれも古物ばかりだからだ
埃が沸いて出てくる 古物が埃を呼びこんでいるのだ
残骸はなるべく取り除いているつもりだが それでも増えていってしまう
どうしたものか

今ではこの部屋から出るためのドアも古く寂れてしまって
開いた先の廊下の色さえも白く擦れているありさまだ
廊下の向こうから歩いてくる人間を もうしばらく見ていない

98 :猛禽:2005/10/28(金) 21:53:40 ID:RGVvFV1j
回回回回回回回回回回回回回回回回回回回回回回回回!

   回回回回回回回回回回回回

回回回回回回回回回回回回     回回回回回回回回回回回回

  回回回回回回回回回回回回回回回回回回回回回回回回

99 :向日人:2005/10/29(土) 04:21:39 ID:J8wBvTgs
>>98

中華団欒クックルドゥドゥ
漢字という形は時として僕を微笑ませてくれる

100 :向日人:2005/10/29(土) 04:23:02 ID:J8wBvTgs
大好き

この言葉を何回言えば あなたは僕を嫌いになってくれるだろうか

101 :向日人:2005/10/29(土) 04:48:00 ID:J8wBvTgs
リッチストライク


金が出た!俺は億万長者だ!!

ある男の成功を追って 何人岩の中の果実を夢見ただろう
それはかけがえのない 人生斬っての大博打
みんながみんな 富を得ることだけ願った
いや 願うしかなかった 降り積もる雪の如く
生き写しの空から砕けた骨は 金山の頂上より高くしてそびえ立つ
ある者はマトックを振り落とし ゴミを分別し 流した汗は川になる
一心に熱意を秘めた鉱夫の瞳
それは一瞬金塊にも見て取れる 儚い財産であった

102 :向日人:2005/10/29(土) 04:54:00 ID:J8wBvTgs
つまらないことのほとんどって 自分のことなんだよね

103 :向日人:2005/10/29(土) 04:54:39 ID:J8wBvTgs
100!!

104 :向日人:2005/10/29(土) 04:55:42 ID:J8wBvTgs
今すっごく長いおならが出た

105 :名前はいらない:2005/10/31(月) 00:24:06 ID:Y2sGNefk
見かけより、わりと繊細だと思った。

106 :向日人:2005/10/31(月) 18:48:22 ID:+lRKIyN6
指から出る言葉で体を包み 脆く儚い夢を見る

>>105 人は誰だって心に気泡がある

107 :向日人:2005/10/31(月) 19:24:13 ID:+lRKIyN6
人に酷く悪いことをしようと思った瞬間 悲しくなるのは何でだろう

108 :向日人:2005/10/31(月) 19:32:22 ID:+lRKIyN6
「いいだろ、俺がどこでオナニーしたってお前には関係ないだろ」
「それは許せない。俺のいない所でやれ」
「お前のいる前でしないから。公園の便所でやるからさ」
「さっき会って良いって思う女性でやる即やることが許せない」
「お前が良いって言えばそれで終わるんだ」
「やだ。俺は飲まない」
「強情だよな本当に」
「そっちこそ」

領土問題ってこういうニュアンスで起こるものなのかもしれない

109 :向日人:2005/10/31(月) 19:33:23 ID:+lRKIyN6
きっと毎日が日曜だからだ

110 :向日人:2005/11/04(金) 23:28:08 ID:Nphe+333
もう終わりにしましょう

111 :Mr,名前し:2005/11/06(日) 13:17:16 ID:XPPTsPn0
(´д`)凸

112 :向日人:2005/11/06(日) 21:41:31 ID:RHALtdRv
>>111
やぁ渡り鳥よ。どこから来たんだい?
すまないが上げないでくれ。このまま下のほうでやらせてくれまいか

113 :向日人:2005/11/06(日) 21:44:05 ID:RHALtdRv
寒い季節だ。冬眠がしたいけど人間は冬眠なんかしないよね。
あぁ損だな。冬眠することだって。そうだろ?

114 :向日人:2005/11/06(日) 21:46:28 ID:RHALtdRv
ドっと降り出した雨はこの世に終わりを迎えさせてくれるような気がして
寝付けなくなる これは恐怖ではなく祝福なんだ
誰もが終わりを待っている そんな気がするのは僕の気がおかしいからなんだろう

115 :向日人:2005/11/08(火) 05:48:38 ID:U2FHrrEZ
秋は

秋は失われてはいなかった この部屋は季節を問わない絶海だから
油断してしまうとそんな風流すら忘れてしまうのだ
昨日確かめてきたけど やっぱり秋という季節はちゃあんとあった
本当に良かった きっとこのまま部屋にいたら冬になったことすら分からずに
僕は凍死していただろう 秋は去年と同様 実に見事だった

116 :向日人:2005/11/08(火) 05:50:42 ID:U2FHrrEZ
>>111
先日はすまなかった。あんな冷たいことを言って
心配してくれていたのかい?思い違いがあるのかもしれないけど
静かに感謝している。ここだけの話

117 :向日人:2005/11/08(火) 05:55:21 ID:U2FHrrEZ
優しさと 不器用さって奴は対になっていて共存している
もしどちらかが欠けてしまったら 人は何故だが虚しくなってしまうのだろう
でもそれはひょっとして僕だけなのだろうか

118 :向日人:2005/11/08(火) 06:01:59 ID:U2FHrrEZ
人の見えないところでひっそりと抱いてもらいたいんだ
街での価値観なんて 誰にも理解されない 理解するだけ無駄だ
だから僕は・・・

この場所でだけでいいから 白けさせてくれないか

119 :向日人:2005/11/12(土) 23:45:47 ID:rTXG804C
僕はそこに立ち 指示を待つ

120 :向日人:2005/11/16(水) 00:17:18 ID:CT3REEsy
震える体で 震える指で 外に入る 
僕が手にするのは束縛と金と 初めて触れる体温だろうか

121 :向日人:2005/11/16(水) 00:26:36 ID:CT3REEsy
冬の入り口でハタと立ち止まり
夏が短いのはなんでだろうと思うと
懐かしい匂いの風がそして 木々の枯葉が僕に降り注いだ
温もりが肌を彩る きっと冬は僕に恋をしているのだろう
僕はちょっと照れながらポケットに木の葉を入れ
エントランスをくぐった

122 :向日人:2005/11/16(水) 00:54:01 ID:CT3REEsy
歌になる

僕の言葉が声を持つ 音で彩るこの世界は
心に糸を通して人々と 繋がりあえるだろうか それは
真珠のネックレスや 流行の銀細工のような
目を引くもので無くていいそれは 無細工で歪な貝のような形
耳を近づけると聴こえる個々の 歌でも想いでも構わない
例え歌に成らずとも 想い残すものを拾う海岸 それでいい
打ち上げられた言葉と 波の音
儚さが触れ一瞬写る影 それが僕の歌でありたい

123 :向日人:2005/11/16(水) 00:59:25 ID:CT3REEsy
心に糸を通すのって痛くないのかな
針は絶対に痛い でも針がいい時もある ハードコアとか
ポッキ―なら食べてくれながら通せるけど 嫌いな人にはなぁ

124 :向日人:2005/11/16(水) 01:01:29 ID:CT3REEsy
焼き鳥って手もあるね 針とポッキ―両方兼ね備えている
でもなんかズルイね 一番良い方法は気にしないことだ

125 :向日人:2005/11/16(水) 01:29:37 ID:CT3REEsy
言葉ほど無責任で捕らわれないものはない

逆を返せば
言葉ほど大切で掛け替えのなものはない

なんてね お世辞が過ぎたかな
思えば贅沢な考えだ

126 :向日人:2005/11/17(木) 23:36:42 ID:vszjGXKv

僕は呼び止めるのをためらう

彼の剥がれ落ちた黒い髪を拾うことすら

僕は誰にも見えることのない
聞こえることのない場所で つぶやく

知らないふりをして 見えないふりをして
僕は今日も独り 安全靴で金髪の髪を押さえつけている

心はどうしてこう平和じゃないんだろう

127 :向日人:2005/11/17(木) 23:40:07 ID:vszjGXKv
子供の頃よくやった遊び

いないいないばあ
ダルマさんが転んだ
古今東西(山手線ゲームとも言うらしい)
色オニ

いまざっと挙げてみたが実はこれは
大の大人も知らずかやっているんだ

128 :向日人:2005/11/18(金) 00:17:33 ID:1hoWSohy
知ってか知らずかだったな

129 :猛禽:2005/11/18(金) 00:20:27 ID:yedC51+A
かげふみ
少しちがう分身追いかけて走りまわって

あやとり
途中でわけわかんなくなったまま泣いて

かくれんぼ
早く見つけられたくてわざと咳したりして

おとなになっても
まあ、おとなになっても本性って変わらないわね

あそんで
あそんで
あそんで
あそんで
あそんで

いくつになっても

130 :向日人:2005/11/18(金) 00:25:50 ID:1hoWSohy
君の帰りを待っている間
僕は風呂と歯磨きを済ませた
遅くなるとか連絡も寄越さないから
先にご飯も済ませちゃったよ

電気の消えた部屋の中
携帯電話の明かりだけを眺め
君の連絡を待っている僕は
結構ちゃっかりしていると思う

君の分の弁当も 好きな烏龍茶も買ってあるんだ
寂しくなるから僕の目の届かないところに置いておく
でもやっぱり気になって 寂しさを枕にして寝る

翌朝警察から電話があったのはきっと夢だ

131 :向日人:2005/11/18(金) 00:28:45 ID:1hoWSohy
>>129 いい。

遊びが得意な大人は立派だと思う
ごっこ遊びも付け加えておくよ

132 :向日人:2005/11/18(金) 00:34:05 ID:1hoWSohy
四文字熟語というものはなんで四文字にしなくてはいけないんだろ
長ったらしい意味を持たせたくないのなら何文字でもいいじゃないか

安全運転--->安全確認運転
現実逃避--->現実前頭皮

133 :向日人:2005/11/18(金) 00:35:59 ID:1hoWSohy
二番目は止めれとけばよかったな
へこんだ。もう寝よう

134 :向日人:2005/11/18(金) 23:45:02 ID:1hoWSohy
装備

加速し続ける時間を 規則に則った誠実を
彷徨い続ける作業を 日常を測った地図を

涙の在庫はない 僕には空気しかない

幸せを願う手の平と 大きくなったつま先と
真直ぐ捻れた瞳と  雑作に投げ出された髪と

カラスが鳴いている 僕には耳がない

135 :向日人:2005/11/18(金) 23:47:16 ID:1hoWSohy
つま先で立ってはいけない
空に頭を打ってしまうから

136 :向日人:2005/11/18(金) 23:49:16 ID:1hoWSohy
心の場所はきっと耳の中だ 鼓膜よりもっと奥だと思う

137 :向日人:2005/11/18(金) 23:53:20 ID:1hoWSohy
心は動物じゃない 植物だきっと
育て方は人次第

優しくしてあげれば花が咲く
いじめてあげれば人を食べる

138 :向日人:2005/11/20(日) 21:42:57 ID:CMW2b+Qp
明細地図に乱列する住所は気の毒なことだが
全て嘘が書かれている それは眼鏡を外せば分かる

ぼやけた地図にかかれている住所は全て一つの住所なんだ

139 :向日人:2005/11/20(日) 21:47:50 ID:CMW2b+Qp
分かってはいけないことがこの世に何頭いると思う?

電車の中に詰め込まれた体達を車の中で遠目で見ながら
僕はそれを自分なりに考えて窓ガラスに付箋を張り出した
やがて付箋は一枚の紙になったので僕はそこに
マジックペンで「みんな」と清書した

140 :向日人:2005/11/20(日) 21:52:03 ID:CMW2b+Qp
人の助けがいることなんてそうない
あるとすれば体温と快楽。そうだろ?

首を今吊ろうとしている人を止めてしまった時には
その人に謝らねばなかないのだろうか それとも
その人のことを笑ってあげれば良いのだろうか
どっちにしろ僕の解決策は連れ首吊りだ

141 :向日人:2005/11/20(日) 21:52:31 ID:CMW2b+Qp
>連れ首吊り
やっぱりこれなし

142 :向日人:2005/11/20(日) 21:57:57 ID:CMW2b+Qp
ノイズ

時々ノイズが入ったかのように僕の思考を邪魔するものがある
それは飛蚊症のようなもので頭から離れない
ノイズは時に僕を笑わせてくれるが
その時は笑わせられたことを直ぐに怒ることにしている
でないとノイズに支配されてしまいそうだから
僕はツマラナイことで邪魔されることが嫌いなんだ
今日もノイズは現れるだろう 僕は内心心配している

143 :向日人:2005/11/20(日) 22:02:33 ID:CMW2b+Qp
階段を駆け上ってはいるが 幾ら段を踏んでも高さは増えない
僕が諦めて登るのをやめると階段はエスカレーターのように
ゆっくりとゆっくりと上がっていった

144 :向日人:2005/11/20(日) 22:08:11 ID:CMW2b+Qp
僕は伝えたいことを呼びかける
僕は画面に写った僕の文字を使って
僕に呼びかけているんだ
手から出た独り言は何かを僕に気付かせる

145 :向日人:2005/11/21(月) 21:21:49 ID:zBRqhxB3
人にお礼を言う時はすかさず ためらわず
その日を超えた瞬間鮮度は急減するから
そして世話になった人自体その事を忘れてしまうから
機会を組み立てるんだ
バラバラになった後悔を繋ぎ合わせるんだ

恩が大丈夫だと言っている
恩がなんだか困っている

146 :向日人:2005/11/21(月) 21:34:45 ID:zBRqhxB3

体の中でそれは口を開く
誰にも聴こえない大きな声で


獅子すら取るに足りないその人間は
その瞬間は人の頂点に立って見えた


放たれた門の下に立つ孤高の人物
彼は勇者でも番人でもない しかし僕でもある


生物は食べなければ死んでしまうのは当然だが
食べる以外に欠けてはいけない物 それが水分だ


隙だらけ


隙間から誰かが覗いている


目から足が生えているが当たり前だ
目は飾りではないのだから

147 :向日人:2005/11/21(月) 21:37:02 ID:zBRqhxB3
僕の解釈のせいもあるが
漢字ってやつはなんで勝手に喋るんだろう

148 :向日人:2005/11/21(月) 21:45:47 ID:zBRqhxB3

口は爪あとを残す 硬いも柔らかいも抜きにして
傷口から出るものは 色は問わずに血や涙だったりする


電信柱に頭を打ち付けている青二才
僕も時々こうしたい気分になる


炎上中のロボット 今にも爆発しそうだ


誰かがどこかで笑っているよ

149 :向日人:2005/11/21(月) 21:54:57 ID:zBRqhxB3

誰もこんな字書けやしないよ!
つまりは読めればいいだけのこと
書こうと思って書くと捕われる この字は呪われている


カビが生えた米を漢字で表すとこんな感じだよきっと


ここのT字路の手前の家が山田さんちだよ


いかん、考えるのに疲れた

150 :向日人:2005/11/21(月) 21:55:42 ID:zBRqhxB3
ややや、考えてはいけないんだな
僕は失敗してしまったよ

151 :向日人:2005/11/22(火) 00:17:13 ID:E6ZQqmda
朝の僕が今夜の僕に何か怒っている
大体予想はつくけど とりあえず謝っておこう

152 :向日人:2005/11/22(火) 00:47:59 ID:E6ZQqmda
矛盾が良い時だってある
それどころか僕は矛盾なしでは息さえ出来ない

153 :向日人:2005/11/22(火) 00:51:47 ID:E6ZQqmda
眠ることを忘れたらもう寝てるよね
さようなら僕

154 :向日人:2005/11/24(木) 23:07:12 ID:XtS40yKr
ふわふわと浮かぶ紙飛行機が静かに不時着する

155 :向日人:2005/11/24(木) 23:11:37 ID:XtS40yKr
もうすぐ夜明けだ
夜明けは朝ではない これからの時間のこと

太陽は電気に代わり 熱と影は同化する
闇夜のカラスが羽を休める中
電気の光を浴び 雑踏の隅でうなだれる酔っ払い
昼間に変わるレプリカが蔓延り 澄み切った煙が辺りを空気に変える

156 :向日人:2005/11/24(木) 23:18:00 ID:XtS40yKr
日々大怪我が耐えない 止血剤に変わるは忘却だ

157 :向日人:2005/11/24(木) 23:20:43 ID:XtS40yKr
忘れていってしまうモノ達が恋しくも
それが学習するということなのだ

朝コーヒーを自動販売機で買って
当たりが出たら僕は仕事を休む位いい気分になってしまうだろう

158 :向日人:2005/11/24(木) 23:44:38 ID:XtS40yKr
ここは果てしなく限りある空間
僕だけできっとここを言葉でブチ破るのには
早くても二年は掛かりそうだ
嬉しくも寂しい真っ白い空間

159 :向日人:2005/11/26(土) 00:29:22 ID:VRjBobhs
今ひとつ僕の棚から大事なものが落ちた
でも僕は今までそこになにがあったのか
直ぐには言えなかった

160 :向日人:2005/11/26(土) 00:32:38 ID:VRjBobhs
車を降りて家の戸を開ける
ただそれだけの動作の中で
幾つ僕は今日の出来事を忘れただろう

161 :向日人:2005/11/26(土) 00:57:01 ID:VRjBobhs
落しモノ

人の一生を一本の道に例えてみる
そこである一人の人間が歩いた道を見てみよう
彼の歩いた後には沢山のモノが落ちている
それはここでは書こうとしてもかけないほどの量と事情だ
彼は今死んだ 彼が最後に落としたものがなんであるか
僕にはとてもじゃないが言えない 悲しすぎるんだ
僕だって考えたくないし 信じたくもない
あえて言うけど それは具体化できないものだ

生きることになんの疑問も持たない人はそう多くはないだろう
疑問について自分が出した答えは生物学的な定規では
計れないものだと思う それは生きがいや目標や喜怒哀楽
人によって様々で それは原子顕微鏡の通らない部分に秘められている
その答えが消えてしまうんだ 最後には

想像できない 出来ないから怖いんだ
きっと死ぬ時は普段の忘れることと同じ感覚なんだ
だから僕は何かを忘れてしまったときは死を予感する
どんな些細なことでも どんなに下らないことでも 不安になる
僕が僕の道の後ろを見ようとすると精神的に首が曲がらないのは
そのせいだろう

162 :向日人:2005/11/26(土) 01:00:16 ID:VRjBobhs
忘れることの遣る瀬無さを 忘れることで緩和する
それも自然治癒ってやつなんだろうか

163 :向日人:2005/11/26(土) 01:03:05 ID:VRjBobhs
とても個人的なことだけど
最低限って言葉が大嫌いだ

164 :名前はいらない:2005/11/29(火) 23:52:44 ID:AL3NaLQE
sage

165 :向日人:2005/12/01(木) 21:55:30 ID:m00g9Mxb
心の置き場所は大体決まっていて
そこ以外に置いたりすると錆びていく

>>164 ありがとう

166 :向日人:2005/12/01(木) 22:00:32 ID:m00g9Mxb
真夜中を過ぎてしまうと僕の目は覚めてしまう
こうして寝ていられる時間はそう多くはない
多くの時間を重ねてもそれは変わらない

167 :向日人:2005/12/01(木) 22:02:37 ID:m00g9Mxb
余裕は自分で作らないと現れない
作りすぎても余ることはないが確実に良くない

168 :向日人:2005/12/05(月) 01:03:13 ID:xRHmU81+
最近のもっとうは

サーチアンドデストロイ

僕は都合の餌食になるしかないんだ

169 :向日人:2005/12/05(月) 01:09:45 ID:xRHmU81+
雪が美味しく見えるのは子供の頃から変わっていない
僕は心配してそうな目で窓の外を眺めて歯で舌を削る
内緒なことを思い出す前に忘れてしまえば平和なんだ
唯一思い出して良い内緒とは下痢で苦しんだ記憶位で
その他のことはオナティッシュを何時ものように何重にも
それはそれがまるでミイラか貴重品かのように厳重に葬る
ゴミ箱行きの財宝が眠りにつく

明日は我が身とは僕のことなんだ

170 :向日人:2005/12/07(水) 23:04:12 ID:icoDuCCJ
働くために休む 休むために働く

忙しいことが増えると僕はこの前までの僕さえ忘れる

171 :向日人:2005/12/07(水) 23:10:24 ID:icoDuCCJ
つまらないことで落ち込んでいる暇なんて毛頭ない
前へ いざ前へ そして僕は言葉の自由を忘れていく
不器用な僕は頭のパーツを何日もかけて取り替える

キーボードにビッチリと並ぶキーがまるで荷物のようだが
僕は知らぬ間に全てのキーを押していたのだろうか

172 :向日人:2005/12/07(水) 23:11:48 ID:icoDuCCJ
僕の見てないところ
見えないところで誰もが僕を意識しているような気がしてならない

173 :向日人:2005/12/11(日) 23:53:46 ID:K/wAxtBx
日本ってなんであるんだろう

最近思い悩むこと

174 :向日人:2006/01/08(日) 05:37:11 ID:0pUCh/Xh
死ぬ為の動機

僕の生涯なんて
誰が見たって笑っちゃうくらい
ちっぽけで安っぽくて

僕は虫けらの心臓のように頼りなくて
たった一人に追い詰められ たった一人の為に生かされ
僕の寿命を延ばした人々を恨んで死ぬことは出来ても
愛することなんて出来ない

僕の心は人の成果を妬んだり疑ったりの連続で
意思を持つことなく生き延びているだけで夢見てる
人の過ちにそっぽを向いて 自己の過ちにほくそえむ

僕から時折湧き出る闘争心は余りにも子供じみていて
何を生み出し 残すことなく消滅していく
箱庭の生活にうんざりしてはいても
そこから出ることも逃げ出すことも出来ずに
ひたすら眠る 何もかも忘れろ
今やこの空白に出来るのは欲を刈る作業のみだ

175 :向日人:2006/01/08(日) 05:48:39 ID:0pUCh/Xh
彼が僕の名前を「ひまじん」と読んだように
僕の生き方はただ暇を玩ぶだけの存在であろう

全てにおいての傍観者
「むこうびと」とはそういう意味合いを持たせてある
それは自分に対しても傍観の目を持ち
僕が暇の樹海を延々迷いつづけているのを
遠くであざ笑うかのように遠目でニタニタ見つめているカラスでもある

僕が怒ってそいつに石を投げるが カラスに当たっても僕が血を流す

176 :向日人:2006/01/08(日) 05:54:01 ID:0pUCh/Xh
自分に起きた災難を受け流せるだけの神経を僕は持っていない
いつも僕は崖っぷちに好んで立ち 道具一式肌身放したりはしない
猪が僕に向かって突っ込んでくる 因みに猪は僕の生まれ年である
いつものことではあるが僕はふてくされた顔をしたまま猪に当たる
もしくは僕が自分から進んで崖から落ちる やはり顔はふてくされている

177 :向日人:2006/01/08(日) 05:59:48 ID:0pUCh/Xh
僕はこれからもきっと自殺という未来を避けては通れないだろう
この影で出来た羽の色が落ちることがない様に

178 :向日人:2006/01/08(日) 06:06:29 ID:0pUCh/Xh
僕の書いたものを読んで笑ってくれても構わない
むしろ笑ってもらいたいから書いているんだ

ただ一つだけお願いがある 真面目に読んでほしい
それだけしてくれれば何を思ってくれても一向に構わない

179 :人形使い:2006/01/12(木) 23:46:00 ID:wl4bL52E
暇って言うのは誰もが恐れるべきもので、
暇の隙間にも動き続けている思考は、人間を押しつぶします。
思考って言うのは目の前の問題を解決するにはとても有効だけど、
問題が無いときは自らの存在に向かってくる刃になるのです。
だから人間って己に向かってくる思考の刃をかわすために
酒や煙草や麻薬やゲームやパチンコみたいな
思考を麻痺させる行為に興じるんだと思います。

でも暇を潰して忙しさにかまけてしまえば恐れの感覚は薄れていくけれど
それはそれで欠落だとも思います。
私も死にてぇーって思うことはしょっちゅうあります。
まったく同じ精神の働きで世界を焼き払いたい気分になるときもあります。
そういう類の人間って何かを創造し続けるしかないんじゃないかなって
そんな宿命をよく考えます。

180 :猛禽:2006/01/14(土) 04:12:16 ID:WR3L2Okh
「連想」

日本中のお蕎麦屋さんのメニューのなかに
カレーうどんはいます
かけそば 月見そば 山かけそば
おかめそば たぬきそば かきあげそば
ほら、まぎれそうだけど、あそこ

カレーうどん カレーうどん うふふ
つやつやきんいろたまねぎ、豚コマにはぷるぷるの脂 

白胡麻 かけようか 七味 邪道だろうか
ながねぎしゃっきり端っことろとろ
おろしそば てんぷらそば たまごとじそば
きつねそば 山菜そば ニシンそば
ほら、まぎれそうでまぎれずに あれがカレーうどん

カレーうどん カレーうどん こぶしきちきち
うどんっていう名前の男も ひとりいるよ
とげとげで エロエロで ゴツゴツで きゅん

カレーうどん いつだって胸にシミつくっちゃうのに
あったかい湯気が どうにもうふふ

カレーうどん カレーうどん 生きるのも根性だ
どこのお蕎麦屋さんでも うふふって思うんだぞ
カレーうどん

181 :向日人:2006/01/25(水) 02:21:00 ID:yL3CB0Z/
>179
宿命か。それは詩人?反吐が出るな兄弟
俺たちは飼われてるんだな。宿命に

>180
相手して愛してくれてありがとー!
年越し蕎麦は自分で打ったよ。二年前

182 :饂飩:2006/01/25(水) 02:26:22 ID:yL3CB0Z/
もじもじ・・・・

183 :向日人:2006/01/25(水) 02:37:22 ID:yL3CB0Z/
真珠湾

間隔の近くなった瓶と瓶の隙間から覗くゼリー状の液体が
コンビニで買うことの出来る三億円をちらつかせている
雨の降る夜独りでアルミサッシの溝を舌で穿っていると
隣の部屋から甘い溜息が電線管を伝って下りてくる
遠くから濁って聞こえる石打の音を聞きながら
僕は小鉢のドラッグに水を与える 
僕は小鉢のドラッグに水を与える 繰り返した

184 :向日人:2006/01/25(水) 02:46:08 ID:yL3CB0Z/
説明できるほどの人生でも人生でもない
解雇すればいいじゃないか どこにいても土の下でも





愛想をつ 何喋ってんだ!

185 :向日人:2006/01/25(水) 02:52:19 ID:yL3CB0Z/
正当化する態度で人格達を殺しつづける者
迫害されてでも夢見がちになる者
今の世を生きるにはこの2タイプしかないのか

186 :向日人:2006/01/25(水) 19:28:18 ID:yL3CB0Z/
幼稚園に行きたい

187 :向日人:2006/01/28(土) 08:53:35 ID:2NClt6pK
主婦も子供も家事も遊びも給料が出ればどんなに幸せだろうか

188 :向日人:2006/01/28(土) 09:04:03 ID:2NClt6pK
僕が一文字タイプするごとに
世間の日常から 一歩 また一歩
ズンズン遠ざかっていく気がするのは
気のせいではない

100円ライターを使い切る達成感
このスレッドを埋め尽くす達成感
気持ちの良い朝から逸れた小動物
挽回できない人生ゲームを買った

気休めの幸せを望むだけ望んで
死にたいときに死ぬ 僕の望む生き方って
人を殺さなかった宅間守になりたいのだろうか

189 :向日人:2006/01/28(土) 09:06:21 ID:2NClt6pK
キリストは信じてないけど
人は産まれながらにして罪を持っているという考えは
正直今の状態だと頷いてしまう

190 :向日人:2006/01/28(土) 09:09:05 ID:2NClt6pK
孤独が求めているもの
自由と哲学と金

孤独が欲するもの


191 :ブラッドピット ◆KUSO6ymY8A :2006/01/30(月) 00:33:25 ID:7BXWYSsg
「遺影」
よーいのどんで始まって
まけたのは背比べだけじゃなかった
執着をくり返した結果の
そのはねかえりが今の僕
そこになんかの変化を求めて見やる空も
目やにをぶら下げた2つのトンネルは
色彩としてだけの光を僕によこす
すくっても噛みついてもこぼれてく

もう一度笑えたら
あん時みたいに笑えたら
バカチョンで一枚写真を撮って
退屈に送りつけてやる

「ぃぇーぃ」
 不毛 って言葉がノミみたいに沢山跳ねてまわってる
そいつ一匹ひっつかまえて力いっぱい握り拳にしまい込んだ
 欲望 って言葉になんとなく変わる気がして
そしたらなんか
 希望 って言葉もすぐ近くにある気がした
力いっぱい握り拳にしまい込んだ

「いえ〜い」
飯が死ぬほど美味いとか
あの子がすっげー好きだとか
今日はしに良いお天気とか
風呂が桃源郷あったかキモチエエとか
他は特に浮かばん俺やけど
それで生きてちゃダメでしょか
それでも生きてみましょうか
あっほりゃお〜りおんび〜る♪

192 :向日人:2006/02/01(水) 18:10:00 ID:BYZ+vfIv
俺は待つことを止めてしまっていたんだ
何を待っていたのかは今となってはわかりもしない
ひょっとしたら無かったのかもしれない
それに気がついた今 俺は何を待っているかを考えた
考えることを思いつくとそれは自然と死ぬことを忘れてく

193 :向日人:2006/02/01(水) 18:18:19 ID:BYZ+vfIv
夢は起こすものだから多分違う

もっと今までの自分の中で
現実的で合理的で先進的で理性的で建設的で
屁理屈でも薀蓄なんかでもなく 仕事でも宗教でもない

人の脳が産まれながらに持ち合わせている野性に基づいた
・・・・・
まるで僕は答えを知っているような口ぶりだな
知ったこっちゃないがな

大きくすると疲れるから普段の呼吸で膨らましていこう

194 :向日人:2006/02/01(水) 18:25:41 ID:BYZ+vfIv
>>191
あなたもまた段階を踏んで生きてきたんですね
僕は未だパドックにも出ていない仮病馬です
強い力は要りません 自分を愛する力が欲しいだけ

195 :向日人:2006/02/02(木) 22:49:32 ID:Oo99Ij93
オナニーは何も産み出さない

196 :歌川ケイ ◆lXZBPVO3GQ :2006/02/03(金) 00:28:46 ID:lYk+ZmU5
('A`;)onanu-

197 :向日人:2006/02/03(金) 04:22:06 ID:KCn8ReD+
>>196
水道水は美味しいですね

198 :向日人:2006/02/03(金) 04:25:50 ID:KCn8ReD+
街は死体で出来ている 道路も田んぼも川も木も
人は死体で出来ている 今昔と遺伝と環境と地面の
死体は怖くないよ 死体は怖くないよ

199 :向日人:2006/02/03(金) 04:45:06 ID:KCn8ReD+
ねえ誰か 僕を幸せな国へと連れてっておくれ
封じ込まれた言葉の火薬が 手拍子で弾ける
寒い日の暖炉は雪兎を慰め 風の吹く日の川は水面に木の葉を被せ
葬式の家を訪ねて イタチ遊び じんわり 血管を伝って走る砂時計
夢で見る世界は呼吸しないんだテレビのチャンネル合わせのように
現れた刺激の亡いものや 嫌な人の偉大さや 変身の虚しさが 
一挙に 一瞬にして心臓を燃やしながらぶつかる
手馴れた手付きで僕の心の第六感は
眠いことを正当化した目で順不当にそのスイッチを消していった
今 幼い頃に起こりもしなかった出来事が身長も伸びずに
消し飛んだ

夢の中で暮らせるとしたら 僕は棺桶に死を持っては行けない
生きたまま体を焼かれ 生きたまま窮屈な壺に入れられ
死ぬことも出来ない密室に置かれる
夢は生きているときでないと見続けてはいけないんだ きっと
なのに欲が勝手に ほら今にも夢を見ようとしている
だから自虐の経を唱え 夢を追い出し死のうじゃないか
死にたい死ぬ死に死ねば死ぬ死のう死たい舌
死ねたら夢見るよりきっと幸せになれるだろう
死んだら一兆億円貰える 死んだら勝ち負けもない
死んだら調製豆乳と無調製の違いを見た目で判断できる
死んだら好きなコが股を広げて待っている
死んだらトイレに行かなくて済むしトイレを忘れることが出来る
こうやって死ぬことの素晴らしさを摺込む 下らない作業だ

明日から会社に行かなくて良い位せいせいした気持ちに・・・
考えるのに疲れた 死ぬ

200 :向日人:2006/02/03(金) 04:46:56 ID:KCn8ReD+
忘れられることって限りがあるんだな

201 :向日人:2006/02/17(金) 02:38:30 ID:h9RWgySy
久々の僕を出迎えたのは膨大な数のダイレクトメールのみだった
また早くこの家を出なければ

202 :向日人:2006/02/17(金) 02:41:40 ID:h9RWgySy
車上生活で僕が気がついたことといえば
僕は重度のネット依存症だったという事だけだ
他の問題は変わらない 行き場を変えても結局は同じだ

そう なにしても同じだ

203 :向日人:2006/02/17(金) 02:44:39 ID:h9RWgySy
自分のIDがHighWayに読み取れた
この時「あぁ高速走りてえな」と思う
こうして室内の僕は
事実のない小旅行ばっかりを繰り返す
繰り返しだ

事実のある無しはこの際関係ない
だって

204 :猛禽:2006/02/18(土) 08:33:13 ID:ZJ4+ihPA
北関東某PAで遭遇した食べ物なんだけど
一番下が苦悩に満ちた顔に見えませんか(ほら見えてきた
そしてその後にもずらっと一列に並んで手を合わせている人間が
見えませんか(ほーら見えてきた
( ФvФ)っttp://m.pic.to/1w1ya

あんまり楽しいこと思いつけなくてごめんね
しっかり飯食ってでかいウンコしていてほしいです

205 :ゲーリーオールドマン ◆KUSO6ymY8A :2006/02/18(土) 15:36:34 ID:Hh7+EbxV
マズイ、浣腸数珠繋ぎにしか見えない、、


どんなにくるしくても
ともだちあつめて
バイザーしたらなおるよ!
     
                         ハ_ハ
                  ハ_ハ('(゚∀゚∩  たいーほ!
          .ここだよ? ((゚∀゚(.O,_  〈
                 〉  ,_O `ヽ_)
               .(_/



206 :向日人:2006/02/19(日) 21:44:31 ID:CqimZNgc
>204
エログロに見えたから鼻血吹き出た
ちょっと元気出たかもしれない
折り畳んだ皮を引き伸ばしたくなった
もうウンコでもいいから健康になりたい

>205
ありがとう

207 :向日人:2006/02/20(月) 19:38:56 ID:JYgO7o4I
さて、どれから壊そうか

208 :スークー ◆KUSO6ymY8A :2006/03/09(木) 19:12:00 ID:uXX5F7+B
サイトが壊れておるので心配。。
饂飩ってうてるようになりました!!
だから、だから、お元気ですか?


アイスクリームは早く食べなきゃいけません
どんなに嬉しくってもいつか完全に溶けてしまうから
棒だけを何時までも握り締めて
これがアタリだったらいいのだけれど

主役なんか望めもしないけど
通りすがりもごめんなさいだ
遠心力なんか消えてしまえばいい
そしたらたぶん、

かさかさになった唇噛みちぎって
駅のホームにぺっぺしてる
まるで酒の席の一本の煙草みたいだ

209 :スークー ◆KUSO6ymY8A :2006/03/09(木) 19:12:50 ID:uXX5F7+B
ギターを抱いてあのこ

にこりともせず

とても苦しそうに

いきいきと歌ってた

コンクリートから空へ

ふるわせ

言葉から想いへ

ふるわせ

いきいきと歌ってた

210 :向日人:2006/03/10(金) 05:27:22 ID:Ovj0XEM5
未だ心配してくれる人ここに在り
今なら「こうかい日記」とググれば
三番目に出るブログに行ってみなさい
現実が見えます僕の

211 :スークー ◆KUSO6ymY8A :2006/03/10(金) 19:56:58 ID:0KjBdQp5
相変わらずお元気そうでなによりです。
だがしかーし!クレオパトラやらユニオンパシフィックやらバベルやらカタンやらアルハンブラやらボナンザやらブクブクやらフン人やらフン人やらがー
見れんやないかっ!
(・∀・)ニヤニヤしたいから是非レポートを続行していただきたい!!
はいスレ汚しどーも。

212 :向日人:2006/03/11(土) 02:33:22 ID:ouYFeVRs
申し訳ない。ドメイン移行したせいで日記から飛べなくなってた
設定変えたんで日記の上のほうにあるHOMEから行けます
レポートはサボり気味です。人もお金も不足しているので

213 :饂飩:2006/03/11(土) 02:36:07 ID:ouYFeVRs
しょうがない煙草買いに行こうっと

214 :向日人:2006/03/17(金) 07:34:47 ID:3TfxaOMw
ゲーセン

ゲーセンに行くと全ての画面が砂嵐で
筐体に山積みの50円玉がマンハッタンしてた
自動ドアからは とめどなく子供の頃が出入りしてる

僕は財布の中の100円を そっとズボンのポッケに入れた
そこを叩いて50円玉2枚を作った
それをポッケから取り出そうとしたら 一緒に入っていた煙草が
まるで水を吸ったように つぶれて茶色く湿気た匂いを放っている
指には染み出たニコチンがベッタリ 血糊のように

童謡って可哀想な大人が作ったんだ 僕は何も口には出さず
50円だけでビル2階を建て増して 帰った

215 :向日人:2006/04/02(日) 00:38:58 ID:ot6R7oFR
いつも本当のことばっかり言ったり思ったりすると死にたくなります

216 :向日人:2006/04/02(日) 00:56:30 ID:ot6R7oFR
グッバイLOGO

君の大好きなあの車は業者に引き取られて行ってしまった
僕の一部だったあの車が無くなったんで君は泣いているんだね
泣けるね そんな君は物好きだ
僕らの青い車の後に来たやつは
今までの生活を劇的に変える事は無い
無いけど 僕の一部を持っていかれてしまったことに違和感はある
いつものハンドル いつものエンジン音
取り回し アクセルとブレーキの踏み具合 圧迫感
いつもが過去になってしまい それは今ごろ鉄屑墓場行き
ゴミだから墓標すらない 無宗教だから線香もあげないんだから
泣くことも逃げることも出来ないあの車は単純に葬られ
作られてからゴミになるまで無意識のままに乗り回された
そう 僕も物好きなんだ 君のように涙は流せないけどね

僕は君に青い車のキーをあげよう
大切な思い出になると思う あの車は何も教えてはくれなかったけど
僕達が勝手に思い出にして 頭で大切だと思うことにする
人間らしいだろ いつか僕が車に殺されたとしても車は無実だ
当たり前だよね やっぱり僕は物好きなんだ

切ないと勿体無いを混ぜこぜにして
今日も近くの解体工場から漏れてくる軋んだ音を僕は聞く

217 :向日人:2006/04/02(日) 01:00:19 ID:ot6R7oFR
あれ?


想いが・・・・・・・・



遅れて・・・・?

218 :向日人:2006/04/02(日) 01:15:39 ID:ot6R7oFR
安全の部屋

今にも暴発しそうな
思い出の入った風船が張り裂けるときの音は
部屋の隅で体育座りしている僕の手を耳に追いやり
衝撃は部屋の間取りを滅茶苦茶にして
水道やガス管は一気に漏れ出す
慌てた僕は急いで窓とドアを開けながらトイレに駆け込む
取り付けた覚えもないのに辺りにはサイレンが鳴り響き
壁には赤と黒のペンキのような光が交互に部屋を掻き回す
外の誰かに助けを求めようと携帯電話を開くが
あいにくみんなは仕事中らしい

仕方なく汚い音と色に襲撃された部屋を僕は
まるで催涙弾を投げ込まれた 立て篭もりのテロリストのように
だらしなく飛び出した 外に僕の知っている嫌な奴らが待っていて
一人が「オマエも変わっていないなぁ」と楽しげに言った

出て直ぐにスナイパーに撃たれた方がマシだった

219 :スークー ◆KUSO6ymY8A :2006/04/13(木) 00:13:19 ID:qepTgP8w
潜水艦にモールス信号魚雷を誤射したと聞いて飛んできますた!(・∀・)

220 :饂飩:2006/04/13(木) 04:09:44 ID:tazYQ8CE
くはwwwwwちょwwwバレバレwww
さすが情報が早いなスークー1/2等兵
迂闊に誤爆できませんわ。
ここも潜水艦みたいなもんなんだね

221 :スークー ◆KUSO6ymY8A :2006/04/13(木) 18:32:51 ID:qepTgP8w
はい。スークーは昔グンタイでチョウホウブをしておりました。
そこでラジオのような物をいじるのをお仕事としておりました。
しかしスークーはあまり頭がよくないのでじょうかんのシマダグンソウに、
「貴様はろくに仕事も出来ん半人前だ!だからして貴様は1/2等兵だ!」とよく叱られておりました。
しかし1/2等兵といってもお給金は半分こにはされなかったのでスークーはこまりませんでした。
あ、いいえ、はい。デムパをうけとったのであります。いつでもデムパさんとお話できるわけではありませんが、
今日のようにお天気の日にはたまにデムパさんとお話ができます。
やはりスークーは頭があまりよくありませんがデムパをとばすことはできるであります。
このことをヨコシバさんはいつもほめてくれました。ですがヨコシバさんはスークーの知らない町へいってしまわれました。
あ、すみません。スークーはすぐに物事をわすてしまうであります。
はい、ウドンさんはセンスイカンがすきでありますか?スークーもグンタイでみたことがあります。
おおきくて格好がすばらしかったのですが、浮いたり沈んだりでたいへんいそがしそうでありました。
スークーはもう歳でありますので変化がこわいであります。地面がすきであります。太陽がすきであります。
ウドンさんとお話をしていたら太陽が落ちてきたのであります。スークー道に迷ってしまうと困ってしまいます。
いまなら自分のかげについて行けばきっとお家につけるので帰るであります。
ウドンさんもお元気でお過ごし下さい。
そして、スークーはウドンさんの持っているセンスイカンは両方ともとてもすきであります。では。


222 :スークー1/2等兵 ◆KUSO6ymY8A :2006/04/13(木) 18:35:15 ID:qepTgP8w
ちょwwwあたりまめww僕も乗組員wwwww
時に饂飩くん!あの信号レスはどちらへ?
無線板いって「なんで宇宙人はお返事くれないんだぜ?」
で検索かけたけどひっかからんかったので帰ってきた。ぃぇーぃ

223 :U-具沢山:2006/04/14(金) 05:59:18 ID:4JI4dVvz
兵!実は僕、潜水艦だったんだZE!
魚雷だって撃てるんだ!へへっ
でも一発で百万円もするから勿体無くて打てなんだ・・
(´・ω・) カワイソス

って言え!!誰か!


>>221
毎度元気が宜しいようで。いーな陸は
海は寒いしフジツボがくっ付いてくるし退屈だよ
僕の何が悪くて陸に上がれないんだ!!ふぁっきん!
足があれば上がっていいのかな?

>>222
ああ、それはこのスレにヤケで貼ろうとしたチェスの棋譜だお
うちの艦ちょさんが狂うとヒトモンチャクやってて僕も始めてみたんだぁ
キャスリングは快感だお(^饂ω飩 ^ )
無線板はもとより、なぜ饂飩板がないんだ!けしからーん
当たり前か!魚雷発つwせrftgyふじこ

224 :U-具沢山:2006/04/14(金) 06:07:47 ID:4JI4dVvz
いち潜水艦のぼやき

僕は知っている
僕の中でクルーさんとクルーさんが
一緒のベッドで寝ていたことを
僕は黙ってて 真っ黒のままで
二人がもぞもぞしてても知らん振りしたよ
だって僕は潜水艦
言われるがまま面舵いっぱーい!

僕は言われたんだ
船長さん 僕のこと愛してる だって
僕はベッドのクルー達を思い出して
あやうく魚雷を誤発射しそうになったよ
でも僕は潜水艦
船長さんが僕の体にキスしても
叶わぬ恋と 知らん振り
愛してるを履き違えて急速潜すーい!

225 :U-具沢山:2006/04/14(金) 06:12:42 ID:4JI4dVvz
船長じゃなくて 艦長さんだから!!
か・ん・ち・ょ・う!!


魚雷ぼぼーん!!




えーなんか短期間で稼げるバイトってない?

226 :スークー1/2等兵 ◆KUSO6ymY8A :2006/04/16(日) 11:20:19 ID:BzZbmSgg

キャスリング キャスリング

触れるのは好きだけど
触れられると困っちゃう

声かけられたら逃げちゃう始末

キャスリング キャスリング

けど僕は

この隙間が心地いい

227 :スークー1/2等兵 ◆KUSO6ymY8A :2006/04/16(日) 11:25:14 ID:BzZbmSgg

(*´ うωこ`)                (^饂ω飩^)ウドンドドーン♪



 スッスーィ 三(*´ うωこ`)       煤i^饂ω飩 ^)オウッ?!

    ←←←←←←←←←←←←←←←←←←←
   ↓                           ↑
(^饂ω飩^)スチャ          (´うωこ`) パッ



(^饂∀飩^)キャス リング!!(^う∀こ^)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(´うωこ`)y-2√=ξ            (^饂ω飩 ^ )ウッシャッシャ♪

           ( r y

           ( r y

(^饂∀飩^) キャス                                    リ〜ング!! (^う∀こ^)


説明しよう!!キャスリングとわっ!! 「物を運ぶコロコロのやつ」
いつも近くにあると便利だね。

228 :スークー ◆KUSO6ymY8A :2006/04/16(日) 11:30:37 ID:BzZbmSgg
U-具沢さんせんちょマグロ漁船( ・ิω・ิ)ウラヤマシス


饂飩くんなら分かってくれそうなので貼ってみるチェストー!!
ttp://video.google.com/videoplay?docid=6176491654107670145

229 :饂飩(ネカフェ):2006/04/19(水) 03:38:50 ID:vdrArwPG
キャストーチェストーきゃすりーんぐ!!!!
おわっぱ!!>>228ピタゴラ装置じゃーん。俺の好物じゃ〜んしかも特盛
いっつもこれ見ると乳首立つんだよね。。っあっあれ?変かな
子供だから、わかりませーん


テレヴィのジョーーーン!!!(・Э・)

230 :饂飩(ネカフェ):2006/04/19(水) 03:40:36 ID:vdrArwPG
うっはwwそうか!ww!ネカフェだからクッキーがっ!!www
SAGE忘れて急浮上!!気持ちいし恥ずかしいorz

231 :スークー ◆KUSO6ymY8A :2006/05/01(月) 22:55:40 ID:d/jGhIsq
饂飩君は気持ち良くなりすぎて
↓こんなんなってどっか行ってしまったのでしばらくお留守番してみます。

                        
 、   l   _,                 
  ヽ/⌒ヘ~    ,ヘ        ,rァ     ∫
  ., 't,_,ノ丶   / '、     ,/ ,i     !   へ
 /  !   '`  |   '──--'  {      (/     )
        ,/ ● L_/    'i,
       /     l ,/  ●   i,      ^^
       'i      しii     丿     -〜〜、
      |`:、\     'ii   __,/         /
      'i、 ̄~~     ij  乙__ノi       ん〜
       ^-ァ        __,ノ      
     r^~"i'        'l              (
     !、 !         l              )
      ~^''!,   ,_    ,!_        
         \ l,~^''‐--::,,⊃ ) ) ) )      !  、
            `'‐’                 :,  、


232 :スークー ◆KUSO6ymY8A :2006/05/01(月) 23:27:13 ID:d/jGhIsq
「ぬこ」

夜が寝苦しくなってまいりましたね
たまらんので早くもウィンドゥとドアーを開け放して寝ています
ドアーが開いておるのでぬこが入ってきます うちのぬこたんです
くそ暑いのに布団に入ってきます かわゆいので許します
寝ておるワシはチョップ等はしないので ぬこもリラックスの毛繕いです
自分だけ舐めておればよいものをワシも舐め舐めしよります 痛いです
ワシ今日はお昼に腰に手をあて牛乳を飲んだのでお腹がコロコロゆーとります
すると布団の中の気配が完全に消えました そして僅かな殺気
‥コロコロ ポフッ
それはぬこパンチには程遠い 聴診器をあてるみたいなパンチです
これは探りの段階です 布団の中には相当マヌケな顔が一つあるはずです
‥コロコロコロ ポフポフ ポフッ
‥コロキュ〜 ポポポポーフ
ふふふ 大変もちょこいので出て行ってくれたまえ
そして冬くらいまで君は立ち入り禁止にします
しかしワシの好きなタイミングでいつでもチョップだけはさせる事
以上、解散!  ‥おいっ!そこゆくヒゲ野郎!ワシの洋服の上で寝るなと、
何度言えば分かるのだ!んー!「ナァオ」ではない!求めておる返事は「ナァオ」でわ決してない!ないぞー
‥もうよい ワシは眠い そこでおしっこなぞせんようにな
それではおやすみにゃ〜

233 :饂飩(復刻):2006/05/02(火) 15:13:33 ID:M/LM84vx
うちゃらぱーん!!いっちゃったよぉぉぉぉぉぉぉぉーーー
もどっもどっ。。。    アイルビーバーックーーー!!!してきました

すーくークンが好き勝手してくれたんで、昼食のうどんには黒胡椒かけて食べました
うっひょろろろろ〜  ぬこ食いてぇ!!!!
はぶっ・はぶっ・・・www羽生さぁぁぁあぁぁぁぁーん
がんばってー

234 :饂飩:2006/05/02(火) 16:11:43 ID:M/LM84vx
便り

ペチカーペチカー暖炉はペチカ すぐ傍の僕を暖色で染める
壁かかったお気に入りの一枚を見ていつも思うことは
「どうみても塩昆布です 本当にありがとうございました」

ぴんぽーん おや客人か こんな過疎地に客人とは宅配便かね
暖炉がないと動けない僕だから 勝手に入ってもらうことにした
「どうぞ 好き勝手にお上がんなさい」
「うん そうか」
その瞬間 丁度一枚絵の掛かっている壁が勢いよく吹き飛んだ
壁の代わりにその面を埋めているのはブルドーザーだ
けたたましいエンジン音 僕の膝に座っている子猫が驚きのあまり粗相をした

「ちわー ATM強盗でーす」
黒眼鏡で安全メットの男が謙虚に名乗った
「おやおや 宅配便かと思えば・・・ 遠いところからわざわざすまないねぇ」
僕は子猫をトイレに入れるとタンスから印鑑を取り出す
男はあたりを見回してやはり謙虚そうに言った
「あのーお邪魔してしまいながら大変失礼ですが
 白ビル銀行 血沼出張所はこちらの御住所でよろしかったでしょうか?」



235 :饂飩:2006/05/02(火) 16:13:15 ID:M/LM84vx
「シャチハタでもいいですかな?」
僕は印鑑を男に渡した
「出来れば三文判がいいのですが お手間を取らせるわけにはいきませんので」
男は丁寧に印鑑を受け取ると 自分が伝票を持っていないこと気が付いた
「申し訳ありません 伝票をセンターに忘れてきてしまったようで」
「いいぇ 構いませんよ 荷物を渡してくれればそれでいいですから」
「そうですか 大変御不便お掛けします それでは受け取りの確認の印に
 失礼ではありますがこちらの建機に押印して頂けないでしょうか」
男は印鑑を僕に返した 手には悟組と刺繍の入った軍手をはめている
「面白いことをおっしゃりますな 分かりました どこに押せばいいですかな」
「ありがとうございます それじゃこのショベルのところに・・・はいありがとうございます」
「遠いところから配達でお疲れではありませんかな 今お茶を用意しますから
 少しばかり休んでいってくださいな」
すると男はやや大げさに言った
「いいええ これから他にも回らなければならない所もあるので・・お気遣い誠に恐縮であります」
「おやそうですか 大変ですね それでは体に気をつけて」
「はい ご無礼を働き大変失礼をしました ありがとうございます またお願いします」
男はそう言うとブルドーザーに乗り込み会釈しながら部屋を出て行った
あたりは静まり返り 暖炉の薪が燃える音のみが残った
「また・・・来なくていいよ」
僕は胸ポケットから煙草を取り出し火をつける
男が出て行った 大穴になった壁からは日差しが指し 何処からかヒバリの鳴き声が聞こえる
菜の花の黄 若草の緑が映え 部屋に新しい風が入ると
何故か生きている喜びを再び噛み締めている自分に気がつく  
「外はすっかり春なんだな」
僕はトイレから子猫を出すと その広い玄関から散歩に出た

236 :饂飩:2006/05/02(火) 16:27:14 ID:M/LM84vx
読み返したらエラー表示だお

>>235
僕は印鑑を男に渡した

僕は印鑑を男に見せた

だね。


おいスークー あとで麺かしな

237 :スークー ◆KUSO6ymY8A :2006/05/03(水) 00:28:09 ID:SCd79tkZ
はい、呼ばれたのでのこのことマヌケ麺ぶら下げてやってきました!∬(糞∀詩)∬イタイノハイヤヨ。
お留守番をすると言った手前逃げる訳にもいかんので助かったー♪
しかしながら相変わらず凄まじい破壊力をみせての復帰ですな!
なんちゅーかこう、饂飩だけに腰の入り方が違います。

なんつって。なんつって。

引き続き、、できるだけ饂飩。

238 :饂飩:2006/05/03(水) 01:58:02 ID:S7beoYH5
へへ・・鴨がウンコー背負って来やがったぜ (饂∀飩)ニヤニヤ

  ∧_∧
   ( ´Д`) <まぁとりあえずコレでも飲みなさい
  /    \
  | l    l |     ..,. ., .,
  | |    | _|。.:_::゜。-.;.:゜。:.:;。
  ヽ \_ .。'゚/   `。:、`;゜:;.::.。:.:。
   /\_ン∩ソ\    ::..゜:: ゚。:.:.::.。.。:.
.  /  /`ー'ー'\ \  ゜: ::..゜:: ゚。:.:.:,。:.:.
 〈  く     / / ::..゜:: ゚。:.:.:,.:.:.:。:.:,
.  \ L   ./ /  ::..゜:: ゚。:.:.:,.:.:,.:.:.:,
    〉 )  ( .::      ヽ(糞д詩;)ノギャー
   (_,ノ    .`ー'

239 :向日人:2006/05/03(水) 01:59:15 ID:S7beoYH5
いつからこんな汚れた場所になってしまったのか

240 :スークー ◆KUSO6ymY8A :2006/05/03(水) 20:01:04 ID:SCd79tkZ
ヒント:ブラピ


誰かが僕の名前を「スーパースレクラッシャー」と読んだように
全くもってその通りの存在であろう

全てにおいてのパニッシャー
「スーパー糞詩クン(スークー)」とはそういう意味合いを持たせてある

僕は嬉嬉としてうんこを投げるが そこら中がうんこだらけになる


いや、、ほんっとに申し訳ない。自分でも思ってたんだよ。
「ヤベ、きちゃね、ファンに怒られるわ」って、だからお留守番で空気清浄を試みてみたw
いちファンとして少し大人しくしております。  それでは改めて。

引き続き、、できるだけ向日人。


241 :向日人:2006/05/04(木) 17:11:58 ID:QCTGWAdS
無題

僕が違う人格に成る方法は誰が見ても陳腐だ
それは鼻眼鏡 それはギャツビー あるいはホームレス
みんなが僕であるが 僕はみんなと同じ言葉と愛を持ってはいない
僕がみんなに成る方法が誰が見ても陳腐であるなら
僕に人という概念がないということになりそうだが 特別絶望はしない

僕の人格はどこかの人に爪の先位の大きさの意味を持たせる
それにはびっしりと鼻くそが付いている それは
僕という生き物が鼻で吸った空気や気配や美味しい食べ物の匂いだとか
良い意味を持たせた物が すなわち汚くないとは大人は言えない
少なくとも普通に生き 普通にセックスをして感慨を受けた大人は

僕の人格は僕の全てを選んでいる
あみだくじのようにいい加減で正直なルールで選んでいても
それを書いているのはきっと僕なのだろう
爪の先ほどの人格が心臓になる前に人生は終わってしまうかもしれない

僕の魂は進むことなく回り続け 円の中で一つの海を作り上げる
弧を描いたその先には何もない ひたすら円の中で世界を作り続ける
海底に思い出したくない宝物を埋め続けていくと
必然的に世界は 上ではなく下のほうへ高くなっていく
それを見た僕が思わず発した一声は 無論誰も聞いてはいない
僕の人格が孤独なら 孤独のままなら

242 :饂飩:2006/05/04(木) 17:15:29 ID:QCTGWAdS
>>240
ブラピね。察しておりましたよ。

あのさ、正直に言うぜ。







もっとやってください
なので自粛しなくて結構。結婚してください

243 :饂飩:2006/05/04(木) 17:20:39 ID:QCTGWAdS
なんかドライな言い方になっちまったんで後悔

俺マゾなのか自分の出したうんこ弄られるの腸大好きですお
下ネタここぞとばかりに好きだから。過剰なスカトロは嫌よ
スカトロならここでしょ
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/poem/1113566840/l50
僕だって!僕だって!!まんまるとか中まるとか言いたいもん!!!

244 :饂飩:2006/05/23(火) 00:14:04 ID:Z/ZfXyzt
こっちのみーずはあーまいぞ

245 :向日人:2006/05/23(火) 01:03:28 ID:Z/ZfXyzt
名の河原

名もない夜に 梟の鳴き声 それより静かに聞こえる川のせせらぎ
どこからともなくその場所に 一人 また一人と顔を出し
石を拾う 月影に隠れた表情が どことなく慎重で
人が それとも石が人を選んでいるのか 拾った人の顔が表面に浮かんだ

そして万年筆 或いはカラースプレーで 石に書き出した自己紹介
自分だけが人生で 他人の目を見ながら書いた物語
やや不安げにびっしり書く人もいれば 大胆に一文字を大きく書く人
沢山の小石を繋げて大きな絵を描く人も居る

こうして完成した石は川に投げる やっぱり水切りする人だって居る
たまに「神様ー!」と叫びながら投げる人もいるが 一体どうしたのだろう
川に落ちた石は水中をゆっくりと降りていき 先人達の石にのりかかる
膨大な数の石で出来た川の底の さらに底の石は石油になっている らしい

向こうの川は石塚のようになってしまっていて もう川とは呼べない
そういう場所には大きな油田が建っていたりする
そして時たま石油以外の物が吹き出て故障する

ここは小さな世界の中にある さらに小さな砂場なんだ
誰かが砂利遊びをして川を作る
蟻んこみたいな僕ら
肥やしとなる生き甲斐や身体が人生だとするなら
なんでもっと早く投げ込まなかったんだ!!

246 :向日人:2006/05/26(金) 17:08:01 ID:qSoBKqX1
自分の目が見る世界は
意味のない行動 意味のない言葉 意味のない人
で溢れている そしてそれは一人ぼっちの僕も指している

あるいは他人の目と取り替えて
無駄な欲望 無駄な感情 無駄にいる人

それでも人権には意味があるのか


ニュースでは連日 殺した人と殺された人の名が並ぶ
その後見る 明日の天気があっけらかんとしていて嫌いだ

247 :向日人:2006/05/26(金) 18:55:44 ID:qSoBKqX1
死薬

ある日僕の部屋に薬売りがやってきた
その薬売りは老婆で
スーパーにあるようなカートを押してノックもなしに入ってきた

薬が詰まったビンには薬の名前や変な記号の書かれたラベルが貼ってあって
カートの中は薬ビンで溢れかえっていて 粗末なワゴンセールを思い出す
見た目どれも同じ薬のように見えるが どの薬の名前も最後は「死」で終わっている
僕は楽に死ねるならなんでも良かったので 欲を付けて幸せに死ねる薬を頼んだ
すると老婆はしわくちゃの手から赤い粉が入ったカプセルを差し出した
僕は不思議と安らいでいて その薬をエビオスでも飲むような気軽な気持ちで飲み込んだ

するとたちまち僕の体は溶け出して あっという間にスライム状になった
視界に天井が見えるから きっと僕の目は体に浮いている状態だろう
目だけじゃなく 体全体も水に浮いているみたいに軽く 重力を感じない
頭はボーっとしているが ずっと射精をし続けているかのようなオーガニズムを感じる
あまりの激快に嘔吐をしたが 吐かれたものは食べた覚えのない骨のついた生肉
しかし不振に思う間なんてどこにもない ここからは見える老婆の顔は美しい
僕の穴からはまだ暖かい臓器が赤い涙を流しながら出て行く
体に巡る血のせせらぎと嘔吐音を聴きながら
僕は自分の体が冷たくなっていくことに気がつく



248 :向日人:2006/05/26(金) 18:57:01 ID:qSoBKqX1
だが不安に思う間なんてどこにもない 僕にはこんなにも素敵な美女がいる
結婚したらダンボールで家を作って橋の下に住もう
100円ショップで家財道具を揃え 図書館から新聞を持ってきてベッドを作る
コンビニの廃棄弁当を一日の最高のディナーにして
死にたくなったら君の薬でサプリメントだ そう
こんな幸せな暮らしが僕たちを待っている 僕たちは糞まみれの荒廃した世界で
悲しくも肩を寄せ合うアダムとイヴになるんだ
僕は 君は ひとつの胎生となり 新たに生まれてきた自然体
誰も僕らのことを知らなくてもいいし もし知ったとこで意味はない
だって 僕 まだ 気持ちいし

僕の子供は薬ビンの中で産声を上げ
君がカートを押して誰かのうちにそれを売りつけに行く
そんなことが長く続いて 僕の体はもう子供を産めなくなってしまった
動くことも出来ない僕を 君は料理の食材を扱うように僕を鍋に入れて火をかけた

今までにない苦しみに似た快感とも う出ることもないと思った嘔吐
それは僕の胎児の時の姿 そして何も知らない胎児の僕は元気よく力一杯泣いた
僕は一体何をされていたんだろう

あの後分かったことだけど 僕の飲んだ薬の名前は「腹上死」だった

249 :向日人:2006/05/27(土) 01:11:22 ID:7Kh/vCdW
100円ショップならゴミ捨て場とかの方が良かったね

250 :向日人:2006/05/29(月) 02:44:25 ID:f0InAqlV
道の端くれで巨大なクロスワードパズルを前に苦悩している僕に
通りすがりの人が問題の答えを教えてくれる時を待っている
本当に答えなんてどうでもよくて ただ僕に対して口を開いてくれるのを待っている

251 :向日人:2006/05/29(月) 03:15:05 ID:f0InAqlV
フエルト

公園の身障者用のトイレにはクマの顔のアップリケが張ってある鉄の処女があって
蓋を開けると血が滲んで茶色くなってる人間大のフエルトが丸まって入ってる
フエルトを燃やすとトイレの関係ないところまで燃え始める
天井も便器も蛍光灯もシャベルも ちなみに燃えたカスはチョコになる
例によって僕もチョコになったよ おいしいよ

252 :向日人:2006/05/29(月) 03:36:59 ID:f0InAqlV
認められてもないのに自分から名乗って進み出るのはどうも気が引けるな

253 :向日人:2006/05/29(月) 04:09:13 ID:f0InAqlV
モノクローン

技術の進歩だとか個性の多様化だとか消費者のニーズだとか
モノの輪郭は日を追って丸みを帯びていくが
人たちの目からは周りに向けるトゲが伸びてきた
それは時折子供の目からもだ 誰も他人を人してを見てやしない
その目は残飯なんか食わないと言っている
モノと溢れて生きてきた人は 話しかけるまでその人を
例えばコンビニの棚にある商品だとしか見ていない
生産され陳列される毛の生えたモノに毛が生え 毛が生え 毛が生える\\
興味のないものを見続ける作業に 目はついていかない
人の思う日常は有限で 無視されるよう教育される
それは形が量が 分裂していくごとに色を失ってゆく虹だ

僕は色のない世界で死ななければいけないのか

254 :向日人:2006/06/05(月) 03:26:02 ID:+uBUZ8ui
死んじゃ駄目、か!!!!!!

255 :向日人:2006/06/05(月) 03:26:52 ID:+uBUZ8ui
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

256 :向日人:2006/06/10(土) 02:48:44 ID:8qeECbb6
考えないで言葉を繋ぐって案外出来ない

257 :向日人:2006/06/10(土) 03:02:45 ID:8qeECbb6
美味しいコメカミに齧り付いた すると枯れていた道路はショコラの海になった
名前の無い補正生物が水槽に穴を開けようと タンスの肥やしになった

あぶあぶ もうゴメンしないよ ゴシゴシ 鍵はベルトに付けてね
ざしざし イきそうになったら欠伸するように もう片方の口には火薬を詰めておこう

僕の脳みそはシュワシュワと溶け出して 誰かがシワシワと間違えて馬鹿にする
役に立たない記憶が僕の服だ 僕は最後まで服を脱ぎ終えたことが無い
パンツは取り替えられないからとても不快だ

足音に敏感な血管が今にも体を突き破ってでも逃げようとする
僕の血管が恐れる足音とは 出口だ
幸せも不幸も感じる意味があるのだろうか

一時三十三分 今僕の一人が首を吊った
悲しいのか嬉しいのか僕は泣いていた
でもそんな感情はどうでもよくて 死んだと言う達成感を
僕の目が勘違いして泣いたんだと決め付けた
三時五十九分に次の僕が笑い死にするらしいから
今度は口に剃刀を入れておこうと思う

258 :向日人:2006/06/13(火) 11:46:01 ID:yxS5N6nB
無国籍について

日本一の無国籍な人種になりたい

そうすれば日本の法律なんて関係ないから
税金もかからないし パスポートも要らない
仮に国外追放されそうになっても 日本一の無国籍さでこう一言
「俺の国にはそんな法律なかったぜ、まぁ俺は日本生まれだがな」
最高じゃないか 日本ならこのセリフだけで渡れそうだ
素晴らしき無国籍 法で塗り固められた秩序なんて無力だ

僕が街中でちょっとおかしなコトをしてしまっても みんなきっと
「違う国ではあれが普通なんだ」と思い気に留めないでくれるかも

しかし無国籍の弱みは強みでもある 法を持てないことだ
故に自分の安全は自分で守らねばならない これはきっと日本一大変だ
もし重い病気にかかったり 車に轢かれたりしてしまったら
死ぬことは決定している ゲーム的に言えば残機なんてものが存在しないのだ
本当に死んでしまっても僕の遺体は誰に構われることなく朽ちていく
どんなに酷い形をして 嘔吐せざるおえない位の悪臭でも 道行く人は
「これもその国の文化」とか不快に思いながらも 過ぎ去ってゆく
これは日本一惨めな死に様と死後だ

こうして考えると 無国籍という存在は透明人間に近い
日本一自由だとしても誰も守ってくれはしないし 天涯孤独かもしれない
それなら日本人でいたほうが 日本一安心なんだ

ABCが出来なくても 新聞を読まなくても 何故かテレビは持ってる
そんな日本人である誇りを忘れてはいけない と思った

259 :名前はいらない:2006/06/22(木) 19:50:43 ID:IzQ4hN9v
ぃぇーぃゅ

260 :向日人:2006/06/26(月) 22:19:42 ID:DJRLotPu
誰かが待ってくれていそうな気がした
気がしただけ それだけ

261 :向日人:2006/06/26(月) 22:50:38 ID:DJRLotPu
時を越えた僕の一日

一つあるごとに長い針を一周させる 複数の歯車が動く 感覚でわかる
冷蔵庫を開けると明日の分の食べ物が入っていた
きっとそれは嘘じゃない 壁には何かがある
ある日 磁石で擦るとその板切れは泣いた
言葉は絶対に 百個は零れ落ちる ローマ字でも平仮名でも
20まで覚えておけばいいし お金だって一日270円持っておけば困らない
壁に背中をつけると その壁に飲み込まれそうになる
今日から起こる無様なことを 電池の切れた腕時計で数えよう
そう思って僕は 壁の中に一匹の猫を飼いだしたんだ
真珠湾ってのがどんな所かは 日本人の僕は知らない
静かな雨の降る夜 さらさらと落ちる雨の音が
蛇口をひねると明日の分の水が出てきた
暗がりの中 小さな水溜りを作る
僕のお守り それは財布に入っている一枚の板切れ
僕はベランダから水溜り一つを見つけて 適当に真珠湾と名付けた
車も拾ったのも 童貞を捨てたのもこいつのお陰だ
数なんてものは 煙草の箱に何本煙草が入るかが分かっていれば
どんなにまとめ切っても 僕のお腹の皮は薄いらしい
駅にかけてある時計を見たら僕の時計は同期していた
そんな昔のこと 賞味期限が切れてるぜ

262 :向日人:2006/06/26(月) 23:21:24 ID:DJRLotPu
Every time

エブリナイト 一人蒸し暑いだけの夜
エブリナイト 血走った目ん玉をえぐりたい
エブリタイム 見たいような見れないような
エブリタイム あの娘の股下探りたい

夜なのに蜃気楼 眩暈で鈍った審美眼
誰でもいいんだ どれでもいいんだ
俺の気持ちを抱いてくれ エブリタイム

エブリナイト ぶっとんだ柔らかさが欲しいんだ
エブリナイト 優しさ募集中ふふーふふーふ
エブリタイム 野良猫のような目を愛したい
エブリタイム シミだらけの床を作りたい

豪華絢爛 相互ディナー もちろんフタツキです 嗚呼
声を上げずにいれないほど
たまらなくさせて あーげる

忘れてしまいそうな 夢見がちな夜
とろけさせてあげるよ ハニー
宿泊代だって俺持つよ だから
だから だから からだください エブリタイム
誰か来てくれよ HEY

263 :猛禽:2006/06/29(木) 00:53:07 ID:NQfhZGqv
あんまり切なくてハラたったからさらしちゃうぞっ
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/poem/1083493690/262

264 :猛禽:2006/06/29(木) 00:59:57 ID:qxagVqG0
……と雨タンのスレに書こうとして誤爆したわたしは
死んだ方がいいですね(T-T)おととい来ますごぬんなさい
( ФvФ)ノ● 俺のせいぢゃないっLive2chが悪いんだっ

265 :向日人:2006/07/01(土) 00:28:14 ID:DsWrot0D
>>263>>264
僕のせいかい?すまなかったね。いやね、これでも真面目だったんだ。
そんなことより、たった数分でIDが変わっているのには驚いた。
それとも僕の時計が遅れているのかな

266 :向日人:2006/07/01(土) 01:07:09 ID:DsWrot0D
CrossRoads

ある日のことなんだけど 僕は身体を離れて宙に浮いたことがあった
魂の抜けた僕の身体は 見苦しくも泡なんか吹いちゃってその場に倒れたんだ
偶然都会に用あって スクランブル交差点を渡ろうとしていた時さ
突然の出来事だったんで同じく渡っていた周りの人もビックリだ
でも一番驚いたのは僕だ 頭から倒れたせいか鼻血も出てたし
こんな人気の多いところで 醜いところを見せてしまったからね
僕は慌てて 落ちてる服を着るような感じで戻ろうとするんだけどそう上手くいかない
せめて口についてる泡と鼻血を拭いたい こんな昼間に真っ平ごめんなんだ
僕はヨッパライでもあるまいし 俺が麻薬をしているわけでもない
あぁ それでとにかく身体を起こしてやろうと 背中に乗っかって踏んづけたんだ
でもなんだか発泡スチロールみたいな感触だった 足の平で分かった
ピクリとも動かない自分の身体が無力に思えた 魂じゃない身体がだよ
ちょっとしたら誰かが身体を起こしてくれた 深刻そうな顔で僕を見るなよ
「大丈夫ですか?今救急車来ますからね!」必死だよ 偉いよこの人
こんな身体に何を言っても聞こえてないけど 魂には届いたさ
僕の身体をご丁寧に引きずって 道路の脇まで運んでくれた
都会なんて誰が何処でのたれ死のうが てめえのケツはてめえで塞げって
誰も愛そうとしない目で 誰もが振舞うものかと思ってたけど
今回は運がよかったかな この人の他は僕の身体なんて見もせずに通り過ぎてゆく
もしかしたらこの人は政治家か権力者の何者かで
自分の株を上げるために偽善行為で僕を捕まえているのかもしれない
そんなことを思ってしまう僕は田舎者なのか 複雑な気分だ
僕の性格がパンクなら 身体に戻ったらすぐこいつに唾かけているだろう
「ファック!余計なことすんじゃねえ。俺がせっかく気持ちよく死んでたのによぉ」とか言いながら

267 :向日人:2006/07/01(土) 01:26:13 ID:DsWrot0D
(続き)
救急車がやってきた 降りてきた救急隊員らがテキパキと担架の用意をしている
身体を助けた人は救急隊員に走りよって何か話してる 何のつもりだろう
すると二・三度頷いた隊員の一人は 救急車の助手席に乗るよう手振りした
固まった いや身体じゃないよ僕の魂がだよ 彼は一体なんの為ついてくるつもりなんだ
恩を着せて金を巻き上げられるか それともカルト教団に強制入職か
はたまた こいつら全員グルで僕の身体から使えそうな臓器を・・・
担架でゆらゆら揺れる身体と 不安思考の魂の動きがシンクロする やっぱり僕の身体だな
「頭揺らさないように気をつけろよ」とか 爆発物みたいな扱いだな
死ぬほど心配だよ 田舎者のクセに都会なんて来るんじゃなかったよ
こんなことになるんだったら 今日友人と会う約束なんてするんじゃなかったよ
絶望色の後悔が心を沈めた きっと優しい霊能者が僕を見たら
「怖くないよ、さぁいらっしゃい」とか言って供養されるんだろう
救急車は暴走する魂なんて知らず伸張に病院へと向かっている様子だ

二時間くらい経っただろうか 僕は病室のベッドの上で身体に蘇った
意識を取り戻したってやつだね 僕の視界は幽体離脱の視点から天井に移った
ずっと僕の横で僕が目を覚ますまで待っていた 救急車を呼んだ人
そこまで他人に心配させるほど僕って有名人なのか?変に気持ちが高まる
はじめに声を出したのはその人だった

268 :向日人:2006/07/01(土) 02:01:06 ID:DsWrot0D
(続き)
「こんにちわ。大丈夫ですか?」
「ここは・・?(状況を知らないふりをしてみる)」
「○○駅から近い病院です。とはいっても車で30分くらい離れてますけど
あなた、いきなり交差点で倒れたんですよ。俺びっくりしちゃった」
「あなたが助けてくれたんですよね。ほんとにありがとう(ちょっと驚かせているつもり)」
「えっ?分かるんですか?いやーやっぱりネットで馬が合う仲なことはあるよね」
なんだ・・・こいつ何言ってるんだ?続けて彼はちょっと照れくさく言った
「はは・・・ビックリしてる?ほら今日オフで俺と会う約束してたでしょ?モキモキさん」

やっとわかった。驚いたのは僕のほうだった
「・・・・・くまちゅー?あんたくまちゅーか?!」
そう、彼とは最近某掲示板で知り合ったネット友達だ
私生活でも友達が居ない僕が初めて分かり合えた他人
表情や声、趣味がわかりそうな服装。どこをどうみてもくまちゅーそのものだ
文章だけでやり取りしていたのにも関わらず その確信には納得できた
くまちゅーは安心しきった顔になっている
「お互い分かるように前もって、服装とか顔の特徴とかメールしといて良かったね」
僕は自分の魂が身体に戻ってこなくていいと思うくらい 自分を恥じた
そして泣いた 久々に 人前で泡吹くより 鼻血出すより恥ずかしいことなんだけど
それは長年家に閉じこもってばかりで刺激がなかったためや
何より現実で人の温かさを感じたせいでもあって
「ありがとう。ほんとうに ありがとうございます」
「なんだよ、泣くことないじゃん。記念すべきオフが涙じゃしょーもないだろ。
でも、マジでモキモキが助かって良かった」
くまちゅーも涙ぐんで 僕の肩をポンと叩いてくれた

僕の流した泡や鼻血や涙は 当たり前だけど僕という人間が流したものだった
それから二人で力一杯握手した

269 :向日人:2006/08/01(火) 23:29:02 ID:hN66Vgyr
倉庫

消えていけば 灰になってこぼれていく
忘れれば 床のシミになっていく
重いと天井から 常に覗かれ
軽いと地面から 足をつかまれる
数を数えては その数落ちてゆく涙
日記の上を濡らしては 日に日に使い古されてゆく

粗大ごみが空から落ちてくる 頭を守らなくちゃ
帽子を被ってもそれは日に焼けるだけだ
日記入れた洗濯機が洗いきれずに 水が溢れている
スイッチを切ってもそれは増える一方だ
だから 僕という形が戻ってくることはないだろう

タンスのあの匂いを嗅ぐと 素直に昔を思い出してやる
七輪の中で燃える炭を見つめ それを手で握り締めたくなる
勝手口にある 誰にも使われないスリッパは
開くことのない出口を見つめ続けている だから僕はそれと同じ
力一杯握り締めたくなる気持ちは どうせ叶うことのない出口なのだろう

270 :向日人:2006/09/05(火) 18:39:28 ID:f8iVZo50
ドリーム夏

煙草のにおいが消えた墓石の下には花が咲いていた
暑い日の出来事をぼんやりと思い出し 立秋の風に偽りを感じた
花壇からは向日葵が抜かれ やけに寂しくなった
夜の音色と夏の風 似つかない隣り合わせの色々が
金色に輝いた月の光で結ばれる
線香の匂いが玄関に染み渡る季節は過ぎた
田んぼで無邪気に遊ぶ少年達は絶滅した

271 :向日人:2006/09/05(火) 19:02:46 ID:f8iVZo50
白 彩々に

決めつめたから真っ白なんだ
真っ白は生み出さない 真っ白は危険だ
俺にとっても 辺りにとっても 退屈だ
絵の具が欲しい 盗んでこいよ 働いてこいよ
ぐちゃりと付けたその筆で 何も考えちゃダメだ
だけど形だけで説明できるモノはないし 色だけでは人に思いを伝えられない
でも考えなきゃ 自分にだって自分のことが分からなくなる

一人の時間が増えることで多くの言葉が消えてゆく
自分についてと他人について 一緒くたに片付けてしまう
俺の言葉が嘘をついている 俺に言葉が嘘をついてゆく
明日のことが朝日に塗れて降って来る その前に
絵を入れたい 夜の黒や命の赤 丸みがかった安心とか真っ直ぐな心
真っ白な空間に 寂しくないように 家具を置くように
曲がりくねった人生とか 全ての色を使った円で皆とか
信じた色と形で 絵日記をつけるように 毎日描いてけばいい

272 :向日人:2006/09/05(火) 19:05:14 ID:f8iVZo50
俺の言うことの聞けない自分なんて嫌いだ

273 :饂飩:2006/09/05(火) 19:55:26 ID:f8iVZo50
シュレティンガーの猫達(#1)

「ちょっと胸毛が生やしてぇんさ」と、ギャランドゥを弄りながら義男は言った
僕はテーブルの缶コーヒーを飲んだ 塩入だった
「義男はさ 豊胸したほうが逞しいと思うんだ」
「まじで〜じゃあセイケー外科あたってみるよ」
また心にも無いことをいってしまった こともあろう義男なんかに
義男は嬉しそうにタウンページを開き 整形外科を探し始めた
まぁ胸毛を生やされるより少しはマシかな 僕は口を濯ぎに洗面所に向かった
うがいをしていると背後で義男が何か言っているが 耳が遠いので聞き取れない
ふと鏡を見ると何故か忍者が写っている・・・!!
左目には深い切り傷があり 右目で獲物を狙うトラの如く僕を睨んでいる
しかしうがいの最中なので驚くことをしないでおいた
忍者は僕に艶かしいウインクをして消えたかと思うと 背後に断末魔の叫び!!

僕はとりあえずリビングに戻ってみた するとそこには・・・信じられない!
義男がトランポリンをしていた 義男は発狂したかのような満喫っぷりだ
断末魔の主も義男だった こいつは病的なトランポラーで時が来ると
なりふり構わず何処でもトランポリンをするという変人だ
携帯用のトランポリンをいつも小脇に抱え 満員電車だろうが飲食店だろうが
お構いなしの出張トランポラー 義男・・・! 
僕はこいつのクセは知っているが時はいきなり来るんで毎度迷惑している
「ぎょへへひゃひゃひゃひゃーーーあんぎぇっぇぇぇぇーーー!!」
とてもトランポリンを楽しんでいるとは思えない状況だが
本当に好きなものとはこういうことを言うのではないだろうか
僕はここまで熱中出来る趣味が無いので正直義男が羨ましく思った

274 :向日人:2006/09/18(月) 06:48:49 ID:F7tNwEqt
安手の遊戯

投影機に写る幻は 見えない明日へ
手を伸ばす大きな近道になっているかしれない
100面サイコロに好きな言葉を書いて振りなおすと
それは真実味を帯びてくる
数え切れない感情と背景を焼き付けた合成写真は
真っ白なスクリーンを何色に染めるのか
指の先に感じたアスファルトの冷たさと
身体で感じた太陽の温かさが今 答えを一つにしようとしている

ポケットに紛れた見覚えの無いコインを掌に
遊びで振った悪戯な日々 愛と憎しみの饒舌な言い訳
ぼやけたイメージを込めて突き放す

自信はいらない 強い心が欲しいと願う明日へ

275 :向日人:2006/09/18(月) 07:02:25 ID:F7tNwEqt
言いたいこと

自分に一番言いたいこと それは言いたくないこと
人に言われても同じこと 自分に言っても同じこと
山と谷 川と海 歩行者と自転車 ハムスターとネズミ 同じこと
そんな僕のことだから 可愛い僕のことだから
正義と悪や ヒラメとカレイの区別も付かない僕だから
誰もが言うことも 誰も言わないことだって
誰もが一番言いたいこと それは自分にも言いたくないこと

276 :名前はいらない:2006/09/24(日) 00:12:18 ID:/4lx1Sjg
このスレッドは、GL5 掲示板・スレッドの趣旨とは違う投稿の
スレッド 「掲示板の趣旨に無関係なもの」 に該当すると判断します。

削除依頼を望まないのであれば、自治スレ
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/poem/1155999946/
にて、一週間以内にスレッドの方針を説明し、存続に対する詩板住人の合意を得て下さい。

期限 2006/09/30 23:00 まで。


277 :名前はいらない:2006/09/24(日) 15:07:39 ID:8qEMtqZG
151 :名前はいらない :2006/09/23(土) 05:10:49 ID:GAbIIfBt
ID:UtWXlPuX

しねっ☆

278 :名前はいらない:2006/09/24(日) 15:23:02 ID:8qEMtqZG
151 :名前はいらない :2006/09/23(土) 05:10:49 ID:GAbIIfBt
ID:UtWXlPuX

しねっ☆

279 :名前はいらない:2006/09/24(日) 19:27:17 ID:ScFxzp4q
すべての利益をあなた様に

280 :名前はいらない:2006/09/24(日) 19:38:35 ID:ScFxzp4q
業界を統べるものは

性は女性で酔いで正義感が破綻している

彼女はその宝石を見つけると狂気が露呈して

あらゆる手段を使い奪いにくる

281 :名前はいらない:2006/09/24(日) 20:11:01 ID:dZCQTYDc
与謝野晶子の
ほととぎす嵯峨へは一里京へ三里水の清瀧夜の明けやすき
っていうのの意味わかる方いらっしゃいませんか?
いらっしゃったら教えていただきたいんです。

282 :向日人:2006/10/27(金) 01:59:57 ID:6ca41M8d
僕が嫌いな昔話の中にウサギとカメの話がある
ウサギとカメが直線引いて単純な徒競走をやる話だよね
で、途中ウサギが怠けてその間にカメがゴール・・・と
地道に努力し目標に向かって諦めないことについて教えているだろうけど
僕がこの話 何が嫌いかというとね
はじめから早いウサギと はじめから遅いカメを引き合いに出すな!!

283 :向日人:2006/10/27(金) 02:01:44 ID:6ca41M8d
どぎついテクノをクラシックかのように大人しく聴ける奴はニンゲンじゃないよ


284 :向日人:2006/10/27(金) 02:30:07 ID:6ca41M8d
きっとこの街にはリスなんていないし
いてもすぐにカラスに食われてしまうだろう
だから僕の目が覚めたら次はリスになろうと決めた

僕が気が付いたときにはリスの世界での生活が始まっていた
こんなカラスが牛耳っている臭い街に ノコノコと暮らしている小動物なんぞ
ドブネズミくらいだと思ってはいたが 自然の生き物は人間より逞しい
しかし今時のリスは木の実なんて食わない クルミなんてジジババが食うものだ

リスの世界にも人材派遣会社は存在していて 僕もそこに登録している
人間だった時の僕の家から数キロ離れた湖に
一艘のスワンボートがポツンと浮かんでいる
誰も来ない 整備もされない湖だから ここはリスの溜まり場になっていた
僕達は無数の落ち葉を足場代わりにその孤島を行き交いしている

リスの派遣会社の事務所はボートの天辺にある
僕は仕事を取りに毎日のようにここに足を運ぶことになるが
床が丸みを帯びているせいなのか リスの身体に慣れていないせいなのか
よく足を滑らせ湖に落っこちる 自然界にはバリアフリーなんてものはない
何回も落ちているせいで泳ぎは達者になったが リスの仕事に水上保安はない

事務所に居るリス彼らは 生まれも育ちもリスだから
何が起きても行動は野性的だ 僕がどんなに湖に落ちようが笑ったりしない
笑っている隙に己も外敵(カラス等)に生け捕られてしまう可能性があるから 自己防衛だ
だから彼らの性格はとても淡白だ 余計な話をしないし易しさを感じない
易しいは優しいを書き違えたわけではない つまりは隙が無いってことだ
人間社会からは嫌煙されがちな人々なのだが
むしろこちらの世界では その色が濃い者こそ周りに信用されるのだそうだ
つまり道徳愛好家やインテリは まっさきにカラスの囮にされるのが落ちだ

285 :向日人:2006/10/27(金) 02:50:51 ID:6ca41M8d
そんな相手に心を開かない彼らを見た新入りの僕も人間の頃は
他人を信頼することなんて滅多に無かった しかし序の口だったようだ
これは人間にはわかるレベルの問題じゃない 行き過ぎている
リスになった元人間だからこそ この狂気にも似たオーラを感じることが出来るのだ

本日3回目の入水に懲りた僕の身体は ようやく事務所の受付に立つことにしたようだ
受付のメスリスと常連の2匹が僕に気が付いた
僕がずぶ濡れだろうが 体中に打ち身をしていようが眉一つ動かしはしない
受付のメスリスが 本当に僕に向かって話してくれているのか
どうか分からないくらい何食わぬ素振りで
「昨日も来たよね?利根川の方に仕事があるんだけど行ってみない?」
と言ってのけた 人間と同じ秤で考えると決して生きてはいけない
「なんの仕事?」
僕だって人間の頃は派遣バイトなんてよくやってたさ
内容を聞かずに「行きます」なんて間抜け面で言ってしまうと
何をやらされるか分かったものじゃない
「えーとね 工場内で100均の製品作り リスにでも出来る仕事よ」
工場?待てよ。リス世界に工場なんてあるのかと それも100均だと?
「何作ってるんすか?」(ライン作業だと確信しつつ一応聞いてみる)
「なんかラムネみたいですよ。グッピーラムネ」

286 :向日人:2006/10/27(金) 03:13:55 ID:6ca41M8d
僕は理解できた ラムネとは飲料の事ではなく錠菓のラムネの事だと

ラムネの主な原料は片栗粉・ブドウ糖・クエン酸だ
昔は清涼感を出すため重曹も使われていたらしいが
今はほとんどのメーカーは入れていない
錠菓は今や食玩のおまけ程度でしか見かけなくなってしまった

食玩は食品の流通経路で販売することを目的に生まれた
今では菓子がオマケに成り代わり 安いラムネやフエガムが
消費社会の旗の本 人間どもの胃の中に入らず捨てられてしまっている
とってもとっても可愛そうな食べ物 それの代名詞がラムネだ

「許すマジ・・・人間! あぁマジで許すのか」
僕は気を納めた 僕の気を感じていない素振りでメスリスは続ける
「なんでもグッピーラムネに描いてあるリスの絵のモデルが
ウチ(派遣会社)の社長なんですって!」
どうでもいい話だが 常連はビックリしたらしい
「へぇ 社長昔から仕事のとり方上手かったんだね」
お前らカラスに食われるぞ

287 :向日人:2006/10/27(金) 03:29:48 ID:6ca41M8d
それじゃそのリスの隣に描かれた ウナギは誰なんだよと突っ込みたくなったが
さっきから一羽のカラスが上空を舞っているので油断しないように口をすぼめた

とにかくライン作業は嫌いなので他の仕事を聞いてみた
「他はね やっぱり利根川の方だよ」
「利根川の方って多いんですね」(何か裏があると呼んで聞いてみる)
「こっちでの仕事は滅多にないからね 君は新入りだから知らないと思うけど
ここで登録しているメンバーの9割が今言ったグッピーラムネ行ってるよ」

僕は絶望した ラインやるならカラスに食われたいと思った
すぐに死ねると思ったリスなのに 絶滅したと思ったリスなのに
そもそも何故この街にリス専用の人材派遣会社があり
そこに何故僕が何回も訪れているのだろうか

これはまさか


いや、マジ、夢だった。すっげえリアルでコミカルな夢でした

288 :向日人:2006/10/27(金) 03:48:12 ID:6ca41M8d
二本の手が砂場を好き勝手弄くるせいで同じ夢は二度と見ることが出来ない
明日は幻 時に真実 しかしそれが立証される頃には再び黄砂の中に紛れてしまう
奴は海王か はたまたアリ地獄か この国に道路工事の季節がやって来る

289 :向日人:2006/10/27(金) 03:53:58 ID:6ca41M8d
もし僕が 今度生まれることになってしまったら
今よりもっと たくさんたくさん死にたいです

290 :向日人:2006/10/27(金) 05:36:46 ID:6ca41M8d
少年期

昔は沢山部屋があったんだ そこで僕達は はぐれないように
一つの部屋に固まって住んでいた 全部の部屋のドアが見える部屋なんだ
間取りで言えばあそこは玄関だったのかも

僕達はよく遊んだ 探検したりゲームや虐めもした
命すら取りはしなかったけど ある日のこと
そいつは別の部屋に入ると 内側から鍵をかけた
僕達全員がそいつの名を呼んでも 二度と出ては来なかった
僕らは少し寂しそうな素振りを見せてまた遊んだ
一緒にならないと 誰が何を考えているかがとても目立つからね

そして三年前のある日 なんでだろう
僕が目を覚ますと 皆が泣いている いや 嘘泣きをしていた
皆正直なんだから 僕らは演技なんてちゃちなもので
隠すことなんて出来ない 顔も所持金も 本心だって 隠すことなんて
部屋にいる全員 皆が嘘泣きだと気が付くと
今度は静かに立ち上がり 一人一人初めから
決まっていたかのように皆それぞれ空いている部屋に入っていった
そして 皆一斉に鍵をかけた 世界最後の時の針が刻まれたかのように


291 :向日人:2006/10/27(金) 05:43:54 ID:6ca41M8d
ひたすら沈黙した 永久に 僕は動くことを躊躇った

しかし僕だけがこの部屋だけに取り残されていることに気が付くと
手当たりしだいドアをノックしていった 僕は口や手が裂けようと
孤独が当たり前になっていくこの苦痛を 皮の痛みと流血で誤魔化したかったんだ
僕は空腹になることもなく いつも座っていた柱の足に突っ伏した形で寝た
僕が独りになることを僕は 皆は望んだのだろうか
皆はどうなってしまったのだ ドアの向こうは独りなのか
それとも何もかもなくなってしまうのだろうか
意地悪に僕の居るこの部屋以外が全て繋がっていつのでは
もしそうだとしたら この部屋以外の部屋は いやむしろそれは既に「外」だ
僕は迫害を受けたのではないだろうか しかしそれも空想の域を超えない
天井を海老沿いになって見上げると あの時まではよく見えた白い飛行船が
今や天井の色と重なりあい 霞んで僅かにしか見えていない あの時は飛行船から
僕らの存在に気が付き手を振ってくれたクルー達も船長も 誰も顔を出さない
もう肉眼では確認できない距離と透明を帯びてしまった 白い飛行船
「空の彼方」という表現をこの牢獄のような部屋で使っても良いのだろうか

そして今も 僕は埃に塗れたこの独りでは余るこの空間に居続けているのだ

292 :向日人:2006/10/27(金) 05:48:56 ID:6ca41M8d
どうでもいいけど 凄い
誤字脱字だ

293 :向日人:2006/10/31(火) 01:39:58 ID:RczTtK2Y
誰が何のために読むか!!

294 :向日人:2006/10/31(火) 02:00:22 ID:RczTtK2Y
シリアスナンバー

僕の15は88歳の春 桜祭りのデートの時 刻んで
31に26と書き損じた時に 誤ってシュレッダーにかけてしまった
3回までが限度だった この先は62だ

11の学校に同じ数の教師がいて 同じ数生徒達を校庭で走らせる
同じ数 同じ矢先に 同じ事件が起きた 校長先生は元気かな
49に100円もの価値があったかと聞かれたら 今はそうでもないと答える

やぁ君の誕生日 君の家に5を背負った中年男性が来ただろ あれは

57には気をつけろ 僕の書いた小説を読んでみて
「ある人はいいました。あの人もいいました。僕でさえもいったんだよ」
「23が明日は31になって来る。そしてその次の日は・・・・3・!」

イチジュウハチはバグだらけだ 電話番号にすら意味を感じない程度に
馬が走る 酒の美味い季節になったのう わっはっは

295 :向日人:2006/11/10(金) 00:17:47 ID:9zHA2iUt
よがって よがって 独り言

296 :向日人:2006/11/10(金) 00:37:22 ID:9zHA2iUt
秋の夜

深夜番組の企画の中でのニュースなんて覚えておく必要は当然ない
僕は今夜も当然の如くのさばっていた 小さな音で絞ったラジオからはボサノバ
大して用事も無いのにコンビニに行ってしまうのは 僕の実家もそうだからだ

コンビニに行く途中 落ちていたネオン管の欠片を踏みつけて怪我をした
家に帰って足の裏の傷口をめくると 小さな破片がこびり付いていて
爪先で取ろうとして今度は爪の中に刺さってしまった
なんとか抜き取ったが まだ異物感が残っていて気分が悪い
欠片に残るネオンの成分が体中を駆け回って 道理や原理を無視して
僕の体中がネオンの光を放ったまま死んでいってしまいそうになる

早くこんな夜は更けてしまえばいい

何のための夜で 部屋の中にはテレビの光とビールの水滴
最後の番組が終わり 砂嵐 僕が窓の外をふと見ると
蛍光塗料をベタベタ塗った蝶々が おぼろげに飛んでいる
作られた光は影を作らず また影と同一視されたまま朝には消えてゆく
知らぬ間に 街とはそういったレプリカ達で埋め尽くされていた

誰の返事も 優しさも 期待してはいけないこんな時間に切なくなるのは何でだろう
遠くで電車の音が聞こえる 誰の帰りを待っているのだろうか この夜誰かは

297 :向日人:2006/11/22(水) 03:11:01 ID:t9m8/oWG
シュレティンガーの猫達(#2)


その晩 私はいつもの晩酌を長引かせ 何時になく酔っていた
まず愛飲しているウイスキーを一瓶丸々 酒棚にあるボトルを手当たり次第空けてしまった
それでも足りないので 冷蔵庫にあった妻の缶ビールにも手を出した
口の中に残るウイスキーの余韻を ビールと共に喉の奥に流し込む
自分でもこんなに酒が入ってしまうのは不思議でならない
ほろ酔い程度で何故かそれ以上は酔えないのだ
そして私には しこたま酔って何もかも忘れてしまいたい訳がある
酒を使って現実逃避したいと考えるのは陳腐なことだが
今の私にはそれ位しか この悪夢のような現実から逃げ延びる術はない

私の妻はフリーのカメラマンで二日前から仕事に出たっきりで帰っていない
聞く所によると 同じ現場でまた別の事件が起きたので そのままそこに滞在するらしい
場所は国内だと言うが 明確な場所は教えてはくれなかった
午前中にかかってきた電話の向こうの彼女は何やら緊張した声で私に
「私が帰るまで絶対家から出ないで」
と言って一方的に切られてしまった 一体何が起きたのだろうと
その時は彼女のことを心配してはいた しかしいきなり言われたものだから
何かのジョークだろうと半信半疑だった
だがそれがジョークではないことを悟ったのは 間もなくのことであった

298 :向日人:2006/12/04(月) 00:51:03 ID:8vThB+9U
・・・っしゅん

299 :向日人:2006/12/28(木) 01:00:58 ID:f931XEtu
参拝

来年こそは死ねますように

300 :向日人:2007/02/27(火) 20:03:35 ID:EdR5FkFP
メビウスの輪

「次はどこに顔を出すことになるの」
僕は前を歩くトカゲに訪ねた
「そうだな・・・影の踏めない日向といったところか」
長い永い横穴を延々進んで行く 下りも上りもない迷路のようだ
来る日も来る日も同じ光景が続いている
いつしかすぐ後ろがもう出発点になっていた
僕が生きるのを辞めたくなる時 途端に真上から日光が差し掛かる
その都度トカゲは無理に嬉しがりながらこう言う
「やった出口だ!お前の嫌いな外の世界だぞ!」
そう 僕は出口が好きなんじゃない
この風の吹かない 遠くで微かに見える光に期待を膨らませながら
足踏みをしてのたまえるこの穴が好きなんだ
僕が返事をしない間にもトカゲは舌打ちしながら
自分の尻尾を切り 鍵のように小さな穴に差込んで塞いだ

ここに来てどれくらい経ったろうか
横穴は遥か先まで続いている しかし最近気が付いた
この穴の中が暗くなり始めている
「そういや最近空気が薄くなってきたな」
トカゲはブルブルと深呼吸をしながら さっき切った尻尾を再生させた
僕らがそれから歩き続けて少し経った先に 僕は恐ろしい物を見つけた

トカゲの尻尾が刺さっている天井を見つけたのだ

301 :向日人:2007/02/27(火) 20:26:58 ID:EdR5FkFP
290

俺の生涯が煙草一箱で終わるべきものであるなら
俺は煙草を買ったとき
クシャクシャにしたレシートを広げ 君に渡す
もし君の お金を渡す手が震えていたら俺は君を殺す
愛を果たしてくれればいいんだ 顔目掛けてぶつけてくれればいいんだ

俺はプラフィルムと紙で出来ていました
生きる糧はまるで煙のようでした


302 :向日人:2007/03/14(水) 22:01:57 ID:VOGMEGXu
海岸線

静かな海岸に打ち上げられた銀色の残骸の
元の形を描き出すのが好きな画家が居る

大きな手に握り締められた筆が揺れて
幼い事から逃れることの出来ない僕の束縛を描く

小さい影のユラユラした光が 年輪のように細く回ってゆく
最後の言葉と最初の言葉が この足で踏んだ無数の影と重なる
そうか 僕の足跡はこの海岸の遥か下に隠れているんだね

片目が色盲のその老人が 寂しい背中のまま夕日を迎える
彼は僕の目を見ずに描き上げた絵を 僕に渡した
大事なものを再び得たみたいに

303 :向日人:2007/03/14(水) 22:38:23 ID:VOGMEGXu
Someone at one time scoops me.

ノートの端っこを折って閉じた時
空は星空よりも神秘的に見える

写し込まれた 高飛車な言葉や薀蓄が
全く無駄にならない世界がそこには広がる

開けたくない 見られたくないんだ
無数の本を上に積み上げインシュロック
無様な俺を奴ら 超能力でも使って見てるんだ
助けは要らない 左手だけでも 右手なら
落ちてくる段差から抜け出せない セオリーなら

いつか俺を掬い上げてくれ (お前の小生意気な目で
俺を掬い上げてくれ (指が触れて
掬い上げてくれ (真っ暗闇に落ちていく

ノートの端っこを折って閉じた時
自然は見放したかのように自然で

開けたくない (拒まれた脳みそが
開けたくない (地面に埋もれて
見られたくないんだ (腐っていく

いつか俺を掬い上げてくれ (いつもの影に
俺を掬い上げてくれ (指が触れて
掬い上げてくれ (脅えたままで過ごしてる
俺を掬い上げてくれ (俺の人差し指が
掬い上げてくれ (お前の指に触れた時
掬い上げてくれ (助かるだろうか
掬い上げてくれ (俺は助かるのか

いつか

304 :向日人:2007/03/20(火) 00:32:32 ID:IwKtVdpq
市議会委員

その街の駅前は酷く寂れており
すれ違う人も居ない人々は表情は暗い

田舎のバスのように本数の少ない電車
ホームレスはいなくとも路地裏の民家には今も
介護の付かない寝たきりの老人達がごろごろいる

駅の横を歩いてすぐの地下道に
書かれた落書きを
青いパーカーの人間がなぞる
LOVE FACK PEACE
色あせたアルファベットがここにもいる
響く靴の音と様々な影にかき消されて
夜中にならないと威張れない奴ら

人々の目は壁なんて見ない
ましてや外の壁なんて特にだ
人間はどこにでも行ける 服も骨も心配ないんだって
仮に目の前に突然現れるときも 目だけは塞いでおけ
ビックリした目をすると嫌われるぞ 僕は小さいから
外には出られない濡れたシャツがまだ乾かないから
こんな話をしても君には見えないから
あくびをするだろう

305 :向日人:2007/03/20(火) 00:38:02 ID:IwKtVdpq
ダブル オア ナッシング

勝ちたいけど勝てない
勝てないけど勝ちたい

306 :向日人:2007/03/20(火) 00:39:19 ID:IwKtVdpq
笑っていられるのは今だけだぞ
噴水はもう終わりの時間だ

307 :向日人:2007/03/20(火) 01:08:49 ID:IwKtVdpq
いつも何も見えない精神世界で じっと座ってる
これは想像したって真っ暗なんだろう
もし何か見えちゃったら 病院に行きなさい
医者もきっと見える訳ないよと言うでしょう
必死で看病していた情熱が死んでしまったりして
僕はそれに対して花だって描いてやれないんだ
だから僕は知らぬ間に外に出て
何かに引かれようとしたくなるんだと思う

見ているところが違くても 信じることはあっけなく同じなんだな
「ただいま」と言って欲しい だけど僕には「おかえり」と言える口がない

308 :向日人:2007/03/20(火) 14:45:48 ID:IwKtVdpq


知ってるかい この世界には花がない

街角の片隅の健気に咲いている小さい花だって そう
君の嬉しい心やささやかな涙 もっと言えば
君の見た彼女の股にも 花はない

僕らが見た 見てる花に感情はない
結局は僕らの目が花なんだ 騙された人は挙手
花は元気かい 枯れてないかい
じっと目を閉じて 静かに開いてごらん
都会には水がない あるのは名を馳せた造花ばかりだ
人は人を食べられるかい 僕らにはキレイな水が必要なんだ

じっと目を閉じて 静かに開いてごらん
真っ赤な涙を流した花に 痛くない風がそよぐよ

309 :向日人:2007/03/20(火) 15:07:29 ID:IwKtVdpq
ボーンキラー

産まれたての声と 無意識に宙を切るその腕は
その時だけのものなのか
信じることを覚え 意味を持った手で人を傷つけたのは
いつの頃からなんだろう
金平糖のように 徐々にトゲを帯びてくる心が
いづれ誰かに包まれ 小さくなっていくのは
いつの頃からなんだろう

僕は優しさを知らない
僕は煩わしさを知らない
変わって殺意だけは知っている
それはきっと 産まれた時にも知っていた
本当に臆病で 髪の毛を染めることすら出来ない僕

愛が人に優しさをくれるとは思わない
この手で人の体をまさぐって その時届いた柔らかい
感触が愛なんだ 痛みを持つ軽やかな重さがまさに

夢だと分かっても醒めない夢みたいだ
壊したり戻ってこられなくして 僕らは殺意を基準に何かを思う
幻想でも理屈でもない そこにあるのは産まれた瞬間の感情のみだ

310 :1 ◆77483qp02s :2007/03/21(水) 03:28:00 ID:VjQTB2Z5 ?2BP(333)
なんでまだ残ってんだこのスレwwwwwwwwww

311 :向日人:2007/03/21(水) 20:55:47 ID:Am21p/+e
>>310
成り行きでずっとここで書いてる者です。
使ってなかったみたいなんで借りてます
もしお嫌なら申し訳ありませんでした。素直に帰ります。

312 :向日人:2007/03/25(日) 23:28:45 ID:ZNjn/v1f


道で静かに屯する 空の姿はぼやけたまま
潮は満ち あの月は欠けたまま崩れて行くばかり
川が泳ぎ風が走る 醜いままの背中を前に
遥か東に見える 山は黙ったまま動かず

忘却が孤独を包み込み 足はゆっくりと土を踏み出す
朦朧と陽炎の中を彷徨う日々を 明け暮れて太陽を忘れた目を
水溜りに映る嫌いな顔を それは癒されることなく固まった欠片

私の足跡が波間に溶けて 目的も丘もない海岸は
私が好きだった歌が流れ続け 独り言が山彦となって落ちてくる
ここは過去で出来た世界なのだ 私はいつから居るのだろう

旅とは変わり続ける風景に
感心を示す自分を確かめる作業なのではないか

私は間違い続け 同じゲームを繰り返す

313 :向日人:2007/03/26(月) 01:08:16 ID:MC+awup7
サイバー京

狼がパソコンの前で冷や飯をむさぼっている
電磁波を浴び 音楽を優雅に聴く それはサイバー京
私はサイバー世界の平民 意識は持ってかれました

電光掲示板の橋の下をホバークラフトが突き抜け
君のスカートが捲れる いつも同じパンツね
一体いつだっけ 肌の色で区別されていた時代は
今んところそれはないよ 皆同じだよ だから同じだよ

品種改良を重ねても 人間はまだ欲望を持っている
魂が電子化されて不老不死になれたら 尽きるかな
暗証番号は一億桁 ずっとずっと遥かあっちへ

電磁波を浴び 満足を満タンに それはサイバー京
縛られた海では自由がいっぱいさ

314 :向日人:2007/03/27(火) 23:57:28 ID:1sR8KJkh
コンビニの市役所でアンパンを買って見た
警察に捕まった

315 :向日人:2007/03/27(火) 23:59:14 ID:1sR8KJkh
大きく力一杯絵を描こうとするんだけど
こんな時でも筋肉痛だ

316 :向日人:2007/04/04(水) 01:47:27 ID:sUe8E1gc
ぱきっ

317 :向日人:2007/04/04(水) 02:09:27 ID:sUe8E1gc
意味

感じるままの言葉 何十冊もの日記の中からの一ページ 
迷うだけの言葉 地下駐車場に寝泊るホームレス
価値のない言葉 戒名みたいに持ち運べないから

縛られる言葉 それは水槽の中を行き来する日常
縛られない言葉 あればいつかは千切れてしまう鎖
飾りのない言葉 いくら象が乗っても壊れない

消えてゆく言葉 沈むほどに形が崩れてゆく錨
生まれてくる言葉 野原に群生する草花の一部
姿のない言葉 それはもうひとつの生命体

意味は言葉を持ち続けるのだろうか

124 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)