5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

「「「喧嘩腰で批評するスレ」」」

1 :毒舌!イタチ小僧 ◆8rr1u/54T2 :04/07/08 23:36 ID:LHGVWoHG
【このスレの流れ】

お前が投稿→俺が批評→お前らが批評の批評→俺らが批評の批評の批評
→議論or喧嘩→荒らし→正義の味方→ラスボス

上の説明でわかりにくければ、以下をご覧あれ。

基本的に俺が批評するので、
お前らは俺の批評に対する批評をしてくれ。
作者から批評家への逆襲もアリ。
「なんだよこんなとこも読めてないのか」
ってところがあったらジャンジャン指摘してくれ。

【ルール】
同じようなレスをしつこくしないこと

それだけ。それではかかってこい。

2 :名前はいらない:04/07/08 23:40 ID:V4ipLSg9
1000

3 :しんしん:04/07/08 23:42 ID:0JaCKQlg
俺は結構おまえ気にいってるから2GET

4 :名前はいらない:04/07/08 23:43 ID:haZk0Asz
【ルール】
イタチに批評して貰いたい程イタチが好きかどうか
検討してから投稿しませう

5 :毒舌!イタチ小僧 ◆8rr1u/54T2 :04/07/08 23:44 ID:LHGVWoHG
じゃあまず俺からな

6 :抑揚 ◆YKYOnzxNCQ :04/07/08 23:45 ID:L49MH2x1
「半径の大きさ」

君の詠う唄はなつかしの唄
思い出すのは苦悩し意味を探し

君に出会う前の僕の記憶
何もしないそれが生き方と
困惑な答えを胸の中で育ててた
君に出会う前の僕の記憶

昨日の僕は見えている全ての困難から逃げる事で
新しい僕を探してた
今日の僕が何か変わったわけでもない
振りかえれば
昨日と同じように
向かう強さを求めるだけで
向かうことは求めていない

事実無根の愛や強さを詠ってる
旅立てない小さな歯車のように。

7 :毒舌!イタチ小僧 ◆8rr1u/54T2 :04/07/08 23:45 ID:LHGVWoHG
「奴隷の季節」

奴隷の季節がやって来た
俺は出航していくアフリカの民に手を振り
白いコンクリートの埠頭に 文庫本を叩きつける
ど貧民の歌を俺は歌えない
財布には五百円札一枚 入っているから
歌う資格がない
酒場の女はかまきり
両腕に夫を挟み 児を護るふり
照明セットも モニターカメラも 丸見えだというのに
壁にむかってグラスを投げつけるように
俺が彼女の児を投げつけてやろうか
それで冬が越せなくなるのでなければ
十日で利息が倍になる金貸し
絆創膏で顔のわからないきりぎりす
殺される前に殺すための鉛色のスーツケース
本屋に俺の本が立ち並ぶ
他人のように立ち並ぶ
一ヶ月毎に新しい顔をして立ち並ぶ
一ヶ月は七で割り切れないというのに
七日で区切る世界があるという
大体一ヶ月とは 三十日だったか 三十一日だったか

十日でみっつ みっつで一月
ひとつ毎には 奴隷の季節
エブリバディ

8 :毒舌!イタチ小僧 ◆8rr1u/54T2 :04/07/08 23:47 ID:LHGVWoHG
「奴隷の季節(2)」

そうでない季節に俺が何をしているか
などと聞きそうな野暮眼鏡がいそうだ
教えてやろう お前と同じだと
昼の猛暑に溶けた蛙
彼女のパンストにひっついて
捨てられるまでは満足して笑っている
動けない中庭で
銃殺刑に処してくれる将軍がいるのなら
俺は三回まわってワンしたい
しかしもうすぐ夕方になる
夕方になれば季節が終わる
季節が終わればアフリカの民が戻ってくる
歌が聞こえてくる
太鼓の合図でシャーマンは呼び戻される
そうなれば新しい本屋が開店するだろう
旬刊誌は安全だ
割り切れるのがいい
ただしそれは一ヶ月が三十日の場合なら
旬刊誌に掲載された俺の文章を俺が読む
初めて読む読み飽きた活字について
何も考えなかったなら 何も読まなかったのと同じだ

十日でみっつ みっつで一月
ひとつ余って 空白の季節
マイセルフ

9 :毒舌!イタチ小僧 ◆8rr1u/54T2 :04/07/08 23:47 ID:LHGVWoHG
「奴隷の季節(了)」

残された一日には
俺はとびっきり自由になる
誰もやることを与えてくれないのなら 俺はまた五百円札分の酒で過ごす

誰もやることを与えてくれないのなら やることを禁じられた奴隷と同じだ

海から近づいてくる
アフリカの民たちの
乾いた小便の匂いが深い

10 :名前はいらない:04/07/08 23:49 ID:V4ipLSg9
>>7-9
これ、確か梁山泊で見たな。あれってイタチの作品だったのか。

11 :しんしん:04/07/08 23:51 ID:0JaCKQlg
いきなり長すぎっつうの!!!
最初はこのスレを暖める為に短いのがいいだろう?

12 :毒舌!イタチ小僧 ◆8rr1u/54T2 :04/07/08 23:55 ID:LHGVWoHG
>>6
急速批評で斬り捨てご免。

言い訳ばっかりで何もやらない過去の自分を
「君」と出会ったことで激しく意識し、恥じる詩だな。
説明ばっかりであまり味わいがないな。
唯一、味わいを感じるとすれば、タイトルだが、
しかしタイトルのかかっている「歯車」が前面にあまり押し出されていないので、
不完全燃焼な読後感だけが残る。
もっと「歯車」を中心に描写したほうが読者も入っていきやすいんじゃないか。
共感できる読者だけが「イイ!」というような詩だ。

13 :毒舌!イタチ小僧 ◆8rr1u/54T2 :04/07/08 23:56 ID:LHGVWoHG
>>10
よく覚えてるな。ファンなのか?

14 :毒舌!イタチ小僧 ◆8rr1u/54T2 :04/07/08 23:57 ID:LHGVWoHG
>>12について反論、異論、煽り、嘲笑、賛辞、失神等あれば受け付けます。

15 :抑揚 ◆YKYOnzxNCQ :04/07/08 23:57 ID:L49MH2x1
>>12
d!
つかそんなにこざっぱりと批評されるとツッコミようがないな^ ^

16 :イタチ小僧 ◆8rr1u/54T2 :04/07/09 10:28 ID:rFrE2twx
かかってこいよ

17 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :04/07/09 10:51 ID:xS+ehjre
「夏の夕暮れに失くしたもの」


帽子
はなび
100円玉
おかあさん

あ、と気づいて探しにいったけれど
半泣きになるにつれ
暗さは増していった

泥ににじました両手を持ち上げて
ぽたぽたと斑を作ってた

首筋はあつくひりひりとしていた
ふくらはぎが横に揺れてた
明日の朝には平穏がくると信じて
押し黙ったままもう一度しゃがんだ

18 :名前はいらない:04/07/09 17:10 ID:C/jcfoHd
>>12
作品よりなお味わいのない批評だ。(w
突っ込みどころ満載にもかかわらず
タイトルに逃げるあたりが読み込みの
浅さを感じさせる。
せめて以下の点くらい指摘すべきでは?
>6
昨日と今日の「僕」は変わっていないし
君と会う前と後の変化にも触れずにいる、
ただ何かを思い出しているけれども
そこから焦点がずれてしまっていて
何を思い出しているのか触れていない。
思い出している作業だけを書いているのだ。
結局のところ、何も核心に触れていない。
そして、その事すら伝え切れていない。

19 :イタチ紳士 ◆8rr1u/54T2 :04/07/09 20:05 ID:SL6ID2yy
>>17
とうに死に別れた母親に再会する幻想が夏に似合うように、
側にあるのが当たり前だったものを失う幻想も夏に似合う。
それもやはり夕暮れ時、いわゆる逢魔ケ時がもっともよく似合うだろう。

この詩の場合、「失くした」というよりは「はぐれた」だけのように
思えるが、しかしはぐれた子の現実とすれば確かにそれは「失くした」のだ。
人は慣れ親しんだもの、自分を自分たらしめていたものとはぐれたとき、
存在していることの意味を失う。
陸地の見えない大海に筏で漂う自分自身を想像してみればよい。
そこにはテレビもない、サンドイッチもない、車もない、両親も友達もいない、
服を着る必要もない、ことばは、聞く相手がいないのだから、意味がない。
という例を思いついて、「ケータイがあるじゃん」と自分にツッコミを入れてしまった。

この詩の子は、この後、母と再会できたのだろうか。
フツーに考えて、はぐれただけなんだから、誰か知らないおばちゃんとか
おまわりさんとかに発見されて、家に戻ったのだろう。
しかしこの詩は「押し黙った(言葉はない、意味がないから)まま
もう一度しゃがんだ」で終わってしまう。
詩の中ではこの子は母親に会えずに終わるのだ。
これはとても残酷に思えるが、現実の本来的な姿とは、
このように残酷なものなのだ。この詩はほんの一日にも満たない迷子の時を
切り取ることによって、平穏な日常に普段覆い隠されている残酷さを伝えている。
感情を排除した淡々とした描写がそこに効果を与えている。
言葉選びも、一連目だんだんと字数が長くなるところとか、
「ふくらはぎが*横に*揺れていた」とか、気がつかわれている。
3連目は実感がこもった文章ではあるが、自分だけでよくわかってしまっているのか、
よく意味はとれなかった。
しかし全体的に印象は薄いように思うのは、短さゆえだろうか。
ストーリー仕立てにしてもっと長くして、エピソードを増やしてもよかった
かもしれない。

20 :イタチ紳士 ◆8rr1u/54T2 :04/07/09 20:06 ID:SL6ID2yy
こんなに毎回長くやってたら身がもたねーな。。。

次からはもっと短くかつ漏れなくやってみるか。

21 :イタチ紳士 ◆8rr1u/54T2 :04/07/09 20:13 ID:SL6ID2yy
>>18
お前のムカつくところはただひとつ、sageで書き込んでるところだ(ムカー!)。

>昨日と今日の「僕」は変わっていないし
>君と会う前と後の変化にも触れずにいる、
「昨日と今日」と「君と会う前と後」はおなじだと俺は読んだから、
このへんの名無しの文章とってもおかしく思った。

>>6の詩の焦点は、「思い出す」対象にはなくて、
言い訳ばっかりで何もやらない過去の自分を
「君」と出会ったことで激しく意識し、恥じるというところにのみあるんだよ。
そんな自分を、
>事実無根の愛や強さを詠ってる
>旅立てない小さな歯車
にたとえてるんだ。
それがいきなりすぎるし、やっぱ具体性がなさすぎるから、
>>12のコメントは的確であり、女の子の12人は失神したと見るんだよ。

反論あればどぞー。

22 :しんしん:04/07/09 20:15 ID:hY/nzwYZ
イタチ
結構マジメ

23 :名前はいらない:04/07/09 21:10 ID:C/jcfoHd
>>21
では嫌がらせにsageで!!

>「昨日と今日」と「君と会う前と後」はおなじだと俺は読んだから、
>このへんの名無しの文章とってもおかしく思った。

別に「君」と会ったのが「昨日」と考える必要もあるまい。
「君に出会う前の僕の記憶」って、一昨日の事かよ。
つーか2チャンの素人か?『名無しの文章』とか書くなよ。

「君」と会ったのが「昨日」であるならば、その即時的な所から
「君」との出会いがこの詩の動機となっているはずなのだが、
「君」はただ唄うばかり。郷愁を誘うばかりだ。
そんな事で恥じ入るほど激しく意識するだろうか。
(詩の方に問題があるのかも知れないけどな、っと喧嘩腰に。)


>>6の詩の焦点は、「思い出す」対象にはなくて、
>言い訳ばっかりで何もやらない過去の自分を
>「君」と出会ったことで激しく意識し、恥じるというところにのみあるんだよ。

だったら、なんで「今日の僕」は変わっていないのか大変不思議だ。
そんなに恥じ入れば普通ひとは変わるぞ?
ただ静かに自分の状況を眺めているだけじゃないか。
昨日も今日も、会う前も会った後も、変わっていない自分を
ただ眺めているだけじゃないか。詩を書いてるだけじゃないか。
その状況を歯車に仮託しているわけだ。
変わらず繰り返し運動している歯車に。
どーよ?

24 :イタチ番長 ◆8rr1u/54T2 :04/07/09 21:13 ID:SL6ID2yy
追記

>>17、おもしろくはなかった。

25 :イタチ番長 ◆8rr1u/54T2 :04/07/09 21:28 ID:SL6ID2yy
>>23
この野郎本当にムカつく奴だな。sageで書くなんて失礼だとは思わないのか?
ここは糞スレじゃねーし個人の占有スレでもねーんだからsageんな名無し。

>別に「君」と会ったのが「昨日」と考える必要もあるまい。
>「君に出会う前の僕の記憶」って、一昨日の事かよ。
まー「言葉の不統一」だわな。
しかしここは2ちゃんねる詩板だ。
2ちゃんねるだぞこの野郎。
2ちゃんねるで批評するからには2ちゃんねる流でかんがえろ。
TPQとかいうやつだよ。TPQの意味わかっか?この基地外。

流れからして「昨日」=「君に会う前」だなんてことはわかるだろ。
もし違うとしたら、テーマがどこにあるんだかわかんないじゃんかよ。
そういう支離滅裂系の詩なのかもしれんと考えたけど(曾村なんとかが書くような)、
どうやら違うと判断して、テーマを統一させたら「昨日」=「君に(ry)」。
君はあれだな。主婦がありあわせで作ったマヨネーズとハムのカルボナーラを
頑なに「カルボナーラではない」とかいって譲らないシェフのようだな。
あるいは具が七つの八宝菜をあくまでも七宝菜と呼ぶのはべつにいいか、うん。

>だったら、なんで「今日の僕」は変わっていないのか大変不思議だ。
>そんなに恥じ入れば普通ひとは変わるぞ?
ごめん、俺、むちゃむちゃ恥じ入ったのに変われなかったよ、初恋の時な。

>ただ静かに自分の状況を眺めているだけじゃないか。
>昨日も今日も、会う前も会った後も、変わっていない自分を
>ただ眺めているだけじゃないか。詩を書いてるだけじゃないか。
>その状況を歯車に仮託しているわけだ。
>変わらず繰り返し運動している歯車に。
>どーよ?
うん、俺もそう思うしそう書いた筈。やっと意見が一致したな。(握手)

26 :名前はいらない:04/07/09 21:37 ID:TmMiADlp
TPOじゃないの?

Time Place Occasion

27 :イタチ番長 ◆8rr1u/54T2 :04/07/09 23:45 ID:SL6ID2yy
>>26
いや、TPQだった筈だ。

Time Place Question

28 :イタチ番長 ◆8rr1u/54T2 :04/07/09 23:52 ID:SL6ID2yy
>>23はとてもわかりやすくまとめてくれた。
今回の喧嘩はきっと俺の書き方が不十分だったことが原因だな。
2ちゃんねるなんだから2ちゃんねる流にTPOをわきまえた批評をするべき
ということ以外は、まったく異議なし、同感だ。
>>6の詩は、「君」と出会ったことで過去の自分を恥じ入りながらも、
変わることできず、ただ静かに自分の状況を眺めているだけの詩だってこった。
まーそれがいいか悪いかは批評の範疇外で、倫理の問題(?)なんですかね。
俺も「タバコ吸いすぎだなー」と思いながらタバコ吸いまくってるし、
幸せになりたいけど頑張りたくないし、ま、楽にいこうぜぇっ!

なんか喧嘩終わって友情が芽生えた気分だとか一方的に告ってみる。

29 :イタチ番長 ◆8rr1u/54T2 :04/07/09 23:54 ID:SL6ID2yy
明日からは暇ないのでテキトーになるけど、
俺の優しい毒舌批評を浴びたい奴は投稿しとけ。

>>19に対する反論、異論、嘲笑、煽り、崇拝、失神も受け付けております。
ま、長すぎるくらいに書いたから、読むのも面倒だろうけどな。

30 :naganuma:04/07/10 00:06 ID:oTGPqaWo
http://2style.net/maido/R3_temp.swf?inputStr=%8C%C3%91%BA%97m%8Eq%81@%88%A4%82%C9%8B%B6%82%A2%88%A4%8B%81%82%DF%9Cf%9Cr%82%A4%8F%97

31 :しんしん:04/07/10 00:21 ID:WAB+W7hl
25→26→27の流れかなり受けたw
欲をいえば26までで止めた方がよかったやも?

32 :◆Ui8SfUmIUc :04/07/10 05:01 ID:s2u3kKqx



スケベな形をした雲だ

下からみてもスケベなら

上からみたって、きっとスケベだ

目隠しされてもとうぜんエロイ・・

不思議な形をした雲だ





33 :◆Ui8SfUmIUc :04/07/10 05:12 ID:s2u3kKqx
>>19

俺はこの子がちゃんと大人になれたかどうかが心配だ。

34 :イタチ小僧 ◆8rr1u/54T2 :04/07/10 11:16 ID:V7T9KJ2N
》32
この作者の餅味は、よくわからん情感を
よくわからん表現で固定することにより
よくわからん叙情性を醸し出すところにあるが、
この作品はほんとうによくわからんだけだ。
スケベな雲だからどうだというのだ。
たしかに私もそんなような雲を見たことはある。
金玉みたいにふたつ繋がって、
まんまるく垂れ下がっているような雲だった。
しかしこの作品にはそっちのがどんな雲だか描かれていないし、
その雲を見た作者の現実も、主人公の感情も、
なにも描かれてはいない。
こんなもんは糞だ。俳句にでも作り直せ。

35 :名前はいらない:04/07/10 11:19 ID:oP2DooqI
毎日がエブリディ
昨日までのイエスタディ
デカダンス シャドー
東京ナイトメア暮らし

36 :イタチ小僧 ◆8rr1u/54T2 :04/07/10 11:19 ID:V7T9KJ2N
》33
優しいんだな。(以上)

》しんしん
なんだかいつもスルーしてしまっているが、
無視してるというよりは絡みにくいだけだから
気にするな。

37 :名前はいらない:04/07/10 11:41 ID:EbPNlf4w
>>32>>34  不思議雲 どこから見ても スケベ雲

38 :名前はいらない:04/07/10 11:45 ID:EbPNlf4w
>>32>>34  どこ見ても エロイ雲だぜ 熱中症

39 :イタチ小僧 ◆8rr1u/54T2 :04/07/10 13:20 ID:V7T9KJ2N
》35
キッチュだ。わざとの重複がバカっぽい味わいを出している。
そしてタイトルがないのでこれは俳句の類だ。
よく読めば新しい定型っぽさもあるとはいえないが、
まぁなんでもいいじゃないかという気にはさせてくれる。
ちなみにおもしろくはなかった。

》37‐38
そう、そんな感じ。

40 :◆Ui8SfUmIUc :04/07/10 13:30 ID:hzF6CtKg
>>34


目隠しセックスプレイです




41 :◆Ui8SfUmIUc :04/07/10 13:33 ID:hzF6CtKg
>>34

そして、糞と言った君がこの詩のまた新たな主人公だよ。

(ここは喧嘩ごしでもいいんだよなw)

42 :名前はいらない:04/07/10 13:58 ID:fUUNwUKL
書いた奴しかわからないような詩を書いてみた。
読み手がどう感じるか聞いてみたいから辛いと思うけど批評して。
後で解説する。

「幻想」
蒼く光る森
月の慈悲に照らされて
クレオメの香り100年の恋


43 :イタチ小僧 ◆8rr1u/54T2 :04/07/10 15:03 ID:V7T9KJ2N
》40
うん、それを想像しながら読んだんだが、
最後「不思議な雲」に壊された。

》41
もちろん喧嘩腰でない奴はこのスレに書き込むな。
今決めた当スレの追加ルール=「ありがとう」禁止

44 :イタチ小僧 ◆8rr1u/54T2 :04/07/10 15:07 ID:V7T9KJ2N
》42
クレオメがわからん。
判断停止。
事情により検索も無理。

45 :名前はいらない:04/07/10 15:24 ID:rvgJD6pj
24 :名前はいらない :03/08/01 15:34 ID:+DCC/U15
僕は詩人で芸術家で思想家のひかるです。
お前らのようなくだらない哲学者ぶってる奴にも、
ニーチェを超えた僕の高貴な哲学理論(ひかる主義)を教えてやってもいい。
掲示板にどんどん書き込んでくれ。ただし、荒らし厳禁。馬鹿丸出しの糞AAも貼るな。
特に女性は歓迎します。携帯の番号教えてください。

『Cracker Terrorism 国際貴族主義連合』
URL「http://www.geocities.jp/hikarurutakashi2000/framepage5.htm

注:僕は気難しい。くれぐれも敬意を払って発言してくれ。キレる。
  僕は統合失調症だから何をしても許されるエリート。それを忘れるなクズども。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
こいつの写真はすごいぞ腹抱えて泣けるほどかっこいいw

スレとまったく関係なかったなorz

46 :42:04/07/10 15:40 ID:fUUNwUKL
>>44
うわっ!判断停止か・・・。タイミングが悪かったな残念。
じゃあ、解説する。

>>42の詩は森の泉に心を奪われているっていう詩です。
>蒼く光る森
>月の慈悲に照らされて
ここの部分で夜に月に照らされて光っている泉を表現して
>クレオメの香り100年の恋
ここで心を奪われている様を表現しています。

クレオメは西洋風蝶草のことで
花言葉で「あなたに夢中」「あなたに酔う」
といった意味があり使いました。

つまり、一目惚れしたしたんだなこの人は
ってな感じです。

また投稿するから よろしく



47 :オクムラ系列:04/07/10 18:18 ID:VeBDt3me
結局は「<僕>が批評するから、皆それの悪い点言ってほしいお」
って感じかな?
けちつけるつもりはないよ?この板では一つのスレを私有化してもいいらしいし。
ただスレタイにその色合いが出てないね。詩を書いたり批評したりするんだろ?
すこしは題名にも頭を使った方がいい。

48 :リーフレイン ◆LeafL/oiO. :04/07/11 06:17 ID:rGsFjiuZ
>>7 とりとめのない印象でごめんね
作家の焦燥なんかな?締め切りに追われる焦りみたいなんかなって思った。
2chで出すには不釣合いかもしれない。

ちりばめられたシンボリックな表現がいい。
意味がなさそうで実はありそうなとこがただのカットオフと違ってて。

乾いた小便の匂いは、さぞ鼻につんとくるんだろうに、深いと書くのが
いかにもあったかい。深く吸い込むんだろうな。
清濁合わせて飲み込んでるような気がして嬉しい。

酒場の女はさもしい?(酒場に限らず女がさもしいのかな)
鉛のスーツケースの象徴はなんだろうか?
アフリカの奴隷たちが帰ってくる夕方にやっと開放されるのは作者のイド(イマジネーション)
なんかとも思った。

>何も考えなかったなら 何も読まなかったのと同じだ
>誰もやることを与えてくれないのなら 俺はまた五百円札分の酒で過ごす
>誰もやることを与えてくれないのなら やることを禁じられた奴隷と同じだ
これらは一様に自戒の思いがあるんかな?裏に反語が隠されてるよな気がした。

読んでから寝たら、美しい光景を描き、かつその閉塞した美しさに耐え切れず、
あるいは、美しいだけでは我慢できず、その世界を壊して外にでようとする
イタチの夢を見た。

49 :名前はいらない:04/07/12 21:51 ID:eLa78BAY
好きにすれば、いいじゃないですか。

50 :イタチ小僧 ◆8rr1u/54T2 :04/07/13 10:10 ID:Wqq//hpe
》45
かなり時代錯誤あるいはそういう意味で時代にマッチしているが、文才はある。
ただし顔が悪い。なんだその鼻の穴は。アザラシか。
彼女はかわいいが、最初弟か誰かの女装かと思った。
まぁ顔も彼女のレベルも俺の勝ちだが、ここはそういうスレではない。
ていうかコピペにマジレスしてる俺カコワルイ。
結論としては勝手に帝国作って勝手に信者作って勝手に逮捕とかされてくれ。
とはいえそういうカルトな集団を作ろうとする行動力は好きだ。
会員制のハーレムとか作った折りには是非信者にならせてください。

51 :イタチ小僧 ◆8rr1u/54T2 :04/07/13 10:25 ID:Wqq//hpe
》46
そうか。俺には湖は見えなかったな。
TVで見るみたいに俯瞰した夜の森から森の中へのカメラ移動が見えた。
ああ現代っぽいありふれたカメラワークだな
と思っていたらクレオメで思考停止した。
俺はいうまでもなく天才だが、学力試験的な意味ではバカなので、
できるだけむずかしい言葉には注釈をつけてほしい。
ちなみに解説を読んでもよくわからなかった。
現代では共通の感覚が相対化かつオタク化され、
「100年の恋」とぽつんといわれたって俺はなぜかキャンディキャンディのアンソニーを思い浮かべるだけなので、
せめてノーマルなのか男色なのかだけでも示してほしかった。

52 :イタチ小僧 ◆8rr1u/54T2 :04/07/13 10:51 ID:Wqq//hpe
》47
生憎だが、俺の批評に悪いところなどない。完璧だからだ。
しかし視点が変われば完璧の意味も変わるものだ。
俺は小倉優子のロリフェイス&いったんもめん体形を完璧とするが、
他の奴の視点ではあんなもんは未熟児で、無知無知バディの井上ワカ(漢字わからん)を
完璧とする奴もいて当然だ。唇フェチでも控えめ優子派とやりすぎワカ派とに分かれるだろう。
なにがいいたかったのかさっぱりわからなくなったが、要するにそういうことだ。

》48
あれは梁山泊投稿当時、審査員のひとりに
「かっこつけすぎ、鼻につく」とかいわれた作品で、
実際自分でもかっこつけることをテーマに書いた。
当時のお題が「旬」だったので、他の投稿者があまり選ばなさそうな「じゅん」の意味を盛り込んで、
テキトーにかっこよさげな言葉を並べていったらああなった。
ちなみに乾いた小便の匂いには、ほんとうに酒に匹敵するほどの深い味わいがあるので試してみて。
うんこも深い。ただしこれは胸を冒すような、破壊的な深さ。

53 :リーフレイン ◆LeafL/oiO. :04/07/13 13:22 ID:Shq/hww6
>>
てきとうにかっこよさげな言葉ってなあ笑った、
乾いた小便もうんちも、よーーく知ってたりして。w
胸をつくよねえ。近所の歩道橋の下が、ホームレスのおじさんの
簡易トイレになってて、物凄く臭い。。
このおじさんちょっと変なひとで、近所でも有名なんだけど、ひょんな
拍子に抱きしめられちまったことがあってね、およそ洗っていない乾いた
おしめで縫った服を着てるよな男の胸に顔をあてて、息すっちまって、気が遠く
なるかと思ったね、ありゃあ。。。

54 :イタチ小僧 ◆8rr1u/54T2 :04/07/13 15:18 ID:Wqq//hpe
》53
うんこは自分のうんこでも暴力的なのに、他人のうんこときたらもう。
でも犬は積極的に匂うよね、自分のでも、他の犬のでも。
その行為に意味があるとはいえ、臭くないのかね。
感じ方が違うのか、それとも言葉が違うのか。
そのホームレスのおじさんに聞いてみたら何か犬のことがわかるかもしれない。

55 :リーフレイン ◆LeafL/oiO. :04/07/13 15:24 ID:Shq/hww6
>>54
犬はどうせ、気がとおくなるほどの匂いを感知してるはずだからね。誤差かもねw。
おっちゃんの方は嗅覚なんかとうに失くしてしまっておるんじゃないかね。
で、すまないんだけど、批評お願いしやす。

”ねちゃっとふけえ闇んなか”

街灯のない道、電灯のない家、
ちょこっと星明り、たまに大きく光る月、
障子窓から漏れる行灯、
ゆれる提灯、けえり道。

電気が来たれる前の夜たあ、さぞや縁無きものどもが
うじゃうじゃおったにちげえねえや。

56 :名前はいらない:04/07/13 18:13 ID:Yt+Howrg
>>51
批評乙
そっか、俯瞰か〜
なるほど、森って書いたから全体像が写ったんだ。
正直、湖は想像できないと思ったし
100年の恋もなんのことか判らないだろうって思ってたから
予想通りだ。
イタチンのおかげでリライト出来たからお礼を言っとく。

ホント、ありが、、、、、

・・・・・・・・・・・・・d( ̄。 ̄ )ボソ...



57 :イタチ小僧 ◆8rr1u/54T2 :04/07/13 19:03 ID:Wqq//hpe
》55
「臭い」という言葉がもしなかったなら、うんこは臭くないのかもしれない。
ホームレスのおっちゃんは感覚麻痺したというよりは「臭い」という言葉をなくしたのかもしれない。
犬が「臭い」という言葉をもしもっていたなら、犬はあんなに興味津々にうんこを嗅がないかもしれない。
犬にはきっと「食える」「食えない」という言葉しかないのだ。
なんてこといって犬が臭がる匂いとかあったら即コケな推論だ。
それでは犬の臭がりそうなものをもって旅に出てみる。
作品の批評は帰るまで待ってくれ。
とりあえずリンゴとみかんと七味唐辛子と、あと色々もってってみる。

》56
ガッ

58 :抑揚 ◆YKYOnzxNCQ :04/07/13 20:08 ID:plp0gdCt
「風吹く」

強風の煽りで砂埃の舞う河川敷で
向かい合って立つ男は
僕の目を睨み付けたまま微動だにしない

男との接点は一つ
僕を睨む男は姉の婚約者だった
しかしそれは過去の話
姉は去年の交通事故でその命を失った
親を早くに亡くした僕の唯一の肉親であり
誰よりも愛する人だった

交通事故の当日も僕は姉と二人で
郊外までショッピングへと向かっていた
一区間だけ高速道路を乗り
目的のインターで料金を支払っている
僕らの車へ相手のトラックは追突した
事故後の調査でトラックのブレーキ痕は無く
運転手がよそ見をしていたのだろうと告げられた

僕は全身を強く打ったが
姉がとっさに僕の頭を抱えてくれたので
命を落とさずに今ここへ立っている
しかし姉は僕を守ったが故に
自らは頭をフロントガラスで強打し
その短い人生を断ってしまった

59 :抑揚 ◆YKYOnzxNCQ :04/07/13 20:09 ID:plp0gdCt
僕は自分の弱さが姉の命を奪ってしまったのだと
この一年の間中自分を嫌悪していた
姉の婚約者である男とは退院後に一度だけ話をした
そして男は姉が僕を守って死んでしまったことを知ると
小さな声で僕に告げた

君が死んでしまえば良かったのに

それから数日後には男から
動転していて酷い事を言ってしまった許して欲しい
との手紙が届きその後も電話が何度か掛かって来たが
一度も取らずじまいでやがて今日が来た
姉の命日である七月七日が

朝テレビを付けると台風の接近を報せてくれた
風が強くなる前に姉のお墓へ行こうと
早朝に家を出てまだ空が白み始めてもいない
墓地に着いた時すでに男は姉の墓前で立ち尽くしていた

男は僕に気付くと少し離れて
僕が姉と共に過ごす時間を見つめていた
やがて雲行きが怪しくなり帰路に着こうと立ち上がった僕に
男は声を掛けて来た


少し付き合ってくれないか

当ても無く歩いているような男の背中を
少し離れてついていくうちに広い河川敷へと出た
そして突然振り返ると僕の目を睨み付けたまま
僕へと告げるべき言葉がまとまらず
ただ立ち尽くしていた

60 :抑揚 ◆YKYOnzxNCQ :04/07/13 20:09 ID:plp0gdCt
いま男の中で姉との出会いから
恋人として過ごした日々や
結婚を決めた日やその後の生活を話し合った日々
そして突然の事故の日
それから始まった空虚な一年が
渦巻いているようにも見えた

やがて一時間が過ぎ強い風と激しい雨がやってきた
しかしそれからまた一時間が過ぎても
男は何一つ口にすることが出来ないまま
僕を睨み時折想い更けるような目をするだけだった

最後に男は泣き崩れ何かを掻き消す様に
嗚咽とも雄叫びとも取れない声を上げ地面を拳で殴り
雨でぬかるんだ地面へと頭を伏してまた泣いた

やがて顔を上げた男の目付きは
さっきまでの睨みつけるそれではなく
微笑みを含み木彫りの観音様のような
慈愛を悟った穏やかな目をしていた

雨と雷鳴が入り混じる不機嫌な空の下
ずぶ濡れになった男は
同じようにびしょ濡れている僕へと
胸元で両の手を合わせ一礼をし背中を向け
何時間振りかの歩行を噛み締めるように
ゆっくりとゆっくりと立ち去っていった

台風の目に入り晴れ間が顔を出す直前の事だった

61 :イタチ小僧 ◆8rr1u/54T2 :04/07/13 22:47 ID:Wqq//hpe
》55
ちょっと立松和平口調で田舎ムードたっぷり。
水木しげるというよりはやっぱり立松和平だ。
いいたいことがとてもストレートで、小学生にもわかる。
しかしたまたま電気のまったくない田舎道を歩いていた青年が
呟いたひとりごとみたいでエクリチュールとしてのおもしろみに欠ける。
どうせなら漫画みたいに非凡なキャラを作って大袈裟な口調でやったほうがおもしろいかな。
「ちげえねえ」とかにそういう趣旨は見られるが、足りないな。
やっぱ立松和平程度じゃダメってことかな。
思い切って小倉優子口調にしたらどうだろうか。
星の人っぽい感じが出て、アンバランスさが何か新しい味を産むかもしれない。
とにかく、このままではミスキャスト。

62 :イタチ小僧 ◆8rr1u/54T2 :04/07/13 23:03 ID:Wqq//hpe
》61訂正

立松和平→吉幾三

63 :社長:04/07/13 23:11 ID:+jOkW4CN
左手前方プリ尻女
tan45°の食い込み
その先前方プリ尻女U
sin60°で巻き込み確認

俺俺サギ
私私サギ
鷺鷺詐欺

さて私はと言うと
暑い夏に風鈴でもチリリンと
鳴らしてみようと思いまして
今更ながら出席カードぶらさげて
ラジオ体操出てみようかと思いまして

携帯の電波を見てみようと
目を凝らしておりましたら
左手前方の女がクルリとこちらを睨んで
早足でそそくさとかけて行きました
チリンチリン







64 :イタチ小僧 ◆8rr1u/54T2 :04/07/13 23:25 ID:Wqq//hpe
》58‐60
長い詩にしては導入部が弱い。弱すぎる。
「強風の煽りで」なはいほうが読みやすい。
どうしても要るんならもっとかっこつけて読ませて。
「砂埃舞うの河川敷それは強風の煽り」とか。中国の人っぽくなるけど。
小説と詩の境界線をなしくずし的に破壊しようとするような詩は好きだが、
この場合は単なる小説の粗筋のちょっと詳しい版でしかない。
わかりやすいが味の薄い説明文ばかりで、早く本編を読ませろといいたくなってしまう。
大槻ケンヂあたりを参考にしたらどうだろう。
いっそのこと小説的な細部は省いて、ハイライトシーンだけを並べ立てて、
映画の予告編のような形で完成品とさせてしまうのだ。
ちょっとこれリライトしてみたいな。

65 :イタチ小僧 ◆8rr1u/54T2 :04/07/13 23:39 ID:kh197NEk
「風吹く(イタチ小僧バージョン)」

やがて雨を連れてくる風が
いまは砂埃をとばして
向かい合って立つ男は
僕の目を睨みつけたまま微動だにしない
(ここで「目が痛かろうに」とかいうツッコミはなしです)
(男は痛い目を気にしないほどの意志で僕を睨みつけてくるのです)

僕の姉さんはフェティシストだった
(このへんから大槻ケンヂのパクリだから突っ込まないように)
来る日も来る日も生ゴム人形を愛し
いつしか同じ生ゴムマニアの男と愛しあうようになっていた
この新作生ゴム人形がどんな勢いでエクスタシーの表情を見せるかを
いつものように姉さんが僕に語らなくなったとき、二人は婚約していた


66 :イタチ小僧 ◆8rr1u/54T2 :04/07/13 23:45 ID:kh197NEk
「風吹く(イタチ小僧バージョン)」(2)

姉さん!
なぜ死んだんだ姉さん!
姉さんを殺したのは誰だ!
誰なんだぁぁぁぁぁぁぁぁっぁ!!!

高速道路の料金所で金を払うときは
背後への注意を怠ってはならない
ブレーキ痕もなくダンプカーが忍びのように10トン手裏剣を投げてくることもある

なにはともあれ僕は生き残った
ごめんね姉さん僕は生き残った
わーいと浮かれる気ももちろんないがね
生ゴムマニアである以前に
姉さんは僕のかけがえのない
たったひとりの肉親だったんだ姉さん!姉さん!姉さーーーーん!!!

うるさいぞ糞ガキ!
ガチャーン!
ひでぇな二階からビール瓶投げつけるなんてよ
あそこのおっさん前々から何か青少年虐待事件やらかすぞとは思ってたんだ

67 :イタチ小僧 ◆8rr1u/54T2 :04/07/13 23:56 ID:kh197NEk
「風吹く(イタチ小僧バージョン)」(3)

君が死んでしまえばよかったのに
風のない病院の一室で、男の言葉が僕の心を突風でとばした

(ここで病院の一室の花瓶に挿されたユリの花にクローズアップ)
(ユリの花はちっとも揺れていないのに、僕のシャツはバタバタと風にはためく)

朝のニュースは台風のことばかり
テレビの言葉が現実になる前に、僕は花を買う
今日は姉さんの二百三回忌(うわぁ、バカっぽ。。)

墓場の前に、男は先に来ていた
生ゴムで作った花を添え、深々と項垂れていた
僕たちは数年ぶりに遇った恋人どうしみたいに発見しあい
見つめあい、互いにまた項垂れた

男がいった、ちょっと付き合ってくれないか

男はただ歩いていった
早くはないけれど同じペースでどんどんどんどん歩いていった
当ても無く歩いているような男の背中を
少し離れてついていくうちに広い河川敷へと出た
そして突然振り返ると僕の目を睨み付けたまま
僕へと告げるべき言葉がまとまらず
ただ立ち尽くしていた

68 :イタチ小僧 ◆8rr1u/54T2 :04/07/14 00:11 ID:8kLl6EK3
「風吹く(イタチ小僧バージョン)」(4)

睨む男
睨まれる僕
何も動かなくなった河川敷で
空模様だけが流れを速め
やがて濁流のように雨飛沫を降らせはじめた

雨の彫刻刀が男を刻む
僕を睨みつけていた大木は
みるみるうちに小さくなって
遂にぬかるむ泥に膝をついた

次に男が顔をあげたとき
大木の中から彫りだされた観音様がそこにいるのを
僕は見た。きしょっ!と思ったが、声にすることもできず
観音様は僕に向かって両手をあわせて拝むと
何時間振りかの歩行を噛み締めるように
ゆっくりとゆっくりと立ち去っていった

諦めたのかよ
ふっきれたのかよ

イタチ君、君の姉さんとのことは、とてもいい
とてもいい、とてもいい、とてもいい、思い出
思い出、だったよ、ねぇぇぇぇぇぇ

そう男が背中で語ったかのように見えたのだが
あんまりこういうことを書くと本当に大槻ケンヂのパクリになってしまうので
ここらへんでやめとく


69 :イタチ小僧 ◆8rr1u/54T2 :04/07/14 00:12 ID:8kLl6EK3
「風吹く(イタチ小僧バージョン)」(5)

台風の目に入り晴れ間が顔を出す直前の事だった


                     (了)

70 :イタチ小僧 ◆8rr1u/54T2 :04/07/14 00:21 ID:8kLl6EK3
うっわぁ。。。読み返してみるとひでぇな。。。

>>55
リライトしてて思ったんだが、
>やがて一時間が過ぎ強い風と激しい雨がやってきた
なのに、
>強風の煽りで砂埃の舞う河川敷
は首をひねってしまう。
雨の中で砂埃飛ばねぇだろうと。
まぁ雨の降り出す3分前とかには飛ぶのかもしれんが、
他人に伝えようとするならこのへんは生理せよ。じゃなくて整理せよ。

ギャグに作り変えてしまってごめんよ。
俺はどうしてもおちゃらけずには生きていけないんだ(怒)!!

71 :リーフレイン ◆LeafL/oiO. :04/07/14 09:38 ID:f8hPFiSp
>>61-62
なるほどーーー。キャストミスだね。
この詩をこれで終わりにしようか、ふくらませようかってかなり悩んだのよね。
真っ暗な道ってイメージ結構いいななんて思って。ただ、ここで終わって
読み手に想像してもらうってのも捨てがたいし。だけど女の子一人夜道ってなあ
なんか別の展開になっちまいそうだねw。(小倉優子版)

72 :抑揚 ◆YKYOnzxNCQ :04/07/14 13:51 ID:gJcqg3c8
「風吹く(途中ヤメ)」

"ねえさんっ!"
そう叫ぶ新撰組一番隊士、立川迅助の目の前で
姉であるセツは同じく新撰組一番隊士、小金井兵庫に
肩口から胸元にかけて大きく切り裂かれた

"兵庫っどういうつもりだっ!!"
隊士として共に今日まで都を守ってきた兵庫が
何故自分の姉を切りつけたのか迅助には分からなかった。
"迅助よっお前の志はなんじゃぃっ"
"いっまさら、なに言うんや兵庫・・・この京を・・・都を・・・人を守ることじゃ!
 それが姉さんを切った事となんの、なんの関係があるんじゃっ!"
"ほったら何故いまこの女を助けなんだっ!たった一人の肉親じゃなかったのかっ"
"兵庫・・・おまえの言うてる事は全然わからんっ!
 姉さんを診療所に連れて行く、手伝え兵庫!"
"その必要はない、みねうちだ 俺の言いたい事がわからんだと迅助"
"あーわからん、全然わからん、まったくわからん わからんわからんわからん!!"

"では、言わせてもらおう
 ・・・何故お前は敵を切らんのじゃ!!
  昨日の池田屋でもそうじゃ、おまえが加減をし見逃した奴が
   沖田さんに切りかかって、沖田さんは三日は刀を握れん。
    お前の情けでいつか誰かが死ぬっ!"

"そんなんじゃない、俺はただ無益な殺生をする刀を持ち合わせていないだけだ!"
"それじゃなにか迅助!都を守ることが無益だとでも言うのかっ
 いいや、そうじゃない、お前は誰も切ることは出来ない
  そうじゃろ!目の前が切られようとしているのに腰を抜かしてるような奴に
   女の一人守れん奴に都が守れるか!その女を連れて帰れ迅助!"

73 :抑揚 ◆YKYOnzxNCQ :04/07/14 13:52 ID:gJcqg3c8
"それじゃなにか迅助!都を守ることが無益だとでも言うのかっ
 いいや、そうじゃない、お前は誰も切ることは出来ない
  そうじゃろ!目の前で自分の姉が切られようとしているのに腰を抜かしてるような奴に
   女の一人守れん奴に都が守れるか!その女を連れて帰れ迅助!"

74 :抑揚 ◆YKYOnzxNCQ :04/07/14 14:47 ID:gJcqg3c8
なんか、創作文芸気味だなスマン。

75 :名前はいらない:04/08/03 21:25 ID:tP/Bt+5d
哀れ 誰も反応しない

76 :名前はいらない:04/08/03 21:34 ID:tP/Bt+5d
>>72
長くて読むのが疲れる上に内容は恥ずかしい。
なんか守るとか切るとかどうでもいい。
安っぽい少年マンガのワンシーンを写したみたい。
幼稚。少年ジャンプを読んで感動してればいいよ。

77 :イタチ小僧 ◆8rr1u/54T2 :04/08/24 23:48 ID:vIHkNFWj
>>72-73
うーん、>>76に同萎。
お前のせいでこのスレ続けて行く気が萎えたよ。
まぁ続けるけど。
悔しかったらコークスクリューブローでも身につけてから来い。

>>63
なんか気弱そうだから見過ごしてたよ。
いいね。眼鏡かけた黒髪直毛シャンプーは二日に一回のダサ男って感じがよく出ている。
詩人のキモイメージ加速させてんじゃねーよと向う脛を蹴ってやりたい。
鷺鷺サギとかよくわかんねーけどよくわかるのがこの詩のおもしろさでもあり、
底の浅さでもあるね。家帰ってプロテインでも補給したら?

78 :  ◆OgKORiAbeY :04/08/26 00:37 ID:qKU1JqWO
親しい固定の作品が貶されると一々首突っ込んで自己アピールですか これだから人が減るしレベルも上がらぬ 

しっかし美しい助け合い精神じゃないか なぁみんな ぷぅ

79 :イタチ小僧 ◆8rr1u/54T2 :04/08/26 22:53 ID:IhY11U/8
>>78
ナイスパンチだけど、はずれだ。
もっと的確に打つべし。(ニヤニヤ)

しっかしアンタもあっちこっちで煽ってるわりには嫌われないよな。
「いい人」の小便臭さが漂いすぎてんだよ、イラクでも行って精悍さ身につけてきたら?

80 :  ◆OgKORiAbeY :04/08/27 14:18 ID:f+Nke72w
そのナイスパンチに対する反論はないらしいな あまり無理すんなよ(ニヤニヤ)

俺はどこの板に行ってもカリスマの塊だからな まぁ気持ちは分かるぞチビ助

81 :イタチ小僧 ◆8rr1u/54T2 :04/08/27 16:20 ID:fC8cPui7
>>80
具体的に反論しなかったのはお前の攻撃に根拠がないからだよ。
勢いはナイスパンチでも、俺の横50メートル狙ってたんじゃ呆れるしかねーだろ。
それよりお前、自分でカリスマとかいうなよぷっ。
それって毎年東大受験に落ちてる浪人生がノイローゼになって、
行く先々の風俗店で「ぼくは東大生です」と本気で語ってるのに似てるぞぷっ。
お前は自称カリスマの、ただの「いいひと」だよ。
告った女に「ごめんねあなたはいいひと、でも顔が嫌いなの」とかいわれとけ。

ていうか批評とはまるで関係のないスレになってきたな。

82 :  ◆OgKORiAbeY :04/09/20 20:31:00 ID:6fOcuDrp



  ┏┳┳┓     ハイ.     ┏┳┳┓
┏┫┃┃┃     妄想は   ┃┃┃┣┓
┃┃┃┃┣┓   ここまで ┏┫┃┃┃┃
┃      ┃┃┏━━━┓┃┃      ┃
┃ 妄想   ┣┫ . ・∀・ ┣┫. STOP!┃
┗━━━━┛┗┳━┳┛┗━━━━┛
            ┏┻┓┃
        ┏━┛  ┣┻┓
        ┗━━━┫  ┗━┓
.             ┗━━━┛

83 :イタチ小僧新参! ◆8rr1u/54T2 :04/09/28 21:38:42 ID:BZRlCFgC
来いよ、おい。

84 :リーフレイン ◆LeafL/oiO. :04/09/28 21:49:29 ID:Jovx1faS

地下鉄の駅を出て、暫く歩くと目立たない雑居ビルがある。
地下へと続くやけに長い階段を下りていくと、
一枚の厚い板の扉があり、表面に細かな彫り物がしてある。
花や蔦、幾何学模様が複雑に描かれた扉の中ほどに、
飾り文字で”ウロボロス”と刻み込まれていた。

重い扉を押し開けて入ると、中は薄暗いBARで、
カウンターと数箇所のテーブルがある。
蝋燭の光と、間接照明で柔らかな雰囲気がかもし出され、
ギターの音が微かに聞こえていた。

カウンターの隅の席には、いつも彼が座っていた。

空のデミグラスが差し出され、
自分の鱗を一枚その中にいれる。
彼もまた、自分のグラスに鱗を一枚いれる。
バーテンが、心得たようにグラスを持ち上げ、
シェーカーにいれ、ジントニックと氷とともにシェークする。
すると、二人の鱗の色が絡まって美しいカクテルができあがる。

たいていは、私の鱗が色つきで、ピンクであったり、
薄緑であったりする。彼は心得たように、銀色の鱗を選ぶ。
すると、ピンクや薄緑の色に銀の結晶が散らばる。
ときには、彼がグラスに一枚の鱗を入れて待っている。
そういう時は、鱗は暗い緑や、灰色が多く、
気をつけて中和できるような薄い色を選んでいれるようにする。
シェークしたときに、明るい色ができるように。

飲み終われば、カクテル色の鱗が生えてくる。

85 :イタチ小僧新参! ◆8rr1u/54T2 :04/09/28 22:12:47 ID:BZRlCFgC
>>84
詩の形式をとる理由がわからん、こんなもん小説の形式で何がいかんのだ
と思いながら読んだけど、最後のシーン、暗喩を読み解く余地があって、詩だね
と思わされちまったけど、やっぱりだめだ、この作品は閉じまくってる。
逸脱がない。詩の世界の外までは世界が広がっていかない。作者の自己満足だ。
最後の暗喩だって「心の交流」みたいな読み方すれば、なんてありきたりな格好つけなんだ。
それに説明書読むみたいに意味と状況の想像ばっかり追わせる文体は
味気ねぇんだよ。淡々と叙述するだけによって生まれるポエジーは
確かにある。あるけど、もう一歩だな。ま、お前の趣味の世界の中だけで生きとけや(藁

反論はグーパンでお願いします(ハァハァ

86 :リーフレイン ◆LeafL/oiO. :04/09/28 22:20:56 ID:Jovx1faS
>>85
なるほど、(とついこう思ってしまうもんだから、こういうスレには
心底向いてないのだ・・・・・)
まあ、色々あってさ、これはそもそも”恋愛”の題で書き始めた不倫ネタ
だったんだが。。。つい躊躇いが。。。。まあ、そんな楽屋裏はさておき、
舞台そのものは気にいってるんだよーーーーー(涙

87 :名前はいらない:04/09/29 15:16:20 ID:uS3orkqs
晩夏の一景色への賛歌


夏が終わると 蝉は腹を天に仰ぐ

蟻は列をなし 脳や心臓をえぐり

腸や気嚢に しやぶりつく

そして凱旋門を くゞり

祝盃をあげる


88 :イタチ小僧新参! ◆8rr1u/54T2 :04/09/29 22:28:56 ID:pF+3K8r8
>>87
なかなかいい裏拳ではある。しかし、ダメージは古臭いな。
蝉の視点で始まり蟻の視点で終わるのだが、そんなもんはもはや煤けた攻撃だ。
見え見えなんだよ、だから防御される。
凱旋門だと? ナポレオンがくぐれなかったその門を俺はくぐってやる。
フッ。百年後に出直してくるんだな。

89 :イタチ小僧 ◆8rr1u/54T2 :04/09/30 09:50:54 ID:oPkYpHpQ
>>88を短くまとめると、
古臭い、展開が読めてしまうほどオーソドックス、
視点がふたつあるのはいいが、凱旋門の出てきかたがなんか安易、
ということでした。
作者の方に限らず反撃待ってます。
それとも作者の方は攻撃されても殴り返せないくらい貧弱なのかッ!?

90 :イタチ小僧 ◆8rr1u/54T2 :04/09/30 09:51:44 ID:oPkYpHpQ
新規対戦者(投稿)もキぼん

91 :名前はいらない:04/09/30 10:08:39 ID:yiUTKLuW
父よ、我が右手に力を
母よ、我が左手に慈悲を
友よ、我が心に勇気を
愛する人よ、我が戦いを胸に刻め

92 :名前はいらない:04/09/30 10:10:23 ID:yiUTKLuW
バラのつぼみは早く摘め。時は過ぎ行く。
今日咲き誇る花も、明日は枯れる。

93 :イタチ小僧 ◆8rr1u/54T2 :04/09/30 10:23:46 ID:oPkYpHpQ
>>91
偉大なる軍人がそういったとされる言葉って
たいてい後年大衆小説で書かれた台詞だったりするんだよバーカ!
TVカメラでも側になきゃそんなこといわねーって!
あ、自分を奮い起たせるために戦いの前日に書いた詩ってのはあるだろうけどな、
それにしたって誰でも書けそうな詩だな。
てか誰でも書いちゃうお決まりのアーメンみてーなもんだ。
それともお前はRPGのやりすぎか?
現実とRPGの区別がつかなくなってんだろ?
その通り!人生はRPGだ!
魔王倒した後の人生をせいぜい退屈するんだな!アハハ!!

94 :イタチ小僧 ◆8rr1u/54T2 :04/09/30 10:25:48 ID:oPkYpHpQ
>>92
そう!ゆえにすべての若い女は無修正動画となるべきなのだ!
十二歳から希望!!


95 :ウノ ◆mdm4jQk4Iw :04/09/30 17:58:03 ID:LkI4hmA/
「すべてがあるばしょ」




このばしょには なにもないと おもっていました



でも


かなしみも しつぼうも いかりも ゆううつも


このばしょに あるのです


ここにすべてが あるのです



たしかなもののすべては いま ここに あるのです



96 :名前はいらない:04/10/01 08:07:15 ID:JZs4wqYs
斜陽賛美


少年は夕方に小山に登るのを
日課にしてゐた
そして街が陽に支配されるのを
愉しんでゐた

十一月の風の肌寒さにも
少年はいつも通り
原つぱに寝そべつてゐる
斜陽は秋を惜しんでいるやう

何時間だつたらう
斜陽は嘲るやうに沈まない
それどころか
微かに昇つてゐた
少年はすやすやと眠つてゐる


97 :イタチ小僧 ◆8rr1u/54T2 :04/10/05 16:41:06 ID:YWUWEg6T
>>95
ニヒリズムからの恢復(←難しい漢字のほうを使ってみた)。
陥ったことのある者には「このばしょ」だけで充分だな。
しかし小学生には「どんなばしょ?」と首傾げられるのがオチだな。
ひらがなで赤児を気取るなら、そのまんまの意味での赤児に退化せぬよう
大人の赤児としてみっちりとした表現がかえって必要なのだ。
この詩を朗読した奴が「どんなばしょ?」と小学生から永遠に質問され続けないような配慮をしろ。
他に何もいうことはない。なぜならいうべきことが他にないからだ。
俺が小学生とコンタクトするより前に出直してこい!

98 :イタチ小僧 ◆8rr1u/54T2 :04/10/05 16:47:45 ID:YWUWEg6T
>>96
昭和初期の作品か?
教科書にでも載せとけ!
俺は国語の先生じゃないんだ!

99 :ウノ ◆mdm4jQk4Iw :04/10/10 02:59:35 ID:0M6pLGXm
>>97
レスが遅くなってすまない。
何で小学生がででくるん?
詩って小学生が理解できるように書かないといけないものなのか?
>他に何もいうことはない。なぜならいうべきことが他にないからだ。
これは結構な褒め言葉だ。ありがとう。
これは伝える為に選んだ言葉なので、何か伝わった上で言うことが何もないのなら、俺も言うことは何もないんだよね。
これじゃ喧嘩になりようがないな。
痛くも痒くもないぞーっと。
まあ、ありがとう。

100 :イタチ小僧 ◆8rr1u/54T2 :04/10/10 09:21:16 ID:Y6BV5k7q
>>99
貴つっ、貴様ーーっ!!
貴様貴様貴様ーーーっ!!!
このスレが「ありがとう禁止」だということを知ってて二回も二回もいいやがったな!
よろしい、立派に喧嘩腰だと認める。気に入った。
貴様は殺ス。でも100ゲトできたから少し落ち着いた。

>詩って小学生が理解できるように書かないといけないものなのか?

もちろんだ。
昔、俺は父の読んでいたエロ漫画雑誌をベッドの下から見つけ、
夢中になって読んでいたものだ。あれはよかった。
小学生の俺にはまったく未知の世界が広がっているというのに、大いなる興味をもって没頭できた。
そういう経験もあって俺の書く詩は小学生が読んでも感じるように書いている(ということに今決めた)。
たとえば梁山泊に投稿した俺の「意味のない言葉のない音楽」という名詩の冒頭を見てみよう。
「おはようございます/僕にまんこがないのは/落としてきたからですか」
これを読んだ小学生は、まんこは穴だから落とせるわけねーじゃん(藁)
とかいってツッコムに違いないのだ。そしてややあって気付くだろう、
「ツッコムためには穴がいるんじゃないか!」
ユリイカである。

以上のことはどうでもいいとして、
俺がいいたいのはつまり具体的に描写しろということだ。
「このばしょ」では未知の世界に興味をもって没頭することはできないだろ。
どんなばしょか描写しないのでは、親父のベッドの下から見つけたのが英字のエロ小説だったようなものだ。
PuSSyとか言葉だけ読んでも没頭できないだろ。

101 :イタチ小僧 ◆8rr1u/54T2 :04/10/10 10:34:16 ID:Y6BV5k7q
>>99
ごめんね。とどめの一撃入れるよ。

俺が作品を読んで「他にいうことはない」と書いたのは、
作品に書かれたような体験を俺は既にしているからであり、
それはもう知っているからべつに何もいうことはないという意味だ。
これを読者を俺ではなく、ひきこもりの三十四歳(精神年齢十歳)の松原さん(仮名)に置き換えて考えてみよう。
松原さんに対してはストーリーしか伝わらない。
「このばしょ」を松原さんは自分の部屋だと読んでしまうからだ。
俺の部屋にはPCもあれば美少女ゲームもある、
悲しみもあれば冒険もあるじゃないかバカにするな。
むしろなんにもないのは俺の中身のほうじゃないかバカヤロー!
いや、なんか松原さん、感じちゃってるね、しまった。

上に書いたことはどうでもいいとして、
この詩は「既知の者」に対しては「あー、そうだねー」という感想を与えるだけなのであり、
それをもし「お前の既知のそれと俺の伝えたいものは必ずしも同じじゃねーぞバカにすんな」
とか思うんなら、もっとあなたの伝えたいものにあなたならではの形を与えるべきなのである。
またこの詩は「未知の者」には具体的なイメージを提供しないから
好き勝手に読まれるだけの「あやふやなストーリー」でしかないので、
結局この詩は既知の者に「フーン」といわせるだけの力しかないのだ。
誰に向かって書いているのか? 未知の者にこの書き方で伝わるのか?
そう考えながら書けば、必然と詩は形を纏う。
なるほど、勉強になった。

102 :ウノ ◆mdm4jQk4Iw :04/10/10 10:51:27 ID:0M6pLGXm
>>100

俺は父親が悲しいことにエロ本を持ってなくて、
…いや、ありえないと思うだろうけど未だに一冊も発見したことがなくて
小学生の頃「まんこ」っていう言葉知らんかったぞ。

つーか具体性とか比喩とかまどるっっこしいんだよね。
修飾や遠回しな言い換えで詩の威力が分散する事もあると俺はおもう。
大人の精神論全開の文や暗号みたいな文じゃそれこそ小学生にわかんねーだろ。
具体性がじゃまになることもあるだろう。

103 :ぺぷちど:04/10/10 11:11:08 ID:DCxA5pLh
>>100ゲットおめでとう(/ ▽ )/☆>>毒舌イタチ小僧サン
お祝いにポエムを贈ります!
イタチ小僧サン 百ゲットおめでとう ゴラ!(-Д -#
イタチ小僧サン ロリばっかりタイホだよ ゴラ!(-Д -#
イタチ小僧サン エロばっかり下品だよ ゴラ!(-Д -#
イタチ小僧サン 怒ってばっかり〜♪ ゴラァ!(-Д -# 

104 :イタチ小僧 ◆8rr1u/54T2 :04/10/10 11:25:17 ID:Y6BV5k7q
>>102
もちろん「まんこ」という言葉に意味はない。
だから誰でも初めて出会う言葉にはググって当然だ。
そこできっと彼は見るだろう、無修正のまんこ!
そしてそれは英語のPussie(綴り自信ない)でも同じことであり、
つまりいいたいのは、見通しのいい時代になったものだなぁ、と。
まぁ、君のやり方のほうが時代に合ったやり方なのかもしれない。
しかしそれでもググって出てくる「このばしょ」は途方もない検索結果数なのであり、
俺は「伝えたいなら検索結果を絞る努力はしろ」と認めない。

>>103
ありがとう。

うわー! このスレ「ありがとう禁止」だってば!

105 :イタチ小僧 ◆8rr1u/54T2 :04/10/10 11:37:33 ID:Y6BV5k7q
いま作った俺の持論を記して俺は出掛ける。

詩は子供のエロ本であるべきだ
教科書に載るような、この世の表側にある存在であってはならない
俺が子供の頃読んで興味をもって没頭した詩にコクトーの
「私の耳は貝の殻/海の響きを懐かしむ」というのがあるが、
あれはまさにエロ本だった。
どういう意味かはさっぱりわかんないけど、なんか僕の知らない世界がある(ハァハァ
と勃起しながら何度も読み返しては味わったものだ。
詩とはそういうものでなければならない。
大人にとっても「子供のエロ本」であるべきものだ。
そのために詩は、思わせぶりな、意味そっちのけの具体的表現で書かれなければならない。
そして俺はこれを「人それぞれの持論」とはしない。
この持論を君達にも押しつけてやる。
押しつけられたくなかったら、今のうちにこの俺を倒しておくんだな。
私はシャドルーのベガになる男だ。

106 :ウノ ◆mdm4jQk4Iw :04/10/10 11:38:51 ID:0M6pLGXm
>>104
フーン
内容についてぐだぐだ言うのも嫌なんだが
「なにもないばしょ」のもつイメージと言うかニュアンスで俺は結構広い範囲に伝わるとふんで書いたんだけどな。
しかしずいぶん平和主義的なんだな。

まあ、ありがとう。心からw

107 :ウノ ◆mdm4jQk4Iw :04/10/10 11:46:19 ID:0M6pLGXm
>>105
穴があるけど、俺もでかける。

108 :イタチ小僧 ◆8rr1u/54T2 :04/10/10 21:57:36 ID:Y6BV5k7q
ただいま。

>>106
1の流れでいうと>>105でもうラスボスが出たので終了としたいのだが、
ひとつだけパンチをかましておいてやろう。

「なにもないばしょ」から本当に何もない虚空を思い浮かべよという意味だろうか?
しかし俺は最初に>>95を読んだ時、具体的な場所を勝手に思い浮かべ、
「その場所には何も(自分にとって価値あるものが)ないと思っていたんだな」と読んだ。
そうするとそれは具体的な場所となる。
「なにもないへや」ならイメージはそこそこ絞れるが、
「なにもないばしょ」では、思い浮かべるものに広がりがありすぎる。
そんな風に、表現を抽象的にすると、結構思いもよらない読み方をされてしまうものじゃん?

「本当に何もない場所」にしても、もうちょっとそれを君の言葉で聞かせてほしいじゃん。
言葉まかせ、読者まかせにするのは手抜きじゃん。
本当に何もない場所を表現することの放棄じゃん。
まぁ、君はその程度の手抜き表現しかできないってことで、
我が組織には要らない人材だったってことじゃん。
はい、不採用。世界征服の仲間には入れてあげない。
悔しかったら己の道を極めてこの私を倒しに来い!(高笑い)

109 :ウノ ◆mdm4jQk4Iw :04/10/12 21:32:57 ID:4CyINJIb
>>105
お前が父親から盗み見たエロ本ってアブノーマルな変態プレイ専門だったんじゃないか?
そういうことは趣向の合うやつは興奮するだろうが彼女との初エッチでやると引かれる、というか振られるぞ。
オナニーで自己満足するのならいいがイカせることを少しは考えろ。


110 :ウノ ◆mdm4jQk4Iw :04/10/12 21:37:16 ID:4CyINJIb
>>108(っていうかレス全体的に)
言いたい事はだいたいわかる。否定はしない。
しかしもともとイメージを限定するつもりはなくてむしろイメージを広げてよんでもらえると喜ばしいんだよね。
俺は伝えたい事を絞って削って凝縮して伝える引き算的な表現もあると思うし、そういった無駄なく言葉があるべき場所にあるような表現って美しいと思う。足し算の詩も書くけどな。
「なにもないへや」ではだめで、だめな理由もあるけど説明めんどくさい。ようするに↑こういうこと。

111 :イタチ小僧 ◆8rr1u/54T2 :04/10/12 23:59:15 ID:kh9V6T/2
>>109
バーカ。子供から見りゃセックス現場なんてどれもこれもアブノーマルじゃん?
お母さんがお父さんのちんぽくわえてるとことか、
お父さんのちんぽがお母さんのまんこに突き刺さってるとことか、
お母さんがすごく苦しそうなのにすごく嬉しそうな顔してるのとか、
はっきりいって俺から見ても普通じゃねぇ。。

>>110
俺がいってるのはバランスね。
イメージを広げて読んでほしいなら>>95は次のようにリライトすることを勧めるぜ。

「す」







112 :ウノ ◆mdm4jQk4Iw :04/10/19 21:40:55 ID:w+eXplYi
>>111

slkfdugms,svdsvkjms、s、おdvr、:あおう゛ぇ
l;dskvf;sd、、vs;kt、rて、v、えvtk、えsv

…よし。

113 :名前はいらない:2005/05/26(木) 19:09:46 ID:NwN9TPc/
癌で闘病中の患者さんや、その身内が集まるスレで 勧誘をする低劣教団 創価・・・野放しで良いのか!!
448 名前: 病弱名無しさん [age] 投稿日: 2005/05/07(土) 19:56:47 ID:CbP5yEn/
>>447
いいえ、癌は体質などではありません。
創価学会に入らない人が癌になるのです。
手遅れになる前に入会をおすすめします。

第9回 全国婦人部幹部会(平成10年10月29日)
創価学会 全国婦人部長 高柳洋子の発言
兄は、一族とそこに関わる人達を脱会させました。
しかし、現罰で平成7年、癌でその病院始まって以来の断末魔の阿鼻叫喚の叫びうめきの中で死亡!
さらに妹も平成9年、癌で悶え苦しみながら死亡!

451 名前: 病弱名無しさん [sage] 投稿日: 2005/05/07(土) 23:39:21 ID:rJuXJpP9
>448
本気でそう信じてるのなら、お前の脳みそ調べてもらえ。

452 名前: 病弱名無しさん [sage] 投稿日: 2005/05/08(日) 00:14:30 ID:JXbtR9Ka
16さん痛みが何とか治まってよかったです。
体力が回復して、7回目の治療に耐えられますように。
453 名前: 病弱名無しさん [age] 投稿日: 2005/05/08(日) 00:18:10 ID:IxU5uZ4A
>>451
学会の池田大作先生を批判するあなたには必ず仏罰がでます。
癌で苦しんで死にます。
これは確実です。
そうなったときに後悔しても遅いですよ。
病院始まって以来の苦しみ方で死にます。
  
 【がん】転移・再発・進行癌サロン【ガン】
     ↓   ↓   ↓   ↓   ↓
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/body/1109580994/l50


114 :名前はいらない:2005/05/28(土) 19:25:49 ID:PPIUEcxn
#zMB|Un^X

115 :名前はいらない:2005/05/28(土) 19:30:17 ID:PPIUEcxn


#zMB|Un^X





116 : ◆71FwgW.l0s :2005/05/28(土) 19:41:36 ID:drAYW3Zn
tesu


117 :オヤジ ◆71FwgW.l0s :2005/05/28(土) 19:46:09 ID:drAYW3Zn
てす

118 :オヤジ ◆OYAJIwa01Y :2005/05/29(日) 11:04:38 ID:lqZlH+WF
#zMB|Un^X #zMB|Un^X
てす

119 :名前はいらない:2005/06/02(木) 12:36:38 ID:6qX9rsSU
俺には解らんよ。それからが適正なら
もう俺には、なにも、言うことは無い

120 :オヤジ ◆OYAJIwa01Y :2005/06/09(木) 07:50:26 ID:ebk6c2Ny
てす

121 :オヤジ ◆OYAJIwa01Y :2005/06/09(木) 08:06:36 ID:ebk6c2Ny
再度 てす

122 :オヤジ ◆OYAJIwa01Y :2005/06/16(木) 05:22:55 ID:so+rkiJw
てす

123 :オヤジ ◆HsPB2kmPpQ :2005/06/25(土) 09:49:00 ID:xG1jkgyv
tesu

124 :オヤジ ◆HsPB2kmPpQ :2005/06/25(土) 09:56:43 ID:xG1jkgyv
tesu

125 :オヤジ ◆Xz.sUhCNvQ :2005/06/25(土) 10:01:48 ID:xG1jkgyv
tesu


126 :オヤジ ◆OYAJIwa01Y :2005/06/25(土) 10:18:49 ID:xG1jkgyv
てす

127 :ヒト様:2005/06/25(土) 15:10:53 ID:3eZslDAk
初めまして・・・。
ヒト様と言うものです。。。
女です。
何をいってですが、
このサイトにエッチな人は、いませんか?
いたら、カキコお願いします。

128 : ◆cha/xejyz2 :2006/04/06(木) 09:29:37 ID:Wt7UILCe
いっぱいいますyo!

…って、いつのレスだ?

129 :名前はいらない:2006/05/12(金) 10:00:27 ID:T/yhMYZe
あげ

130 :イタチ小僧復活! ◆8rr1u/54T2 :2006/10/03(火) 09:30:58 ID:KP3py3Pd
>>127
あっ、はーいはーい。
詩板で一番エッチな俺様が来ましたよ。もぉエッチを通り越して超変態ですよ。って一年以上も遅れてレスしてしまった。

131 :イタチ小僧腹筋! ◆8rr1u/54T2 :2006/10/03(火) 09:32:11 ID:KP3py3Pd
ここはもう批評とか疲れることはやめにして俺の落書き場にしてしまおう。

132 :イタチ小僧腹筋! ◆8rr1u/54T2 :2006/10/03(火) 09:33:46 ID:KP3py3Pd
まだあったのかこのスレ!

133 :イタチ小僧不覚! ◆8rr1u/54T2 :2006/10/03(火) 15:49:39 ID:KP3py3Pd
「砂漠の犬SE」

アフガンハウンドの煌めき
とケンタは言った
リンリはただ虚空を眺めているだけだ
砂漠をバギーはただ走っている
夜をめざしてひた走る
僕ら四人はその日会話をしなかった
ケンタの一言だけがぽつんと残った

ホテルでは四人ともが個室を取った
一日中運転したバギーが僕の中でゆっくりと回っていた
アフガンハウンドはただの頭の悪い大型犬だろ
疲れているのに眠れない僕はそればかり思った

月がおおきすぎて明日で世界が終わるような気がした

次の朝も僕ら四人は声を出さなかった
夜をめざして走った
僕も何も言わなかったけど
バギーを運転しながら本当は聞いてみたくて仕方がなかった
ケンタ、昨日のあれはどういう意味だい?
昨日の、って何だっけ
ほら、あの
俺、何か言ったっけ?
そこでリンリが未だ聞いたことのない女らしい声で言うのだ
ほらぁ、アフガニスタンの白ねぎとか言ったでしょ
ナイス天然ボケだ、好きだ

さてこの詩が続くかどうかはわからない

134 :  ◆UnderDv67M :2006/10/21(土) 01:13:30 ID:NzfVdZg0
漏れら極悪非道の佐賀ブラザーズ!
今日もネタもないのに佐賀してやるからな!
 ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧   ∧_∧    佐賀
 (・∀・∩)(∩・∀・)    佐賀
 (つ  丿 (   ⊂) 佐賀
  ( ヽノ   ヽ/  )   佐賀
  し(_)   (_)J

佐賀県、職員、汚職、談合、裏金、議員、隠蔽、飲酒、課、同和、警察、男女、県庁、環境、知事

64 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)