5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

願い綴り 〜 雑記帳/二冊目

1 :名前はいらない:05/03/01 02:15:24 ID:jI4IYnoK

カタチが定まりにくい日常の一瞬とか
誰かを大切に思う気持ちとか
やり場のない感情の連なりとか
何かを願わずにはいらない衝動とか

そんな日々を言葉に変えて……


前スレ。
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/poem/1019790193/

2 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :05/03/01 02:19:50 ID:jI4IYnoK

欲を言うなら地下深くへと落ちていきたい。
でも、書きたいあなたのお好きにどうぞ。


− 白い頁 −

ノートの白に一筆目が降りる瞬間
それは陵辱なのか
それとも至福の洗礼なのか

いつまでも大人になりきれず
いつまでも割り切ることを知らず

戸惑いながらそれでも
僕らはノートにインクを染み込ませる

最初の言葉を思案しながら
君の背中を思いながら
いつかの誰かを気遣いながら

僕らは最初の白に色を塗り始める

3 :Y.TAKEO ◆GL19takeoY :05/03/01 02:20:26 ID:6OaTWVi1
2だったら明日は晴れ!

4 :Y.TAKEO ◆GL19takeoY :05/03/01 02:21:47 ID:6OaTWVi1
人生ってそーいうもんだな おじゃましました。

5 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :05/03/01 02:28:38 ID:DXnHcD7x
とりあえず

新スレ(快∀楽)オメ


ドナドナドーナドーナー

6 :うたた寝死人 ◆utatasFSi. :05/03/01 02:32:21 ID:fKh7chvo
>>3-5 新スレのお祝いとしては旧染之助・染太郎にも向こうをはる福々しさですな、、
  2冊目おめでとうございます。祝、新タイトル(笑)。

7 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :05/03/01 02:56:55 ID:jI4IYnoK

んーと、自分で、999も1000も書き込みさせて頂きました。
狙っていた人たちごめんなさい。
だけど、言葉に言葉を返したいのです。だからどうか許してください。


と……前後しましたが、無事1冊目が終わり2冊目の雑記帳をひもとくことと相成りました。

1冊目では沢山の方達の「言葉」を介した「心」を拝見できました。
皆さんとの関わりに心からの感謝を申し上げます。ありがとうございました。

2冊目であるこの「願い綴り」でも、沢山の方の心を見たく存じます。
これからも、またーり、のんびり、時には笑い転げながら。
詩を読み詩を詠むそんな場所でありたいと思います。


……などと格好つけてみましたが……。
要するにこれからもどうぞよろしくってことなのです(笑

8 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :05/03/01 03:03:38 ID:jI4IYnoK
>>3-4 Y.TAKEOさま
いらっしゃいませ。すみませんです、2は私が頂きました。
お時間ありましたら、今後ともご贔屓に。
住職様のお弔い、大好きです(笑


− 想像してみる −

なんとなーくやる気と根気の真ん中で
お経を唱えるお坊さま

「お墓にいって会えるのは
 住職に恋した幽霊ばかり」

ムラの誰かがそう言って
くすくす笑っていたっけ

多少埃も被ってるけど
それなりに手入れされたお寺の境内
忘れられた幽霊相手に
住職様が言葉をかける

夜の静寂に響くあなたの声が
聞こえない日はなんとも物足りないもので
いっそ私が幽霊になろうかなどと
胡乱な言葉を吐いたり吐かなかったり

なんとなーくやる気と根気の真ん中で
今日もお経を唱えるお坊さまがいる
恋した幽霊達に取り囲まれて
読経の音が静寂を打つ

9 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :05/03/01 03:08:04 ID:jI4IYnoK
>>5 快楽さん
ありがとー。
今後ともよろしくですー。
……お願い……夢に見そうだからその歌はヤメテー(泣
って、まだしばらく寝ないけどねヾ(´ー`)ノw

>>6 うたた寝さん
本当、福々しい……が、まさにぴったりな言葉ですねw
あなたに「タイトルは変わるかも〜」と言われて、焦ったのなんのw
責任の一端を是非になって頂きたい(エ。
今後とも、またーりとよろしくお願いしますわー♪

10 :犬大好き:05/03/01 03:59:54 ID:yE6fiArC
新スレおめでとうございます。

実は新しいPCが嬉しくてウロウロしてて、ひとりでバカみたいにじわっときたりしてました。
深夜は感情の起伏が倍くらい激しい気がします。
かっこいい詩が書けたらまたきます。

11 :黒い猫の目 ◆sbeGYb7ycc :05/03/01 05:47:02 ID:qTib80kK
うお
いつの間にか新スレおめ
心配してくれてあんがとねw

そっちもむりせづ言葉に詰まったら、
たまにやすみつつまったり言葉を綴ってくれい

12 :名前はいらない:05/03/01 06:12:35 ID:jSAejg7d
誰だ どいつだ この野郎
間違いだらけの 大人たち (あーでも自分なっちまったなぁ)
そんな世に
それでも やさしはやさしさで (あー意味わかんね)
たまにまちがえる

13 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :05/03/02 01:55:36 ID:Rm0q+Xxg
>>10 犬大好きさん
どうもありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願いします。
おにゅーピーシーですかー。いいな、いいなー(笑
深夜は感情の起伏が激しい。確かに、その通りだと思います。
それが分かっていても深夜族の私……だめだめだぁ。
あなたがまた、詩をひっさげて(?)遊びに来てくださるのを楽しみにしてます。

>>11 黒い猫の目さん
どうもありがとう。そうしてどういたしまして……。
まぁー、なかなか難しいけど、気負わないのが一番、と言い聞かせてみたり。
他人に頑張らなくていいよーと言う癖に気が付くと空回るおばかさんなので、私w
むりせずゆっくりほどほどで参ります。怠惰にならない程度に(汗

14 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :05/03/02 02:03:37 ID:Rm0q+Xxg
>>12さん
大人……言葉の意味と実際はなかなか噛み合わないですね。
どこか持て余し、それこそ何か意味不明になったりして、時間ばかり過ぎていく。
正しいと思えることも間違えてしまうことも、大人とか子供とか関係なく……。
あっていいことな、気がしてます。最近は。


− 大人擬き −

完全密閉されている
透明なアクリルケースの中
行儀良く収まっている

    「 大 人 」

どうやってそこに入ったのか
誰がそれを入れたのか
分からないまま踊らされ
なんとか手で触れようなんて
無駄なあがきをしてしまう

ちょっとゆすったくらいじゃ
ちょっとけったくらいじゃ
ちょっとたたいたくらいじゃ
ちょっとあがいたくらいじゃ

びくともしない    「 大 人 」

意味なんてないのかもしれない
それを手に入れることに
意味なんてないのかもしれない

15 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :05/03/02 02:14:43 ID:Rm0q+Xxg
− 箱 −

サミシイ
     と
       いうことば
             を

抱え込むしか
        できない日がある

説明臭くなる感情に
            毒されているのはどこ?

抑えこんだ
       気持ち
           空回り
               欠けていく

         忘れちゃったのは なに ?
疑問符のさきは どこ ?

好きでいて いいですか ?
     何度繰り返したか分からない気持ち

忘れ物をしたままで
 気持ちをただ持て余すしかない
  伝えられなかった言葉は
   手の平サイズの入れ物に隠す

16 :青の羊 ◆pNGtbbWniA :05/03/02 03:55:23 ID:ZVWMEHwl

夕暮れが遠のいて
日陰の氷が解けるように
長く虚が占めていた場所に
言葉たちが帰ってきて
なによりもそれらを紡ぐ見知らぬ人々が集まって
おめでとう と
ありがとう が飛び交う

込み入った柵から解き放たれる代償に
分かり合えぬ煩わしさを伴うとしても
今夜もまた
誰かの願いが綴られて
叶います様に と
見知らぬ誰かが共に指を組んでくれている

そんな独りよがりな期待への「ありがとう」 は
決して誰にも伝わる事はないのだけれど
願いが充満しているこんな場所でならと
つい口をついてしまった


>霧都さん
お久しぶりです。おめでとうございますー。



17 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :05/03/03 03:48:43 ID:SlGs5t0h
>>16 青の羊さん
お久し振りです。お互い健勝で何より。
素敵な詩を(そうして祝いの言葉を)ありがとうございます。
ゆらゆらと、マイペースで参りたく……。
お気が向きましたら、今後ともよろしくお付き合いください。


− 夜往く羊 −

星屑の一片ごとに
青い炎がゆらりとこぼれ
願い事3回、至福の灯火
君を静かに染める

ゆったりと進む背に
柔らかな言葉
高く差しのべる両手に
降り積もる光

すべるようにゆく人を
見守る眸に宿る ぬくもり
遠くから 近くから 傾ける心

どこか確かな強さを持っている
君の本当が青に溶けて僕らを包む

はにかむように夜を往く
優しい一匹の羊 てんてんと足跡
たどるように 踏み壊さぬように
そっと見ていたい そんな僕ら

18 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :05/03/03 03:57:05 ID:SlGs5t0h
− 蓋を開ければ −

定義できないコマというのがあって
それは勝手気ままにくるくると回り続ける

あんまり目で追えば痛々しいし
かといって目を逸らせば危なっかしいし

ほど良い距離というのを計りかねて
おろおろと行きつ戻りつしている

今日はどこへ向かうのか
当のコマですら知らないんだから
始末に負えないことはないわけで

ああ、大抵はそう、みんなそれを
「感情」って言葉でくくってるらしいけれど
この不安定さは面白いようで頂けない時もあり
結局やみつきという言葉がぴったりなんだ

で、そこで持て余してるコマ
ほらほら、変なところ向かい始めてるから
気をつけないと危ないよぉ?
あー、行っちゃった

あの人も「やみつき」の口なんだろうな
私と一緒で さ

19 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :05/03/04 02:10:24 ID:GQKlKa+P
んー。
結局探しきれなかったなぁ。ちょっと悔しい。でもまあ、いつかそのうち(笑


彷徨う
徘徊する
彷徨く

何やら胡乱な言葉たち

要するに
散歩してるだけなんだけれど、な

20 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :05/03/04 05:12:57 ID:GQKlKa+P
− 変わったり変わらなかったり −

別に空気人形でもないというのに
何かの折りにとても空っぽな気持ちになる

そういう時に何か詰め込めればいいのだけれど
そういう時は何も入っていかないんだ

空っぽな日はぼんやりと空を見る
そうして空の大きさに自分を溶かして微笑みを拾う

通り抜けていく風が
例えば空っぽな私の中で留まったら
もう少しは前向きに進んで行けるだろうか

怖いものは怖いままなんだと……しても

21 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :05/03/05 01:43:34 ID:WBHQfS4R
− まほろ −

益体もない出来事に
翻弄されているのは

言葉なのでしょうか
思考なのでしょうか

私を追いつめていくのは
一体なんだというのでしょうか

問いと答えを繰り返して
鏡ごしの空を見上げる

鈍色はまだまだ晴れそうもない

22 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :05/03/06 05:52:02 ID:s3HLoY//
− 某スレ命題に沿い今日の気分 −

憤りとかシガラミとか
溶けない鎖に囚われるから
一抹の夕日を時に禍々しく
焦りから放浪する等身大の蝋燭
こだまによぎる絶叫のライバル
つがいは動揺明日のルール
こめかみのかさぶた心臓のみみず腫れ
愛情のもつれとか優雅な貴公子の靴
動詞は邁進して改心の傷芥

23 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :05/03/06 06:10:31 ID:s3HLoY//
         − 早い春のヒトコマ −


      人の負が粘液をまとって見える時
    私は水かといえばそんな綺麗事ではなく

  だからといって、粘液たちの蠢く様には吐息が漏れ
かといって、具体的なことをして歩くには私は汚れすぎている

             桜の花
            眠れぬ夜
           うたかたの雪
      頬を染めるように感情がゆれる

   心惹かれるものたちが溢れるこの世界で
     何故にこうして粘性を高めてるのか

       見るたびに私は首を傾げる

24 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :05/03/07 01:43:10 ID:JQZQyGud

消えていく人の面影を
作り事とは知っていながら
悲しく、切なく思う

私も又彼の仲間として
あの場にいた、一人のような

そんな錯覚に痛む

25 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :05/03/07 02:20:54 ID:JQZQyGud
− 遣りきれない瞬間 −

ぼくらがかかえているまぼろしのおもさ
ぼくらがかかえられないげんじつのかるさ

かいりのさはどのくらいあるのか
さいぼうのねつりょうはどのくらいあるのか
はくいきのしろさはゆめにまぎれるだろうか

きらくになどいきられず
せきにんなどもてるはずもなく

それでも
あふれていくかんじょうのわだち
ゆがんでいくりせいのりんかく

さまようしせんのむこうがわにみる
ひとのかげのうすさとあつさに

ほらまたいきさきをみうしなう

26 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :05/03/08 00:18:20 ID:VhWRgsE0
− 痛点集中 −

じわじわしみ出してくる悪意たち
私は距離の取り方が分からない

少しだけ疲れた

彼らは疲れないのだろうか?
楽しんでいる人も明らかにいて
その心持ちとて理解できないのだけれど

こんな気持ちすら
綺麗事と切り捨てられて
私は黙って言葉を飲み込む

こみあげて くるのは これは
嘔吐なのか 嗚咽なのか

吐き出す先も
分からないから

ただ真っ直ぐと痛い

27 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :05/03/08 00:23:53 ID:VhWRgsE0

余りに一方的すぎて
言葉に詰まるばかり

「そんなにすべてを壊したい?」

こんな世界で
そこまでのことをされたからと
そのうえをいくことをして
そうしてまた見えないものをだめにして

誰が痛々しいのやら
何が痛々しいのやら

分けもわからなくなってきている

28 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :05/03/08 02:07:22 ID:VhWRgsE0

神さま 助けてください
私はそんなに強くないのです

なのに泣きたいときに涙すら出ない

この悲しさをどうしたらいいのでしょうか
この苦しさはどうしたらいいのでしょうか

助けて欲しいと思うことすら
神さま あなたは傲慢だと仰いますか?

小さく少しずつならば
日々をやりすごすこともできます

だけど一度にたくさんは重すぎて
私はもう息が切れそうです

ほんの少しでいい
私らしく私のままに辛いと涙を流したい
泣き方を忘れた私はそれすら叶わない

29 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :05/03/09 04:48:55 ID:AiQvlPLl
意外とおちないのかもしれない。
でも、油断すると何があるか分からない。
ので、書き込みに来た。
一応30レスの定説を信じよう。
そうして、確実に30kbになる日を待ちわびよう。
今のところ、29レス目。14kb
スレ位置は161。
全部で何スレあるんだかは、忘れた。700ちょっとだった筈。

30 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :05/03/09 04:58:26 ID:AiQvlPLl
− 過去の訪い −

「 どう、しよう…かな… 」
最初に頭の中を過ぎったのはそんな言葉

別に揺らぐとか揺らがないとか
そういう意味での躊躇いではなくて

今更、その人に何を言うべきか
今更、その人と何を話すべきか

そんなことを思ってただ
ふいに言葉が過ぎっただけだ

( …この場合は思考が途切れたのだと言うべきか… )

受け取ったメール開いたまま
返信の言葉を幾通りも試行する
だけどそこには空白ばかりで
何を返せばいいのか分からない

あの人に相談するのは筋違いで
これは私がけじめをつける問題
だけど空白キーが連なったまま
白紙の返信メールは宙を舞う

31 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :05/03/09 05:01:59 ID:AiQvlPLl
− 早春便 −

春は人恋しいものですか?
続けざまに来るメールたち
懐かしくてちょっと嬉しい誰かもいれば
なんと答えればいいか分からぬ人も居て

世間話に終始すればいいものを
つい余計な一言を書いてしまったり
浮かばぬ言葉に頭を抱えたり

「 私はこんなに頼り無い女だったろうか? 」

自嘲の笑みは意味をなさぬまま
春の便りが幾通も舞い込む
なんとまあ、賑々しいことだろうか

32 :黒い猫の目 ◆sbeGYb7ycc :05/03/09 10:05:53 ID:6oU/pEAN
ちなみに現在全764スレッドありんす。

33 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :05/03/10 02:02:52 ID:WCiX6r4y
余りに溜め込みすぎたログを、ちょっくら整理しました。
で、うっかりこのスレにチェックいれるの忘れていたもんだから、
クッキーから何から、ばっさり消えてちょっと焦りました。
まあ、こうして書き込めて、なんの問題も無かったんですけどねぇw


>>32 黒い猫の目さん
おー。わざわざありがとうございますー。そんなにあるんですかぁ。
それだけのスレ一つ一つになんらかの形で人の「思い」が篭もってるわけで……。
なんだか凄いですねー。感慨深いなぁ。

34 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :05/03/10 03:44:47 ID:WCiX6r4y

一日、二日、三日
こうして時間が過ぎていって
余計に気持ちや話をややこしくしてしまうのだろう

そんな自分が目に見えるので
どうしたものか、今日も溜め息をつく

35 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :05/03/11 02:27:25 ID:kwtG+ieS
− 結果を知らぬ間の怠惰 −

「ろくでなし」の評価を受けるんだろうな
とりあえず、やるべきことをやったいま、私はそうひとりごちてる

あちこち零れるように不義理やらなにかに満ちていて
どちらかというとばらまいているという言葉の方が妥当で

そんな私でもそんな私だからそんな私故に
私なんてどうでもいいけどどうでもよくなくてと自己満足の呪文

「カラミティ」混じりの通り道が過去の道標や骸で埋まっていて
ということはこれから同じだけの量のそれらを生産するのだと分かり

抹消ボタンとかそういうものの存在を探しあぐね
停止ボタンや制止ボタンの在処を捜索しつくし

自分に何度「変換不能」のレッテルを貼れば気が済むのか
無駄なことは無駄なのだと言われる程に抗いたくて
無駄じゃないのだからガンバレと励まされる程に怠惰が襲い
「ろくでなし度合い」を深める日々はいつ果てるのだろうかと

ようするにどれほど誤魔化したところで根底は変わらない
私というのはそういうものなんだろうと、嘯く術だけが唯一の慰めなのだ

36 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :05/03/12 03:43:34 ID:LoYhnt2h

嬉しいと悲しい
一度に襲ってくるたびに
どこかに逃げ出したくなってしまう

逃げ場所なんてどこにもないから
扉を閉めて痛みを欲してしまう

この悪循環を止められない

どこかで見たような景色
どこかで見たような誰か
どこかで感じたような疼痛

いちどきに押し寄せる
正と負の贈り物

悲鳴は喉の奥で足踏みをする

37 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :05/03/12 06:17:50 ID:LoYhnt2h

− 歪曲と逡巡 −


嬉しい言葉を一杯貰ってる
だけど同じだけ悲しい言葉も貰ってる
私がまっすぐじゃないからそう思うだけなのに
まるであなたが悪いみたいな気持ちになる

責任転嫁したって意味はない
私の歪みも弱さも私の責任
あなたがくれる優しさに
いつまでもよりかかってはいられない


降り積む雪に埋まって消えたいと
そればかり思っていた頃を思い出す

今が途切れたあと
私はどこへ向かえばいいんだろうか

光が翳るたびに闇に蝕まれる弱さ
空が暮れるたびに月明かり見失う脆さ


「あなたが消えたいなら消えていい」
告げられない言葉は渦を巻く
悲しい言葉よりも大きい優しい言葉に依存して
我が儘ばかりを今日も並べる

38 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :05/03/13 00:19:42 ID:zkXm6urd

日付が変わって
うだうだどろどろ
私の脳が溶けていく
お酒が欲しい

39 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :05/03/13 07:10:23 ID:zkXm6urd

ごめんねを繰り返してばかりだ
私がいけないのにあの人が落ちこんでるかもしれない
ごめんねってあと何回言うのか
繰り返して繰り返してどのくらい繰り返したら
あの人も私も一緒にちゃんと笑えるんだろう

40 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :05/03/14 03:44:31 ID:Q0ejpx3k

キャラメル。美味そうだった。
だけど確かにあれは高いと思う。

41 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :05/03/16 08:24:13 ID:tq+09l7i

誰か
つっかえてる塊
どこから墜ちてきたか
知りませんか?

地の底に沈みそうな
この重みに負けない方法
知りませんか?

訊ねて歩いても
「ガンバレ、負けるな」と励まされ
ありがとうと笑うしかない

「頑張らなくていいよ」と言われても
逃げてるだけの気がして
自分への嫌悪ばかり高まる

心臓をぐるりと覆うように
いつの間にか存在感を増した
正体不明の塊

どこかに捨てられたらいいのに

42 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :05/03/19 07:38:47 ID:mpexA+aF
− 時 差 −

タイムスタンプは
三日分の空白を謳う

決して高らかではない主張に
自分の中を省みて
消えた絶望感に安堵する

どこに行ったのか
どこへ落としたのか

這い上がった現状では
特に何も差し障りなく

ただ 不在の三日間が刻んだ
風景の変化に
少々戸惑う自分が居て

めまぐるしさにしばし酔う


おやすみなさい。

43 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/03/26(土) 02:27:21 ID:Ifgc9oPZ
− エール一筆 −

なぜにあそこまでこだわりあそこまでまとわりつきあそこまでくいちらかそうと
なぜにかれはいやかのじょはすがたのみえないだれかは躍起になっているのか

僕も君も私も貴女も貴方も貴男もあの人もあの誰かもみんな
袖擂り合って生まれた縁の関わり合いだというのに

そこまでなぜにそれゆえなぜになにがなくてもと勢いづいて
あそこまでの「憎」と「悪」を放てるのかと不思議でならず

「不思議」を「不思議」だと食い下がったところで恐らく「黙れ!」と一喝され
私の言葉とか存在とか断片とかそういうものたちは
傍観者らしく何もできぬまま隅っこに追いやられてしまうのだろう

だから、そう 追いつめられるあの人に直に言えぬ言葉を
「負けるな、負けては駄目だ」という芯のある言葉を
繰り返し繰り返し胸の奥で呟いて文字を綴る

きっかけも発端も当の昔に彼方へ消えたというのに
有象無象だけが今もこだわり何かをひきずり無駄に足掻いている

それだけのことなのだから

ねえ……?どうぞ、負けないでください。
私の言葉など届かないかもしれないけれど。
どうかあなた、ねえ、そこの今立ち止まったあなた。

「 ま け な い で く だ さ い 」

44 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/03/28(月) 02:38:46 ID:0FMnzjnr

「安定」してしまった 私の言葉に
足りない もの ひとつ
たった ひとつ なのに
大きく大きくのしかかる それ は

切実さ

吐露する感情や
持て余す痛み
抱え込む余韻

もっとずっと強く
外に向かう筈の
向かっていた筈の

あの切実さが いつの間にか 消えている

今の私に足りない「何か」は一体なんだろう
あの頃の私が確かに掴んでいた筈の「何か」

この胸の奥で渦巻くものを
描き出すための一番大切なもの

今の私には それが、まったく足りない

誇張ではなく内側は何も変わっていない
そう断言できるのに

私の描く言葉の中には今「切実さ」が足りない

45 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/03/28(月) 02:45:05 ID:0FMnzjnr

ああ
『感嘆詞無しでは語れない』
まさにその、その言葉通りですね

なんていろんなものが
このちっぽけな世界から
墜ちて消えていったのだろう

僕は古い古い人に育てられた
古い古い断片細工の人間擬きですから
思わず知らず呟いてしまうのです
「勿体ない」

ああ
感嘆詞含みで僕は
何度も何度も呟きましょう
「勿体ない、勿体ない、勿体ない」

本当になんてなんてなんて
感嘆詞を抜くと勿体ないをとると
出てくる言葉はひとつです

さみしい

46 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/04/02(土) 06:50:14 ID:e2SZYu6X
……皇紀って。...?;・・)?ナニ?
浦島花子だ……orz...

47 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/04/06(水) 07:51:20 ID:7HjVYrd6

脳の中では朝から晩までぐわんぐわんと鐘が鳴ります
脳の中では止めようもなくぐわんぐわんと世界は揺れます

痛い痛い痛い痛い
呟いても鐘は鳴りやまず仕方なし仕方なし騙しだましのマッサージ

脳の中ではぐわんぐわんと鐘が鳴ります鐘が揺れます

私の脳の回線ひとつぷっつり絶ちたい衝動募らせ
ぐわんぐわんと鐘ひとつ ぐわんぐわんと鳴って揺れます


まあ要するに頭が痛いのです。
壊れた詩なんてこの程度ですね。
冒険は出来ないたちなのです。
そんなわけで、頭痛以外は元気です(笑

48 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/04/13(水) 04:32:02 ID:Y/H7d/wm
こないだ、書き込みしようとしたら、公開プロキシにひっかかりました。
解除の手続きとかしてるうちに眠くなって、寝てしまったのです。
面倒くさいけど、仕方ないよねぇ、と。

( ´−`)oO(ま、回線を一旦切れば本当は済むんだけどさ)
( ´−`)oO(それやるのもちょっと身勝手かなと思う日もあるのです)
( ´−`)oO(えーと、思わない、思えない日もあります。ごめんなさい)

49 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/04/13(水) 04:35:26 ID:Y/H7d/wm
− 流 想 −


あなたはあなただろうか?
あなたであって欲しいと
幾ばくかの足取りを見て
私は 切実に思う


あなたが手にしている色は決して汚れてなどいない
だから遠慮無くそのカンバスに幾多の色を塗るべきで
白いだけの「無」に心を許す必要などない


あなたに惹かれている
あなたの言葉に惹かれている
あなたが描く求める背負う

とりどりの色に世界に歌に
私はそう、惹かれずにはいられない


有耶無耶に生きるこの世界で
漫然と袖を絡めるだけの私たちだが

それでも私はあなたに惹かれていて
そうして私はあなたの色をもっともっと見たいと思う



50 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/04/13(水) 04:37:00 ID:Y/H7d/wm

あなたという存在を形作る枠
そのなかに 蠢く 沸き立つ 奮い立つ 時に打ち拉がれる
そんな思いたちを幾多の空間や隙間や衝立をもって整理する

いいではないか、それで
その形にこそ明日はきっとくるのだと 私は信じる


空は白む 明けぬ夜も 開けぬ世もない
ゆぅるりとその縁から絵筆もて這い上がる日を待てばいい

私も待っている 催促 などではなく ただ
当たり前の日常というかたちで 私はあなたを待っている

惹かれて止まぬあなたの言葉と存在をこうして
日々のんびりと歌いながら私は待っていよう



                                          親愛なる某所某氏へ捧ぐ

51 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/04/13(水) 04:49:51 ID:Y/H7d/wm
− 罪 処 −

焦がれることの     罪悪

雪のうえに ぽつぽつと 雨粒が穿つ いくつもの穴

逆上せたように まといつき ゆれる 夜の この 持て余す静寂

幾重にも幾重にも取り巻いて 私を揺らし続けている 恋情

君は 夢で私ではない誰かを 今日も 抱いている

時間と 愛と 土台を培ったその 誰かを 今日も抱きしめている

愛おしく 切なく 悲しく そうして まみれている 灰色の罪

どこまでも中途半端な 在り方を 隠して 微笑み

到底 根っこでは分かって貰えぬだろう 思いを 抱いて

罪に紛れた 恋慕の 在処も宛先も ないのだと 言い聞かせ

朝陽に 溶けるように 眠りに 溶けていく 私の思考と身体

君への思いだけ 取り残し 漂わせ 微熱混じりの 息を零す

52 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/04/13(水) 04:52:17 ID:Y/H7d/wm
(独 白)






























それでもやっぱり私はあなたが好きだ。

53 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/04/15(金) 03:01:14 ID:jgSeSHY4
− 封じる言葉 −


  どうせ
  わかってなど
  もらえない


この「どうせ」というのは
長きにわたり私が封印していた言葉だ


投げやりなら 態度をもって
諦観なら 表情にとどめ
決して言霊の魔術を発動しないように

繰り返し戒めて封じた
そんな業罪の言葉


  これはこの言葉は敗北に満ちているから


気を緩めればこぼれそうになる
「どうせ」という言葉をあといくたび
私は胸に積み重ねるだろうか



54 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/04/15(金) 03:01:24 ID:jgSeSHY4

    「どうせ、こんなところ見ていない」


あの人の日々のなかで、私はなんてちっぽけだろう
あの人の日常のなかで、私はなんて曖昧だろう


それでもいいのだと
言い切ったあの瞬間もまた
結局は幻の延長線

サミシイと寂しいのだと淋しいよと
あの人を思いながら抱く感情も
結局は幻と罪とで満ちた戯言


すれちがうたび
脆くなっていくことを自覚して


 残された僅かな時間のもと
 いったいいくつの言葉と感情を
 胸の奥に封じ込めるのか


きりのない夜

55 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/04/30(土) 17:39:12 ID:FUIwGeTz

『 春の空 』

 白くて薄くて綺麗なのかどうか
 時々分からない色を見せる
 風の暖かさが無ければ
 時々「今」がいつのなのか
 忘れてしまうくらいに
 存在感の薄い薄い水色が
 頭の上一面に広がっている


56 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/04/30(土) 17:41:19 ID:FUIwGeTz

『 ループ 』

 頭の中がくどいから
 言葉の殻もくどくなる
 同じ場所を繰り返し
 回ってるだけのコマネズミ
 

57 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/04/30(土) 17:43:33 ID:FUIwGeTz

『 泥 』

 ふんずけてとびこえてはまって
 それが楽しかった筈なのに
 大きく大きく遠回りして
 汚れないように歩く今
 大人って退屈な生き物だ


58 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/04/30(土) 17:46:26 ID:FUIwGeTz

『 信 』

 人の言葉の裏と表
 二つが寄り添う不思議な字
 感情のシーソーが
 すぐさまバラバラにしてしまう
 脆い脆い思い

59 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/04/30(土) 17:48:30 ID:FUIwGeTz
えーと。

なんとなく、短詩ブームな私です。
詩板デビュー時を思い出します。
あの頃も短い詩を書きまくっていました。
カワラナイのは今も昔も「下手」なことだけ(苦笑

『成長の跡が見られません』
通信簿があればそう備考欄に書かれるような
相変わらずの私なのです

60 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/05/01(日) 04:51:47 ID:YxJUcGQX

『 悲 』

 幸せな夜だったけれど
 同じだけ悲しい現実が見えて
 何度も繰り返した絶望を
 言葉のはしばしに拾ってしまう

 「私」を変えられないから
 きっとこんなに痛むのだろう

 いろんなものが

61 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/05/01(日) 04:53:49 ID:YxJUcGQX

『 シーソー 』

 「逢」と「会」の重み
 左右に置き比べて
 君との間に横たわる
 埋まらない距離を測る

62 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/05/01(日) 05:00:54 ID:YxJUcGQX

『 夢 』

 ああ、そういえば
 最近は見なくなったよ

 いろいろ忙しくて
 たまにここに来るけど
 そこまでではなくて

 だっていま
 違う夢で手一杯
 叶うどうか分からぬまま

 振り回されるので手一杯

 だからって
 気に掛けていないわけじゃない
 気に掛け方が変わっただけだ

 見つけたらきっとすごく嬉しいよ

63 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/05/01(日) 05:06:56 ID:YxJUcGQX

『 未来 』

 お終いを決める方法が分かった
 期せずして君が教えてくれた
 いざとなったらそれを行使する
 そう思ったら気が軽くなった

 だからこそ
 未来を見ようと決めることができた

 未消化の過去は沢山あるけれど
 「私の人生」というラベルがついた
 未知の物体と付き合ってみようと
 思うきっかけを君がくれたことに変わりない

64 :糞猫◇ ◆OkusoCATRg :2005/05/02(月) 00:52:52 ID:+u+zNOyn
>>59
そんなこと無いと思うけど。
オレなんて
最近じゃ詩すら書けなくなったorz

65 :うたた寝死人 ◆utatasFSi. :2005/05/02(月) 07:18:27 ID:F6Hnbq2x
>>59
懐かしいですねぇ。
もう4年くらいになってしまうのでしょうか。
共感詩に託される情の色と強さは相も変わらずで羨ましきです。

思えば直感スレの、あの刹那的なキレ味と、短い詩スレの、絵画のような切り取られた世界、
そして他スレでの、奥行きと時間とが存在するいわばフルコースとしての挑戦。
それぞれに難しさと面白さがあって、本当に楽しい日々でした。
今はあの当時以上に動機が不明瞭で、
書き始めた文字列達にまとめと終わりを与えてやることが出来ないでいます。

66 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/05/07(土) 01:37:53 ID:6SOJoUoR
こんばんは。

>>64 糞猫さん
また、名前が戻ってますね。昔に(苦笑

ありがとうございます。
だけど、書かれる数が減った分、あなたの詩ははっとさせられ度合いが強くなってます。
あの詩の最終連に、ちょっと(かなり)やられちゃいました。

あなたの感性は、量産型の私なんかずっとよりすごいものだと思ってます。


>>65 うたた寝さん
もうそんなになりますかね。なんだか全然嘘みたいですねー。

情の色と強さ……ね。ありがとうです。
正直、そこらがなくなったら、私、本当にただのへぼ詩書きになってしまふかも(汗

くだらない横やりが入っても、それを取り込みながら「あなたらしさ」を決して捨てなかった。
そんなあなただから、書けるものが、間違いなくあると思う。
だからそんなふうにへばったりしないでください。
あなたの新作が出来上がるたび、変わらず胸を躍らせて読む私が、確かにここに居ます。


あー。糞猫さんも、うたた寝さんも、私も、詩板同期なんですよねーw
なんか、不思議な感じ。作風全然違う3人が、ここでこうやって言葉を交わしてる。
当たり前な反面、すごいこと、そう思うと自然と笑顔になっちゃうなぁ。

67 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/05/07(土) 01:40:07 ID:6SOJoUoR
うっわー。なんか日本語がヤヴァイー。

私なんかずっとより → 私なんかよりずっと


まだ、他にもあったらごめんしてください(謝

68 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/05/07(土) 01:42:22 ID:6SOJoUoR

『 空間のあるもの 』

箱、袋、空っぽのロッカー
そういう隙間にちまりと収まる
自分を想像して笑う

そこには私が作った居場所があるから
だから、笑う

69 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/05/07(土) 01:44:31 ID:6SOJoUoR

『 鈍の日 』

空が重い日は少しだけ
地面を見てすごす

泣いたって泣かなくたっていい
どっちでもいいんだと言って

空から 目を逸らす

70 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/05/07(土) 01:47:07 ID:6SOJoUoR

『 糸くず 』

途切れた縁(えにし)は
蝶結びにしても解けてしまう

「 思い切って捨てて 」

囁く声を無視して
糸くずになった過去を
後生大事に持ち歩く

未練がましいお守り

71 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/05/07(土) 01:49:27 ID:6SOJoUoR

『 嘘つき 』

伸縮自在の心なら
傷ついたときだけ縮めてしまえば
痛みも小さくなるかもしれない

それはでもただの夢幻でしかない

どんだけ小さくして誤魔化しても
痛いものは痛い とても

72 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/05/07(土) 01:54:34 ID:6SOJoUoR

久しぶりに、好きな詩人さん、二人、お見かけしました。
元気そうで良かった。またあえて良かった。

声はかけなかったけれど、かけられなかったけれど。
もしもここに気付いてくらたら嬉しいなと、そう思って。
ただここで、一言だけ呟くことを許して欲しい。

私は、あなたたちのことをいつだって覚えている。
私は、あなたたちのことを今もとても大好きだ。

私たちはそれぞれに不器用だけど。
たぶん、青空の下を笑って通り過ぎたって、バチは当たらない。

73 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/05/07(土) 02:38:12 ID:6SOJoUoR

『 せんりつ 』

みなのなかで浮く
あくたのような存在を
風や水の中にまぶし
世界を汚しているような

そんな錯覚もまた

行き交う
「 せんりつ 」たちの
一端でしかないのです

74 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/05/07(土) 02:44:39 ID:6SOJoUoR
to ノテ様
大丈夫。ゆっくり行きましょう。

『 証明書 』

道なりにそっていく日と
そうじゃない日の間には
そんなに大きな違いはない

振り返ったらちゃんと
足跡が続いてる

誰にも貰えない
僕らだけの証明書

75 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/05/07(土) 02:46:46 ID:6SOJoUoR

 『 いばら 』

ひゃっぺん すき と言うよりも
いっぺん きらい と言う方が

記憶に残ってしまうもの

言葉の刃物は痛々しくて
心の棘を厚くする

76 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/05/07(土) 02:49:20 ID:6SOJoUoR

 『 称 賛 』

「上手だな」という言葉は
羨ましいと悔しいの
ちょうど間で揺れている

「好きだな」という方が
たぶん、優しくお互いに届く

77 :うたた寝死人 ◆utatasFSi. :2005/05/07(土) 02:59:41 ID:rIr8NX1Y

|@y、、

78 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/05/08(日) 03:06:27 ID:LHaMqnR4
>>77
かわゆい。(*‥*)

79 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/05/08(日) 03:11:24 ID:LHaMqnR4

『 鉛 』

のど元に
つかえている
重い 重い塊

飲み込むことができず
ただもう
負荷ばかり増えてしまう

姿が見えないということの弊害

80 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/05/08(日) 03:14:30 ID:LHaMqnR4

『 鈍 痛 』

反省 反省 反省 繰り返し繰り返し反省
欲しいのは笑顔だというのに
ごめんなさい ごめんなさい ごめんなさい

次こそはもっとたくさん
あなたの笑顔を作りたいのです

81 :是空 ◆kagiJeH2ao :2005/05/08(日) 22:10:25 ID:qnRpjEv9
良かった・・・
もう居なくなっちゃったのかと思いましたよぅ

遅くなりましたが二冊目おめでとうです

82 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/05/11(水) 04:54:05 ID:XW2MoAfG
>>81 是空さん
お久し振り。うん、大丈夫。ここにいます。
なんだかね、宣伝しちゃうのはよろしくないなぁと思って。
受け身の私でいました。心配かけてごめん。
二冊目です。ありがとう。ごれからもどうぞよろしく。

あなたのとこの390を読んで「ああ、是空さん、上手くなったなぁ」と思いました。
私、あんまり成長してないから、羨ましいです。
(こういうネガなこというとまた叱られるかな。いいか、その人きっとここ見てないしw)

でも、1個だけ。あんまり「・・・」は使わない方がいいと思います。
『デザインとして』なら私もよくやるんで何も言えないです。
『言葉を濁したい』だけなら、敢えて使わない方がいいかもです。
お節介なアドバイス。気に障ったらスルーしてね?

さてさて。ご迷惑でなければ、どうかこれからもヨロシク( ゜ー゜)/゜*゛:¨*;.・';゛:..・☆

83 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/05/11(水) 04:58:38 ID:XW2MoAfG

 『ヤマナシ ヲチナシ イミナシ のうた』

ドラゴン、ライティングデスクを買って貰う
入学祝いではなく 退学祝いの大きな机

ドラゴン、どこまでもどこまでも飛ぶ
ライティングデスク抱えて空を飛ぶ

明日のご飯は何にしよう


※タイトル、読んで字の如く。私は『腐』だけどあっちとは関係ないよw

84 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/05/11(水) 05:09:02 ID:XW2MoAfG
 『 上 』

好きな場所が増えるってことは
空が青くて楽しいとか そういうのと
同じくらいにまぁ素敵なことだ

勿論
楽しいときに雨が降ってたり
楽しくないのに快晴だったり
そんなのは日常茶飯事当たり前

それでもやっぱり
「好き」が増えることって良いのです
誰かさんが言ってたとおり
それがなんだって『いいこと』なのです

なんて上向きな私でしょうか

85 :霧都@携帯:2005/05/11(水) 05:34:12 ID:tN0iCer1
んー連投規制に阻まれたよ(泣


>ノテさま
大丈夫。うん。
ほめて貰って嬉しいの。
だけどほめられなれてないのです。
だからすごく恥ずかしくて…(苦笑
素直にありがとうがいえなかったのです。
ごめんね。
気持ちも言葉もきちんと私にも染みてます。
ありがとう!

86 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/05/11(水) 05:38:01 ID:XW2MoAfG
連投規制からの脱出!(爆

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

http://book3.2ch.net/test/read.cgi/poem/959923207/
296 名前:霧都 ◆SNOW/oy/Uw 投稿日:2005/05/11(水) 05:35:02 ID:XW2MoAfG

 『 春・天気雨 』

狐の嫁入りがあって
青空が泣くような日

その雫の冷たさに驚きながら
見上げた空のむこうがわに
いつかかかってた虹の橋

思いだして 焦がれる



深い深い場所にある透明な空……ですね、ここ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

お空に書き込みがなくては、なんだか淋しいわけで……
気付いた人、思いついた人、思いだした人、レッツ空!(チガ

他スレを宣伝するのはありだよね?w

87 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/05/11(水) 05:41:58 ID:XW2MoAfG

なんで、こんなにハイテンションなんだろう……orz...
あとから来る反動が怖いよー。


宣伝はやっぱり良くないのかな。
個人スレじゃないからいいかと思ったけど……。
不快に思った人がいたら、本当にごめんなさい。

「テスト」じゃなくて。空が空で埋まるのを、見たくなっただけなんです。


寝ます。オヤスミナサイ。
オハヨウ。みんなみんな、イッテラッシャイ。

88 :うたた寝死人 ◆utatasFSi. :2005/05/11(水) 10:58:39 ID:2hM9Fzuh
同じところを見ていたんだなぁと一寸嬉しくなりました。
空、もう少しで海底に額づきますね。
ある意味ファンタジー。
ああ、無事に着地してくれないかなぁと儚い望みをかけています。




ふふ、潜水艦が空のはるか上で漂っています。

89 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/05/23(月) 05:23:02 ID:OW+CXUkZ
>>88 うたたさん
あそこは、いろいろ思い出深い場所なので、たぶん2になっても3になっても
(何年後?!w)ずっと、見守って、時々書き込んでいくだろうと思います。

今はいい具合にちゃんと詩が載っていて、在る程度の上空にあって、なかなか
空らしい趣を取り戻してくれましたね。良かった良かった。

だけど心のどこかでは着地する可能性も捨てきれなかったと思っていたり。
「テスト」と続くことを思えば、これは全然我が儘な気持ちなんだけれど♪

新しい仕事場は慣れましたか?前のところと空の色は違うかしら?
暑いのか寒いのか、それすら行ったこと無い場所だから想像するしかないけれど
楽しく仕事できて、楽しく空なんか見上げられる日々が送れるといいよね。


『 夢結び 』

それぞれが立っている地面は
海や山で隔てられているのに

同じ言葉を使って思いを伝え
同じ視線のベクトルをどこかに向け

近しさと遠さを噛み締めながら
空色の夏にまたいっぽ

舞い落ちた春の花びら 名残の苦みと甘み
「距離」の魔力をふふっと笑ってみる

ただただこの空気を共有する
大きな夢の中にある可愛らしい断片

90 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/05/23(月) 05:31:27 ID:OW+CXUkZ

 『 キルト未満 』

あなたに伝えたいことが数え切れないくらいある のに
わたしが伝えられるのはたどたどしい切れ端 ばかり

呆れられることも嫌われることも見捨てられることも
恐怖の発端なのか結果なのか分からぬまま私を追いつめる

愛しいと思ってはいけませんか?
友と愛の差はいかほどなのでしょうか?

言葉の迷路にはまっているのは何も私ばかりではなくて
思いの深みにはまっているのだって私ばかりではなくて

ただもうただもうするするとすりぬけていく「本当」が
あなたに届けたい筈の精一杯の「本当」が
きちんと形にはならず言葉にもならずあなたの胸に響かず   届かず

不甲斐なく歯がゆく地団駄を踏みつけてもやもやと悲しくて
ただでさえ届かないひとだというのにすれ違うばかりで
唯一本当に近しい筈のこの「言葉」をもってしてさえすれ違うので

次をあてたり歯切れを足したりと忙しなく見苦しく
パッチワーク細工の真似事に勤しむ時間がなんて多いのだろう

91 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/05/23(月) 05:33:01 ID:OW+CXUkZ
あ・・・次→継ぎ

92 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/05/23(月) 05:36:28 ID:OW+CXUkZ

 『 擬き 』

台風があってもいい
ゴキブリが出たっていい
花粉症にも負けないし
速い流れにだって堪えてみせる

雨と晴れとを比べたら晴れがずっと多いような
雪と雨とを比べたらまだ雨の方が当たり前のような
そういうあの場所に憧れて焦がれて夢をみて

そこで終わらぬ為の努力を探しにいきましょう、と

とりあえずこの
欲しがるばかりに甘えたがりの
身のうちの少女もどきを宥めすがしている この頃

93 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/05/25(水) 04:44:43 ID:dQKy36Fx
 『 HAPPY GIRL 』

過去形は百遍繰り返しても過去形にしかならないのに
過去形に不安を抱いて過去形で不安を連ねて
過去形の悪夢に彼女は溺れているんだろうか 今日も

そこがネックなんだね
今も昔もこれからも

真実を何度告げてもそれはきっと
超えられない大きな山になっていく

魔法は今日も健在
何を思われていてもいい
どう感じていてもいい

私は彼女が見られたから
一人勝手に幸せだ

私がどんなに幸せになっても
彼女は安寧を得てはくれないらしい

私は彼女の幸せを願う

94 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/05/25(水) 04:48:53 ID:dQKy36Fx

 『 透明風船 』

最近……随分人間らしくなったと思う
形態がじゃなくて感情が

浮いたり沈んだり昔より忙しい
浮いても沈んでも昔より現実的

ふわふわ夢のように
膜に覆われた透明風船の内側
漂っている感じがない

この頃の私は
多少人間らしくなったと思う

95 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/06/05(日) 06:27:37 ID:OJvo8uZE

『 無・変化 』

言わなきゃ良かったこととか
しなきゃ良かったこととか
そんなことばかり積み重ねて
今の私はここにいて
今も私は学ばない

大人になれば変われるなんて
いった誰かは嘘つきだ

96 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/06/05(日) 06:30:42 ID:OJvo8uZE

『 言えない言葉 』

好きすぎて
壊れるのがいやで
消えるのが苦しくて

だから言えない言葉もある
伝えられない事実もある

嘘つきだって分かってるから
私は私に棘をさす

気付いてください
気付かないでください

どっちにしても今のまま
このままずっといさせてください

この願いはわがまますぎて
いつか消えてしまうのを知っている

97 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/06/05(日) 06:32:22 ID:OJvo8uZE

 『 朝 』

抜けない熱は
アルコール飽和か
効きすぎた暖房の余熱か
あなたがくれる温かさのせいか

判然としないまま

ただふらふらと
私の恋を朝陽に翳す

98 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/06/05(日) 06:34:28 ID:OJvo8uZE

 『 繰り返し 』

アンビバレンツ百万回
堂々巡りも板に付き
好きだ好きだと言いながら
クールに見下ろす私(ヤツ)もいて
それでも今日もぐるぐると
回らぬ針を回してる

99 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/06/05(日) 06:36:31 ID:OJvo8uZE

 『 意識的思い込み 』

ハックル・ベリー・フィン
その名を聞く度に
新種の苺かと思います
今も昔も変わらずに
何故か苺と思います

甘いか酢いかは知りません


百は誰のもの?
 ↓

100 :名前はいらない:2005/06/05(日) 11:12:08 ID:8NsRREN4
                                       ___
                                   ///////\
                                   /////// ″ \
            ♪やねまでとんで〜         彡/////// ″    \
                                  /////// ″      .\
                               彡 /////// ″         \
    ∧_∧
   (; ・∀・)ハァハァ
   .( つ  つ
   人  Y
 (( し (_)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



              ♪こわれてきえた〜            从"、;从
                                     (( ; ;"; :、))  ドカーソ
                                   ((; ;.;")) ); ;";) )
        o   ∧_∧ アアン               ((; ;.;")) ); ;";) ) ;; .;))
     ⊂二´⌒ つ T∀T)つ              ((; ;.;"((; .;"));.;")) ; ;.;")) )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


101 :無名:2005/06/05(日) 15:53:57 ID:nKkNOCtC
しあわせにと言った言葉の裏に淡い呪詛
少しでも君の心に僕がひっかかっていられるなら
いつまでも僕は君の幸せを祈っていよう

102 :うたた寝死人 ◆utatasFSi. :2005/06/17(金) 03:39:37 ID:jiuiMUv8
[フロムアスパラステーション]
君は覚えているだろうか、
あの、アスパラステーションを。
4年前、僕と君とが初めて会った頃
僕の庭に建造されていた
あの、宇宙人基地だ。

毎年秋を過ぎ冬ともなれば縮小し倒壊もしたけれど
夏の練習を始めた太陽に感化されて 今は勢い良く
斜め前に広がる空を狙う。
(空母のデッキに引かれた白線だ!)

今日も先端という先端から件の宇宙人たちが飛び立つ。
勿論、君の窓にさ。
それぞれがオトシブミの揺りかごに似た、
僕の手紙を携えて。

あるものはひどく長い手紙を、
あるものはどうでもいいメモ紙を、
あるものは鼻歌の速記を。

届けたい想いも、
知られてはまずいことも、
一緒くたにして君を目指す彼らは
マンボウの卵と一緒で。
無事辿り着けるのはほんの僅か、
アマガエルに襲われ、車に轢かれ、
溝に落ちたり、捕獲されたり、
風に乗ったり、ささくれやさぐれたり
紆余曲折でほとんどが脱落、
異星の土に同化してしまう。
(僕の想いを綴った手紙も!)

103 :うたた寝死人 ◆utatasFSi. :2005/06/17(金) 03:40:39 ID:jiuiMUv8
それでも、君の前に現れる精鋭は(勲章でキラキラしている豆がそれだ!)
アスパラの踊りを踊りながら
僕の文字を置いて行くことだろう。
(さをちに置き間違えるのぐらいはどうか大目に見てやって欲しい。)

春の日差しと
ツバメの背中の匂いと温度の風


 パッパッ パピーヤ〜〜〜〜・・・・・・  ム〜〜〜〜〜!

シーツの皺の間に埋没しながらの
窓のサンから抜け出せないままの
アスパラ星人の交信。
遠くアスパラ星と、
庭のアスパラステーションと、
君の寝癖アンテナを結んで。

だから昼寝の際には思い出して。
見慣れない夢の11チャンネルでは
アスパラステーションが中継中。
ゲストは僕の庭のだんご虫とかだ。
今度の火曜日、僕の右足の小指が映るよ、
見逃さないようにしておくれよね。

この
比較的くだらない手紙を君が受け取ってしまっている後ろで
ほんの少し重い金字2文字が
枕カバーを滑り落ちていく

そして
ヨッコイセ ウワットト       ッワーーーーーーーーーーーー・・・            の宇宙人。

104 :霧都@携帯:2005/07/08(金) 16:36:50 ID:Z1mWSqZs
書き込みをしてくださった皆様ありがとうございます。

所用でしばらく身動きがとれません。
レスは復帰の折りに致します。

まだしばらくかかりそうな雲行きですので、ご挨拶に参りました。
ちゃんと帰って参ります。それまではゆるりと詩を綴っていって頂きたく思います。

皆様の夏が暑いながらもいのちやきれいな一瞬に満ちたものでありますように。
それでは…

携帯越しの長文は辛いです(泣

105 :Mana魔名:2005/07/16(土) 15:25:53 ID:91BPdmv1
願い事を石盤に刻み、その刃で手首を切る
いつまでもxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxであれ
綴る言葉は刺々しく 啜る唾液は粘ついて
リベラル装う思い込み すぐに消え失せた

106 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/08/13(土) 17:37:27 ID:FT9w/K6T
ただいま。

実は○○におりました(秘密w)。
まあ、無事に帰ってこれたので、よしとしましょう。

はっぴばすでぇつ〜み〜w
なんてことで、32歳です。
いい年して、何してるのかな、私ε- (´ー`*) フッ


あっ・・・Mana魔名さんだ。
今回は早かったですね、登場が。
感謝ですよー。


えーと、ごめん、カキコミしてくれた人へのレスはまたあとで。
携帯でしか見てなかったので、空間込みで味わって読みたいのですよ。

では|壁|彡サッ

107 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/09/02(金) 04:18:35 ID:TFXBr18k
>>100
……ごめ。
AA板って行かないんだけど、どういう設定?(汗
何はともあれ、100おめでとう。

>>101 無名さん
お久し振り。改名して、また名無しさんになってますよね。
元気にしてますか?最近スレにてお見かけしません。心配であると同時に淋しく思ってます。
散々留守にしていた私がいうのも「アレ」ですけどね(汗

>>102-103 うたた寝さん
懐かしいなぁ。アスパラたち。元気なんですねぇ。なんだか不思議な感じ。
随分時間がたって、私は相変わらずで、あなたは忙しくしていて……。
滑り落ちていった金字が気になる。すごく気になる。
……ごめん、今ね、久々にぼろぼろで、だけどあなたのこの詩を読み返したら
すごく嬉しくて仕方なくなった。本当にありがとう。

>>105 Mana魔名さん
困ったことに(いえ、困ってませんが)、あなたの名前が一発変換されます(苦笑
だから何ってことはないけれど、ええ、そのくらいに私はあなたが縦書き詩を置きに
来てくださることを光栄に思っていたりするのです、とそういう話。

108 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/09/02(金) 04:23:17 ID:TFXBr18k
 
 『 自己嫌悪 』

痛い思いを抱えていても
私は笑ったりはしゃいだりする
できてしまう

そうして 自分に向かってつばを吐く

目を逸らせない事実ばかり
襲うように覆うように朽ちるの待つ間もなく
空から降ってくる

中途半端にキズを残すような
デッキの機械音に眉をしかめて

それでも私は居たたまれない自分を
隠して藻掻いて 今日もいる ここにいる

痛み伴う日常でもほら
笑ったりはしゃいだり している

嫌悪の根が深く深く育つ

109 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/09/02(金) 04:25:33 ID:TFXBr18k

 『 堆積物 』

嫌いだ嫌いだ嫌いだ、と
壊れたレコードを真似てみる

身のうちに蓄積するばかりで
どこへも向かわない感情を

何度も何度も心の中で呟く

そこにはまったく
出口も解決策もないのに

110 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/09/02(金) 04:27:49 ID:TFXBr18k

 『 Dust Box 』

捨てましょう
捨ててしまいましょう
逃げ出せないのなら
何もかも綺麗さっぱり
捨て去ってしまいましょう

私には見ていることしか出来ない
私はここにいるしか出来ない

諦めですか?
自嘲ですか?

明るくほがらかに生きることも
本当はただの嘘つきな戯れ

捨ててしまいたい
逃げてしまいたい
消えてしまいたい

消してしまいたい

何を、なんて聞くだけ
たぶん無粋なんです

111 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/09/02(金) 04:34:39 ID:TFXBr18k

 『 ままごとの暗いところ 』

無駄と無駄が片寄せ合って
『無駄』の角を 丸くしていく

恋してはいけないあなたに恋をしつつ

痛みで喘いでいる事実を告げられない
あなたに告げられない

告げようとして今日も
ただ、いたわりと甘えの気持ちだけ紡ぐ

「壊してよ」 と いつか言ってしまう気がします

こうして言えない言葉が積もるたび あなたにぶけてしまう気がします
叶わないのに 分かっているのに 願ってしまう 気がします

あなたを思うことが 暗いもので出来ているわけでなく
汚れた私があなたを思うことで 暗いものを生み出しているのです

112 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/09/11(日) 22:08:13 ID:q6wVBSWV

晴れ時々僕 曖昧に静謐 その差が埋まらないまま 囚われる 波打ち際


たった一行の鼓動が 二行三行と生み出す 力点と融解点のもつれあう 詩(うた)


氾濫している 脳内の物質 「哀」 と 「愛」 とかありきたりに それでも追い風の明日


無駄なあがき 垂直歩行の恋煩い 重力の中心点が違う君と僕 同じ星にいる筈なのに

113 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/09/11(日) 22:18:13 ID:q6wVBSWV

− 意 趣 −

こぼれていく 記憶
惑わされている 彷彿と

自分の打った言葉
自分の描いた色

紛れて 紛れて 紛れて
一瞬に 薄れる
おのれの軌跡

確かに 動かした
キーボードひとつぶごとのこの
軽さが引き起こす忘却の魔術


時折、自分が書いた言葉なのか、そうじゃない言葉なのか
混乱してしまうことがある
だから概ね、私は私の詩に名を冠する

影響を受けやすいと言うよりは
結局は自分自身が希薄なんだろうという、結論

昔ほどではないしても

114 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/09/11(日) 22:33:06 ID:q6wVBSWV

分かんないけど

いつもみな、おなじことを思ってるみたいで
いつもみな、おなじことを書いてるみたいで

逝っちゃった誰か
思い出して 想い出晒して そうして

ありがとう、とか
がんばるよ、とか
また逢おうね、とか

そんな感じで前向きで
後ろ向きなのに前向きで

なんだかよく分からないけれど

みんな同じことを思っていて
みんな同じことを描いていて

結局、それは「悼む」気持ち
所詮、それは「二番煎じ」で

秋がくるたびに痛い この記憶も
昔誰かが乗り越えた 痛みの繰り返しで

なのに消えた誰かの代わりはどこにもないまんま

私たちは今日も 逝ってしまった誰かを思い
幾度も摩耗するまで繰り返した 言葉を吐き出す

115 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/09/11(日) 22:38:00 ID:q6wVBSWV
− 解説不能 −

スパムメールとか
無条件でゴミ箱なんだけれど

たまにさ
「本当におめでとうございます」
ってそんなタイトルのがあって

あれ、わけもなくむかつくんだよね

内容を読んだわけじゃないから
中身を知ってるとかそんなことありえない

なのにこう、ふつふつと苛立ちが湧いてくる

なんだろうね、この
座り心地の悪い言葉は

めでたくなんかねぇよって
思わず小さく舌打ちしたくなる

このわけのわからない苛立ちはなんだろう

116 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/09/11(日) 22:56:07 ID:q6wVBSWV
− 欲 悉 −

行き着く先は無なのに
墜ちていくわたし
堕とされていくわたし

はてもない妄想とか欲望とか
そんなものに浸食されていく現実

行きつ戻りつして何度も繰り返していくらもたたず
疼く甘さに藻掻いて抗って

すがる

ほどけてしまった
ほどかれてしまった

わたしは選んだ
あなたを あなたとのひとときを

そうして 未来がないという事実を

だからこそこの刹那の折々
あなたのものだというしるしを刻んで
わたしをかんじがらめにしてほしい、のに

あなたは わたしの動向を 歯牙にもかけない

自分の欲求を知り尽くし
ただそこに溺れることだけが
許されているのだという 冷たい事実

117 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/09/11(日) 22:57:53 ID:q6wVBSWV

赤く染め抜かれた 半分の月が 私に突き刺さって 苛む 昨日のキズを穿つ 深く

118 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/09/11(日) 23:11:05 ID:q6wVBSWV
− 私 −

精神の消化不良に
突き立てる刃物も薬もないから

不埒な私は欲望を盾にして
時をふるい落とす

じっとりと滲む汗に潜む女の香りに惑う程
近い距離にいる君ならばまだ良かったのだ

伸ばした指先が触れるのは
暗く沈んだ物体の反射する欠片ばかり

拭うたび溢れる体温の歪さ
君がくれた熱が疼きと泉を満ちて溢れさせる

なんてもう やりきれない 夜だろうか
なぞるのは昨日の記憶
そうして、私という身体を介在した欲の渦

119 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/09/11(日) 23:13:15 ID:q6wVBSWV
>>118


>拭うたび溢れる体温の歪さ
>君がくれた熱が疼きと泉を満ちて溢れさせる


>拭うたびこぼれる体温の歪さ
>君がくれた熱が疼きと泉を満ちて溢れさせる


120 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/09/13(火) 02:52:43 ID:52Hs9ZcW

− 置き去り −

まるで台風の目のように
凪いだ日常がぽつねんと

たかだか一歩
外に出れば暴風域

さらに外側を囲んで
あわやの強風域

やっとの思いで通りぬくければ
風吹き荒れるひとときを包むように
雨雲のワルツ繰り広げる鈍色低気圧

なのに

私が存在するこの空間には
ぽつうねんとしかいいようのない
静寂の夜が揺れるばかり

そのくせ
晴れ間など
どこにも見えない

121 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/09/14(水) 04:24:54 ID:KGeHKnM8
− 手を伸ばす −

伸ばした手は
せいぜい蛍光灯しか掴めない

私の手は
それさえ届かないくらい
低いところで彷徨う

伸ばした手を
目の前にまっすぐ
差し出した時、に

そこに居て欲しい人の
そこにあって欲しい貴方の
笑顔が貰える 私では

ない

伸ばした手は
やり場のない気持ちを携え
今日も 小さな空間でたゆたう

122 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/09/16(金) 04:58:51 ID:jTig9SN2

なんとなく
溶けていく
体温と一緒に
ゆるく

記憶のフィルム

123 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/09/23(金) 04:07:37 ID:kad9V1Dm
− 問いかける −

どうして
わたしは君と
出会ってしまったんだろう

どうして
わたしは君に
惹かれてしまったんだろう

どうして
わたしと君とは
それぞれに

こんなにも遠い場所で
毎日を淡々と淡々と
送っているのだろう

「どうして」、が
雪のように花のように
降り積もる 日々

好きが 止まらない

124 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/10/04(火) 05:29:53 ID:0AzwNQQS

私の好きは もう彼奴には向いてない
私の好きは もっと不毛な世界に墜ちた

それでもなぜか
そこは光や優しさや本当の私に満ちてる

嘘がいらない出会い 温かい

125 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/10/06(木) 04:40:54 ID:mbApYq2a

− 水 −

泣いても泣いても泣いても泣いても
一滴の醤油ほどの塩分にならない

嘘だよ

海の塩辛さを真似ても
雨粒が落ちればすぐ薄まるんだ

突き落とされて
掴み上げられて

まっすぐに ゆがんで そだつ

まだまだ
どこまでもいつまでも
悲しいが消えず
水浸しの時間は逃げず

この世界はただ青を濁らせる

126 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/10/06(木) 04:43:39 ID:mbApYq2a

− ちっぽけ −

うそつきでありたいのです
好きなまま好きじゃないという
そんなうそつきのまま

この世界の半歩うしろを
のこのこついていく私でありたい

こんなちっぽけな願いなのです
こんなおそまつな存在なんです

どこまでいってもわたしは
ちっぽけな塊に縋っていよう

127 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/10/06(木) 04:46:25 ID:mbApYq2a

− あめ玉 −

どうしてこのあめ玉は
こんなに苦いのでしょうか

うたかたを忘れて
溶けるには余りに
余剰成分が多くていけません

喉に支えるのもかまわず
飲み込んでしまいましょう

息が止まるかもしれない
そんな危険がなんだというのですか

128 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/10/06(木) 04:48:59 ID:mbApYq2a

− 温 −

ふれても
じゃれても
噛みついても
すがりついても

結局それらは

今を誤魔化す為の
過去を振り切る為の
未来が見えない故の

言葉遊びでしかないのです

児戯に等しい関わりだから
生まれる甘さと生まれ得ぬ温もり

129 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/10/06(木) 05:04:01 ID:mbApYq2a

− すごい人 −

それでも
声を大にして言うのです

この
どこか甘い腐りきった日々でなお

私の生きていく勇気を
抱かさせているのはあなたです

私が生きていく術を
くれているのはあなたです

空っぽの私に
たくさんのものを与えてる

あなたを すごいと 思います

130 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/10/11(火) 03:15:05 ID:UP1vLHTj
− 現状腐敗 −

疲れて何もかもどうでもいい3連休になってしまった
連休が充実していた人は、連休明けると運が悪くなる、とか占いで出たけど
別に充実なんかしてなくて一人から回っていただけで
だから悪くなりようないだろうと思う

疲れたからつい禁止事項に手をだして
くだらないくらい後悔してる
うち明けるかどうか、って問題がでてきて
怖くて仕方なくてでもどこかやけっぱちで
叱られたいのか呆れられたいのかいっそ見放されたいのか
過去に繰り返したうだうだが芽をふきはじめてる

やるせなさばかり立ち往生

131 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/10/11(火) 03:20:36 ID:UP1vLHTj
− lie −

嘘が 嘘を呼ぶ
本当も嘘を呼ぶ

毎日が嘘でできてる
嘘は私を押しやる

嘘は希望にならず
嘘では夢を贖えず

この場所は嘘に満ちていて
この存在も嘘にまみれていて

それでも知ってる

優しい嘘で埋めなければ
生きられない時間があるという事実を

幻と枠づけて進む私たち

132 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/10/11(火) 03:31:13 ID:UP1vLHTj





   ひと が すき です
   ひと が とても すき なの です

   わたし は ひと じゃ ない から
   わたし は ひと に なり えない から
   だから わたし は ひと が すき です

   そして わたし は
   いつ まで も
   どこ まで も
   わたし が きらい なの です

   ひと に なり えない わたし が
   とても きらい なの です






133 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/10/11(火) 03:36:15 ID:UP1vLHTj

− カモメ −

私の 手の 甲に
薄紅の 鴎が 舞い降りた

それは
自棄と自嘲と自責の
しるし

悔いと畏れを沸かせる
過ちのあかし

薄紅の鴎
ほんのりと 羽ばたいて
鳴く

134 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/10/12(水) 03:57:47 ID:3s34+GdQ

− replay −

刻むたびに 溢れる 後悔
刻まぬたびに 溢れる 後悔

二つの後悔 その狭間で揺れて

何度も何度も
書き綴っては消し
切り取っては貼り付け

くりかえし

躊躇いと決心を 行きつ戻りつして
結局はそれでも どう足掻いても

私は 届かない
そこには 届かない

一番 欲しい場所には
行き着けない

135 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/10/12(水) 04:06:43 ID:3s34+GdQ


あの人がここを読めば
私の葛藤はすべて見透かされ
私のあざとさも痛みも
白昼のもとにさらされてしまうのに

それでも

私はここへ書き続け
私はここで呟き続け

足掻いて足掻いて足掻いて

昇華できるものならしよう、とか
嘘にしかならない希望を抱いて

身勝手な恋を
付かず離れずで許す
あの人の 優しさに

甘えてつけこんでしまう



136 :名前はいらない:2005/10/12(水) 20:27:23 ID:3nI6j5xq
霧都サンが好きな人って数字の人?

137 :名前はいらない:2005/10/12(水) 22:35:14 ID:VTN3aRtg
え?そうなの?

138 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/10/12(水) 23:46:48 ID:3s34+GdQ
>>136
数字って、銀河皇帝しか思いつかないんだけど……。
(他にいたっけ?いや、接点あるのは彼だけだよなぁ……)
生憎、彼は良いネ友だが、そういう対象で見たことない。
だって、銀河皇帝だよ?(・∀・)ニヤニヤw

>>137
そこの人、間にうけてはいかんですw

139 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/10/13(木) 00:14:11 ID:3W7wvLT+
……だめだ。

奴には滅茶苦茶失礼だけど、笑いすぎてお腹痛い。
ついでに詩欲までどっか言ってしまった……orz..

また、そのうちきます。
……アハハハ!! (o_ _)ノ彡☆おなかいたいよぉ……。

140 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/10/14(金) 07:10:26 ID:R+NcB6+G
− ぷらいど −

メールが来た
それだけで嬉しくなる

汚れ切った拗ねきった
捨て猫を拾う酔狂さで

私の空白を青く染める人

感情が壊れているけれど
理性も少しずれているけれど

あなたを好いている自分は
いびつながらに誇りに思う

141 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/10/14(金) 07:11:31 ID:R+NcB6+G
>136-137のお二人へ
思い切り、笑わせて貰ったせいで、どん底状態から浮上する
とっかかりを貰いました。どうもありがとう。


そんなわけで、ちょっと上向きの詩もできたり。
おやすみなさい、みなさま。今日が良い一日でありますように。

142 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/10/15(土) 22:35:46 ID:CVvM7UuK
− 輪 転 − 1/2

もしも
生まれ 変わったら

いつか
生まれ 変われたら

猫だとか
たんぽぽだとか
大木になれる植物だとか

もっとなんにもない
この世界を包む空気がいいだとか

こもごもいろいろ
憧れてきたけれど


『人はどんなに足掻いても
 その人の寿命が来るまで
 死んだり消えたりできない』


143 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/10/15(土) 22:37:28 ID:CVvM7UuK
− 輪 転 − 2/2

そういうことをずっとまえ
私、ある人に教えられた


バカだから
それでもちょっと足掻いてみて
そうしてまだ足掻いてたりもして


それでも


どうやらまだ
生まれ変わる予定にないようで

それならまあ
私は 私のまま 私で いよう


世界はとても痛いけど
優しい誰かの片鱗が愛おしいから


私はまだ私のままに
ここで空を見ていよう

144 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/10/22(土) 03:34:00 ID:tDWHfJyq
最近また、雑談の流れが速いですね……。
一日空くだけでスレが終わってるってすごいなぁ……。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


− 雷 鳴 −

まるで
この邪心に呼応するように
今宵の空は
涙と嗚咽で満ちている

知っておきたい
聞きたくない

二つの思いで揺らぐ足下


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


憂鬱な土曜日が始まります。

145 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/10/22(土) 03:36:31 ID:tDWHfJyq

書いても
書かなくても
届かない思い

遠い場所で
あの人は笑う

見知らぬ誰かと
あの人は笑う

百万分の一だけ
くれる時間で

満たされる私でいたい

146 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/10/22(土) 04:35:08 ID:tDWHfJyq

− 果て無き果て −


綴る
    綴る
        綴る
            綴る

想いをのせて
幾文字も幾文字も幾文字も           ......そして

ふと


           ばかばかしくなる


こんな激しい恋情ですら

    あなたのことばが全部

うたかたにしてしまうのだ


そんなことを思う自分   陥る この                        罪悪感と葛藤




147 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/10/22(土) 04:40:38 ID:tDWHfJyq
決めたのは誰?
                決めたのは私

受け入れたのは誰?
                 見せかけている だけ の あなた


だけど

    そこから先は        ここより先へは    これ以上の形へ

                                                 ......進めない


どんなに夢を見ても 焦がれても 想っても 願っても

名に抱く雪よりも 簡単に溶ける   叶わない  気持ち


今日も つかず 離れず
        あなたの清しさに触れて ただ
              少しだけ涙混じりの笑みを浮かべる


果て無き果てに立つという ことの 甘く苦い夢

148 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/10/26(水) 05:45:19 ID:o4dO7Jvp

いろんなものが消えていく
自分の片鱗も含めて

さらさらと

その事実が
虚しくて淋しくて
とても勿体なくて

それでも今宵
優しい人の言葉で
救われた私がいる

惜しむ過去
尽きせぬ悔い
断ち切れた未来

そんなものに溺れる
私の両の腕(かいな)を
掴み上げる力

まっすぐな人だけがもつ
その 確かな力

突き詰めれば
現金なだけの自分に
零れる苦笑い

149 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/10/27(木) 04:01:36 ID:uSxfWKpZ

存在意義というもの
それは創るものらしい

私はまだ創り得ていないけれど
いつか遠く創り得る日々であれたらと

愛しい人が吐く否定の言葉故に
かすかな未来を求める自分をお覚える

150 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/10/27(木) 04:03:17 ID:uSxfWKpZ
・・・相変わらず、ミスタイプでぼろぼろだにゃorz...


日々が淡々と過ぎていく
時間が粛々と零れゆく
冗談に紛らせる真実が
共にいる人には届かず
外から見ている人にのみ響く

151 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/10/27(木) 04:05:51 ID:uSxfWKpZ

愛情というカゴから
『愛』という字が消え
ただそこには共にいるという
情と過去だけが積み重なる

振り切っていつか 空へ

152 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/10/27(木) 04:07:51 ID:uSxfWKpZ

『 おやすみ 』 の ない日は
ゆっくりと墜ちて
夢に逃げていく私がいる

空は闇 星もなく
冬枯れの風を呼ぶ静寂が満ちる

153 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/10/27(木) 04:09:11 ID:uSxfWKpZ

どんどん深い穴に落ちて
一人ボソボソと言葉を紡ぐ

淡々と続く日々の内側で
轟々と吹き荒れる嵐

ここはそんなもので満ちている場所

154 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/10/28(金) 05:02:02 ID:4pNB0qDR

− 棘 −

『時刻は、4時53分になりました』
淡々と響く、アナウンサーの声

それを痛いと思う私は
どういう生き物なんだろうか

世界が棘だらけなのか
私の内側が棘だらけなのか

その両方が事実なのか

言葉が刺さる朝
記憶も夢も針をもって

未知数という体裁の良い逃避を
次々と突き刺していく

155 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :2005/10/28(金) 08:59:37 ID:R0n1A0Wf
とげとげしい朝 光は何億本も
つきささる視界 ぼやけた手の平
カッコーの巣の上に卵を置こう
壊れないように壁で囲んで棘でくるんで
ささやかな幸せ
口先の妄想
ふと時計を見ると4時53分
そうだ私はアナウンサーだ

(快∀楽)ノ ハロー

156 :名前はいらない:2005/11/25(金) 04:46:01 ID:cw/tJZzt
( ^ω^) 久しぶりに保守

きっと猫のほうがいいんだろうけど........つhttp://i.pic.to/3qwib


157 :hana太:2005/12/21(水) 06:28:58 ID:DdFiF6dt
霧都さんなかなか地上に来ないから
いなくなったのかと思ってた。。よかった

>>156
オヤジみたいでカァイイ♪

保守

158 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/12/24(土) 22:54:45 ID:qtIFfGK6

− Holy Night −

ことことと、夢の滴
聖なる夜の歌声を胸に

振り返って振り向いて
明日のわたしを煮詰めていく

少し皮肉めいた笑顔も
今日ならただ真っ直ぐ届く

恋などと烏滸がましく
愛などと埒もなく

ただ「在る」というだけの

満たされた
まどかのひととき

君に貴方に私に
雪と星とが舞い降りて

ひかる

159 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2005/12/24(土) 23:02:16 ID:qtIFfGK6
>>155 快楽さん
うあああ。ごめん、まじでごめん。完全に入れ違い。
折角返詩ぽく作ってくれたのにorz....
大丈夫、もう元気。今は元気。卵は壊れていないのです。
アナウンサーの快楽さんへ。グッドイブニング☆ミ

>>156
保守、ありがとう。
……私の猫好きを知っているなんて。
君は誰にゃ?w
ぷにぷにわんこをありがとー。めんこい(萌

>>157 hanaたん
久しぶりー。
はい、ちゃんといますです。覚えていてくれてありがとう♪
地上はほら……賑やかだから(苦笑。お姉さん(エ)にはきっついのです(爆
……今、hanaたんが、ちゃんと笑顔でありますように。


カキコミしてくださる方も、ROMしてくださる方も、幸せな聖夜が過ごせますように。
そうして、楽しいChristmasでありますように。

160 :名前はいらない:2005/12/31(土) 01:50:50 ID:BZDkouHF
久方の−保守もかねた書き込みですヽ( ・∀・)ノ

1年もオワリですね,よいお年を。


161 :名前はいらない:2006/01/02(月) 22:30:42 ID:N5HYyRIc
アケオメ!

162 :hana太:2006/01/27(金) 07:06:28 ID:B9dbyBKo
地上に出ると毒されちゃうから気をつけてください(^w^)

保守

163 :名前はいらない:2006/01/27(金) 08:23:15 ID:AISK+RBn
でも消えそうだなぁ・・・

164 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/01/29(日) 03:51:48 ID:R/7nSwbd
あけましておめでとうございます。
今更ですけどね(汗

ひと月もきてないんだ、私
いろいろ、忙しかったのですよ
でも、それもなんとかなったのでまぁ・・・
雪が解けるまではまたちょこちょこきますです

そんなわけで、今年もよろしくお願いします。


>>160さん
よい新年を迎えられました? 私は……まぁまぁですw

>>161さん
あけましておめでとうございます。お雑煮はおいしかった?

>>162 hanaタン
毒されちゃう? そっかー、気をつけますw
保守ありがと♪

>>163さん
すみません、ごめんなさい、ありがとう。
大丈夫、まだ消えない。消えるにはこう……はき出すべき邪念が多すぎるからw

165 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/01/29(日) 04:01:39 ID:R/7nSwbd
− 消えるもの −

いつか
おしまいがくる関係

子供だった頃ならば
見向きもしなかった日々

私は今、そこに浸って夢をみてる

未来へ続く新しい芽を
抱きしめて育ててる糧

砂粒みたいにこぼれていくだけの
今の儚さが大切で愛しくて

時々 かすめる痛い言葉にも
ほほえみを返してしまう

いつか消える 消えてしまう

百も承知で今日も
その夢に甘えている

166 :hana太:2006/01/29(日) 06:38:21 ID:zQ5/dH2u
霧都さん!><
たぶん>>163さんの言ってる消えるは
このスレが順番的に倉庫に逝く日が近いって意味だとおもぅ。。
吐き出す邪念の為にもいつかはageるのかな・・・?

とにかく、今年も素敵な詩をよろしくお願いします^ー^

167 :名前はいらない:2006/01/29(日) 08:46:11 ID:HBuSku4O
>>166
そゆことよー

静かなときに一回あげてまた沈めるヨロシ

168 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/01/29(日) 09:10:03 ID:R/7nSwbd
おはようございます、お二方♪

あー、なるほど。
倉庫落ち、のことですね。
納得。

えーと、確か一定の書き込みがあれば、どんだけ底にあっても
倉庫に落ちることはない筈。

逆に、どんだけ上層部にあっても書き込みの無いスレはさくっと
消えちゃうし運命。

……筈。

317さんや最強さんあたりなら詳しいんだろうな、こういうルール。
(5年くらい詩板にいるけど、さっぱり分かってない私と違って:汗)


心配してくれて、ありがとう。
改めて、保守に感謝します。

169 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/01/29(日) 09:15:05 ID:R/7nSwbd
− 時限付き恋患い −

神様が砂時計をひっくり返すまで
私の時間はあの人と繋がっている

永遠は望めないから
今をめいっぱいと

我が儘に贅沢に振る舞って
あの人を 困らせている

ぎりぎりまで
最後の最期
時果てる
その日まで

こうして
淡い病に溺れていたい

170 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/01/31(火) 04:50:04 ID:S8I1WOaD

いつも
間合いが難しい

たぶん
縮まらないまま
崩れていく線が

見えているから

171 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/01/31(火) 04:59:04 ID:S8I1WOaD
− 日 常 −

治らない風邪
治まらない熱病

恋患いの処方箋


激しい吐息の名残り
道しるべのない空

隠すふりで隠さない想い


出逢いたい人とは出逢えない
歯痒さが疼く


愛しく
いと惜しく
居遠しく

ある

存在(きみ)

172 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/02/07(火) 03:30:38 ID:zgdhyymC
……頭が痛い。

173 :名前はいらない:2006/02/07(火) 04:48:12 ID:h6SR0aJ0
風邪でも引いたのかな・・・?

174 :青の羊 ◆pNGtbbWniA :2006/02/08(水) 18:01:28 ID:h3WPcxPk

「174人目の願い綴り」

案外あっけなく 気は紛らわせられるのです
事はしばらく寝かせて 毒が抜けるのを待つのです と

その賢そうな言葉を信じて
7本目の赤ワインを空けたけれども
虚しさだけが体を満たしました

もう1度
魔法のように何もかもがうまく行く
そんな幻を 眠りの合間にでも見させて下さい



*************

霧都さんお久しぶりです。
インフルエンザシーズンですがお体をお大事に。

175 :hana太:2006/02/09(木) 02:59:22 ID:zFmEQav7
175番目の使者

「(p_q)」

バファリン飲んで早くよくなってね!(CM風)

176 :名前はいらない:2006/03/02(木) 14:00:09 ID:9OmTO9Vm
新年から2ヶ月が経ちました
よい新年を迎えられたかといえば・・・・・霧都さんに同じくまぁまぁなのかもしれませんw


176番目にも繋がって いるこ
との確かな願い 不確かな名
無し それとなくつづってはい
つも誰かと比較する ぼくでは
無い ぼくには無い何かを想い
願いはいつも 何処かにある空。


きのうは雨で、酷くふられてしまいましたが
きょうは晴れですw
が、まだまだ寒いです。
お体に気をつけてください。

177 :名前はいらない:2006/03/10(金) 23:25:09 ID:3aEnDLgX
生きているんじゃなくって

              生きて行く事が大切

愛してるんじゃなくって

              愛し合う事が大切


信じてるんじゃなくって

             
                信じ合える事が大切






                            ま

178 :名前はいらない:2006/03/11(土) 00:02:21 ID:WTXCf8gU
  -青春さんの独り言-

誰もが一度は私のところにやってくる
しばしの戯れ
そしてみんな去っていく
そしてみんな忘れてしまう

あるものは私を憎み
あるものは甘くほろ苦い思いを抱いて
誰もが別の道を行く

「青春が楽しいなんて嘘だ」と
吐き捨てた人

それでも
こんなに長く
私と一緒にいてくれた子は
君をおいては 他になかった


179 :名前はいらない:2006/03/19(日) 14:14:08 ID:+UmA/YJw
願わずにはいられない
動物たちよ代々続く血筋を絶やさないでくれ
植物たちよ倒されてもかきむしられても
はびこるエネルギーを絶やさないでくれ
そして共に平等の下の生き物であることを
忘れないでくれ・・・。

ヒーロー気取ってみました。。。。 すんません。

180 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/03/22(水) 08:40:26 ID:y6Zs2Eml
3月

あと一週間くらいで終わりますね
書きたいことがありすぎて、飽和してます

保守のみなさま、ありがとう
大好きです

181 :名前はいらない:2006/03/25(土) 18:30:09 ID:RyUOsvPX
捕手里崎なぜ
古田、城島、田螺気、中村

182 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/04/08(土) 07:03:44 ID:/0MeRl6W
>>173さん
風邪ではなかったです。
よく痛くなるから、実は原因不明(汗。

>>174 青の羊さん

ジグソーパズルが囁く
耳元で 胸奥で 脳の片隅で

『 はめて はめて はめて
  もう一度、あの日みたいに
  私をはめて ほら そこに
  まぁーるい 円 を描くように
  しっくりと やさしく
  私を そこに はめこんで』

もちろんそれは幻聴で
パズルなどそこにはない

それでも自分の中に
新しい もしくは 懐かしい
まんまるい円が
増えていることに気付く


インフルエンザは、かからずに済みました
か弱いのかか強いのか今年もよく分からない私ですw

183 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/04/08(土) 07:12:30 ID:/0MeRl6W
>>175 hanaたん
うぃ、ありがとー。
でも、バ○ァリンは4錠くらい飲んでしまうので危険なの。
だからサ○ドンを飲んでる。でも、かなり強いから素人にはお勧めできないw
(貧血起こした友人がいる……)

>>176さん

『まぁまぁ』であることを
誇らしく思う日と 情けなく思う日が
確かに存在するけれど

『まぁまぁ』という存在に
実はなんの罪もない

小難しく
「変動する受容体の差異」なんて
自分勝手な にほんご で 表現してみたりする

これはこれで気がほぐれ笑いがこみ上げ
眠れないうちに明けた新しい今日を
なんとか納得させられる

かっこくくりの「たぶん」は必ずついてまわる
それが真相だとしても


こちらは、お天気が安定しません。
いつになったら春になるのかと、空に小一時間問いつめたいですw

184 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/04/08(土) 07:18:51 ID:/0MeRl6W
>>177さん

そこからさきへ そこからさきへ
長い 長い つちくれの塊を

 平ら に ならし ながら

続けていくのが
つなげていくのが
とても大変で

だけど、それこそが「生きてる」ってことらしくて
思いは巡りながら伝えながら
知らないいつかへと向かっていく


>>178さん

春の空は
本当は真っ青ではない
うっすらと水色で
霞と雲の境目が覆っていて
目にも心にも優しい

半分だけ「ウソだ」と
あのこのように笑って
言ってみたいものだ

未だ
渦中の人でいたいと願う
私は確かにここにいる

185 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/04/08(土) 07:24:58 ID:/0MeRl6W
>>179さん

「世界」 と思っているものは
どこまでいっても不公平だ

だから
人じゃない動物がいて
人じゃない植物もいて
人じゃない空があって
人じゃない太陽もあって

90パーセントが人じゃないものばかり

続くよ
続くんだよ
形は変わるけれど

人がいてもいなくても
たぶん「世界」は続いていく

不公平だと感じながら
どうにもしようがなく公平に
飲み込まれていく 私たち


>>181さん
age保守どうもありがとう
だけど、野球はよく分からない
古田くんはのび太に似てるから知ってる

186 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/04/08(土) 09:40:12 ID:/0MeRl6W
眠い……
どうしろと……

こんな日は、
ベッドがもう一個欲しい


すごく謎な発言ですね、これw

187 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/04/09(日) 07:43:28 ID:37t+b7HL
かちわりたい?
かちわられたい?
あさから物騒な発想
そもそも何をだろか

胸の中に鉛が入ってる
取り出したい 無性に

188 :hana太:2006/04/11(火) 14:43:02 ID:OiO2AkB8
>>183
バファ○ンも強いような・・・
霧都さん結構体弱いのかな?

かちわって覗きたい
かちわられて覗かれてみたい
美人の頭の中
盗撮されつつ盗撮しつつ
365日常に美を意識して
お肌を突っ張らせましょう
気持ちを突っ張らせましょう
たるんだら負けよ
ジャンケンピーーーーンv(`・ω_・´)

189 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/04/12(水) 00:59:36 ID:1wZKXz52
>>188 hanaたん
>バファ○ンも強いような・・・
そうらしいねぇ
でも、私に効き目を現す成分は、あんまり入ってないんだわぁ
それを取るために過剰摂取してた時期がありまふ
もう10年以上前だけれどw

身体の弱さはどうかなぁ……
見る人が見たら、「甘えてるだけだ」って断じられそうw


美人の頭の中を覗いて
美人の秘訣を得てたら
美心な誰かを捜して
美心の秘訣を得ましょうか

いつか免許皆伝できるかな

お肌も気持ちもつやつやで
振り向く誰かがいるといいな

なんて弱気じゃなく

「振り向かせて捕まえてやるわ」くらい
強気に女を磨かなきゃ

なんてね(ーー;)

190 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/04/12(水) 01:01:39 ID:1wZKXz52
− まいご −

支離滅裂な日も
理路整然な日も
私は私だけれど

私であるはずの私を
見失いやすいのは

大好きなあの人じゃなくて
この私自身

迷子になるのは
いつだって自分のせい

191 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/04/12(水) 01:04:31 ID:1wZKXz52
− 裏 側 −

深爪のさきっちょ
針で刺したみたいに
鋭い痛みが一瞬走る

その瞬間が「好き」の裏側

君を好きになった日から
表と裏が交差して
空と大地へ 高く深く
螺旋を描いてる思い

192 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/04/12(水) 01:07:47 ID:1wZKXz52
− 浅薄か −

つま先立ちでなぞる影
人差し指で隠すウソ
気遣うふりで消した糸

咲き乱れてる春の隅っこ
風に負けそうな一輪のたんぽぽ

夢見て儚くてまだ幻で

それでもいつか
君の手に摘まれる日を
焦がれてしまう 浅はかさ

193 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/04/12(水) 01:10:14 ID:1wZKXz52
− 春の温度 −

暮れる日 明ける日
まわるまわると 戯れている

君のいつか 僕のいつか
まだみぬ春と すぎた冬

対比の魔法をかけても遠い

届かない指先の温度は
日差しにも影を作れない程

冷たい

194 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/04/12(水) 01:13:57 ID:1wZKXz52
− 答 え −

「絶対に 絶対に 絶対に」
こんな言葉に宿らない魔力

現実は儚い
真実は脆い

残酷でも愛しいから
その傷さえ飲み干せる

同じ谺は返らなくても
変わらぬ不定形な答えがある

日常も現実も大切だ
だけど時々
「ほんとうに?」と
意地悪をしたくなる

答えは決まっている
そう、知っているよそんなことは

195 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/04/20(木) 06:03:20 ID:/vMQX6Ls
− 思いたがり −


平熱
のぼせているのは心臓

日々の私が刻んでる
にんじんの赤は幻ではない

君がくれた写真の花も
ただ「遠い」だけで 決して幻ではない

全部 ただ
自分に語りかけているだけのこと

196 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/04/20(木) 06:06:59 ID:/vMQX6Ls
− 足跡への鎮魂 −

また一つ
空から落ちて海に沈み
海から落ちて地に潜った
想いの痕跡を見つけて

眠りかけた脳はふと
「寂しさ」のシナプスを送ってきた

あそこに刻んだ足跡は
未来の誰かがその気になるまで
繭のサナギになるのでしょう

刻まれた足跡が
誰かの胸で
見事に羽ばたく日を願い

心の鐘を打ち鳴らす

197 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/04/20(木) 06:18:06 ID:/vMQX6Ls
− 恋次方程式 −

 恋は どうしようもない
時間も どうしようもない
              距離も どうしようもない

どうしようもないものばかりで
 出来ているから
       悲しくて面白い

         ( もちろん、そんな言葉は上滑りな強がりだけれど )

素数もルートも分からないけど
 正数ばかりじゃなくていいのは 少しだけ    かなり実は   ありがたい 話

マイナス二乗で空を目指し
     プラス二乗で君を目指し
           はるか遠くを飛び越えて

そのあと 越えられない現実が待っているんだとしても

夢見ているのは私
 あこがれているのは私
  焦がれているのは私

自由であることは     君を好きであるということと     同義語で
君を好きであるということと 君に寄りかかるということは反対語だから

前を向いて                               羽ばたく

198 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/04/21(金) 08:57:57 ID:+3cee5kO
− ! −

感嘆符を
百個並べても足りないこと

私にできないことをする人
私の知らないことを知る人
私が思い至らないことに気付く人
私の思い計るアレコレに気付いてしまう人
そんな彼らに出会うこと

その人たちを前にしたら
私はただ純粋に「!」という気持ちになる

嫉妬も憧れも飛び越して
「!」という記号が脳を占める

それらは日本語じゃないからとか そういう議論も昔はあったけれど
去来する複雑な感情を表すのに 「!」ほど素敵な文字はないと思う

今日もあちこちで

「!」「!」「!」「!」「!」
「!」「!」「!」「!」「!」

たくさんの感嘆符を心に刻む
たくさんの驚きを脳に記す
たくさんの衝撃で私は浮き上がる

「!」

199 :糞猫◇ ◆OkusoCATRg :2006/04/21(金) 23:56:29 ID:ruS2RgXU
すなおに感動できる、妬みもなく
それってうらやましぃ、と妬んでみたり。


200 :うたた寝死人 ◆utatasFSi. :2006/04/22(土) 00:54:52 ID:9i+qhKuO
ですなぁ。
今日はほぼずっと悔しいなぁ悔しいなぁの詩ばっかり作ろうとしてたんですが
これを拝見してまた悔しいなぁと。

201 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/04/24(月) 04:28:30 ID:EXELkMYA
>>199 糞猫さん
私は、どうあがいても、出来ないものがあるということを
知ってしまった人間なので、素直とはちょっと違うかもし。
おそらく、みる人が見れば、形を変えた怠慢(苦笑

>>200 うたた寝さん
出会った頃の私は、いつだってあなたに同じ気持ちを
抱いてましたよー? 七転八倒するくらいw
200、おめでとうです。

202 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/04/24(月) 04:37:58 ID:EXELkMYA
− 日 々 −

ずっと坂を上り
ふいに高い壁を見つけ
越えようと足掻き
越えられないと嘆き

ふと、
長い迂回路を見つけて
その高い壁と同じ高さまで
ゆるゆると辿り着き
そのあとに待っていたもの

まっすぐなまっすぐな道
それはでも
一見そう見えるだけで
見渡せばそう見えるだけで

自分の足で歩き始めて ようやっと気付く
石や穴や凹凸や 花や鳥や野の獣
呆れるほど複雑な 障害と変化にあふれている と

  疲れて 見上げた 空 に 広がる まばゆい ばかり の 青

次の壁にぶつかるまでの日々
そうやってただ、私は進んでいる

それだけの、話 そういう日々

203 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/04/24(月) 04:40:39 ID:EXELkMYA
泣いて良いなら泣くけれど
泣けるものなら泣くけれど

泣き方など とうに 忘れた

代わりすら 望めぬほどに
今日の 空は 青く高い

204 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/04/25(火) 17:32:43 ID:5FYlzRaX

何か自分じゃないモノになりそうな、既になっているような
逢魔刻に出会う魔は、誰かや何かではなくて
私の中に潜んでいる くらいくらい果てもなくくらい気持ち

205 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/04/25(火) 23:38:26 ID:5FYlzRaX

− 壁紙サイズの至福 −

中途半端な切迫感を
一時的にしまう引き出しが欲しい

今、何に追い立てられているのか
それを考えるための一瞬の間を得たい

発熱の兆候だけを示して
現れない数値の魔術に呆れ

薄い膜に溺れそうな
馬鹿な心臓を掬い上げる
写メールのラーメン

遠くて遠くてまばゆくて
当たり前すぎる程あたりまえに
君のどこかに寄り添えること

気付かされる 日常の優しさ

206 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/04/26(水) 03:27:23 ID:I3qpFdw8


今宵は、無性に空腹で、だけど何を食べたいんだか良く分からない

207 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/04/27(木) 04:31:10 ID:LoUB6aKi

吐き出す言葉が
どうしようもなく嘘くさくて仕方ない
書きかけて消して書きかけて消して
繰り返して結局書けないままで
行き場の無くなった気持ちと一緒に
私の周りで淀んでいる

私が、安定しない

208 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/04/28(金) 23:31:11 ID:e5KgbTpp

私は
たくさんの私を従えて
あさましさに喘ぎつつ

刹那の快楽を求める

209 :うたた寝死人 ◆utatasFSi. :2006/04/28(金) 23:58:59 ID:3gAzZlSe



,,, 」...し,,,
  (゚Υ゚) ドキドキ

210 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/04/30(日) 05:25:48 ID:aijJXr7q
>>209 うたた寝さん
いや、そんな期待されても……
ここでは凄いこと書かない(書けない)し(笑
一応、未成年も来る板なんで、加減は必要

そのドキドキは、引き出しにしまっておいてねw

211 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/04/30(日) 05:28:33 ID:aijJXr7q
煮詰まってる煮詰まってる煮詰まってる なぁ

こういう時はAB型の悪癖が表に出てきたりするので
心してかからなければならないのですよ

壁になってるものを片づけたらそれだけで情熱を消費して
結局は、書けないままなんじゃないだろうかと思う

毎度毎度、繰り返してきたことだし

212 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/04/30(日) 05:32:56 ID:aijJXr7q
外は朝

胸のところが熱い
ぶわーと熱くて
時々息が苦しくなって
くらっとくる感じ

でもね、やっぱり
胃酸の逆流とは感触が違う

本人にも言いますけれど
違うんです


金色週間、か。
どこがだろう???

あぁ、でもべつに、灰色週間ってわけでもない

強いて言うなら……モヤモヤ週間?
うにゃ、それじゃあ、年中行事だ

とりあえず世間は金色だけど私はそうじゃないぞ、という話


とりとめないな、朝っぱらから……

213 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/04/30(日) 05:35:11 ID:aijJXr7q



うーーーーーーー。
やっぱりこれはぶああああって感じ。




214 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/05/04(木) 04:24:42 ID:yQb+flal

読むか書くかの微妙な気分


215 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/05/08(月) 09:12:42 ID:Pgf4tf6A


それ以上でも
それ以下でもない

強いて言うなら
私は、これから寝る

いろいろと壊れている
なんともへんてこりんな日々

例え
眠りに入る時間なのであっても
今、この時間は 間違いなく朝

みんなはどこかへと飛び立ち
私は夢へと墜ちていく

それだけの違い
大きいようで、小さい
朝の ありよう

216 :hana太:2006/05/08(月) 12:02:40 ID:b7EZev6S

トラックがガタンガタン
洗濯物トントン
人のザワザワ
工事のバタンバタン

トントン ザワザワ バタンバタン
ガタンガタン プープー ピーポーピーポー
ザワザワ ドドドドドドドン
お昼のニュースをお伝え・・・
みのさん!うちの姑が・・・

トントン ザワザワ バタンバタン
トントン ザワザワ バタンバタン

真昼の子守唄
音に吸い込まれて夢の中zzz

217 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/05/10(水) 09:13:08 ID:b74AW5aJ
− マイナス(笑) −

笑ってるんだけど
それは
脳みそのかなり遠いところ

今、これを打ってる私とも別の
勿論、普段の私とは全然違う

そういうとんでもない距離

面白いんだけど
笑うんだけど
分かるんだけど

それは
とてもヒトゴトの笑い

どこにも嵌らず
流れていく

かさかさの声と心

218 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/05/10(水) 09:15:12 ID:b74AW5aJ
>>216
羨ましい。
26時間は起きてる。
寝たいんだけど、起きすぎて神経が高ぶってるんだよね。
そうして、風音がうるさい。気になる。
天敵もいやがるので(あぁ、不穏だ)
寝ることを躊躇ってもいる。

でも寝ないと、足が大根になるから寝なきゃ。

219 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/05/10(水) 09:17:43 ID:b74AW5aJ
たまたま昨日から今日がそう(26時間活動)なだけで、
不眠は不眠なりに、もうちょっとましな睡眠時間を送っ
ているんだけどさ。

「寝るって、どうやってするんだっけ?」
今、私の頭の中はこれにつきる。

無駄な足掻きだけど寝る。
おやすみなさい。

220 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/05/11(木) 08:09:21 ID:SZ2S/0Y4

また 朝が来た 当たり前のことだけど                 善し悪し

221 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/05/12(金) 02:50:37 ID:EabUE9NA

シーソーをプラスに傾けたいのに
試みること すべてが裏目

大波小波がない代わり
慢性的にマイナスへかたよって

世界と私を隔てる


↓222です

222 :糞猫◇ ◆OkusoCATRg :2006/05/12(金) 08:28:02 ID:EAjql1QT
もらっときます〜
これから梅雨に突入したら
なおさら寝れなくなるであろう貴方へ

ドンマイ

223 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/05/14(日) 06:02:09 ID:Vf6mS618
>>222 糞猫さん
おめでとう。
そうしてありがとう。

北空に梅雨は来ないが通説だけれど、今年は蝦夷梅雨という噂もある。
ちょっと憂鬱な春の日々。
それでもやっと桜が咲きました。なかなかキレイで華麗なり。

224 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/05/26(金) 10:46:53 ID:DZHZPK67

だめだ
このままでは
ただ漫然と
腐敗していく

この台詞を思考を
何万回も繰り返した
繰り返して結局今があり

今があるから結局
絶望が希望にならない

先が見えない

それは
言葉にすれば
ただ滑稽で陳腐なだけの
「恐怖感」


225 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/05/26(金) 10:50:11 ID:DZHZPK67

争いごとに興味はない
内側のせめぎ合いだけで

おなかいっぱい
むねいっぱい

だけど、こぶりで
ぷにいっぱい



……あほだ。
だいぶあほだ。
つか、ちょっと自棄だ。
こういう日は寝逃げに限る。

226 :うたた寝死人 ◆utatasFSi. :2006/05/26(金) 10:58:14 ID:bv7f10J8
ぷに、、、?

227 :名前はいらない:2006/05/26(金) 20:09:43 ID:8wnZpMir
( ´∀`)σ)∀`)、、、!

228 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/05/27(土) 07:24:20 ID:1A3AttJo
>>226-227
皮下脂肪とか体脂肪とかそんなもの>ぷにw
内臓脂肪じゃないだけましナノ・・・カナ?

229 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/05/27(土) 07:33:51 ID:1A3AttJo
− アンテナ −

Aさんがいる
Aさんの友達がいる
仮にBさんとする

Aさんがいる
Aさんの友達がいる
仮にCさんとする

BさんとCさんとの間に芽生えるのは
「友人の友人」という難しい距離

BさんはCさんに興味をもっていて
CさんもBさんはすごい人だと感じてる

だけどしかし
でもしかし

Bさんは積極的で
「友達の友達」という関係を『仮』にしてしまうのが上手い

Cさんは臆病で
「友達の友達」という関係を『仮』にしてしまうのが怖い

『仮』というのは要するに
<の友達>という言葉を取っ払う努力

AさんもBさんもCさんもそれぞれに
いろんな努力をしながら友達になろうとしている

↓続く

230 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/05/27(土) 07:35:16 ID:1A3AttJo
↑続き

たまたまその中でCさんは変なアンテナを持っていて
アンテナとかみ合わない相手とどうやって友達になればいいのか
その方法を見つけられないでいるだけ

AさんやBさんのやり方をCさんは難しいと感じている

アンテナがなくても
友達にはちゃんとなれるはず
Cさんは その言葉を胸に刻んで【粉骨砕身鋭意努力】中

ただときどき
アンテナのない事実がもたらす埋まらない距離が見えて
泣きそうになってしまうだけ

231 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :2006/05/27(土) 23:56:35 ID:VkKBNPUr
俺は内臓脂肪
嫌われ者だ
こちとらひっそりと生きてんだ
わざわざ世間さまの目にさらすこたぁないだろう
皮下脂肪やら鼻の脂とかな、そういうのにまかせとけばいいんだよ
俺はな、こっそりと巣くってびっちりと増えていきたいんだ
嫌らしいだろ?
それが俺だ

だいいちな、ジョギングや毎日の洗顔で落とされたくないんだよ
ねばっこくいつまでも居座って気づいたころにはもう手遅れ
そこで高笑いだ
こいつ内臓の周り脂肪でびっちりだぜえええ、イェーッハッハッハッハ
そうやって猫の手も借りたいくらい笑いたいんだ
だから福沢とかみのとか、余計なことをするんじゃないよ

俺はな、こいつとともに死にたいんだ
死亡解剖されてぱっくり割れたその腹の中に大量の俺
医者がドイツ語で「脂肪で死亡」って書くくらい詰まっていたいんだよ
だから俺のことはほっといてくれ
じわ、じわっとこいつの臓器に張り付いていくのがな俺の楽しみだ
咀嚼された半液体の物体が通って俺をくすぐるのはなによりの快感だ
ふくれあがったガスが一気に出るのは俺の至福の時だ
邪魔するな、俺はここにいたい

それをこんな世間さまに生態を知られちまって
恥ずかしいったらありゃしない
ただな、唯一の幸せ、不幸中の幸いというかな
俺には子供がいないんだ
それがまだ救いかな、なんて思ってる

232 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/05/29(月) 02:15:56 ID:VyAaWFXM
>>231 快楽さん
ば、爆笑ですよ!
そんなこと、考えてるんですね、奴らはw

「メタボリック・アポトーシス」
勝手にタイトルつけましたv

すっごいやな感じなのに、すっごい切ないのはなんでだー
あー、笑うしかないよぉーw

233 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/05/29(月) 02:50:12 ID:VyAaWFXM
今日は集中力が足りない

刺激された傷(ものの例えだが)がうずいて昨日から少々おかしいのを自覚してるのです
どうしたものやら

234 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/05/29(月) 03:04:18 ID:VyAaWFXM
……彼がフシアナを知ってるのかどうかっていう、問題もある

ごめんね、詩でもないことでつらつら
詩板なのにね

『独り言は全体の10分の1くらいになるよう気をつけること』
ん、自分に戒めます。

235 :うたた寝死人 ◆utatasFSi. :2006/05/29(月) 03:08:33 ID:LiwdCyhO
随分とステキなラブレターが出ましたね、泊。
うまい棒レベルなら兎も角、ありゃー随分と個性的な形状。
淡泊・ダダ・バロック 、、、どう調理するにしても難在りで皆様骨を折られるでしょうね。
まぁ犬歯のギチギチが止みません。

が、寝て起きたらどうでも良くなってしまうのかもしれませんわい。
近頃富に、関心や集中力が持続しないというより出来ない駄目人間ス

236 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/05/29(月) 03:37:48 ID:VyAaWFXM
>>235 うたた寝さん
ですねー(汗。

人間外が一番らくっちゃらくですが……その目的やいかん?みたいな・・・。
オチがつかなさそげ……orz...

まー、大人になるってそんなものなのかも>持続しない
寝ますの? いい夢見てくださいにゅ。

237 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/05/29(月) 03:46:32 ID:VyAaWFXM
……返さないといけないメールとか、レスとかあるんですが、言葉にしたら支離滅裂
「保守」と呟くのはとても楽だけれど、それはつまらないし意味がない
だから私は今日も架空の世界に逃げるかもしれません

238 :名前はいらない:2006/05/29(月) 22:30:43 ID:xVkLFXUD
 −お姫様−

森へ帰りたいなんて
今さら言ってもダメ
リンゴの毒はもう解けたから
蛇も小人ももういない

紙は我らとともに在り
世はすべてこともなし

描いた夢はお気に召すまま
屁理屈はお戯れに殺す

ただ哀れみを知るものだけが
私の気持ちを分かってくださる


239 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/06/09(金) 07:52:09 ID:oeL/R/GV
おはようございます。

お天気メールとにらめっこで、携帯アラームの振動にゆられっこ。
私の一日をかたどる折り目はたぶん、この二つでできてます。


>>238さん
優しいんだけれど、ぴりりと辛さもあって、めりはりのある素敵さが好き。
「私の逃げ出す架空」は0と1の世界で作られたであろうしろものだけれど、
まぁ、物語であることに違いはないか……な。
架空に逃げるのではなくて、作り出す側に(どんな方法でも)回れるとまた
違う世界が見えたりするかもしれないですね。

240 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/06/22(木) 03:43:31 ID:Nw8V5sFY
− 書けないメール −

勿論、メールは「打つ」ものだけれど / それはまた、別の話であって
読むたびにありがたいなと思うのだ / 貰うたびに申し訳ないなとも
でも / いざ自分の順番になると / 言葉がつっかえるのだ

お天気の話など、しようがない気もする
ご飯の話とて、無機質な気がする
テレビの話や新聞の話など、身になりゃしないだろう

あれこれ考えて、結局キーボードを打つ指が止まる

相手の話を聞いたらいいのかもしれない
だけど、何をどう聞けばいいのだろう?
私の話をすればいいのかもしれない
だけど、何をどう話せばいいのだろう?

空回り空回り空回り / 結局つづくのは『音信不通』という日々
書きたくないわけではない / 嫌いな筈もなくむしろ好きな人だと思う
ただどうしようもなく、かみ合わない / かみ合わせられない

今日もこれから、書けないメールと睨み合う
今日もこれから、書きたいメールと睨み合う
今日もこれから、書かなければいけないメールと睨み合う

どうして良いのかが分からない ままに 延々と

241 :hana太:2006/06/23(金) 05:55:48 ID:xeAl5EuH

緑たった芝の上 青いサムライ達が駆け巡る
うつらうつらとして 瞼が重いボクをよそに
気迫でむせかえる暑く熱い戦いはその勢いを増していて

カアテンの向こうでは スズメがチュンチュン囀り
青い空が新しい朝を迎えようとしている
眠気と戦うボクをよそに
そのずっと向こうの空の下で青いサムライ達は
黄色いキングに4対1と哀しい展開をみていた

パチンっ

そんな現実から目を背けるように
この瞼にのしかかる何トンとも言えるような重さに
押しつぶされそうになりながらも

残り2分の戦いに
眠気とは違う何かと戦っている僕がいたんです。

それは、笛が響いたと同時に
________
負けちゃった・゚・(つД`)・゚・


242 :名前はいらない:2006/06/23(金) 06:01:16 ID:+I80tqDE
前半終了間際までワクワクしてたのに・・・・゚・(つД`)・゚・

243 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/06/23(金) 09:41:09 ID:chTkmvzX
>hanaたん >242さん
サッカー、負けたんだね
他の何でもなく、ここを読んで知った
私は、スポーツに興味がない
ないけれど、出来る人を凄いと思う
そうして、応援する人たちも、凄いと思う
だから、二人のことも凄いと思う
残念だけど
その 「私を凄いと思わせる何」かは確かに残っている
だから、それはたぶん、ゼロではない

また、4年後を目指して、頑張ろう

244 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/06/23(金) 09:42:39 ID:chTkmvzX



「 好き 」 に 形はない




245 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/06/23(金) 09:43:42 ID:chTkmvzX

目に見えない恋心は、いつも
言葉にしたとたん泡になる
泡を正確に表現するならば
「陳腐」という言葉になる

それでも、私は陳腐から抜け出せない

246 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/06/23(金) 09:50:48 ID:chTkmvzX
− one −

「マボロシなんだよ」と言われて
「そうだね」と相づちを打った

「それでも君の味方だからね」と言われて
「ありがとう」と涙が出た

そのまま時間が流れて
今が横たわる
培われた信頼と安らぎ

得られない眼差し
耳に出来ない声

焦がれて でも
いつか消えるなら、と
堪えて

切実な「お願い」をしたから
そうしてくれているのだろうか
コマメに送られてくる
「優しさの断片」
幻惑されて 逡巡

もともと見えないものに
マボロシもホンモノもなくて
ただ、いっこの気持ちがここにある

それだけ

247 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/06/23(金) 09:52:20 ID:chTkmvzX


「 あなた 」 の ホントウ は どこ ?




248 :hana太:2006/06/25(日) 06:58:26 ID:dJWwolyI
>>242
前半はドキドキで観れたのにね(´∩`。)

>>霧都さん
サッカーはhanaもあまりみないんです。
好きな選手がいるから観るくらいだったんだけど、ハマっちゃった。
ブラジルは強敵だっていうし
半分以上は「希望」で、サムライ達と自分を重ねて応援してました。
詩的だわぁ(><)

奇跡みたいなのを観たかった。
またまた詩的だわぁ(><)

自分にほどよく酔ったとこで、おいとまっ(´∀`)ノ
PS
最近の霧都さんの詩が少し切なくみえるのはなんでだろぅか。

249 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

250 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/07/17(月) 03:35:04 ID:ZL6f+qS4
>>248 hanaたん
好きな選手って、川口君?
前にどっかでファンだって言ってるの読んだ記憶がある。
彼は、いつも凛々しくて、笑った瞬間に可愛い。
他の選手は、どの人も同じ顔に見えるw
ワールドカップが終わって、世間は静かになるかなーと思ったら
またまた、いろいろにぎやかで、受け入れる器が溢れちゃいそうです

希望。
すごく、私には淡くて甘い毒。
私の中にはなくて。
ある場所まで、踏み込めないからだろうな。

切ないかなぁ……昔の切実さが鈍ってきていると、思うのですよ、私


>削除依頼してくれたかたへ
たいへん、ありがとうございました<(_ _)>

251 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/07/28(金) 05:23:22 ID:My/jvwZZ
− 所詮は私見の痛覚 −

ファントムペイン
打ち明ければ気のせいと断じられ
右から左へと聞き流される
ある筈のない 痛み

心臓は血液を送り出すポンプであって
本当の心はそこにない
なのに、ひきしぼられるように
わき出してくる痛みは確かにそこへ集まる

見えないものに力はない
言っても効果のないことで人は傷つかない
なのにやりきれなさは切々とこみあげ
私たちの神経パルスを打ちのめす

ファントムペイン
それは、マボロシの痛み
心にも身体にも魂にも刻まれている
共通幻想の残滓

252 :hana太:2006/07/30(日) 04:38:54 ID:7m4DA1Sz
>>霧都さん
ぇ〜@@ 川口じゃないです。
あの笑顔は確かに可愛らしいし、ゴールでの川口はキリッとしていいんだけど
エロっぽい><;
柳沢大好きなんです・・・柳はリンカ曰くテクニシャンらしぃ。。
ゴメンナサイ・・・どっちもエロでした^ー^;

サムライがサムライを辞めても
サムライだと呼ばれ続ける中田
脱男宣言しても男と呼ばれるhana田
ボクはボクを捨てられない
きっとずっといっしょう

253 :名前はいらない:2006/07/31(月) 03:26:14 ID:KozoaoPU
− 召喚 −

沈黙が落ちる夜
盲目の手が
雲を掴もうとする
 その雲には実体があります

呼ぶ声が切なら
還る声は繋ぐ

祈りにも似た願いが胸にあり
私を呼んだのは 誰?

254 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/08/13(日) 06:09:34 ID:y2Rctz/u
>>252
私の中でhanaたんは、川口ファンって認識だった。
間違ってごめんー <(_ _)>
柳沢……名前だけは聞いたことあるかな……。


− U-dentity −

外側の認識は、所詮後付だ
他人は無関心だし無遠慮だし不躾で
好奇心とレベルを貼ることで生き残る
「あなたはあなたらしく」
それは陳腐な言葉だけど
今日もあなたらしく
私も僕も好きも嫌いもまるごと全部
抱きしめて笑っていて欲しい

255 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/08/13(日) 06:18:26 ID:y2Rctz/u
>>253

− quilt −

世界は一つではないのに
私は自分すらもばらばら

それでも朝焼けの空を見て
哀しみではなく愛しさを覚え

誰かの言葉を受け取って
痛みに落ちたこの魂を
優しい糸でつなぎ合わせる

つぎはぎは少し不格好
それでも、ぬくもりはある

だからもし
あなたの夜が寂しくて
静かな熱が欲しい時は

そっと、声をかけてください


#感謝を込めて

256 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/08/13(日) 06:28:27 ID:y2Rctz/u
なんで今日、朝kら書き込んでいるかといえば
誕生日だからです(笑

ハッピーバースデートゥーミー
そんな気分ではなうたの朝

それでも、一日の半分近くは眠って過ごすわけで
全然、あんまり、堪能はできません

大人になるってそういうこと?!

257 :hana太:2006/08/13(日) 06:59:54 ID:8pYIkreY
ハッピバースデイ♪

お誕生日オメデトございます^ー^

中学生の誕生日の日、hanaのせいで親の夫婦喧嘩の末、食事はコンビニ弁当になったんです。
夜、母がコンビニのお弁当を部屋に持ってきて
「おめでとう、何もしてあげられなくてごめんね」
って言いながらお弁当渡されたとき、すごく悲しくなりました。
お弁当がプレゼントだからじゃなくて、期待してた面てのはあったけど
おめでとうの一言が中学生ながらにして、すごく大切なプレゼントなんだって
思ったとき、我侭ばかりしてきた自分に悲しく・・・シクシク

こうして、トシ取ってくると、
誕生日の楽しみよりも、不安のが大きくなってくる。
堪能しようとするほど、疲れてさめる;;

** * ** *

わたしも、ボク、も、好きも嫌いもまるごと全部
抱きしめて笑って、歳とって、柔らかくて素敵で
しわくちゃなカワイイ笑顔を持てたらいい

キミも。


258 : ◆L4LyBSss3w :2006/08/13(日) 23:01:56 ID:WKDxPYkk
>>256

        (⌒─-⌒)
       ((( ・(,,ェ)・)
        ||l∩( ゚∀゚)  ハッピバースディ
         ||  .  |⊃  霧都サ〜ン
        C:、.⊃ ノ
          ""U

          (⌒─-⌒)
          ( ・(,,ェ)・)
          / ( ゚∀゚)  オメデト〜〜〜!!
          / こつつ))
       ((C:、.   ノ
         ∪"U

259 :うたた寝死人 ◆utatasFSi. :2006/08/17(木) 01:08:07 ID:SRHjxVLz
、、、、、、、、、、、


お、

おめでとうございま





                                                    し、 た。。

遅くってすいませんんんんんんんっ

260 :糞猫◇ ◆OkusoCATRg :2006/08/18(金) 12:17:54 ID:P7bZvrMj

大変、遅れましたが・・・



オメデトさんでした〜w

261 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :2006/08/18(金) 20:04:21 ID:sqNJguzX
>>256
うんじゅううん歳か、、、m9(快∀楽)オメ

>>260
なんか数年ぶりに見たような感じ(快∀楽)

262 :note.txt ◆a010q35ZP6 :2006/08/21(月) 09:38:07 ID:BGFXxIB/
1週間遅れの、、、ハピーバースディー。
霧都サンお誕生日おめでとうございます!
と言葉のみで、小粋なプレゼントなどはないのですが^^;

まだまだ暑いですね。
暑さに負けず汗だらだらでいきましょう〜(●'ω'●)クーラーホシィ....

263 :糞猫◇ ◆OkusoCATRg :2006/08/25(金) 05:08:53 ID:iZvdoukW
>>261
いきてるぞぉー、とだけ言っておこうw
たまーに最近書き込んだスレリストでしか詩板にゃ書き込んでないからなー
詩板の上層にはめったに浮いてこないんだわ

264 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/09/13(水) 05:20:08 ID:PGa6bkjl
にゃう。

誕生日を祝ってくださったみなさん、どうもありがとうございました。
今日はちょっとへばってるので、個レスはまた今度_| ̄|○

一ヶ月前と一ヶ月後の今日とでは、えらい違いなテンションですね、、、。

265 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/09/13(水) 05:25:40 ID:PGa6bkjl

〜 ありえ ない もの を ねだる さま〜

なんでだろうどうしてだろうどうなってるんだろう
どうしようもないことなのにわかりきったことなのに

すてられない希望はあんまりにきらきらしている

手をのばしたらとどきそうなほどすぐそばにみえても
それはそれはとても遠いばしょでただかがやいているだけなのに

やさしすぎていとおしすぎてまどわされる

いつかもしかしたらと
不埒なこころをかきたてられる

それはでも、ぜったいにありえないのだ

わたしがゆるされたのはこの場所
わたしがゆるされていいのはこの距離
わたしがゆるしてもらっているのはこの立場

この先には なにもないのだ
なにも なにひとつ まったくひとつも
ないのだ

266 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/09/13(水) 05:27:45 ID:PGa6bkjl

〜 溢 〜

たんじゅんなことなのに
好きが 手にあまる 余りすぎて

溢れる

267 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/09/13(水) 05:29:50 ID:PGa6bkjl

〜 華美 〜

綺麗なものをただ綺麗とおもうままに
「綺麗」と言えたならば一番すてきだというのに

過剰に装飾したがるこころが
言葉にたくさんのレースと縁取りを重ねる

すっかり様変わりした「綺麗」は
たぶん、誰にもどこにも届かない

268 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/09/13(水) 05:32:11 ID:PGa6bkjl

〜 powder 〜

抑制が利かぬまま
追突する心が
多重玉突き事故のように

私を粉々にしてしまう
あなたを粉々にしてしまう

できあがった粉末は
決して甘い味などしない

269 :名前はいらない:2006/09/23(土) 09:08:38 ID:tXDO9M4U
(´・ω・`)うん、そうなんだ、とても悲しいんだ
(´・ω・`)はぁ‥
(´・ω;`)うっ


270 :名前はいらない:2006/09/23(土) 20:31:25 ID:4S5pa407
151 :名前はいらない :2006/09/23(土) 05:10:49 ID:GAbIIfBt
ID:UtWXlPuX

しね

271 :名前はいらない:2006/09/23(土) 23:59:05 ID:96CmQ/Ny


272 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/10/10(火) 04:25:35 ID:Hx0L+zPC
10月10日。昔は体育の日だったけれど、今は平日になってしまった日。
返信もせず、こんなに時間が経ってしまった。不義理なやつでごめん、皆さん_| ̄|○

>257 hanaたん
お母さんの『おめでとう』が、hanaたんのなかであったかく残ってるから
今もそうやって優しい言葉と気持を紡げる人なんだと思う。
おめでとうを、ありがとう。

>258 雨さん
ありがとうございましたー。
……ここを知ってて貰えてたのが、実はかなり嬉しかったです(ポッ
おめでとうと一緒に、良い誕生日祝いを貰ったなーと、思うデス。

>>259 うたた寝さん
ありがとう。
今頃お礼を言いに来た私だから、過去形も気にしない気にしないw
あと、某所では、すごくとってもごめん、、、。

>260 糞猫さん
ありがとさんでした〜。
お礼が今頃でゴメンなさい。

>261 快楽さん
ありがとうー。
でも、君もあと数年だよ〜〜?(・∀・)ニヤニヤ

>262 のてサマ
ありがとうございましたー。
こちらはすっかり涼しくなって、現在ストーブと仲良くしてます。
クーラーは差し上げられませんが、団扇をどうぞ~~~"Q_(´ー`*)))パタパタ
って季節はずれですな(汗

273 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/10/10(火) 04:27:15 ID:Hx0L+zPC
>>269 さん
泣きたい時には泣いていいのです。
泣けなくなるよりずっといいのです。
他にかけられる言葉がなくてごめん。

>271さん
保守のお手数かけまして、ありがとうございました。

274 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/10/10(火) 04:29:50 ID:Hx0L+zPC
〜 見守る朝 〜

心配しない、ことは出来ないから
心配しながら何もしない方向で
『見守る』ということをしてみる

口さがなくくちばしを挟んだりしないから
君は言葉で涙をこぼしたらいいんだ

それしかない日があることを
私もよくよく知っている

だから静かに朝日とともに
『見守る』ということをしてみる

275 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/10/10(火) 04:33:55 ID:Hx0L+zPC
>274は泣きたい気分の人すべてに


− 好きと言いたかっただけ −

そんなところも好きだ
そういうまっすぐさが好きだ
その純朴さが好きだ

ただもう本当に
そう思ってそう伝えたくて
それだけのことだったのだけれど

うまい言葉が見つからなくて
ついなれなれしくからかってしまった
ついつい、誤魔化すようにすり替えた

好きと言いたかっただけなのに
大好きと思った たったそれだけのことを

まっすぐ伝えるのは難しいと 今日も思う

276 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/10/18(水) 04:59:09 ID:MelWLDyr

− 砂 −

毎日は
砂粒一個ずつ
針の箸でつまむようだ

積んでいるのか
崩しているのか
膨大な時間の末に
分からなくなる

見失った目的を置き去りに
針の箸で砂をつまむ

そうして砂はどこへ置けばいい
そうして砂はどこへ崩すのだろう

いつしか飲まれる
小さな一粒から始まった
大きな流砂に

277 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/10/18(水) 05:02:14 ID:MelWLDyr

印象は所詮、印象
真相は、幻想の渦

掴めないから
見つめているまま

「あのブドウは酸っぱい」
と、だけは言わない

視線は外せないけれど
言わない

278 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/10/25(水) 07:08:40 ID:UaFLYASS

− 地上からの手紙 −

晴れ間から
こぼれおちたのは
不安の断片

立ち直れない過去の傷というものは
彼方ではもう把握された事実だろうに

私は悔いて嘆いてばかりいる
言葉で伝えるすべもないくせに
言葉で伝えたかったと詮無く足掻く

君が昇った空もまた
こんな晴れ間で一杯なのだろうか

それは幸せな空間?
それとも不確かな空間?

君のいない地上で
私は今日も空を見上げる

不安の断片に拉ぎながら
空を見ているしか
術もない

279 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/10/25(水) 07:12:43 ID:UaFLYASS

− 自 覚 −

?と!を羅列したり、や。を使うことは
今やテクニックの一つだけれど
保守的な人には解せないことらしい

時々、その保守的な気分が頭をもたげるくせに
私はそういった記号をよく使う一見先進的な詩を書く

だけどそれは見た目だけで
ぜんぶ、その日の雰囲気と気分で出来ている

感傷しかない叙情の生き物だという自覚なら
幼い頃からずっと、第三者の自分とともに見つめてきた

私はなんともたわいないものしか書けないのだから
たわいない私はせめて
しゃんと背筋を伸ばせねばと思うのだ

空から地下へのびる一本の線
そこに私の中心を預けて過ごす

280 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/10/25(水) 07:13:55 ID:UaFLYASS
伸ばせねば→伸ばさねば

……こういうミスこそが興醒めの迂闊さ

281 :名前はいらない:2006/10/31(火) 11:38:07 ID:M1mg4eu0
あなたに傷つけられたり恨まれたり試されたり冷たくされたり、
守られていなかったりとかしたら、
私は生きていけません。冷たいのでとても哀しいし心が乱されます。
私にとってあなたはずっといつまでも、どういう意味でとか説明するのとか大変だけど
心の支えであり大事な存在であることには変わりません。
だから、私は弱いのであなたに傷つけられると生けません。
本当はウソとかナシにここでとかでなくて直接誰にも聞こえんくらいで話したい。
それでほんとはあなたも同じ風に思ってくれてたらどんなに心の荷が降りるか、、、
と思います。
けどいまの自分にそんな資格ないかなと思ったりするので積極的になれません





282 :名前はいらない:2006/10/31(火) 11:54:14 ID:M1mg4eu0
友達みんな大切だけど
わたしにとって勝手に
一番理解しあえた友達
なんかずっと探してた友達
ぜったい失いたくない貴重な友達でした
友達を失いかけている今、とっても寂しいし哀しいです

283 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/11/12(日) 07:02:03 ID:FI/r8hdX
それが「どれか」、「なぜか」なのは、本人たちが気付くべきこと
なんて思うのは意地悪だろうか?(苦笑

わざわざ2つほどとあげることで、すべてが何かを得るという気もしたり
勿論、私も又、読むことでいろいろなものを得ている

視点とか焦点とか情景とか心情とか背景とか雰囲気とか
あげてみたらきりもなく一つの言葉には二も三も意味があるほどに

誰かのナニカをみるたびに、さざなみのおこる心地よさ


284 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/11/12(日) 07:07:29 ID:FI/r8hdX
>>281-282

得ること 失うこと
連鎖して 延々とこまねいて

それでも 途切れずにつむぐはずの思いは
「今すぐ」とこだわることなく
「いつかきっと」と托す形でなし得る 望み

「好き」がその根にあるのなら
哀しみも又 「いつか」へと還る

きっと


資格とか、どうなんでしょう
相手が何も返してくれなくても自分が与えたい好きがあるのなら
邪魔にならない片隅程度にそっと差し出したらたぶん
いつかは届くと思います
あなたの望み通りかどうかは分からないし
望みのままということが稀だけれど
「届かない」ということはないと思うのです

285 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/11/13(月) 03:09:03 ID:XQQ9+9d1

ひゃくまいなすいち 起動 とか
してみたいなーできたらすごいなー

現実に居座る0と1さえ手一杯の私には
夢過ぎるくらい夢のまた夢の妄想

妄想をもとにした世界であるけれど
希望を歌にしたいまはかしましく

夜に鳴り響く おんがく
それが精一杯

どっとはらい

286 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/11/13(月) 03:39:59 ID:XQQ9+9d1

まずいなぁ
まずいと思う

これはねぇ、反動です
ぱっと咲いて散るような
花火のような反動です

ひらひら舞って墜ちていく
桜のようならまだ良くて

刹那に咲いて散るものだから

心に身体が付き添わず
身体に心も付き添わず
てんで勝手な方向を見て

見た目あたふた内心茫洋
そんな状態に見舞われます

反動です反動です
ただいま反動襲来中です

287 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/12/27(水) 01:42:58 ID:BA4aLm0h
詩が書けない
いや
文章が書けない
そんな時期もある

毎日リハビリ
毎日手慰み

日々これに明けて
日々これに暮れる

今日も又
明後日の方を向きながら

私の手綱は危うくたわむ

288 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2006/12/31(日) 22:25:14 ID:TGJDqfBo
今年一年、ありがとうございました
来年もどうぞよろしくお願いします

みなさまに、素敵なことのある一年でありますように

……私にも、何か良いことある一年であってほしいな
私自身が頑張らなきゃしょうがないんだけどね(苦笑

それではみなさん、良いおとしを

289 :名前はいらない:2007/01/13(土) 22:57:43 ID:b408GmIM
あの女が職・金・財産・家・家族・友人ありとあらゆる物全て失います様に
更に醜い歪んだ姿になります様に
もっともっと苦しみます様に
やる事なす事全て裏目に出ます様に
全ての人間から嫌われます様に
ズタボロに滅びます様に
消滅します様に
マガレ

290 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2007/01/18(木) 03:21:42 ID:KfareJlL
「もしも」なんて言葉は戯れの刺でしかない
誰も彼もが繰り返しては躓くその交差路で
儚く消えた可能性を追い求めても所詮
うたかたの足跡しか残せない
嫌いじゃないし好きでもない
大事だけど大事じゃない
そういう自分とそういう誰か
そうして過ぎていく可能性の僕たち
何も残さずに過ぎていくあるがままの僕たち

291 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2007/01/18(木) 03:23:55 ID:KfareJlL
噂は噂を呼び、今やどれが本当か分かりません
なりゆきを見守ろうと思います
永遠なんてどこにもないから、流されていこう

未来があればまたここで「ごきげんよう」と微笑みあおう
過去しか残せないならばいつかどこかで
「ごきげんよう」と微笑みましょうよ

流れていくからこそ私は私たるのです
過ぎていくからこそあなたはあなたたるのです


〜2chを巡るさまざまな噂を目にし率直な思いを記す

292 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2007/01/18(木) 03:26:13 ID:KfareJlL
>>289
誰かを呪えばあなたも同じだけの痛みを受ける
覚悟があるなら止めません
覚悟のない言の葉は、後悔しか生まないので吐き出さないことを推奨します

まあ、余計なお世話でしょうが、このスレを立てたのは私だから
どうぞおおめに見てやってくださいな

293 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2007/01/25(木) 09:56:59 ID:OkyWCz8u
睡魔の神様
睡魔の神様
お薬飲んでも降りてきません
でも、手のひらがぬくぬくなので
もしかしたら眠れるでしょう
今のうちに寝てみます
睡魔の神様
睡魔の神様
今日も私を夢の国に連れて行って
願わくば
悪夢ではなくて楽しい夢を与えてください

294 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2007/02/25(日) 21:33:17 ID:Ck5UxJAz
− ただ、あちら側へ −

人差し指の爪で
土塊をひっかく

ぽろぽろとこぼれていく割りに
一向に辿り着かない 底

這い上がるためにこそ
たぶんまだまだ落ちねばならない

だからこうして指先で
遅々とした作業を繰り返す

奈落の底を掘りながら
突き抜けるいつかを夢見てる

295 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2007/02/25(日) 21:37:03 ID:Ck5UxJAz
− 痕 跡 −

香りが
その鼻孔に残るよう
手紙の折々に
名残の一吹きを与える

 私を感じてください
 何度 忘れても良いから
 忘れるたびに繰り返し
 そっと 思い出してください

ただひたすらに願う
なんて独りよがりな儀式

296 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2007/02/25(日) 21:40:58 ID:Ck5UxJAz
− 一本縛り −

結い上げた
 ポニーテールのてっぺんを
  ぎゅっと結ぶ行為

背を伸ばし
 手を伸ばし
  私を伸ばし

世界と一本の線になる

高く深く遠く
 繋がっていく錯覚
  広がっていく心持ち

297 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2007/03/10(土) 23:24:14 ID:H4W5G4vR
− 空中分解 −

土曜日
ぽっかりと
突然に予定の消えた
空白の時間

外は強風
やりきれないまま
ドアノブを握り
その冷えた感触で
得ている現実感

ため息を
ラムネみたいな錠剤で溶かして
何事もなかったふりで
明日もおはようと歌う

この空虚さを押しつけても
意味などないし益体もないから

ほのぼのと微笑んで
朝の挨拶を君に捧ぐ

忌々しいマイナスの感情など
そのうち空気に溶けていくのだ
白い雪が儚くなるのと何も変わらない

298 :霧都 ◆SNOW/oy/Uw :2007/04/07(土) 02:13:16 ID:IzzMF6uz
− 春 −

メンドイ
最近の口癖は
春に不似合いな一言

まるで埃まみれの空みたく
ざらついた気分でこぼす

空気の中は飽和している
私の吐息がまじる余地もないほど

いることすべてが
どうしようもなく不謹慎なのだと
一挙手一投足のたび実感する

132 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)