5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

さよならベイビー☆

1 :さよならベイビー☆:2005/05/05(木) 05:03:51 ID:XZJdHONM
癒えるまで書きつづける。
さぁあなたもご一緒に。

458 :さよならベイビー☆ :2005/05/04(水) 23:30:52 ID:+V8RVwDY

横たわった僕の手足は
死体のように冷たくなってて
キミは触れて少し戸惑った顔をした

昼間の日差しの残ったキミの顔は
暗い中でもよく分かった
下らないやりとりは底を尽きて
キミは僕を抱き寄せた
食べるようにキスされながら
僕はいつまでもここにいたいと思った

キミが腕枕されたいと言った時
ちゃんとしてあげられたら良かったな
キミの上から見下ろすまつ毛と形のいい唇に
精一杯になっていたから

暗い海の波音を聞きながら
僕たちは双子になってしまったね



2 :さよならベイビー☆:2005/05/05(木) 05:06:42 ID:XZJdHONM
雨の日はミュールを履こう
キミと手をつなぎ
非常階段わざとカンカン音をたてて
キミが「うるさい」という
コトバが耳に心地いい

ああお月様
私からこの人をとらないで
あなたと同じようにこの人を思っているから

だけどお月様
あなたはいつも見てたのね

3 :さよならベイビー☆:2005/05/05(木) 05:16:57 ID:XZJdHONM
光よ
目を閉じていても差し込むその強い光は
いない時の暗さを一層強くする
それでも見ていたいと
一秒でも長く見ていたいと思い
日々を過ごす
光と共に過ごす日々を想像する
私はその光に吸い込まれ
一瞬にして灰になってしまうのかもしれない
それなら光が一層輝きを増すように
余すところ無くこの身を焦がそう

4 :さよならベイビー☆:2005/05/05(木) 09:39:40 ID:FbOG3Q2w
ボトルワイン2本
キミのくれたやつのほうが美味しかった
黒い車
キミが歌う下手なスマップ
魚のエサに噛まれて痛がる顔
吸いかけのタバコをもらう
どうかすべてが
夢でありませんようにと
目を閉じた

5 :名前はいらない:2005/05/05(木) 09:41:22 ID:e2dwoI9u
好き系かも。期待

6 :名前はいらない:2005/05/05(木) 12:01:16 ID:4nAb2TnB
描きたいんや!

7 :さよならベイビー☆:2005/05/05(木) 12:04:51 ID:FbOG3Q2w
金曜日
キミの書く字だけ見てる
本を閉じる音が響く
顔が重なる
八重歯をさわると決めてたよ
眠ったキミは震えてる
月がニコラシカを飲むのでしょう
冷蔵庫がうるさかったね

8 :名前はいらない:2005/05/05(木) 12:29:43 ID:4nAb2TnB
瞳のひらと睨めあうも
華に繋いだ涙に濡れて
暗と一差し舞い散りて

9 :わに ◆Wani6uvhK. :2005/05/05(木) 12:37:02 ID:2xLfWt0t
こういうの好みです。
これから楽しみにしていますっ

10 :名前はいらない:2005/05/05(木) 12:38:11 ID:4nAb2TnB
さよならベイビー

11 :さよならベイビー☆:2005/05/05(木) 12:46:52 ID:FbOG3Q2w
岩場で手を引かれ舟に乗る
キミが飛び込むと
川は喜びの水飛沫をあげた
流れ星がキミに舞い降りて
何を言ったの?

12 :さよならベイビー☆:2005/05/06(金) 04:19:25 ID:XrGeN3I5
あなたと空をいく
夢でなければよかった
私は悲しみの海に沈み
見上げる陸は
私がいた時よりも輝いて見えた

13 :さよならベイビー☆:2005/05/06(金) 04:28:22 ID:XrGeN3I5
私を押さえつける月の光
ivyはとうに手元にないのに
私に根を張っていくのをやめない
香炉の煙に息が詰まった

14 :さよならベイビー☆:2005/05/06(金) 13:35:22 ID:YEgQ9EYd
信号の前で会おう
エレベーターの前で会おう
お揃いの色のスーツ着よう
シャツは水色とピンクにしよう
スケジュールにメッセージ入れよう
言葉無く語ろう
麦水くさいキスをしよう
雨の降る夜あの海へ行こう
帽子かぶって
こっち向いてと言ったら照れて


15 :さよならベイビー☆:2005/05/06(金) 14:09:23 ID:YEgQ9EYd
キミはこの世の奇跡です

16 :whorekitten☆ ◆j1KkCeLwDc :2005/05/06(金) 14:22:34 ID:vB9zgf/e

どっかしら流れてく
ミュージカルに世界の縮図を知る
あんたの肩に噛みつきたい
水色ピアスにむしゃぶりついて

幸せを知るんだ



17 :名前はいらない:2005/05/06(金) 17:32:52 ID:tz0JBOZX
さようなら
小さな屍
すぐに折れる小指
白い浴衣着て
閉じられた大きなまなこ
黒い長い睫
腕中に納まる四肢は
焼いたら手のひらの骨壺
さらさら さらさら
川に流すよ
君がまだ私の中にいたころ
散歩で来た長い川に

18 :さよならベイビー☆:2005/05/07(土) 03:48:34 ID:Khq4ndOg
私がキミを思うこと
これは不治の病です
私は怖かった
キミが私とずっと一緒にいてくれると言ったら
一生分の喜びを使い果たしてしまうのではないかと
だけど私は不治の病だから
キミが私とずっと一緒にいてくれて
一生分の喜びを使い果たしてしまったら
もう私はいつ死んでもいい

19 :さよならベイビー☆:2005/05/07(土) 04:03:51 ID:Khq4ndOg
夢のバッテリー
私たちにしかわからない
サインを交わそう
キミの投球
闇を貫け

20 :さよならベイビー☆:2005/05/07(土) 20:17:16 ID:z/GZUHGs
今となってはすべてが幻
キミのいない海の花火と
一緒に散っていったんだなぁ
もう困らせないから
元気でね

21 :さよならベイビー☆:2005/05/07(土) 20:23:36 ID:z/GZUHGs
強い人
ほんとにどうもありがとう
たくさん助けてもらいました
何も知らないけど
私の中で大きな意味を持ってます
朝日新聞は1、2回しか読んだことないよ
それじゃーね☆

22 :さよならベイビー☆:2005/05/07(土) 20:24:34 ID:z/GZUHGs
よし癒えた

23 :名前はいらない:2005/05/07(土) 20:38:53 ID:tT624gaA
えマジで じゃあ終わりですか。早

24 :名前はいらない:2005/05/07(土) 20:39:50 ID:tT624gaA
こんにちはベイビー

君が僕に似ていたようだから

僕が交差点で頭を割ってみせたら

その頭を撫でつけた、暖かい手のひらで

さみしそうな雪を降らせないでおくれ

砂糖の海に種が芽生えて

なんだか気持ちがもじゃもじゃしてかゆいよベイビー




25 :さよならベイビー☆:2005/05/07(土) 21:27:18 ID:z/GZUHGs
>>23
うん、また何か思いついたら書くけど(^^)

>>24
ウレシイな〜☆こんにちは

たくさん真似した 憧れだもの

去年の4月くらいから

再会できそうな気がしていたの  

26 :名前はいらない:2005/05/07(土) 22:30:41 ID:tT624gaA
>>25

あたらしい書き込みをたのしみにしてますベイビー

27 :さよならベイビー☆:2005/05/07(土) 22:33:37 ID:z/GZUHGs
私にもイイお相手が見つかりますようにアーメン

28 :ベイビー☆:2005/05/10(火) 19:36:04 ID:eakOUBGN
心に残る名フレーズ

♪粉のように飛び出す切ないときめきです
今だけは逃げないで君を見つめてよう

男の人でこんなことを言える人ってスゴイよな〜

29 :ベイビー☆:2005/05/10(火) 19:38:26 ID:eakOUBGN
ロマンチストな乙女座です

30 :ベイビー☆:2005/05/10(火) 19:42:47 ID:eakOUBGN
♪疼くボディがくっついて花火になって 喜びの中へ
彼も彼女もファンキーなビート食らって
dancing in the street baby

恋ってこんなだよね。


31 :ベイビー☆:2005/05/10(火) 21:39:26 ID:AxeeArW4
♪もう恋なんてしないなんて言わないよ絶対

32 :名前はいらない:2005/05/11(水) 16:34:19 ID:RV7IaRxW
もう癒えたのか
次いつ傷ついたりする?とか不謹慎かw
応援ベイビー☆

33 :ベイビー☆:2005/05/11(水) 17:39:13 ID:EgQ1wQDx
>>32
その言葉に傷つきました
というのはほんの冗談で
頑張らないけど
捨てないよ
愛を込めて

34 :ベイビー☆:2005/05/11(水) 19:05:28 ID:EgQ1wQDx
なんとか晴れだね
鯨が二頭雲を眺めた
前日が響き氷結は半分
遠くなるパンの味は
思い出せなくなる日が来るね
一言が違う今を作っていても

35 :ベイビー☆:2005/05/12(木) 05:52:03 ID:DMayD1Xe
ヒトの真似した滑稽な猿が
ヒトと比べて価値を決める猿が
ヒトを妬み悪く言うのが日課
猿は被害者ぶって
媚びて媚びて生きている
この世にお前ほど醜悪なものはない

36 :名前はいらない:2005/05/12(木) 10:24:18 ID:BgKxajR8
まるでわたしのことやね

37 :ベイビー☆:2005/05/12(木) 12:25:32 ID:yLlQeaw1
>>36
違うよ、昔いた姑息で汚い猿を
ちょっと思い出して気分が悪くなったから書いただけ。
気にしないでね。

38 :ベイビー☆:2005/05/12(木) 12:39:08 ID:yLlQeaw1
白いTシャツが青空を抱き
乾きたての髪が風に揺れる

24時間1ミリの隙間もなかったの
キミを思うとアクセルべた踏み
どんな岩だって山だって
ブチ抜いてやりたくなったのよ

39 :ベイビー☆:2005/05/12(木) 12:48:40 ID:yLlQeaw1
やっぱ良い気分だったこと書く方が楽しいや。
テンション上げて行こうっと。

40 :ベイビー☆:2005/05/13(金) 16:41:17 ID:SuUuMqHr
彼の心臓 私にリズムを刻んでく
人形みたいな彼だけど
私を踊らす天才よ
彼は女性が少し怖いの
でもイヤと言えないのではなく言わないの
彼の美徳よ
お願いはね
10年 20年 30年 40年経っても
生きていて

41 :ベイビー☆:2005/05/15(日) 18:45:42 ID:mFU9u1PB
砂浜で日を浴びて
4月の海に白い足
私服のキミは
いつもよりもぐんと幼い
日が沈む前に
夢を重ねて空へ飛ばそう

42 :ベイビー☆:2005/05/26(木) 14:46:52 ID:jEGBVLL+
一篇の詩を生むためには
われわれはいとしいものを殺さなければならない
これは死者を甦らせるただひとつの道であり
われわれはその道を行かなければならない

43 :ベイビー☆:2005/05/26(木) 14:48:25 ID:jEGBVLL+
セーラー服と機関銃

44 :ベイビー☆:2005/05/26(木) 14:50:01 ID:jEGBVLL+
好きです

45 :ベイビー☆:2005/05/26(木) 15:11:06 ID:jEGBVLL+
あなたの姿を知らないわ

46 :ベイビー☆:2005/05/26(木) 15:18:13 ID:jEGBVLL+
おかしいほどいつもただすれ違うことがtheory〜♪

47 :ベイビー☆:2005/05/28(土) 15:15:27 ID:QADvcuIx
Fight 'till your fists bleed,baby.
Bear the fate-walls enclosing you,
maybe God will unlock the cage of learning for you.
Fight 'till your fists bleed,baby.
Kick and scream at the wicked things,
maybe God will unlock the door you need to walk through.
When will it happen,baby?
It could be near,but then maybe it could be far.
『Here I am in the waiting room of the world.
I will wait until you call my name out loud,
in the waiting room of the world.』


48 :ベイビー☆:2005/05/28(土) 15:18:28 ID:QADvcuIx
(↑替え歌)

49 :見逃しましょう:2005/05/28(土) 15:41:26 ID:ziRN13Fi
'till → 'til

50 :ベイビー☆:2005/06/10(金) 12:27:23 ID:krVkrJaf
何を聞いても 何を見ても
それらは私を切りつける刃物
弄りの霧の中で覚えたことは
私の中に光がある
求めることより与える力を持つことよ
いつだって最高の愛をあげる
いつだって最高の愛をあげる

51 :名前はいらない:2005/07/23(土) 17:24:55 ID:wR87/H7Y
たけさんですか

52 :名前はいらない:2005/10/20(木) 20:48:12 ID:9++3Av8k
>>51
違います。

53 :名前はいらない:2005/10/20(木) 20:52:21 ID:9++3Av8k
溶けていくのは反動か
それは愛よりもありふれていて
恋よりも軽い
どことなく物足りなくて
淡く嬉しくて
真実を求めるわけでもなく
嘘ばっかりでもない
慣れにくい空間
止まることもなく
進むこともない


54 :prosit:2005/10/20(木) 20:53:45 ID:9++3Av8k


undo



55 :prosit:2005/10/20(木) 20:56:10 ID:9++3Av8k

「ベッド」

場所をとるだけのセミダブル
広くて寝心地が悪い
一番よく眠れそうなのは
歯医者の診察台だろう
気が付くと
歯医者の手を噛んでいる
高い金を取られるのが惜しい


56 :prosit:2005/10/20(木) 20:59:39 ID:9++3Av8k

「soleil」

誰もいないのが嬉しくて
太陽の下 はしゃいだ

誰もいないのが寂しくて
太陽の下 眠った

嫌だった
言葉にするたび遠くなっていくようで

57 :prosit:2005/10/20(木) 21:03:00 ID:9++3Av8k

「contact」

友情などというと
疑わしくなるが
いい距離だと思う
羨ましい
何百枚も美しい写真を撮れるから

58 :prosit:2005/10/20(木) 21:07:03 ID:9++3Av8k

「スナイパー」

テレビをつけると
吐き気がしてくる
震えてしまう
布団に入ると
頭と手足は重いのに
目だけは異様に覚めている
朝の太陽は頭上から
摩耗した神経と夜中の涙の痕を照らす
他人の繕う言葉を拒絶し人目を避ける
呼吸が浅い
バーテンの腕にかけた手を引き離した
愛をくれる人の前で
テーブルを蹴り上げ抱きしめられる
夢を見た


59 :prosit:2005/10/20(木) 21:11:34 ID:9++3Av8k

「siesta」

昼間ストンと落ちた眠りの中で
キミを見るなとしかられた
意識して顔を背けた
イヤホンから震えた声で話かけてきて
雨の駐車場
イヤホンを外した
鉄の扉の向こうから
誰かを呼んでる声がする
荊の鎖が締め付ける
幻想を素手で引きちぎる

60 :prosit:2005/10/20(木) 21:16:28 ID:9++3Av8k

「elan vital」

17年生きてるネコといます
『植物みたいだ』と言いました
しかし今こいつと大差あるでしょうか
腹の底響くのは
窓の外
行き交う人々の鼓動でしょうか
それともマグマが噴火を待っているのでしょうか
一人でも笑えます
おいネコ、お前も笑えるか?

61 :prosit:2005/10/20(木) 21:18:52 ID:9++3Av8k

「pulse」

ポケットからコードを伝って
爆音電気ショック
動き出す体 
脳裏をよぎる
大嫌いな蛙が実験台に乗っているさま

62 :prosit:2005/10/20(木) 21:22:09 ID:9++3Av8k

「mirror」

どうしても忠実に映し出した
掴もうとしても掴めないのは当然の話で
こちらが右手をあげれば彼は左手をあげ
左手をあげれば彼は右手をあげた
しかしそんなにおしゃべりが必要な気はしなかった
ただその輪郭をなぞりたくて
差し出した言葉は
久しぶりの呼吸のようで
肺がひどく窮屈に感じた

63 :prosit:2005/10/20(木) 21:26:56 ID:9++3Av8k
牛乳が凍った空を
アイスピックで砕いたら
コーヒー片手に立っていよう
待ち望んだ
吸い込まれていく光に僕らは
同時に強い抵抗も覚え
次第に言葉も思考も奪われる
ただの男と女になって
無人島まで行き着こう
光に溶ける場所まで行こう
生まれつきのモーターで

64 :名前はいらない:2005/10/20(木) 21:30:20 ID:9++3Av8k


「MISS ME?」



65 :名前はいらない:2005/10/20(木) 21:38:58 ID:9++3Av8k
長雨が止み、青空の広がった日曜日、17年と半年の天寿を全うした。
ミィである。

ミィは我が家にとっては最初の猫で、生まれてまだ一週間といった状態のところ、
父が連れてきた雄猫だった。

当時まだランドセルを背負っていた私には、我が家のニューフェイスの一挙一動が
新鮮で仕方なかった。
そのせいで構いすぎたためか、私の右腕には一生消えないほどの深くあやしげな傷が
刻まれてしまった。

しかし眠っている時にそおっと手を顔に近づけてやると、手のひらに額を押し付けてきて
前脚で定位に正し、延々と私の指を吸った。
ロクに母猫も知らないのである、いじらしい様子であった。

66 :名前はいらない:2005/10/20(木) 21:43:53 ID:9++3Av8k
歳月は流れ、ミィも私も随分と大人になった。

ミィは私が実家を離れてどんなに久しくしても、
ドアを開ければ必ず玄関先までやってきて、
「なぁーん」と変わらぬ一声をあげた。

犬のように吠えもせず、暴れもせず、ただ我が家に在るといったミィの目には
私たち一家はどのように映っていたのだろうか。

67 :名前はいらない:2005/10/20(木) 21:49:20 ID:9++3Av8k
ミィが逝った日、私たち家族は久しぶりに全員揃った。
大きさと値段ごとにズラリと骨壷が並んだ美術館のような
ペット霊園のロビーにて。

私は初めて火葬というものに立ち会った。
それから、人間さながらに経が読まれ、焼香した。

ミィは霊園創設以来の猫長寿記録を更新したとのことだ。
「ハイブリッドの強さ、見せてやったな」と、
帰り道、私はミィの入った壷に話かけた。


68 :名前はいらない:2005/12/11(日) 16:47:34 ID:UXifZbti
age

69 :名前はいらない:2006/01/05(木) 21:32:36 ID:8aRMaRUt
「崩壊」

度が過ぎた恋の熱 もう嫌だと駆け込んだ病院
もらえたのはごく軽い安定剤だけ
何でもいいから病名付けて入院でもさせてほしいとさえ
思ったけど無理だった もう眠らせてもらいたかったのに
友人だった人 態度の変化
すぐに分かってたと思う 多分
信じたくなかった でも
言って欲しかった 友人だと思ってるならね
でも最後まで言わない
結局 確信付けさせたのは違う人だった
そりゃ言い易くはなかったろう
私に知られたと分かってからの対処、態度
悲しいくらい呆れるくらい 私の好みじゃなかった…
私に知られなければいいと思ってたというようにしか見えなかった
悲しいくらい呆れるくらい 分かり合えてなかった
楽しいこともあったよ だけど崩壊してしまった
今さら無理に形式だけ作っても ぎこちない空気が流れるだけ そんなことはしたくない
誰かの力を借りなくちゃ持続できない仲は 親しい友人じゃないと思った
大事にしてたつもり
好意ベースのアプローチが皮肉にもお互いにとって苦痛
極端な話 親しい仲で
グレーを選ぶ場面か、10-0を選ぶ場面か
決定的に噛み合わせを違えてる
さようならは言った
私はもう悲しくない


70 :名前はいらない:2006/01/05(木) 21:40:00 ID:8aRMaRUt

遊歩道
彼女の砂利を踏む音が 僕の思考を塗り潰していく
風の音楽を聴いて踊る 遅咲きの花弁に目をやる
ふと この花弁を 彼女の口に食わせてやりたい
衝動に駆られた僕は 手の平を広げる

すると目に映った彼女の唇が開き
「何か、飲む?」と呟いた

僕は俄かに笑みを浮かべてしまった気がして
なんだか 照れくさくなってしまった

 春風に気持ちの小舟は揺れ浮かぶ
 桜の雨に酔いて欠伸す


71 :名前はいらない:2006/01/09(月) 11:30:10 ID:FfYmG1Vx
「DITA」

DITAはごめんねと言われて泣いてた
毎晩のようにやってきては愚痴を言って
ただ聞いてるだけの私に悪態をつくこともあった
特に傷ついたりすることはなかったけど
(DITAなりの気を遣い方だと大分後になって分かった)
うんざりする日も多かった
あの頃の私にはDITAが難解すぎた

口も聞かなくなりしばらく
久々二人で過ごしたディナーは
DITAが全部払うと言った
この晩やはりDITAは私のあげたピアスをしていた
落ち着いたら
温泉に行きたいと言った

桜の木の下
痩せた姿を褒めてほしいみたいだった
もちろん褒めた
この日やはりDITAは私のあげたピアスをしていた

桜の木の下
DITAは私を一言も悪く言わなかった

DITA
DITA
DITA




72 :名前はいらない:2006/01/09(月) 11:31:55 ID:FfYmG1Vx


MOONは相変わらずいいコにしてる



73 :名前はいらない:2006/01/09(月) 11:37:46 ID:FfYmG1Vx

「ブリ大根」

長い髪 結わえた君が 鍋回す

後れ毛の下 滲む汗

西陽反射す 台所


74 :名前はいらない:2006/01/10(火) 22:09:39 ID:SzizsfxH

何でもかんでも知りたがろうとしてくる人間との関係を大事にしたいとは思わない
まったく別の人生を歩んでるのに、口出しすべきことか、他人との話の種にすべきか、
考えたこともないだろうが

また本人に直接言わなければ
陰でどんな中傷してもいいと思ってるような人間のことは軽蔑する

あげく死体解剖でもやるまで追うつもりか
ストーカーは犯罪

昔、大事にしてた関係があったとしても
そんな事実があれば冷める


75 :名前はいらない:2006/01/10(火) 22:14:56 ID:SzizsfxH

暮色にゆでたまご
凍みた手が春を孕む

可愛さのあまり
危うく窒息

痩せた背中の絹糸は遠かった
温灰に埋めてしまいたいほど

輸液が繋いだ石
残光の熱は痛く刺す

ゆでたまご
水食され碧海となる

76 :名前はいらない:2006/01/10(火) 22:18:22 ID:SzizsfxH

東屋に光の回廊

泉が走る

疼く道 羹を呷る

絵図に見し泡沫

onz.テージ

77 :名前はいらない:2006/01/12(木) 01:20:00 ID:gm8G7VL9

円盤粉砕
激が無いと
劇薬が走る
欠片ほどの光に眩み
蟻の行列見失う
円盤粉砕
尖塔映す幻


78 :名前はいらない:2006/01/12(木) 01:29:58 ID:gm8G7VL9

青なる毛糸を指が行き
視線の雨が降っている
白の風に煽られた
温度の見えない寂しさと
黄砂に影すら重ならず
常食違えば交わり難く
熱湯吸ったビロードが
刻々たる静けさを生んだ



79 :名前はいらない:2006/01/12(木) 01:34:16 ID:gm8G7VL9

撒水後のコンクリート
ジャリジャリ鳴く蝉声に湯気立つ
沈鬱を焼き上げんとする
七月のおてんと様は黄金色
影から影へと飛ぶ
赤白きドルフィン


80 :名前はいらない:2006/01/12(木) 01:36:02 ID:gm8G7VL9




81 :名前はいらない:2006/01/12(木) 01:37:15 ID:gm8G7VL9




82 :名前はいらない:2006/01/12(木) 01:38:34 ID:gm8G7VL9



83 :名前はいらない:2006/01/13(金) 14:44:45 ID:mV0p2TDJ

馳せて見付けた間の隅に
物言わず 笑む 竜胆
蝶ふと消えた戸の後ろ
まるで冷たき空のあり

その佇まい 瞳に映し
馬は 嘶いた
耳を 失くしていた

竜胆の唄泳ぎても
変わりなく 波 夜が飲む
重石忘れた潟の泣く
まるで冷たき空のあり


84 :名前はいらない:2006/01/13(金) 14:54:45 ID:mV0p2TDJ

るるる・るるると水が壁
距離は無くても厚き壁
笑みも交わせぬ哀しきを
代わる代わるに皿に盛る

るるる・るるると水が壁
氷上駆ける時が憂く
粒食む程の暇では
背にて雨のみ感じ居る

るるる・るるると水が壁
呼吸を同時に止み入りて
枝より伝う音を聴く
心の底に繋がらむ

るるる・るるると水が壁
るるる・るるると水が壁



85 :名前はいらない:2006/01/13(金) 14:57:03 ID:mV0p2TDJ



86 :名前はいらない:2006/01/14(土) 03:59:06 ID:oaNCLkyi

葉が開いて

緋が昇った

橡の煙を上げて

透明な熱を

引き連れて



87 :名前はいらない:2006/01/14(土) 04:02:43 ID:oaNCLkyi





88 :名前はいらない:2006/01/14(土) 04:03:53 ID:oaNCLkyi




89 :名前はいらない:2006/01/14(土) 04:06:17 ID:oaNCLkyi





90 :名前はいらない:2006/01/14(土) 04:19:06 ID:oaNCLkyi

入口から白羽が歩いてきた

皺が釘付けにするので

黄色の襟を乱暴に後ろへ

この時見た八重咲きの桜が

一瞬にして確実に

空へと送った



91 :名前はいらない:2006/01/14(土) 04:42:34 ID:oaNCLkyi

去年の紅白良かったナ




92 :名前はいらない:2006/01/14(土) 04:43:11 ID:oaNCLkyi





93 :名前はいらない:2006/01/14(土) 04:43:46 ID:oaNCLkyi





94 :名前はいらない:2006/01/14(土) 07:42:55 ID:rLzJCCzF





95 :名前はいらない:2006/01/14(土) 07:43:35 ID:rLzJCCzF




96 :名前はいらない:2006/01/14(土) 07:44:14 ID:rLzJCCzF





97 :名前はいらない:2006/01/14(土) 23:16:48 ID:1a6cSCQb





98 :名前はいらない:2006/01/14(土) 23:17:32 ID:1a6cSCQb





99 :名前はいらない:2006/01/14(土) 23:20:31 ID:1a6cSCQb

『marriage』


鉄板の上に牛ロースを並べ終わる頃、
彼女が言った。
「肉ってなんだかハッピーな気がするの。」
空いた所にキャベツを並べながら僕は聞いた。
「へえ、なんで?」

彼女は皿と箸を置いて立ち上がると、
電話機の横から紙と鉛筆を持ってきて
また腰を下ろした。
そして左手で覆い隠すようにしながら
紙の上でゆっくりと鉛筆を動かし始めた。
俯いた姿も悪くないな、と僕は彼女を見ていた。
僕の内心を察したかのように彼女は顔を上げると
“肉、にく、29”と書いた紙を僕の方に向け、
「ホラ、福があるのよ。」とケラケラ笑った。

僕は29歳になった彼女と結婚した。



100 :名前はいらない:2006/01/14(土) 23:21:41 ID:1a6cSCQb


・・やっと100・・

101 :名前はいらない:2006/01/14(土) 23:26:15 ID:1a6cSCQb




102 :名前はいらない:2006/01/16(月) 18:41:37 ID:L8xRjqGQ

『恋』

恋は花

いずれ散ってしまう

止みたがらない雨に抗えない

それでも恋できる人は

強いと思う

恋が散ってしまっても

愛という幸せへと導かれたなら

素晴らしいね


103 :名前はいらない:2006/01/16(月) 18:43:17 ID:L8xRjqGQ




104 :名前はいらない:2006/01/16(月) 18:44:07 ID:L8xRjqGQ




105 :名前はいらない:2006/01/16(月) 18:44:48 ID:L8xRjqGQ





106 :名前はいらない:2006/01/16(月) 18:46:49 ID:L8xRjqGQ
カノンが聴きたくなった・・

107 :名前はいらない:2006/01/22(日) 23:21:58 ID:K2qXLEJ3

『』

 話をしたらきっと楽しい時間が過ごせるだろう
 話をしなくてもきっと楽しい時間が過ごせるだろう
 友達になったらきっと大事にしたくなる
 そんな予感を起こさせる人




108 :名前はいらない:2006/01/22(日) 23:23:18 ID:K2qXLEJ3




109 :名前はいらない:2006/01/22(日) 23:24:07 ID:K2qXLEJ3




110 :名前はいらない:2006/01/22(日) 23:25:48 ID:K2qXLEJ3
ねむい・・・(+_+)

111 :名前はいらない:2006/01/22(日) 23:26:50 ID:K2qXLEJ3




112 :名前はいらない:2006/01/24(火) 18:56:35 ID:2TL0Nx3s

古びた歌は
くどくどしく巡り
一面に網を張る
更に気泡の数だけの
螺旋が描くに違いない

湾曲した茎を
凍結した脈を

旋廻している縁取りを
常時であると言うまでに


113 :名前はいらない:2006/01/24(火) 19:02:28 ID:2TL0Nx3s

地面に下りた夜は長く
月に架かる 梯子です

穂先に留まった夜光虫
垂らす銀糸 疎らです

無蓋の箱が足出して
気温が染まる 飴色に

視界の割ける音高く
梯子昇る 煙です



114 :名前はいらない:2006/01/24(火) 19:05:32 ID:2TL0Nx3s

一騎 走る
鳴り続ける音の分だけ
距離があるのだと
夢の中にいる

一騎 走る
降り頻る雨の分だけ
泥があるのだと
歌の中にいる



115 :名前はいらない:2006/01/24(火) 19:07:01 ID:2TL0Nx3s





116 :名前はいらない:2006/01/24(火) 19:10:09 ID:2TL0Nx3s





117 :名前はいらない:2006/01/26(木) 02:33:35 ID:WFrDs5bf




118 :名前はいらない:2006/01/26(木) 02:38:30 ID:WFrDs5bf

掴みかけた踵の歌の
横でカーペットを逆撫でて
破裂音を聴いて
焦げる底の昼間では
匂いは掻き消されてしまうから



119 :名前はいらない:2006/01/26(木) 02:45:48 ID:WFrDs5bf

雑音遮る柱の陰に
静かに銃弾降り注ぐ

休みのない道

7つが開いた箱は
すり抜ける音楽続けた

休みのない道

乾いた橙 弾く砂の12



120 :名前はいらない:2006/01/26(木) 02:47:22 ID:WFrDs5bf





121 :名前はいらない:2006/01/26(木) 02:48:26 ID:WFrDs5bf





122 :名前はいらない:2006/01/26(木) 18:16:52 ID:VTVBCFWK





123 :名前はいらない:2006/01/26(木) 18:18:50 ID:VTVBCFWK

熱帯びた無色の夢にこだまする

『無より生じた有なるもの』

同じ夢を見てるかも



124 :名前はいらない:2006/01/26(木) 18:39:52 ID:VTVBCFWK

ブリキの如雨露が密やかに
暇潰しを勧めようものなら
咎めない道をあるだけの夜の間に
虹色のペンが描く水の上に
辿る雲をシャーレは中に
何も変わらず寝そべる傍ら
ありのままに保存するように

着火




125 :名前はいらない:2006/01/26(木) 18:41:48 ID:VTVBCFWK





126 :名前はいらない:2006/01/26(木) 18:42:47 ID:VTVBCFWK





127 :名前はいらない:2006/01/29(日) 19:14:17 ID:TtDEQcj5

雨の日重きは首より上に集まりたるが如きにて
蒸されるパンの鍋は露を篭めり



128 :名前はいらない:2006/01/29(日) 19:21:17 ID:TtDEQcj5

地上より吹きたる風に太陽は瞬き
もはや営みはかくも和やかになりぬ
足元には砂の襞
波によりうち撫でられ
磨らるる爪
光沢を表したる心地
残すところの淡き癖
愛しさを携えて


129 :名前はいらない:2006/01/29(日) 19:23:26 ID:TtDEQcj5





130 :名前はいらない:2006/01/29(日) 19:24:26 ID:TtDEQcj5





131 :名前はいらない:2006/01/29(日) 19:25:06 ID:TtDEQcj5





132 :名前はいらない:2006/02/09(木) 17:30:45 ID:3mwwFQmr

『ベイビー』

キミと僕 届くまで
どのくらいのコトバで足りたかな
嘘のように感じたことも
重ねてくうち 嘘じゃなくなったりしてた
時間は経ってく 隔てていくよ
そうだったことも そうしたかったことも
過去の日々と現在とに 区別されていく
僕の隣にキミはいない
キミの隣に僕はいない
二人でいた何百倍もの時間の中で
二人の選んだ道が今 目の前に広がってるだけ
僕の知ってるキミは変わらない
キミの知ってる僕は変わらない
だけど今 
キミを一番知ってるのは僕じゃない
それにもう
僕を一番知ってるのはキミじゃない
怒りと哀しみ 区別の無い僕だった
偶然など 何も無かった
キミを 愛していたよ
きっとね


133 :名前はいらない:2006/02/09(木) 17:33:57 ID:3mwwFQmr





134 :名前はいらない:2006/02/09(木) 17:35:14 ID:3mwwFQmr





135 :名前はいらない:2006/02/10(金) 01:31:43 ID:AdWk/uJ4
生きてる分
謙虚にカネがかかって
横たわれてるベイビーとはBYEBYE
殺してしまうの
流してしまうの
さよならベイビー

136 :名前はいらない:2006/02/11(土) 03:04:14 ID:NOiai/zT
>>135
ポエムありがとう。
生きてるとお金がかかるもんだよね。
働く動機になるもっともな話です。
ポエムとしては全体的になんとなく雑な印象を受けたけど
意図してのことでしょーか。
 “殺してしまうの
  流してしまうの”
って何かを忘れようとしてるとかの意味かな。
じゃなかったらすごく残酷な言葉になるよね・・。

あと、このスレはsage進行中ですよ。

137 :名前はいらない:2006/02/11(土) 03:08:40 ID:NOiai/zT

 『君のママと仲良くなりたい
 君をずっと守りたいから
 君のママと仲良くなりたい
 これからの僕らのために』

-懐かしい歌を思い出したのでカキコ-


138 :名前はいらない:2006/02/11(土) 03:09:40 ID:NOiai/zT





139 :名前はいらない:2006/02/11(土) 03:10:14 ID:NOiai/zT





140 :名前はいらない:2006/02/11(土) 03:14:08 ID:NOiai/zT





141 :名前はいらない:2006/02/12(日) 13:51:29 ID:KHqS2FW8

「感謝」

久に見つけた太陽が数秒で
柔らかい声に繋げてくれた
晴れているという
このことだけでも
素晴らしいこの日
変わることのないものを感じた
貴重なもの


142 :名前はいらない:2006/02/12(日) 13:59:08 ID:KHqS2FW8

溶けるほど眠った後は
洗濯後の人間がいると思う
洗いすぎて色落ちしてしまっても困るけど
洗濯するとスッキリするねぇ



143 :名前はいらない:2006/02/12(日) 13:59:54 ID:KHqS2FW8





144 :名前はいらない:2006/02/12(日) 14:00:38 ID:KHqS2FW8





145 :名前はいらない:2006/02/12(日) 14:01:27 ID:KHqS2FW8





146 :名前はいらない:2006/03/03(金) 23:40:40 ID:s/Zqo6f8

深海に錦鯉が棲んでいて
丸い池にその姿を映す
冷たくない池は違うのです多分
丸い池を覗き込むのでした
錦鯉は何かを口にするけれど
望まない
池ごと遠のいていきます
金箔が舞う日には
少しばかり
目が回っているだけなのです


147 :名前はいらない:2006/03/03(金) 23:56:40 ID:s/Zqo6f8





148 :名前はいらない:2006/03/04(土) 00:00:11 ID:Y6cE/v6H




149 :名前はいらない:2006/03/04(土) 00:02:24 ID:Y6cE/v6H




150 :名前はいらない:2006/03/04(土) 00:04:24 ID:Y6cE/v6H




151 :名前はいらない:2006/03/17(金) 01:32:44 ID:DwPEv/5/

並んだ粒たちは
蒸気してしまいそうに軽いのを堪え
重いものを担ぐ
手の中の魚が冷たいのに気付いた
手の中の魚が冷たいのに気付いた
魚は嬉しかったに違いない


152 :名前はいらない:2006/03/17(金) 01:35:11 ID:DwPEv/5/




153 :名前はいらない:2006/03/17(金) 01:36:16 ID:DwPEv/5/




154 :名前はいらない:2006/03/17(金) 01:37:18 ID:DwPEv/5/




155 :名前はいらない:2006/03/17(金) 01:38:02 ID:DwPEv/5/




156 :名前はいらない:2006/04/08(土) 23:19:08 ID:UXdtrEQv
面影も通り過ぎていく


157 :名前はいらない:2006/04/21(金) 21:51:38 ID:LlO33TLf
にゃんだ!
にゃんで俺がお前と付き合わなくちゃいけない?
にゃんでお前みたいなお前みたいな…

ケッコンナラE

158 :名前はいらない:2006/04/21(金) 21:55:42 ID:LlO33TLf
ケコンシタイナー
ケコンシキメンドクサイナー
ゴハンツクテホシイナー
カラダサワリタイナー
オパイモサワリタイナー
セナカサワリタイナー
オシリサワリタイナー
スリスリマイニチシタイ

159 :名前はいらない:2006/08/15(火) 00:01:49 ID:Czi4NbTv
感謝、感激、ネコ、大感激。

160 :名前はいらない:2006/09/22(金) 22:02:30 ID:o3/VRVyr
596 名前:名前はいらない :2006/09/22(金) 22:00:36 ID:k9oc23Jm
Push!Push!

161 :(^○^) ◆KYAHAwwgbg :2007/01/17(水) 23:06:19 ID:yQNUAWtp

 ★                                         ★
★ 818 = ID:mJfr+HwrO = 典型的無能 = 知恵遅れ の低脳晒し劇場 ★

>美容グッズの説明文を
>「マイナスイオン」
>「風邪を気合いで治す!」と
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1161440446/818
----------------------------------------------------------------
(^。^)wwwwwww〜プッ  〜♪
なんだこの池沼は。
己の知能の低さを棚に上げ、一切を否定しようとする典型的負け組だな。
美容と言っても、ビタミンCやコラーゲンが皮膚に大切な栄養素であることは、
すでに医学的に証明されている事実であるから、
残念だがID:mJfr+HwrOがいくらごねたところで覆らないことだ。
美容関係だから否定するというのは、ただの思考停止の阿呆である。
マイナスイオンは、悪徳な妄言や商品が出回っていることは間違いないが、
正しくは負の電荷のイオンであり、より厳密に言えば水滴の帯電現象である。
これを便宜上マイナスイオンと呼んでいるわけで、水滴帯電に罪は無い。
これが自然界に存在することはフィリップ・レナードという学者が確認している。
最後の「風邪を気合で〜」にいたってはマヌケな論点ずらし、国語力が低すぎる。
病は気からなんて言葉も知らんのだろうし、しょせんは知恵遅れだな。
もうちょっとマシな反論を用意したらどうなんだ(爆笑)

162 :名前はいらない:2007/02/28(水) 23:13:40 ID:52vcQJgt
プラスチックのショーケースで飼われてる気分なのさ
個性が無い時代です。個性的に生きたらつかまったのさ。
白い目で見られても変態だとののしられてもお前らが学校で
個性をはぐくんてくれたから今の僕があるわけで。
彼女はいつも死んだ目でガラス越しになにかを眺めるのが大好きで
特にほしくもないんだけど彼女はそれのためにがんばったらしい
真っ白な粉と引き換えに純白を売り続けるけれども
飾られている物を手に入れる事でプラスマイナスゼロにしてるのさ。
飛行船は今時は役に立たないけれどとても優雅だね
僕らは役に立たない個性をがんばってきたけどそろそろ限界
彼女はまたあっちに行ってしまったけれど
僕はまだそっちに行く事はできないでいるよ。
痛みと引き換えに手に入れる物が灰なんて僕には信じられないよ

163 :Mana魔名:2007/04/08(日) 19:48:02 ID:y82pIvud
さりとて含み笑いの素振りで忌まわしい春の姦謝祭に優雅
よろめく私を抱きかかえて更なる痛みと愛しの人影を追う
なるべくなら仮面の下に化粧を施し限界を超えた愛が素敵
らくだのこぶに馬乗り耳鳴り少し肌寒い曙に目覚めを知る
ベラドンナに身を鎮め忘れ得ぬ星の輝きを身に纏い踊れば
イルカになって海を行き彗星のように悲しい運命に捕まる
ビロードの風に流れるレクイエムが純白な月夜を飾り付け
1度限りの情事はプラスマイナスゼロの快楽で疲れが残る

35 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)