5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【下手でも】詩を書こう【イイじゃない】

1 :涙と空と詩:2005/06/17(金) 21:38:46 ID:m0q4WCN+
心のなかにあるものを吐き出そう+゚.(´∀`).゚+

2 :好きだから:2005/06/17(金) 21:43:24 ID:sgM//jiw
すきだから
すきだから
私が私を目指します
そして がんばりすぎないで
私を目指します

好きだから
好きだから
あなたを知りたい
どうか
大きな声で 歌わせて下さい
どこにもいかないで
とんがりあたまを好きでいて下さい


ハハハ

3 :涙と空と詩:2005/06/17(金) 21:47:04 ID:m0q4WCN+
夏の夕暮れの湿った風に髪は踊る

懐かしい香と共に 忘れていた宝石箱を開こう
君と過ごした時間が 今になっては「過去」で
ああ時は流れたんだと強く実感させられる

大事にしないで乱暴に扱って振り回して
崩れてしまってから気付くなんて
ボールは跳ねてまた落ちる
何度も何度も
光の作った影を見にまとい君は微笑んだ

また新しい箱を開けよう
鍵はもう手の中に
いつか今だって「過去」になる
だから歩きだそう
ああ時間が透き通っていく

二度と同じ事は繰り返さない
だって後悔がふえるだけだから
周りの景色を切り裂いて車輪は回る
ずっと ずっと

あの肩のぬくもりをもう一度だけ

4 :たまて箱:2005/06/17(金) 22:30:16 ID:sgM//jiw
新しい箱を来月に
開こうと思います。

そして開いたときに
またあなたに会えればいい
そうすれば
誤解も着飾りもわだかまりもない
素直な私を
見てもらえそうな気がします。

そしてあなたが好きになってくれた私は
棚上げしようと思います。
私が私であるから
あなたに裸の私を
知ってほしい

あなたがあなたであるから私に裸のあなたを見せてほしい

5 :涙と空と詩:2005/06/17(金) 22:57:39 ID:m0q4WCN+
>>たまて箱さん
前半すごい共感できました。私ももうすぐ箱をあけます。
だいすきな人に会いたいから。あたって砕けようと思います。
あ、独り言すいません(・∀・)よかったらまた書いてくださいね。

6 :  ◆UnderDv67M :2005/06/17(金) 23:27:24 ID:EDZzaEIm
>>5
この糞スレの維持目的に常連コテ作ろうと必死ですね 素直に「またレスってくれ」でいんだよボク? 

7 :名無しより:2005/06/17(金) 23:28:53 ID:sgM//jiw
またここにかきたいです。批判されずに
ただつらつら書いてるだけなので、思った事や季節を感じたり した事かこうとおもいます。

8 :涙と空と詩:2005/06/18(土) 00:19:53 ID:9azVJuGQ
手の中に何もない
跡さえなくて
まるで初めから何もなかったような
そんな感じで

理由も地図も目的地もない
じゃあどこへ行けばいい?
私は何をすればいい?
ありもしない答えを探して
人は彷徨う
どこまでもどこまでも

人込みに呑まれ
ビルの隙間へ逃げ込んだ
奥に見えた光る目は一体何を見た?
私じゃなくて何か
別の 幻?


9 :名前はいらない:2005/06/18(土) 10:23:55 ID:BPL5b8Is
ただ一言伝えたい事があるんだ
「過去は今日を映す鏡だ」
歴史を学ぶ意味はそこにある


10 :永遠のロンド:2005/06/18(土) 15:51:05 ID:PgeYrK1y
二人で奏でたメロディー
二人で誓ったメロディー
共鳴しあったメロディー
二人だけのメロディー
そう
昔奏でたセレナーデ
今まで泣いてたララバイ
今想う背負った愛のロンド


11 :名前はいらない:2005/06/18(土) 18:21:30 ID:SdlOvcX+
あなたの良さを分かってくれて
あなたの傷を癒せる人が
きっと現われるよ。

あなたが自分や周りが思ってるよりも
ずっと強い人だと思うから。

だから
もう少し笑って
周りに目を向けて
いい人を見つけてください。

あたしの知らないところで

12 :名前はいらない:2005/06/18(土) 18:23:56 ID:SdlOvcX+
>11
「あなたが」じゃなくて「あなたは」です…orz

13 :名前はいらない:2005/06/18(土) 18:35:10 ID:YQGukIJO
>>11 どなたにいってるの?

14 :名前はいらない:2005/06/18(土) 18:48:13 ID:/+yB9k+N

厳選!韓国情報(韓国の極悪非道ぶりが分かるブログ)

http://blog.goo.ne.jp/pandiani/

平和ボケした皆さん、これは必見!


15 :涙と空と詩:2005/06/18(土) 19:57:55 ID:9azVJuGQ
風を受けとめたカーテンはふわりと舞った
あの日のように
膝を抱えて空を見ると
そこに星はなかった
うっすら見える雲の境目
ぼんやり月が透けていた
少しの風で見えなくなってしまいそうな
か細い光
景色の奥から何かが弾ける音が響く
誰かがあそこで夏を楽しんでいるんだろう
花火の音なんか嫌い
だって弾ける火薬が輝く中に
君はいないじゃない
火を点けてくれたのも
飲み物を渡してくれたのも他の子で
急に切なくなって
閉じた窓に背を向けた


16 :涙と空と詩:2005/06/18(土) 20:20:25 ID:9azVJuGQ
>>9
「過去は今日を映す鏡だ」
確かにそうかも知れませんね。過去があるから今があるし。

>>10
「二人だけのメロディー」
素敵ですね。二人しか知らないメロディーですもんね。
やっぱりそうゆうメロディーはいつまでたっても
覚えてるんだろうなぁ(・∀・)謎

>>11
詩を読んであなたはとてもやさしい人なんだなぁ、と思いました。
うまく言えないけど、私もあなたのような優しい詩を書けるようになりたいと思いました。


時間があったので感想を書かせてもらいました。上手い感想でなくてすいません。ありがとうございました(´∀`)

17 :名前はいらない:2005/06/18(土) 20:58:44 ID:SdlOvcX+
>>13
ずっと片思いしてる人ですυ

>>16
そう言っていただけると嬉しいです。
でも優しくないですよ。
本当にいい人が見つかればいいと思ってますが、実際に相手に彼女ができたって知ったら素直に祝ってあげられないと思います…

18 :変な遠慮:2005/06/18(土) 21:14:15 ID:YQGukIJO
私は変な遠慮をする

だから人を誤解させたり

きずつけているかもしれない

そしていっつも 私は勘違いする


大好きだから
とても とても好きだから

19 :名前はいらない:2005/06/18(土) 21:27:42 ID:YQGukIJO
疲れた

この箱にいるだけで

誤解される


疲れたよ

20 :名前はいらない:2005/06/18(土) 21:40:02 ID:SdlOvcX+
どこまで行けば
あたしは楽になれますか?
想いを伝えればいいですか?
嫌いになればいいですか?

伝えなくてもバレてるのに
嫌いになんてなれないのに

どこまで行っても
何をしても
楽になれないことを知ってるから

あたしはいつまでたっても動けない

21 :名前はいらない:2005/06/18(土) 21:43:42 ID:SdlOvcX+
きっと
他の子よりもずっと話してる方だと思う

笑ってくれる

からかってくれる

楽しそうに話してもくれる

でも
何でだろうね

あなたにとって
あたしが恋愛対象じゃないってこと

悲しいくらいに分かるのよ

22 :名前はいらない:2005/06/18(土) 22:08:24 ID:YQGukIJO
疲れるものとは
一緒にいたいとは
思わない

私は疲れてても
ほって おけないんだ


そして最後に
私は 消滅する

23 :素直の傷:2005/06/18(土) 22:20:46 ID:YQGukIJO
私は 私は

あなたが 好きだ

髪も 唇も 肩も 手も

そしてあなたの

疑心暗鬼な心の中も

私にちょうだいよ


今すぐ ちょうだいよ

24 :食器ング:2005/06/18(土) 23:12:28 ID:uPy9G9uO
俺の名前は食器ング
この名に変えて半年間
渡り渡る板の旅
おかげで誰も覚えてくれない
ショッキン ショック 食器ング
16ビートで奏でる漏れ的メモリー

25 :涙と空と詩:2005/06/19(日) 02:07:54 ID:FRpkJA5Y
いつのまにできた?
この分厚い壁
姿が見えない ぬくもりも感じない
声すら届かない
壁にもたれ掛かると
ひやりと冷たさが伝わった
壁の厚さを表すように
星空と手を重ね真実を確かめる
壁に触れると涙が流れた
夢の中で白い犬は言ったんだ
早く行かないと後悔するよ って
壁を壊して早く 早く

26 :名前はいらない:2005/06/19(日) 04:13:50 ID:8QMTSjjp
夕暮れの 窓から見えた デブの足

27 :涙と空と詩:2005/06/19(日) 04:38:48 ID:FRpkJA5Y
朝方の空を見て思った
空は星や雲や鳥がいるから
広がるんだと
一面が淡い青で塗られた空は
まるで手がつきそうで
鳥が飛んで初めて奥行がでた
ああこんな空もあるんだと
眠い目に映るこの景色が思わせた

28 :涙と空と詩:2005/06/19(日) 06:19:06 ID:FRpkJA5Y
>>26
ドンマイ

29 :名無しの恋歌:2005/06/19(日) 06:20:51 ID:l2VzwAtQ
朝の鳥の 鳴いてる声に

少し 混乱した私が

浄化されていく


あなたへ なにか
伝えたいのに


言葉が 詰まる


愛してるからかな‥

30 :名前はいらない:2005/06/19(日) 11:01:09 ID:SpOnoKh8
私のことを愛していると言っていた
他の人なんか目に入らないと言っていた
毎日毎日私のことを好き好き言ってた
「浮気したり風俗いくような男はクズだ!!」
と言ってた
世間の他の男の人とは違ってとても誠実だと勘違いしてた
公務員で堅いあなた
エロ本一つ出てこなくて少し心配すらしてた


やっぱりあなたも普通の男の人だったのね
見つけてしまった
パソコンの履歴
検索ワード「女子高生 パンチラ画像」 

ある意味安心した



31 :名無しの恋歌:2005/06/19(日) 14:51:11 ID:l2VzwAtQ
ミキサーがコーヒー豆を
くだく音

ほろ苦いアイスコーヒーの味

私はいつもオレンジジュースだけど


今日はアイスコーヒーだ

32 :名前はいらない:2005/06/19(日) 19:16:32 ID:q+xJC7iu
私は七色のブロイラー
そこら辺の雌鳥共と一緒にしないで
私には思想がある
私には理想がある
私は七色のブロイラー
選ばれた人間の慰み者よ

ごめんなさい
あなたでは足りないの
あなたでは私の乾いた心は癒せないわ
だって私は七色のブロイラー
選ばれた人だけが
私を食べられるの

私に触れると痛いでしょう
私に触れると辛いでしょう

私は孤高のブロイラー
変えることの出来ない自ら選んだ運命に
酔いしれる高貴で孤独なブロイラー

黙れ黙れ黙れ黙れ!黙れ雌豚
貴様なぞカラアゲ君以下のジャンクフードだ
食品衛生上の問題で貴様はもはや消耗品ですらないのだ
太陽の鳥だぁ??
テメエハタダノブロイラーダロブクブクフトッテコウセイブツシツデイキナガラヘロヨ
貴様がどれだけ取り繕うがどれだけ強がろうが
食うにも足りないただの病死鶏肉だろ
醜いブロイラーめ
恥をさらしてのたうちまわって生き抜いてみろ


33 :名無しの恋歌:2005/06/19(日) 19:50:49 ID:l2VzwAtQ
フォークを仕分ける音

おじさんとおばさんが
仲良くお話する声

目の前にポークチャップ

エビクリームコロッケ

シアワセそうな家族連れ

女友達ふたりの愚痴話


こうやって
私達生きてる


そうして あなたが
遠い町で生きてる

やっぱりそれだけで

私はしあわせだよ


そしていつか
あなたの心を
聞かせてください

34 :名前はいらない:2005/06/20(月) 14:02:22 ID:js3zNnDG
18年ぶりに会えた君と僕

じっと見つめ合う二人

君は目をそらさない

だから僕も目をそらさない

18年分君を見つめるよ


35 :涙と空と詩:2005/06/21(火) 21:33:59 ID:d+zpQUAV
押し寄せてくる気持ちの中に君がいる

もう君の背中すら見れないのに

余計つらくなるだけで

もっと大切にしていれば

こんな事にはならなかったかな

後悔なんて意味の無いものだけど

悪くないと思える自分がいるの

進む自転車と流れてゆく景色

暖かい君の背中にはもう

他の子が頬を寄せているのかな

36 :涙と空と詩:2005/06/23(木) 23:09:41 ID:J7Oghx4V
うーん…orz

37 :イチロー:2005/06/24(金) 00:02:18 ID:DDUwL4w+
僕には友達がいない
独りでも構わないと自分に話し続けた
僕は自分が愛に飢えていることを知っていた
けれども人の懐に飛び込むことを恐れ続けた

僕は独りでも構わないと思っていた
僕は友達が欲しいと思っていた
ちょっとしたうれしさよりも
悲しみや絶望の多くを抱え それでも立ち上がる友を欲した

僕はいつしか傲慢になった
僕は虚構の中でしか生きられなくなった
笑っている奴らが許せなかった 僕は笑えない人間だった

いつかは、そのいつかが永遠に遠のいてしまうような気がしたこの日
僕は色あせたかつての世界を反芻してみた
僕の右手には何もなかった あったのは無為に流れた時の数

僕は元気な顔で表へ出る 現実に向かい何も持たない僕だけど
何も出来ない僕だけど 新鮮な世界に向かうことが出来るささやかな喜びを感じていた

38 :名前はいらない:2005/06/24(金) 04:48:55 ID:U41kcTRx
理由もなく涙がこぼれます

39 :名前はいらない:2005/06/24(金) 18:30:40 ID:qC527q2H

「ライトハンド」

ねえこれは正しいの
ねえこれでいいの
何かわかる
教えてよ
どうすればいいの

夢なんて
叶わないから
夢なのかな

言い訳つけて見送って
愛しすぎて振り返って
振りほどけない

走り出せ
動き出せ
ためらっては
うつむいて
走ってよ
動いてよ
今じゃなきゃ
今すぐに

間違えでも
いいんじゃないですか
あなたが走り出せば
掛け値なく
その姿は美しい

40 :名前はいらない:2005/06/25(土) 08:44:09 ID:K79+K3TS
 
「足跡」


とても綺麗な行者に魅入られて
たった独りついて行きました
楽しくて嬉しくて
とても悲しくて

誰の声も聞かずに
自分で選んだ路だもの
振り返らず
振り返らず
進んでいくよ
だって帰る場所なんて
何処にも無いもの

そう云って上を向き
 

41 :ハイビスカス ◆gnHF7SBftY :2005/06/25(土) 14:32:04 ID:JWAU2KmD
少し疲れた

今日は 何曜日だったっけ
少し疲れた

ぐるぐる 廻って

はぁ 今日はオレンジジュース

42 :ハイビスカス ◆gnHF7SBftY :2005/06/25(土) 15:14:51 ID:JWAU2KmD
どうしてここに
きたんだっけ?

あぁ あの人を知るためだった

沢山ここで あの人を

知れたけど

知り過ぎた 知識は

使い方も わからないや

なんで ここにいるんだろ

43 :temperance ◆9Yq704lXGk :2005/06/27(月) 20:11:06 ID:nxj8tvnx

「サンセットファイア」


グッドモーニング

I LOVE U

朝陽がベッドから突き落とす

変われと云う
このままで居たいのに

曖昧な指針
ハニカミエスカレーション
夏至の件(くだり)
下り坂サンライズ
あのこの想い出
あの頃のままで

わがままで

サンライズ
サンセット…

オーバー
or R


44 :temperance ◆9Yq704lXGk :2005/06/28(火) 23:52:13 ID:WOsMiJp8

愛を愛を愛を愛を愛を
愛を愛を愛を愛を愛を
愛を愛を愛を愛を愛を
愛を愛を愛を愛を愛を
愛を愛を愛を愛を愛を

愛で喜びを埋め尽くし
愛で驚きを埋め尽くし
愛で怒りを埋め尽くし
愛で恐怖を埋め尽くし
愛で諦めを埋め尽くし
愛で憎悪を埋め尽くし
愛で悲劇を埋め尽くし
愛で世界を埋め尽くし
愛で宇宙を埋め尽くし
愛で暗闇を埋め尽くし
愛で条理を埋め尽くし
愛で運命を埋め尽くし


45 :temperance ◆9Yq704lXGk :2005/06/30(木) 00:47:46 ID:9/xi7LuD

羅列に意味はないさ

羅列に意味はあるさ

全てに意味はないさ

全てに意味はあるさ

あるさ

意味がないものなんてない

そう云いきってしまえ

いっそのこと

そう願ってしまえ


46 :涙と空と詩:2005/06/30(木) 12:49:04 ID:HjL+GNFU
君に深入りするのが怖くて
ずっと足を動かさずにいた
迷惑をかけてばかりだったから
これ以上君に嫌われたくなくて
これ以上君をきずつけたくなくて
でも
ただ言い訳にしてるだけのような
気がしてならない

人と出会うといつか必ずさよならする時が
くると言うけど
この先僕らはさよならするのかな
もしかしたら
もしかしたらだよ
僕が見落としていただけで
実はもうさよならしているのかもしれない
掬い上げる事のできない時間は
どんどん流れてく

この空に溶けてしまいたくて
この海に浮かんでいたくて
それでもこの場所にずっといたい
早く行かなきゃ
行く手を阻む怪我なんて とっくに治っているから

47 :temperance ◆9Yq704lXGk :2005/07/03(日) 22:18:56 ID:nB5W/bI0
 
One reason

無言ドライブ
無音ブレイブ

オレンジライト
ムーンライト
オーライ

会話に似た記号は
懐疑に似た都合

ただメモリーにまかせた
お伽紡ぎ
ただメロディーにのせた
言葉遊び

誰からも愛されるより
一人に愛されたい

そういう事もあるのさ
 

48 :ドラマの主がもの申す:2005/07/04(月) 04:48:27 ID:12JilLqH
もしもやさしいものが必要ならば

目にうつるもの全て嘘で
目にうつる汚い視線
目にうつる心を失っていく人 そして私
そして壊れても
ブリキの玩具に
私はハートをいれよう

ママがくれた
命をいれよう

49 :temperance ◆9Yq704lXGk :2005/07/05(火) 03:11:31 ID:Sy/oXU3F
 
もううんざりだ

根拠のない指摘
説得力のない論評
理屈のない屁理屈
答えのない領域に向かって

馬鹿な評論家きどりは
マニュアルを定めたがるのさ

批評を批評される事を
恐れているから
 

50 :temperance ◆9Yq704lXGk :2005/07/07(木) 13:20:25 ID:wbwfW9pn

浜の音が聞こえる前に走り出した

どんな風景よりも青しか見えなくて

ふと白い影に気付き立ち止まれば

未来かなんかの匂いがして

行き過ぎる街並みの行き過ぎる記憶の
行き違う錯覚に行き違う面影に
何時でも背中を押されて走り出した

今でも心に聞こえるのは
ただ掛け値ない優しさ


51 :temperance ◆9Yq704lXGk :2005/07/09(土) 21:02:04 ID:kz0BWqbn
 
ディスクが光り
ディスコは光
ディスコードは何時しかハーモニー

見知らぬ輪の中に
勇気なく輪の外に
手を引かれてセンターホール
気を惹かれてワンダーナイト

ミラーボールが回り始めた時
見えないルールを周り初めて超える

Dance all night Dance all right
全てを委ねて統べては揺られて

Dance all night Dance all right
言葉は要らない孤独は入らない


52 :temperance ◆9Yq704lXGk :2005/07/15(金) 22:06:54 ID:tlZcArCY
 
何時だって身体に触れたものは全部覚えてる


手を伸ばせば
舞い上がりそうなほど
穏やかで

移ろいながら
待ちわびる瞳いつも
優しげで

また会えるかな
まだ見えるかな
真夏の陽射し
眼差し兆し

瞬く間に消えた光
恒星に憂国の遊星

光る消える

廻る変わる

憂う揺れる

もう一度


53 :涙と空と詩:2005/07/20(水) 17:01:53 ID:+jiEyqJi
今うえに輝くモノを見上げ
手を伸ばし実感したの
わかってたのに
ずっと迷って探し
回っていたものは
きみと交したコトバ達で
今はもう聞こえない
全てを もっと 大事にすればよかった
そう今目を閉じたら
走りだす
頭のなかで
あの日のことが
それはでも幻想で
つかむことは できない

54 :temperance ◆9Yq704lXGk :2005/07/20(水) 19:25:45 ID:2mkYkMG7

祈る映える陰る満ちる
別つ時は独りきり

水面の月影は放つ風に揺られて

ただ私不思議がりながら
何度も見送ってました

腕をふってバイバイ
逝き過ぎる群れに雨が降って
遠くを見てた遠くを見てた

消えない月を見つめていた
掠れるが故に何度も刻んで刻んで
お願いやめてよ

走る様だと念ってたわ
映る影と続く空と

本当は何にも要らなかった

光を失ったら私を抱いてよ


55 :名前はいらない:2005/07/21(木) 01:55:01 ID:23+AoYUw
僕は花 今にも枯れて無くなってしまいそうな花 君は水 透き通った綺麗な水 僕という花には君という水が必要なんです

56 :名前はいらない:2005/09/06(火) 01:45:19 ID:TxsRwlPD


走り出す車にかけぬける景色
そして車をとばす俺

カードレールを見渡せば
長くどこまでも続いている
急に車に乗り込んで
いきなり走りだした

窓をほうに目を向けると
新鮮な景色がとびこんでくる
少し微笑みながらとばすと
愛しのあの娘にすれ違った

別れたあの娘の思い出が
急にふと蘇った
あの娘が男と歩いてた
笑いながら 歩いてた





57 :名前はいらない:2005/09/06(火) 01:46:19 ID:TxsRwlPD
とりあえず目をそむけたさ
少し呆気にとられたけど
気がつくとあの娘はもういなくて
ふと 目が濡れていた

これは 汗だ たぶん汗だ きっとそうだ
そうじゃなきゃ なんになる
ただ俺は 普通さ

これは 汗だ たぶん汗だ きっとそうだ
そうじゃなきゃ これは涙
そういうことになる


58 :瑠沙那:2005/11/04(金) 22:26:28 ID:flFvHdDd
    
   あー、もうおしまいって思った、
        あの瞬間

     時間の糸が、プッツリ切れた気がした 

59 :瑠沙那:2005/11/04(金) 22:35:12 ID:flFvHdDd
人生を走りつづけている私のロケーションの中に、
あなたが立っていた。

あなたは私を見つけてくれたけど、
一緒には走ってくれず、

あなたはあなたの道を、走っていった。

60 :瑠沙那:2005/11/04(金) 23:36:09 ID:feYTSH9A
あのさかなたちのように
あんたのこころのなかを
じゆうにおよぎまわりたい

61 : ◆Blanc7XesE :2005/11/05(土) 21:53:06 ID:4hHIADeY
私の心に中に
住み着く悪魔

悪魔はささやく
腕を切れと

悪魔はささやく
薬をたくさん飲めと

悪魔は私を破滅させる

62 :瑠沙那:2005/11/06(日) 02:40:47 ID:tDV0Ae4f
窓にもたれて、何気なくうける風の中に、
いろいろな人々の吐息が混じってることに気が付いた。

今、あたしから見えるあの家の中に 
呼吸がある。

あらゆる思いを秘めた大勢の人の息づかいは、
みな、この風のなかに、ある。


63 :名前はいらない:2005/11/12(土) 15:30:45 ID:PqjZrXDQ
「真実を、どうぞ」

遺族の皆様、泣いてらっしゃいます
怒ってらっします
ええ、ええ、お気持ちわかりますよ
みなさん、たっぷり同情なさってください
おやさしいですね

おお、なんてむごたらしい
可哀想ですね残酷ですね
少年はまだ生きたかったでしょうに
ほんと、もの凄い死に様ですね、ほんとに凄い
みなさん、ドキドキしました?

うわ、これはやってはいけません
酷いですね人間のくずですね
少女はまだ幼いのに
なんて男でしょう、こんな可愛い子を
みなさん、うらやましいですか?ボッキしました?

どうですみなさん
お望みとあらば
いつでも
地獄へ地獄へ引きずもどしてやりますよ

みなさん、幸せですか
幸せなみなさんに、
大切なもの
知りたいもの
真実を、どうぞ

64 :名前はいらない:2005/11/20(日) 14:13:02 ID:4Inw7q0I
世界が綺麗でどうしようもない夜
貴方が隣にいないのです

何もかもが可能になりそうな美しい夜なのに
貴方の声すら聞けないのです


俯いている人が思わず顔を上げて
恋人たちは寄り添い合って
年を重ねた親子が久しぶりに手を繋いで

笑顔を零すような
本当に 本当に 綺麗な夜なのです


私だけが一人笑えません
こんなに綺麗な夜なのに
貴方みたいな星が瞬いているのに



私だけが泣いているのです



65 :名前はいらない:2005/11/20(日) 22:05:09 ID:Kxg8bhdP
被害者意識を曝け出して
「痛い、痛い」と泣くだけの人間がいる
他人にさも哀れんで欲しい 気持ちを察して欲しい
無関心な社会の中で見つけて欲しい 自分を注目して欲しい
そんな くだらない感情に突き動かされている
くだらない人間がいる

お前のことだよ >>63

お前の語る真実は 実にくだらない感情論だ
苦しみの中で 悲しみの中で 這い上がろうともせずに
ただ 「痛い、痛い」と泣くだけの人間

良い事を教えてやるよ
真実なんてものは幾らだって偽造できるって事さ
お前の心が望む限りの答えを捏造できる
お前の心が望むならな

苦しいなら 悲しいなら
無関心で欲求不満な この病んだ社会に拳を振るい上げてみろ
涙で滲んだ視界でも 掲げた拳は確かに見えるだろう?
過酷な現状で痛みに耐えながら お前自身の拳で変えるんだ この病んだ社会を

真実なんてものは誰かに教わるもんじゃない
お前の心が感じたこと それが真実だ

66 :名前はいらない:2005/11/21(月) 22:40:03 ID:qemBY5SU
>>65 
神戸
震災から逃れる人の群れ
両手にいっぱいの荷物をぶらさげ
疲れきって歩く
10キロ
20キロ
もう少し歩けば
電車に乗れる
道の両側には
つぶれた家、家、家

その群れに
外人がカメラをむけた

なにシヤガル
俺たちゃ、見せもんじゃねえ

群れは
声には、ださず
にらみもせず
ただ黙って
ただ黙って進んでいた

*人の気持ちを、人の魂を踏みにじってなにが、なにが真実か!
不幸をおもちゃにして、なにが、なにが真実か!
でも、>>63は、誤解されやすいですね。



67 :65:2005/11/26(土) 00:04:07 ID:VN1OMVmq
>>66

スゲェ、現実味があって生々しい後読感だったよ
心に響くものがあった。素晴らしい詩をありがとう
それを読んだ後、>>65を記した自分が恥ずかしくなってきたよ
当分は他の人の作品を見ながら勉強しようかな

68 :名前はいらない:2005/11/26(土) 22:14:32 ID:4lPmopIM
>>67 ありがとうございます。>>66は自分の心に焼きついたものですが、
こちらの方が訴えるものがあるのですね。こちらこそ、勉強になりました。

69 :名前はいらない:2005/11/26(土) 23:43:06 ID:IMITvFzI
優しさじゃない優しさと言うのはあるが
それはもう優しさじゃない
何もしなければなにもしない
優しさなんてもっての他だぁ
ただ、どううけとめるのかだけは
貴方の自由だけさ ああ
君は僕に声をかけてくれなかった
それは僕は一生懸命泣いていたからだ
そっと泣かせてやろうとでも思ってたのか
そっと声をかけてほしかった が
それは彼の優しさだったと思えば
心が少し落ち着きそう
それが優しさじゃないと知ってしまったら
ぼくは暴れまわりそうだから


70 :名前はいらない:2005/12/24(土) 23:15:07 ID:gqJflOW+
誰もいない部屋
貴女のまぼろしに
手をふりキスをすれば
缶コーヒーの温もりだけが
唇に残っている

71 :名前はいらない:2005/12/26(月) 22:14:55 ID:24v5dwmP
「仮面」

何でみんながあんなもの
被っているか
風があんまりつよいから
風があんまりつめいたいから

吹きさらしの俺の顔
あちこち破れて
あちこち千切れて
みっともないったらありゃしない
いやだなあこんな顔

「やさしい男」の仮面
見つけてきた
似合うかな
みんな気に入ってくれるかな
こんな重たいもの肩が凝るが
みんなはそれでも楽しそうにしている

からん
からからから
おっとと いけねえ
まだしっくりこない
まあそのうち馴染むだろ


72 :名前はいらない:2006/02/01(水) 21:10:06 ID:QWJrHUQ/
ねずみ花火の尻に 火がつきました
熱いです熱いです
ねずみ花火は めちゃめちゃに はいずりまわります
あんまり引き摺るのでお腹が血まみれです
痛いです痛いです 
ねずみ花火は 泣いています 少しずつ縮んでゆきます
もうそろです なにか云いたいこと ありますか
ありがとう 見ていてくれて 
いまわの言葉でした
すぱん くる くる くる
ぽとり

73 :名前はいらない:2006/02/13(月) 19:48:51 ID:opPC0tmM
「虫」

虫、虫、虫
虫がいるよ
綺麗な燐粉が舞うよ
汚い毒液を噴出すよ
近づくと噛み付くよ ぶっすと刺すよ

虫、虫、虫
僕の 吐き出した虫
可愛い虫だよ
虫が 歌っているよ
虫が 遊んでいるよ
虫が 踊っているよ

74 :ナオ:2006/02/19(日) 17:02:55 ID:X/q7hYqV
あなたの事を考えると泣きたくなる。
まだ心にトゲが刺さってるみたいに
痛くて苦しくて切なくて・・・。
すっごく泣きたくなる。

声が聞きたい。

顔が見たい。

何よりあなたは元気でやっていますか?

会って聞きたいことばかり・・・
まだあなたの事が気になります。



75 :名前はいらない:2006/02/23(木) 15:56:08 ID:blLhBvv8
黄昏に近づく空色と共に
僕の心も淀んでいく
雨もそして風もない穏やかな日
今日を生きてきた悲しみを
流してくれるものは何もない
飛ばしてくれるものは何もない

聞こえてくるのは
時計の針と車の流れる音
君の笑い声も足音も
僕を見つめる瞳も
今日も僕には聞こえない
今日も僕には見えない

76 :雑草 ◆XalcQXl4p. :2006/02/24(金) 10:03:38 ID:1rQ05dFg

オイ、誰だよ
ウチに風邪移したの

声は出ねーし、
代わりに咳が出るし、
不似合いなマスクしなきゃなんないし
最悪だ
だから、責任取れ

誰か

傍に居て、看病しやがれ

77 :名前はいらない:2006/02/24(金) 11:07:31 ID:h3XeZ08v
>>76 大変だなーす ほい ナース差し入れ
        ┌┐
       んvヘゝ
       i   i
       ノ (;゚Д゚) <エッ 違うって?…
      / (ノ   |)
      |     !
        ゙:、..,_,.ノ
        U U
こっちね ↓お大事に

 \ハイ お熱ハカリマスヨー/
   ./□∧
  ノ(゚∀゚)し
   (y[と)]
    |__|
.   ∪∪
       

78 :名前はいらない:2006/02/24(金) 11:09:18 ID:h3XeZ08v
あ゛゜sage 忘れ↓カンベン

79 :名前はいらない:2006/02/24(金) 11:58:55 ID:6NuF0a1P
「群れ」
分散された 散っていった
事態は急を要していた

沢山いるから平気だろう
警報装置は焦らない
自分を曲げて 目は節穴

群れて 群れれば 群れるほど
警報装置は腐ってく
きっと他のが動くだろう

自分の時は大丈夫
それは嘘だと鳴るサイレン

80 :名前はいらない:2006/02/25(土) 00:27:55 ID:Iwv4k4i2
ごめんね。
あたしの気持ち

あんなに大切に大切にしまっておいたから
どこにしまったのかを忘れてしまった。

本当にあったのかも、わからないの
本当に貴方を好きなのかわからなくなったの。

81 :雑草 ◆XalcQXl4p. :2006/02/25(土) 06:27:00 ID:9OY4w0C8
>>77有り難う(´;ω;`)ウッ

82 :名前はいらない:2006/02/25(土) 22:06:10 ID:1q09/tzN
彼女は星のない夜空を見つめていた

コードの切れた受話器を持って

すると彼女は受話器に向かって何かを呟いた

その声は僕には聞こえなかったが

きっと誰かに伝わるだろう

 きっと

83 : ◆notePDkbPQ :2006/03/02(木) 00:36:51 ID:wmRw3GK9
「眼鏡」

眼鏡をはずしました
幸せなひとを 見ないで済みます
ときどき 道にまよいますが
かまいません
ゆくあてなど 無いのです

84 : ◆notePDkbPQ :2006/03/16(木) 22:00:17 ID:Z8vZkATx
「顔」

洋式便器の水溜り
浮かびあがる
まぼろしの

もったいなくて
用便もできない
はは
重症だなあ
俺の


85 : ◆notePDkbPQ :2006/03/23(木) 19:23:33 ID:OzkZIiKj
「呼び出し」

することも無く寝転ぶ
ぶーん ぶーん
携帯の呼び出し
がばと起きる
が、隣の部屋である
ばたり
また することも無く寝転ぶ

86 : ◆notePDkbPQ :2006/03/26(日) 08:41:27 ID:k/iqCXHf
「手紙」

手紙を書こう
思いを断ち切るため
なんて
ウソついて
未練をこめて
手紙を書こう

87 :名前はいらない:2006/03/26(日) 21:58:33 ID:R99z1/kn
自由を得たいと願ったら
僕から翼が生えてきて
重力の鎖引き裂いた
僕の体は宙を舞い
いつしか宇宙へ飛び立った

けれども大地が恋しくなり
戻してくれて願っても
戻れるはずが無い

そう自由を願った僕の罪
今日も地球は青いまま

けれども大地が恋しくて
戻してくれと願うけど
自由を願った僕の罪



88 :名前はいらない:2006/03/26(日) 22:00:48 ID:R99z1/kn
↑ミス

自由を得たいと願ったら
僕から翼が生えてきて
重力の鎖引き裂いた
僕の体は宙を舞い
いつしか宇宙へ飛び立った

けれども大地が恋しくなり
戻してくれて願っても
戻れるはずが無い

そう自由を願った僕の罪
今日も地球は青いまま


89 : ◆notePDkbPQ :2006/03/30(木) 23:46:49 ID:ufacrniP
「素振り」

箸の持ち方を
言われてしまった
こりゃいかん
とりあえず
割り箸で練習
ひこひこ ひこひこ
まだ修行が足りん
割り箸がなくても
素振りで練習
ひこひこ ひこひこ
ひこひこ ひこひこ
ん、これは
あはは、こりゃいかん
人前じゃ
箸の素振りはできんなあ

90 : ◆notePDkbPQ :2006/04/04(火) 21:14:38 ID:T+Cr0cAX
「上手い詩なんて」

上手い詩なんて
 いらない
綺麗な言葉も
 力のあるメッセージも
好きなあの娘が
 読んでくれて
面白いって
 笑ってくれたら
それでいい

91 : ◆notePDkbPQ :2006/04/04(火) 22:25:27 ID:R7U9FWYX
「恋」


恋だ
恋はいいものだ

浮かれるぞ
浮かれよう

92 : ◆notePDkbPQ :2006/04/09(日) 20:54:20 ID:Lkm7qheI
「ドライヤー」

湿っていてはいけません
べたべた
どろどろ
ドライヤーを当てましょう
さっぱり
すっきり
乾かしましょう
心の裏に
ドライヤーを当てましょう

93 : ◆notePDkbPQ :2006/05/04(木) 10:47:24 ID:9SqJcYbv
「蜂」

昨日から ハンガーに蜂が止まっている
多分そうでは無いのだろうが
居心地がいいのか ぴたっと止まって
ずっと其処に居たようにみえる

洗濯物を干したい ハンガーが足りなくなってくる
手を伸ばす
蜂がこちらを向き 黒い目が合う
刺される自分の姿が浮かぶ
痛そうだ

このまま立っていても埒があかない
蜂には殺気がない
何故かそんな気がする
覚悟を決め そろそろとハンガーを掴む

ゆっくりとベランダに行き
ハンガーを振る
ぽとり 蜂が落ちる
すまん気を使ったつもりだが

網戸を閉める 蜂はどこかへ行ったろう
その内また いつのまにか
別の蜂が 部屋にやって来るに違いない

94 : ◆notePDkbPQ :2006/05/24(水) 22:06:51 ID:DnKek4yi
「ブスがはにかんでいる」

会わなければよかった
一目みたときから
言いようのない感情
食事の遅さにいらいらし
歩みの遅さにいらいらし

アバタもえくぼ
だが
冷めた目が写すものは
黒い歯茎
にきび
緩んだあご

人は見てくれでは無い
わかっている
己がどれ程のものだというのか
自分はロクデナシだ

偽善を振り絞って
笑顔をつくる
目の前には
ブスが
はにかんでいる



95 : ◆Blanc7XesE :2006/05/26(金) 19:36:32 ID:zxAFncue
−詩?−
美辞麗句を書き連ねて
満足している
私は自画自賛し
周りを蹴落とす

つたない言葉でも
面白い詩を書ける
みんなに賞賛され
私は謙遜する

どっちがいいのか
私は後者を採りたいと思う


96 : ◆notePDkbPQ :2006/05/26(金) 22:59:07 ID:Yyysn7g8
「花嫁」

あなたじゃない
ほんとうは
あなたなんかじゃない

97 : ◆notePDkbPQ :2006/06/09(金) 22:30:26 ID:kyawxDlM
「ひじき」

ひじき
総菜屋で買ってきた
手元がくるって
おちる
ぽろぽろ
ごみや毛をよけて
ひとつひとつ
つまむ
もったいないから
栄養満点だから
髪に効くから
ぜんぶ
つまむ

98 :名前はいらない:2006/06/22(木) 10:38:17 ID:rhoyTHzJ
タイトル―俺は不幸だ

とりあえず不幸だ
何が幸せなのかわからないからな



99 :名前はいらない:2006/06/23(金) 15:35:09 ID:fAsGS2Ra
明日には忘れる
パラクタナバラ
パタクタナバラ
蹴り上げてパラクタナバラ
微笑んでパラクタナバラ
歌え歌え
喚け喚け
パラクタナバラ パラクタナバラ

100 :宮坂純 ◆Q.YLOO/tn6 :2006/07/05(水) 21:23:06 ID:kPxXtmDw
ひゃ…ひゃく。

101 :名前はいらない:2006/07/25(火) 18:01:41 ID:IT+Mzbvh


寂しくなったら
またここにおいで

そしたら、また
お前の全てを否定して
ズタズタに

させて


くれますか?

102 :名前はいらない:2006/07/25(火) 20:20:29 ID:JDkoheHO
足の下
本音を敷いて歩いてく
ほんとのことは わたしも知らない

103 : ◆notePDkbPQ :2006/07/26(水) 00:01:23 ID:w6snkTm/
「うさぎの牙」

(1/2)
 生きたいですか

傷だらけのうさぎがいました
片耳はカサブタだらけで、びっこを引いておりました
面白半分かどうか分かりません
悪意のほども
ときどき他のうさぎに齧られるのです

弱虫うさぎでした
持っているのは
死なない程度の強さでした
目はいつも見開かれて
耳は落ちつかなげに くるくる回っていました
かりかり、こりこり
やられては
黙って逃げ回っていました

ある日そのうさぎ
しっぽに噛み付かれました
綿のような白い毛がとびちります
きー!
うさぎはこんな風には鳴きません
本当に苦しいとき以外は

104 : ◆notePDkbPQ :2006/07/26(水) 00:02:27 ID:w6snkTm/
(2/2)
 生きたいですか

弱虫うさぎは初めて
他のうさぎに噛み付きました
怒り?
憎しみ?
いえ、生きたかったのです

牙を持った動物
例えば狼は牙を剥けば
それで争いは終わります
うさぎには
牙はありません

弱虫うさぎは
前歯を立てて
体を回転させます
何度も何度も
喰い付かれたうさぎは悲鳴をあげ
その腹からは血が噴き出しました
きー!きー!
弱虫うさぎは止めません
懸命に噛み締めていました
やがて
喰い付かれたうさぎは
死にました
殺されました

 生きたいですか

105 :名前はいらない:2006/07/26(水) 10:49:37 ID:o5iVGVGn
すさびとぶsip
脳内麻薬全快劣性遺伝オルガリズムミスト
今日も子猫と戯言回し
狂気の真紅を堪能する

106 :名前はいらない:2006/07/26(水) 13:52:10 ID:0EXkwO79
アナターノ コトガァー スキダカラー!

107 :名前はいらない:2006/07/26(水) 14:48:51 ID:1dvoBnRW
ボクハ シニマシェン!

108 : ◆notePDkbPQ :2006/07/31(月) 21:37:17 ID:hzal6uTd
「あぶら」

絞れ 絞れ
あぶらを絞れ
ねっとりあぶら
嫌らしいあぶら

出てくる 出てくる
まだまだ出てくる
心から
身体から

絞れ 絞れ
あぶらを絞れ
綺麗なわたしに
戻るまで

109 :名前はいらない:2006/08/02(水) 02:57:06 ID:cISs33wJ
あなたは潔癖症で
あたしは自臭症
近寄りたくて
近付けぬ

あなたの強迫行為は
あたしのものと似て
少しずつ光が陰るように消えてきそう

あれだけ恋しいと思った日々が
記憶喪失
あたしもあなたとの始まりも
焼き増しは出来ぬ
暗いネガ

110 : ◆notePDkbPQ :2006/09/13(水) 01:06:56 ID:qDYD2ccL
「明日」

明日が好きです
わたしは
明日に生まれ変わる
いつまでも
いつまでも
明日からは
新鮮なわたし

111 : ◆notePDkbPQ :2006/09/15(金) 23:48:43 ID:elavc3RE
「丼」

鮪ステーキ丼でも
焼肉丼でも
もうちょっと
しょうゆ
控えめにしてくれませんかね
気弱そうな
オバちゃんの顔を見る
私もたぶん
気弱そうな顔をしている

112 : ◆notePDkbPQ :2006/09/17(日) 20:02:03 ID:YgzqeSHl
「女の子」

ひとりぼっちでいるくらいなら
キモいのといるくらいなら
死んだほうがまし

ブスだなんていわれたくない
デブだなんていわれたくない

命をかけてダイエット
肌を磨き
痛みをこらえて脱毛
割り箸をくわえて笑う
つけまつげ
リップ
前髪
鏡の中には
なりたかった姿がある

町を歩く女神たち
綺麗になれ
女の子

113 : ◆notePDkbPQ :2006/09/23(土) 01:11:19 ID:X2Q95b4P
「おつかれさま」

片付かない仕事
くたびれた
がこ
自販機から
缶コーヒー取り出す

「おつかれさま」
明るい声

それだけで
嬉しい
もう少しがんばるか、ね

114 : ◆notePDkbPQ :2006/10/15(日) 20:35:08 ID:7PtETdXf
「二羽の小鳩」

街路灯の上に
二羽の小鳩
首をすくめたり左右に振ったり
羽をぶるぶる震わせたりして
そわそわ
もぞもぞ
そうして何分も
お互いに
そっぽを向いたまま

115 :名前はいらない:2006/11/20(月) 01:20:20 ID:QdfyqSvz
透明なグラスに ろうそくの淡い炎を注いで
一気に飲み干せたら 
わたしの中の汚いものを焼いてくれるだろうか

口からこぼれた嘘が真実に変わる日
それは全てから見放される日
どこかで望んでいたような結末

116 :名前はいらない:2006/11/25(土) 01:47:20 ID:qhAirSFp
test

117 :名前はいらない:2006/12/04(月) 19:36:11 ID:eK+vFopu
保守

118 :名前はいらない:2006/12/04(月) 22:38:56 ID:gGYTwmTH
カラスが目の前を横切った
カップ焼きそばの残飯を
くちばし一杯にぶら下げて

後ろ姿の必死なこと!
その可笑しさ可憐さに
なぜか深く胸を打たれた

119 :名前はいらない:2006/12/05(火) 23:03:55 ID:1KI5Gios
君の為に買った洋服もう要らないね
君は僕の前から
消えていった
僕達の関係は
終わったんだ
でも、それを認めたくない僕がいる
君が居たから僕は強くなれた
君を失ってでは
生きていけない

120 :名前はいらない:2006/12/06(水) 12:35:40 ID:0AaCwvU/

学校休んじゃったのごめんなさい
ばかでごめんなさい
学校行かなきゃ家族から邪魔者扱いされちゃう
適当に学校行ってれば大丈夫なのに
いつからできなくなったかな


121 :名前はいらない:2006/12/06(水) 14:53:19 ID:0y3c+Z4s
【だから生きる】
生き方って少し考え方を変えるだけで、どうにでもなる事なんだ
だから、考え方が甘いと悪い方向にベクトルがむいてしまう事もあるけれど
考え方にスパイスを足して、考え方を少し辛めにすればベクトルは
きっと良い方向に向かっていくと思うんだ。

生きてるんなら、楽しく生きた方がいいじゃない
楽しく行きてれば、生きる意欲も湧いてくる
たった一度きりの人生なんだから

だから生きる

122 :名前はいらない:2006/12/06(水) 15:03:47 ID:0y3c+Z4s
【太陽】
太陽って素敵だよね
朝起きた時に爽やかな光をプレゼントしてくれる
昼の最も人が活動する時には、とても暖かい光をプレゼントしてくる
夜になると、僕たちは光を欲しがらなくなる、そうすると光をけしてくれる

太陽って凄く優しい存在だな

123 :青メガネ ◆ZtF6f3ypqw :2006/12/06(水) 15:08:18 ID:ErXNGLer
【アナル】
アナルって素敵だよね
朝起きた時に爽やかなうんこをプレゼントしてくれる
大腸が最も活発に活動する昼には、まっすぐな腹の虫をプレゼントしてくれる
夜になると、俗世間の落伍者たちの侘しさをたとえ一時でもけしてくれる

アナルって凄く優しい存在だな

124 :名前はいらない:2006/12/06(水) 15:11:07 ID:0y3c+Z4s
【砂】
砂って、最近忘れかけていた言葉だけれど
絶対に忘れたくない言葉
だって、一番初めに遊ぶという事を教えてくれた存在だから

125 :青メガネ ◆ZtF6f3ypqw :2006/12/06(水) 15:13:42 ID:ErXNGLer
【高砂】
高砂って、最近忘れていたキャラだけれど
絶対に忘れたくないキャラ
だって、花道が丸坊主になったキッカケを与えてくれた存在だから

126 :名前はいらない:2006/12/07(木) 14:38:16 ID:DtE0kmH4
test

127 :名前はいらない:2006/12/07(木) 14:50:09 ID:7jDnWwm7
【床の隙間から】
床の隙間から黒いものが出てきている
冬に入った午後の曇り空
洗濯物は永遠に乾かない
全部を無にすることもないか
差し引きしたあとに残った言葉を
寒空のピンポン
新聞屋の勧誘と笑顔
金があったなら
今もそのことばかりが

128 :名前はいらない:2006/12/07(木) 21:07:40 ID:g0Z+02xk
水彩ペンの筆談まだ残ってるよ

そう言って笑ったら電話口に沈黙がはしるのが聞こえた
あのとき使ったピンクと青の水彩ペンだけ擦れてるので、悲しみってリアルだな

手も声も好きって言ってたっけ?
泣けるって言ってたっけ?

つらいならやめればいいのに、



――――
携帯からすまんorz

129 :名前はいらない:2006/12/15(金) 20:09:12 ID:2ZQwyq84
ストーブの上の薬缶が
しゅんしゅんと音を立てながら
静かに、湯気を吐いてる

私はそれを、何気なく見つめてた
肌寒い、冬の日だった
ため息が、白く、染まった

あの時は、何を考えていたんだっけ
ぼんやりと、そんなことを考えながら

130 :名前はいらない:2006/12/18(月) 04:21:52 ID:hZNZfUij
ひとはね、創造するものなんだ
あたらしく、いろいろなものを
つくってく

だから、素晴らしいんだよね
そしてね、あたらしい価値と
世界が
生まれるんだ



131 :名前はいらない:2006/12/21(木) 07:14:47 ID:8LqbS/mS
会いたいのは
君じゃない
誰に会いたいか
わからないけれど
君じゃない誰かだ
その手を
離してくれないか

132 :野良猫 ◆/Zone/zB0Y :2006/12/23(土) 18:08:13 ID:HlfB51Rm
>>131
o(^-^)oなんとなく続きが読みたいですo(^-^)o

まだなんだ
届かないから
遥な君は
互い違いの
イデオロギー

未だ覚めぬ夢ならば
いっそ独りで堕ちて逝こう
【ロス{£・∀}エンジェルス】

133 :野良猫 ◆/Dust/XMF2 :2006/12/23(土) 18:22:37 ID:HlfB51Rm

【楠木 正成】

永久{とこしえ}に
平ら成りけり
和の昭{あきら}
ますらおの病みし闇夜に
砂の耀き
禰の底に
すまいし洲の舞
袖に煌めき楠の華

天皇誕生日にちなんでみました(^^ゞ

駄文及び連投ごめんなさいm(__)m

134 :野良猫:2006/12/24(日) 01:26:28 ID:2GPK6Oot
はがゆくて涙でる
君の言葉受信したら容量オーバーして吐き気がしました

こんなに好きだけど
あんなに好きだったけど
だから?って言われたらそれまでだ

この顔はどうせ死ぬまで笑えるんだしなあ

135 :野良猫 ◆/Kiss/Zwxw :2006/12/24(日) 15:56:11 ID:LVhRMyuk

歯噛みハミ
泡と消えゆぬ
淡き紫陽花

字余し
持て余す夢
緩やかに

洛愁{おちいこい}
明けては孵す
産す芽かな

瀬に依りて
白砂{しらさご}の声{ね}に
色採りの影

【陽炎】―向採―

136 :名前はいらない:2006/12/30(土) 05:59:19 ID:3a+oTIsg

そして

私は、何?存在しているの
もう、ずっと昔から

実感がない
何処にもいない



137 :Underdog ◆JlAUjKVBrY :2006/12/30(土) 13:13:18 ID:QKiYxSCm
悲しみの支配
矛盾だらけの理論
報われない努力


でも
大切な人
暖かい心
全てを許す優しさ

一枚の枯葉はそんな事を想いながら、風に溶けて消えた。

138 : ◆notePDkbPQ :2006/12/30(土) 14:32:45 ID:98hGG8Zm
「愚か者から貴女へ」

貴女を信じることができなかった
些細な何もかもが心にささくれる
この人もきっと嫌っている
ねじれてゆがんでいた自分
馬鹿
貴女は美しい
横顔にずっと憧れていた自分
でも
嬉しい気持ち忘れた勝手な自分
愚か者


139 :藤原康之:2006/12/30(土) 15:33:26 ID:QkhLGJvw
雪が降る 冷たい雪だ
ばみゅーん シャッ! シャッ!
寒風を ついて愛子様が 悪を斬る
よいのです よいのです
2006年 ありがとう ありがとう
2007年 よかったね よかったね。

140 :名前はいらない:2006/12/31(日) 02:54:50 ID:Je/9GBIN
永遠に続くものなんてないのに
何故 大事にしてやらなかったんだろう
失いたくない どうか行かないで

今なら分かるのに
やっと気付いたのに

遅すぎた?
まだ間に合う?


大好きなあなた
もう少しだけ傍にいて

一緒に新しい年を迎えよう
もう一度一緒に・・・

141 :名前はいらない:2006/12/31(日) 17:52:18 ID:xeyguPEW
[ルージュ]

金曜日の夜なのに ブルーなひととき
あったらいいねが形 究極のフォルム

浅いルージュが知らないうちに
形を変えた明日
薔薇の撓り具合が悪戯
黒に溶け出すカラーズ

淡くけずれた踵が 火を吹き出したころ
新しい感情産み またもどってきた

朝行かなくちゃ忘れてしまう
タイムリミットは
明日の今の時間ぴったりです。

浅いルージュが知らないうちに
かたちをかえたあす
薔薇の撓り具合が悪戯
黒に溶け出すカラーズ


142 :アウゲイアスの家畜小屋:2006/12/31(日) 21:07:25 ID:EzyO8Kzc
『完全なる思い付きの詩』

舞う風は 僕のもと 愛が侵して行く 

光の底で 助けを求めたならば あなたは迷わず 引き裂くでしょう 

さようなら そしてありがとう もう二度と 叫びませんから 

それでもまた 再び出会うそのときを 信じて 歩いて 涙する 

ガラクタに埋もれた人形の首のように 私あなたをいつまで待ちつづけますわ ああ

143 :名前はいらない:2007/01/01(月) 02:24:00 ID:WJUICcr+
ええか新見、寒い寒い言うてんとゼニ貰って来い。
詩ぃ書くには、ゼニが要るんや。
シャブ売ったらあかんど、わてらトイチの宗教家、
魂は売ってもヤク売ったらあけへんのや。
分かったか、新見。

                          萬田彰晃

144 :野良猫 ◆/Kiss/Zwxw :2007/01/03(水) 06:57:52 ID:vIY8Pyar
【沙雪】
雪に逝く
淡きかんざし
件{くだん}に云
忌むしつぶさに
蕗のかんむり

味わいの
豊かに馨{かおる}
翳{かげ}りかな
ひずみ窪みの
道標路{みちしるべみち}【野菊廼踵】
―菊―一―紋―字―

こんなんでましたo(^-^)o

145 : ◆notePDkbPQ :2007/01/03(水) 09:26:25 ID:sOcXPMpr
「あなたの心は」

あなたの心は
いたんでいますか
太陽の光が染み込むときも
風とすれ違うときも
赤剥けになった心は
ひりひりしていますか

傷だらけの人が好きです
傷だらけの心が欲しいのです
その心にそっと息を吹きかけて
涙を嘗めとらせてください


146 : ◆notePDkbPQ :2007/01/03(水) 10:15:00 ID:sOcXPMpr
「そとに出る」

いい日だ
ケツを掻いて
そとに出る

147 :名前はいらない:2007/01/03(水) 19:15:24 ID:eh7P06vD
山の端っこから、
大きな〃月が
はみ出している

148 :名前はいらない:2007/01/03(水) 19:59:45 ID:baPAOb+r
欲望の矛先が違う

149 :story of my love:2007/01/03(水) 20:34:51 ID:CtoAIwuJ
夢の中で会ぇなぃのは
もっと
確かなトコロで 会いなさぃ
って事ですか?

150 :名前はいらない:2007/01/04(木) 00:21:04 ID:lVos4/Ux
年が明け
朝が明け
時間が経つ
明日が来る
夜明けが来る
時間は過ぎる
進む
進むけど
戻らない
時間
戻っても
関係は
戻らない
自分に
焼かれる
記憶も
戻らない
「時間」なんて
「時間」なんて
余計な概念だ
余計なんだ
消え去れ
消え去れ
消え去れ
消え去れ

151 :アウゲイアスの家畜小屋:2007/01/04(木) 00:55:00 ID:CWr6kFFf
『無限ビーム』

喰らえ必殺無限ビーム

夢見るパンチが進化するッ?!夢喰うパンチを喰らえー

ええっ?!防ぎようがない 神じゃん それって ああ神じゃん?

あっあっあっ!驚いた、だーって僕だもん!

ここに居着いちゃう?どっちなの?きめてくんなまし

美しければ美しいよ 金曜雨ふんなマジで

へっへっへ 変態よだれかけマシーン 助けて女の子

ワシが鷲じゃ!和紙って、わっしっし

明日まで 途切れちゃった 終わっちゃうよ?ねえ?終わっちゃうよー

うーん、だってそうだもんねえ ヒッヒッヒ 元気だよ

あれ?終わんないよ びっくらこいちゃった はよおわれ

しかし!まだまだ終わらないのだ 元気だもん 終われよう

うわーんかあちゃああん 強制終了それは愛!!

152 :名前はいらない:2007/01/04(木) 01:10:05 ID:zCXauXD4
立 ち 竦 む 少 女


取 り 囲 む 獣 た ち


立 ち 竦 む 少 女


襲 い か か る 獣 た ち


天 使 の 翼


眩 い 光


消 え 去 る 獣 た ち


少 女 の 叫 び


目 覚 め る 少 年


怯 え る 獣 た ち


逃 走

153 : ◆notePDkbPQ :2007/01/07(日) 12:32:42 ID:JIVcrHTS
「薄い紙でできている」

ひらひらと
表も裏も見せて
気ままに
立っている

頼りなげに
腰がくだけて
へたり込み
また立ち上がる

ときどき
何かに貼りついて
向こう側を透かしてみて
いい気分になる

何の匂いも色も
手触りもない
薄い紙
風に乗って舞い上がる


「わたし」


わたしは
薄い紙でできている




154 :名前はいらない:2007/01/07(日) 16:14:32 ID:O+X/u5nl
いつまでもきみはあのソラを仰いでいる
どこまでも遠くを見つめている
ぼくはまだ近くしか見えないけど
いつかきみの見ているものが見ることを夢見ることで頭がいっぱいだよ

155 :アウゲイアスの家畜小屋:2007/01/07(日) 22:13:57 ID:SpHL8W3b
ゾクゾクするほど震えだす 君がそこにいたから
夢もない希望もない ただそこに君がいたから
世界は常に君のもと 僕はただの傍観者
人生は常に狂いだす 会いたくもない知りたくもない それが全てだから
こんにちは僕です 会いたいですか 死にたいですか
愛してるのだろうか 死んでいるのだろうか 誰も彼もわからぬままに
ほっとけばいいのに ただそこにいるだけ ただ無意味にそこにいるだけ
愛という調べを 今確かに終えて それでもいと 愛しいのだろうか
夢も何もない 光は常に闇の中 僕らはここにいます あなたはどこにいるのでしょう?
わかりません わかりませんか?誰彼も知る由もない運命の輪廻の中で
挨拶も知らずに ただ無常に荒れ暮れて あいつはどこですか?
あんのやろうはどこですか どこいきやがった ぶっ殺す
神々が吠えている それは悲しみだと みんな止めてくれようか
雷が鳴り止まぬ アイツが近くにいた ぶっ殺すぞこの野郎
怖いさ、お前が憎いから ただひたすら 声を出しては泣いている
君のためさ 僕のためじゃない あいつのためさ てめえのためじゃあねええええ
夢も希望も捨て去った どこでしょうか?応えなさい?アイツが僕が君がテメエが
許すことも忘れたよ 笑って済ませればそれでいい 

156 :名前はいらない:2007/01/07(日) 22:29:56 ID:Sg8TC9zL
人を好きになるってどうゆうことですか?
ただ会いたい、一緒にいたい、声を聞きたい、
そう思う感情はなんなのですか?
好きとは違うのですか?
あなたに幸せでいてほしい、笑っていてほしい、
そう思うのは恋ではないのですか?
今、ただあなたに会いたいです。
会って声を聞きたいです。
一緒に話をしたいです。
側にいてほしいです。
全部わがままだとわかってても
想っちゃうんです、あなたのこと。。。

157 :名前はいらない:2007/01/07(日) 22:46:48 ID:TEcrNO46
ボクは何してる・・・?
何もせず時間は過ぎていく・・・トキがボクらを引っ張っていく・・・

ボクは同じ日の繰り返しで満足しているのに・・・・・・時間はスピードを緩めることなく過ぎていく・・・
アイツらとずっと楽しくしていきたいのに・・・時間が・・・・指の間からすり抜けていく・・・・

時間が・・・・欲しい・・・・・・・

いつからだろう?
こんなこと思うようになったのは・・・・・・
くだらない・・・・くだらなすぎる・・・・・

ずっと隣をみて・・・あわせて

仮面をかぶって・・・・

ずっと誰かのあとついてって・・・・自分で何も決められないのに・・・・

ボクに価値なんてあるのかな・・・?


何も自分で考えた事などないし。考えようとも思わなかった・・・・
でも・・・・

誰かに認めてもらおうと必死な自分がいた・・・時間と共に歩もうと思った・・・

「さぁ、進もうか」


158 :名前はいらない:2007/01/07(日) 22:55:33 ID:TEcrNO46
157>>の詩感想くれたらうれしいです。

159 :名前はいらない:2007/01/08(月) 05:44:25 ID:Y7G1rekd
>>157

160 :名前はいらない:2007/01/09(火) 17:30:46 ID:oevxtaYr
>>157
同じような悩みを抱えているのかどうかはわからないけれど、前に、占いをする人に自分の悩みを相談したことがあった
そのとき「あんたの名前は全く機能していない。名前は誰かに〇〇さんって呼ばれるためにあるものだ」って言われたことがあった

誰かに認めてもらおうと必死な自分がいた・・・時間と共に歩もうと思った・・・

何度か詩を読みかえすうちに、「時」を「名前」に変えて読んでいたよ

161 :名前はいらない:2007/01/10(水) 19:49:24 ID:x3O1PO0P
私が欲しかった
あのピンクのボタン

そしたら君も、欲しがった
喧嘩になった

頬っぺをつねったり
髪の毛を引っ張ったり

取っ組み合いになって
最期には二人とも泣き出してしまった

その後、何だかお互いが可哀想になって
ごめんねって、なぐさめあって

でも、それじゃあ、
このピンクのボタンはどうしようか?

近くにあった、案山子のお凸に
こっそり縫い付けて

ダッシュして逃げた

162 :名前はいらない:2007/01/10(水) 19:51:08 ID:x3O1PO0P
そしたら案山子は、変な顔してた
(上の最後に追加)

163 :名前はいらない:2007/01/11(木) 23:36:35 ID:fZ0q67gZ
>161
そのピンクのボタンって、どんな服についていたのかなって考えた
なんとなく毛糸で出来た、上から羽織るような服を思い浮かべた

今は、その服のボタンは、案山子のおでこに縫い付けてあるわけだから、案山子の前に立つと、ちょうど胸のあたりの高さになるのだろうか

ボタンのとれた服
もしかしたら、胸のあたりの位置のボタン
その服を羽織ってボタンを探し、案山子のおでこに見つける
戯れに、ボタンをそのままはめてみると、案山子を抱きしめるような感じになってしまい、案山子は訳がわからず変な顔してる

そんなこと考えてた

164 :名前はいらない:2007/01/12(金) 05:06:37 ID:HtN/BIKO
温もりを分け合う其処で、あたしはあなたの腕に抱かれて、好きだと、そっと、確認する。触れれば、あなたは怒り出す。機嫌の悪い猫のよう。

「綺麗なからだがもったいないわ」

あたしの手は、あなたの肌の柔らかさが欲しいと、近くで、こんなに近くで待っているのに。抱き合うだけでは足りない何かは、繋がり合えば、遠くに逃げた。追ってはいけない。きっと 泣くから。
あなたを離さないようにと抱きついた、夜毎誓う、泣きたいくらいの寂しさよ

165 :161:2007/01/12(金) 07:56:19 ID:JZIlEOM4
>>163
素敵なコメント、ありがとうございました。

私の中のイメージでは、このピンクのボタンは、綺麗な
模様の着いた飾りボタンで、昔は何かの服に着いていた
のだろうけど、その服も何か分からなくなってしまったよ
うな。それで、小さな子が宝物入れにコッソリ仕舞って
置きたくなるような、そんな感じのボタンのつもりでした。

でも、163さんの解釈も凄く素敵ですね。自分のなかに
全くないものだったので、とても新鮮に感じます。

案山子のお凸は、小さい子には少し高くて手が届かない
ので、何か踏み台のような物に乗っかって、着けたのだと
思います。大人になっても、その案山子があるかな・・・?
どうかな。

166 ::2007/01/14(日) 05:30:10 ID:vehUIZjb
まん丸で ひまわり
光ってて 綺麗
笑っていて 温かい

温もりに包まれたくて
窓を開けた

でも 僕が感じたのは
冷たい風だった
頬にふきつける風は
僕の心に刺さった刃のようで
恐くなった

冷たさは 刃物
風は 手錠
唯一の感情は 悲しさ

--------------------
えと…あと…
はい、突然の乱入失礼しました。
初めまして 葵(まもる)です。
これで気分害したらすみません;
他に告げられる事が無いのでそそくさと退散します…。

167 :名前はいらない:2007/01/14(日) 20:46:51 ID:QT3rS3ij
緑のパジャマ
黒髪の俺
暗闇うつす窓&俺の携帯
電池が切れた
ようやく風呂に入れたのに、直ぐにでなきゃなの
湯煙温泉に行きたいの
猿と一緒に入れるとこ
貴方もおいで、たのしいよ(^-^)

168 :名前はいらない:2007/01/14(日) 20:51:34 ID:QT3rS3ij
刺さった物を引き抜いて
出来た穴と刺さった物
どっちもヨクミヨウ!
だって、それは大切なこと
体に出来た穴ぼこは新しい自分
裏側が見えるかい?

ハロー ハロー へー

刺さった物は捨てちゃいけない
全部引き出しに大切にとっておいて
そんで思い出して
おじいちゃんになったら、おばあちゃんと笑いあって
おばあちゃんになったら、おじいちゃんと笑いあって
お願いプリーズ

169 :名前はいらない:2007/01/15(月) 03:44:28 ID:FjhuLwra
「死出までの時間」

それは瞬く間に現れた様でいて
必然であった
気分転換は得意なほうだ
見ないようにしていた
直視しないようにしていた
でも本当は大変な欠陥だった

死んでもいいよな
姉ちゃん母さん
声も聞けない
父さんごめんよ

眠気に誘われるのもあと数日
眠気が尽きたら旅に出る
死出という安らぎ

170 :名前はいらない:2007/01/15(月) 08:38:49 ID:FjhuLwra
自殺ということ

人の死なんて大したことじゃない
世界中では毎日、何万という人が生き死にを繰り返している
当事者にとっては躊躇することかも知れないが
世間の記憶もほんの一瞬
輪廻転生に期待するのも悪くない

睡眠
良く眠るために買った錠剤
より多くの睡眠
そしてより多くの安らぎ
永遠の睡眠

171 :名前はいらない:2007/01/15(月) 08:43:35 ID:mlzEEp4v
今はその、足跡だけが残る
もう、何処かへ、いなくなってしまった
ゼンマイ仕掛けの小鳥


その小さな羽は、
小刻みに打ち震え

その嘴は、ときどき、思い出したように
ピヨピヨと鳴いてた


もう誰も、
思い出す者もいない

小さな、ゼンマイ仕掛けの小鳥


172 :名前はいらない:2007/01/15(月) 09:12:43 ID:FjhuLwra
自殺する方法

睡眠薬は薬局で簡単に手に入るのだろうか。確実性がないしな
首吊りも場所がない

一酸化炭素中毒が一番簡単そうだ
ワンルームの窓にガムテープでも貼って空気が漏れないよう密閉する
フライパンや鍋なんでもいいや
中に火のついた練炭入れて
もう少し

眠くなったらそのまま寝よう
あー疲れたな。

173 :よしお#:2007/01/15(月) 09:16:36 ID:gWZNFd+U


174 : ◆qQw284Co5w :2007/01/15(月) 09:17:48 ID:gWZNFd+U


175 :名前はいらない:2007/01/15(月) 10:13:39 ID:FjhuLwra
イツシンジャウンダヨ オーイ

176 :名前はいらない:2007/01/15(月) 12:57:19 ID:sKW+1xi7
何も出来ない
何かやろうともしない
やったとしても続かない
だから始めからやらない
こんな人生つまらない

177 :名前はいらない:2007/01/15(月) 13:06:04 ID:FjhuLwra
ホンマコイツダレヤネン お前何処に目

178 :名前はいらない:2007/01/15(月) 13:08:11 ID:FjhuLwra
ホンマコイツダレヤネン お前何処に目つけとんじゃ 自分のことばっかり言うとんな
しかもクズやから余計萎えるんじゃ
こいつクビにしたほうがいいよ
病気だよ 意味不明

179 :名前はいらない:2007/01/15(月) 13:13:41 ID:sKW+1xi7
>>178
ここは詩書くスレだお

180 :名前はいらない:2007/01/15(月) 18:00:55 ID:Xv4igyhY
「群青と紺碧の砂嵐」

なにーが天馬行空だよ
瞳ちゃん吉本の幹部かなんかの娘だと思ってたんだよ
クソダナァ
ちょっとタイム 
【30秒くらい泣き入ります】

どうもお久しブリンコ
ここであったが100年目 しかし観念しません!

なんだ滅茶苦茶じゃねーか
しかし完璧じゃねーか

どうりですんなり意見を聞いてくださるわけだ

一介の社員にどうりであんなに偉そうに言われるわけだ

テレビ
おめーら前面協力してんじゃねー

悪い夢だったりしなかったり
思い過ごしと願ってみたり・・・

181 :名前はいらない:2007/01/15(月) 18:03:48 ID:Xv4igyhY
しかし誰の意識だったんだ

そして原始女とは・・・

182 :名前はいらない:2007/01/15(月) 19:34:10 ID:Th137uGR
ttp://akitoakito.blog87.fc2.com/

なんだ、この詩
へたすぎ

183 :名前はいらない:2007/01/15(月) 20:11:22 ID:Xv4igyhY
無碍な晒しは禁物でやんす

自己主張と相手を貶める行為を兼ねてはいけません

しかもスレタイと内容が違ってますよ

本当なら恰好の標的ですよ

内容が稚拙なので免れていますが・・・
免れているという点だけ取り上げて喜んでもいけません

184 :名前はいらない:2007/01/15(月) 20:21:08 ID:Xv4igyhY
詩のサイトを評価するスレで
ttp://akitoakito.blog87.fc2.com/
こういうレスがありましたね

・・・

ぎっちぎちに説明したろか?

お前のやってることと俺のやってることは内容がぜんぜん違うねん

まだわからんのか?

185 :名前はいらない:2007/01/16(火) 18:06:40 ID:j93LnAd3
いつから世界は虐げるようになったのか。
人を虐げて楽しいのか、快感を覚えるのか。
誰かが、やっているからか。
そんなのは間違っている。間違っているんだ。
子供が虐めあうのは、全員とは言わないけれど大人が悪いんだ。
大人を見て子供はそれを真似る。

未来の世界は どうなるのだろうか。
いつか世界は どうなるのだろうか。

186 :名前はいらない:2007/01/16(火) 21:06:34 ID:X38dR0gA
僕は君の全てを見ていたい。

君の笑顔や頑張る姿、
たまには怒った顔見るのもいい。

君の喜怒哀楽全部一緒に感じていたい。

君の全てを見ていたい。

ただ君が好きだから。

187 :名前はいらない:2007/01/17(水) 01:37:18 ID:RGrcPJtm
もう忘れたのかもしれない
あなたに恋してないのかもしれない
今はあなたに会えなくても平気でいられるよ
やっぱり1日でも想わない日なんてないけど
でも、こうやって毎日を過ごせてる
やっと前みたいに戻れたのかな
少しは強くなれたのかな
前に言われた言葉。
「本当に運命の人だったら、どんなに時間がかかっても、
いつか一緒になれるんだよ。」
私もそう、思うよ。
だったら、焦っても仕方ないじゃない。
もし本当に運命だったら、きっといつかは結ばれるんだって。
そうならなかったら、2人はやっぱり違ったんだって。
だから私は待ってみるよ。
いつか答えが出るまで、ね。

188 :徹夜でhighなんだ:2007/01/17(水) 08:52:47 ID:HG2WrnZ7
あの日
僕は手を前に突き出す
何か出せると信じて
手を前に突き出す
アイツみたいになりたくて
僕は手を突き出す
ひたすら無欲でいたくて
強く、強く手を突き出す
一番ツヨクなりたくて
僕は手を突き出す

なにも出なかったけど

僕はあの日

確かに悟空だった

189 :藤原康之:2007/01/17(水) 19:51:09 ID:7F9GqgZN
ぬみょーん もはっ もはっ
モハは貨車

もやもやした想念が
私の頭を 肛門に変ゑる

もみゃーん ぶびゃっ! ぶびゃっ!
頭から 下痢したように 想念が飛び散る

ああ 私は 本当に
復職できるのだらうか?できても勤め続けることが出来るのか?

げりょりょりょ。

190 :藤原康之:2007/01/20(土) 15:25:03 ID:qURMl2+t
どみゅりょーん ごっわぱ! ごっわぱ!
どぶりーでん こんにちはみなさん
「さよ おなら。」

びびゃっりゅ ばすごばすご
ごぞーんっふ ぎゅのらもら!!!

今日で 早くも20日
わが命尽きるまで あと何日

びゅどふゅふゅふゅっ!!! 


ごわぱ!!!

191 :名前はいらない:2007/01/21(日) 15:01:45 ID:jTmU3xrF
貝殻を探してた
小さい白い貝殻

広い広い浜辺で
一番綺麗なやつを

巻貝も見つけた
波の音がするという
耳に当ててみた

貝の中の空気は
少しひんやりしてた

192 :名前はいらない:2007/01/22(月) 00:44:45 ID:v34hM1Ol

   それだけ


それだけ
ただそれだけ
ただそれだけさ
ほんとさ

それだけ
ただそれだけ
他意はないんだ、ほんとさ
ただ、君といっしょにいたいだけ
ただそれだけ
それだけ
それだけだよ

193 :名前はいらない:2007/01/25(木) 01:10:48 ID:Qw7oEuJj


    旋律


踊れ

踊れ

私の心の中で 踊れ

踊れ

ゆるやかに 流れるように

逃げよ

逃げよ

どこからも どこまでも

どこまでも ゆるやかに 

流れるように

194 :名前はいらない:2007/02/05(月) 00:42:05 ID:R2Jyr+DE

     歌


悲しいといっては歌い

楽しいといっては歌い

忙しいといっては歌い

暇だといっては歌い

他人を眺めては歌い

自分を睨んでは歌い

忘れて見せるといっては歌い

忘れられないといっては歌い

一人佇んでは歌い

二人佇んでは歌い

また

一人佇んでは歌い

195 :名前はいらない:2007/02/06(火) 01:56:48 ID:XLWeiKpN

    猫


 私は猫。

 卵は産みません。


 なのに

 私の住んでいる家の人は

 私に餌をくれるのです。


 一つくらい産まなければ申し訳ないと

 ひねもす日なたにすわっているのですが

 やはり卵が生まれる兆しはありません。




196 :名前はいらない:2007/02/07(水) 23:31:48 ID:jMQZBbSD
何かをする訳でもなく
何かを追う訳でもなく
ひたすら前に進まされる

止まりたいけど止まれない
止まったらどうなるか分かってるから

ともに歩む死人達
その目には何も映らない
自分の目に映っている物は?

どこに向かっているのでしょう?
知っているのですが分かりません


197 :名前はいらない:2007/02/14(水) 20:34:53 ID:sQ0+YFah
   たまねぎ

皮をむいても何もない
いくらむいても何もない
薄い皮がまな板の上で
私をあざ笑っている

だまれ

振り下ろした包丁に
その皮が裂かれる
甲高い悲鳴が聞こえた気がした

まな板の前で泣き続ける
散らばった白い皮は
まだ私をあざ笑っている


198 : ◆notePDkbPQ :2007/03/25(日) 13:27:17 ID:WyrScVrB
「やっぱり俺は」

やっぱり俺は下手だねえ
何をやってもさっぱりだ
うん、どうしよう
さあ、どうしよう
まあいいかな
ビール一杯のんで
今日は
何処へいこうか

199 : ◆notePDkbPQ :2007/04/02(月) 22:25:09 ID:lPeS2XG3
「薄暗がりの中」

時々頭がごっつんこしたり
傍に居るのに見失ったり
薄暗がりの中
目がなれて伸ばすその手
そっと触れ合う
あなたとわたし

200 :名前はいらない:2007/04/06(金) 11:43:12 ID:qZb4fltj
湧き出る水の 粗き角岩 なんと清きぞ
山谷を下り 野をかき分けて
小川の中を 小石となるも 濁り染まらず

人里に入り 流れにまかせ ただ虚しくも
岸にたわむれ 瀬にまとい付く 
入江の端の 砂の我が身は 利休鼠か

201 :名前はいらない:2007/04/07(土) 03:20:00 ID:hBv11DN8
草の香り
花の香り
木の香り
土の香り

全部息する
気の香り

202 :名前はいらない:2007/04/07(土) 04:10:02 ID:0M66JJiF
まだ冷たい私の手 
忘れたはずなのに 忘れたと思ってたのに
また同じ季節は巡って

また自分に罠をかけ
また傷口広げ あざ笑う

早く 早く 
時が過ぎればいいのに

早く 早く
この鎖から抜け出せたらいいのに

69 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)