5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

自作の詩

1 :名前はいらない:2005/07/21(木) 20:51:22 ID:RDjScdGN
熱く照らすきみ

ぼくはヒカラビル

2 :名前はいらない:2005/07/21(木) 20:53:54 ID:RDjScdGN
もう戻らない

あの日のきみは

3 :名前はいらない:2005/07/21(木) 20:56:08 ID:RDjScdGN
ぼくはやっと
ぼくはなにげなく

想いだしたんだ

あの日の約束

4 :名前はいらない:2005/07/21(木) 21:04:56 ID:RDjScdGN
ぼくは今更

愛してるなどと

言っていいのか

きみを目の前にして

5 :名前はいらない:2005/07/21(木) 21:22:47 ID:RDjScdGN
きみの想い出のなかの

ぼくはいなくて

きみの知らない

ぼくばかり…

6 :名前はいらない:2005/07/21(木) 21:40:30 ID:nk2fwphs
あっそしね

7 :なうり:2005/07/22(金) 22:14:01 ID:uvholE8t
目をつぶったら パソコンの画面が真っ白になった
癒されていく
休む。息を抜く。とはまさにこの時間のことだ
最高な時
どこまで行けるのかなぁ?
何が伝えられるかな?
2ちゃんの中でうずくまりたい

8 :  ◆UnderDv67M :2005/07/23(土) 21:32:09 ID:9Q1BIRBf
くだらね

9 :名前はいらない:2005/07/23(土) 22:49:40 ID:N67J8+Xj
ぼくはきみの
ほのかな愛に気づいた

ぼくが気づかなくては
いけない愛に

今更気づいた

10 :名前はいらない:2005/07/23(土) 22:58:39 ID:ljfY/yZz
あのとき笑っていた君

何処に行ってしまったの??

自分から言った事なのにまだ踏ん切りつけれてない僕が嫌になるよ


あぁ 君はあの人とそこに居たんだね



冷たくなった目で僕を見る君

11 :名前はいらない:2005/07/23(土) 22:58:55 ID:N67J8+Xj
大嫌い 大好き 大嫌い 大好き
なんども 叫ぶ

きみの心に向かって

12 :名前はいらない:2005/07/23(土) 23:40:40 ID:boM/6fin
いつかこんな日が来ると分かってた
考えないようにしてたんだ
その瞬間が幸せならばそれで良いと

もうサヨナラだね
明日のお祭りで最後にしよう


僕も、最期にするから。

13 :名前はいらない:2005/07/23(土) 23:50:40 ID:N67J8+Xj
涙零してもいい?
きみの愛が熱くて

夢に流してもいい?
きみの愛がいたくて

14 :名前はいらない:2005/07/24(日) 13:44:38 ID:8cvOecgb
Tシャツから透けてる下着が
心の奥を締め付けた
ガラスみたいな君の純粋さを
ふんづけないように
それによって
僕まで傷つかないように
そっと歩いてきたから

15 :名前はいらない:2005/07/24(日) 21:29:43 ID:w8A1ovga
あなたの口癖 shit

あたしの口癖 Ilove you

真っ逆さま 真っ二つ

あなたとあたしの世界は

16 :名前はいらない:2005/07/26(火) 20:37:39 ID:kNQPL34T
きのうの涙に流れた
あなたへの想い

ごめんね あの時と
変わり果ててしまい

17 :名前はいらない:2005/07/30(土) 23:11:31 ID:1HOicuQ4
きみの太陽に照らされるから
ぼくのカラダから汗が溢れだす

きみに出逢えた歓びも
きみを想った辛さも

総て流してしまおうか

18 :名前はいらない:2005/07/31(日) 00:01:30 ID:Ss4cZsvX
理想は どんな人だ
自分は 自分じゃいけない
それでも良いって誰か言って
反省の中で 人は変わると
ここからは 何を飛び越えられる
アイム  根ガティバー
すれ違う 道路で見てた
前向き というヤツ
いや あたしの理想はそれじゃない
強さしか持たないことは
今より悲しい
ちっぽけな 蛙が そう歌った

19 :名前はいらない:2005/07/31(日) 01:55:42 ID:N/6pQ9pF
あの時 あたしの唇ふさいだ あなたの唇

今頃 誰の唇を ふさいでいるの?

その唇で 誰への愛をささやくの?



20 :名前はいらない:2005/07/31(日) 16:24:23 ID:acbFtDfO
ひとりでも私は生きられるけど
でもだれかとならば人生ははるかに違う
強気で強気で生きてる人ほど
些細な寂しさでつまずくものよ

21 :那理:2005/08/01(月) 03:55:41 ID:jXSeP6B3
友達とのカラオケ
曲の趣味が全く違う
それ、いい歌なんだぁ?
あたしのマイク
腹から声出して 歌ってみたいの
高い音は 苦手
だって だって

キー下げたら尚更合わなくなるからこのままでいい

22 :美雅:2005/08/05(金) 17:48:22 ID:yUzki/jI
傷付けたのに気付かず

傷付けられたのに気付かれず

互いが互いを傷付けて

そうやって生きて行くのが

人生なんじゃない?

傷付かない人生はなんの価値もない

愚かな物語のような気がする。



23 :名前はいらない:2005/08/05(金) 17:51:42 ID:BqSFy9Z3
彼の弾くピアノの華麗なあの音が
耳についてずっと離れない
そうやって僕を夢の世界に連れて行ってしまう
そして僕は
時折混ざる鍵盤を叩く爪の音で目を覚ますのだ

24 :名前はいらない:2005/08/05(金) 20:40:55 ID://Sp/Ei0
まるい歌が嫌い。
しかくい歌も嫌い。
さんかくの歌は知らない。

私の愛した彼女はそうやって歌っていた
私の知らない歌を
私はその唇にキスをしたいと思った

25 :名前はいらない:2005/08/05(金) 21:32:31 ID:n+sWp5Ng
今、こうして考えてる事は
あなたも同じ?

一つの物を見て感じた事は
あなたも同じ?

誰かの言葉に受けた感情は
あなたも同じ?

わたしとあなたの価値観が
同じであれば問題ないのに

わたしとあなたの価値観が
擦れ違うから問題がおきる

26 :虐待グリコゲン:2005/08/06(土) 00:17:02 ID:VpWPvrIn
「数打ちゃ当たる」的なキミのやり方
そのクセ その純情にトキメクのは 莫迦だからか
もっと見せて あなたの姿 心の部分を さらしてみてよ
キミの作戦には 乗らないの
キミが作戦に 乗せられてるの
好き☆好き同士の結末は 
あたしをいい気分にさせることだ
だから あたしは 引っかかってない 引き寄せているんだよ

27 ::2005/08/06(土) 00:18:58 ID:JmefuZC0
私に響きかける

私の思い出たちが

私に忘れないで欲しいと

私に響いている

28 :名前はいらない:2005/08/06(土) 22:28:46 ID:EFYHKgPU
俺がいたから
おまえが在るのじゃないか
男が言う

私の為に
あなたが在るのじゃない
女が言う

互いの為に生きて
世界の為に活きて

だからふたり
存在したのだと

29 :名前はいらない:2005/08/06(土) 23:25:30 ID:kfaFA4uf
コインの表裏なんて、正反対のものなのに
ワカンナクなるのは、定義が曖昧だから?
何が正しくて、 何が間違っているのか
皆解ったみたいな顔して歩いてる、なのに
ワカラナイでいるのは、僕が愚かだから?

30 :dada4:2005/08/06(土) 23:28:51 ID:Xg1GHs/M ?#
憎しみ

憎悪が湧き上がる

うるさいんだ君たち僕に触れないでくれ

お願いだから触れないでくれ

戦場で負った怪我は

誰にも見せたくない
誰にも教えない

醜くいらだたしいお前らなんかに
誰が心を開くものか

31 :名前はいらない:2005/08/06(土) 23:54:43 ID:nQO+eOBU
声高らかうたってなんぼ

誰も読まぬ詩わからぬし

みせたがりの子 板書き付けて 

切り傷開いてにやけ顔

32 :名前はいらない:2005/08/08(月) 12:55:34 ID:tNQINnhm
あたしはバカだから 平気な顔で君に自由を促す
あたしはバカだから 促したくせに悲しくなる
あたしはバカだから 平衡を取ってまた平気な顔をする

33 :名前はいらない:2005/08/10(水) 02:26:13 ID:+HLw0Q3m
寂しいから キミと目が合ってしまったんだな
寂しいから キミを想ってしまうんだな
そう だって あたしの恋できる機能は ぶっ壊れたハズだ
ふとした瞬間 覚めるクセに
また 後々 この感情に急かされる
消すよ いや 待って
もう少し 夏だから
また 夜に キミと 少し話がしたい

34 :名前はいらない:2005/08/10(水) 04:00:08 ID:nbfQuW0W
キミはいつもそう言うけど
ボクだっていつもそう言う

キミとボクは同じだね

35 :名前って何?:2005/08/10(水) 12:53:40 ID:L9sglwgB
笑って 笑って
いつも 笑顔でいて…
でも,つらい時は
無理して笑わないで―――

ありのままのあなたでいて欲しいから

36 :名前はいらない:2005/08/12(金) 21:16:34 ID:Z5N1/Wgq
あたしの叫び 聞こえているでしょ

あたしの呟き 聞こえているでしょ

なんども 救いを 求めた

なんども 逢いたいって 想った

37 :名前はいらない:2005/08/12(金) 21:32:43 ID:KiibiGKy
あたしの負けは確定か
彷徨う 雨の日
キミの姿を 探してる
こっちの役目は キミのハズでは
蒸暑い夕暮れ
盆休み 駅前
キミの姿は ここには無く

38 :名前はいらない:2005/08/14(日) 18:32:32 ID:nEkKJjxd
私はあなたから
離れないからといって
あなたは私を
捨てることなんて
できないじゃない

離れても
いつか戻ってくるさ なんて
安心してるし
解りきっているじゃない

39 :名前はいらない:2005/08/14(日) 19:32:30 ID:pStw65ny
響き渡る音色に耳を澄ませ
流れ落ちる雫に幻を見いだし
締め付けられるような痛みに枯れるまで叫ぶ
何かが変わるわけではないのだけれど
救われるわけではないのだけれど
それでも今は
少しだけ
悲しいほど響き渡る…
静寂という名のレクイエムに酔いしれるひと時を…

40 :名前はいらない:2005/08/15(月) 17:39:23 ID:OFrh0KVv
あなたの心になら
あんなに触れていたのに

どうして見つめたら
触れられないの

あなたの瞳にすら

41 :なうり:2005/08/15(月) 23:16:05 ID:ZJcl5COQ
夏が終わるって 周りが騒いでる
もぉ いいんだ 終わりにして
秋がくれば 秋仕様の あなたの ファッション見れるもん
妄想ドラマは 秋バージョンへ

42 :名前はいらない:2005/08/15(月) 23:19:54 ID:lBuZKu/L
甲州街道はもう秋なのさ
これからは
こないでくれないか
うそばっかり
うそばっかり
うそばっかり
うそばっかり
うそばっかり

僕半分夢の中

43 :名前はいらない:2005/08/16(火) 02:32:23 ID:6O6eOqKW
ネクタイ はずして
男のクセに華奢な鎖骨 キスしてあげる

また夏の雨 気にしない
虹が架かるかも 気にしない

男らしい背中だね 逞しいよ
私の手がちっさく見える

まだ夏の雨 気にしない
雷鳴るかも 気にしない

長い睫毛 綺麗ね
臆病な唇 私を飲み込んでよ

まだ夏の雨 気にしない
零れる嗚咽 気にしない

なんで泣いてるかなんて自分でも分からないから
気にしない 抱いて
気にしない 抱いて 抱いて 抱いて

44 :名前はいらない:2005/08/19(金) 13:49:45 ID:Z4D6zSME
>>43

男の描写と「夏の雨」の描写により、この二人の関係(行く末)について
作者であろう女の情感が投影されている。

繰り返される「気にしない」のフレーズが、女の不安・孤独をイメージさせ、
抱き合うことが、抱かれることが、ただ唯一の望みであることを読後に知る。

個人的には、
「なんで泣いてるかなんて自分でも分からないから 」
このフレーズは不要であろう。

45 :名前はいらない:2005/08/24(水) 23:27:30 ID:n8/gbUmH
髪型 変えて行くの
キミは 気付くかな
是は キミのイメージに 
とても 似合ってる気がするのは
あたしだけかな
キミがいなかったら 
あたしの昨日からの期待は
あっけもなく潰れちゃうね
もし キミが 明日 険しい顔でいたら
どうしようか
この前みたいに 笑って 賞賛してね
あたしは ずっと 楽しみにしてた

46 :名前はいらない:2005/08/24(水) 23:57:18 ID:gzg9uL75
>>45
だらだら続く、無意味な変換を交えた言葉の羅列は、
読み手を意識していない独り言の呟きであり、
作者の自己満足にイライラする。

そして、ラストフレーズ。

読者の意識は立ち止まり、読み返すことになる。
それまでの独りよがりのありふれた言葉は、
ただひとつの過去形によって読み手を巻き込み、
ひとつのドラマ(世界)を構築する。
やはり詩は、おもしろい。

47 :名前はいらない:2005/08/25(木) 00:33:29 ID:t3cj8xRL
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=windsolo
このサイトさんの詩を参考にしていつもかいてます!

48 : ◆s0t9jMQPjM :2005/08/26(金) 23:34:07 ID:xGsdgizK
「自作」
言葉を盗んだ 文章を盗んだ 段落を盗んだ
文を盗んだ 節を盗んだ 句を盗んだ
単語を盗んだ 字を盗んだ
私の居場所は何処?

49 :名前はいらない:2005/08/27(土) 00:44:09 ID:2uVprftT
>>48

表現とは何か、自己とは……、
そして果てしなく続くであろうあの議論。
何のために書くのか?

この作品は、確かにそれらを喚起させる。
ただし、作品自体としてではなく、提案されたものとして。

ところで、「提案」に対してはこう応えよう。

「選択したきみが居るじゃないか」


50 :名前はいらない:2005/08/27(土) 20:32:56 ID:kwPip6+w
ぼくの詩が 歌謡曲だって
ぼくの気持ちが 演歌だって
ぼくの叫びが ニュースキャスターだって

だってぼくのボキャブラリーが それだけなんだ

ぱぱが誉めなかったら こんなに書かなかったよ

51 :名前はいらない:2005/08/27(土) 20:39:13 ID:kwPip6+w
みんなが書けるようにage

52 :opipjo:2005/08/27(土) 21:32:46 ID:EF0k5DGB
ねえ、せめて、夢で逢いたいと願う。
夜に限って一度も、ルルルルル。
出て来てはくれないね。
二人出逢った日が、少しずつ思い出になっても…
愛シテル、愛シテル………

53 : ◆s0t9jMQPjM :2005/08/27(土) 23:11:02 ID:INyrJvpj
文法を作ったのは 熟語を作ったのは
単語を作ったのは 字を作ったのは
私じゃない
ただ借りただけ
神には勝てないものなのです。

また自らが神になろうにも
その言葉 意味を成さず ただ自己空転

願い叶わず。

54 :名前はいらない:2005/08/28(日) 00:36:07 ID:8dg3ewrp
>>52
自作じゃないやん

55 :名前はいらない:2005/08/28(日) 10:52:52 ID:n5aNu2GH
>>50
歌謡曲のような詩、演歌な気持、ニュースキャスターの叫び。
こうした例えを、私は好きだ。
「ぱぱ」と平仮名表記した意味は推察できないが、
この最終行の表現も、私は好きだ。

このように好きなフレーズが集まっても、どうしてだろう、
作品としての印象は薄い。

ところで私はこの作品を読んだ後、
読み手ではなく、評者を意識した詩作行為について、
その相違を少しばかり考察してみたりした。

56 :名前はいらない:2005/08/29(月) 03:19:35 ID:kabXUrcE
パクリじゃねぇさオマージュだ
真似してないよリスペクト
これがそっくり?気のせいだ
映画を見てると閃くだけさ
本を見てると閃くだけさ
これ使えば面白い
パクリじゃないってオマージュよ
真似してないよ尊敬さ
これがそっくり?良くある単語

57 :名前はいらない:2005/08/29(月) 03:30:08 ID:M7lTNZM/
↑おもしろい こういうの好きだわ

58 :名前はいらない:2005/08/29(月) 06:25:30 ID:K34b7sD1
「童顔マフィア」

隣の家に住んでいる
奴は絶対童顔マフィア

1日4回溝掃除
奴は絶対童顔マフィア

会えば笑顔で会釈する
奴は絶対童顔マフィア

「童顔ですね」と話しかければ
必ず銃で撃ってくる

奴は絶対童顔マフィア
ノイローゼぎみのインテリヤクザ

59 :名前はいらない:2005/08/29(月) 15:58:42 ID:kG3LIZAx
<間奏>

60 :滝沢秀明 ◆q56bQw3mgQ :2005/08/29(月) 16:49:12 ID:4g92jxYs
うへへ

61 :名前はいらない:2005/09/03(土) 00:24:58 ID:Fg1Yfg+V
「とろとろ溶けて深夜3時」

大きく夜空の空気を吸い込み
視えない声で叫ぶ
綺麗事なんて考えちゃいないさ
手を挙げて 下を見て
感覚だけで朝へ溶け込む

知ってるんだ
藍に染まるガラスの花を
怯えてるんだ
あなたの木に毒があることを

嫌いなことも知ってる
全てどうでもいいことも
でも僕を忘れないでくれ

視えない声とともに





62 :メッセンジャー:2005/09/03(土) 01:10:28 ID:qWDhDLDa
人間の存在意義は他人を支えるため

衣食住は全ての働いている人達に

精神は親、兄弟、仲間、恋人などに

どこかで君は守られている

そして
どこかで君は支えている

君のおかげで救われた人間がいる

君が存在することで生きてきた人間がいる

君の存在が無くなったら誰かが死ぬかもしれない

それは…
君の隣でいつも笑っていてくれる大切な人かも知れない…

63 :名前はいらない:2005/09/03(土) 07:53:24 ID:wfBogOtW
綺麗な星空 眺めてたら
なんだか空に吸い込まれちゃいそうで
少し怖かったけど、少し空に行きたかった

現実は、辛くて苦しいことの繰り返し
逃げ出したくなることもあるけど
ここが私の居場所だから
逃げられないの

だから私は空に行きたい
現実なんて見たくないから
あの星空に近付いて
ゆっくり時を過ごしたい
嫌なこと全部忘れてさ
綺麗な星空に浮かんでいたいよ

だから、星空にお願い
「私をそこに連れていって」

64 :名前はいらない:2005/09/03(土) 10:30:07 ID:yGBa34aP
「ガソリン!」

乗りまくれ俺の子猫ちゃんのエンジンに火が付くように
乗りまくれ俺の子猫ちゃんのエンジンに火が付くように!!!
覚悟しろ きたやつらみんな夢中になるぜ
 
ママあんたが俺を捨てようとしてることがわかってる!(もっと!)
頼むからあっちへいけ!(もっと!)
俺の子猫ちゃんは尻軽じゃねえぜ?だって

彼女はガソリンが大好きなのさ(もっとガソリンちょーだーい)
どんなガソリンが欲しいんだい?(とにかくガソリンがほしいわーん)×2


65 :名前はいらない:2005/09/03(土) 14:14:32 ID:Kt/3xaog
「ホラー」
お化け屋敷はやっぱ怖くて
ホラー映画の宣伝はもっと異質
夜道にぼんやり人影が
やっぱり不気味で
やっぱり怖い
なのにホラーは永遠で
やっぱりホラーは怖いんです

66 :名前はいらない:2005/09/05(月) 00:02:12 ID:5iUFuk0z
抑圧されてたものから解放

好きな音楽を聴く歓び

酔いのまわったカラダに
殊更染みる

67 :名前はいらない:2005/09/05(月) 00:05:29 ID:4Qvri2hB
不思議 最近 会ったばかりなのに
キミの話は 長すぎる
雨が酷い
この雨も キミと一緒にいたら
喜べるかも
その無邪気さが 逆に駄目

68 :名前はいらない:2005/09/19(月) 00:30:00 ID:aqDxLxeZ
手錠と水色の手帳 これだけで充分
リスクは言わずとも
キミにもボクにも 降りかかる
歩く道 どんなに笑顔でいても
影に 隠れた 手帳と手錠 キミとボク

69 :かずき:2005/09/19(月) 05:03:18 ID:CWNL13EH
ただ 隣に居たいだけなのに
ただ 笑いあいたいだけなのに
それでも僕らは 出会わなきゃよかったの?

ただ 出会えたことに心から喜んだのに
ただ 出会えたことで生まれた意味を見出したのに
それでも僕らは 手を取り合ってはいけなかったの?



70 :「夜ねずみ」:2005/09/21(水) 22:18:16 ID:jU8h2gcP
お前たち、愛してる
俺の仲間よ
俺達はずっと一緒だ
俺の金で飯を食いに行こう
全部俺の奢りだ

ああ、なんていい夜だ

幸せの絶頂だ

俺は世界一恵まれている
お前達も最高だ
ああ 神様

幸せだ


71 :名前はいらない:2005/09/24(土) 22:03:53 ID:jvsvGcKO
何処にいるのか想像ついた
場所じゃなくて 黒い大きな波に呑まれる その下あたり
其処からは 上も下もハッキリと見えすぎて
良くないよ
このクスリであたし 少し寒いけど 此処まできたよ
感覚は秒単位できっと変わる
メトロノームのリズムで切り替わる
嬉しい 殺したい 破壊しちゃえ! 大好き★★

72 :名前はいらない:2005/09/24(土) 22:25:52 ID:amXAW2WF
他人から自己満足だと言われてもいい、自分勝手だと言われてもいい。 ただ、自分だけは自分の信じた道を自分で背負い、つき進みたい。

73 :Shining15才:2005/09/24(土) 22:59:16 ID:XB9vr4jB
ここまで好きになれたから,ずっといっしょにいたいよ
別れたくない そう考えるだけで涙がでてくる
君の顔がみたい 早く
君に出会えたことではじめて神様にありがとうと言った
他の人は嫌だよ 君だけをずっと好きでいたい

74 :名前はいらない:2005/09/24(土) 23:12:29 ID:b9esRP3K
嫌いなものはすぐわかるのに
好きなものはわからない。

最近あなたの姿ばかり追ってしまう
好きなのかと聞かれればそうかも知れないけど
本当はわからない・・・
あなたの好きな所もわからない
自分に自信がない・・・
自分の気持ちもわからない
私にとってのあなたの存在はどんなものなの?
探しても探しても見つからない
誰かの手を借りれば簡単なのかも知れないけど
私にはそれが出来ない・・・
心の内をさらすのが怖いから・・・・・・
だから自分で必死に考えてみるけど  
見つからない。
人を好きになるっていうのはどんな感じ・・・?


75 :名前はいらない:2005/09/24(土) 23:21:51 ID:9t4CTdZK
無神経に朝が訪れる

      時が暴走を始める

76 :名前はいらない:2005/09/25(日) 01:36:13 ID:2uj06Wpa
貴方を見る度私は消える
とても心地よくて
どうしてあのまま死んでしまえないのかと
人生を呪ってたあの頃

私は貴方に会いたい
じゃれあって 眠って 目が覚めたらまたそばに居てほしい

77 :名前はいらない:2005/09/25(日) 02:39:30 ID:2uj06Wpa
もしも抱きしめてくれたなら
私はふにゃふにゃと
子供のように泣けるだろうはしゃげるだろう
もしも目の前で知らないと言ってくれたなら
私は貴方を憎めるだろう

78 :名前はいらない:2005/09/25(日) 19:53:36 ID:2uj06Wpa
貴方が大好きです子供が大好きです
生きてて下さい

79 :名前はいらない:2005/09/25(日) 21:58:15 ID:kOC43xSx
水の音がして あなだじゃないかと
振り向くの
いつもなら その辺で 笑ってくれていたのに
水はあなたで流れ流れていく
あたしはそれをこの距離で 何も思わずスルーする
出てこないの 何もかも

80 :ゆか:2005/09/27(火) 06:03:21 ID:PJ5Hg3fH
78

怖い夢を見ました
貴方が居なくなって
涙も出ない程悲しくてやるせなくて
私は貴方についた虫を退治しようと貴方まで殺してしまったと言う小さな女の子の首を締めました
子供じゃなかったら絞め殺していたでしょう

目が醒めて不安になって此処に書き込みました
とにかく生きててほしいと願いました

そして気付く
私貴方を憎めるだろうと書いてしまった
虫をつけたのもあの女の子も私だ私は子供じゃない 
貴方は私の前で知らないなんて言ってない

81 :名前はいらない:2005/09/29(木) 00:53:06 ID:IueITW2G
行方不明願望
この気持ち 何処かへ消えてしまえ
面倒になる前に気付く頭なんて
最初から持ち合わせてなんかいなかったよ
カレンダーはまた捲られ巡る
生温い痛みを降ろさないまま

82 :名前はいらない:2005/09/29(木) 01:16:07 ID:16D/ibU+
そらをみる
くもひとつないあおいそら

なにもつかめるものがなく
そらのそこへとおぼれていく

かぜにながれてくもがくる
そらをよごされた

はきけがする


83 :名前はいらない:2005/09/29(木) 22:30:05 ID:IueITW2G
きっと2人さ 浄化して
水色の空に流れたら
どんなに軽いんだろう
暗闇みたいなあなたからの言葉も
こんな冷たく距離を置かないだろう
すぐ近くに存在してない
夏は間違い
間違いじゃない 症状からなるそのままの言動であったこと


84 :名前はいらない:2005/10/06(木) 00:12:55 ID:N190P+ux
痛かったら左手上げて
怖かったらここでその腕を
包帯外して振り上げる
見ないで
この傷
いままでの
演技台無し
発狂寸前
瞳孔開いて
第2ステージ始まる
エンドレスな悲鳴

85 :名前はいらない:2005/10/10(月) 22:38:48 ID:BXSchtlA
蹴飛ばしたい その無神経さ
突き飛ばしたい バイバイ!バイバイ!
お古のあんたを着用中
『今時新品は落ちてない』
前の主に執着してるこの古着
本当はもう捨ててしまいたいのに
何を楽しんでるんだろ
いつもプライドは虚しい方へ駆け抜けてくよ
切った風が 刺さるよ
10月のあたしに


86 :名前はいらない:2005/10/10(月) 23:55:26 ID:HsCi/FC7
   灰色で染められた世界 僕は何を見る
見えない明日見て 今日もデタラメな時間を過ごす
「何やってんだ俺」って言ってみても何が変わるわけでもない自分
気がつけば 日が暮れ 季節が変わる 色のない時間 
こんな荒んだ世界で生きる理由を探して 今日も彷徨う
時間は残酷で待ってくれやしない 
しんどいよ 疲れたよ 何て誰も聞いてやしない
生と死の狭間で過ごす日々 
死にたいけど 痛いのは嫌だなんて言ってる
自分に嫌気がさす 精一杯生きたいよ
誰か 教えて 朝起き 慌ただしい朝に追われ
気がつけば 夕方になり人々は早足で家路と向かい
僕はため息だけが飽和する時間を過ごす
10月の夜は置き去りにされた気分になる
今は見えないけど あると信じて 歩き出す
どれくらい歩いたか 何処まで来たなんか わからない
眠っている時に見る夢はいつか終わるように
この遣り切れない悲しみも終わることを信じて・・・
朝日は僕たちを迎えてくれ 世界は今日も何もなかったかのように動き出す
前を見よう 後ろを見ないで さぁ それぞれの覚悟の地へ
会社?学校?わからないけど 靴を履いて 初めの一歩を刻もう
嫌なことがあっても 明日はくるよ 笑おう きっとよかったと思える人生が待ってるよ
ガンバロウ 灰色の世界だって人は変えられるから 自分を信じろ
思った以上にできるから 

87 :名前はいらない:2005/10/13(木) 02:03:19 ID:MHRUr/H1
外した タイミング
嗚呼 どうしてこの湿気
誰か払ってよ オネガイ
表情なんてもう作ってらんない
惨めなの?
惨めにだけはなりたくなかった。
寒い部屋 それなのに窓は曇り
あたしの思考をまた遮ってる
誰か居る

88 :名無し@誰も知らない:2005/10/13(木) 03:18:46 ID:Y/jDCSLJ
小さなまち。
綺麗なオルゴールが鳴って
私の心を癒してくれる

光に包まれて
やがては消えてしまう

そんなことの繰り返し

だから、私は少しずつでもそれを乗り越えて
また、輝ける



89 :名前はいらない:2005/10/14(金) 01:30:54 ID:auwIoPcx
寒くなって 小さくなって キミの隣が心地よい
決して 暖かな場所ではないけど
やっぱ キミの温度
暖かく 時に シリアスに揺れて
キミが起きないのなら
あたしもこのままでいい

90 :名前はいらない:2005/10/19(水) 18:24:36 ID:B2VbDXQb
私は幸せ
だってあなたの微笑が私を癒してくれるから

私は幸せ
だってあなたの優しさを感じる事が出来るから

だけど自分が幸せだから余計に私は苦しくなる
だってこの世の中にはあなたがくれたような微笑も優しさも知らないで
孤独な中に生きる人が大勢いるから

私の言葉は偽善?

あなたの胸に飛び込んだらきっと私は今までの人生で一番幸せかもしれない…

だけど私は傍らで孤独に恐怖し怯える人を見て見ぬふりも出来ない

そんな私はきっと偽善者で大嘘吐きかもしれない

でもやっぱり私はそんな生き方しか出来ないよ…

あなたに愛されたからこそ

自分だけ幸せになるなんて出来ない…

91 :名前はいらない:2005/10/20(木) 13:22:47 ID:9WqRYqDW
私は信じている
きっとこの地球の未来は想像以上に明るいって
今は悲しいことや悲惨なことばかりだけど
近い未来そんな悲しい出来事や不安に怯えることも無い世界
誰もが自分らしく笑って生きられる世界が訪れるって

そんな絵空事を私が信じられるのは
あなたに出逢ったせいかな?

92 :名前はいらない:2005/10/20(木) 19:50:53 ID:9WqRYqDW
あなたが私を忘れてしまったとしても全然構わないんだよ
私はあなたに何かして欲しいなんて思って無いんだから
ああ でも出来たら私と出逢ったことを後悔しないで欲しい
あなたの心を塞ぎたくない
私のことは忘れて 忘れて欲しい

93 :名前はいらない:2005/10/22(土) 14:46:29 ID:LvUPfqC1
あなたとの今を手離す代わりに
私はあなたとの永遠を手に入れる

涙の代わりに
消える事の無いぬくもりと笑顔を手に入れる

あなたは
まだ誰も見たことのない世界を
私に見せてくれる

94 :名前はいらない:2005/10/22(土) 17:13:53 ID:LvUPfqC1
拝啓、
私はきっともう一人でも大丈夫。
それに不思議な話しなんだけど、いつもあなたの体温につつまれているように感じるんだ。

だけど最後にお願いをするなら
何時かまたどこかで必ず会いに来て

95 :名前はいらない:2005/10/23(日) 03:12:26 ID:U/llNW5H
もし
あなたが私の今迄の気持ちを全て疑っていたとしても
何の弁明もすまい
全部受け入れよう

きっとそれしか出来ないから

96 :名前はいらない:2005/10/23(日) 03:30:11 ID:U/llNW5H
だけどあなたに疑われた瞬間

私の涙は凍りつくだろう









97 :名前はいらない:2005/10/24(月) 11:01:21 ID:v/kvYtxR
私はこの頃不思議な空想に囚われる
あなたは私と出逢うずっと前からもう
私を見つけてくれていたんじゃないかって

少なくともそれはきっと7年位前から…

そして私はあなたと一度だけ目が合う瞬間の為だけに
不思議な声に呼ばれて導かれて来たんじゃないだろうかって



98 :名前はいらない:2005/10/28(金) 09:23:39 ID:/164Oq/c
もしも願いが叶うならば
あの人の心が痛む事がもうありませんように

明け方に理由の無い悲しみと喪失感が私を襲うのは
きっとあの人が悲しんでいるせいなんじゃないだろうかなんて
変な妄想をすぐしてしまう私だから

だからどうか私に笑顔を見せて
私を安心させてください

99 :名前はいらない:2005/10/28(金) 18:08:06 ID:/164Oq/c
私は生きる
誰一人私を信じてくれなかったとしても
白い目で見られたとしても

私は生きる
今迄もそうやって生きてきたから

これからだって独りきりになったとしても
大丈夫 大丈夫

他人の前で涙を見せるなんて絶対にしない

100 :名前はいらない:2005/10/28(金) 19:25:06 ID:/164Oq/c
私がいったい何をしたと言うのだろう?
何故そんなに憎悪に満ちた目で視るんだろう?
私があなた達の持っていないものを持っているように見えるの?

もしそうなんだとしたら私は耐えるしかないかもね
気が済むまで憎めばいい
でも私はあなた達の前から消えたりしない
たとえ私が消えたとしてもあなた達は同情なんてしないって解っているから

だけど私はあなた達に同情するよ
可哀想な人達…

あなた達を孤独と恐怖から救ってくれるヒーローは何処にいるの?

そして私を悲しみから救ってくれるヒーローは何処なの?

きっとそんな人は何処にもいないんだ

だったら私が強くなるしかない

101 :名前はいらない:2005/10/29(土) 00:18:44 ID:zFxXQR+1
だけど人は皆完璧じゃない
私は完璧なものを求めすぎているのかも…

たとえ疎ましがれ誤解されたとしても良いじゃない
私は私
他人からどう評価されようと今の私には興味ないこと

それに今はあの人を失った悲しみがどんな喜びにも翳を射す
そんな私の心こそ不完全で醜いんだ
そんな私が他人を裁く資格などある筈もない

私の心はきっと半分だけ切り取られたんだろう
本当はあの人と出逢った瞬間に

だったらせめてその半分残った心を暖めて育てなきゃね
切り取られた心の痛みも何時かは癒えてくれる筈だよね


102 :名前はいらない:2005/10/29(土) 00:28:39 ID:zFxXQR+1
あいたい

嘘だよ

あいたい

嘘だよ

自分の中で延々と繰り返しているだけ

感情なんて消えてなくなれば良いのに


そうだ!自分の存在なんて最初から無いものと思えば良いんだ!

103 :名前はいらない:2005/10/30(日) 19:51:02 ID:hKLlg3zg
パンドラの箱を開けたから世の中の全ての厄災が生まれたんだって
でも同時に箱の隅には希望というものも残っていたんだよね

夢、希望、昔はそんなありきたりなことを歌う歌は好きじゃなかった気がする
どこか嘘くさい気がしてたから

でも今はそんな歌の言葉を素直に信じたい気分なんだ
今はそんな歌だけが私を支えてくれる友達

もしも誰かが泣いていたら私も隣でそっと涙を流そう
でもそれを誰かに気付かれたくはないよ

私って変なところで天邪鬼なんだ



104 :名前はいらない:2005/10/30(日) 23:15:25 ID:hKLlg3zg
勘違いしないで欲しい
私が欲しい物はあなたの温もりじゃないから
だって私の答えは最初から決まっていたから

私はもう昔の私とは違う
偽りの愛に目が眩むほどお馬鹿さんじゃないし
もう苛められるだけの日々からはサヨナラするよ
たとえ独りでも私は孤独を怖れない

あなたは優しい人だけど
でも最後まであなたには私が本当に欲しかったものは解らなかったんだね

私が本当に欲しかったのはあなたの甘い抱擁でもキスでもない

私が寄り添って涙したいのはあなたのように恵まれて幸せな人じゃないよ


さようなら
チャーミングでちょっとナルシストな天使さん ^^



105 :名前はいらない:2005/10/30(日) 23:37:02 ID:DMsNQg+l
おまえの愛をカラダ中
感じていたかった
おまえの心を全身で
受けとめていたかった

106 :名前はいらない:2005/10/30(日) 23:45:16 ID:me5bz/5b
おお
俺はなんて可哀想なんだろう
面白くないから言わないが
あんな気持ち
こんな気持ち
とにかく報われないのだ
恥ずかしいから言わないが
あんなこと
こんなこと
とにかく可哀想なのだ

107 :名前はいらない:2005/10/31(月) 00:13:49 ID:C08favAi
http://blog.livedoor.jp/sa1192sa/
映画です

108 :名前はいらない:2005/10/31(月) 07:08:20 ID:zKgdtHm5
あなたがこんな私の為に一瞬でも心を向けてくれたのなら
素直にありがとう

でもそれがあなたにとって悲しい事だったら早く忘れて

だけど出来たら
私が流した涙だけは嘘じゃないって信じてくれる?

あなたの事が死ぬほど好きだった事
信じてくれる?

109 :Kie:2005/10/31(月) 23:22:37 ID:x6vGCXWw
『Only me_?』
A sleep.
A pain.

And

The end.

I?

I seem to live

Because it is not a human being.

       

            以上自作の詩です 英語が読めかったら 辞書で。

110 :19 ◆gwnULb/9mw :2005/11/01(火) 22:56:04 ID:y7dzH63N
「金沢の少女」

マキ絵は鍵っ子だった
いつも数十ある石段を使って
夕日を仰いだ
帰り道はいつも一人
最後の道ではいつも一人で歩いていた
終りを描けば最後の姿の輪郭は映ると彼女の叔父は考えていた
「終りは一日の全てだ」
しかし、分かりやすい彼も頻繁に悪夢を見た

111 :名前はいらない:2005/11/01(火) 23:10:30 ID:UyTOfUWU
>>110
6行目=淀みの無く表れていい基礎となってますね

112 :19 ◆gwnULb/9mw :2005/11/01(火) 23:33:14 ID:y7dzH63N
「秋の木陰」

くたびれた立木の下に鉛のような影をあしらわれ
敷き詰めた葉を映した姿見の中に立つ女は
もうどの余白にも現れなかった
真っ赤な指先にカサコソと歌う虫なら
日傘やベールに包まれたままの彼女の姿に触れるかもしれない

113 :名前はいらない:2005/11/02(水) 17:48:53 ID:eF4QK/bv
今は胸が引き裂かれそうでも
何を見ても涙が溢れてきたとしても
きっと何時か暖かい想い出になるはず
今より大きな喜びに変わるはず

それが私がパンドラの箱の片隅に見つけた希望

だから ゴメンナサイ ゴメンナサイ ゴメンナサイ

114 :名前はいらない:2005/11/04(金) 23:13:45 ID:urkq8CtJ
私はあの人と目が合った瞬間確信したの
あの人は孤独になんか押し潰されるような人じゃないって
あの人は私が今迄出逢った人の中で誰よりも強くて
そして優しい人なの

そうでなければ私がこんなにも胸を焦がすはずはないから

そうでなければこんなにも会いたくて気が狂いそうになるはずなんてないから

あの人は弱くなんかない
呪文のように毎日唱えるの

あの人は決して孤独なんかじゃない

あの人は信じないだろうけど
女の直感は男の人よりも鋭いんだ

115 :名前はいらない:2005/11/04(金) 23:35:24 ID:urkq8CtJ
私のことなんて憎んで 疑って 早く忘れてしまって
その方がどんなに気が楽か

そしてお互いに本当の自由を手に入れるの

もう眠れない夜も
涙も
悲しみもない

素晴らしいでしょ?

116 :名前はいらない:2005/11/09(水) 18:46:57 ID:ZF76m1ID
私、あなたが想像しているような美人でもカワイコでもないの…

だから天使の魔法もすぐ解ける筈

でもあなたを騙すつもりなんて無かったの

ゴメンナサイ…

117 :名前はいらない:2005/11/09(水) 20:40:09 ID:ZF76m1ID
きっとこれで良かったんだよね
人は分相応な幸せで満足出来る筈
何よりあなたと私は本来交差するはずなんてない人生

でもあなたとは心が繋がっているように感じる瞬間があったの
論理的で知性派のあなたはテレパシーなんて信じないだろうけど

全部私の妄想だったことにしておこう…

118 :名前はいらない:2005/11/10(木) 11:27:38 ID:vBpdFSwr
寂しくなんかないよ
何時かきっとまた会える時があるから

それに私は太陽の光を浴びるたびにあなたを思い出すの
だからあなたもお月様を見た時
たまに私のことを思い出してくれたら嬉しいな

119 :名前はいらない:2005/11/10(木) 16:23:42 ID:vBpdFSwr
私はもう昔の私じゃない
あなたの望むような都合のいい女にはなれそうもないよ…


あなたにはもっとキレイで素直で何でも望むことをしてくれる人が幾らでも現れる筈



束の間のシンデレダ気分をくれて本当に…アリガト

120 :名前はいらない:2005/11/10(木) 18:51:19 ID:vBpdFSwr
涙 ポロリ *

121 :名前はいらない:2005/11/11(金) 22:25:16 ID:PJ2u0Tkx
「虚無」

あなたは巨乳が好きだと言って
あたしを不安にさせた
今日 来ていたよ
ビックバストが
横目で見るあたしの視線は
強いわけがない
誰か あたしの良いとこ
探して
じゃなきゃ
明日からどんな顔してけばいい
自信喪失それどころか
あたしがあたしを裏切ってしまうよ

捕まえて オネガイ
手を取ってわかるまで言って オネガイ
辛い時間
長い夜
もう嫌だから 今日は寝てしまおう

122 :名前はいらない:2005/11/13(日) 20:28:45 ID:KpaCcPlb
とにかく車にのって
ちょっとでも遠くへ
いこう。
こんな気持ちのままじゃ、きっとずっと眠れない。


123 :名前はいらない:2005/11/15(火) 20:28:05 ID:Ey4B2HHD
もうあんなおもいは嫌
あなたに言えば
俺だって嫌さと

世界が狂えば
ふたり輝けるのに

世界が動けば
ふたり沈んで逝く

124 :名前はいらない:2005/11/17(木) 00:37:09 ID:HWkwfCkT
蹴散らしたい 
見返したい 
ストレスだ
無理してる
引きつる
笑顔はNG


125 :名前はいらない:2005/11/17(木) 21:00:35 ID:YyH9bJ/D
孤独と友達になれない
だから 寂し
だから 孤独

今にも死にそうな自分を見つめて、耐えている
新しい人と知りあい、迷惑をかけないように
死に、耐えている
でも、限界が来ている

人肌が恋しい、もう得られない人肌が恋しい
こんな弱い俺で、ごめんな

126 :名前はいらない:2005/11/18(金) 22:25:58 ID:CY/2mAYV
「11月」

もっと寒くなりそうな夜
部屋の中で言いました
「誰か私の隣にいてね」
暖かいもの スープと紅茶
冷たいケータイ


127 :くろしげ:2005/11/19(土) 00:59:03 ID:mBeNXm8y
あなたの嘘に 嫌になりました 
でも耐えています
あなたの都度変わる心が 嫌になりました 
でも耐えています
あなたの言葉で傷つけられる事に 嫌になりました
でも耐えています
手が届きそうで届かないあなたが 嫌になりました
でも耐えています

いつまで耐えれば、私の心の傷は治るのでしょう
あなたを愛せなくなったとき、治るのでしょうか
あなたに、手が届かなくなったとき治るのでしょうか

あなたは気づいていないでしょう、あなたが残酷だとをいうことを
それでも、あなたを愛します

128 :くろしげ:2005/11/19(土) 01:42:59 ID:mBeNXm8y
君に気付かせてあげたい 
君がやろうとしていることは
社会悪だと 
社会への甘えであることを

君の気持ちは分かる
でもそれはしてはいけないこと
社会はそれを許していないこと

君は気付かないまま
それを実行するだろう
でもそれはいつか、
大きな代償として自分に返ってくる
また多くを失うよ

そうなる前に僕は、君を止めたい
でも、君には届かないだろ
それが辛い


129 :くろしげ:2005/11/19(土) 02:01:00 ID:mBeNXm8y
君を不幸の淵に落としてしまった
いまさら、謝っても仕方ないよね

僕の言葉は、君を不幸にするだけ
だからもう言葉はかけない
僕が与えてしまった不幸の数
その不幸の数の倍の幸せを得て欲しい

僕は君に与えた不幸の数の
倍の不幸を背負って行くから
それがせめてもの君への償い

僕が死ぬとき、一人畳一畳の上で死んでいくから
やっと償いは終わったと思いながら、地獄へ

君は、みんなに看取られながら亡くなって欲しい
みんなが泣くなか看取られて亡くなって欲しい
君は幸せだと思いながら、天国へ


130 :くろしげ:2005/11/19(土) 02:11:36 ID:mBeNXm8y
娘よ、母を頼んだ
娘よ、父を拒むのはも分かる
家族を裏切った父を

でも、無理はするな
家族を裏切りはしたが
家族の全てを捨てたわけでは無い

無理をして気丈になるな
父から 助けを求めることは無い
だから、いつでも甘えに来い

131 :名前はいらない:2005/11/23(水) 15:16:26 ID:wyH12h4u
あなたは私にこの世で最高の愛と歓びをくれるって事はわかってる

だけど私の衝動にブレーキをかけるもの

それはモラルや道徳、戒めじゃない

私は自分の愛だけに生きるにはあまりにもこの世の悲しみと凄惨さを知ってしまった

それを知っていながら無視することは出来ない

132 :くろしげ:2005/11/23(水) 21:06:42 ID:cbiBK77H
愛は、甘美な物

愛は、残酷な物

愛によって、人は生きる

愛によって、人は死ぬ

この世に、愛が無ければ平和なのに

愛があるから、憎しみ,苦しみ,奪い合いが有る

この世に、愛さえなければ戦争なんて起きない

133 :名前はいらない:2005/11/24(木) 00:26:25 ID:9sZo70Uh
誰も私に真正面で向き合って真実を語ってくれる人はいなかったの

パパもママも本当の事を知ろうとすると目を背ける

兄弟も親友も愛する人も私の孤独を解ってはくれなかった

私は世界中でたった一人の気分だった

だけどあの人だけは私から目を逸らさないでいてくれた

私はそれに何か救いを感じていたのかもしれない

134 :名前はいらない:2005/11/27(日) 00:28:17 ID:FeJhkyWL
種が
大きな種があれば
あっという間に
詩は育つ
少し水をやり
葉っぱをそろえて
いい感じ


135 :名前はいらない:2005/12/25(日) 02:16:02 ID:OVSXvmeS
俺に愛されてる自分が可愛いおまえ

おまえに愛されてる自分が可愛い俺

似たものどうし
そっくりなふたり

136 :名前はいらない:2006/01/29(日) 22:50:04 ID:8CP+qDij
今日のランチ イタリアン
明日のランチ 和定食

たまには アジアン

ときには フレンチ

軽く アメリカン

ずっとこうしていたい
ずっとこうしていたい
ずっとこうしていたい

旦那に働かせて

ずっとこうしていたい
ずっとこうしていたい
ずっとこうしていたい

楽しい お喋り 絶え間なく

137 :名前はいらない:2006/01/30(月) 03:36:33 ID:LzI8nXTD
恋愛の歌はいつの日に終わったのか
続くものが消えてしまった
明日も明後日も1年後なんていらないから
今 あたしを柔らかく
見届けて
幸せな菊に囲まれキレイなあたし。

138 :名前はいらない:2006/02/06(月) 22:30:38 ID:6NVrROTJ
ひとりを愛して
泣き喚き 
悦びしったあの時に
もう戻れない
俺もおまえも
本当の愛を覚ったから
愛の意味を識ったから

139 :名前はいらない:2006/02/12(日) 19:57:21 ID:A+V4P0fI
地獄へ向かう俺

携帯電話 握り締め

おまえのメッセージなら

DoCoMo繋がる

道すがら おまえの

切ない声が聴こえる

140 :名前はいらない:2006/02/13(月) 13:07:05 ID:P9n5JDwN
>>108

ヴぇりいぐっどですね!

141 :名前はいらない:2006/02/13(月) 13:08:47 ID:P9n5JDwN
>>136
ヴぇりいぐっどですね!

142 :名前はいらない:2006/02/13(月) 13:09:41 ID:P9n5JDwN
>>134

ヴぇりいぐっどですね!

143 :名前はいらない:2006/02/15(水) 00:11:14 ID:TfgjAbK5
街中に溢れてる
淡い桜色の
愛情が

夜の静寂に溶けていく
炎のような
愛情が

144 :ヒントm:2006/02/15(水) 00:15:51 ID:m5WX/Blf
君はヒントにきづかず
未だ
君はきづき
私もきづき
だけど
それは準備
悪い人で全然ないよね
そうおもうし
私は彼を知るもの

145 :名前はいらない:2006/02/15(水) 00:17:45 ID:TfgjAbK5
愛を伝えたい
coolな素振りの毎日でも

愛していると伝えたい
1/365の確率で

146 :ヒント m to you:2006/02/15(水) 00:18:56 ID:m5WX/Blf
でもこうして
私達も守る
だから
間違われないように

心からおもう
いいひとたちだと

だから
ごめんなさい




147 :ヒント m to you:2006/02/15(水) 00:22:17 ID:m5WX/Blf
どうにであれ
不確か
だから守る
私達は
必要な準備として

だから間違われないように

心からおもう
いいひとたちへ


148 :名前はいらない:2006/02/15(水) 00:54:58 ID:VVSOM8vi
会いたくて
会えなくて
他の女の匂いに
あたしの匂いは消されてく

149 :名前はいらない:2006/02/15(水) 03:57:09 ID:0urNDJsE
母がなぐる
いやなものを口に投げ込む
聖母マリア様
なぜあなたは
わたしをあたためてくれるの?

わからないおかあさまわからなくっていいとせいれいがいうの

あたしのじごく

あたしのてんごく

よくわからない



150 :m(ヒント)m m to you:2006/02/15(水) 13:12:38 ID:m5WX/Blf
大罪の流星
流れる
ながるるまま
このままおわればいい

闇かかえし作られし人の
思いは重く
こわれたまちを
しずかにそめる
このままおわればよいと・・


151 :名前はいらない:2006/02/15(水) 21:14:35 ID:TfgjAbK5
ふんわり ぽっかり 暖かい

春の気配の こんな日は

スケッチブックもって でかけよう

緑の空気 描きわけて

あおい空を 描きわけて

いつかのきみの あの笑顔

ぼくの 心に描かれたまま

152 :名前はいらない:2006/02/16(木) 11:57:13 ID:cMkdl9zD
【雨のち晴れ】

泣きたいとき君ならどうする…?

いつもいつも我慢して
誰にも本音を言わない


ココロの扉を開かない
ココロの扉に鍵掛けて
ココロの扉に鎖を巻いて
いつも偽りの笑顔を向ける…

僕に扉を開かせて…

想いっきり泣いて良いんだよ…!
ちゃんと支えてあげるから…

雨の後には快晴が待ってる…!
雨のち晴れ…

涙という雨を降らして
本物の笑顔という太陽よ―…


輝け――…


.

153 :名前はいらない:2006/02/16(木) 12:08:08 ID:F3I8iGho
>>1
すごい…

154 :夢見人(152です):2006/02/17(金) 07:34:51 ID:ktuOINiH
【雲に乗って】

雲に乗って君の元へ行きたい
寂しそうな微笑を浮かべる君の元へ…

僕が笑顔を届けに行ってあげる
心から笑える元気をあげる…

あのふわふわ浮かぶ雲に乗って
遠くに居る君の元へ…

あえなくても通じ合う心
そう、僕らのテレパシー
遠くに居たって君の事がよく分かるよ
僕は君が好きだから…

直接会えたら元気を分けてあげれるかなぁ…?

君の寂しい顔は見たくないから
あの雲に乗って君の元へ行くよ…

君の元へ――…

155 :名前はいらない:2006/02/17(金) 08:31:00 ID:u2W12Wfe
http://01.xmbs.jp/strawberry10jam/

156 :名前はいらない:2006/03/05(日) 01:43:23 ID:UXugpGBK
愛は赤ちゃんの時
少し貰いました。
今も母から「愛」を

おかしい時間
狂っちゃって
今年24になるあたしはいかがですか?

157 :ジキル:2006/03/05(日) 02:56:59 ID:v9rOyljd
皆様の星を、このスレへと
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/poem/1141265033/l50

158 :名前はいらない:2006/03/07(火) 04:58:46 ID:V//CCgXN
白い世界
君はその白い肌を
柔かな白衣に包み
真っ白なカラーを携え
気品を漂わす

赤い世界
君はその紅潮した肌を
熱いドレスに包み
燃えるバラを携え
情熱を語りかける

159 :名前はいらない:2006/03/07(火) 05:01:21 ID:V//CCgXN
ぼくの世界
きみは優しい瞳でみつめ
愛情を携え
今日も活きる

160 :名前はいらない:2006/03/07(火) 05:04:35 ID:V//CCgXN
あなたの世界
わたしを縛り付け
何処にも行かないようにと
監視し続ける

161 :名前はいらない:2006/03/07(火) 17:15:46 ID:x2RpdQUu
好きだ と思ったから 好き と言葉にした
愛してる と感じたから 愛してる と伝えた
欲しいと 思ったから 貴方が欲しい と言った

そして 貴方は私に応えてくれた 二人は一人になった

ただ それだけのこと

162 :名前はいらない:2006/03/09(木) 05:05:55 ID:DP4i0+ks
イタリアン ペペロンチーノ
トリノから

ガーリックテイスト 
君のコトバ
辛いけど 美味しい


163 :名前はいらない:2006/03/10(金) 00:29:58 ID:L5FR6btB
あした晴れますように
あたしの想いが 晴れますように

あなたを好きな気持ち
晴れてヒカリ輝きますように

164 :名前はいらない:2006/03/10(金) 01:05:12 ID:ZmloCadF
「大丈夫だよ」
ありがとう あたしは きっと その言葉で
息を 繋いでいけるような気がするから
「関係ないよ」
ありがとう あたしは きっと その言葉で
自分を 取り持っていられるような気がするから

この「ありがとう」の気持ちは1人涙に変わって
伝えられない
だけど 「ありがとう」
どうしても 「ありがとう」
あなたの言葉で救われた
あたしもあなたのような人に
成れないものかな
あなたはまだ
遠すぎて
それだからこそ
歩けるような気がした
「あたしはあなたのような人に成りたい」

165 :名前はいらない:2006/03/10(金) 01:26:55 ID:L5FR6btB
あなたに口説かれた
カフェ
独り佇む

あなたのことば 
あなたのこえ

もう 叫んだとしても
戻ってこないのね

あの日 愛した あなたは

166 :名前はいらない:2006/03/10(金) 01:50:18 ID:L5FR6btB
風が暖かい
あなたの愛のように
陽射しが優しい
あなたの愛のように
雨音が緩やか
あなたの愛のように

167 :安条北都:2006/03/10(金) 18:41:54 ID:GsGxRPVr
きらきらひかるお月さまを、とってとってと駄々こねました。

それを見兼ねたにいさまが、大きなたらいを持ってきて

冬だと云うのにお池から、水を掬ってくれました。

『ほら、ごらん。お月さまだよ。』

水面にひかるお月さま。

私の足下でゆらゆら揺れる。

それはお月さまであるような、ないような。

なんだかだまされているような。

けれどその輝きはやはり、お月さまのようであったので

思わず、ぱしゃん。と手を伸ばしたのでした。

結局、刺すような水の冷たさにおどろいてべそかいて

またにいさまを困らせたのだけれど

あの手に残った冷たさだけが、唯一の真実でありました、よ。


168 :名前はいらない:2006/03/10(金) 20:50:33 ID:wj4vn1d4
俺は超能力者
動物の心が読める
試しにあの猫の心を読んでみよう
ニャー…

俺は超能力者
動物の心が読める
しかし
動物の言葉までは判らない

169 :名前はいらない:2006/03/10(金) 22:15:36 ID:8voWbaWx
>>43さんへ 返歌

華奢な鎖骨に唇をあげたい
夏の雨など気にしなくてもいいと

私の小さな手が背中に触れたり
雷の音には怯えたふりをしたり

泣いていることにも気付かない時間が
零れるような春の夜には流れていく……


(コメント)
なめるように。いやらしく。いや、癒しの歌ですよね。
43さんの作品は、やさしい気持ちにあふれているようです。
ぼくの返歌はどうですか。感想があれば励みになります。


170 :名前はいらない:2006/03/10(金) 23:00:59 ID:8voWbaWx
「処世訓」

I

人間はどんなに狂気の中にあっても
他人に迷惑をかけないかぎり
生きていかなければならない。

II

他人の痛みを感じろと言う人が、
生きている不思議が、
面白い。

III

おかしいと思ったら詩を書いてみるのはどうだろう。
きっと答えが見つかるだろうから。
自分のまちがいの証明になったとしても。


(自注)
思わせ振り。偉そうに。詩がバッテンを付けるだろう。


171 :名前はいらない:2006/03/10(金) 23:19:30 ID:8voWbaWx
「自己中毒(リフレイン)」

世界観が違っても人間どうしは触れ合える。
やわらかい肌を刺す針なんかもういらないよ。
どこに飛ぼうとぼくの勝手と思うから。
あんたもどっかに飛んじゃえよ。
そしたら、空で、会えるかも。

(転調、また返品ですか?)
(洒落にしてはきついっス)
(だから洒落じゃないんだよ)
(もっと、ひどいっスよ!)

まだまだ宵の口。奇妙な晩餐。花の金曜日。


172 :名前はいらない:2006/03/10(金) 23:28:10 ID:8voWbaWx
「井上陽水を思う」

今日はなぜだか眠れそうにない。
昼寝をしたのにどうしてだろう。
陽水聴いて一日が、白いページに消えていく。


173 :名前はいらない:2006/03/11(土) 01:24:09 ID:ynJLMLc6
死にたい
この ざわめきを
止められずに
走りだす赤を
コントロールする
 
壊したい
 
そして私は
何を手に入れるの
 
不安を埋めて
突き抜ける衝動
深く感じて
 
そして
この世界の
終わりを埋めて

174 :名前はいらない:2006/03/11(土) 01:50:12 ID:ynJLMLc6
 
繊細なオト
空気が色を付け
形を丸くする
 
月に潰されない様に
 
泣きすぎた鼓動が
ねじれる空間に生まれ
朦朧とした吐息を
 
暗闇に消されない様に


175 :名前はいらない:2006/03/11(土) 03:58:10 ID:IGk+Ygu4
涙溢れた
あの日の 優しさ
身に染みて

胸が張り裂けた
突如来た
想い出が 熱くて

176 :名前はいらない:2006/03/16(木) 23:14:29 ID:9SnntnSr
この歪んだコエが聞こえないの?
あなたに歪まされた悲しいコエだよ。
苦しめてるのはあなただよ?
わかんなくってもいい
今は・・・
もう少しあなたに話せたら
何か変わっていたのかな

177 :名前はいらない:2006/03/22(水) 23:37:29 ID:/Rr67s9G
死ねよ

178 :19 ◆gwnULb/9mw :2006/03/23(木) 01:00:27 ID:o13Z9D63
男も女も小田和正みたいで
そんなみんなが思いの丈をじっとりじっとり綴って回って
暗い小道も見えないほどに粗造りな声の稜線が視界を塞いで
能天気な俺はひとりぽっかり浮いていて
にやにや笑って俺を眺めた目なんて数え上げれば枚挙がなくて
好きな人は居て好きな人は居て好きな人は居て好きな人は居て
たくさん居るのに、ごまんと居るからこませとか吠える馬鹿が居て
ふっつり途絶えたピンクの電話が耳に音波を送り続けてて
しょうもない話に陶酔しなきゃならないような生活が経巡ってきて
好きな人は居て好きな人は居て好きな人は居て好きな人は居て

179 :名前はいらない:2006/03/28(火) 14:27:45 ID:CNXyFOVZ
自ら水から出てきた、
なんとふとんがふっとんでいるぞ。
大発見だ。
そのとき僕は思った
「しゃれを言うのはやめなしゃれ。」

180 :名前はいらない:2006/04/17(月) 22:13:49 ID:m1fgGJTR
寒いの
此処では
心細い
あなたと居ても
あたしはひとり
脳内では2人いつも一緒だった
目を開ける
その瞬間
あたしは独りだったのかもしれない

181 :名前はいらない:2006/04/17(月) 23:54:01 ID:hTTVim9f
至急【富士山】というタイトルで感動・関心?できる詩を書いてくれる方お願いします(人ω≦`●)))

182 :名前はいらない:2006/04/18(火) 00:58:32 ID:KTZ2zpAe
「富士山」
あのそびえ立つ日本一
日の出富士をぱくった猫型ロボット
大山氏は生涯を喰わせ、栄養を与えながら養って送り出した

183 :19 ◆gwnULb/9mw :2006/08/04(金) 23:50:28 ID:LZZcZg0g
富士山に笠雲かかる
自慢の裾に樹海は広がり
首吊りの庭をしおらしく並べ
鈍重らしく朱に塗れる

184 :名前はいらない:2006/08/05(土) 03:17:42 ID:37Sj2HGW
A      E
俺は彼女が 欲しいんだ
B  A
ただ それだけ

185 :名前はいらない:2007/01/13(土) 17:04:44 ID:Qs8rMviK
「ぺこちゃん焼き」

 樹海の上に富士山は首吊りのごと紅く在り

186 :名前はいらない:2007/01/16(火) 22:39:46 ID:GTOVQ4+S

君のために生きたいとか思ってないよ

君の白髪を抜いてあげたいから生きてるのであって、別に君の為に生きたいわけじゃないんだからね。

187 :名前はいらない:2007/01/18(木) 00:36:33 ID:/WiPFAMV
生きていく本能が
自分を救う
 
意識が飛び散り
その視界の端に
次の場面を求めてる
 
繰り返し
非情な時間を作っては
あまりにも
楽園に似た空想
 
いつからか
私の隣で
神は死んでた
 


188 :名前はいらない:2007/01/27(土) 03:27:04 ID:6n1bY3MD
勘違い
哀れ
みすぼらしい古木に刺さったでかい月
刺は鋭い僕は弱い
母も月を喰らって子を養ったか
僕も飴に養われたか
憎んでいるのか
ありようを

189 : ◆lan17qk8qM :2007/01/28(日) 20:55:12 ID:HpKwHMAY
俺はどこだ varyして varyして みつからない あー
あんたはそこだ 俺はどこだ ないものだらけ いつからさがしてんだっけ
けつらくだらけ 何も失ってなんか無いのに なんでかな 
乱雑乱雑乱雑エクストリーーーム 

varyしてvaryして 何も掴めない あきてしまったな あー
あたまんなか そのまんなか まるでこどもだらけ すぐになり変わるよ つぎの何かに ずっとおなじ それがこわいだけさ なんでかな 
brain brain brainstoooooooorming

イメージの緊急事態は もう何年も

自分の正気を保とうと必死なんだ


190 :名前はいらない:2007/01/29(月) 05:57:40 ID:Ba6gGv+S
降りしきる雨の中 ずぶ濡れになりながら
君は何を求め 何故悲しむのか

君の中にあるモノは すべて綺麗なモノばかりなのに
君は何を悩み 何を悔やむのか


大空に広がる星達の下で 君は僕に小さくつぶやいた
『私をどこまで追いかけられる?』
悲しげな顔の あの時の君を忘れない


どこまでも続く 長い道を見つめながら
君は何を考え 何を望むのか

君の中にあるモノは すべて純粋なモノばかりなのに
君は何故苦しみ 何を憎むのか


大空に広がる星達の下で 君は僕に小さくつぶやいた
『私をどれだけ理解できる?』
哀しげな顔の あの時の君を忘れない



191 :名前はいらない:2007/02/28(水) 16:56:51 ID:7QovTTmK
「論評」何とか完成。不満を言えばキリがないので
まぁまぁの出来ということにしとく。
後で見てくれる?あんまりダメ出ししないでね。
家賃振り込み完了。これから申告の作業に入る。
30万弱の還付になりそう。
仕事が入った。60ページだから少し大きい仕事です。
銀行のカード探してみたけど
やっぱり僕のところには無いみたいだネ。
もう少しキミもあちこち探してみて。
今夜フィットネスクラブ行く?連絡ください。
 まってるからね。
もちろん僕はお酒なんか飲んでません。

                  吐く人


192 :名前はいらない:2007/03/07(水) 15:36:16 ID:VJ1R2n7b
。。。浅香ちゃんがとおるくんのしゃくはちを吹いてるところを見てしまったんです。
いえ、チューバではなく、たしかにアレはしゃくはちでした。
いや、、 ひょっとしたら、、しゃくにぐらいの大きさのものだったかも知れません。

、、よくおぼえてないんです、、、、。

浅香ちゃん。。浅香ちゃん。。次はサックスですか?
そうなんでしょう?
次はサックス吹くんでしょう?。。。

 どうして目をそらすの?ねネ浅香ちゃん どうして。。。
   
その日   僕の恋は終わりました。



57 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)