5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

サグラダファミリア

1 :サグラダファミリア:2005/07/30(土) 05:51:38 ID:IGFoq0CM
サグラダファミリア

2 :名前はいらない:2005/07/30(土) 06:04:08 ID:7+Xg7FPj
ザッツ桜田家
2げと

3 :サグラダファミリア:2005/07/30(土) 06:10:45 ID:IGFoq0CM
  
あちゃー
まいっか。

で、ルールその1 : 
誰であろうとここでの名前は「サグラダファミリア」とする。
コテハン、「名前はいらない」ほか、「サグラダファミリア」以外のすべてを禁止する。
いまんとこルールはこれだけで。
んじゃ、これで。
   


4 :サグラダファミリア:2005/07/30(土) 06:18:38 ID:IGFoq0CM
     
って、のっけからルールがいきなりレス番3に来ちまったい。
ま、これもサグラダファミリア的といえなくもなし、
結果的に民度をダイレクトにあらわす属性いきなり作った形、と。
そう考えたらまんざらでもないな。
うん、気に入った。
んじゃ、これで。
    

5 :サグラダファミリア:2005/07/30(土) 06:23:01 ID:IGFoq0CM
    
ルールその2 :
「サグラダファミリア」+トリップは各自任意でOKとしよう。
んじゃこれで。
   

6 :サグラダファミリア:2005/07/30(土) 06:23:43 ID:7+Xg7FPj
↑これでいいのか?
5げと。んじゃ、これで。

7 :サクラダファミリア:2005/07/30(土) 08:14:57 ID:17TQiR0K
自演

8 :サクラダファミリア:2005/07/30(土) 08:16:01 ID:17TQiR0K
おっとっとっと夏?



9 :サクラダファミリア:2005/07/30(土) 08:19:16 ID:d9yURLOH
ルールその3 :
IDチェンジャーは使用禁止ってかこの板のヤシは知らんか?(baku藁w

10 :サクラダファミリア:2005/07/30(土) 08:21:34 ID:d9yURLOH

いい

11 :サグラダファミリア:2005/07/30(土) 08:31:05 ID:N6j3UosR
良スレの予感////

12 : ◆trooooo9Nc :2005/07/30(土) 08:45:44 ID:N6j3UosR
test

13 : ◆trooooo9Nc :2005/07/30(土) 08:47:23 ID:N6j3UosR
架空請求
spam
薬・詩人
詩人の潰し方

文化

14 : ◆trooooo9Nc :2005/07/30(土) 08:48:31 ID:N6j3UosR
万博・地方博








15 : ◆trooooo9Nc :2005/07/30(土) 08:49:44 ID:N6j3UosR

tEs


16 :サグラダファミリア ◆trooooo9Nc :2005/07/30(土) 08:56:26 ID:6JNPOOMc
精神科病院は、組織体として医の倫理に基き、精神障害者の医療、福祉ならびに保護を行い、社会復帰を促進する。
社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。
社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。
社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。
社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。
社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。
社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。
社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。
社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。
社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。
社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。
社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。
社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。


17 :サグラダファミリア ◆trooooo9Nc :2005/07/30(土) 08:58:30 ID:6JNPOOMc
サイコさんも歓迎、但し犯行予告禁止。
過去ログは>>995-999

18 :サグラダファミリア ◆trooooo9Nc :2005/07/30(土) 09:00:45 ID:6JNPOOMc
入院の準備

11/7(金)
( -_-)むー。今日から入院かー。


19 :サグラダファミリア ◆trooooo9Nc :2005/07/30(土) 09:08:13 ID:6JNPOOMc
S.F.

20 :サグラダファミリア ◆trooooo9Nc :2005/07/30(土) 09:09:30 ID:6JNPOOMc
141 名前:名無しさん@_@ :2005/07/30(土) 08:37:32 ID:Ex37j1J00
あほ


21 :サグラダファミリア ◆S.F.fr1zP2 :2005/07/30(土) 09:15:26 ID:G+1GhBGH
サクラダじゃなくてサグラダね

22 :サグラダファミリア ◆S.F.fr1zP2 :2005/07/30(土) 09:20:48 ID:G+1GhBGH


146 名前:トキオ :2005/07/30(土) 09:07:01 ID:iZ9/RRl7O
待ってたんだわ141ロックオンさせて頂くわ、楽しんじゃうよオマエでLuckyねサンキュ。追い込ませてもらうね


147 名前:アッチョンブリケ! :2005/07/30(土) 09:07:46 ID:+tGf8h8ZO
トキオさんは何歳ですか?


148 名前:名無しさん@_@ :2005/07/30(土) 09:11:50 ID:6wv9mDl50
ロックオンいかす(獏


149 名前:名無しさん@_@ :2005/07/30(土) 09:13:43 ID:6wv9mDl50
トキオ=Vシネ中毒のネット坊42歳で茶髪(獏


150 名前:名無しさん@_@ :2005/07/30(土) 09:19:52 ID:6wv9mDl50
待ってたんだわ141ロックオンさせて頂くわ、楽しんじゃうよオマエでLuckyねサンキュ。追い
追い追い追い追い追い追い追い追い追い追い追い追い
追い追い追い追い追い追い追い追い追い追い追い追い
追い追い追い追い追い追い追い追い追い追い追い追い
追い追い追い追い追い追い追い追い追い追い追いこまこまこまこまこまこ
こま
せてもらうね(獏

23 :サグラダファミリア:2005/07/30(土) 09:23:01 ID:G+1GhBGH

152

24 :サグラダファミリア ◆S.F.fr1zP2 :2005/07/30(土) 09:24:55 ID:G+1GhBGH
ずっときみたちがきらいだったよ

25 :サグラダファミリア ◆0oOOoOAUTY :2005/07/30(土) 09:25:40 ID:G+1GhBGH
精神科病院は、組織体として医の倫理に基き、精神障害者の医療、福祉ならびに保護を行い、社会復帰を促進する。
社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。
社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。
社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。
社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。
社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。
社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。
社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。
社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。
社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。
社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。
社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。
社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。社会復帰を促進する。

26 :サグラダファミリア:2005/07/30(土) 09:36:09 ID:PFNmvfdR

ageha

27 :サグラダファミリア ◆LUY6hltmHw :2005/07/30(土) 14:48:05 ID:tnWtQBq7
ジクソーパズル

28 :サグラダファミリア:2005/07/31(日) 12:36:39 ID:4Lku9fAV
   
       
募集要項 :
詩が好きな方
但し、詩が書けたり描けたりする方ならわりかしパーフェクト
資格 :
要ずば抜けた記憶力
   
なにかを卒業しても 入学しても
就職しても 退職しても
転職しても 独立しても
引退しても 復帰しても
  
詩板が無くなっても
2ちゃんが無くなっても
インターネットを忘れても
パソコンを失っても
  
サグラダファミリアだけは忘れない
  
そんなあなたの記憶力
  
なにしろ先は周知のとおり
果てしもなく長くそして高い
      
   


29 :サグラダファミリア:2005/07/31(日) 12:40:49 ID:4Lku9fAV
      
   
時代とともに生まれそして朽ちる
さまざまの構築物
そんなネットの瑣末な歴史の彼方下方では電車の中の人が
カチンコの音も得意げに
よーいすたーッ よーいすたーッ
って言ってる時空のすき間がすでに
この尖塔の絵図面のその 天空からはやすやすと見える
      
そして一枚のスレがdat落ち
することもなくながく守られるとき
すでにたったのスレ一枚でGoogleトップにもおどり出よう
なぜにも千のサグラダファミリアだ
それ以上の数えようもないサグラダファミリア検索ワードへ
美や愛や 楽しみやせつなさや
もっとおもいもよらないリズムや音符で
光の速さで答えるだろう
それは千を超す言の葉を擁し
もとより数の概念を超えた
カタカナ世界を制覇し次を
目指すだろう
エメラルドグリーンの硬さように 虹の七線譜に腰掛ける妖精のように
両手に掬った時間の鏡面のように 両手で放った無数の可能性の切片のように
そんな比喩や暗喩にしかなく そんな仮の語であり且つまた
真実そのものをもってこそそそり立つ
ひとびとのもとめるひかりの塔
ああ! それこそ   
サグラダファミリア
    
    


30 :サグラダファミリア:2005/07/31(日) 12:45:23 ID:4Lku9fAV
  
んじゃ、これで。
  

31 :サグラダファミリア:2005/07/31(日) 12:59:57 ID:4Lku9fAV
  
>>7
上記の如、
着工式式典においては独り、
僭越ながら鍬を入れさせていただくという栄誉に授かった私ことサグラダファミリア(1)は、
そんな瑣末など、はなから要しない。
なぜにもここはもうすでに、
サグラダファミリアなのだから。
なおまたその行為自体を、私如き者にどうして制限を設けることのできようか。
なんちて。
んじゃ、これで。
  

32 :サグラダファミリア:2005/07/31(日) 13:09:04 ID:4Lku9fAV
      
↑訂正 :
× : なおまたその行為自体を、私如き者にどうして制限を設けることのできようか。
○ : なおまたその行為自体を、私如き者がどうして制限を設けることのできようか。
と訂正を入れてはみたものの、
文法的にどうなんだか、よくわかんないや。
まいっか。
んじゃ、これで。
   

33 :サグラダファミリア:2005/07/31(日) 21:29:15 ID:RwMz3FFT
  
圧居るに咲く声の御恩波ドーーーーーーーーーーーーーーーーん
がしかしなあ
ホトトギルティ
ばっとめんの面が画面でめんそ〜れタムタム叩いて
肺が要るんだまっさらの肺がさ だから禁煙クリニックしょーおもうねんけどやな、
なんで風邪だのなんだのやっとるなかに鷲がはいらなあかんのん鷲ケンコーサンダルやが名を知るか?
セッチングヒーロー
シャー シャー
にしてもすいとるヤブの外来ヤバイかの蚊の鳴く音が聞こえるくらい閑散
鷲好きやけど3分59秒くらい好き♪
せやから書籍用のクローゼットくらいや
さっきからマイナス4756382946t57r854jh8675回
聴こえてないとは言わしてまうで
小次郎
   

34 :サグラダファミリア:2005/07/31(日) 21:39:12 ID:RwMz3FFT
  
その日そいつはそこにいて
ある日あなたは思い出し
ここにそいつを描いて聞いて
異議のない意義などはなからもとめてさえもいないという
そのテの意義ははじめから
あなたが立てた姿見の中
あなたのしぐさでうごめいて
ほらポリネシアの流儀もなにも
ナンパの手つきは背中をまわって
はやくもセックスに手をかけているじゃない
それがネタならあなたの負けね
そしてガチならわたしの勝ち
  

35 :名前はいらない:2005/08/06(土) 20:24:39 ID:+zNZKuq6
ageときます

36 :ちっち:2005/08/06(土) 20:28:02 ID:IBkrrz+K
おれ、ガウディってさ、、、ちと変だと思うんですが、

37 :名前はいらない:2005/08/06(土) 20:28:59 ID:v7ibbvqh
ガウディがカバティにみえた^^

38 :名前はいらない:2005/08/07(日) 00:05:16 ID:tLhULOeX
苗字桜田だしガウディと同じ誕生日

39 :名前はいらない:2005/08/07(日) 18:31:15 ID:Un1HXso1
社会復帰!!

40 :ぇりこ:2006/02/28(火) 17:05:35 ID:4FNXpadn
初めまして♪ぁの。。ゥチ卒論でサグラダファミリアにつぃて書くんですヶド。。どこか
ィィHPトヵぁりませんヵ??ょヵったらぉUぇてくださぃww

41 :名前はいらない:2006/06/12(月) 12:24:15 ID:q1V5aeQE
はぁ。



42 :DEVILS AND ANGELS:2006/06/12(月) 14:55:55 ID:POyzpyee
ねぇ、僕を下僕にして、強撃して、地獄の果てまで着いていくと誓って
ただ、命が惜しくないと思うなら僕に殺されてもいいと思うなら(以下略)














この文章をみた(この文章を書いた本人に会った)友人は翌年に事故か何らかの事件
(人間関係トラブル)に会い、亡くなったという伝承話があるという


43 :SKAL AND RITHE:2006/06/12(月) 15:02:48 ID:POyzpyee
大丈夫 私には使の者(使い魔)達を倒す力があるんだから
(ちせ)

44 :ボルカ:2006/06/12(月) 16:44:42 ID:rHiCuQtb
ダビンチコードのラストは、原作を無視してでもサクラダファミリアにすべきだったよね。

45 :サグラダファミリア ◆LeafL/oiO. :2006/10/19(木) 20:24:44 ID:vnaGBi3B
ここかな。。よろしく、、

46 :サグダラファミリア ◆LeafL/oiO. :2006/10/24(火) 09:53:59 ID:7m4+AELm
「聖家族教会」

敬虔なエロスが芳醇な香りを放つ
聖母マリアが両足を大きくひらいて
惑うもの全てを受け入れ
新たな子を孕み、産み出し
聖家族が現出する

47 :サグダラファミリア ◆LeafL/oiO. :2006/10/24(火) 10:24:12 ID:7m4+AELm
「能天気までに騒々しい神への賛歌」

先端に太った赤い十字
野原の牝牛が穴の中で子牛を産んだ

誕生の丸い白い子宮
複雑な襞を描く螺旋が 明るく白い出口に向かってきりきりと回る
へその緒で繋がったままの胎児が
細長い螺旋の尖塔へぎりぎりまわりながら押し流されて
白い光が彼を包む

入り口で佇む男
子宮の外でうかがい知れぬ中を覗き込むが彼には見えない
階段の下で集う兄弟
光りを通り抜けて落ちてくる弟を待ち受ける

懺悔の尖塔
父の名はここでだけささやかれ 抹消された

48 :サグダラファミリア ◆LeafL/oiO. :2006/10/24(火) 10:27:35 ID:7m4+AELm
「石をもて追われた女」

いない

もう、いない。

淫猥なエロスが敬虔な白い衣を着て豊穣の畑を耕している

49 :サグダラファミリア ◆LeafL/oiO. :2006/10/24(火) 10:41:38 ID:7m4+AELm
「父母」

マリア以外の母はいない
神以外の父もいない
産まれ出た子は全て神の子として
たった一人で神の前で震えて立つ

私は子を産まなかったのだ・私は全ての子を産んだのだ
私は子を孕まさなかったのだ・私は全ての子を孕ませた

容赦のない要求が白い敬虔の衣をまとって提示される

50 :サグダラファミリア ◆LeafL/oiO. :2006/10/24(火) 10:48:06 ID:7m4+AELm
「表裏一体」

聖家族教会の淫猥なカーブと敬虔な直線
葛藤する精神と
否定しきれない感情を歪に包み込み
存在の核へと流しこむ

51 :サグダラファミリア ◆LeafL/oiO. :2006/10/24(火) 11:42:20 ID:7m4+AELm
「夢」

世界の向こう岸の幻想
彼の頭の後ろ側を見たものは
決してかえっては来られない

52 :名前はいらない:2006/10/24(火) 15:38:19 ID:gGDAn9Ir
佐賀県は層化が多い

53 :もうきん:2006/10/24(火) 16:25:33 ID:dJzYJscg
>>51
vФ*)ノ しつもん
どうしてHNをサグダラにしたんですか

54 :サグダラファミリア ◆LeafL/oiO. :2006/10/24(火) 18:50:18 ID:7m4+AELm
>>53
もうきんさん、おひさしぶりです。
実はスレの1さんが>>3-5でそのように指定してらしたので、、
つまりここは、サグダラファミリアというHNで書くことだけが唯一のルールみたいですわ。

55 :サグラダファミリア ◆LeafL/oiO. :2006/10/24(火) 18:56:53 ID:7m4+AELm
あ、間違えた、サグラダファミリアでないとあかん。。。ぎえええ

56 :サグラダファミリア ◆LeafL/oiO. :2006/10/24(火) 18:58:21 ID:7m4+AELm
>>54
ごめん。ミスです。

57 :名前はいらない:2006/10/24(火) 18:59:20 ID:bAI8CCmv
いや、あの、姐さん、
>>3-5の指定は「サグラダ」ですぜ。ダラはちっと・・・

<El Temple Expiatori de la Sagrada Familia>やっぱラダだと思ったり。

58 :名前はいらない:2006/10/24(火) 19:00:55 ID:bAI8CCmv
>>55
珍しい物が見られた(笑)眼福眼福。

59 :サグラダファミリア ◆LeafL/oiO. :2006/10/24(火) 19:01:06 ID:7m4+AELm
>>57
いやああ、恥。。(赤面)

60 :サグラダファミリア ◆LeafL/oiO. :2006/10/25(水) 09:35:44 ID:dSqmTd72
憧れ(あるいは侮蔑)が真実への眼を鎖す時に 浮かび上がる恥知らずの実態

あたしが苦しいと思って、能天気に人生を爆走しているかのように見える他人を羨望の眼で(裏返しの侮蔑?)見やるとき、その彼(彼女)が実はあたしと同様に病んでいるけれども、それを他人に見せることを是としないだけなのだという可能性に眼を閉ざすます。
あたしの心は自分一人で精一杯という狭さなので。


61 :もうきん:2006/10/25(水) 09:43:55 ID:t51Vaj4d
失礼しました(ФvФ)ゞ あまりにおもしろかったので
つい

62 :サグラダファミリア ◆LeafL/oiO. :2006/10/25(水) 09:45:25 ID:dSqmTd72
辻褄をきちんと合わせて生きていくのは、とても大変ですね。

63 :サグラダファミリア ◆LeafL/oiO. :2006/10/25(水) 10:00:20 ID:dSqmTd72
>>61
いえいえ、お気になさらずww。


再掲になっちゃうんですが、「屋根裏の姫」(最終版)

64 :サグラダファミリア ◆LeafL/oiO. :2006/10/25(水) 10:03:02 ID:dSqmTd72
「屋根裏の姫」

 廃屋となった古い旅館を安価で買取り、なにやら得をしたような気分で引越しをした。
築100年を越え、廊下の椋の板も黒ずみ真ん中がへこむ。梁や柱の材も曲がったその
ままが使われ、節があり、湧き水が流れ出すようなくねくねとした木目を見せている。
長らく人が棲まいしていなかったのに居間は暖かかった。広い玄関と一体で、囲炉裏を
切った板敷きの間と畳の部屋とが隣り合い、襖をはずせば30畳ほどの空間となる。
天井はなく、黒くて太い梁と屋根の野地裏がそのまま見える。高く急勾配の大屋根で
頭上の空間は深い。妻は嬉しそうに掃除をしている。

 2週間ほどたったころ、2階から蛇が降りてくるのに出会った。目が合う。
暫くして、階段のへちをするするっと降りはじめた。少し動転したらしく最後の3段ほど、
ぼたっぼたっとたごまるように落ちた。

 妻が半纏を縫っている。真綿の10センチほどの布を上手にゆすりながらほぐしている。
聞くと、一つの繭から一枚のハンカチのような真綿ができるそうだ。それだけでは詰まり
過ぎているので、さらに広げて空気をいれていくらしい。ふわふわの綿飴のように手の中から
溢れていく。宵のうち、居間で妻が縫い物をしているのを見ているのはとても好きだ。


65 :サグラダファミリア ◆LeafL/oiO. :2006/10/25(水) 10:03:53 ID:dSqmTd72
 庫裏屋の板の間に座っている女が見える。ほつけた日本髪を結っていて粗末な紬をまとい、
半襟の代わりに茶色の木綿が縫いこんである。

”千本格子の障子の向こう、うなぎの寝床の古家の中でお宮参りの吾子が寝る
 羽二重羽織は虎の背模様、いまだ薄い髪の毛の、小さい頭がかしいで見ゆる
 ようやく眠った晴れ舞台 ねんねん、そっと、口ずさむ”

呟くようにこんな歌を繰り返し唄っている。暫く眺めていると、顔をあげてこちらを見た。
泣き笑いのような表情で、何かを言う。わからないまま、立ちすくんでいると、ふっと女の
顔が変わった。眼窩が落ち窪み真っ黒な穴となり、鼻も二つの穴に変わる。全体が青黒く冷たい。
頭を振って落ち着いて見直すと、そこに座っているのは見慣れた妻だった。笊にあけた豆の筋を
とっている。なにか思い出しているのか、少しぼんやりした顔だ。
きびすを返して書庫へと急ぐ。小さい写真立てに写真をいれる。居間の文机の上に置いた。
日当たりのよい場所に居間全体が見えるように置いた。妻が庭から水仙を切ってきて一輪挿しにさした。手を握る。

66 :サグラダファミリア ◆LeafL/oiO. :2006/10/25(水) 12:14:26 ID:dSqmTd72
 夜中、ふと起きて明かりをつける。髪の毛の中に、7ミリほどの小さい毛虫が何匹も這っていた。
尺取虫に似た体躯で鮮やかな緑色をしており、細かい黒い毛がびっしりと生えている。体を真ん中で
大きく曲げて、ゆらゆらとゆれていた。当然感じてしかるべき嫌悪感もないままに櫛ではがす。
長い髪の毛の中にもつれてしまう。まあいいか、と虫がもつれたままの髪の毛を枕に寝てしまった。
翌朝、髪の毛はいつもと変わりなかった。どうやらそこは昔蚕部屋であったらしい。部屋が虫を
引き寄せたのかもしれない。白い障子紙に桑の木を墨で書き、緑の葉をたわわに書きそえた。
緑色だけ濃淡をつけて墨の上へ置いていく。金粉をすこし散らす。先の部屋の障子をそれに張り替えた。
その晩、蚕がむしゃむしゃと葉を食らう夢を見た。毛虫はいない。

67 :サグラダファミリア ◆LeafL/oiO. :2006/10/25(水) 12:14:56 ID:dSqmTd72
 「御免下さい」という声がかかった。 ガラガラっと戸が開けられて、同僚だった夏目が立っていた。
懐かしい。気を使うような相手ではない。手招きをして炉辺の座布団をぽんと叩き、側に来るよう促す。
「ああ、元気そうでよかった・・・・・・。」 つかつかと歩みよってくる。 「先にお参りさせてくれないか。
急だったなあ。」 いぶかしく思っているうちに夏目は靴を脱ぎ、奥座敷へ向かう。うちの仏壇には息子の
位牌しかない。20年以上も前でいくら友人といえ夏目がわざわざお参りするとは、と考えているうちに
記憶が2重にかぶさる。 仏壇に大人の真新しい位牌が白々と見える。吐き気がしてきた。
妻を捜す。今の時間なら庫裏屋だろうか、いや、裁縫の部屋に違いない。庭の草取りをしているかもしれない。
2階の掃除だろうか,蒲団干しだろうか。 部屋から部屋へと探し歩く、こんなに部屋があっただろうか? 
次から次へと襖を開けては閉め、開けては閉め、半ば走るように廊下を急ぐ。
大部屋で宴会をやっていた。結婚披露宴のようで、文金高島田の白い花嫁がうつむいている。
客が一斉にこちらを向く。
――妻をしりませんか――
末席にいた客が「あんたの花嫁じゃないな。」と答え、皆がにそにそと笑った。襖を閉める。
次の部屋にはお祭りの最中の男女が華やかな正絹の蒲団を被って忙しくしている。
あの顔をゆがめて男の下に組み敷かれている女は妻か?いや、もっと若い。
猫が座布団に座った部屋、庭に満開の牡丹、忙しげに数人が立ち働く厨房、
――ああ、あそこに違いない――
裸足のまま、裏の井戸へと急ぐ。半円を二つあわせてある重い石の蓋を横にすべり落として、中を覗き込む。
2メートルほど下には、もう黒々とした水面があり、知らぬうちに涙でくしゃくしゃになった顔を差し出し、
搾り出すように声をあげた。
 ――        ――
ぼたぼたと涙が井戸に落ち、波紋がいくつも広がる。
井戸の底のほうから、ふつふつっと泡があがってきて、

68 :サグラダファミリア ◆LeafL/oiO. :2006/10/25(水) 12:15:28 ID:dSqmTd72


   屋根裏に通じる階段は、 扉の奥に隠された急勾配で、
   無垢の黒い板でできていた。
   かび臭いような埃臭いような匂いが鼻をつき、
   昼間であっても薄暗い屋根裏がかすかに見える。

   本当は禁止されているあの場所へ、一人でおそるおそる上がってみる。
   半分あがって怖くなっており、もう一段あがって、 躊躇って飛び降り、
   さらに一段あがって、ようやく着いた。

   木のつっかい棒であけておける天窓板をあけ。光を中に入れた。
   琉球人形の目が光る。亀の置物がぶらさがる。
   わけのわからない物の入った柳行李がいくつも連なり、
   ねずみの糞が転がっている厚くつもった埃の床。
   古い茶箪笥、革のトランク。使わなくなった蚊帳の束。
 
   重なっていた座布団を叩き、
   きれいそうな所をみつくろって座る場所を作る。

   今日ここに来たのは、お呼びがあったからだった。
   綺麗な姫様より、亀と一緒に遊んでたもれとご所望で、
   小一時間ほど、貝合わせをして遊んで帰った。

                       「屋根裏の姫」     了

69 :サグラダファミリア ◆LeafL/oiO. :2006/10/25(水) 13:25:15 ID:dSqmTd72
蜜柑が美味

なので

爪が黄色い

から

小僧を風呂にいれよう

70 :名前はいらない:2006/10/25(水) 16:06:19 ID:YgZgmved
佐賀県は創価学会員だらけ

71 :サグラダファミリア ◆LeafL/oiO. :2006/10/25(水) 16:38:11 ID:dSqmTd72
>>70
誤爆かと思ったんだけどちがうのね。。

72 :名前はいらない:2006/10/25(水) 17:43:37 ID:YgZgmved
このスレを佐賀県が乗っ取るのです

73 :サグラダファミリア ◆LeafL/oiO. :2006/10/25(水) 18:44:27 ID:dSqmTd72
>>72
佐賀県人でないとかけない? 居候は可能?

74 :サグラダファミリア ◆LeafL/oiO. :2006/10/25(水) 19:19:28 ID:dSqmTd72
おばあちゃん、今日はいわし雲です
あたしが地面で寝転んでいると
上からオシッコをひっかけられました 臭いです
小僧は刀鍛冶に弟子入りで、
県道を毎日1時間○○○っています
○○○はあまり得意じゃあないんですが
刀は速くないとキレが悪いのだそうです


75 ::2006/10/27(金) 01:09:52 ID:bU24tfrW
そおいやそんなのあったねえ、
床下から仏像を掘り出す話もなかったけ。

76 :サグラダファミリア:2006/10/27(金) 08:32:50 ID:zgKDpGDx
>>75
半分ぐらい切り捨てて、ロゼッタに掲載してもらったんですよ、、、
これで完了版(しかし2年ぐらいいじってましたねこれ、、)

77 :idの底:2006/10/27(金) 20:07:20 ID:zgKDpGDx
殆ど何もないのに雑然とした印象のある殺風景な空き地に
ダンボールが一つ転がっている
その中には天邪鬼に変身したあたしが座っていた
ダンボールの蓋はガムテープで閉じたような痕が残っていて
破れたガムテープがふらふらとぶらさがったままになっている
あたしは閉じ込められているのではなくて
「さぞや外に出たいに違いない」 と人が思うので、かえって意地になって中に座り込んでいるだけだった
”俺俺詐欺で一儲けしよう”
頭の上ではいつものように鸚鵡がいばっている
なんであれ、すばやく先回りして喋る鸚鵡の声をきいていると
この鸚鵡がいれば、あたしの頭は必要ないのだと気がつく
ため息は灰色のツナの空き缶とともに地面の上になげだされ、
脱力感の滴りがコーヒー色の川を作りはじめた 
”星型の金平糖は四角い型に変わりました
四角い箱にきっちりと詰めこまれていくので、箱を振っても音がしません”
川となってながれてしまったせいで胸に開いたアナを覗き込むと
「なまけもの」 と大きくかかれた看板をおかっぱの女の子が振っていた
看板の後ろ側は 「反抗心」 とかすれたような文字で書いてあったが
その文字は実は虫が集まって作っていただけで、そいつらが落ちてしまえば
「馬鹿丸出し」と書いてある
やけに 底の浅い胸だなと独りつぶやくと、女の子がしたり顔で地下室への入り口を指差した
”雪は雪印乳業のマークになって空から降ってきます”
なるほど、底にはまだ底があるといいたいわけだ
どうせメビウスの輪みたく回帰してるのがオチだろ
”秋の夜の雨はざあざあと回転しています”
いつかこの鸚鵡の首を絞めてやる
ダンボールをマッチで火をつけて燃やし、空き地を後に歩き出した


78 :サグラダファミリア:2006/10/30(月) 23:25:08 ID:jEAkdUC3
「はまぐりな子供たち」

大きな車輪が回って、
子供たちが「さようなら」と死んでしまう
残った大人たちは一体何がいけなかったのかと 青い鳥を探す
青い鳥はやっぱりいなくて、黒い鳥しかいないので
黒い鳥の羽をむしって、焼き鳥をこさえて
むしゃむしゃと
食べて、 食べながら泣いた

79 :サグラダファミリア ◆LeafL/oiO. :2006/10/31(火) 21:35:58 ID:ToD+tdzF
足萎えの
歩く 杖もなく
膝をつき
歩く 這う 這い回る 床上に 
散らばる三角の声の残骸

80 :サグラダファミリア ◆LeafL/oiO. :2006/10/31(火) 21:37:15 ID:ToD+tdzF
閉じられた窓を開く
猫の
前足が白い

81 :サグラダファミリア ◆LeafL/oiO. :2006/10/31(火) 21:38:01 ID:ToD+tdzF
白骨の木

82 :名前はいらない:2006/10/31(火) 23:51:24 ID:LX8aFVAa
アゲ

83 :名前はいらない:2006/11/01(水) 00:03:39 ID:cbDuCKWJ
こっちも誰かのっとれよ
のっとるのも自由らしいぞ

84 :名前はいらない:2006/11/01(水) 00:06:28 ID:cbDuCKWJ
のっとり募集

85 :名前はいらない:2006/11/01(水) 00:10:45 ID:cbDuCKWJ
ほれ

86 :名前はいらない:2006/11/01(水) 00:17:15 ID:cbDuCKWJ
えい

87 :名前はいらない:2006/11/01(水) 00:32:12 ID:cbDuCKWJ
雑談スレにしよう

88 :名前はいらない:2006/11/01(水) 00:33:55 ID:cbDuCKWJ
なにか話題ないか

89 :名前はいらない:2006/11/01(水) 01:27:24 ID:cbDuCKWJ
あつまらんかいヴォケ

90 :名前はいらない:2006/11/01(水) 01:29:17 ID:cbDuCKWJ
きっとやつは来る

91 :名前はいらない:2006/11/01(水) 01:31:47 ID:fpRAaANi
わけわかんないコトバとか使ったり人格が統バラバラなかぎり
来ないと思われます

92 :名前はいらない:2006/11/01(水) 01:40:49 ID:fpRAaANi
内面の変化とかないかぎり来ないと思われます
けっきょくみんなそうかもしれないけど自分が一番かわいいのよね


93 :名前はいらない:2006/11/01(水) 01:46:06 ID:cbDuCKWJ
ほんとだよな

94 :名前はいらない:2006/11/01(水) 01:48:33 ID:cbDuCKWJ
つかみどころがない

95 :サグラダファミリア ◆LeafL/oiO. :2006/11/01(水) 10:17:12 ID:A274Paip
かおのない人間たちが
かおを洗っている



96 :サグラダファミリア ◆LeafL/oiO. :2006/11/03(金) 19:22:18 ID:LOlp6BRA
図書館につれていってもらった

ので

高い高い天井を見上げて
にこほやしたため息を図書館の空気の中に
そっと 開放してみた


ほう

ほう

と  

深呼吸のような深いため息が

読まれるのを待っている本の山の上をただよっていった

97 :名前はいらない:2006/11/04(土) 17:11:14 ID:qNdGbMUt
「秋」

紅葉の道
重なり落ちてくる赤銅色の光の祝福

走る 走る ハシル

98 :名前はいらない:2006/11/05(日) 10:16:08 ID:IE4+KhzZ
佐賀県のイメージ

99 :名前はいらない:2006/11/05(日) 10:22:55 ID:IE4+KhzZ
ダウン

100 :名前はいらない:2006/11/05(日) 10:24:52 ID:IE4+KhzZ
アップ

101 :名前はいらない:2006/11/05(日) 10:28:40 ID:IE4+KhzZ
おはようございます(^O^)

102 :サグラダファミリア:2006/11/05(日) 11:47:34 ID:Ol85QFxQ
こんにちは 秋ですね

103 :サグラダファミリア:2006/11/05(日) 17:21:35 ID:Ol85QFxQ
「稲刈りの終わった田んぼにすまう茶色鼠」

ころころと 転がって

こりこりと 落ち穂食べて

「あれ、人間がやってきたよ」

宴もおしまい しゅっしゅっと逃げた

104 :名前はいらない:2006/11/06(月) 10:42:33 ID:2l/nPWNR
パンツを被る。

105 :名前はいらない:2006/11/06(月) 16:22:56 ID:MxPNxHJA
阿含宗

106 :名前はいらない:2006/11/06(月) 17:17:52 ID:MxPNxHJA
佐賀県創価学会

107 :サグラダファミリア:2006/11/07(火) 20:04:52 ID:TyowtCR7
「書くこと」

まず、ごく当たり前な
マウスの左クリックが壊れてしまったこととか
朝ごはんはトーストだったからみんなの顔も四角かったこと
庭の実直な小菊と、地味なのに存在感のある金木犀や
寒牡丹の紅色の羽根のような花びらについて
秋も終わりの朝、風が通り抜けていって白い息
朱色を越して錆色になった柿をつつく鳥と南天の実

風景だけでは書ききれない不満
白いマウスの幽霊がフラッシュメモリと手に手をとって駆け落ちしたとか
SNSのメールが郵便受けにたまっている話
冷蔵庫とパソコンとテレビと掃除機のある現代生活
歩けばぶつかってしまう狭い家の中でうまく逃げ回るこつがいまだにわからなくって
部屋の隅でちぢこまってる言葉たち
電気音の静かなうなりが、寝静まったはずの部屋に響いていて奥歯がきしむ

108 :サグラダファミリア:2006/11/08(水) 09:46:45 ID:nvCkzQnp
町の掃除当番とか 2回引き落としそこなえば取引停止になってしまう手形
 税金の支払いと返済 ゴミ分別の煩雑さ 生活費と稼ぐことと、教育費 
子供の帰宅時間パトロール 食卓を整えること そんなあれこれをなんとかクリア
したとして(社会に入れてもらっていることへの責任負担?) 
そのあとの時間はぼんやりしたい。
玄関に花はかざっても飾らなくてもいい。 庭の草はとってもとらなくてもいい、
お彼岸の餅は作らなくてもいい。  それは文化の話で、
とても大事ではあるけれど無理に頑張ることじゃあない。
生活の潤いってやつで、もちろん、見る人のほうは
裏方の事情なぞ構いはしないのだけれどね。
花を飾りたいと思うまではぼんやりしていたい。



109 :サグラダファミリア:2006/11/08(水) 09:49:42 ID:nvCkzQnp
生活の質の確保と拡大に一生懸命だった世代と違って、生活を享受しながら
育ってきちまった世代は、飢餓感の代わりに享受の質への視線があって、
それはいってみれば、それを賄うことによる代償と 利益を天秤にかけるってことみたいだ。
拡大にはあまり興味はもてないし、時間も労力も気力すら限りが
あるんだから(ソンナニがんばれないよ)どこかで上げどまりの線を
ひいて楽をしたいって感じてしまう。
それはやっぱり上の世代のクロウの上になんだろうけどもね。
にんじん畑の真ん中のコースを、顔の前ににんじんをぶら下げられて
走り続ける馬みたいなもんで、足をとめて回りを見渡せばにんじんの食べ放題? 

働かない人間はダメになる
遊ばないインゲンはまずくなる

110 :名前はいらない:2006/11/08(水) 19:01:27 ID:R+Ytn+pS
佐賀県は汚い

111 :名前はいらない:2006/11/08(水) 19:28:40 ID:R+Ytn+pS
もうきんちは植物だらけだな

112 :サグラダファミリア:2006/11/09(木) 10:19:08 ID:Njd0GXeM
>>110
何故佐賀?

113 :サグラダファミリア:2006/11/09(木) 16:50:37 ID:Njd0GXeM

そんなに速く 走 り た く な い ん だ !



114 :サグラダファミリア:2006/11/09(木) 16:53:51 ID:Njd0GXeM

走れなくて す ま な か っ た ね !



115 :サグラダファミリア:2006/11/09(木) 16:54:55 ID:Njd0GXeM
言い訳は醜くて、批判は苦しいし 命令は悲しい
ただ、できることをできるように という 
静かな地点にいられるように書けたらいい

嫉妬も、反抗心も 風に飛ばして
疲労も怠惰も 水に溶かして
できることを できるように
人と比べないように
人より上手くやろうなんて見栄は曝け出して
人と同じにできるはずだなんて思い込みの重荷もおろして
上でも下でもなく
右でも左でもなく

できるだけのことをできたら 今日はよしと思えるように
昨日よりできなくても、 今日はよしと思えるように 書けたらいい

116 :サグラダファミリア:2006/11/09(木) 16:58:16 ID:Njd0GXeM
「口から嘘がこぼれるからさ」

本当に大切なことはたった一人でだまってするほうがいい
ぴったりの言葉を貼ろうとすると 貼るそばから”嘘”と大書される
曖昧な焦燥感に侵食されないように

   《鬼がくるから 見つからないようにそっと
        キリキリキリキリクークークー
       そっと そっと  穴を掘ってね》


117 :名前はいらない:2006/11/10(金) 07:50:39 ID:fu+a19uo
一番いいのは、趣味と実益が一致する行き方だろうか。サグラダファミリア作るような人生だろうか。

118 :サグラダファミリア:2006/11/10(金) 09:11:33 ID:Z5svaesh
>>117
実益に結びつけられるかどうか?という現実的な視点はさておいて、、(さておいていいのだろうか?)
実益が発生した時点でしばしば「勝手気まま」という要素が失われます。
それを強度として引き受ける力があれば、最高だと思います。
もしそれだけのキャパがなければ、趣味は趣味としておいておくのもいいような気もします、、
(つまり実益をかねない。。。アングラ劇が商業化した結果辿った道みたいなものもあれですしね、、)

あたしのは、まあ、なんというか、興味の対象を白い目でみないでくれると助かるなあという消極的なレベルです。。

サグラダファミリアを建築する(設計と建築従事とありますが)人生は強度があります。
個人の家庭生活での幸福という観点では色々あるかもしれませんが少なくとも本人は幸福な気がします。
多分、強度を与えるのは、その対象が趣味であろうと実益であろうと関係なく、意思なんだと思います。
まあ、食べて生きていかないとまずいので、そこんとこのクリアに四苦八苦しちゃうわけですよね。。悩ましいことです。

119 :サグラダファミリア:2006/11/10(金) 09:29:23 ID:Z5svaesh
ただ思うのは、「食べなくてもいいから これはやりたい」って思うんだったら やっちまえばいいんじゃないかと。。
あとは野となれ山となれ、、なんちゃって、、、(無責任な発言)

120 :名前はいらない:2006/11/10(金) 16:00:30 ID:rtsZ3dWF
佐賀県警察

121 :サグラダファミリア:2006/11/10(金) 20:25:26 ID:Z5svaesh
何故 佐賀が好き。。

122 :117:2006/11/11(土) 06:26:09 ID:D9NOSUeO
キャパは拡大するってことも考えられますね。ガウディは作ってる内にさらなる洞察や自己の才能に気がつくこともあったかもしれない。

123 :サグラダファミリア:2006/11/12(日) 21:31:02 ID:MPnebQUp
>>122 (177)
必要は発明の母だから、必要とされて初めて広がる能力って多いですよね、、
未来に期待。。

124 :サグラダファミリア ◆LeafL/oiO. :2006/11/16(木) 10:01:57 ID:N4AABMi3
年老いた手は決して優しいわけではありません。母の固くなってしまった皺深い手は
長い記憶が刻み付けられ、細く、ゆがみ、節々が太く、浅黒くて、
右親指の付け根には鎌で切ってしまった傷跡があり、深く裂けてしまったのに、さぞ痛かっただろうに、
まむしの油を塗って直してしまったそうです。外科で縫ってもらうのは恥ずかしいことで、
その傷をさすりながら、「軽い傷なら、縫わなくたっていいの、病院なんかもったいないわ」と言います。
簡単に病院を頼る若者を誇らしげに叱るようでもあり、自分も本当は連れていってもらいたかったのに、
そんな甘えは許されなかったのだと、時代の不公平さを訴えているようにも聞こえました。
器用で、緻密で容赦のない手は、貝の殻を剥き、服を縫い、稲を刈り、藁をない、薪を割り、
餅をつき、豚を飼い、蚕を育て、梨の袋をかけ、白菜を運び、葡萄をもぎ、
1升五合の大がまを持ち上げ、10人前の食べしろを毎日炊き上げてきた手です。
寒中にも裏の用水路で子供のムツキを手洗いしてきた手です。
あたしは人でなしなので、母の手を捻り折りとって、朝夕、臥し拝んでいます。

125 :名前はいらない:2006/11/18(土) 19:57:24 ID:exAzJ9uK
阿含宗

126 :サグラダファミリア ◆LeafL/oiO. :2006/11/19(日) 09:37:44 ID:K/qI3kgn
善人というわけでもないので
いきおい詩のほうも、かならずしも善き詩というわけじゃあない
つまるところ、心の奥底から掬い上げるあれやこれやを書かずにはいられなくなるのが詩というものらしくて
良きにせよ悪しきにせよ 隠すことなくおもむいていかなければ
そこのそこにもぐっていくこともかなわないのだ

とはいうものの、
あれだよきみ
さほどに正直であるのはあまりにも品位に欠けるというものじゃあないか
嘘かまことか わからんあたりで書き上げるのがいいような気がするね

フロックコートと山高帽子の白ひげ紳士がステッキをふりながら
ぼそっとつぶやいて去っていった

>125 元気ですか?

127 :サグラダファミリア ◆LeafL/oiO. :2006/11/19(日) 09:38:18 ID:K/qI3kgn
近所の公園で遊んでいると、よく見かける兄弟たちがやってくる
どこに住んでいるのか、学校でも会うこともない彼らは 上は高校生ぐらいの兄姉から
下はそれこそよちよち歩きぐらいの幼児まででこぼこにそろっていて仲よく遊んでくれる。
とくにお気に入りなのは小学校5年生ぐらいのかしこそうな少年で、二人して崖の途中に穴を掘ってみたり、
石垣をよじのぼって飛び降りたりと、やりたい放題に遊んだ。
夕暮れになって、家へ帰ろうというと、彼らは曖昧に笑いながら、「ああ。」という。
「みんなはどこに住んでるの?」と聞けば、それも答えずに困ったように笑う。
よほど言えない事情があるに違いないと、勝手に納得して歩いていると、長男らしい青年が
「しばらく増えなかったんだけど、この頃兄弟が増えるようになってね、僕らも寂しくなくて嬉しいんだ。」
と 疲れ切って彼の腕の中で眠ってしまっている一番幼い少女を愛しげに見ている。
曲がり角で、一緒に遊んだ少年が
「なあ、気がついてないみたいだけど、きみが来たのは初めてだよ。ぼくらはずっとここにいるんだ」
と内緒話をするように小さい声で教えてくれた。


128 :サグラダファミリア ◆LeafL/oiO. :2006/11/19(日) 09:39:06 ID:K/qI3kgn
イチョウの葉 落ちて黄色いまだらを染めた

はらりはらはら 涙が落ちる しんなりきーんの空の下
後ろめたさが 逆立ちしてた

ほう、ほう ほうら、ほら、
こっちがほんとで  嘘つき女は便所虫

ほう、ほう  ほうら、ほら、
あっちはゆうめで  嘘つき男は地獄虫

ひらりふらふら葉っぱが落ちる あっけらかんの風の中
あきの小僧が 殻竿 振った

129 :サグラダファミリア ◆LeafL/oiO. :2006/11/19(日) 09:40:39 ID:K/qI3kgn
ウソツキ鶏の朝は早い 太極拳体操にこりはじめた

ウソツキ鶏が赤い花柄寄せ上げブラをしている
とりあげてパッチワークの壁掛けを作る

ウソツキ鶏が書いている本の題は「彼氏の日記」
書いてあるのは彼女による彼氏の記録

ウソツキ鶏が校庭で逆立ちをしている
上手だが、おしりが丸見え

ウソツキ鶏から送られてきた白い薔薇
かゆくなる虫がついていた

ウソツキ鶏のサングラスをかけると世界は薔薇色に見える
ワイン一本 チーズひとかけらとリンゴ一個の幸せは薔薇色の世界と同値だ

ウソツキ鶏はくしゃみが嫌いだ
くしゃみをすると嘘がばれる

ウソツキ鶏が泣いたので、今日は学校がオヤスミだ

ウソツキ鶏が散歩にいっているあいだに
こっそりと詩を書いた




130 :名前はいらない:2006/11/19(日) 10:25:56 ID:BGjJ9BMw
佐賀県警本部

131 : ◆LeafL/oiO. :2006/11/19(日) 20:56:33 ID:K/qI3kgn
「狐屋敷」

100円ショップで買えるひまわり
安くて切れの悪いドイツ鋏
コンビ二のおにぎりとペットボトルのお茶
水量が少ないシャワー
洗ってもきれいに落ちない全自動洗濯機
塩味と旨味調味料だけの漬かっていない漬物
水っぽい牛乳
お泊りはしない集まり
こぎれいで、肝心なものが足らない狐屋敷

狐のお面をかぶった奥様
「これ、あのものを捕まえよ」と、ぼくを指差してる
奥様の声は僕のかあさんの声そっくり
僕が「かあさん」と声をかけてみたら
きっと、聞いたとたんにそれとわかって
お面とって「ゆるしておくれ、小僧」と涙を流すんだ
と、そんな白昼夢にふけるまもなく、僕の母かどうかなんて関係もなく
狐奥様の屋敷から一目散に逃げ出した

つっかかる石ころ なめらかじゃあない
足の裏が切れて
てんてん てん
てん てん
振り返る狐屋敷の未練が
僕の足をひっぱって
きれいなトイレでおしっこをしたいと泣くんだ

泣くな。

132 :名前はいらない:2006/11/21(火) 16:56:25 ID:JcNoGE1H
佐賀県

133 :サグラダファミリア ◆LeafL/oiO. :2006/11/22(水) 20:56:26 ID:8Ti1sk3A
「幽霊ダンディー」
"広く開けられた窓辺に立った朝 視線はとがった螺旋を描いて下へ向かう"

ホームの先頭に立つ人は恐怖心の深度を測っています
高速道路のコンクリートをつなぎあわせているのはもろい均衡の連鎖で
一番目の窓を開けるときは命綱を結んでください
屋上にあがる階段扉は黒色石灰
赤錆の浮いた手すりと給水タンクの陽だまりと
高いフェンスにからまって走るママチャリはネクタイを締める釘で止まります

野に咲く花は、言葉で考えるようにはなっていません
あたしたちは何かを代償にして言葉を発明して
欠けてしまった何かはたぶん原始の理で、生と死の向こう側につながっていて
頭の真ん中を引っ張ります

紅く染まった空に刷毛をはいてたなびく巨大な指先が
地球を掬うように持ち上げて
とがった螺旋を描いて放り投げました 

134 :サグラダファミリア ◆LeafL/oiO. :2006/11/22(水) 21:05:29 ID:8Ti1sk3A
ACT1

某表明演説
年間3万人以上の自殺者がでるようになって、もうひさしいです。
この10年の累計で25万人を超える自殺による死者がでています。私たちは、自殺という犠牲を伴う戦争を
行っている最中なのだとそろそろみとめましょう。 いつまでも手をこまねいて、”自殺する本人の自由”
なんてことを嘯いている場合ではありません。自殺に追い込まれる自由なぞ、自由という名に値しない!
自殺以外の選択の余地がなくなっている時点ですでに、被害者はリーチをくらってしまっているのです。
高度に成長したと謳っている現代社会が、その構成員を自殺へ追いやり、なおかつ手を差し伸べる術ももたずに
見捨てていることを恥じるべきではありませんか?
”ここに日本国は、国家非常事態宣言を発令し、自殺を撲滅すべく国家一丸となって戦うことを宣言する。”


135 :サグラダファミリア ◆LeafL/oiO. :2006/11/22(水) 21:06:39 ID:8Ti1sk3A
一、自殺者遺族救済法を制定し、個別の事情に合わせて遺族貸付金の無利息無担保で短期貸し出しを行う。
 これは自殺の連鎖を予防するための措置である。
一、自殺者の認定について、他殺、あるいは、自殺強要による犯罪被害者であった場合はこの保障にあてはまらない 。
 自殺強要による自殺であった場合、教唆した人間への罰則は殺人罪と同様の扱いとする。その場合の被害者は
 殺人被害者となり、自殺教唆人は被害者遺族の生活の保障を行う義務を負う。(民法にて別途規定)
 これは当該教唆人が被害者家族であった場合も同様に扱う。
一、自殺志願者救済のため、”死ぬよりまし”組織を新たに設置(各小学校校区に原則一箇所以上)日本国民は誰でも
 その生来の権利として、”死ぬよりまし”駆け込む権利を有する。”死ぬよりまし”組織は、駆け込み者の個々の事情に応じて
 援助を行う。(個別の援助の例:助言、オブザーバーの派遣、無担保短期貸付、里親制度、一時入院措置、
 避難可能な施設の紹介、転校、転職の斡旋、等々)”死ぬよりまし” は自殺志願者が社会へ復帰することを目的に運営をおこなう。
 すべての企業、事業所、学校、法人等々、および国民は、死ぬよりまし 組織への協力を期待されている。
 しかし、最悪の場合、”死ぬよりまし”によって、自殺志願者はそれまでの関係から自殺と同様に切断されることも可能とする。
 法律上は死亡(自殺)とみなされる。
一、”死ぬよりまし” による切断について
 原則的に、社会からの切断をしないですむ方法を探る。やむを得ず死亡扱いの切断を行った場合、当人を被切断者と呼ぶものとする。
 被切断者は、新たな戸籍を与えられる。日本国民の権利と義務は継続する。被切断者は、国家の保護により最低限の共同生活を
 営むこともできる。義務教育の範囲において教育を受ける。”死ぬよりまし” は被切断者が生きることを目的に、運営をおこなう。


136 :サグラダファミリア ◆LeafL/oiO. :2006/11/22(水) 21:08:26 ID:8Ti1sk3A
予想 井戸端会議
「まあ、奥様、聞きました? あそこのご主人、死ぬよりましなんですって」
「ええ、ええ、聞きましたよ、おかげであそこの会社持ち直したそうですね、残された奥さん顔色がすっかりよくなっちゃって」
「本当ですよね、なんか、ご主人さまさまですよ、 残ったもんの勝ちですわよ」
「なんか変ですわね。それ、、」
「そうですよ、つまり、あのおうちの生活は今税金でなんとかなってるってわけですのよ」
「つまりあたしたちが負担してるってわけで」
「そうです、許せませんわね」

コメント
連鎖自殺の予想(被害者妻ー>井戸端会議をしていた隣人ー>さらに隣人)
過剰な保護によるさらなる同調圧力の発生を予防。
他人の幸運をねたみ、他人の不幸を喜ぶ気質への反省。
死んだほうがまし にならないための安全弁が。
 

137 :サグラダファミリア ◆LeafL/oiO. :2006/11/22(水) 21:12:59 ID:8Ti1sk3A
ACT2

次の日曜弁論
A「自助努力を忘れたらいけません。過去の過度な福祉の例をひくまでもなく、手厚すぎる保護は保護を逆手にとって
 抜け道として利用する輩の発生が予想できるわけですから。 」
B「悪いやつはなんであれ利用することしか考えないものです。そんな一部の人間にかかずらって、人助けが
 できなくなるのは変ではありませんか?」
A「きみの頭は能天気すぎやしないか?俺は人間の品性はそんなにたいしたもんだとは思わない、だいたいだね
 流行に流されやすい国民性を考えろよ、隣のやつがやったら俺も俺もになるに決まってるじゃあないか。
 ”生活自殺”とか”生活切断者”なんて造語がすぐに一人歩きするぞ」
B「てめえこそ、悪意が強すぎるのじゃないか? つまりお前さんは、死にたいやつは死ね といいたいわけだ。
  俺たちにおまえらを助ける余力はねえよ。ってな 。 それじゃああんまりじゃあないか?」
A「いや、そこまで言ってやしないじゃないか。俺は、制度が自殺(あるいは切断)を助長しかねないっていう
 注意を喚起してるだけだぞ」
B「だめだしばっかりで、建設的意見はないのかよ、おめえこそいっぺん死んで来い」
A「口の悪いやつだな、それこそ自殺教唆になる発言じゃないかよ、そもそもだね、
 言論の自由ってもんをなんて考えてやがる、馬のしっぽめ!」
B「売り言葉に買い言葉ってやつをしらんのか、豚のけつ! 」
司会者「番組中に聞き苦しい言葉がございましたことを、深くお詫びもうしあげます」
AB「てめーも他人事みたな顔してやがるな」 ○×△×××× 
ピーーーーーーーーーー
BGMモルダウ アルプスの風景映像

138 :サグラダファミリア ◆LeafL/oiO. :2006/11/22(水) 23:00:42 ID:8Ti1sk3A
警視庁分析官の談話
そもそも3万人突破といっていますが、前年度までの平均値は2万2千人であります。1998年統計で5千人の急激なアップが
あったわけですが、年齢男女別データを参照していただけるとわかるように、若年層と女性はほぼ横ばい。
この5千人の底上げは50代男性層によってなされたわけです。つまり、リストラ、倒産、過労自殺と申し上げてもいいのではと、
本官は推論いたします。以下参考資料であります。
ttp://wwwhakusyo.mhlw.go.jp/wpdocs/hpax200401/b0061.html
もちろん、各層に渡って自殺は発生しているわけですが、カンフルとして有効に利かせるには、この50代男性層へのケアを
第一に考えるべきであると結論づけました。

アンチフェミニスト
だいたいだね、なんで男が死んでるんだよ。おめら女どもが無理難題ばっかしふっかけてんじゃねえのか?
黙って責任しょって黙って死んでくんだぜ、泣けるじゃねえかよ。。うううう(泣き崩れるアンチフェミニスト)
ぐいっとコップ酒をあおりながら
え、てめえら、死んでこいよ、ほれよ死んで父ちゃんにわびてこい。
ーー警官の乱入ーー  「自殺教唆罪により、逮捕します。 このテープは証拠品として押収。」

過去の自殺者の妻
「ううう、あたしだってね、あたしだってね・・・うう・・・」

制度発令直後に息子が被切断者になってしまった母
「もう息子は死にました・・・・・・、  ああ、でも生きているんです?生きているんでしょ!!
○○ちゃん、元気にしてる? おねがいだからかえてきておくれ もうゲーム禁止なんて言わない、
好きなことしてていいから、かえっておくれよおおおおお。。。
お前はかあさんがそんなに嫌いだったのかい?あはははははh、かあさんね、もう近所でさらし者 、
とおさんは出てったよ、、へへへ へへhhhhhhh」

ある事務次官
「あれおかしいな、切断者の件は秘密裏に行う予定だったのだが、どこかで間違えたのかな。
あ、俺書いてないや、、まいっか。」

139 :サグラダファミリア ◆LeafL/oiO. :2006/11/22(水) 23:03:45 ID:8Ti1sk3A
ACT3

都内ではやり始めた切断者ダンス
駅構内、高層ビル屋上での切断者パーフォーマンスが話題 インディーズ「幽霊ダンディー 切断レディー」 がベスト10入り

切断者セミナー
切断者となることを余儀なくされたみなさん、”死ぬよりまし”の主旨は、生きることであります。
できることなら本来の人生へ戻って欲しいと我々は切に願っているのですが、なんとしてもそれが
叶わなかったみなさんは新たな気持ちで新しい人生を生きてください。
とはいえ、生きていくためには、食べなければなりません。私達はいくつかのコースを用意しました。
これらの中から進路を選んでもいいですし、今日これを限りにどこかへ消えてしまっても結構です。
長期間というわけにはいけませんが、生きるために、心と体を癒す機会を提供できるかと思います。


「なあ、あのあれなんだけど、、」「?」「ほら、あの切断者っつうやつ」
「ああ、ナンか言ってたなあ、なんか都合のいい話しにも聞こえるんだが、、まあ、死ぬよりましなんだろ?」
「あれってさ、幽霊みたいだな」「ああ、ほんとだ、いるけどいないんだな」
「うん、あれって、かえってストレス増えないか?」
「さあなあ、なんにせよ、今までのことを全部ちゃらにしたい奴らってわけだから、
ろくでもないもんばっかしが集まっちゃうんじゃねか?」「流石に犯罪者はけられるんでないか?」
「どうかなあ犯罪者にも人権があるからなあ、執行猶予中ならだめとかその程度とちゃうのか?」
「夜逃げみたいなもんかな」「駆け落ちにもいいな」「一体どういうおっちょこちょいがああいう法案だしたんかなあ」
「さあなあ、無駄に煩雑になるだけな気がするわ」
「なあ」「?」「切断者になったら、どういう生活が待ってンのかな?」
「あ、お前、羨ましくなったんだな」「いや、そんなことは。。」


140 :サグラダファミリア ◆LeafL/oiO. :2006/11/22(水) 23:06:10 ID:8Ti1sk3A

「ねえ、一緒に切断しましょ」
「つまり、分かれようってことか?」
「やあねえ、違うわよ、駆け落ちの か わ り」
「そんな都合よくできるのか?」
「だってええ、なんか楽しそうじゃん?」
「。。。。。。」





キャンペーン
”一億総切断者の時代がやってまいりました。私もあなたも明日から別人。まっさらになって第2の人生”

141 :サグラダファミリア ◆LeafL/oiO. :2006/11/22(水) 23:07:07 ID:8Ti1sk3A
「なあ、誰が得すんのこれ?」
「さあ? 案外、残ったやつかも?」

「じいさんや、これであたしら死なないですむんですかねえ」
「ばあさん、おくにが面倒みてくれるそうだよ」
「ありがたや、ありがたや、なんまんだぶなんまんだぶ」


142 :六課しん:2006/11/23(木) 15:34:12 ID:mIfpmsJi
リーフウザ

143 :サグラダファミリア ◆LeafL/oiO. :2006/11/28(火) 12:27:58 ID:Yohcj2bm
虎が

複雑な
狭間をやられたら
脳天にミクロ単位の虎がやってくる
清流を捏ね
今さらに魂なんか救われるのかと
ゆらゆらと笑われ
へきとして夜中に
襲いかかれ しがらみに


144 :名前はいらない:2006/11/30(木) 07:51:19 ID:I/f7Ftk0



145 :名前はいらない:2006/11/30(木) 07:53:15 ID:2dwNKuTi
サグラダ?

146 :名前はいらない:2006/11/30(木) 07:58:06 ID:I/f7Ftk0
桜だ。

147 : ◆LeafL/oiO. :2006/11/30(木) 13:14:19 ID:QiUlBNEi
「桜庭」

赤茶けた葉、落ち落ちて 
か細い裸体をさらす桜乙女の
今は眠りて春を夢見る
 
桜咲く 桜乙女の
ま白なる欠片たわわに降りしく
夢路をたどる 冬の桜庭


148 : ◆LeafL/oiO. :2006/12/06(水) 19:18:15 ID:/KV1n+3Z

一本の線

直線にはならない




149 :名前はいらない:2006/12/09(土) 21:50:25 ID:hnmJ0Ev1


刺身包丁を研ぐ
美しかった身を削ぎ落とすように
はがし はがし はがして
赤黒い あばた晒した アジの骨

シャーシャーと刺身包丁を研ぐ

研ぐ




150 :名前はいらない:2006/12/10(日) 07:27:22 ID:lEgFCmAc
おしっこ

151 : ◆YAPoo/LC/g :2006/12/16(土) 21:15:23 ID:Ows/nZoB
>>148
なんかいいデス

作者の意図とは食い違うと思いマスが

まだマジックマッシュルームが合法だった頃
酒とキノコで朝帰りして自宅で音流しながらソファに埋もれながら光の微粒子がうねって音が鋭く突き刺さるの思いだしました



ぺこり

152 :名前はいらない:2006/12/30(土) 21:13:18 ID:iy245+WT
餅つき
水餅でいただく
模様替えとガラス吹き
黒豆を煮はじめる
筑前煮は明日で
たつくりを炒る

栗きんとんの芋
千両の赤い実
アロエの花を正月に飾る
山の松を切ってきた
蝋梅が香る

白菜の天地換え
昆布と鷹の爪を足す
昆布巻きの芯はにしん

数の子の塩抜き
冬至のゆず味噌に火を通して
干し柿の味見

蕎麦
出汁つゆは一晩なじませ
お膾の大根とにんじんを細く細く刻む

足袋はおろしたて
半襟を替える
白のハンカチ
コートは灰色
もう紅のストールは似合わない

153 :名前はいらない:2006/12/30(土) 21:36:50 ID:iy245+WT
>>151 お久しぶりです。 (遅くてすみません)ありがとうございます

(↑誤字訂正 吹きー>拭き)

154 :リーフレイン:2007/01/08(月) 20:21:18 ID:/AzGvGU6
渇望

手足が動くということ
文字を書く動作

目が光を捉えていること

人の
感情のうねり
動作 反動 空気の流れ

振動
生命の振動に共振する


155 :リーフレイン:2007/01/08(月) 20:26:56 ID:/AzGvGU6
ココアのカップの熱量
ストーブの赤い焔
凍りつつある道端の水溜り
冬の夜の空を横切っていく雪雲
肺を焼く寒気
かたまって眠る野良猫

156 :リーフレイン:2007/01/10(水) 20:21:23 ID:PY9iYkcM
彼は一本のダンディなステッキだった。
細身で骨ばっているが肩幅は広く(肩幅?)
非常に形のよい小さな頭をしたほんの少し老成した雰囲気のある紳士だった。
手足は大陸の人のように長く、はにかむような笑いを浮かべてまっすぐに立っている。
気がつけば、あたしは空色のパラソル(しかもレースの縁取りのついた日傘)で、
彼とあたしは取っ手を組み合わせ、
パラソルをぱあんと開いて冬の空。

157 :名前はいらない:2007/01/23(火) 18:33:02 ID:QH6W8v7N
ニュータウンの整った町並みの中
幼い子供たちの遊ぶ姿は 
窓辺を飾る白いレースと花だった
必要不可欠な期待値を満たすなにものか?

人気が失せたゴーストタウンには猫もいない
時折現れる人も、何かにせきたてられるように通り過ぎて
過去の希望が焼け焦げてしまった残骸に
気づかないふりをする


158 :名前はいらない:2007/01/23(火) 18:42:15 ID:QH6W8v7N
つぶれたペットボトルが
風に吹かれてすべっていった

きれいに整えられた「郊外の一戸建て」に住む女は
居間の椅子を満たす誰もいないのに
パンの造花を作り続けている
いつか誰かがソレを見て「ほんとうにきれいね」と言ってくれるのを
夢みているのだ




159 :名前はいらない:2007/01/23(火) 18:51:35 ID:QH6W8v7N
とある日の笑いがしみこんだテーブルは
もっと笑いが欲しいと蒼ざめていく
落書きを書きなぐられては消され、消されてはまた書かれていたコンクリート壁も
もはや書く人も消す人もいないままに黒ずんでいく
白墨石で円を書いた駐車場のアスファルト
猫が子を産んだ軒下のアロエに
いたずらに生い茂ってしまった楡の木の影が長く射す
あの楡を大事に残そうと、ビラを配っていた男も
とうの昔に死んでしまった

時が容赦なく爪跡を残して通り過ぎ
追いつく力のない住人が
背中にその爪をひりひりと感じながら
どうしようもなく、とりかえしのつかない日がくるのを待っているのだ

160 :名前はいらない:2007/01/23(火) 18:57:33 ID:QH6W8v7N
指の間から零れていくなにものかに
悦ばしげに酔いつぶれ
醗酵した塩の柱になって錆び落ちていく さびおちて いく


161 :名前はいらない:2007/01/26(金) 11:40:11 ID:LdhSHWzj
冬のきーんと冷たい水でさらした野菜はうまい

162 :名前はいらない:2007/01/27(土) 08:52:26 ID:Tl0cuWzg
言葉に囚われること

執着
自己愛と昇華 (消化?) 
言葉でしか構築できない概念のジレンマ


魂が立ち上がる瞬間


163 :金城目ニュータウン:2007/01/27(土) 20:13:53 ID:Tl0cuWzg
金城目ニュータウンの設計コンセプトは生活密着型だった。
碁盤の目ではなく、袋小路や斜めの道、蛇行する道を組み込み、ブロック毎に
一定割合の住宅以外の物件(不動産屋、花屋、八百屋、文具、本屋、喫茶店etc)が
義務付けられていた。住宅街であるので、店舗物件への規則として、風紀を
乱さない商売であること(飲み屋まで許容範囲)、景観に溶け込む概観であること、
コンビニエンスストアは他商店を駆逐してしまうために不許可であることなどが
詳細にもりこまれていた。ニュータウン内での商売でも採算が合うようにと、
貸地扱いで賃貸料を低めに設定してメリットを提供し、その代わり住民の
苦情が大きいときは住民投票によってたち退きを要求される場合がある
との条項まである。
路線バス沿いの人通りが多いブロックには商店街にあるような店がぼつぼつと
点在し、周辺部には診療所、幼稚園、託児所といった施設が駐車場を確保しながら位置した。

塀で囲まれているわけではないのだが、住民はほとんど町から出ることなく
生活することができた。一種の共同体意識が構築される。それは借地や賃貸住宅の
経営母体が自治組織とリンクして存在するということで強烈に作用し、一種の
結社的な相互扶助組織に育ちつつあった。



164 :金城目ニュータウン:2007/01/27(土) 20:18:21 ID:Tl0cuWzg
町の中を大きく蛇行するS字を描いて路線バスが通り抜けている。
バス停は5つ。まんなかのバス停付近は広いロータリーになっていた。
中心部は「中央広場」と呼ばれ、軽く段差がつけられた空間で、イベント用に
借りることができた。大容量の電源と大テントが使用できる。通常はテント用の
途方もなく高い支柱がぽつんぽつんと寒そうにそびえたつ。

ロータリーの地下駐輪場は設計者の希望で迷宮になった。設計者からはこの迷宮を
作らせてもらえるのなら設計料も施行管理費用もいらないと破格の申し出があったため、
町長が話しに乗ったらしい。(工事費そのものは払った)ただし本当に迷ってしまって
はまずいのでそこのところを強く確認したという話しだったが、二つ返事で了承した
設計者の頭の中からはすっぽりと抜けてしまった。利用者は慎重に自分の分かる範囲に
自転車をおくはめになっている。とはいえ、出口は円形の広場の6カッ所にあるため
迷ったらまず外に出ればなんとかなる。リサイクル素材の建築用ガラスブロックが
いたるところに埋め込まれ、外光をふんだんに入れた明るい幻想空間が中央広場の地下に広がっている。
利用者は口では文句をいうが、結構誇りに思っている美しい空間だった。


165 :金城目ニュータウン:2007/01/27(土) 20:29:52 ID:Tl0cuWzg
中央広場の正面は、1階は貸し店舗の町舎がある。2,3階には200席程度の小ホールと、
町の事務所と町長室、多目的室と図書室だ。災害時にはここが避難場所となる。災害用の
備蓄と貯水タンク、消防団の設備も備わっている。警察署だけは中央広場の反対側で、一緒
にすると気まずいと町長が主張したのだそうだ。
特筆すべきことに、この町に学校という名の校舎はない。年齢構成が変化したときに廃校に
なるのは無駄だからという理由で、町舎の多目的室を小中学校の教室として利用していた。
年度ごとに必要に応じた教室が固定占有という形で利用される。つまり人数が少ないときは
一般に貸し出しされるのである。多目的利用を前提に自由度の高い設計がなされていた。
私学進学が盛んになった昨今では片道1時間以上かけて通学する生徒も稀ではなく、なまじ
公立学校なぞはじめから用意することもないだろうというシビアな計算も働いていた。


166 :金城目ニュータウン:2007/01/27(土) 20:31:57 ID:Tl0cuWzg
中央広場の大テントは、某サーカスのテントと同じもので、万華鏡のように華やかに
塗り分けられた円形巨大テントだった。テント設置には専門業者が呼ばれた。
支柱はすでにあるし、観客席スタンドや、床を張る必要がないので格安にしてもらえるわけだが、
1回の費用を計上するたびに、いっそ固定屋根にしてしまったほうが安上がりでは
なかったのかと議論が再燃する。町長は、「たまにあの華やかなテントを見ると
お祭り気分になるじゃないか」と嘯いている。実際のところ、同様の建物の建築費用と
比較すれば、100年間、毎年数回テントを張ってもお釣りがくるのだった。

町長は毎朝自宅から自転車で町舎へ通う。軽く起伏のある丘陵地帯にある町なので、
9分間の全力疾走は腹の出始めた彼には結構な運動になる。前日に飲みすぎた朝など、
9分が15分にのびる。町長の通り過ぎる時間をみて町長の昨晩の酒量を予想するのが
角のタバコ屋のおばさんの日課になっている。おばさんは町長が遅い日は、
町舎御用達の弁当やに急いで電話をかける。メニューの変更を知らせるのだった。
弁当屋の亭主はおばさんに情報代として残りおかずをわけてくれる。



167 :名前はいらない:2007/02/05(月) 11:25:31 ID:y7boUWhH
「何を書いているのかい」と、聞くこともなく傍らに座っている
「何を考えているの」と 尋ねることもないままに
凍っていくのか、温まっていくのか
どちらでも違いはないのかもしれない 


手に触れて

みた


168 :名前はいらない:2007/02/20(火) 20:30:36 ID:nVUUnHUp
お題 煙草 が今日締め切り。

煙草は吸わないので、あまり記憶の蓄積がないです、、、
ああ、そういえば、会社がケムリでいっぱいだった、、みんな煙突のようにもくもくと
ケムリを出してました。あんまり気にもしなかったなあ、嫌いなにおいでもなかったん
だと思います。体もそんなに過敏じゃないんで、気管支が炎症起こすとかアトピーが出る
とかいう話もなかったし。
ああ、ちっともネタにならないなあ。
そういえば、曾祖母の煙草盆があって、長い柄のキセルがありあした。実家は古い商家で、
粉問屋だったもんだから昔から大豆やらうどん粉やら、砂糖やら油やら扱ってまして、
帳場があったんだそうですわ、でそこに木製の長火鉢があってキセルをおけるように
盆がくっついてたみたいです。納戸に収まってましてね、、そういうのがうじゃうじゃと。
曾祖母はどえらい人だったらしいですわ。大店を一人でとりしきってましてね。
子供がいなくて、あたしの祖父と祖母は貰い合わせの夫婦だったそうです。
二人ともそのお姑さんには全然頭があがんなかったらしいですね。ああ、なんかとりとめがないですね。
黒くなった木製の家具っていいもんですわ。年輪の垢みたいなもんが光ってましてね。
キセルもそういう感じで、いなせですよね女性の細いキセルって。煙草は吸わないんですが、
あのキセルだけは持ってみたいなと思ってましたよ。
ちっとも詩になりませんわ。。

169 :名前はいらない:2007/02/22(木) 20:45:47 ID:qtOPStf6
月爪



昨日の月は

尖った 細い 残酷な猫爪だったので

夜を枕でくるみこんで

空を引掻いてしまわないように

唄を歌って

ふかい、ふかい 息を吐いたら

枯れた冬草のにおいが

枕の夜から立ちのぼった



170 :竹輪焼之絵:2007/03/05(月) 20:05:04 ID:pBhrcZv6
竹に塗り付けたいわしのすり身を 火で炙る小僧どもの絵だった
そこは乱雑な砂浜で、
小さな古びた漁船が数隻、浜に上げられている
波打ち際には いわしが猫もまたいで通るほどに転がり
かもめも嫌がる腐った魚の悪臭がゆらゆらとたちのぼる
食いつめた乞食の小僧たちは
一匹づつ慎重に匂いをかいで拾い 手で裂いて海で洗い
ねぎやらショウガやらをどこかからか手にいれて
塩をふってごりごりつぶした
骨も皮もかまわんで、ごりごりつぶした
打ち上げられた流木を燃し
いわしを細い竹にねりつけて
ぼろぼろの服をまとって、顔も手も頭も汚い小僧どもが
唾を飲み込み、眼をギラギラと光らせながら、
黒ずんだ いわしの竹輪が焼きあがるのを待っているのだ
灰色の曇天だ  炎が黄色だ

171 :名前はいらない:2007/03/06(火) 18:55:59 ID:Uorw9cef
しまった、間違えた、、、、

172 :名前はいらない:2007/03/06(火) 19:01:47 ID:Uorw9cef
アジア アジアン アジ アジテーション
鰺の干物に醤油ぶっかけ
隣の体臭くんくん嗅いで
甘酸っぱいスエタ匂いが安心毛布
体力差無限小 アジアンモンゴロイドジャムセッション
百姓に平等なんざ関係ねえよ 個人よ価値よっつて何だっつのよ
今日のおまんま、あしたのおまんこ、生まれた小僧を蚕に包んで
お天道様のあるところ、明日もなんとかなるってもんよ
あたしのもんはあんたのもんで、あんたのもんはあたしのもんで
ほら、おあしは天下のまわりもん
買ってもらえんなら、なんでも売らせていただきやしょうか
右や左のだんな様、どうかあたしらおめぐみをー
小僧! 尊皇攘夷だ! いてまえーーー!

拝啓 坂口安吾様
あたしたちは、正しく堕落してまいりましたでせうか?
あたしたちは、正しくあたしたちの娘たちを犯してまいりましたでせうか?
あたしたちは、正しくあらゆる堕落した手段をもってあたしたちの口を漱いでまいりましたでせうか?
あたしたちは、再び竹やりをもて、処女を殺す日を目前にしておりますのでせうか?
あたしたちは、先生様にたぶらかされてしまったのではありますまいか?
あたしたちは、本当は生きていてはいけなかったのではありますまいか?
あたしは、明日、出刃包丁を持って先生を殺しにゆこうと思っております。
                               敬具


173 :名前はいらない:2007/03/06(火) 19:52:01 ID:YA+SrHm9
結局のとこ正しい戦後ってやつを殺したのは
なんだかんだあんたと俺たちってことさね
向こうぢゃケネディ兄弟ってやつが贖おうて
色男なだけそっちのがマシか
憐れんでる悪魔
俺たちの貌はいまどこにある

174 :更新する青年たち:2007/03/17(土) 21:32:45 ID:cTo8G5iM
果てしなく続く荒野のむこうから

一列に並んだ ふんどし一丁の青年たちが

「どすこーい  どすこーい」と一斉に四股を踏みながらこちらへむかって行進してくる

みれば、皆普通の青年たちで、痩せていたり、太っていたり、もちろん髷なぞ結ってはいない

同じリズムで足をあげ、両手を突き出しながら

「どすこーーい どすこーーい」と続く唱和が

耳に轟く音量になって



175 :子宮で蛇を飼う少女:2007/03/18(日) 20:42:59 ID:oSFDq/FG
初潮が終わった夜、母が大事そうに真っ白い真綿の塊をこっそり持ってやってきた

真綿の中には真っ白な細い小さい蛇がいて、眼は真っ赤だった

「もう、こういう時期になったのね、大事に飼ってあげなさい」 と

その蛇をパジャマのズボンの中へ忍ばせてくれた

「月のもののときには、真綿かなにかに包んで、箱に入れてあげてね」



176 :名前はいらない:2007/03/23(金) 19:22:52 ID:Q1e9IHhS
♪ むーすーんーでー ひーらーいーてー 
てーをはなしてー おっこちたーー

177 :名前はいらない:2007/03/25(日) 16:23:59 ID:LhjVLq+9
そらを飛ぶ


ひし形に交差している電線の間をかいくぐって



178 :名前はいらない:2007/03/30(金) 22:28:43 ID:29uWM3A7
近頃肩が凝ってきたので ラジオ体操第2いきまーーす 

ちゃんちゃららーーん ちゃんちゃららーーん
ちゃちゃちゃちゃ ちゃちゃちゃ
ちゃんちゃららーーん ちゃんちゃららーーん
ちゃちゃちゃちゃちゃーーん

♪ぴっぽぱっぽぷっぽぺ 
  ぴっぽぱっぽぽん
             ちゃらん

たーりらーりらーんろん
  れーりらーらるーんろん
    にゃーりれーれるーんろんれ
  ろーろるーれよん 
             ぱぱんぱ

びょーーーん びゃーーーん びょおおーーーん
じょーーーん じぇーーーん じゃああーーーん
だぁーーん でぇーーん どょーーん ずこーね
ざんかざんかざん 
             ぱらん



179 :sin:2007/04/03(火) 17:47:26 ID:P/9PRyAw
サグラダファミリア
見上げる
アナタはどこにかくれてる?

サグラダファミリア
見えますか
わたしはカタツムリの隣

180 :名前はいらない:2007/04/04(水) 20:49:57 ID:+CjTwv0E
まず蕗の薹
雪が溶けて、側溝に水が流れたら大根を
切干しに干せるのは寒のうち
あとは塩して、漬けものの樽

味噌を仕込むのは
麹菌が繁殖するほどにぬるく
雑カビがさほどには混じらない寒さの1月の終わりで
少し取りおいた麹で金山寺味噌と
タラの芽

大事に食べてきた晦日の餅がなくなり
節句にはもう一臼
犬のオシッコがかからない 崖に生えたヨモギで
草餅を拵えたら春の本番 

去年の小豆を2昼夜かけて餡に煮て
お彼岸様のぼたもち
ぜんまいのアクを抜き
伽羅蕗をおしみおしみ食べ終えたころにはつくしの
さきっちょがほうけてしまわないうちに
指を紫にしながらはかまをとって 炊き込む

暖かい雨の朝、筍が
薄っすらと腐葉土を持ち上げてきたら

春も終わり



68 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)