5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【虎の独り言】

1 ::2006/05/06(土) 14:44:06 ID:CHPkKIEd
短い恋の長い歌

この世で一番短い愛の詩は
 
      「愛」

       と一文字書くだけです。


この世で一番長い愛の詩は、同じ事を100万回書く事です。
書き終わらない内に年老いたとしても、それは詩のせいじゃありません。

人生はいつも 詩より少しだけ短いのですから。


2 :名前はいらない:2006/05/06(土) 14:51:26 ID:rCD8ty+Q
・・・えーとだな。

GL3:固定ハンドル(2ch内)に関して

固定ハンドルが題名に入っている・固定ハンドルが占用している
・閉鎖的な使用法を目的としている・等は、
自己紹介板・最悪板・夢・独り言板・おいらロビー・なんでもあり板・PINKのなんでもあり板以外では、
原則として全て削除または移動対象にします。

「虎」がコテハンなら、削除対象って事。

3 ::2006/05/06(土) 15:17:43 ID:CHPkKIEd
スレタイの「虎」は題名だな。

わざわざどーもごくろうさん。

4 :  ◆UnderDv67M :2006/05/06(土) 21:09:22 ID:vIIjo5fn
また凡人のオナニースレか

5 :名前はいらない:2006/05/06(土) 23:47:02 ID:jSfUp6rL
「愛」と聞くとエッチなエステを思いつく

6 ::2006/05/07(日) 06:09:12 ID:bAOa4BB0
それはずっと先の事かもしれないけど

でもそれまでは

生きていこう

真っ暗で何もない道でも

2人でいけば

何かみつかるかもしれない

あの空にうかぶ月のように


7 ::2006/05/07(日) 11:49:46 ID:bAOa4BB0
 あの頃は・・・

 そうあの頃は、未来が沢山あって、大好きな人が傍にいて・・・



 またあの頃に戻りたい。

8 ::2006/05/08(月) 06:27:54 ID:QfvvvUpX

はぁ〜鬱だ、鬱。 しかしこの胸のモヤモヤはなんなんだろう。

9 :名前はいらない:2006/05/08(月) 06:53:14 ID:opLKSFl+
たぶん気のせいですよ
雨上がりだし・・・

10 ::2006/05/08(月) 10:14:55 ID:QfvvvUpX
そうですかね・・・それならいいのですが。

さて、仕事探しに行こうっと。


11 ::2006/05/08(月) 11:52:11 ID:QfvvvUpX

未来なんて何処に・・・

   もう将来が見えない・・・

12 ::2006/05/08(月) 17:32:27 ID:QfvvvUpX

はぁ〜ん、顔が浮腫む。

13 ::2006/05/09(火) 19:14:00 ID:V9HSdS/g
人生嫌になってきたな。 もう死にたい時とかあるよ。

いっそ睡眠薬でも飲んで死んでやろうか・・・

14 :練り物虎.:2006/05/09(火) 19:16:26 ID:iqeRKqoW






ガオーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!

15 :名前はいらない:2006/05/09(火) 19:17:24 ID:eLYa/OXk
けっこうリアルな女性です。。。
いい感じです。。。

16 ::2006/05/09(火) 22:57:08 ID:V9HSdS/g
明日も雨だって・・・朝からズブ濡れだな。。。


17 ::2006/05/10(水) 07:02:54 ID:JLtnYWKu
雨だ・・・坊主にしよう。 そう、つるっぱげに。

18 ::2006/05/10(水) 13:15:23 ID:JLtnYWKu
あーくそったれ!!

19 :うたた寝死人 ◆utatasFSi. :2006/05/10(水) 13:39:05 ID:WLgsnIjn
雨の日の虎って何をしているんだろうねぇ。
森の中の、多少は雨を免れる崖の窪みか何かにしゃがみこんで、
あの、特有の低い視点からさ、見てるんだろうね、ぽーーーっと。
窪みのふちからだどんどどたん落ちてくる白い雨とか、
雨だれを弾いて呼吸を強くする下草とか、
煙っていく森とか。

少し寒い表面をぬでぬでと毛づくろいしてさ、
雨に薄められていた獣臭さがまた一層強くなって、
自分の臭いに包まれたことで安心して、つまんねって寝始めたりね。
ビロビロになったゴムパッキンみたいな口の端から呼気が熱く、臭くてさ。
雨の日の虎ってそんな気がする。ホントのところなんて全然知らないけどね。

20 ::2006/05/10(水) 18:44:12 ID:JLtnYWKu

こまった・・・

21 :名前はいらない:2006/05/11(木) 06:14:36 ID:VfTxjupT
好きな子が出来ました。2次元じゃありません。

この思いどうすれば相手に伝わるでしょうか・・・

22 :名前はいらない:2006/05/11(木) 07:51:22 ID:VfTxjupT
このまま、このまま・・・なんとか・・・

23 :名前はいらない:2006/05/11(木) 09:04:39 ID:VfTxjupT

なんとか、今まではうまくいってます。。。

24 :名前はいらない:2006/05/11(木) 11:23:10 ID:VfTxjupT
どーしよ。行くか行かないか迷ってる。

25 :名前はいらない:2006/05/11(木) 20:32:21 ID:VfTxjupT
なんとかウマくいってる件について

26 :名前はいらない:2006/05/15(月) 09:16:54 ID:o3jPW4bJ
もうなにもかもが嫌になってきた。
こんなんじゃマジで鬱になりそうだよ・・

27 :名前はいらない:2006/05/15(月) 12:20:31 ID:o3jPW4bJ

ねぇ死にたい。

28 :名前はいらない:2006/05/15(月) 22:01:14 ID:cS8sqh8G
ちゃんと日本語を操りましょう

29 :名前はいらない:2006/06/18(日) 01:03:46 ID:NnDMg2R5

あなぐらに雨おとしのびこみ

ぱらぱらと散漫で空疎な雨音

その訴えに耳をすまし

うわっつらをともに鳴く

うわっつらでともに鳴く



30 :名前はいらない:2006/06/18(日) 01:05:38 ID:NnDMg2R5
雨はどこからきたのだろう

空に呑み込まれたとき

雲になったとき

境界をなくしたとき

特徴のない透明

ふたたび一粒になって

ひとまとめのひとつの音

奏でることをしいられたとき

その届く様をおもいえがいて

望みをなくしたのだろうか

それともまだ寂しいのだろうか

牙を剥き出しにして草を噛み

土に爪をたててみる

その指のいっぽんいっぽんに精いっぱいちからを込める

虎ここにいる


31 :名前はいらない:2006/06/18(日) 01:17:59 ID:NnDMg2R5
足跡をのこさないように

足音をせいいっぱいにたてる虎は牙をむき

飢えをいいわけにして

きのう殺した肉をむさぼる

食欲をみたすよりも

ほんとうは子兎を狙った

いきのびるよりも

憎しみを殺したかった

32 :名前はいらない:2006/06/18(日) 01:40:33 ID:NnDMg2R5
虎がのぞまなくても

虎の爪は大きい

虎の牙は鋭い

虎の足は速く

虎の眠りは浅い

虎がのぞまなくても

虎からだは毛におおわれ

虎の寿命はうさぎよりもながい

虎が望まなくても

虎の声は雄雄しく

虎のことばはうさぎの毛を逆立てる

虎はのぞまなくても

虎ののぞみは虎であるそれに縛られている

33 :名前はいらない:2006/06/18(日) 01:49:13 ID:NnDMg2R5
虎がどれだけ苦しみに悔いて

虎がどれだけ頭をしぼって

虎がどれだけあたらしいものになろうとしても

虎は虎でしかなく虎をやめることはできない

苦痛の改心は一匹の虎を

大きな主語である虎のなかに

彷徨いあるくよう

せかすための鞭

動物園のなかの虎も

どの虎も

虎は虎で 虎以外のなにものぞみえない

34 :名前はいらない:2006/06/18(日) 02:00:02 ID:NnDMg2R5
虎はかんがえた

おきている間、わたしはうさぎになることはできない

おきている間、わたしは雨音を汲みつくすことはできない

おきている間、わたしは虎でしかない

それなら眠ればいいじゃないか

眠りは虎であることを忘れさせる

そうして眠った

虎は夢をみた

そこには

もっともっと研ぎ澄まされた

いっぴきの虎がいた





35 :名前はいらない:2006/06/18(日) 02:44:01 ID:NnDMg2R5
虎は穴倉でかんがえた

頼るものはすなわち、憎しむものだ

わたしは頼りすぎるのだ

たとえば耳を澄ましすぎる

それなら耳を切取ればいい

たとえば目を凝らしすぎる

それなら瞳をつぶせばいい

たとえば触れたくてたまらない

それなら皮膚を剥ぎ取ればいい

血に支えられた情に報いを欲しすぎる

それなら血を抜き取ればいい

とおりすぎるものを留めたくてしかたがない

それならここからずっとでなければいいじゃないか

そしてただ訪れたものをすべてあやめればいい

そうすればもう何もあらたに欲することはないだろう



36 :名前はいらない:2006/06/18(日) 02:46:07 ID:NnDMg2R5
でも記憶はどうすればいい

わたしじしんをここから追い出すことはできない

わたしは何よりも

わたしじしんを欲し わたしじしんからにげたいのに

虎はかんがえた

やがて虎は

目を潰すこともなく

耳も皮膚も剥ぎ取ることもなく

血を流しきることもなく

ひとり記憶にうずもれるままに年をとって死んでしまった

37 :名前はいらない:2006/06/18(日) 03:09:28 ID:NnDMg2R5
どこにでも降り注ぐ雨もまた孤独

血を流すよりも時の流れは速く

白い煙のなかで空をみあげた

洞窟は暗く クオリアには灯りしかない

骨を拾えばそこに緑色の情が芽吹き

水を求めるままに 拒むことを忘れた

摘みあげたことば ありがとうとか

そういったこと 

こうべを垂れたいしゃれこうべ

このだじゃれはだれのじゃなんて

妄言をはく虎いがいっぴき

せまい欲動にでぐちをもとめて

土茶けた毛をぬらしに豪雨乱風のなかへ

洞窟をかけだした

38 :名前はいらない:2006/06/18(日) 03:30:45 ID:NnDMg2R5
うごけ
うごけ
我を忘れるほどに
沢山のものを抱えよう
背に乗せるものを探しにいこう
飲み込んでやるという敵意
包み込んでやるという欲動
いのちを惜しまずにそれをやれば
守ることが誇りになる
肯定 肯定 大皇帝
マウリヤス朝タイガー帝
大きな口あけて牙をむき出しに
吐き出した嘘は捨てていこう
そのかわり飲み込んだものは いのちを賭してまもるのだ

39 :名前はいらない:2006/06/18(日) 03:42:37 ID:NnDMg2R5
自意識に拘泥すれば
眼もくらむほどの空
馬鹿
そして
馬鹿
馬鹿のほかにここになく
馬鹿のあとに馬鹿がつく
馬鹿 馬鹿 馬鹿 ばばばば
ごろごろこらがる坂のした
あがる あがる あがる
アガラビリーブ
ラップミュージシャン
ラップ現象
おなじラップ
サランラップ
クラップ
コンラートロレンツ
鉛玉はころがりおちていく

40 :名前はいらない:2006/06/18(日) 13:50:59 ID:iSCCpu9G
>>31-34 イイ!

41 :名前はいらない:2006/06/20(火) 00:04:52 ID:8xOwh2N7
>>40
ありがとうございます。感謝


42 :名前はいらない:2006/07/16(日) 05:42:04 ID:TKB4xxLB

「時間」

ある日犬がレイプされた
昼休みの調理室
笑う子供たち
滑らかなゆれる肌の波
カーテンから差し込む
やわらかで透明な日差し

ある日猫が交尾した
平凡な一室
見つめあう猫と子供
体毛は濡れて絡まりあう
遮蔽された空気
やわらかく熱い時と眼差し

真っ暗な部屋
伏せられたノート
交される受容
重なる手のひら

アイシテル



43 :名前はいらない:2006/07/16(日) 05:42:35 ID:TKB4xxLB


ざく、ざく、
ざく、ざく、
澄んだ夜
空き地に響く音

土のなかに眠るのは
幼虫の
青白い死骸

伏せられたノート
孤独な記号
傲慢な指さきの絡まり

遠く遠く
壊れた時計
土を掻く音
握り締める
だれか


蛍の灯りのように
ささやかな今を
たよりに
切取られた視界

針金は歩みを止めない


44 :名前はいらない:2006/07/20(木) 20:34:03 ID:yecSXrp1

「わらう変態」

背後に忍び寄る変態の足音
リュックサックがちゃがちゃさせて
気味の悪い薄っぺらで含みのある笑み

あんた何処見てあるいてんの?
ぼー ぼー ぼー 影は伸びて
しん しん しん 夜は静か

浮び上がる足音は遠くもあり近くもあり
そんなときもどんなときも
頭の中は沸騰していく
じりじり電灯に熱せられた脳味噌
ぞわぞわ増え続ける微生物の蠢き
腐る 腐る 腐る 腐る
口にするのも厭わしい
歩みのなかで猫にあった


45 :名前はいらない:2006/07/20(木) 20:34:52 ID:yecSXrp1

わたしはいう
「こんばんはわたしは追われています」
彼はいう
「こんばんはわたしに話しかけないで下さい、ここは公道です」
はしりさってガンガン電柱に頭を打つける
ぽとっと頭の上に蛾がおちてくる

彼はいう
「あなたのおかげで母が死にました」
わたしは額をダラダラ真っ赤にしていう
「そうですか、それはなんとしたらいいか」
はしりさってどぶ川に飛び込む

蛙がでてきていっせいにいう
「あなたのおかげでわたし達の合唱が台無しだ」
わたしは体中を生臭いドロドロに包まれていう
「そうですか、それはなんとしたらいいか」


46 :名前はいらない:2006/07/20(木) 20:35:53 ID:yecSXrp1

はしりさって遂に家に着く
鏡を見ると変態をみつけた
じーっとみつめる

かれはいう
「やあ、やっとあえたね」
わたしはいう
「お前になんて会いたくなかったけど、小一時間問い詰めてやる」
鬼気迫るつもりで拳をふりあげたとき
割れた頭から蛆虫がぞわぞわとはいでてくる
「どうもありがとう、あなたはわたし達の親です」
わたしはいう
「おひきとりください」

それをみていた変態は
背後からわたしの肩に手を置き
あはは、と笑う
あはは、と笑う
ぽんぽんと、二度叩き
「たのしいね」
という
「安心しろよ、誰もお前のことなんてみてないさ」
と一言添える
そうした退屈な日常


47 :Mana魔名:2006/08/31(木) 23:48:32 ID:sakTLk/5
黒虎ダイルの見る朝は、シュールな闇の中で仄かに灯る白
心の中を埋め尽くす、一瞬一秒で切り取られた感情のコラージュ
孤独色のテレビに映る欺瞞形のニュースに渇いた笑いを
凝り固まったリアリスト達の頭脳にカラフルな髄液を
一言一言ひどく冷たい夜に、徹底的な愛情を持って接したい

48 :にぃちぇ ◆UQRl.WeFEk :2006/11/15(水) 00:11:55 ID:0MnCoucC
『飢えている』

なんか知らんが飢えている
このところずっと飢えている
飯はきっちり食ってるけど
さっきもちっこい兎捕まえて食ったけど
腹が空いてるのとは違う感覚
野獣の本能がふつふつと沸騰してる感覚

牙が錆びついてる
それが飢えとなって咆哮を呼ぶのだ
爪が丸くなってる
それが飢えとなって涎が止まらないのだ

生贄が必要だ
食うためじゃなく殺すための
牙を砥がせろ
爪を研がせろ

気が狂いそうだ
とっくに狂っていたのかもしれないが
巣穴の壁は体当たりで崩れかけている
近くの木は頭突きであちこち凹んでる
吠えすぎて喉はガラガラだ

生贄が必要だ
そうだ
今こそ人間を殺しにいこう

49 :ボトルネック*゚Д゚) ◆necK/fzEYA :2006/11/15(水) 00:14:57 ID:9zOa/y8r
「ベンガルさん何か大事なものを食べちゃったらしい」

あのよ
昨日俺が食ったあいつなんつったっけ

いやそいつじゃないよ
ホラあれ肉食ってたあいつ

俺らにちょっと似たとこあるんだけどさ
なんつうか影が薄い?みたいな

喉まで出かかってるんだけどなあ…ってそういう意味じゃないぞ
俺の喉見たって仕方ないだろうよ

ほら…基本は俺らなんだよ、シマシマとか。いたろ?
なんか得体の知れない鳥やら亀と一緒にいたじゃん、あのほら
白い…

50 :龍玉 ◆IVVTBUqDhU :2006/11/15(水) 00:25:27 ID:p/zxO/FN
 「 R D B 」

    r‐、_             _ィ-、
    |::::::::`ヽ、,_,ィー----一-、∠::::::ハ
    >,.''':::''"ソ,.彡'==tr==ミ:ヘ、'''"_,/
     "'ーァ ,. ;i'"_,,_=''ヘ=t=/''=_,_ i! {,  落ち着け、まぁ とりあえず話をしよう 
     、ミ゙'' ,i:' tー-、(:、   ノ--ァ'i, 'r
     ミ'" ,il゙  ゙'==';;7   〈=='  ゙! 彡  どうよ?最近
     ,「;;: i! `'ーノ ;:゙ :::::::::: ヘー'゙ i! 'ミ   
    ,.;' '─il-ヾ__,.--{^'ーv‐'^}-、_,⊥-─ 確かにな どんなにがんばったって報われない時もあるさ
    彡,--─===_: `゙'Y'´:.===‐--
     彡ノ, /'T''--一'^ー-ァヘ´⌒ヽ     でもよ だからといって危ない橋を渡るこたぁねぇやね
     彡'ミ゙  ヾヽ、/l;;;;;;;ハノ,:'  ,ミ`
      } ":シ:::.."ヽ,,__,,ノ`ミヾ`ヾヽ、      危ない橋といえばよ つり橋効果って知ってるか?
     /il  ゙:::::::::.:::::::::::::::::::::::::'''   ゙i:,`''ー-、
      } ゙i!                i:!    `ヽ、 恐怖のドキドキ感が 恋愛のドキドキと錯覚しちまうってー
     / 'i、                ,i:'      `''ー
                           信じらんねーけどよw  いや、だからさ

                    
                      撃つな 頼むっ   撃たないでっっ!!!!!  


51 :ゼッケン ◆ZkkenDgUE6 :2006/11/15(水) 07:37:55 ID:edkUdeQQ
「権利」1/2

きみがかしこくてイケテルのであれば
人の顔色をうかがってばかりいるようなぐずに関わってはいけない
同情するかもしれないからだ
同情はきみとぐずの両方を醜くする
きみがかしこくてイケテルのであれば、さらにかしこくてイケテル人間がいることを知っているはずだ
彼らから学びたまえ
ぐずから学んだところでしょせんはぐずにならずに済む程度だ
慈善事業は運良く余生を手に入れたならば行いたまえ
娯楽は最後に取っておきたまえ
きみはぐずに関わっているひまはないぞ、人生は短いということも分かっているはずだな
それにぐずは同情されればつけあげるぞ
同情と友情の区別さえつけられないのがぐずなのだ
ぐずがなぜぐずのままなのか
不運だからだ
つながるべきシナプスがつながらないのだ
しかし、それはきみの責任ではない
栄養の問題だ
不運にしてもしも、きみがぐずだという自覚があるならば
きみはこれから長く苦しむだろう 長く長く戦い続けねばならない
脳の回路を自分の手でつなぎ変えることはいまの医療では残念ながらできない
シナプスが自然につながる日が来るまで 恥を かき続けねばならない
しかも

52 :2/2 ◆ZkkenDgUE6 :2006/11/15(水) 07:38:37 ID:edkUdeQQ
きみがぐずでなくなる日が来たとしても
きみが光のない沼から這い出るために鳥肌を立ててもがいている間に
かしこくてイケテル彼らは制限速度なしのハイウェイでたゆまぬ努力を続けた結果、
彼らが現在為していることをきみが見るのは10年後の距離ほどきみと彼らは離れてしまっている
そこでぐずであったきみはひとつだけ、彼らが知らないことを知る
絶望だ
それでも死ぬのは最後にとっておきたまえ
せっかくぐずではなくなったのだ
ぐずでは楽しめない絶望というやつをじっくり味わいたまえ

狂乱したまえ

目が覚めたきみは
いまのきみはぐずではない、それだけであることを知っている
ぐずではなくなったきみにとってそれが喜びなどではあろうはずがない
屈辱だ
目が覚めたとき、きみの内部で冷たい怒りが炸裂する
怒りはすべてが内向する
それはけしてぐずであったときのように弱者には向かわなくなっている
強者となったきみ自身に向けられるのだ
祝いたまえよ、きみ
怒りの正体を自分自身で引き受けられるようになったのだから
痛みに咆哮を上げ、ハイウェイを走り始めたまえ
どうせ届きはしないが、強者であるきみにはそうする権利がある

53 :山羊 ◆enX68O/pGI :2006/11/15(水) 15:37:08 ID:tmDS5ydA
「産声」

基本はお天道さんと水と食いもんですわ
そんでええ子産みそうなええ女子おってやらしてくれたら
わしらそんだけで満足ですわ

だいたいは叶います

今も腹がくちいてなあ
産まれたての鹿はやっぱ美味いですな

あの鹿今わしの腹ん中で鳴いてますねん
産声がふつふつ気持ちええねん
明日には糞になっとんやけど
雨降ったらまた産声あげて溶けてくんやろな

今日はえらい気持ちええ日や

わしもう寝ますさかい
あんさんもあんさんの産声拾うていきなはれ

明日は糞してええ女子捕まえたるで
ほなおやすみな ぐおー

54 :長介ジュニア ◆kuJg2yitX6 :2006/11/15(水) 17:30:32 ID:0L/v2wEA
「老虎賦」 1/2

老いた虎は悲しい
目は見えず
鼻はきかず
だが腹がへると
野生は猛り立つのだ
すでに周囲に
生き物の気配はない
昨日まで
傷ついて逃れてきた
小さな生き物がいた
自分の腹に
やわらかい熱がもたれかかっていた
だが昨夜
あの紅い閃光のような時間がきて
自分の牙が血に濡れたのだ
もはやその生き物の肉も
口の中から消え去った
あれは もしかしたら
天使だったのだろうか

55 :2/2:2006/11/15(水) 17:31:27 ID:0L/v2wEA

妻も子もとおい昔
どこかへ行った
自分が喰らったのかもしれぬ
と考えると
それは間違いのない
事実だったようにも思えてくる
何もかも喰らってきたのだ
世界を喰らってきたのだ
そして老いて
喰らわれた世界の中心で
葉ずれの音と
自分だけが残った
それが
虎であるということだと
誰にともなくつぶやいてみる
遠くで 水の音がする
そろりそろり
水辺のほうへ
辿り着けなかった密林の夢を
見るために

56 :長介ジュニア ◆kuJg2yitX6 :2006/11/15(水) 17:37:07 ID:0L/v2wEA
>>54
野生→野性 に訂正 なんて初歩的なミスを…

57 :あばらや ◆61ynRipd12 :2006/11/15(水) 18:47:54 ID:CKF1Ef3B
「あの熱き輪をくぐり抜けて」

集中集中
次の次だぞ 集中しろ!俺!
失敗したら鞭で思いっきりシバかれるからな
たくさんの人間の目の前で
人間……マン……
この顎で容易く噛み砕く事のできる弱っちい生き物
この前肢の一振りで柔らかなレア肉に成り果てるそんな矮小な連中の目の前で
あれは痛いし 惨めだ
痛いし惨めだからな
よし ……行く!

アジッ!!アジジジジジッ!!!!アジッ落ち着けっ!落ち着けっ!けどられるなっ!
平気な顔を!平静を装え!

ちょwwww無理wwww毛、燃えてるしwwww消してくださいwwww
うはっwwwwお仕置きキタコレwwwwテライタスwwwwママンwwww

58 :cレール ◆n/ANJuS0Pg :2006/11/15(水) 22:01:19 ID:kbo0qCwQ
「白虎は波にさらわれる」

アユタヤで夢を見ていました。
女が「功徳を積むためこの身を食らって下さい」と私に迫るのです。
眩しい日の下、仏塔はいつもの様に揺らめいていました。
女は服を自ら引き裂き、草の上で寛いでいた私に襲いかかって来ました。
私に食らわれれば、命は聖なる物と変化し、輪廻の長い道を少しばかり
先回りができるものであると、そう信ずる者は後を絶ちません。
私は大きな欠伸をするとゆっくり女に歩み寄り、
右の前足で軽くなぶると女の顔は半分欠けて、肩から血潮が吹き出しました。
「早く。早く私を食らって下さい」身を捩らせて痛みと歓喜に悶える姿に、
私はこの上も無い嫌悪感を抱いたので、女を咥えて大きく振り回すと
川にそのまま放りました。川はみるみる水かさを増し、

59 :cレール ◆n/ANJuS0Pg :2006/11/15(水) 22:15:21 ID:kbo0qCwQ
女を飲み込むと根源の海へ、渦巻きながらうねって行きました。

私は訪れた平穏に、再び昼寝を続けようかと向きを変えた途端、
引いた川の高さが変わり、巨大な壁となって私を押し潰し押し込もうと迫り、
渦巻く巨大な水の向こうに微かに見える女の長い黒髪、欠けた半分の顔が笑って、
私の方に手を伸ばした瞬間白さに何もかにもが消え失せ、気がついて見れば
ここにいました。ここ?ここは寺院です。私は多くの兄弟たちと、やさしき僧たちの世話を受けて、
何等不自由のない暮らしをしています。私は特別色が白いのでしばしば都会から
物好きな人が私の姿を見に来ます。誰に牙を向ける必要もない、これこそが本当の
平穏でしょう。輪廻と輪廻の平行のまま私は来世も虎であり続けるのです。
光にも闇にも上にも下にも私は興味が無いのですから。

60 :不逞浪士 ◆HAYATOo7aM :2006/11/15(水) 22:24:46 ID:sXx+qVt9
「トラトラトラ」

昔、おじいちゃんが教えてくれた言葉の中にひとつだけ意味の分からないものがあった。
「トラトラトラ」の意味なんて「飼いならされたトラ」にゃわかるまい。
そういっておじいちゃんはこの世を去った。

僕は今、動物園でトラの「ぬいぐるみ」を来て檻の外にいる人間に牙を向けている。
本物同然の迫力で人間を威嚇し、その咆哮は全ての動物を従わせる。

しかし、僕には牙がない。生命の皮を突き破り、その肉を引きちぎり、口を朱に染めるような牙がない
所詮は「飼いならされたトラ」なのだ。
生死をかけてはいないのだ。そこは檻の中の野獣。自然の野獣には敵うまい。
そして僕は理解する。




「トラトラトラ」は「オラオラオラ」に見える。

61 :しん ◆SHIN46tkbs :2006/11/16(木) 00:09:30 ID:/sumsr/X
「交代」

竹がさわさわ鳴る晩に月が見え隠れした
思い出したように黄金の毛皮が鱗粉を振りまき
しかし黒い亀裂が痛々しい

僕は確かな営みがあった躯に刃をいれ
解体 一番汚くて 解体 一番美しい 解体
竹の静謐な香りが辺りを埋める
カルシウムとタンパク質に変わり果てた躯に
つかの間の口づけ

次 は 僕 が 虎 だ

62 :メタリック竹輪〔Remodeling〕 ◆FCwxSNTwx2 :2006/11/16(木) 10:00:13 ID:YfI3Eg8w

「エキセントリック・ブルー・ミシガン」


T
雲は鼻先から伸び 皮肉にも満月の晩に
雲の手は畔を撫で 湖を漂うだけ 掴み損ねた指先を砕いて水面に揺れる
意味を失い旅の理由を空中に探し
月に見立てた標的に 使い古した拳銃を指し向ける
八階バルコニーより銃弾を込めて零秒
見えるのは 月でもなければ雲でもないレイクミシガン

振り向けば壁 壁紙のリリィ 白いエッチングの花柄
銃口は壁の向こうに居るはずの檻に焦点を



63 :メタリック竹輪〔Remodeling〕 ◆FCwxSNTwx2 :2006/11/16(木) 10:04:37 ID:YfI3Eg8w

U
衣服を剥ぎ取って一秒
カーテン揺らめく黒い透け布オーガンジー
裾回りの襞が乱れ
憑け離された砂塵の飛び光
尾を引いて紋白蝶の刺繍が浮立つ最中
生立つ白い膝から踵まで
対角に構えるチェアーの窪みに
蹴りを入れるかの膨張と収縮を繰り返し
白い粉巻き散らし十一月の風に吹かれて


V
衣服を剥ぎ取って2秒
落ちている毛を採集する暇もなく
何時抜け落ちたか分からぬ毛を
誰が触れたか擦れ抜けたか知らぬ毛を
黒ずんだ毛と小金色が入り混じる毛の散乱を
取り繕うすべもなく

銃口は壁の向こうにあるはずの檻に焦点を




64 :メタリック竹輪〔Remodeling〕 ◆FCwxSNTwx2 :2006/11/16(木) 10:13:22 ID:YfI3Eg8w

W
衣服を剥ぎ取って3秒
鎖骨の辺りから噛み千切ぎる落下
投げ捨てるものの真価を針刺し摩擦
我を風に
風を水面の凍結前の厚みに
変容問われ 身もだえる

檻は定か目前過ぎて見えぬ
その隙間からなぶり出るかの沈みまた上昇

X
衣服を剥ぎ取って4秒
青い光に包まれ
青い青い光が血痕に揺れ 鱗雲の凄烈が牙を剥き
眼球だけになって漂う虎の目
瞼もなく笑う
目が何者とも問わぬまま

銃口は海の向こうにあるはずの檻に焦点を



65 :メタリック竹輪〔Remodeling〕 ◆FCwxSNTwx2 :2006/11/16(木) 10:18:11 ID:YfI3Eg8w

Y
衣服を剥ぎ取って五秒
湖に映る映る
そして煌めく粉ごなに


Z
さも意味が有りそうで無い企画報告書の末項を
反読し点け離された四角のブルーに視線でタイピングする

備考:改善案と虎の習性についての私的見解
交渉方法の問題では無いと思われます。
プレゼン中に決裁を仰げとするのも根回し有っての事と考えます。
そして私はそれに反発しておりましたが一利はあると納得は出来ました。ありがとうございます。
しかし指示通り動きましたが金の力はメランコリックさ、つまり違和感を私の中に産み付けただけでありました。
全く業務には関係ありませんが真実ですので連ねさせて頂きますが、滞在しているビジネスマンションの改
装施工に疑問を持ったので同行している通訳に責任者を調べあげさせ間接的口論となったのでらちあかず私
は八階から飛び下りました。決して自殺願望などみじんもない事は勿論、怪我をし下手をすると命を失う危
険なども考えることさえありませんでした。
足を折り腕も折れましたが粗末な基本理念から創成された建物から飛び下りても死んだりはしないと私は直
感で思ったのです。
私は空中に確な虎を見ました。眼球だけになっても虎は虎であることを身を持って悟りました。
それまでたったの五秒です。
結論から申し上げない報告書を書くのは初めてです。
魂宿る場所から飛び下りなければ私は死にません事を証明したのちに、私はミイラに近い姿で交渉に望み指
示通り動きませんでしたが仮契約書は手元にあります。
私は当分帰りません解雇でも減給でも始末書でもなんなりと受ける用意はあります。
ただ従うばかりの毎日に嫌気がさしておりますので怪我を口実にミシガンの側にいたいと望んでおります勝
手をお許し下さい。お前は甘いと仰るのは重々承知でございます。


66 :メタリック竹輪〔Remodeling〕 ◆FCwxSNTwx2 :2006/11/16(木) 10:23:48 ID:YfI3Eg8w

[
鼻先から伸びていった雲 奇遇にも目を細めればクレセント
私の手は畔を撫で 湖を漂うだけ 掴み損ねた指先を砕いて水面に揺れる
意味を失い旅の理由を空中に探し
日々に見立てた標的に 使い古した拳銃を指し向ける
八階バルコニーより銃弾を込めて獣を呼び覚まし
清らかな武装を投げ捨てる
見えるのは 月でもなければ雲でもないレイクミシガン





67 :斑太郎 ◆neKoJA7mag :2006/11/16(木) 20:43:26 ID:7zUBL8+z
[果てしない惰性]
もういいよ 今日は帰りな 野兎の親子
小骨が刺さって 歯茎とか 喉とか 痛えよ

「ああ、空が青いっすね」

竹林の七賢 ノソノソと列を作り歩き
ノンノンノン それは違う あれは機械仕掛けだ
ギシギシとキュラキャラと音を立てた

「ああ、キャタピラっすね」

「分け入っても 分け入っても 青い空」

「何も分け入っていない」

私は、自殺の入門書を読み
その手引きに従い 順序良く段取し

「私、死に向かいました。椰子の木をグルグルぐるぐる回りました。
 速度は空気を裂き、音を抜き、光りを曲げ、体が滑らかに伸び。
 全てが、重力と遠心力に混ざり。細胞が膨張と分裂を繰り返し。」

「私は、バターになり。黒人の子供の母親にパンケーキにされ。
 今は、こうして青空ばかりを眺めています。」

「あの時に私は、死んでいたのかもしれないと。今も思ふのであります。」


68 :アルペジオ ◆UfM5Clgw1I :2006/11/16(木) 21:18:28 ID:OltlMa7b
「Vorspiel」


たすけてつかあさい、

あいつのためなら、
わし、なんでもしますけん、

おねがいします、
たすけてつかあさいや…

(とう、とうちゃん)

あいつのこと、
たすけてつかあさい、

なんなら、
わしをつれていってつかあさい、

どげなことでもしますけん、
大事な、大事なあいつを、
たすけてやってつかあさい、

息子を、
死なせんでつかあさい、

たすけてやってつかあさいや。

69 :名前はいらない:2006/11/17(金) 00:57:15 ID:pwIaHGHs


70 :◆FCXRNaWgHs :2006/11/17(金) 03:35:49 ID:s8BusAbM
燦月記1/2

野生の虎でございます
私、とても飢えております
もはや生きるか死ぬかの極限状態で
最大の宿敵、ライオンすらも食の守備範囲に入ってきたのです

空には何もないので(鳥はなかなか捕まえられません)
普段はあまり見上げませんが
その時は何故か、見てしまったのでございます
空に浮かんでいたのは、まるで月のようなライオンでした
いえ、月だったのかも、いや月だったのでしょう
しかしその時はそう見えたのです
私は、走りました
あまり、その感覚もありませんでしたが
力の限り走りました
月のようなライオンは、私に恐れをなして逃げていきます
しめた、と思い、更に速度を速めます
空腹も激しくなっていくので、私は焦っておりました

71 :◆FCXRNaWgHs :2006/11/17(金) 03:36:39 ID:s8BusAbM
燦月記2/2

そして、ついに彼を追い詰めました
彼は私を心底恐れているのでしょう、ゆらゆらと震えていました
にらみ合いのあとで、ついに襲い掛かりました

ざぶん。

その音で、私は少しだけ理解致しました
それは、ここは水の中だ、ということだけでした
やがて水中から抜け出すと
空には紛れもなく月が浮かんでおりました
丸い。
なんだか、転がしてみたくなってきたのは、何故だろう? と思い
そういえば、妙に顔のまわりがさわさわしているな、と気づいて
ひょい、と水面に顔を映すと

私は、例の月のようなライオンになっておりました

72 :穢土 ◆34law0hz56 :2006/11/19(日) 00:19:00 ID:mrErNElP
【吾輩は虎である】
平均寿命80歳くらい、、、そんなに生きてどないすんねん。暗い帰り道の登り階段の割目に
見付けた雑草、、、微かな微笑で足が動き、微かな光に誘われてネオン街を彷徨う。顔が良く
たって落ち度を補えなければ、付いているものは同じだ。まんことちんぽが繋がって微かな
倦怠感から救われ微かな手がかりが生まれていく。遠くの土地で砲弾が飛び交おうが、お構
いなしに、眠い眼を擦りながら歩いていく。光が眩しいわけじゃなく、何となく。何となく
生きていく。リアルなのは金がないとやっていけず、誰にも相手にされない。力が力と衝突
することもなく、何やら不気味なジョークに苛まれ、揺すり笑顔だけで凌ぎを削り、晩飯は
拙かろうが美味かろうがどうでもいいわけじゃなしに、どうでもよく、、、衝動は原始的な衝
動が何やら不気味で、、、それは我輩にも具備されているもののようだけども、それについて
考えたこともなく、昨今の煩わしいニュースも二本足特有の奇怪な現象で、思い切って翼を
生やして南洋に飛べばいいものを、微かな幻想だけを手がかりに、当て所のない灰色の道を
歩いている。我輩ならストレートに歩いていくものを、二本足はどうにも不自由で、、、、そり
ゃ我輩の仲間も不自由には違いないけれど、思考というものが抑制を働かしたりして何だか
とっても窮屈だ。強かろうが弱かろうが淘汰されるものは淘汰され、ギリギリの境を生きる
のと違って、グレーゾーンの狭間で浮遊し続けることに甘い誘惑を感じる。それは一種の進
歩なのだろうけども、統一されたルールもなく只、その中で沈殿させつつ発酵してゆく液体のよ
うに、嘘の世界で酔うような、、、それも美酒には程遠いのだが、それが又格別なカタルシス


73 :穢土 ◆34law0hz56 :2006/11/19(日) 00:20:27 ID:mrErNElP
を得させるらしい。何事もピュアでいることの持続力は中々維持できないけれども、我輩か
ら云わせて貰えば、何ともそれその世界で生きていくだけで幸福に思えるし、甘えているな
とも思う。何も、死を意識しろとは云わねども、死の隠された世界の先に見える風景は、我
輩の世界とは違って、人工的だ。手と手を繋ぐことも出来ない我輩と違い、二本足は繋がる
ことで切り拓くことのできる牙を持っている。隣国で核実験が行なわれようが、パレスチナ
で子供が死のうが、東南アジアで大地震が起きようが、渋谷の街は人通りが絶えない。眼も
眩むような世界があるわけでもなく、つるつるてんの欲望のままに、街道を伝い歩き、排泄
されるものは不逞の口臭で、資本主義に最も素直で純粋に輝いてる一つの塊だ。空を拝むこ
とも海を舐めることもせずに、金銀の擦れ合う音だけで生きていけるのだから、何も欲張っ
たこともせずに、俄雨に小便を返すような、、、そんな生活もいいと思うけど、どうにもこう
にもそんな諧謔もなく、只、リビドーと排泄に酔うた猿芝居の舞台を見ているようで、、、、実
際、死をかけた催しものがあるわけでもなく、死をかけた美があるわけでもない。敬遠され
るのが落ちならば、何も生きる必要などないと思うのだが、頭がデカイわりに欲望は素直じ
ゃなく肥大化して、隣人のことも考えず、浸すらKnowYourRightsと叫んでみた処でちゃん
ちゃら可笑しいよ。まあそんな二本足だから観察甲斐があるのである。吾輩は虎である。よ
ってに成すこと思考というものとは程遠い。夕焼けは二本足か四本足か、、、そんなこともど
うでもよく、只、人間を食べてみたい。


74 :ゼッケン ◆ZkkenDgUE6 :2006/11/19(日) 07:46:01 ID:y0wXbw8H
私、生まれも育ちも葛飾柴又です、帝釈天で産湯をつかい、姓は車、名は寅次郎、人呼んで、フーテンの寅と発します。

The birth, growth, and I are Katsushika Shibamata, and the car and ..family name.. name originate with the Tiger of Futen by using baby's first bath by the emperor explaining heaven Toragerou and person Yo.

そして出生、成長、およびIが柴又葛飾と、車である。姓天国Toragerouと人のYoについて説明する皇帝で赤ん坊の最初の風呂を使用することによって、名前はFutenのタイガーの発案です。


75 :まんこ将軍 ◆UQRl.WeFEk :2006/11/19(日) 23:20:06 ID:NOCWhJ73
では〆切です。

>>48-74

以上がエントリー作品。



76 :まんこ将軍 ◆UQRl.WeFEk :2006/11/19(日) 23:43:00 ID:NOCWhJ73
突然ではありますが、このスレの1の虎さんはまだいらっしゃるでしょうか。
もし見てくれていたら伝言させてください。
勝手なお願いではありますが、>>48-74までスレタイに沿った「虎」に関する作品が
並んでおります。(>69は除く)
この中で気に入ったものを指摘していただきたいのですがいかがでしょうか。
審査とか評価ではなく虎さんの気に入ったもの、を挙げてくださるだけで充分であります。
なければなかったで構いませんし、複数でも構いません。
どうかこの板唯一の虎のスレをお立てになった虎さんのご趣味で選んでいただければ幸いです。
突然の勝手な申し出、恐縮ではありますが、何卒ご協力いただきたいとお願いするしだいでございます。
なお、私の卑猥なHNにお気を悪くされたら申し訳ありません。
草々。

77 :しん ◆SHIN46tkbs :2006/11/25(土) 01:03:54 ID:tM4dlIG4
面白い 玉こん氏
俺的虎 にぃちぇ氏
良い! 斑太郎氏

最終的に優勝者は長介ジュニア氏です

78 :まんこ将軍 ◆UQRl.WeFEk :2006/11/25(土) 01:11:35 ID:m9ffJSnB
キタ━━━ヽ(゚∀゚)ノ━( ゚∀)ノ━(  ゚)ノ━ヽ(  )ノ━ヽ(゚  )━ヽ(∀゚ )ノ━ヽ(゚∀゚)ノ━━━!

>>77
しん氏、迅速な審査、まことにありがとうございます。
この息の合ったコンビネーションプレイが現在のバレー日本代表男子には欠けているところなのかもしれません。
そんなわけで見事第四関門をトップ通過したのは長介ジュニア選手!
副賞としまして大塚製薬よりオロナミンC一年分が贈呈されます。
なお、第五関門の告知はこのスレでいずれ発表しますので興味のある方はお気に入りにでもいれといてください。
by まんこ将軍。


79 :長介ジュニア ◆kuJg2yitX6 :2006/11/25(土) 10:22:01 ID:7uTpHF2z
有り難うござる、しん殿。シャレのきいてない作品を評価していただいて感謝感激でござる。

いま家にオロナミンCの箱がどかどか届いたでござる。
どうしろというのでござるか、これを。オロナミンセーキは不味いでござるよ。
これもポエヨークの試練というものでござろうか。

拙者は斑氏の作品が好きでござった。レベル高かったでござるなー。

80 :まんこ将軍 ◆UQRl.WeFEk :2006/11/26(日) 03:58:20 ID:eI7GUDsJ
総評。

非常に作品の粒が揃った美しき大会であった。
>>48のにいちぇ氏はスピードを見せ付けたいだけのように思うが、携帯からいつも投稿している>>49
ボトルネック氏の方が実際は速いのではないだろうか。しかしこの作品は出典がわからないと楽しめない。
実は今も私はよくわかってない。シマシマで鳥と亀と一緒で肉食ってて白い奴って誰だろう。
>>50の龍玉氏も素晴らしい瞬発力である。こんな虎のAAをしっかりストックしていて、即座に探し出せる
というだけで驚愕モノだ。しかもこれまたタイトルが私にはわからない。無知とは時に恨めしい。
>51-52のゼッケン氏は数あるゼッケン節のひとつをストレートにぶつけてきた。虎が虎に対してアドバイス
してるのかどうか微妙なところだが、どうも龍玉氏と同様、にいちぇ氏に対する返歌のように読めるところも
また奥が深い。まさにポエム板最下層にあった虎穴である。
>>53の山羊氏の作は今回最も虎の気持ちに成りきっているリアリティが群を抜いている。「わしら」という単語
ひとつで「個性」などを主張したがる人間という種に対する皮肉にも読める。食物連鎖の残酷さを感じさせない
この虎の述懐は「自然」というものの本質なのかもしれない。ぐおー、がいびきになってるところがまさに本質。
>54-55の長介ブッシュジュニア氏は毎度のことながら安定度抜群である。その安定感が内容にも滲み出ていて
自分を客観視しつつある賢者の虎といった印象。老いや枯れゆく黄昏よりも私は悟りをこの作品に見る。
>>57のあばらや氏は文句なし、だ。コントとして一級品であり、コントが詩よりも偉いと思ってる私的にはつまり
文芸として一級品である。起承転結の結の部分で2ちゃん用語で一気に笑いにもっていく技術。
>58-59のcレール氏の出典がわかってホッとしている私なのだが、これは仏教の経典に出てくるお話を元にしている。
確か法隆寺の玉虫厨子かなんかにこの絵が描かれていますね。それよりもオチがなかなか深く味わい深い。
仏典話だけに輪廻転生が語られるが、解脱に興味を無くすことが本物の平穏、という高度な思想が開帳されている。
>>60の不逞浪士氏の作が私が選ぶとしたら一等賞であった。本物の虎の気分とかからは逸脱しているが、そんな
(つづく)

81 :まんこ将軍 ◆UQRl.WeFEk :2006/11/26(日) 04:00:12 ID:eI7GUDsJ
(つづき)
お題に付属したルールに囚われすぎるほど私の頭も堅くない。トラトラトラ我レ奇襲ニ成功セリ。石川セリ。
ABCD包囲網やハルノートの如き暴力団の不正なゆすりたかりを突きつけられて、はい、すみません、などと
ヤクザに財布を手渡す軟弱会社員のようには、日本人が苦労に苦労を重ねて当時の正攻法で獲得した満州を
易々と手放せるわけなどなかろう。どうせ殺されるならせめて一太刀、という気概がこの作中の「おじいちゃん」
の世代にはあった。もちろん全員に均一とは言わないが確実に集合的無意識として日本人の中に存在した
ものであり、それは歴史的に見ても突然変異などではなくまともな人類であればどの時代にもどの種族にも
見られる普遍的な気概であろう。そしてこの作中の主人公も思索を通して理解する。ここで使われている数々の
比喩を政治的言語に翻訳することは容易いが私はしない。一級の文芸とは世俗的な言語への翻訳を拒否する
のであって、もちろんこの作品にも翻訳できない部分にこそ文芸としてこのテーマを扱う必然性、そして実社会から
こぼれ落ちたものを拾おうとする意志が私にはしかと感じ取れたからである。トラトラトラは単なる奇襲成功の
モールス信号などではない。「オラオラオラ!」という人が命を賭ける時の雄叫びなのだ。史実としてはその前の
ニイタカヤマノボレが解読されてしまっていて真珠湾の空母がすべて逃げていて、戦艦アリゾナくらいしか沈める
ことはできなかったとか、そんなことはどうでもいい。ヤクザ者の理不尽にへこへこせずに97式艦攻と99式艦爆が
赤城や加賀といった我が国の誇る空母から飛び立ち、500キロ爆弾を軍事施設限定でピンポイントに命中させる。
現代のような自動制御装置もない中で練習に練習を重ねてしっかりと目標物に爆弾や魚雷をぶち込むことのできた
日本人パイロットの世界最高峰の操縦技術。私は今まさに「オラオラオラ!」という気分で蛇足を長々と書いている
わけだが、これだけ酔わせてくれる作品というものにめぐり合えた喜びを素直に表しているつもりである。
>>61のしん氏の作品はこれまたたくましい気概を見せ付けてくれる優れた小品であった。虎の威(衣)を借りようとする
話ではないことは読めばわかる。虎というものを徹底的に象徴として扱う作者及び語り手の目線が、
(つづく)

82 :まんこ将軍 ◆UQRl.WeFEk :2006/11/26(日) 04:01:38 ID:eI7GUDsJ
(つづき)
冷酷なようでいて実は温かく感じるのは描写のターゲットが風景ではなく気概そのものだからだ。
>62-66のメタリック竹輪氏は明らかにお題など無視して書き始めている。無理矢理途中で思い出して、
というかイタズラ心で檻とか牙とか虎とか付け足して作者の頭に浮かんだ漠然としたストーリーの中に
ばら撒いてるいい加減さがこれまた毎度のことながら素敵だ。ミシガン湖の近くの動物園の話とかじゃ
ないから、これ。虎、関係ないから、これ。でも仕事での苛立ちみたいなものを即興でなんとなくお話に
仕立て上げることの出来る技術にはまったくもっていつもながら恐れ入谷の鬼子母神。背中まで45分の
逆を行く時間経過も読んでて楽しい。しかし月出しちゃ山月記とか透けて見えちゃうからそこはいらないかも。
>>67の斑点太郎氏も竹林図の水墨画とちびくろサンボのイメージの下に縦横無尽に良い意味でのでっちあげ。
最後の台詞部分が芥川龍之介調なのも楽しい。このへんのクラスの人は遊ぶ技術に長けていて何読んでも
何かしら楽しませてくれる。関係ないが空気読めないスレの栗ネズミが人間に「かわいくねー」とかいうのも凄く
良かった。もう、この化け猫とか玉蒟蒻とか絶対値研究会略して絶研とかホワイトスネイク初期に在籍した
ボトルネック奏法のギタリストミッキー・ムーディなどには、私は単に遊び場を提供しているだけである。
>>68のスリーフィンガーアルペジオ氏も変幻自在である。いきなりVorspielの意味がわからないのだが、調べるの
めんどくさいから別にそのままにしておく。「つかあさい」の音とリズムと反復で勝負。上手い、とだけ言っておく。
>70-71の「し」氏も余裕の筆捌き。これはそのまま山月記ネタとイソップ童話を融合し、軽々とオチまで運んでいく。
しかしオチのいささかの不鮮明さが逆にポエジーをかもし出してしまうところは、作者の真骨頂のような気がする。
>72-73の穢土氏は中島敦で来るなら俺は夏目漱石だ、と言わんばかりの直球動物目線モノ。前半いきなり「まんこ」と
「ちんぽ」の単語の使い方が甘い、というか、無理がある。まんこを書かせたら町内一を誇る私から見れば、その
引っかかりとは「照れ」だ。照れると余分にいやらしくなるので注意しよう。しかしその後のこの虎の独り言は社会風刺を
(つづく)

83 :まんこ将軍 ◆UQRl.WeFEk :2006/11/26(日) 04:05:14 ID:eI7GUDsJ
(つづき)
軸に文明批判を饒舌に展開しながらも青臭くなく、それは一種の筆の勢いというものを作者が
体得しているからであり、非常にユーモラスで読みやすい。最後の「夕焼けは二本足か四本足か」
でドキリとさせられる結論と哀切、そしてそれをさらに「どうでもよく」とぼかす手際は一級品だ。
>>74の再度登場ゼッケン氏のアイデアは素直に笑える。もっと完成した翻訳機ができるのはいつ
になるのだろう、羽生善治がコンピューターソフトに負ける日とどっちが近いだろうか、などと考え
させられる作品でもある。トラゲロウとかトラジェロウって誰だYoみたいな。笠智衆が住職のお寺が
いつのまにか皇帝になってるところにも眩暈を感じる。

>>79
はい、昨日のうちに素早く発送しておきました。
実はCレール選手からお歳暮が届きまして、それがCつながりでオロナミンCとデカビタCとCCレモンと
CCガールズの写真集それぞれ一年分だったので部屋がボール箱で埋まっておりました。
邪魔でしょうがないのでそのうちの一セットを転送させていただいた、というしだいです。

というわけで私的には今回のアンデパンダン展で気に入ったものは不逞浪士 ◆HAYATOo7aMの
「トラトラトラ/MAX」でした。
次の開催予定は先になると思いますのでぜひとも他の方々もご自分のお気に入りや感想などを
披露し合ったりして楽しく御歓談しててください。飛び入り感想も大歓迎です。
それではしばしの休憩タイム。
カリフォルニア州スタンフォードよりお送りしました。by まんこ将軍。


84 :あばらや ◆61ynRipd12 :2006/11/26(日) 07:53:16 ID:YwbUk9hb
しんさん、まんこ将軍、審査&評ありがとう&お疲れ様でございます。
褒めモードの将軍様でホッとしました。
「LOVE」の出来がそれほど悪くなかった、という事でしょうか。



85 :不逞浪士 ◆HAYATOo7aM :2006/11/26(日) 09:44:17 ID:qGtTupWW
>>83
キタ━━━━━━\(゚∀゚)/━━━━━━ !!!!!
将軍様直々のお褒めの言葉、光栄でございます。評文が楽しくて顔がにやけておりますww
正直、もっそい予想GUYなわけでして、驚いております。ありがとうございます。
しん氏も評価お疲れ様でした。

次回開催まで潜伏しております。牙を研ぎながら。
それでは追われてる身ゆえにて、失礼つかまつる。とぉ!


86 :ゼッケン ◆ZkkenDgUE6 :2006/11/26(日) 11:31:42 ID:K8YC5aqI
あばらやさんの(>>57)で虎が「人間……マン……」とつぶやく場面が好きです。
ふ、と遠い目になったんだろうなあ、と思って。

87 :cレール ◆n/ANJuS0Pg :2006/11/26(日) 23:50:17 ID:tdSWJieE
選者のしんさん、評の将軍様、ありがとうございました。

虎と言えばタイランドだなあと、あとちょうど2mの津波がですね、
来る、来ない、来る、来ない、どっちなんだーっと言ってるリアルタイムに
ニュースヘッドラインと携帯で行き来しながら書いた物です。


元の元は将軍おおせの通り、仏教説話ですがどちらかと言うと
だいぶ前に読んだ春日武彦氏の本(「屋根裏に誰かいるんですよ」か他か)に紹介された、
聖贄信仰に取り付かれてクマ牧場に身を投げて自殺したケースの方が頭にあったかも知れません。
いや、彼ら、轡はめられて人間に可愛らしくちょうだいちょうだいするけど
その人間がぽーんと身を投げたら「あ!食べいいの?」とばかり
ためらいもなく食うんだなあと。


個人的にはわたしも白くてシマシマな奴が気になるんですが・・・
ボトルネックさん教えて下さい・・・。

88 :名前はいらない:2006/11/27(月) 00:14:04 ID:gUHHdKsv
基本は俺ら で 白い → 白虎
得体の知れない鳥   → 朱雀
得体の知れない亀   → 玄武                              カナ?

89 :まんこ将軍 ◆UQRl.WeFEk :2006/11/27(月) 01:03:07 ID:c5DBk+eo
>>84
確かに土曜日にHMV行ってねぇ。そしたらトリプルスタンプデイでねぇ。
ついね、目的のブツ以外にも大量購入して音楽三昧の週末、お元気ですか、あべ静江です。

「ビートルズについて」

最初ね、ワクワクして聴き始めたわけです。だんだん冷めてきて途中で寝た、というのが一度目。
二度目で全曲聴き終わって今私が思うのは、これはサーカスの劇伴奏としては水準以上かなという印象。
オリジナルのマジックにマジックを重ねてもオリジナルを上回ることはできないと確認した次第。
だったらジョージマーチンの息子なんかじゃなくヒップホップ系のサンプリング専門家にやらせた方が
まったく別の位相に持っていくことが出来たと思う。初出音源はストロベリーフィールズの何小節しか
入ってないし、新たにダビングされたジョージマーチンのストリングスも感覚古くてぶち壊し。
そもそもクラシック畑のジョージマーチンが書くスコアは弦というとクラシカルな重厚さとか根拠のない
貫禄とかしか目指していないわけで、フィラデルフィアソウルのような雲の上まで軽々と駆け上っていく
ような美しさとは無縁。ポールがマーチンを仰いでクラシックコンプレックスを未だに引きずっているのも
実体なきビートルズにとっては悪い方向のような気もする。フィルスペクターの弦使いの方が私は好きだし、
これは今回の前のレットイットビーネイキッドが大して面白くなかったことと根を同じにする問題。
しかし収穫というか聴き所はある。それはリンゴのドラムのフィルインが全編に渡って大きな音量で何度も
何パターンもまとめて聴けるところだ。リンゴのドラム捌きを聴くとリンゴこそがビートルズの音を作っていた
という私の持論を裏付ける。初期以外は三人のソロミュージシャンのオムニバスみたいなアルバム作りなのに、
なぜかビートルズの音として統一感があるのはひとえにリンゴの天才的ドラムが変わらないからだ。
てなわけで予想通りでもあるがこの新譜はマニア向け。アンソロジーもネイキッドもそうだったけどマニア以外は
買っても面白くないと思う。特に入門者は絶対オリジナルから入るべし。


90 :まんこ将軍 ◆UQRl.WeFEk :2006/11/27(月) 01:18:48 ID:c5DBk+eo
>>85
不埒浪士氏、私はそれぞれの作品を鬼のように何度も読んでから選ぶので魂こもってます。
その魂の熱が感想文と批評を隔てる分岐点なのですが、続きはたぶん要求スレッド。
>>86
いい。この熱のなさ。やはり低温。もうゼッケン改造計画はあきらめた。
>>87
はい。ビートたけしが昔よく話してたけどワニの飼育係が何十年も育ててて
エサやる時とか確実に顔だか匂いだかも覚えてるはずなのに、ちょっとでも
隙を見せるとその飼育係を食おうとするそうです。
自然は素晴らしいとか深く考えもせずに言っちゃう人って、あまり自然を観察
したことないんだと思います。
こちらからのお歳暮はま○こしかないので送りません。
>>88
なるほど。道教とか陰陽道でいう方角を司る動物だったのかあ。
だとすると青龍が出てこないな。別にいいか。ごめん。

91 :メタリック竹輪〔Remodeling〕 ◆FCwxSNTwx2 :2006/11/27(月) 01:35:30 ID:Fg0iE0nK
>>82

 虎に成りきって虎の気持を書く行為自体己が虎では無いことを証明するのである
 へたげに虎になり書こうとしている行為自体がお題を無視している証拠で熟考なされていないだろう

 お め ー ら 人 間 や め た ん か い ?
 俺は虎じゃないから虎を思うことが出来るんだな
 とか 常に裏をかく(書く)立ち位置にいたいと思う次第であります
 お題を見てつかさず反抗を試みた俺にも丁寧な評価をありがとうございます
 思いもよりませんでお疲れ様でした

 追伸「エキセントリック・ブルー・ミシガン」未完成のまま連投制限食らって仕事しながら追投忘れました
 俺は前世虎に生まれた記憶もございませんがお題は無視してませんですよ
 完成品は某所にアプということで
 それでは 



92 :まんこ将軍 ◆UQRl.WeFEk :2006/11/27(月) 01:52:27 ID:c5DBk+eo
>>91
もっと暴れろ。竹輪先生の場合はお題は常に無視してください。

93 :◆FCXRNaWgHs :2006/11/27(月) 01:53:52 ID:dDOIZkMK
虎と聞いて山月記ネタしか思いつかなかった……
将軍様評ありがとう

94 :メタリック竹輪〔Remodeling〕 ◆FCwxSNTwx2 :2006/11/27(月) 02:01:06 ID:Fg0iE0nK
>>92

 即興命だよな
 お題に向き合うと相反するものが書けたりする
 お題あり表現に相対する従順さはやはり不必要だろなと
 無視したかの如くな深さと突っ込み様が最近のマイブームなのじゃ 笑
 


95 :まんこ将軍 ◆UQRl.WeFEk :2006/11/27(月) 02:04:57 ID:c5DBk+eo
>>93
絶対誰かひとりは書くとは思った。しかし「し」氏の作品はパロディに終わっていない。
何を書いてもオリジナルという域にまですでに達している。

そういう人しかこの第四関門まで残らなかったというのもまた確かなことだ。
突然だが第五関門では読んでもらいたい人グランプリでナンバーワン人気の藪鳩氏にお願いしようと思う。
ブッシュピジョン氏の出没するスレッドを誰か教えてくれたまえ。


96 :まんこ将軍 ◆UQRl.WeFEk :2006/11/27(月) 02:13:03 ID:c5DBk+eo
>>94
ちと、竹輪先生は別格者が集うこのクイズでも更に別格なのでね、評書くのめんどくさい。
しかし私の詩にAA付けてくれてありがたう。がるるるる。

てなわけで私に別格者扱いされたい人は第五関門にふるって挑戦しなさい。
別格=キチガイという称号で構わないのであれば。

97 :長介ジュニア ◆kuJg2yitX6 :2006/11/27(月) 02:16:10 ID:Lbm01bUM
>>95
おお。ついに藪鳩氏に…。
鳩殿の巣は、「シューシュー鳴る」でござる。

98 :メタリック竹輪〔Remodeling〕 ◆FCwxSNTwx2 :2006/11/27(月) 02:30:13 ID:Fg0iE0nK
>>96
 
 文章好んで書くやつめらに順応 正気でまともなやつ知らないよ
 キチガイとはまともだと言うことか
 つか
 お題 ラブレターにしてくれ
 むしょうに恥系の表現がしたい今日この頃 うにゃ

99 :まんこ将軍 ◆UQRl.WeFEk :2006/11/27(月) 02:42:49 ID:c5DBk+eo
>>97
もうね、コントロール+Fという高度な裏技を会得しているので早速お願いに伺ってきた。
こういうのいちいち書きたくないけど速読で下見済み。時々ageてるスレみたい。
教えてくれてありがたう。がるるるる。
>>98
なんだそりゃ。お題の決定権はバスジャック犯の中学三年生であるところの私にあるのだ。
ラブレターものが書きたいのならお題から無理矢理でっちあげることはそなたの腕なら容易いはずだ。
がるるるる。

100 :メタリック竹輪〔Remodeling〕 ◆FCwxSNTwx2 :2006/11/27(月) 02:49:04 ID:Fg0iE0nK
>>99
 
 お題なんか無視するからいい!
 そぉゆぅお題
 結構苦手分野なんだろ
 図星だろー
 みんなどんなの書くのか興味ありありなだけじゃん
 


101 :まんこ将軍 ◆UQRl.WeFEk :2006/11/27(月) 02:57:31 ID:c5DBk+eo
>>100
苦手どころか今までまともに書いたことねーもん。
そんな手紙書かなくても上手くいくときは上手くいくのだよ。

つか、山羊とか穢土とか見ないな。
脱落なら脱落を宣言すべし。
新たに加わりたい奴は参加を宣言すべし。
ポエヨークへの条件はそれだけだ。


102 :長介ジュニア ◆kuJg2yitX6 :2006/11/27(月) 03:21:42 ID:Lbm01bUM
うう ただいま修羅場の徹夜中でござる…。
このまま永遠に朝が来ないのではあるまいか…。

今日の朝から2〜3日、休暇を取って寝込む予定でござる。
脱落する気はナッシングでござるが、多少応答が間遠くなるでござる。
ご了承をお願いするでござるよ。

103 :メタリック竹輪〔Remodeling〕 ◆FCwxSNTwx2 :2006/11/27(月) 03:36:23 ID:Fg0iE0nK
>>102
 徹夜で仕事しながらここ覗いているのは同じですね
 結構気分転換になりますね俺は


104 :まんこ将軍 ◆UQRl.WeFEk :2006/11/27(月) 03:40:29 ID:nyQ9i6s1
>>102
そうだろうと思って先手打って特別扱いにしておきました。
十作超えても長介氏と穢土氏が書き終わるまで〆切延長です。

さあ次は暗い虎穴からシューシューと煙吹き出る活火山へ民族大移動だ。
虎の詩に関する話題はあくまでもこのスレで引き続きどうぞよろしく。
by まんこ将軍。


105 :長介ジュニア ◆kuJg2yitX6 :2006/11/27(月) 07:14:07 ID:Lbm01bUM
>>103
御同輩、お互い銭を稼ぐのは大変でござるのう。

やっと長い夜が明けたでござる。皆様と入れかわりでお休みなさい、でござるの巻でござる。

106 :名前はいらない:2006/11/27(月) 08:25:43 ID:WDmPuaOp
からから♪

107 :山羊 ◆enX68O/pGI :2006/11/27(月) 18:38:12 ID:bzMVXNba
しんさん、審査ありがとう!
で、もうバスにはいないのか
また来いよー!

まんこ将軍、評ありがとうございます!
俺は虎、と思うと食い物と女の事しか浮かびませんでした(笑

108 :アルペジオ ◆UfM5Clgw1I :2006/11/27(月) 20:40:49 ID:k7SWI3CC
しんさん、将軍様、
審査・評 有難う御座います。

(トラのことを考えていたのに
何故かいつの間にか獅子になってしまったのは秘密です。
何故ライオンと虎が入れ替わってしまったのか……orz)

109 :あばらや ◆61ynRipd12 :2006/11/27(月) 21:14:15 ID:ghYmPkP4
>>86
“この地上に前人未到の場所など残っているだろうか?”
というわけでその部分はぶっちゃけパクリです。
あしからず。
>>89
アルバム「LOVE」は「REAL LOVE」一曲も超えちゃあいねぇ、って事でいいっすか?
まんこ将軍はアレンジを特に愛でるタイプのようで。
グレンミラーとか好きなのかな〜って思ったり。
(低温さん風味)



110 : ◆LeafL/oiO. :2006/11/28(火) 12:30:15 ID:Yohcj2bm
[虎が]

複雑な狭間をやられたら
脳天にミクロ単位の虎がやってくる
清流を捏ね
今さらに魂なんか救われるのかと
ゆらゆらと笑われた
紺碧の夜
襲いかかれ しがらみに


111 :穢土 ◆34law0hz56 :2006/11/28(火) 23:49:43 ID:vRz8qFfJ
しんさん OK♪
狂聖有難う♪
長介さん おめでとう♪
※実は夏目漱石の“吾輩は猫である”を読んだことありません。三四郎がすきですね

112 :まんこ将軍 ◆UQRl.WeFEk :2006/11/29(水) 00:57:20 ID:Kbsz7pEv
>>106
がらがらへび。
>>107
虎とまんこと食い物と女という歌もあることだから間違いではないでしょう。
>>108
虎もライオンも同じ猫科ですから間違いではないでしょう。
>>109
リアルラブやフリーアズアバードは素晴らしかったですね。つまりジェフリンは偉い、と。
アレンジは「特に」とまで言い過ぎることは控えておりますが、実際私も音楽の芸歴長いんでぇ、
実際やっててわかることもあってぇ、それは作曲よりもアレンジの方が難しいということでぇ、
事実「いい曲」というのはメロディラインよりもアレンジが凄いことが多くてぇ、というか、
メロディラインなんてビートルズを例に出しても音符だけ見ればそれ以前からあるありふれた音列
なんでぇ、むしろその音列にぶつけるコード進行が新しかったわけでぇ、それはすなわちアレンジ
であるわけでぇ、作曲は誰にでもできるけどアレンジはそうはいかないという事くらいは言っても
罰は当たらないと思うんでぇ、それ考えると逆にイエスタデイなんかはクラシック臭い弦が入ってる
から音楽の教科書に載ってロックわかんない奴も認めるような事態もあったと思うんでぇ、あれが
ただのアコギだけだったらケルト臭いフォークで終わってたかもしんないんでぇ、やっぱりジョージ
マーチンの力大きいわけでぇ、好きな例としてはインマイライフのバロック調のピアノとかでぇ、
あれもジョージマーチンなんだけどどーも弦の使い方は上手くないような気がしててぇ、そのことは
アデイインザライフの弦のアイデアはマーチンじゃなくてビートルズ自身ということにも繋がっててぇ、
つまり私はグレンミラー大好きです。アドリブないからジャズとは思わないけどアレンジは絶品。


113 :まんこ将軍 ◆UQRl.WeFEk :2006/11/29(水) 01:09:52 ID:Kbsz7pEv
>>110
もう審査終わって次行ってんのに虎の詩がポツンと置かれてるところがいい。
>>111
だから狂聖ってなんなんだよ、と。確かに頭の狂い方なら誰にも負けないけどよ。

ところで今や、ここは虎とビートルズを語るスレになりました。
虎に関する詩や話題はもちろん、ビートルズやグレンミラー楽団に関する質問も受付中。
by まんこ将軍。


114 :まんこ将軍 ◆UQRl.WeFEk :2006/11/29(水) 02:19:16 ID:Kbsz7pEv
私の好きなジョン・レノンの名言を二つほど紹介するコーナー。

「ビートルズはキリストよりも今や有名だ」

「ビートルズの人気なんてグレンミラーの全盛期と較べれば大したことない」



115 : ◆LeafL/oiO. :2006/12/01(金) 12:57:57 ID:7XMLTioc
>>113 ありがとうございます。

116 :まんこ将軍 ◆UQRl.WeFEk :2006/12/02(土) 00:26:43 ID:2PWOHdM0
>>115
あっ、こちらこそご丁寧にありがとうございます。

『ペンシルバニア6−5000』

634−5789
867−5309
6700
ビーチウッド4−5789


117 :あばらや ◆61ynRipd12 :2006/12/03(日) 19:23:48 ID:IoW/dsdl
>>115ー116
在りし日のうちの両親を思い出しました


118 :あばらや ◆61ynRipd12 :2006/12/03(日) 19:24:56 ID:IoW/dsdl
「ヘイ 重度」

怪物くんがやってきた
俺たちに勝ち目は無いぜ
みんなシェルターに引きこもろう
トランプでもしてやり過ごそう
背中にびっしりと張り付いたフジツボから緑色の汁が垂れてら
そいつが地表を腐らせるだろう
一声いななけば空が銀色に輝き
プルトニウムのどしゃ雪が降る
コミュニケーションはブレイクダウン
自殺志願者じゃなけりゃ喰われる前にエスケープしろ
二本足の死者とランデブーなんて 
なんてうつろな日曜日だ



119 :あばらや ◆61ynRipd12 :2006/12/03(日) 20:20:47 ID:IoW/dsdl
「あんな」
あんなぁ あんた最近元気ないやろ
あんたが暗い顔してうどん打ってるの うち 隠れて見てるんやで
ほんでなぁ こないだなぁ
あんたの店から出てきたお客さんが話してたんや
なんかいつもよりしょっぱかったんやて
美味しいけど しょっぱかったんやて
なんやそれ聞いてたら悲しなってきてなぁ
うちが言うこと違うかもしれんけどなぁ
元気だしてくれへんかなぁ
うちな あんたがあったかい湯気の向こうで笑うててな
お客さんもあんたの作ったうどんをそりゃあ旨そうに啜っててな
その風景がもうめっちゃ めっちゃ好きやねんやんか
なんや見てるだけでもう胸がいっぱいになるんよ
うちはこんな器量やし お店にもよう行かれへんけどな
夢の中でもよう話し掛けられへんけどな
でもええねん うちはこれでええねん

あんなぁ あんた
あんなぁ

120 :まんこ将軍 ◆UQRl.WeFEk :2006/12/03(日) 23:05:32 ID:SwMiGNdI
「へい 柔道」

へい 柔道 おまえはー
てか 最近 おもろくねーなああ
効果とか 指導のポイント取ってすぐ
逃げ回るー なんて情けねえ

へい 柔道 どうなってんねん
つか 青ーのー 着物なんて変だわああ
イッポン 取ってーガッツポーズすんなよお
審判のー 判定もいつも下手ー

そう スポーツになってからー へい 柔道 ジ エンド
だかーら 柔術がー 今ー よみがーえりー
ヒクソングレイシーが本物のー 柔ぁ の道ぃ
おしーえてくれーたのーおーおーでしょうー
ナナナ ナンナン ナナナンナン
 

121 :まんこ将軍 ◆UQRl.WeFEk :2006/12/03(日) 23:09:03 ID:SwMiGNdI
「安奈」

安奈
アンナミラーズの制服は たぶん
安奈
最近流行りのメイド喫茶 の原型


122 :名前はいらない:2006/12/03(日) 23:13:17 ID:+zY0Pdkt
>>119
これなんだっけな

123 :まんこ将軍 ◆UQRl.WeFEk :2006/12/03(日) 23:27:45 ID:SwMiGNdI
「ヘルタースケルター」

偏差値70合格間違いなし!油断しまくり遊んでいたら!みるみる成績落ちたぜどん底!

偏差値減ったー デゲデゲデゲデゲ
大学滑ったー  デゲデゲデゲデゲ
減ったー滑ったー

本命も滑り止めも全部! あ〜〜〜!
マークシート山勘外れ! あ〜〜〜!
どおすりゃいいのさ!卒業したあとの今後の俺〜!

親から金貰って予備校行く振り!代々木の前の渋谷で途中下車!ナンパしまくりクラブで朝まで!

おなかが減ったー デゲデゲデゲデゲ
人生滑ったー   デゲデゲデゲデゲ
減ったー滑ったー


124 :まんこ将軍 ◆UQRl.WeFEk :2006/12/03(日) 23:29:22 ID:SwMiGNdI
>>122
アーサーアレキサンダーをカバーしたビートルズのヴァージョンだと思います。

125 :あばらや ◆61ynRipd12 :2006/12/04(月) 21:44:18 ID:C15gTb9P
>>119ー121
【アンナ/Anna(Go to him)】*1stLPプリーズ・プリーズ・ミー収録
ミディアム・バラード。
内容は、別れ話を告げに来たアンナに対して、
“俺より好きな奴がいるなら仕方ない、奴の所へ行けよ”とあっさり身を引いてしまう主人公の心の呟き。
“俺があげた指輪を返してくれ、そしたら君は自由だ”と、少々みみっちい事を言い出す。
だがそれは仕方のないことなのだ。
この青年はある事情で多額の借金を抱えていて、それで泣く泣く彼女と別れる決心をしたのだ。
女は彼に指輪を投げつけて“あんたは負け組であたしは勝ち組なのよ!”と言い放った。

月日は流れ、男はその時の指輪を元手に宝石商を始め、
大成功を収めて借金を全て返し、暮らしも楽になった。
一方女は結婚して子供を一人産んだが、旦那がぐうたらで仕事もせずやがて離婚。
父親は漬け物屋で全国チェーンを狙うも鳴かず飛ばず、ヅラ友とカジキ釣りに明け暮れる始末。
まさに一寸先は闇、皆さんも自分の足元をしっかり見据えて生きていきましょう、
という教訓に富んだ名曲になっています。

126 :あばらや ◆61ynRipd12 :2006/12/04(月) 22:33:56 ID:C15gTb9P
>>118ー120
【ヘイ・ジュード/Hey Jude】*シングルのみ
ジョンの息子ジュリアンを元気づける為にポールが作った名曲。
もちろんポールの狙いは離婚したジョンへの当てつけと自らの好感度アップであった。
その証拠に、始めは優しくジュリアンに歌い掛けていたポールの態度が段々横柄になってゆく。
偽善を気取る自分に嫌気がさしたか、或いはジュリアンが途中で欠伸を漏らしたか。
多分その両方であろう。
とにかく曲は段々不穏な雰囲気を醸し出す。
まるで“おめぇ、ちゃんと聞いてんのか?ナメてんじゃねぇぞコラァ。なあ、なあ、なあ”と凄んでいるかの如く。
やがて曲はポールの怒りと共に激しく、恐ろしくなってゆく。
そして遂にクライマックスの大サビのリフレインを迎えると、ポールは発狂する。
唾を飛ばしながら早口でジュリアンを恫喝。また、何十人もの取り巻き連中がコーラスをがなりたてる。
傀儡であるプロデューサーは大音量のオーケストラをかぶせてポールのご機嫌を窺うしかない。
少年への責め苦は有り得ないほど永く続いた…

かくして、この時代のポップスには前例を見ない、7分にも及ぶ大作が完成したのである。
ちなみに成長したジュリアンはこの時のトラウマが元でドラッグに溺れる事になる…

127 :あばらや ◆61ynRipd12 :2006/12/04(月) 22:55:04 ID:C15gTb9P
「マッチBOX」

なんでこんなCD詰め合わせただけの物が十万円もするんだよ!
あこぎな商売しやがって、ったく
だいたい大スターであるこの俺様でさえ出す予定がないっつーのに
ぜってぇ売れねぇよこんなもん、お前が愚か者だろっつーのwww
ギンギラギンとか恥ずかしくね?wwwwwwwwww事故っちゃえよwwww
 
あー面白くねー
うん?相変わらず浜崎あゆみ売れてんなぁ……
…つまり野村のバカにも何がしかの金が安定して入ってるって事か…
…ヘラヘラ笑ってギター弾いてるだけで…
許せねぇ…今日は野坂なつみで抜いてやるぜっアイセイッ!バイバイ哀愁デイッ♪あざやかなぁ〜♪ア〜ン、アハハァ〜ン♪

128 :まんこ将軍 ◆UQRl.WeFEk :2006/12/05(火) 23:36:29 ID:Ehm5j9x2
「BATボーイ」

ジャンジャンジャジャッジャッ ピロリピラピラ
ジャンジャンジャジャッジャッ テテロテー

松井選手が打席に入る 俺はヤンキースタジアムのグラウンドでそれを見ている
ボールボーイの特権というやつだ 大学で野球やってた、と履歴書に書いたから採用されたんだ
しかも内外野のファールゾーンに飛んだ球拾いじゃあない 一塁側ベンチのすぐ横という特等席
つまり俺は同じボールボーイ仲間の中でも格上なのだ 履歴書の経歴が他の奴らより上だったに違いない
本当は一年の途中でやめたんだけど 補欠にも入れなかったから試合出たことないんだけど
そんなことは正直に言う必要ない とにかく俺は今、ボールボーイの中で一番偉いんだ
いやボールボーイなんてダサい名前は俺には似合わないね なんたって選手のバットを担当できるんだから
つまり俺はバットボーイだ カッコいいのだ 映画のバットマンみたいな名前じゃあないか

おっ、松井選手打った!すげーなあ、速過ぎてスイング見えねー 打球もどこ飛んでったのか速過ぎてわかんねー
でも松井選手は走り出している 次は五番のA・ロッドだから早く仕事、仕事
あっ、しまった バットどこ放り投げたんだろ それ拾わないとならんのだよ とりあえずバッターボックス付近へ

三塁ランナーのジーターが勢いよくホームを駆け抜けてヤンキース先取点のはずだった
しかし邪魔なバットボーイがホームベースにぼけーっと突っ立ってるので突き飛ばしたもののベースを跨いでしまう
外野からの返球でジーターアウト 場内から大ブーイング
野球のルールもよく知らぬ男は担架で運ばれながら 自分ひとりに向けられた五万人の野次を浴びたのである


129 :ボトルネック*゚Д゚) ◆necK/fzEYA :2006/12/08(金) 01:18:27 ID:P6rix+Vh
>>127
トシちゃん乙






個人的にはよっちゃんはあの三人の中では一番凄いと思うけどなあ。

130 :あばらや ◆61ynRipd12 :2006/12/08(金) 07:46:13 ID:J5/ISmUY
>>129
笑いながらギター弾けるのがスゲーって、チャーが言ってた。
 
ん?そうゆう話じゃないか

70 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)