5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【尻を、】詩的しりとり【尻を取れ!】2尻目

1 :名前はいらない:2006/08/11(金) 16:33:14 ID:/kgl7DSW
前スレ
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/poem/1146386052/

(-ω-`)ああ、自分から立てさせてほしいと志願しといて ……

2 :208+:2006/08/11(金) 16:50:48 ID:Ed2FJlNm
てっ、オイ!2、ゲットだぜ!!
1乙です。

3 :あばらや ◆61ynRipd12 :2006/08/11(金) 17:12:02 ID:n3leGOzX
すっかり人気スレになりましたね。
1 おつです

4 :(゚∀゚)類 ◆Z/RUI/OFiY :2006/08/11(金) 17:24:56 ID:Ku3B5V+2
素晴らしく乙っ!!

てゆーか>>1おまwwwwwwwww









(´・ω・`)酷くね?

5 :名前はいらない:2006/08/11(金) 18:02:53 ID:A1tk5Xys
くねくねしたくね >>1乙ですよ。。

6 :名前はいらない:2006/08/11(金) 18:19:42 ID:/kgl7DSW
何も聞かずに
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/poem/1155280929/
ここに移動してください(ФvФ)!

かぶった俺が悪かった!
このとおりだ(ФvФ)ノ●!

7 :(-∀-)類 ◆Z/RUI/OFiY :2006/08/16(水) 22:12:53 ID:MyekQ0G2
だれもいない
すれをのっとるならいまのうち

削除されるまで使わせてもらいまスヨ?

ひゃっほう!

8 :(。Д。)類 ◆Z/RUI/OFiY :2006/08/18(金) 19:41:59 ID:bCsGYY1X
嘘つきの知る真実を誰も問うことはない

9 :(-ω-)類 ◆Z/RUI/OFiY :2006/08/21(月) 12:38:06 ID:QeRNRJjx
今なら言えるのに何故、
前に言うことができなかったのだろう

10 :(´ワ`)類 ◆Z/RUI/OFiY :2006/08/21(月) 13:50:34 ID:QeRNRJjx
嘘でも、うそでも、例えウソでも、

ありがとう


嘘と分かる嘘は

何よりも本当を教えてくれるから

11 :(・ω・)類 ◆Z/RUI/OFiY :2006/08/21(月) 17:33:19 ID:QeRNRJjx
楽園
ここは楽園
心地よい快楽に溺れ
自らを慰める行為に励む場所

12 :(・д・)類 ◆Z/RUI/OFiY :2006/08/23(水) 12:34:37 ID:PWKUIYxj
少年は老け、また一つ大人になった

13 :名前はいらない:2006/08/23(水) 12:59:09 ID:nFjNNfoN
田に案山子
目鼻は省略
はすにかぶった古帽子

撫で肩に雀がとまって
ニセモノだな だまされないぞ
えいっくちばしこうげきだ

田に案山子
もうすぐ夕暮れ
黄金いろにふるさとは

14 :(-_-)類 ◆Z/RUI/OFiY :2006/08/23(水) 13:22:25 ID:PWKUIYxj
花なんかいらない

萎れ、

散り、

枯れる。

こんなにも
死を連想させるものを

何故みんな持ってくるんですか?

15 :名前はいらない:2006/08/26(土) 07:07:31 ID:pNfckehK
傘も差さずに女の子
髪も肩もカバンもずぶぬれ
どうしたの?

約束したから
クルマが帰ってくるまで
この駐車場で待ってるの

でも帰ってきたひとも
ずぶ濡れのあなたを見たら
びっくりするかもしれないよ?

いいの
わざと濡れて待ってるの
びっくりさせてやるの

きっぱりはっきり女の子
こわいくらいに瞳がきらきら

じゃあ行くけど
風邪ひくなよ、ヒロイン

16 :(ノ_ _)ノ類 ◆Z/RUI/OFiY :2006/08/27(日) 01:16:53 ID:snw52ZTL
陰々滅々
繰り返す行動
意味の無い衝動

潰して潰して潰し尽くした

意味の無い行動を
ただただ繰り返し
幾時を過ごしただろうか



とりあえずプチプチクッションを潰すのは飽きた

17 :ナガイシシジャナイシ:2006/08/27(日) 18:56:31 ID:8t0kAkND
アーーー来たぞ ついに!ついに!!!

入り口でチケットを渡し かわりに受け取る 赤い薔薇と ソムリエナイフを 一本
海岸線につづく長いデッキ 居並ぶ老若男女
ビーチパラソルの下 マティーニを嘗め それを眺める俺

デッキの最後尾 海に向いた正面は見えないが やや憂いを帯びた後姿 なかなか魅力的だ
ぐぃとカクテルを飲み干し席を立ち ソムリエナイフ開きながら 俺は近づく 君の

いい尻だ

布ごしになぞる輪郭 ちょっと震える尻 じんわり君の体温が残る掌で差し出した 赤い薔薇を受け取って 
いいね?

傷つけないように 麻布を抓み ソムリエナイフを君の尻に差し込む
繊維は僅かに抵抗をみせながらプツプツほつれ 

剥きだしの君  
憂いに似合うよう 月の形に切り取ったよ
そっと撫でると また  震える 泣いているみたいだ
美しい君の尻  海に浮かんだ

深呼吸して 背筋を伸ばして 君の隣に立つ
俺 の 番
ドキドキしながら薔薇を待つ  誰か誰か誰か
俺 の 尻 を 取ってくれい!!!


デッキの向こう コークスクリューと観覧車  オペラグラスが光る
マティーニを嘗めながら わたしは眺める 様々な額縁の尻尻尻 
表情豊かな尻は語る  最後尾の剥けていない尻はきっと叫んでるわ  
さてここは慎重に  もう一杯 グラスにマティーニを注いだ

18 :名前はいらない:2006/08/28(月) 10:21:46 ID:XxX7prS/
注いだワインはフルボディ

籐椅子が折れるまで
鼠は齧り続ける
黄ばんだ曾祖母の真珠
懐かしい手触り

ふっと緩んだくちびるから
風に運ばれる歌

聴くのは誰 来年の葡萄

19 :名前はいらない:2006/08/29(火) 09:57:50 ID:0poE09Nr

葡萄の花のゆかしき白は
 束の間ほころびて
 まろき実に情熱を托しました


ゆるやかに扉が開いて
朝が目覚め 
ためらいがちに欠伸をします
やさしく移された 
雄鶏を模った硝子のデキャンタで
おおきく びろうど震わせ
 深呼吸をすれば たちまち
丘の風や土 動物や草木のかおり あの森の野生が
時代(トキ) が ほどけ グラスいっぱい膨らんで

いま いとしいあなたの体内に
ゆかしき白い花の 
おごそかな情熱が ひろがっているのです




20 :名前はいらない:2006/08/29(火) 10:28:26 ID:nVvYPjua
すごろくの
ふりだしにもどる、がかなしくて
なみだがじんわりわいてきて

いそいでミカン食べてごまかしちゃうもんね
汁が飛んで目に入ったからなんだもんね
泣いたわけじゃないぞっ

この子案外くやしがりなのねって
おかあさん
おとうさんにこそこそ言って笑った

別にそんなわけじゃないけどさ

あと少しであがりだったのに
いもうとにも勝って
家族で一番になれたのに

21 :ヽ(・ω・)ノ類 ◆Z/RUI/OFiY :2006/08/29(火) 19:38:35 ID:hpwfsfiD
野に咲く花のように、
なりたい

とか、
メリット皆無な
願いを
昔は思ってた

22 :ヽ(   )ノ類 ◆Z/RUI/OFiY :2006/08/30(水) 17:55:29 ID:PjWBeHcI
散り時
ダレが決めた?
太く短く 折れやしないと

雨とか風とか そんなのじゃ足りない
重荷背負い

シアワセ求めて 歩き回り
いくつも味わう
それは タメにならない
味気ないもの

立ち止まらないで

繰り返す太陽を 眺め
小さな月に 流され
またいつか と
アイサツ かわした

ここに 一生を告げよう
楽しく 騒いだ
哀しく 嘆いた
涙 流さず
後悔 皆無で

小さく散ろう

23 :(・ω・;)類 ◆Z/RUI/OFiY :2006/08/30(水) 18:03:18 ID:PjWBeHcI
う、携帯で誤爆したス、、、
チトこれは初めての事態かもシレン、、、、

いっか、、、ダレもいないシ、、、、、

24 :シシシシ、、、、いるお:2006/08/30(水) 21:59:27 ID:/v7pg6OC
         ( >21〜た )
タカシは 見てた

確かの影から

隣のるいちゃんが

、、、、、で
、、、、、、、、、、
、、、、、した




花 柄 だ っ た      



はーなーーぢーーー  ぽん ぽぽんっ!!!
 
チト と 升 は そらに  塵タカシ爆死
          
さらば、、、   ユリア。。


25 :名前はいらない:2006/08/30(水) 22:49:45 ID:Zp/25AGI
re・al
━━ a. 真の, 本物の; 実在[存]する, 現実の; 誠

あしたがつらいと泣くあなた
またあしたと手を振るあなた

どちらもきっと
re・al

26 :(ω・ ◆80CH1VrTkU :2006/08/30(水) 23:11:51 ID:PjWBeHcI
あるある誤爆なんてよくあることさ、混竹生姜

27 :(・ω・;)類 ◆Z/RUI/OFiY :2006/08/30(水) 23:16:53 ID:PjWBeHcI
がんがれもっとがんがれじぶん
たまに誤爆するかもしれない
たまに酉をミスるかもしれない
それでもがんがれもっとがんがれ

28 : ◆L4LyBSss3w :2006/08/30(水) 23:23:06 ID:EJgUFjKZ
瓦礫と構築

29 :シタラバ、、スマソ。。:2006/08/31(木) 03:25:06 ID:q8RC91im


チクっとしたなら ごめんちゃい

わたしはパラオのたこくらげ

毒はないから ゆるしてね

ゆふらふら  らっかさん

ひかりがわたしのご馳走だから 

みじかい足で どんぶらこ

ごきげんよう と ふらだんす 



30 :名前はいらない:2006/08/31(木) 07:18:34 ID:PO2GgCOJ
ダンスのレッスンが終わると、パンダはいつも
ゆっくりとシャワーを浴びて、冷たい紅茶でくつろいでから
上機嫌で帰っていきます
入学を断るわけにもいきませんでした

「どなたでも はいれます 入学随時」

人間に限る、と書き添えておけばよかったと
少し後悔しています
けれども月謝はきちんと滞らずに入れてくれるし
なかなか根性もあるのです

スロー、スロー、クイック、クイック
スロー、クイック、クイック、スロー
汗だくになりながら頑張るパンダ

他の生徒さんたちも特別文句など言わず
なごやかにしていてくれますし
まあ、これはこれでいいのかなと思っていた矢先に

今、教室の受付カウンターに入学願書を持って
ゾウガメの夫婦が

31 :(・ω・`)類 ◆Z/RUI/OFiY :2006/08/31(木) 15:58:15 ID:Rb6QF8Kz
合致するのは断片と欠片
組み合わさる積み木のように
高くまた混乱の塔を
空からの言葉受けるまで

32 :ヘ(゚д゚ヘ)類 ◆Z/RUI/OFiY :2006/08/31(木) 23:40:23 ID:Rb6QF8Kz
では申し上げましょう
言って小さな影震わし
ナイフみたいな刃物が
も一つ影に突き立った
ただ困惑数えて背比べ
沢山のヒビ割れ持った
夢下地乾いて少し痛い

33 :〆( Д )類 ◆Z/RUI/OFiY :2006/09/01(金) 01:46:27 ID:6VyXu9nW
一生絶対超えられない壁
痛くない腹の探り合いを続け
楽しみ半減苦しみ倍増
くるくるり周り回り狂い苦しみ

奇妙な惨状あたり見回す
僕らは擬態した悪魔たち

食べ物が もう無い

34 :名前はいらない:2006/09/01(金) 15:36:38 ID:E5Mqp0Cn
今 靴のかかとで
小さなどんぐりが割れた
秋が静かに深まっていく

転がり散るむかごに
もどかしく伸びる山羊の舌
肌寒く秋の日は暮れ急いで

fall

柿がもう出ている
りんごも出ている
おおっアケビが食べごろ
国産松茸が1本5000円だとぉたかがキノコのくせに

冬眠するみなさんはしっかり食べるようにね

fall

35 :(;-ω-)類 ◆rui6Y/0sss :2006/09/03(日) 00:42:48 ID:tGTO0C6i
類?

36 :(。_。)類 ◆rui6Y/0sss :2006/09/03(日) 21:27:47 ID:tGTO0C6i
    いずれか


    死んだ

散らばる
花びら
    赤色
    帽子
淀む
手のひら
    濁り
    崩れる
幻滅
したの
    夢枕
ひと  欠片を掬う
ひとつなぎ
    ひとつなぎ




これ
  って
    食べ
      れる
        の?





37 :名前はいらない:2006/09/03(日) 22:02:44 ID:tIrj3HGP

のぞみどおりの安息を 胃袋に流し込め!

くちづければ            毒誘毒蟻酸 

日曜の報告書は アニスのかほり   洗い流せよ

         
        なりたい  になれば  さーあ


 お は よ う !    


38 :ヽ(゚∀゚)ノ類 ◆rui6Y/0sss :2006/09/04(月) 01:14:13 ID:Laq+OsPx
噂良くなく
神懸り

響き喪い
奏でられ

煤けた重石に
首傾ぐ


戸締まりされない
窓から眺める

揺られ
嘆いた

身投げ恋

39 :(。ω。)類 ◆rui6Y/0sss :2006/09/04(月) 21:08:50 ID:Laq+OsPx
いない

いない

ちいさなひびき

いない

いない


どこへいった?

40 :名前はいらない:2006/09/04(月) 21:43:05 ID:536tlbEr
たえまなく続く車の群れを
歩道橋の上から見ている

幹線道路は緩い坂
のぼってゆく赤い星たち
降りてくる黄色い星たち

流れて
頬のつめたい涙が
終わらないように
続いて
今のわたしの気持ちが
かわらないように

41 :(ω゚ )類 ◆rui6Y/0sss :2006/09/04(月) 23:13:24 ID:Laq+OsPx
似て非なる類は友さえ呼べない
それは孤独ではなく孤立
ただ逃避のみ残された分かれ道
繰り返すことはなく誤ちがそこにあるだけ

42 :名前はいらない:2006/09/05(火) 08:57:14 ID:AVh87b4Q
蹴って蹴って蹴っていつも
コーヒーの空缶1本
歩くあなたの足元

苛立って蹴って
照れ隠しに蹴って
暇つぶしに蹴って

ひしゃげて 穴があいて 角が裂けて

砂まみれになったり
結構いい音たてて高くとんだり
側溝に走りこんだり

かさねていつか
一万回二万回

拾い上げてごらん
なにかがそっと住んでる

あなたの
あしあと

43 :(ノω-;)類 ◆rui6Y/0sss :2006/09/05(火) 18:47:58 ID:tSeZoUDt
とっくの昔のお客様
特価の案山子の風車

44 :(ノω・;)類 ◆rui6Y/0sss :2006/09/05(火) 19:09:25 ID:tSeZoUDt
回った灯火、光を残す

撒かれた天の火、一人を殺す


45 :(ノω-)類 ◆rui6Y/0sss :2006/09/05(火) 22:18:59 ID:tSeZoUDt
隙間風の匂いを感じ
襖に映った影法師

46 :名前はいらない:2006/09/05(火) 22:30:52 ID:e3qt4uVU
しんどい夜にはどっこいしょ
悔しいこぶしにこんちくしょう
嬉しい朝にはユーレイヒー

祇園祭りはコンチキチ
つらい夜には空を見て
星は何でも知っている

それでいいじゃないの
それがいいんじゃないの
何がいけないんだコノヤロウ

祇園祭りはコンチキチ
百年千年コンチキチ

星がまたひとつ 流れていったよ

47 :(ノω゚)類 ◆rui6Y/0sss :2006/09/05(火) 22:54:49 ID:tSeZoUDt
呼ばれたのは塵霞

煤け硝子の
     向こうを砕く
繰越された
     反響音
思い描くは
     日の下の影
感じない
    重石に隠れて
言葉を
   追い出し
疑問
  傾げた

心地

48 :宮坂純 ◆Q.YLOO/tn6 :2006/09/06(水) 22:33:35 ID:IWTvAE8f
ちくしょう
継続してたのかよ(笑

49 :猛禽:2006/09/06(水) 22:40:50 ID:wJlhaPIO
よく気がついたw
継続してたのだ

50 :宮坂純 ◆Q.YLOO/tn6 :2006/09/06(水) 22:47:01 ID:IWTvAE8f
騙された感じだ(笑 なんとなく
いや誰も騙していないが

51 :(゚Д゚)類 ◆rui6Y/0sss :2006/09/06(水) 23:16:50 ID:GaTMonH2
ガ―――――(゚Д゚;)―――――ン

キヅカレタ………




いや、べつにきづかれたからってなんかあるわけじゃないけどね

52 :(゚∀゚)類 ◆rui6Y/0sss :2006/09/07(木) 02:45:55 ID:Kni/QUOi
願えば自分の我が侭に
例えば誰かの幸せに


いつか願いが叶うころ

53 :名前はいらない:2006/09/07(木) 09:29:12 ID:zPkBhBWZ
倫敦の横断歩道を
4人の青年がわたってゆく

白いスーツのジョン
黒が好きなリンゴ
サンダル脱いだポール
インドにかぶれたジョージ
そしてばらばらになって
いなくなった

Because the world is round it turns me on
Because the world is round

Because the wind is high it blows my mind
Because the wind is high

Love is all, love is new
Love is all, love is you

Because the sky is blue, it makes me cry
Because the sky is blue


コーラスはばらばらになって
いなくなった

54 :(。A。)類 ◆rui6Y/0sss :2006/09/07(木) 09:51:19 ID:Kni/QUOi
多分大抵大変多彩

蝋を振り撒き
宙に絵を描き
浮かべた言葉に
燭台並べ

手は阻まれて
壁擦り寄った

「拾って下さい」の
紙を破いて飛行機に

暇潰しの下らぬ常識に
囂しいのはダレですか

周り回ってクルり狂って
つまらない翼を盾にしよう♪

55 :名前はいらない:2006/09/07(木) 16:46:10 ID:NSi/771p
うんこにススキ挿して
さよなら
色づきはじめた川原です
きれいな秋の空です

この次きたときには
きっともう会えないね

よろよろハエが一匹
もうすぐ消えるいのち
この次きたときには
きっと君にも会えないね

もいちどふりかえって
さよなら
穂先を揺らしてこたえています
なごりおしげなしぐさです

しらないいぬのうんこです
さらさら別れの川です

56 :(。ω。)類 ◆rui6Y/0sss :2006/09/07(木) 19:10:20 ID:Kni/QUOi
       素敵なコラージュ

切って
   切って
切って   切って

  バラ   バラ     バラ

バラ   バラ   バラ     バラ

  バラ    バラ      バラ
    バラ     バラ
バラ    バラ

   バラ    バラ  バラ  バラ

バラ    パラ

バラッ、………





出来たよ

素敵な薔薇の花

57 :名前はいらない:2006/09/07(木) 21:48:06 ID:8WvazJFR
なめくじの子がいっせいに生まれたよ
なめなめ
なめなめなめなめ
なめなめなめなめなめなめ
米つぶよりちっちゃいからだで
みかんの木にせっせと登っていく

なめなめ
なめなめなめなめ
なめなめなめなめなめなめ

クロアリの兵隊が舌なめずり
さっそく帰って連隊長に報告せねば

なめなめ
なめなめなめなめ
なめなめなめなめなめなめ
いっぱいいるから平気だい
だれかとだれかは助かって
きっと大きく育つんだもんね

58 :(-Д-)類 ◆rui6Y/0sss :2006/09/08(金) 12:30:11 ID:tvRQbPKa
眠りたいサ、、、

59 :名前はいらない:2006/09/08(金) 18:23:48 ID:yPat835g
最期を迎える時には大勢の仲間に囲まれてワイワイ騒いで
ガクッと首をおとして死んだフリをして皆が騒いだら
「まだまだ。今のウソ。まだだから」といって大笑いさせて
その笑いが途切れない間にこっそり死にたいと寂しがりやの男は言った。
それが理想の死に方だと言った。

60 :(-д-)類 ◆rui6Y/0sss :2006/09/08(金) 20:56:13 ID:tvRQbPKa
多分さ、どうあがいても無駄なんだよね。やっぱ。
だからって、何もしないのは性に合わないし、
がむしゃらに生きてみるのも悪くはないかもしれない

61 :(・Д・)類 ◆rui6Y/0sss :2006/09/08(金) 23:24:15 ID:tvRQbPKa
言っちゃうと、
例えば親がすばけた愚か者と雖も
風樹の嘆に駆られるのは普通なんだよね。
自分みたいな瘋癲羸弱で、
死なば目抉るような人間には
その思考を甚だ以て羨ましいよ。

62 :名前はいらない:2006/09/09(土) 07:37:21 ID:PBngLII5
ようやく取れた夏休み
カラの鞄で旅に出る

飛行機が落ちたら
もう帰ってこない

雨が降っても
大丈夫

63 :ヽ(゚∀゚)ノ 類 ◆rui6Y/0sss :2006/09/09(土) 18:45:22 ID:uy4cL/PZ
ぶちまけろ♪

感情情緒緒余余怨怨恨

所詮世の中暇潰し♪

64 :⊃。Д。)⊃類 ◆rui6Y/0sss :2006/09/09(土) 19:37:11 ID:uy4cL/PZ
静まり始まり毬突いて
くるまり絡まり行き着いた
緩まり薄まり追い付いて
留まり謝り嘘吐いた

65 :208+ ◆DpeXsA0SaE :2006/09/09(土) 20:00:33 ID:JTXN5wD+
フフッww
見つけたよ。
ところで>>53よ!!
それはABEEY ROADだな?
一時期、それを題にして書こうと思ったんだが書けずしまいで。
ここでこの詩を読めてよかった。ありがとう。GJ!!!


66 :(。A。)類 ◆rui6Y/0sss :2006/09/09(土) 21:04:48 ID:uy4cL/PZ
GJ???wwwwwwwwwwwwwwsnegwwwwwwwwww
どうでもいいけどおまwwwwwwしりとれよwwwwwwwww
まあ別にいいけどwwwwwwwwwwwwwww
うはwwww何か最近wwwwwwテンションやべぇwwwwwwwwwwwwwwwww
ウザいッスねwwwwwwwwwwwサーセンwwwwwwwwwwwww

67 :(=゚∀゚)ノ類 ◆rui6Y/0sss :2006/09/09(土) 21:35:41 ID:uy4cL/PZ
羨望解剖陰謀横暴
人人人ひと人ヒと人ヒトひト人ひと人
肌色肌色肌色肌の色に肌色に
波揺れ揺らぎ蠢き動いて
精気なく生気なく押され揉まれる
流れ眺める並無くなるから

68 :ヽ(゚∀゚*)ノ類 ◆rui6Y/0sss :2006/09/09(土) 21:50:20 ID:uy4cL/PZ
乱獲遠隔感覚人格

飛べない翔べない只の豚
煤けたすばけた奥底沈み

理解散開爽快奇怪

水の下月の下合わせ鏡と万華鏡
拡がり除いた路地裏ミカン

典型点滅転回天下

其処まで行けるよ底から逝ける
何時か何処かの走馬灯

69 :|A。)類 ◆rui6Y/0sss :2006/09/09(土) 23:33:15 ID:uy4cL/PZ
Weddingandpromise.
Anniversarymadebytoday.
So,Ihaveneveforgettoday.
Underthesun,ontheEarth,
Rainbroughtablessing.
Endbirthingtolife.
Ruleismadeinlife.
Universalrulers.

忘れ草

70 :(・ω・;)類 ◆rui6Y/0sss :2006/09/10(日) 01:15:01 ID:jfAg97zA
さすがにちょっとヤバいなコレは………

71 :(・ω・)類 ◆rui6Y/0sss :2006/09/10(日) 22:36:57 ID:jfAg97zA
羽の色が同じ鳥は群れをなす

Birds of a fether flock together

類は友を呼ぶ

72 :(*。A。)類 ◆rui6Y/0sss :2006/09/16(土) 01:16:49 ID:Libp0Fdu

呼ぶ声聞こえますか?



白いシャツ白い息白い肌白い目白い顔
その麗しいキャンバスとても欲しくて

     約束してくれます?

白いシャツ白い肌白い息白いシャツ白
無地の下地はまっさらな純白汚させて

     約束させてくれる?

白いシャツ白いシャツ白い白い白肌白
白白白白赤色付けた筆振るう赤く赤く

     約束の時間ですよ?



呼び声聞いてください。


73 :〆(゚∀゚*)ノ類 ◆rui6Y/0sss :2006/09/16(土) 01:19:48 ID:Libp0Fdu



いい?
していい?
あいしていい?


呼ばれた声に呼応


  そして      これは
      筆を振るう
  散った      花びら




絵は完成し
感情はそこ


74 :〆(。A。*)ヽ類 ◆rui6Y/0sss :2006/09/16(土) 01:20:57 ID:Libp0Fdu




これは綺麗な赤い花
         雨を降らし咲き誇る
これは大地を潤す泉
         全て潤い満たされる
これは虚ろに光映す
         きっと何も見えない






呼ぶ声聞こえましたか?

75 :しん ◆SHIN46tkbs :2006/09/17(日) 04:02:54 ID:sruPMD8m
↓リンクスレおめ
↓類のスレはここだったのか〜
↓記念にほんの少し




呼ぶ声が聞こえましたか?

真っ白でまっさらそして狂おしい

それ程にまで愛するのですか?
赤い甘い危険な林檎



人は神話を愛する子供でなければならない

私は傍観者 悪い蛇

76 :Σ(・ω・;)類 ◆rui6Y/0sss :2006/09/19(火) 22:05:04 ID:YD3kNE2B
微妙絶妙神妙奇妙


何となく何気なく
ただ夢であるだけ
絶えることは無く
見る先は遥か遠く
懸命であり続ける


運命生命延命使命

ただそこにある夢

77 :(。_。)類 ◆rui6Y/0sss :2006/09/20(水) 18:50:33 ID:hTFEkYvC
目に見えて目には移らず
偶像消えて気持ち無く
交錯した水かけ論の
憚ることに涙消え
影の下言葉探し
朧埋火儚きを
消えるのみ

78 :名前はいらない:2006/09/20(水) 22:28:19 ID:5L9F9pLI
蓑こっそりかぶったら
誰にも気づかれない
俺の拗ねた眉間も窪んだ頬も
小汚く潰したスニーカーの踵も

蓑こっそりかぶったら
母の涙を初めて見たよ
しゃがんだ肩が震えていた
口を押さえてこらえていた

鷺草の花が終わって
夫婦で干からびていたよ
女郎蜘蛛だけは俺が見えて
慌てて死んだふりをしていたよ

79 :(ノд-)類 ◆rui6Y/0sss :2006/09/21(木) 00:50:54 ID:+CrEpUiJ
夜傘回る
湿る黒色
半月の下
水に潤う

80 :(-ωヽ)類 ◆rui6Y/0sss :2006/09/22(金) 12:19:35 ID:MroevxQd
薄明るい空気が響き
比べて眺めて麗しく
黒ずみ映えて感情の
罵り白くまだ消えず
図々しくも動かない
今の世界は帰らずの
沈み静まり泡消えて
手は其処に手を底に
似て人なる物であれ

81 :ヽ(*゚ω゚)ノ 類 ◆rui6Y/0sss :2006/09/22(金) 20:48:41 ID:MroevxQd

歴史語れぬ物であれ
底へ届かぬ声であれ


夢の浮き橋小さやか
まほらまなぞのと巡らして

ささらがなきて水見ずし
静かひひらず言少な

今はの時はと問はず語られ
聴きしばかりのおかしさを


其は語ろうこと無きひとがたで
其は奏づこと無く其処にあり


82 :名前はいらない:2006/09/23(土) 23:58:44 ID:OZ4g4bV2
このスレッドは、GL5 掲示板・スレッドの趣旨とは違う投稿の
スレッド 「掲示板の趣旨に無関係なもの」 に該当すると判断します。

削除依頼を望まないのであれば、自治スレ
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/poem/1155999946/
にて、一週間以内にスレッドの方針を説明し、存続に対する詩板住人の合意を得て下さい。

期限 2006/09/30 23:00 まで。


83 :名前はいらない:2006/09/24(日) 00:44:46 ID:ImDn8QRh
アリストに煽られて
一旦渋々どけながら

そのあとに
ぴったりついて煽り返す
おとなげないアコードワゴンの
おにいさん

面パトは
最新型の白いスカイライン
さっきPAでトラックが捕まってるの見たよ

東北道は秋の空
どーんと沈んだ心に染みる
深い青

84 :(-ω-。)類 ◆rui6Y/0sss :2006/09/28(木) 22:31:23 ID:VXd1A+J8
同じであるが故に意味は失われる


根底は模倣であり
また、怠惰でもあった

其は語らうべきであり
ただ多大であることだけが正しくあった

全ては這うようにして変わらず
腐敗なく不幸にも不敗で

連ね重ねた波打ち際の
書き記された時を感じることを

空想の中のみで思い
其はもはや代償を持つことはない

無くして失い消され費やし
理由無くして目的に意味は無くなり


其はありとあらゆるもの
であることを告げていた

85 :名前はいらない:2006/09/29(金) 23:30:13 ID:HteR1WTI
たぬきが穴の中から出てきて
鉄の橋が架かったので
きつねが渡ってきて
縄張りを荒らして困ると
ぼやく

86 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :2006/09/29(金) 23:47:04 ID:oV0sp9s7
臭い屁は体からの信号

87 :名前はいらない:2006/09/30(土) 13:14:08 ID:wuLGLf2x
恨みこうては生きてはいけぬ
恨み与えて生きるべし

88 :名前はいらない:2006/10/02(月) 14:30:28 ID:PkfFwkbL
深呼吸ひとつ
気持ちいいからもっかい
なんかのっちゃって3回

こんな気分で夜まで埋められれば
いいのに

ためいきひとつ
なんかいろいろもっかい
思い出しちゃって3回

89 :(ノω-)o〇 類 ◆rui6Y/0sss :2006/10/04(水) 00:22:37 ID:WqsmBJCP
何時までも傘回し
そぼ降る雨の街の中
大衆の中心で孤独感じた

人々の交差点
灰色に声は淀んで
言葉霞み光遮る

水瓶の嵩(カサ)は増し
汚れる屋根の水の床
有終の就寝は遠くと信じた

しとしとの導火線
不名誉にそれは沈んで
音は揺らぎ怒り生まれる

90 :名前はいらない:2006/10/04(水) 18:23:04 ID:WJQv0VRG
ルノートルでコーヒー飲んで
別れた
お互いなんにも言わないで
最後のことばも交わさずに

先に立ち上がったあなたの顔を
私は見なかったから

カップに残ったマンデリン
そんなものしか覚えていない
冷めたカップの酸っぱいなみだ
そんなものしか覚えていない

91 :(゚v゚)類 ◆rui6Y/0sss :2006/10/05(木) 19:15:49 ID:WIvs3qgT
今のところそうだったからといって
明日も同じと限らなかったのです
声は二度と聞こえません

いつか私も同じ目に会うでしょう
貴方はもうモノ言わない 花で黄ばんだ白い粉

解っていました分かり切ってました
それはいずれは渡る不幸の浮き橋

(薄っぺらな)変わらない笑顔だけが残りました
でも もう声は聞こえません

冷めた目は乾き、胸の奥が渇きました
誰か、あたたかい水をください
だれかアタタカイ水をください
ダレかアタタカイミズをクダサイ








☆◇△◇☆□○▽◇△▽☆

ハグルマ一個外れちゃったよ♪
夢って一体なんですか?♪
お先真っ暗 闇の中♪

92 :・`) 類 ◆rui6Y/0sss :2006/10/08(日) 21:11:03 ID:BK1SSD4B
  ┃ 欠片の.カタマリ ┃
  ┣━━━━━━━┛
  ┃ 何も
無い場所で
  ╂─は生まれました
  ┗━━┓
  無秩序な雑音で彩られ
.無機質な╂─は生まれました
       ┗━┓
  ある時  泣く声が聞こえます
寄り集まった なみだが星へ落ち
          ┃
        ─╂は
打ち砕かれ... ┃
        清らかな光になります
. . . . ┏━━━┛そして
┏━┛言の葉は
╂─を
なくして
┗━┓
声は┗い┓
      つ┃
    ...か┃
 ..... ┏━┛
  音である前の  心
    ┗━━┓    に
      ┏━┛   な
      ┃      り
      ┃      ま
…━━┛      す

93 :゚(-дヽ)類 ◆rui6Y/0sss :2006/10/10(火) 01:03:17 ID:IhfxRgSp
                         .
  煤 .(スス) け た 街 の 子 守 唄 。
                           o
    幾つも幾つも心無く
    そこにはおそらく意味も無く
      小さな繰り返し積んでゆき    〇
     幾つも幾つも心無く
   .  苦しみ知らずの腕取れるまで
    。  たくさんのモノを作っては壊し
    o   幾つも幾つも心無く
       互い知らずの後ろ合わせた
    +  広くもない背中を見続け
.   〇   幾つも幾つも心無く

        今日も変わらず夜更けを迎えた


94 :ヽ(―ヽ)類 ◆rui6Y/0sss :2006/10/11(水) 00:03:50 ID:xhpNLsUI
対称アルゴリズム


消え去り、裂け、夢を見た

汲み取り式の手のひら反し

裂け、消え去り、底を覗いた

意地っ張りな染め紐伸ばして

孫の代までにまな板並べ替え

消え、千切れ、約束を交した

裂け、裂け、消え去ったこと

黒い紙切れ綺麗な純白クロス

95 :(*-ω-)類 ◆rui6Y/0sss :2006/10/13(金) 01:24:14 ID:/RUI2Vfl
砂色の淵(フチ))))

………
………共に歩いた
………名を呼び合った
………手を取り合い
………夢誓い合った
………足取りおぼつかず
………風揺られ
………青色の境で
………手を取り合い
………共に歩いた
………足取りおぼつかず
………夢誓い合った
………青色の境で
………手を取り合い
………名を呼び合った
………青色の境で
………風揺られ
………夢誓い合った
………砂色の淵で
………起こされた過去と
………ずっと同じ
………音、
………青色。
………

96 :ヾ(゚∀゚ヾ 類 ◆rui6Y/0sss :2006/10/15(日) 00:13:48 ID:cP3NX/3q
ロング アライブ ザ ワールドLong Alive The World


悪魔がいた。
死神がいた。

合法的に銃を取り
ありとあらゆる光を
自らのみ浴びるものがいた。

みなそれを崇めた。
みなそれを生きる知恵として見い出した。

無意識の秩序のもとでそれらは見下ろすことを知った。

探して下がり叫ばず避けた。
底でもがくことはせず、
怠惰に搾取することを学んだ。

みなそれを知った。
みなそれを生きる術(スベ)として利用した。

長く、滑るがごとく
ありとあらゆることは運ばれた。

ただそれであるがゆえ。

97 :名前はいらない:2006/10/26(木) 20:55:34 ID:mlzUMN7a
えみちゃんの名前は
いつもにこにこしているようにって
お母さんがつけたんだって、と言ったら
えみちゃんは生真面目にまゆをよせて

うーん、それはむずかしいなあ
お母さんには悪いけど
毎日はたぶんむりだと思う
あさ起きたときはいいんだけどさあ
ようちえんじゃいろいろあるからねえ

えみちゃん
かわいいえみちゃん
まだ百面相でいいんだよ

つらくても笑顔をつくるのは
ずっとおとなになってから

98 :名前はいらない:2006/10/26(木) 23:48:47 ID:k0fQvXaR
ライオンのたてがみのように
大きく広がるたいようの花が一つ

手をひろげ
足を埋めて

空広く
まばゆい光を感じてました


たてがみはいずれしおれ
こしは折れ

顔は地面につきます
何かに謝るように


地の根は深く

さながら引きこもりの家

99 :(-Д-)類 ◆rui6Y/0sss :2006/10/30(月) 02:01:52 ID:9pK8ThIc
−Ageing−

私は歳を取り
君は命を失った

ただそれだけに

自然であることを憎んだ

しかし遣り場など最初からなく

そして時間は何もかもを

忘れさせた

あの時の想いは

あの時の願いは

100 :(ノ-ω-)類 ◆rui6Y/0sss :2006/11/05(日) 01:32:26 ID:2vEdM8cU
遥か望んだ道の先
遥か臨んだ未知の先

101 :名前はいらない:2006/11/05(日) 18:37:07 ID:IuDq601r
咲き誇れ
奇蹟の花よ
幾度でも


102 :(-ω-)類 ◆rui6Y/0sss :2006/11/07(火) 00:50:27 ID:rrlmqsre
森の林の木の影の
暗い暗い
空気がよぎって
断続的雑音が満たす
森の林の木の下で

103 :名前はいらない:2006/11/08(水) 18:09:57 ID:Vqi6XT/n

出逢いはいつか
巡り来る

求めて急ぐ季節よりも

待つことさえも忘れた季節に

他愛もない偶然のカタチで

恥ずかしそうな顔した

出逢いに 出逢う



104 :(ノд-)類 ◆rui6Y/0sss :2006/11/09(木) 21:00:01 ID:VPc24cvE
美しき粉。」

ゆらゆら
湿らす縦線
辺りを静かに
沈ませ続ける
ゆらゆら
横殴りの光が
入り交じる境に
また小さく断末魔が
ゆらゆら
また
いずれも暗く
空気を覆う
ゆらゆら


105 :(ノД-)類 ◆rui6Y/0sss :2006/11/09(木) 21:02:11 ID:VPc24cvE
ゆらゆら
自分の意思ではなく
導かれるように
ゆらゆら
そこまでに
幸せは見つかる気がして
導かれるように
ゆらゆら
しばらくして
横殴りの光と共に
暗転する街
ゆらゆら
縦線はいつの間にか
千切れて粉に
いずれから白より染まり
ゆらゆら
赤い鉄塔と
赤い道
赤い花が咲き乱れ
ゆらゆら

どこかのだれかに願いを込めて

どうかそれが夢でありますように




106 :(-Д-)類 ◆rui6Y/0sss :2006/11/10(金) 21:44:43 ID:EyBF5/pb
うに食いたいなぁ、、、

107 :しん ◆SHIN46tkbs :2006/11/13(月) 18:52:04 ID:DxeVB1/h


108 :(,,゚Д゚)類 ◆rui6Y/0sss :2006/11/18(土) 02:20:54 ID:UlHWh0X4
寝言、妄言、戯言、虚言

例えば、私が死亡したとする。
もちろんそれは仮定の話であり現時点、
つまりこの文を書き込んでいる今この時は
確かに、揺るぎなく、私は生きている。
だが、先、はどうなるだろう。
生憎それを知る手段を私は持っておらず、
それ故、それ、を解りはしないのだが、
今、から、未来、の
直線図の瞬く程の節々に、
死の危険性を孕んでいないと
どうして言えようか。

ならば何故、私は怠惰にこの時を
過ごすことが出来ているのだろう。
1フレーム先には思考可能な状態では
無くなり、そこで幕引き、
という状況になりかねないというに。
意味の持たせようのない雑多な行動を
余りにも多く持て余しているという現実に、
憤りすらを感じることが出来ないのは
何故なのだろうか。
そして、唯一それが私の人格に於ける
存在証明、又は自己の同一、一貫性である
ということを、私はどうして喜べようか。

109 :゚Д゚)類 ◆rui6Y/0sss :2006/11/19(日) 23:28:36 ID:TRjpYfk0
「カップラーメンよりもできるだけはやく」
少し前から閉塞的な布の外より騒音が鳴り止みません
何事かと思いつつも気だるさとめんどくささで
しばらく放置して未だ引きこもり中です
しかしいつまでたっても規則正しい雑音が止まらず
少々怒り心頭に発してきたので
外の世界に全力で左ストレートをぶちかましました
音源は黙り気分爽快しかし若干冷静に
落ち着いてその飛行する物体を見るとなんと
It's a table clock!!
まとわりつく重みは瞬時に途切れ
入れ替わりに深い哀しみと絶望が突き刺さります
なんという串刺しトラップ
まちがいなく気分はティウンティウンティウン
ああまた死んだよつか難易度たけぇ
なんかこんなこと考えてる内に
チクタクだかチクリンだかキムチ丼だか
時は刻々と、輪ゴム鉄砲のおよそ300倍くらい(当社比
の速度で駆け抜けていきます
そんなこと考えてる内に残りは3分
もう間に合うわけないだろ。常識的に考えて……
いや、しかしどこぞの宇宙人は3分以内で
ジュワッ!と用事を済ませていたじゃないか
とまぁ、なんだかんだしてるうちに
残り2分 ΩΩ Ω<な、なんだってー
ああもうダメポ
これタイムリミットってレベルじゃねぇって
あ、1分切った。
「諦めたらそこで試合終了だよ」
先生…
………二度寝がしたいです……

110 :;゚Д゚)類 ◆rui6Y/0sss :2006/11/25(土) 18:08:57 ID:F/Jm1dTC
すらんぷやばす
なんにもおもいつかない

111 : ◆rui6Y/0sss :2006/11/28(火) 23:07:52 ID:zmnGzN6I
いま思い出したこと
いままで気づかなかったこと
いまでは言えないこと
いますぐに
いま、すぐに、
  ぶちまけて
いまでも変わらないもの
いますぐに壊してしまえ
いまの欠片の塊を
  撒き散らかす
いまだから
いまだから
いまだから、
いまの言葉、
いま、だから、
  なにも
  かも
いま、すぐ、に、
いま、まで、棄ててしまえ

112 : ◆rui6Y/0sss :2006/11/28(火) 23:17:31 ID:zmnGzN6I
液晶画面から覗いた目が
プラスチックみたいだった

冷たくて、白くて細い指が揺れる
いろいろと思うこともあった
軽く震え、
ぶら下がった重い腕、持ち上げる
先に
刃物、金属、鉄の塊

スライドさせる

いろいろと思うこともあった
ただ思うだけで考えは無かった



死にたくない
死にたくない
死にたくない


ならば死ね

113 : ◆rui6Y/0sss :2006/11/28(火) 23:22:36 ID:zmnGzN6I
眠ることをかつて最上と考えたのは必然だろうか
あらゆる意味での逃避は
価値観を霞ませた
夢は夢を見ることで、夢のままに埋まった
遅くなるのは好ましくない
そこからの深みを飲み込めなかった
ただ縮こまることに
ただ震え、
ただ意識を飛ばすことだけを
かつて最上と考えるようになったのは必然だろうか

114 : ◆rui6Y/0sss :2006/11/28(火) 23:30:18 ID:zmnGzN6I
かつて思考したのは
幸いであったのかもしれない

目が覚めるとそこは薄暗い寒い小さな部屋ではなかった
柔らかな暖かな
よそよそしい白の羽毛であって

はてさていつまで寝てたか
近くを徘徊していたねこみたいなひとに
聞いたがこたえはしない

はてさて、いつまでここにいるのか
窓のそばの震えるひとに聞いたが
こたえはない

そのうちどうでもよくなった

115 : ◆rui6Y/0sss :2006/11/28(火) 23:37:09 ID:zmnGzN6I
多少のズレと誤解のもとで
世界と言うものが作られているなら
幸いと思えたであろう

いつも咎められはしない



 願ったことはあったか
 いつまでも同じか
 いつから変わるか
 いつの日にか
 いつもの
 夢をみようか

116 : ◆rui6Y/0sss :2006/11/29(水) 00:19:44 ID:OJwIeMOO
 勝手に指をうごかして
 勝手な言葉を書き綴り
 勝手気ままに
生きていくのも悪くはない

117 :(-Д-)類 ◆rui6Y/0sss :2006/11/29(水) 01:22:59 ID:OJwIeMOO
いろいろやってるのに

なんかしょっく

118 :(゚Γ゚)類 ◆rui6Y/0sss :2006/11/30(木) 22:24:37 ID:eUudtI/m
苦しんでた人がいて、
いつも上をみていたりすると
透けるせかいにえがこう
つ――っするり
と見えかくれする

つづけてつづけて

そして、空に12色の虹が見えて
そこへ、行こうと
それに、手だけをのばしてみて

どうなったの

なつかしさいがい
なにも
なくて
ないてしまったのさ

「――

119 :名前はいらない:2006/12/04(月) 13:42:51 ID:pCdLcj6I
さかさまのmoonと
雪見煙草、しながら
使い捨てカイロを揉みしだく
作業着のポケット
あと隣でゼリーを食べるきみ
この煙草がなくなったら帰るよ
ん。いらね、いらねー。
どうしてこのくそ寒いのにゼリーなんか
食べてるんだ え?いらねってば。
one cupに落ちた月拾って帰るよ
灰色の朝、待ちたいなら君だけここへ残りなよ

120 :名前はいらない:2006/12/04(月) 13:57:15 ID:GRQMBCYA

アタマおかしい早く士ね

121 :名前はいらない:2006/12/04(月) 22:58:28 ID:k1IubVD6
ねぇー
類にはゆびさきミルクティー(漫画)をお勧めする

122 : ◆rui6Y/0sss :2006/12/04(月) 23:33:41 ID:Mo5/xC1Z
>>121
するどい なにかが
わたしの ひだりむねに つきささった!
なんという おびただしい りゅうけつ!!
これはもう たすかりは しないであろう!!

ざんねん!!
わたしの ぼうけんは
ここで おわってしまった!!









いや、、、かなりぴんぽいんとだったもので、、、、、

そういやこの漫画、デトロイトメタルシティーと同じ雑誌なんだよな。
こっちは読んだことないけど。


つか完全に私事でゴメン。

123 :名前はいらない:2006/12/06(水) 17:37:59 ID:GrWMOON9
魂は蛍よりも軽く
吐息の最後にゆれている
あっても
なくても
おわっても
おわらなくても

魂は水よりもすきとおって
目のふちでゆれている

今いても
いなくても
気づかれても
気づかれなくても

あなた そこにいる
あなた ごはん食べてる
月がきれい
もうすぐ新しい年

124 :類|´A`) ◆rui6Y/0sss :2006/12/07(木) 18:09:17 ID:JqnskMPn
雫。

揺れ、揺れ、落ちて

言葉無く、ふるり

見ていて変わり

膨らみ千切れ

静か落ちて

ただ同じ

単一音

響く




125 :名前はいらない:2006/12/09(土) 02:29:14 ID:NXFO633/

雫の一滴は我がノートの池に落ちたが
覗き込めば白くこごえた冬模様

雫一滴はすぐ凍り
今夜 池の底に息を潜める魚たちに届かない
遭難者さながらの夜は
凍える手を擦りながら鉛筆握り
その冷ややかな銀盤に妖精を探そう

126 :名前はいらない:2006/12/09(土) 03:01:20 ID:NXFO633/
海は冬だ
海は夜だ
詩人は海辺に住むといったのは誰だったか
夕暮れから明け方まで
冬に吹き晒された日本海を買い占めて
波と追いかけっこしよう
波は唸りをあげて
肉食獣か、無言の恐喝者か
わたしの脳みそを
飛沫が容赦なく洗う
考えろ、考えろ
と耳元 囁きながら




127 :名前はいらない:2006/12/09(土) 04:30:16 ID:809bMCSH
楽天的な 彼女の 唇
宙を舞う 独りよがりな 風船
不自然に 切り取られた 花々

疎ましい 笑い声に 塞いだ 僕の耳に 響きわたる
古びた 有料遊具の 重たい 音色は 悲鳴のようで

なぜか とても 懐かしい、 ずっと ずっと 昔の 記憶に 連れ去られていくような



そんな 白昼夢の世界
君と過ごす 日曜のデパート



128 :名前はいらない:2006/12/09(土) 04:31:25 ID:NXFO633/

ラビリンス、夢の迷宮にあらわれる人影
それは灰色に滲んだ水彩画のよう
在るべきもうひとつの世界のよう
ボートを漕いで、霧に現わる木立に人を見る
さあ覗き込んで。

わたしはSFさながらにパラレルワールドを探し、時間のコマを巻き戻しする
秘密めいたクラブの地下シャッターをくぐると、
蝶ネクタイできめた作り笑顔の黒服が洞穴のような暗い廊下を指で差し示した。
この奥へ入ってはいけない
あの奥にはなにかが棲んでいたはず
喰らう者が。
私はひたひたと足早にクラブを立ち去り、 冬の日陰のように暗い大通りを横切った
誰かの手を引いて。
あのエリアは永遠に太陽が差さない街だ
近づいてはいけない
後ろにひろがる暗い影の手を感じながらどんどん歩く
やっと、赤煉瓦の騒々しい広場に出た
突如、汽笛が鳴り響くと真っ黒な蒸気機関車が広場に滑り込む
煙突口から色とりどりのピエロたちがいっせいに飛び出した!!
巨大な風船のように空に向かって。
友達が極上の笑顔で振り向き、わたしにキスをした お祭りだった

ああ 帰って来れた
そう思った瞬間に 目が覚めた

ああ、あれはどこにある地球だろうか
ここは何番目の地球だろうか

129 :名前はいらない:2006/12/09(土) 11:29:26 ID:IAnQAgmH
考えても言葉が出てこなかったから
もうこのへんで終わりにさせてもらうよ。

130 :アコ:2006/12/09(土) 19:11:27 ID:KEKYsbG+
そうだね。

131 :/(^o^)\類 ◆rui6Y/0sss :2006/12/15(金) 22:58:39 ID:t5TD3YAS
酔いが
覚める
まで空
回りた
だ一人
夜の夢
を見る
静かに
無口に
腕振り
回しハ
ッピー
ハッピ
ーああ
明日こ
そ死ぬ
のかな

132 :(ノω-)類 ◆rui6Y/0sss :2006/12/15(金) 23:27:01 ID:t5TD3YAS
なにもかも ないのかも
あくまでも あくまでも
  冷静に 気違って
いつまでも いつまでも
 一人きり つらいのも知らず
もくてきも わすれて
いつまでも いつまでも
なにもかも ないのかも

133 :=゚ω゚)ノ 類 ◆rui6Y/0sss :2006/12/16(土) 20:18:06 ID:aNmpZ7m5



もしもし貴方様
ここはどこでしょうか
ある周りの景色の中
ある一人を欲しがられ
変わり変わりに切り替わる
霞み霞みの二次元ヴィジョン
隅々までが空想妄想誰かの世界
愛され憎まれ死んでも生きる
うつらうつらおぼろげな光
如何にしても何時までも
語り合えない触れ合えない

ボクらは
所詮
妄想の産物

だから



GzaA fzypgncwm@by


だってそれがきまりごと

134 :ヽ(゚∀゚)ノ 類 ◆rui6Y/0sss :2006/12/17(日) 22:07:00 ID:0N1mt2aF
跳べない豚さん

跳べない豚さん

一人ぼっち
一人ぼっち

誰も
誰も助けてくれない
誰も貴方を認めない


楽になれるよ
自由になれるよ

貴方はきっと

空だって

飛べる






「跳べない豚は弱い豚。」     「跳べる豚も弱い豚。」
「跳ばない豚が普通の豚で、」  「跳ぶ豚たちは弱い豚。」

135 :宮坂純 ◆Q.YLOO/tn6 :2006/12/17(日) 22:21:23 ID:jnw8V5wL

たからもの
っていうか
ささやかな
ほうもつ!
みたいなね

エリカ
エリカ

ささやかなほうもつすずなり
ささやかなほうもつすずなり

エリカ
エリカ

ももいろの
たからもの
どっさりと

エリカ



136 :◆rui6Y/0sss :2006/12/18(月) 22:35:59 ID:geoEgcTO
掠れて霞んで

代わり代わり

半透過色の東京タワーが

澄み切る隅から速やかに


137 :◆rui6Y/0sss :2006/12/18(月) 22:38:28 ID:geoEgcTO
煮て、火になる

還らない昇華

138 :(ノ゚ω゚)ノ類 ◆rui6Y/0sss :2006/12/19(火) 00:33:53 ID:K/Z6S8wN
「蟹色祭典」

砂浜を横切りマス
海が蹂躙されマス
隅々まで赤色デス
静かに上塗りデス


ああ、赤、アカ、明るい赤色
苦しみマスか?その肉が吹き出マス
瞬く間の世界は私を彩りマスか?
小さく、小さく、血、意識は朦朧トシ
蟹か壁か蟹蟹蟹蟹蟹蟹蟹蟹蟹蟹蟹蟹蟹蟹蟹蟹蟹蟹蟹蟹蟹蟹蟹蟹
塞がる壁と蟹蟹蟹蟹の壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁と壁
蟹蟹遮る蟹の壁の蟹蟹蟹塗り潰す蟹蟹蟹蟹蟹蟹蟹蟹の壁か蟹蟹蟹蟹
  鮮やかに、黒い、ゲシュタルト崩壊に、呑マレ
    仮想、空想、今だけの、理想と妄想
      夢、夢、夢、から、速やかにお帰りナサイ?
        巻き込まれ、撒き散らし、紛れもなく、蒔直シ
          静かに、静かに、塩水と潮風に栞は萎レ
ああ、赤、赤、赤い、赫い、赫い、赤、アカ、赫い紅い赤色のアカ
アカと赤色と、彩りを添える、鮮やかな空のアオと赤い、世界
細やかな感銘も、些細な、感動もココに適当では、ないのデス

ああ帰りマスか、還られマスか、返して下さい私の夢

埋めて、埋めて、埋め、尽くされて、みんな始まりを選びマス

ああ帰られマスか?逝かれマスか?また来て下さい私の夢


139 :(*>∀<)類 ◆rui6Y/0sss :2006/12/23(土) 00:26:16 ID:ntwYRmrS
眼に見えない
芽に見えない

遠い空気の中に混ざった
音の震えと波の感触

140 :ノ゚∀゚)類 ◆rui6Y/0sss :2006/12/23(土) 00:31:17 ID:ntwYRmrS
黒い空想腐った空気
気味の悪い
気持ち悪い
奇妙な
気違い
綺麗に
消えた

流れる
中で
眺めて
初めて
涙を拭く

141 :-ω-)類 ◆rui6Y/0sss :2006/12/23(土) 00:43:03 ID:ntwYRmrS
複雑回帰。

くるりくるりまわる回る回る


ゆるやかな、似てない双子と
せわしく動く一人っ子

私、私たちは彼らに縛られているのだろうか
私たちを縛っているのだろうか

彼らは紛れもない世界であり


彼らは回る ― 物言わず
彼らは回る ― 意思も介さず
彼らは回る ― ただ単一音を奏で
彼らは回る ― 小さな音が静かに響く
彼らは回る ― 静寂を動かすため
彼らは回る ― 世界を十二と六十に分け
彼らは回る ― 何時か終わりを告げるまで
彼らは回る ― 日々同じルーチンワークを繰り返し
彼らは回る ― 回る回る回り続けて回り続ける
彼らは回る ― 若干の狂いを帯びながら
彼らは回る ― 彼らは回る彼らは回る
彼らは回る ― …………


それらは、この世界に、誰かが作った決まりごと。


142 :・ω)類 ◆rui6Y/0sss :2006/12/23(土) 00:45:27 ID:ntwYRmrS
鳥はただ空へと飛んだ


帰りはなく

在りし日か言葉は崩れ

幾つか思い

日々を覚えて震わした

隠し消えて

余る外への視界を遮り

暫し省みて

あの止まり木を最後に

羽を抜こう

143 :ヘ(゚Д゚ヘ)類 ◆rui6Y/0sss :2006/12/23(土) 23:13:54 ID:ntwYRmrS
ウミの中の恋の歌。


私を中心に
無差別に糸が繋がります
あなたはだれ?
あなたはだれ?

比べるまでもなく明らかに
かつ徐々に染まる一つの糸は
あらゆる意味で気味が悪く奇妙でした

ただ声もなく
寄り添わせるかのように
私をひく糸の先は
何も無くてただ虚空だけ

還らないものは
ただ過去落ちであると
夢の中のウミに埋もれてつぶやきます

何時までも虚空は塞がりません
そして何時までこの
血染めの糸は残るのですか

144 :(・Д。)類 ◆rui6Y/0sss :2006/12/23(土) 23:23:53 ID:ntwYRmrS
隠れて描いた星の色。

月により彩りをと
いつも静かに
筆を振る

日を被した空の音
長く尾を引く
影の草場

濡らしたのは雨
静かに潤いを
帰り道に線
戻れない
なのに
描く


145 : ◆rui6Y/0sss :2006/12/25(月) 00:47:12 ID:eWPJwtVr
死を恐れる怪物。

広く地を黒く被せた
光を遮る単純な行為

ただ斜光が生み出す
大きな大きな大きな
影に
力を見出そうとする
内に

火を落とし
地面が空の
全てを覆う

146 : ◆SHIN46tkbs :2006/12/25(月) 01:39:45 ID:59F/Hnow
「トゥワニィ」

ウンドゥバ ウンドゥバ
モーイト モーイト
ウンドゥバ ソンドゥバ
モーイト モーイト
ルーイモーイトウゥンニ
ムースバレール
イノルーニイノルーニ
モーイトルーイモーイトゥンニ
ズィトズィト
ムスバルリィール
イノルーニイノルーニ

ウンドゥバソンドゥバ
ウンドゥバウンドゥバ

ルーイ
モーイト
エデルデズィト
シィヒワ

147 :◆O////O//l. :2007/01/05(金) 19:17:10 ID:GSn3Z4lj
私は私ですか
私は私なのですか
私は貴方になりたいです
私は貴方ではないのでしょうか
私は貴方になりたいです
私は私なのですか
私は私ですか

148 :◆O////O//l. :2007/01/05(金) 19:20:01 ID:GSn3Z4lj
乾かして乾かして
冷たいのは濡れてるから
湿ってるから
乾かしましょう
乾かせませんか
水が滴るのは
必然ではないはずです
かわりつづけないで
戻ってください

149 :◆O////O//l. :2007/01/05(金) 19:41:21 ID:GSn3Z4lj
いつもそうでした同じで在り続けました変わることもなく動きませんでした
それは正しいと言えますか私はよく分かりません何故としか言えません
回ったり回ったりして同じ位置を繰り返しくるりくるりくるったように
日々を引っくり返すようなモノは存在しなかったのでしょうか私はよく分かりません
沈んでった水の塊に何か意味を持たしたりするのは暇潰しにしかなりませんでした
未熟で惨めに短い生涯を害悪なままに学ぶこともせずにただ断ち切られ
断りもなく言葉は無くなるのは少なくとも望ましくはありません私は思ってました
あの星は落ちるまで光るのでしょうか印を付けていつか落ちるまで見届けましょう
年を重ね傘を閉じてしばらくし変わり目に帰りいつかのアルバムを綴り
いつかの日記帳に最後まで言葉の羅列で埋め尽くす空白が無くなるまで黒く染めるまで
初めて喋ったことを覚えてますか私は分かりませんけどきっと普通だったのでしょう
きっときっと普通に生きて行ければ何も要らないのでしょう私は思ってました
だから流されました永いことそれが普通なのでしょうか私には分かりません
すべてのひとたちは答えが無いことを知っていましたそれでも私は分かりませんでした
意味に意味を付けるのに意味はありますか私には分かりませんいつまでも
教えてくださいつまらないことでもいいですから私は知りたいと思ってました
ずっとずっと前のことでしょうか私は常日頃の私が分かりませんでした
ずっとずっと前の話でしたでしょうかずっと前にお話したでしょうか覚えてません
ずっとずっとずっとずっと前の私は良いモノでしたか私には分かりません
ずっとずっとずっとずっとずっと前の私より今の私は良いモノでしょうか私には分かりません
ずっとずっとずっとずっとずっとずっと前から聞いています教えてくださいますか?

150 :(-Д-)類 ◆O////O//l. :2007/01/05(金) 20:17:46 ID:GSn3Z4lj
かるしゅーむが足りてないんだな。きっと。




なんかすげぇ疲れた。

151 :◆l.U.M.//.. :2007/01/09(火) 21:08:34 ID:L4stdun/
確かな過去曖昧な過去
苦しみ哀しみ楽しみ喜びの過去
暗い過去明るい過去
新しい過去古い過去
静かに騒がしく満ちて渇いた
変わること無い過去
求めるのか

未来不鮮明
に澄んだ過去に無い
物を求められ何を思えるのか
変わらない過去
劣化しない過去
揺るぎない過去
時に歪む過去
時に沈む過去
消える過去
無くす過去
良い過去
悪い過去
過去
過去
過去
過去
過去
過去過去
過去過去過去過去
過去写真のような過去過去過去過去過去過去
過去戻らない過去帰らない過去思い出の約束過去過去過去過去過去過去過去過去

152 :◆O////O//l. :2007/01/09(火) 21:11:08 ID:L4stdun/
こっちだったか

いやいやトリップ間違えたわ

まあ別に誰も見てないんだろうけど

153 :名前はいらない:2007/01/10(水) 10:40:18 ID:g85X9JA6
どのように試みても今は今のまま変わらない
今が昔になることはないし今が未来になることもない
今は進化し続ける今でしかないのだから
でもそんな今が今として在るおかげでみんな生きていけるんだけどね

154 :名前はいらない:2007/01/11(木) 15:51:16 ID:bkkPB6MA
眠れないふりで
入眠剤を欲しがる建築物

155 :名前はいらない:2007/01/11(木) 18:10:34 ID:ZgCDafZ0
つまらないと呟いて 今日に背中を向けるより
納得いかんと喚き散らして 明日にその手を伸ばせばいい

運命だからと諦めて 今日を俯いて生きるより
知ったものかと嘯(うそぶ)いて 明日を変えてしまえばいい

明日はきっといい日だぞ つまらん今日より少しはな
それでも納得できんなら 明日の明日があるだろう



156 : ◆O////O//l. :2007/01/12(金) 22:59:20 ID:3l3D4FSo
虚ろに響くオルゴールを砕け。

157 : ◆O////O//l. :2007/01/12(金) 23:05:21 ID:3l3D4FSo
決して同じではないもの

曇る視界は波色に閉じた

雫は意味もなく落ち
緑の僅かな礎となる

繰り返し巡り循環し
いつかは天より
頬をぬらす
暗い雨と
なるだろう

158 :(-ω-;類 ◆O////O//l. :2007/01/14(日) 23:10:03 ID:XYxCsoPV
うーん、、、なんか違うんだよなぁ、、、、、

159 :(・ω・;類 ◆O////O//l. :2007/01/15(月) 00:06:24 ID:0JxR1Xhx
明日も同じかな

明日も同じかな

明日も明後日も同じかな

変えるにはどうすればいいだろう

分からない、未来がどうなるか分かりっこないから

じゃあ何故同じなのだろう

分からない、過去のことなんかみんな忘れてしまうから

今を今更悔やむぐらいなら

過去を書きとめておけばよかった

そう思ったから

明日、明後日、その先の未来のために

私は今、今を書き置く

160 : ◆O////O//l. :2007/01/15(月) 01:12:24 ID:0JxR1Xhx
くだらない言葉が浮かんで消える
どうにもならない漏れ出す脳汁

なんのために考えるのか
なんのために動くのか
なんのために生きる
なんのために死ぬ
なんのために?
幸福のために生きるなら
幸福のために死ぬことになる
欲望のために生きるなら
欲望のために死ぬことになる
生きるから死ぬ
生きるイコール死ぬではない
だというのにいつの間にか目的はすりかわる
私達は生きるために生きている
つまりは生きるために死ぬ
そういうことにならないか
なるわけないだろう

まったくもってくだらない思考、思想、思案
どうやら私の言の葉の緑の殆どは枯れてしまったようだ

161 :(・ω・類 ◆O////O//l. :2007/01/15(月) 01:22:21 ID:0JxR1Xhx
代価と代金と代打バッター

その世界には金があった
しかし
その世界には人がいなかった
だから
その世界には金は無いことになった

162 :名前はいらない:2007/01/16(火) 05:56:12 ID:Ott2O5hy
多量の薬物摂取で意識を失うように眠る海豚

163 :名前はいらない:2007/01/19(金) 19:54:58 ID:Fe8yEM64
可愛い瞳の私のトモダチ
優しくなくてもいいのに
怒ってもいいのに
ひとりで抱え込んでる悩みは広くて深い憧れ
一緒にどこかに逃げようか



164 :名前はいらない:2007/01/20(土) 06:23:42 ID:bmcVlKX9
皮を剥ぎ取り骨をもぎ取る甘い恋の夢

165 :名前はいらない:2007/01/21(日) 03:10:58 ID:PsP7IfU0
迷路の中心で助けを呼び叫ぶ



166 :(-ω-類 ◆O////O//l. :2007/01/22(月) 02:01:06 ID:MJ5FC7iH
分泌されて滴り流れてく

汁汁汗汁汁汁汁汁汁


こんなに無駄に垂れ流すから
心が渇くんじゃないか

167 :(゚Д゚類 ◆O////O//l. :2007/01/22(月) 19:29:52 ID:MJ5FC7iH
カラカラ転がる
同胞の頭を
踏んで払って
ついばんで
目先現実
瞼の裏側
まだ幻想
消える消える思考が消える
転がる
転がる
カラカラ転がる
鴉の仲間が
転がる頭を
踏んで
払って
ついばんで

168 :名前はいらない:2007/01/22(月) 20:59:50 ID:kjM2BHTi
いばんでねえよ、と
同級生にいわれまして
いばってねえよ、と
返したらば
おめえの顔はでけえから
そんなでなくてもそんなふうに
みえてみえてしかたがねえのだ、と
いいやがったのだ。

169 :名前はいらない:2007/01/24(水) 13:51:23 ID:heA7S+zs
堕落してゆく脳
誰かの視点で覗く
乱雑な部屋に
裸足で晒す醜態

170 :(・ω・類 ◆O////O//l. :2007/02/03(土) 04:12:51 ID:0QiX993u
退屈な流れを懐かしみ
かつて緩やかであった
激流を眺めて思いつつ
撥ねる音の中の音を見
ただ垂れ流される空の
響くのを懐かしく思う

171 :(・ω・類 ◆O////O//l. :2007/02/03(土) 05:39:14 ID:0QiX993u
美しく動く後ろの虚ろな薄ら海

172 :(・ω・類 ◆O////O//l. :2007/02/04(日) 21:06:41 ID:5IGYBiG5
見えている
短い繊維はただたれゆれる
惨めな未熟な未来が始まる日

173 : ◆O////O//l. :2007/02/05(月) 00:27:12 ID:ABlRBo9o

ひろい空に ふわり うかんだ お月さま
小さくて ぬりつぶされそうな お月さま


   【集積】Memorial


くらいお空はひかるほしが

いくつもたくさん
いつもたくさん

あたまの上がみられてる
いつもぼくはみられてる


お母さんにお父さんにおじいさんにおばあさんに


みられてた




174 : ◆O////O//l. :2007/02/05(月) 00:28:01 ID:ABlRBo9o
ただ猫が吐く
なんという世界 ただ猫が吐く
雨音は静かすぎて
雫が そこに沈むのに気付かない

   【堆積】Memorial


嘆きに似た なきごえ
憎しみすら無い 哀しい音響

ただ 猫は横たわる

気付かない
気付かれない
誰も気付きはしない
誰も傷付きは しない

猫は自然と世界の一部となるまで

ずっと長い
ずっと長い
ずっと長い間

死ぬまで苦しむ
苦しむ
苦しむ
苦しみが楽になる
蝋燭が消える


燃え滓の哀歌

175 : ◆O////O//l. :2007/02/05(月) 00:29:03 ID:ABlRBo9o
彼の隣で 彼女は笑った
静かに 優しい 微笑みは 彼の心に張り付いた
二人は 幸せで満たされていたはずだった

   【累積】Memorial


彼は 彼女を連れだした
彼女は 部屋を出て光を浴びた
それに なんの間違いも 一切無かったはずだった
隣町まで行こう と 彼は言った
それに間違いなんて無かった一切無かったはずだったはずだったはずだったはず

彼らを乗せる 鉄の塊の来訪を知らせる けたたましいベルの 音 が 鳴り響く 黄色い 境界の上に 並んで立った
彼女は 長い髪を 揺らし ふわり と ふわりと 軽く 踏み出して こちらを向いた
途端に 衝撃と 唐突の 衝撃が 揺らす 目の前 の 世界 画面 目の前の彼女
は その 瀬戸際を 意図してたか して ないか 複雑な 表情 顔 顔 顔 顔 顔
顔を して 虚空から踏み出し 終末を予想させる 金切り音が 膨大な質量と共に
通り過ぎていき 世界を 飾る 彩る 蝕んでゆく ああ ああ 明るい色に 透き通った極彩色に
埋まる 埋め尽くし 撒き 散らかし 適度に 殺風景な 辺り 景色に 奇怪な 美しい オブジェが 出来上がるのを
彼は 染められながら 彼女に 埋まりながら 驚愕と恐怖と怯臆の境界に残されてた塊への名残と吝惜の心に
眼も離せずに心に残された顔顔顔顔顔顔顔顔顔を浮かべては消し消しては思って行動もせずにただ思案のみが
止まらない止まらない奔流思考が何気なく流れ馴染み空虚な空気が涙を淀ませ滲ませ掻き混ぜ
空虚に空虚に虚構を作り上げた発生源と言える魂塊傀儡の様に弾ける様に
ふと硬直していた景色が動き出し騒がしい声音声音音音響いて人壁にヒビを入れ
人ゴミごみの中を取り残さた彼の瞳は何も写さず何も写さないように何かを観ており
精一杯の逃避に無駄な無意味な逃避の心は蝕まれ彼は何処までも隅々まで彼女に蹂躙され彼は顔を歪めて彼女が好きだと言った顔を精一杯壊れるまで歪ませ雑多な雑音塗れる中心でただ嗤うのだ

176 : ◆O////O//l. :2007/02/05(月) 00:30:03 ID:ABlRBo9o
だれも
だれも
みんな
おなじ

   【蓄積】Memorandum

せかい
人々
みんな
同じ
みんな
同じ
ものがたり



物語



きっと
毎日

記念







177 :名前はいらない:2007/02/05(月) 20:59:29 ID:/+yS5RVI
遠ざかる君の爪先
手をのばし触れた足跡
触れることなき爪先
遠ざかって見えない
振り返らない姿
脳に刻み反対側を続く

178 :(・ω・;類 ◆O////O//l. :2007/02/05(月) 21:55:34 ID:ABlRBo9o
くぅ、、、

やっぱヤケ酒はするべきじゃないなぁ、、、

179 :(・ω・類 ◆O////O//l. :2007/02/05(月) 21:58:24 ID:ABlRBo9o



に影がさす

180 :(-ω-類 ◆O////O//l. :2007/02/05(月) 22:01:02 ID:ABlRBo9o
隙間から見えた色は
小さな好奇心を満たすには
十分ではなかったのか

小さな小さな不幸を呼び込む
小さな小さな尻切れトンボ

181 :名前はいらない:2007/02/06(火) 08:09:40 ID:+9f+nn33
望遠鏡で覗く
茫然とし動かない身体
絡み合わない視線
精神を捜すように覗き
動かない私とわたし

182 :名前はいらない:2007/02/07(水) 08:13:15 ID:rXc4G9TR
飼育され鎖に繋がり
誰かに支配され
支配する手に噛み付き
眠る蜥蜴の願う死

183 :(ω類 ◆O////O//l. :2007/02/11(日) 16:39:33 ID:kh1ENpyh
知らない間に知って、
いつの間に会って、
間に合わずに、
静か、静かに、こう、
ふるふるとまばたく。

空気をください、

苦しみは無駄なまで。
無駄に増え、
みな、見る、見知らぬ、みなを。
狂ってるな、苦しむなよ、

短い会合。
惨めな快楽、

渦巻いて埋もれ、
膿のなかの魚への擬似餌に。
微小な具象、
映るのか。

脳みそが臭う。腐ってるよ、きっと。

184 :(類 ◆O////O//l. :2007/02/11(日) 16:51:38 ID:kh1ENpyh
とろける。とけだす。とけこむ。時計。
どーでもよくてどーにもならなくて

誰か、抱いて、
だいだい色の惰性、

面倒に。芽は鎖。眼が出る。

少しだけ、
透けてく、
満ちる、
溢れてく、
あぶれてく、

 鉄の鋏
 鉄を挟み
 鉄の狭間
 鉄を撥ねる
 鉄の花びら

185 :(・ω・類 ◆O////O//l. :2007/02/11(日) 23:03:15 ID:kh1ENpyh
  楽になるさ。
  楽になる魔法。
  楽になるよ。
  楽になるよ
  楽になるから。
  楽になるのに。
  楽になるのに。
  楽になるけど。
  楽になるけど。
  楽になる。
快楽になる魔法。
悦楽になる呪縛。
耽楽になる。
  楽になるのだ。
  楽になるのだ。
極楽になる。


恐らく、そう。

186 :名前はいらない:2007/02/12(月) 07:38:11 ID:R6USRX4Y
海に沈むように落陽
消えゆく呼吸音
押し拡がる闇夜
海から拾う濡れた月
月光に蘇生する呼吸音

187 : ◆O////O//l. :2007/02/13(火) 04:15:47 ID:fi5QVMYz
温度差が、
呼吸と共に白く、
虚空を刻む

188 : ◆O////O//l. :2007/02/13(火) 04:18:20 ID:fi5QVMYz
無限の中に思いを
無理の中に意地を
無駄の中に心を
無断の中に理を
無視の中に慈しみを
無音の中に言葉を

無  の中に作為を

189 : ◆O////O//l. :2007/02/13(火) 04:19:42 ID:fi5QVMYz
意を決した言葉は重く
嘯かれた言葉は軽く

言魂の質量

私は軽く
貴方は重く

190 :名前はいらない:2007/02/13(火) 07:56:54 ID:tdZq438o
首に手をかけるように
囁く言葉
耳鳴りに塞がれ聴こえず
何度も何度も繰り返し
閉じるように消えた耳鳴り聴こえた囁く言葉
高鳴る心音
低くなりゆく体温

191 :名前はいらない:2007/02/14(水) 05:48:09 ID:6ydIUwZm
体温を奪う雪
言葉を奪う声

頭上に舞う冷たい破片
冷たい言葉

手のひらに重なり
冷たい水になり零れる

君のように

192 :名前はいらない:2007/02/15(木) 21:36:12 ID:u+seWf6Q
肉体が腐り乱れ
視界に君を映せず

停止してゆく
あなたを残してゆく

そんな日が
訪れるまで此処で眺める

193 :(゚∀゚類 ◆O////O//l. :2007/02/15(木) 21:48:48 ID:3upfESu8
流転、空転、周り、回り、
割る、今、悪い間

194 :ポール・鍼灸・ニューマン ◆SHIN46tkbs :2007/02/16(金) 00:49:23 ID:dEsnuatw
まーなんて言うか、類は言葉で編み物してるみたいだな。

195 :名前はいらない:2007/02/16(金) 07:26:16 ID:YShOD3sY
鳴き声を聴くように
心音に寄せる
体温に触れて

眠りに落ちて
夢を見続ける

死んだように
眠りに腕に落ちる

196 :名前はいらない:2007/02/17(土) 07:39:11 ID:jdFSdZOY
瑠璃色の世界
色褪せて
狭くなる色彩

求め唄い流れゆく群れ

いなくなる世界
極彩色の色に染まる群れ
剥がれ落ちた瑠璃色

197 :名前はいらない:2007/02/17(土) 10:04:06 ID:w7Kfg+pJ
Lonely way 低俗な童夢
論理 上へ Days of the doom

198 :◆O////O//l. :2007/02/20(火) 21:39:11 ID:daDvcuyV
無駄に無意味に
今は無く
作為鋭く
狂い無く
遠い通りの
指針の先の
混ざり交わる
意識を終える

199 :◆O////O//l. :2007/02/20(火) 22:08:21 ID:daDvcuyV
累積故事甚だ多く
線辿り狭間の空白記す印の軌道準え
膨大多量に陥る事と為る物よ
嗚呼悲哀哉親愛なる希望
其全て迄奪い賜う故私は信ず事出来ず
亦其処が屈折為る迄
未だ此処は何時も同じ儘

知れ然為れば知る

虚偽為るか、全て然り
真実為るか、須く然り

200 :ヽ(゚∀゚ヽ類:2007/02/20(火) 22:11:27 ID:daDvcuyV
略式(AA)200ゲトー!!













むなしい、、、

201 :名前はいらない:2007/02/21(水) 08:10:08 ID:enJcO++t
糸に絡まりもがく
溺れ沈む頭蓋骨の破片
還る場所を失い深く堕ち
魚に喰われ消えうせる
私の身体のように

202 :◆O////O//l. :2007/02/21(水) 22:05:34 ID:2Qaf17dP
滲んでく。

しわくちゃに、
変貌を遂げる薄っぺらな塊に
五指をおおげさに、
羽ばたかせるかのように、
黒い、無骨な、黒い、大きな影を作る

輝きは何処へ失せるのか、
後ろめたい奇跡を残して、
その光は何処へ行く 、

203 :◆O////O//l. :2007/02/21(水) 22:32:17 ID:2Qaf17dP
幾重に。幾重。幾つも積み上げる。
累積して。積層は深く。遥か遠い年月の跡。
  夢から帰り、起き上がる。
  白い、と、形容するが正しいのかは分からないが、白い光が瞼をすり抜けた。
  それは、日の光ではなく、蛍光灯で。
  蛍の光と書くというのに、なんと無機質なのか。
  色々なことを読み返し、色々なことを、幾つも思い。
  まだ。重い。瞼は垂れ下がる。思考を淀ませて消してしまう。
  半開きの口は、ただ空気を洩らし、声も無く訴える。
  身体が倒れる。精神の抵抗を物ともせずに、自然に、ゆっくり。
  かつてはこれを望み呼び込んだ。
  幾つも彼らの数を考えた。
  幾つもの姿を数えたか、
  幾つもの頭を数えたか
  幾つもの眼を数えたか、
 幾つもの
 声を数えた
か、
 幾つも
の頭を数えたか、
 幾つ

の脚を数えたか、幾つも



を受け
、私は沈む

204 :◆O////O//l. :2007/02/21(水) 22:48:11 ID:2Qaf17dP
虫。

虫。


なぜに虫。


ああ、足音(?)が響く

205 :(ω類 ◆O////O//l. :2007/02/21(水) 23:22:41 ID:2Qaf17dP
「黒きG(アレ、あのアレ)の戦慄!」

酷い。
コイツは酷い。
てか酷いってれヴぇるじゃない。

あの いわゆる アレが あらわれた

おかしい。
コイツの強さはランダムエンカウントする雑魚敵の強さじゃない。
せめて中ボスにしてくれ。一回倒せば出ないだろうから。
大体、攻撃が当たらないってどうよ。おかしいだろ。
素早さ高杉だろ。はぐれメタルか馬鹿やろう。だったらもっと経験値よこせ。
てか強さとかの問題じゃない。おかしい。コイツは仲間を呼びやがる。平気でIとかGとか、
下手したらZまでいって表示カンストするんじゃないかと思うくらい集団になる。
まさに黒き戦慄。この嫌悪感は以上。至高。これはある意味。
さらにおかしいのは、コイツは年々進化する。しやがる。しかも目に見えて。
馬鹿か、駆除薬をレジストすんじゃねえ馬鹿やろう。どこのモビルスーツだ。
てかアレ専用の薬が効かないってなんなんだ。勝手にエヴォリューションすんな。いや、やめて、お願い。
最近のやつなんか、取り扱い注意レベルなんだぞ、馬鹿か、たかが殺虫剤だろ。
ていうか、お前らなんで風呂とかトイレにいるんだ。食い物ねぇだろ。
水だけで数ヶ月生きるとか馬鹿だろう。頭がもげても数週間とか馬鹿だろう。
氏ね。今、素直に思った。氏ね。とにかく。消えて。お願いだから。
世の中ていうか世界にはこのアレを食う、頭が逝ってる人もいるらしいが、
さすがに私も真似できない。てか食い物じゃない。色々考えて。常識的に。
そもそもヒエラルキー的に考えても、下手物の遥か上をいってる。毒物だろ。つか細菌爆弾じゃねえか。
ああ、飛ぶな、いや、やめて、飛ばないで、ちょ、くんな、こっちくんな、やめ、あ、ちょ、まっ、その羽しまって、あ、ひろg




返事がない。ただの屍のようだ。

206 :名前はいらない:2007/02/22(木) 07:38:00 ID:XE5DmpeL
第三者から見た世界は
輝いてるようで
けれど
この視界には
色褪せ朽ちたような世界にしか見えない
双眸を閉ざして
輝く世界を映す眼球をくれないか願う

207 :名前はいらない:2007/02/22(木) 18:54:35 ID:XE5DmpeL
裏側に鳴り響く声
表側を目隠しで嗤い
ぽつりぽつり紡ぎ
虚ろな明日に残す夢

208 :名前はいらない:2007/02/24(土) 20:25:12 ID:N4TzScZG
芽生えるように囁き
枯れるように呟く

誰かの声

塞いだ耳に聞こえない
言葉をなぞり

目覚めたばかりの声

209 :ゆず:2007/02/24(土) 20:34:17 ID:Z7q+4gO0
永遠はどこにあるのだろうか
いくら追いかけても
届かない影のようで

永遠はどこにあるのだろうか
それは恋や愛ではなく
「好き」の意識で
気づかない影のようで



210 :名前はいらない:2007/02/24(土) 23:31:50 ID:jLMoIUbd
腕をふりまわす
上着の裾をつかむ
風が強かった日
奇態な鳥のように


211 :名前はいらない:2007/02/26(月) 00:13:01 ID:ijmuBywS
日常に漂う言葉
耳に残りし君の声

212 :◆O////O//l. :2007/02/26(月) 01:03:17 ID:aeDxow7i
笑みをそのままに。それは貼り付いたままで。
いつか全て必要などはなかったはずと。
夢に空想し、想像した歳月は、いつのままに。
澄んで綺麗に。済んで非礼に。
歯車を回すのはもう飽きた。

213 :名前はいらない:2007/02/26(月) 01:04:22 ID:IKrsCdoN
えくぼのできる君は文句なしに可愛い人だ

214 :名前はいらない:2007/02/26(月) 01:05:03 ID:IKrsCdoN
すまん、213スルーで

215 :(・ω・類 ◆O////O//l. :2007/02/26(月) 01:27:14 ID:aeDxow7i
短期的展開
短絡的転落
空想的光沢
空論的交錯
抑制的快楽
抑揚的開拓

216 :◆O////O//l. :2007/02/26(月) 01:33:11 ID:aeDxow7i
たくさんのこと。

白い、
針金のような光が
最短距離を駆け巡る。
窓に写り、
曲線を描く一筋は心の中に映えた。
古臭い石作りの
壁の角の暗い道に印を灯し、
青黒い空を覆う多くの光を悩ましく、
見やる。
矮小な手の平
を透かして届く、
余りに遠い
夢の街を
夢見て、
子供のように
子供たちは夢を見る。

217 :(・ω・類 ◆O////O//l. :2007/02/26(月) 01:37:19 ID:aeDxow7i
ミルク100%のお酒
ヨーグルト50%のヨーグルト
果汁0%のオレンジジュース

218 :名前はいらない:2007/02/26(月) 07:40:30 ID:ijmuBywS
水曜日に躍りだす
木曜日に眠る
金曜日は夢の中
土曜日に鳴る目覚まし時計日曜日に目覚め
月曜日に歩きだす
君の日々に焦がれ沈む

219 :名前はいらない:2007/02/27(火) 19:32:57 ID:jMSFJfid
無欲なままの赤い手
誰かの皮膚に触れ
何かに触れ生まれる欲
望み求めながら
何かを失い
泣き笑いして眠る手の平

220 :ある ゆう あい ◆O////O//l. :2007/03/04(日) 22:40:12 ID:srJc25Xi
ひらがな が おどり

ゆめが みえる
ゆめが みえる

あるとき わたしは しる
あるとき わたしは しるす

ころびながら かかえながら
そろえながら かかげながら

みえ きえ みえずに きこえ

ちいさい うつわに
ちいさく うつろに
ちいさな うつくしい うたを そそぐだろう

221 :◆O////O//l. :2007/03/04(日) 22:44:26 ID:srJc25Xi
海を見る
空からの展望
地は小さく
人が小さい
空から見下ろす
海を見る
地は小さく
色は稀を映し
空から見上げる
雲が泣く

222 :名前はいらない:2007/03/05(月) 01:00:59 ID:Y1LIGMNv
首を伏せ覗く
さかさまの視界
笑い声に還る
喋らない顔
泣いた脳

223 :名前はいらない:2007/03/05(月) 20:24:50 ID:Y1LIGMNv
美しい石を落とし
拾いあげる手に見惚れ
触れそうで触れられない
手と手に落とす涙
滲んだ悲しみに繋いだ手

224 :名前はいらない:2007/03/07(水) 08:00:16 ID:KQ8J4zHx
停止した臓器の音
閉じた双眸

小さな骨となって
はじめて抱きしめる君

言葉にならない想い
燃えてしまえばいい

煙りとなって
遠すぎる届くから

225 : ◆O////O//l. :2007/03/07(水) 20:56:02 ID:RFNuKT5U
からっぽの青い皿を

白く、徐々に灰色に塗り潰す

満ちるまで降り頻る雨

226 :◆O////O//l. :2007/03/07(水) 21:15:52 ID:RFNuKT5U
「あめ玉としての 地球」


一粒 ころり

雨晒しになりながら

ころり

そこに
黒く小さな
住人たちが

十円の地球を
求めて並ぶ

227 :◆O////O//l. :2007/03/07(水) 21:17:00 ID:RFNuKT5U

不格好で
酷く汚れてた

手の平の銅の匂い
記憶に並行して
読み返す

白いTシャツ白い雲
アスファルトは
ふと熱気を帯びて
僕らの星を溶かしてゆく
また一粒

ころり

銅の塊
手の平に置いて
記憶は並行し
錆びてゆく

228 :◆O////O//l. :2007/03/07(水) 21:18:18 ID:RFNuKT5U

雲からのしずく

夕暮れに塗られ飴色へ

切れ目から見せる眼は
考えなく溶け

白い、白い、
カルシウムの壁の中で
十円の星が湿ってく

いつか
錆びた匂いの
手で握り締めた

たった十円の星

229 :名前はいらない:2007/03/11(日) 07:11:20 ID:C08sM8M2
子宮に還る

記憶を失う

体液に包まれ

暗がりに眠る

人工灯の眩しさに泣く

声がきこえる

230 :名前はいらない:2007/03/12(月) 19:15:00 ID:D2BMQRS4
類似品の笑顔
拙い目線がだす手
偽物の価値が在る裏側
見抜けない飾られた身体

231 :名前はいらない:2007/03/15(木) 00:51:17 ID:pVmjdMDK
誰かの雨が君を濡らす
傘に届かない紫陽花
水たまりに映って滲む
鉛色の空を呼び合い
群れをなす青に泳ぐ雨雲

232 :名前はいらない:2007/03/21(水) 06:40:05 ID:rzmeXoA/
雨雲の隙間から
溢れ出る乳白の陽
目眩に包まれ
のばした腕

233 :◆O////O//l. :2007/03/23(金) 21:42:57 ID:U2QEI/z0
出口はどこだろう

迷ってばかり

選択には時間がかかり
決断には勇気がいり

みつけた先の深遠に入り
またその先には別れた道ばかり

234 :名前はいらない:2007/03/24(土) 21:14:41 ID:qDn0zxKq
リアルな妄想に陥り
桃色の色鉛筆転り
日常に還り
桃色の色鉛筆踏まれ
壊れた非日常

235 :(∀類 ◆O////O//l. :2007/03/25(日) 22:41:26 ID:ijrpfTo3
うらましや
そこになおるぞ
くるひとよ
みずよりかりて
ひにおりなする

236 :類(∀ ◆O////O//l. :2007/03/25(日) 22:57:03 ID:ijrpfTo3
 するり はだける 濡れ 水掛かる
 そらし せを曲げ 遠く 空見上げ

  恒常、月よ、輝くのか。
  何せ、雲よりも透ける。

 浴び 安らぎは寄りて 静かか 暗がり
 するり はだける 風鋭く 突き刺さる

道失うか 恒常か まぶたの陰には
空の影 うすら 小さく 未だあり

  夢よ、願わくば
  胡蝶のままであれ。


237 :名前はいらない:2007/03/29(木) 07:36:28 ID:Y/9FaUvt
冷蔵庫に解け流れる
水道を流れる血液
濡れた手のひら
撫でるような陽
密かに見つめる
牢獄の月

238 :◆O////O//l. :2007/03/31(土) 23:24:19 ID:1/PEUWVG
きっと、みたされてたら、
きっと、なにもできないんだろうな。

「氷の色」

例えば、明日。明後日。
例えば、昨日。其の様にに。
再現。歳月を通り。際限無く。
踊る。心が。良い感じに。冷え切る。
雑念を最小に。最初に切り捨て。摘み上げる。
取捨。選ぶ。雑多。不要。必要。重要重大。
殺して。殺して。有りと有らゆる塵芥。
初めての話。隠し。苦しく。由々しく。
日々有限に為て。日は亦翳る。

239 :名前はいらない:2007/04/01(日) 20:31:30 ID:LHvcQLbK
瑠璃色から覗く者
瑠璃色に沈み色褪せ
影を残し消え
誰かが今日も彼を踏む
繰り返し

240 :名前はいらない:2007/04/02(月) 10:57:28 ID:0XRHLqUT
沈めた身体

深海を漂い
海底に泣き伏す

誰にも届かない声
太陽も月さえも忘れ

滲んだ爪先に
深海魚が泣いた

241 :◆O////O//l. :2007/04/02(月) 18:13:29 ID:hI1wEpJR
退屈 繰り返し たぶん苦労なく
響く 帰らず 日々孵ることなく
退屈 繰り返したぶん 苦労なく

242 :(・ω類 ◆O////O//l. :2007/04/02(月) 18:32:10 ID:5RYNfvyQ
癖になる前」

引きずり出され
外へ

小さな手 身体 相対的に太めな腕 脚
よく見えない眼 その先の誰か

暖かい? 温かい? よくわかりません

眩しいようで暗い
まだ よく見えない

息苦しい
生き苦しい?
咳き込めないから声を出す
よく聞こえない

身体は宙に浮いてる
支えられて

よく見えない眼 その先の誰か
伝わるのは 言葉
まだわからない こと

幼い 思考は 意味が無い

ただ そこには 誰かがいて

ただ 世界は やわらかかった

243 :名前はいらない:2007/04/03(火) 07:23:19 ID:ywjVKhru
体温が無い妄想の世界
ぐにゃぐにゃの線路
笑わない太陽と月
走れない電車の鳴き声
顔の見えないあなた
血液のない皮膚
道路から落ち目覚める日

244 :名前はいらない:2007/04/04(水) 07:50:23 ID:XKw416FW
向日葵の憂鬱
陽に届かないで
生きろと射し続け
曇り空が慰め
雨音と走り去る向日葵
引きこもりになった太陽
やわらかな月と唄う

245 :名前はいらない:2007/04/05(木) 22:42:35 ID:uiX0YaNE
卯月の頃に夢見た鳥
雨音に伏せる瞼
眩暈に酔いしれる女
追いつけない精神
何もない手
鳥籠を壊し夢見る君

246 :◆O////O//l. :2007/04/08(日) 21:00:37 ID:WAJ7/gqk
緑と赤と青の光が
イエローマゼンタシアンの世界を白く照らす

247 :◆O////O//l. :2007/04/08(日) 21:22:02 ID:WAJ7/gqk
寸前の響き。


草々

時は満ち溢れた
確信を引っ提げ
心残りの試みは
整然皆無の慕草
歩き回りも無く
歩幅調子整えて
妙か三つの世界

248 :名前はいらない:2007/04/09(月) 09:23:03 ID:pHoKXU8x
いつまでも
愛してる
ずっとずっと

変化する感情
冷めてゆく体温
嘘臭い言葉を残し
蜜を掻き出し
甘い肉を求め彷徨う

79 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)