5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

海外SF 作家&新刊情報

1 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/24 01:13
ここは海外サイトで見つけたSF情報を書き込むスレです
主に作家情報・新刊情報・書評を扱いますが、
情報源として重宝するサイト紹介などもokです

書き込みへの感想や意見等は他スレでお願いします
出来るだけ日本語に訳して書き込んで下さい

2 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/24 01:15
【訃報】 チェリイ・ワイルダー逝去
ローカス(www.locusmag.com)(邦訳データはameqland)より
-------------------------------------------------------
ニュージーランドの作家チェリイ・ワイルダーが3月14日亡くなった。
1930生まれ。
処女長編「The Luck of Brin's Five (1977)」でthe Australian Ditmar Award.受賞
邦訳は「マブ・ギャレンの回想」 Mab Gallen Recalled
− 『女の千年王国』 (ヴァージニア・キッド編 サンリオ)収録

3 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/24 20:10
【今月の新刊】Del-Ray, 2002/3
www.randomhouse.com/delrey/drindex/currentDRIN.html#pubschedule

[ハードカバー]
-----
DIUTURNITY'S DAWN {SF}
アラン・ディーン・フォスター (Alan Dean Foster) ISBN:0-345-41865-4
THE FOUNDING OF THE COMMONWEALTH(連邦の成立?)三部作の完結編。
人類と昆虫型宇宙人の共存と葛藤を女性外交官を主人公に描く。

-----
DEMONS {FT}
ジョン・シャーリー(John Shirley) ISBN:0-345-44647-X
黙示録後の近未来,悪魔が闊歩するサンフランシスコ。
この地獄を終わらせることが出来るのはたった一人だった。


4 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/24 20:11
[大判ペーパーバック]
-----
BEHIND THE MASK OF SPIDER-MAN {Movie/Tie-in}
M. C. Vaz ISBN:0-345-45004-3
映画「スパイダーマン」紹介

-----
The War of the Worlds {SF}
H. G. ウェルズ (H. G. Wells) ISBN:0-375-75923-9
ウェルズの古典『宇宙戦争』クラーク紹介文付き。
(映画「タイムマシン」公開記念?)


5 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/24 20:11
[ペーパーバック]
-----
A KISS OF SHADOWS {FT}
Laurell K. Hamilton ISBN:0-345-42340-2
妖精国の王女 Meredith はロスの超自然犯罪捜査局のエージェントと
して振る舞っていたが、彼女自身を巡る陰謀に巻き込まれる。

-----
RAVENHEART {FT}
David Gemmell ISBN:0-345-43228-2
Connavar王が侵入者 Stone の軍に敗北して以来,Riganteの民は自由を失い,
古来からの道に従うのは唯一人の女性だった。
彼女はまもなく世界に悪が解き放たれることを知る。
彼女の希望、世界の運命は二人の男にかかっていた。

-----
COLONIZATION: AFTERSHOCKS {AH=仮想歴史}
ハリイ・タートルダヴ (Harry Turtledove) ISBN:0-345-43024-7
第二次大戦は長く続く抗争に発展した。だが、戦争の衝撃のあと、
ある国が恐るべき反撃を計画していた。

-----
REUNION {SF}
アラン・ディーン・フォスター(Alan Dean Foster) ISBN:0-345-41868-9
上述の未来史物の一つ。
エンパシーを持つ孤児の冒険。

-----
SPIDER-MAN {Movie/TV Tie-In}
Peter David ISBN:0-345-45005-1
スパイダーマン。
遺伝子改変の蜘蛛に噛まれて、普通の少年が特殊な力を得、犯罪者の敵となる。

6 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/24 20:15
【今月の新刊】Bean, 2002/3
www.baen.com

[ハードカバー]
-----
The Shadow of the Lion
マーセデス・ラッキー,Eric Flint&Dave Freer ISBN: 0-7434-3523-0
魔法が幅を利かす異世界、陰謀渦巻く1537年のベニスを舞台にした
Marco とBenito 兄弟の冒険。

-----
Forward the Mage
Eric Flint&Richard Roach ISBN: 0-7434-3524-9
若き芸術家にして剣士の Benvenuti が Goimr の街に着いたとき、災害が街を襲った。
悪の魔法使い Zulkeh が王を操り、狂気に陥れ、消え失せたのだ。

-----
The Philosophical Strangler
Eric Flint ISBN: 0-671-31986-8
世界最高の Strangler(絞殺屋?)である Greyboar は人生に失望していた。
仕事は堅調で 収入も順調だが…。
そんなとき、エントロピーに関するある人生哲学を学んだ彼は生まれ変わった。

7 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/24 20:15
[ペーパーバック]
-----
「Code of the Lifemaker」
J.P.ホーガン (James P. Hogan) ISBN: 0-7434-3526-5
「造物主の掟」の再刊

-----
「Odyssey」
キース・ローマー(Keith Laumer)作
Eric Flint編 ISBN: 0-7434-3527-3
作品集。
「銀河のさすらい人」(Galactic Odyssey)「Dinosaur Beach」 などの長編と
「巨人の棲む星」(Once There Was a Giant)「共生」(Hybrid)
など計7編収録。

8 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/24 20:16
【受賞】2002年イタリア・ベストSF賞
ttp://www.scifi.com/scifiwire/art-books.html?2002-03/15/08.00.books

ベスト長編
「Il Castello di Eymerich」 by Valerio Evangelisti

ベストインターナショナル長編
「Miliardi di tappeti di capelli (Die Haarteppichkn・fer)」 by Andreas Eschbach

ベストアーティスト
Maurizio Manzieri

ベスト短編
「La discesa interrotta dal rosa e dal blue」 by Enrica Zunic

以下略

9 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/24 20:17
【訃報】R.A.ラファティ逝去
1914年、アイオワ州生まれ。
60年に「氷河来たる」 (Day of the Glacier)でデビュー、200以上の短編と20以上の長編を執筆。
1973年「素顔のユリーマ」 (Eurema's Dam)でヒューゴー賞。(別訳名「愚者の楽園」)
1990年 World Fantasy Life Achievement Award

10 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/24 20:18
【今月の新刊】ibooks 2002/3
www.ibooksinc.com/whatsnew.htm

[大判ペーパーバック](ibooksは全てA5サイズ)
-----
Dying Inside
ロバート・シルヴァーバーグ (Robert Silverberg) ISBN 0-7434-3508-7
「内死」の再刊

-----
Isaac Asimov's Robots and Aliens 2
ロバート・サーストン(Robert Thurston) & Jerry Oltion ISBN 0-7434-3513-3
アシモフのロボット達が異星人に出会ったら三原則はどうなるだろうか?
Robot City(「電脳惑星」シリーズ) と同じ世界の作品。

-----
The Last Defender of Camelot
ロジャー・ゼラズニイ(Roger Zelazny) 作
ロバート・シルヴァーバーグ (Robert Silverberg)編 ISBN 0-7434-3513-3
シルヴァーバーグ編によるゼラズニィの中〜後期中心の作品集。
邦訳のある同題の短編集「キャメロット最後の守護者」とは内容が異なる。

ヒューゴー・ネビュラ受賞の「ハングマンの帰還」 Home Is the Hangman
ヒューゴー・ネビュラ受賞の「北斎の富嶽二十四景」24 Views of Mt. Fuji, by Hokusai
ヒューゴー受賞の「永久凍土」 Permafrost
他に LOKI7281 や今まで未収録の Come Back To The Killing Ground, Alice, My Love
など計11編収録。シルヴァーバーグによる序文付。

-----
Battlestar Galactica Classic
Glenn A. Larson & ロバート・サーストン(Robert Thurston) ISBN 0-7434-4485-X
ギャラクティカTV版のノヴェライズのうち、Saga of a Star World と
The Gun on Ice Planet Zero の二編を初めて収録。
千年に及ぶ戦いの後、ようやくサイボーグのCylon 帝国と人類の間に平和が成立
したが、その直後、Cylon が人類のコロニーに奇襲を仕掛けてきた。

11 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/24 20:25
【作家】アダムスはタオルが見つけられなかった
ttp://www.scifi.com/scifiwire/art-books.html?2002-03/08/09.00.books

「銀河ヒッチハイカーズガイド」シリーズのダグラス・アダムズについて、
彼の公式伝記「Don't Panic」の著者ニールゲイマン(N. Gaiman)がエピソードを披露。

「アダムズに初めて会ったときは、20才を過ぎたばかりで、
ライターとしては駆け出しだったが、アダムズは一人前の作家として
扱ってくれた。

「ある日、書斎でドクターフーの脚本かなにかを見せてもらっていたら、
訪ねてきていた彼の母が、タオルを貸してくれと言った。
だがアダムズはあちこちの棚を探して、見つけられなかった。
何処にあるか知らなかったんだ。
(「銀河〜」には「常にタオルを持っていろ」という有名な助言がある)

遺作「A Salmon of a Doubt」は五月に統合本の一部として出版予定。

12 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/24 20:26
【作家情報】ハーラン・エリスン敗訴
ttp://www.scifi.com/scifiwire/art-net.html?2002-03/21/09.30.net

Usenetにe-bookが無許可でアップロードされ、二週間掲載されていた件で、
AOLを訴えていたエリスンが敗訴した。

連邦裁の判決では、AOLは、抗議を受けて削除している場合、
プロバイダに責任はないとするデジタル著作権条項を守っているとされた。

当初、訴訟に含まれていた、ニュースグループのホストとアップロードしたファンとは
既に和解しており、AOLだけが残っていた。

13 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/25 14:49
【今月の新刊】Penguin Putnam(ACE,DOW,Roc) 2002/3
www.penguinputnam.com

[ハードカバー]
-----
Picoverse A Novel {Ace SF}
Robert A. Metzger ISBN 0441008992
Katie博士の Sonomak 融合発電プロジェクトの資金が行き詰まったとき、
謎の人物 Mitchell が大量の資金によって参加してきた。
彼女の本当の目的は Sonomak を用いて宇宙「Picoverse」を創造することだった。

14 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/25 14:50

[大判ペーパーバック]
-----
Castaways of the Flying Dutchman {Ace FT}
ブライアン・ジェイクス (Brian Jacques) ISBN 044100914X
動物ファンタジーのベストセラー、レッドウォール・シリーズ作者の最新作。
19世紀を舞台にした、さまよえるオランダ人の船に乗り込んだ少年と犬の冒険。

-----
Past the Size of Dreaming {Ace FT}
ニーナ・キリキ・ホフマン (Nina Kiriki Hoffman) ISBN 0441008984
ネビュラと世界幻想文学賞候補の A Red Heart of Memories の作者による続編。
生命のない物体と会話出来、他人の夢に入り込める魔女 Matilda と、彼女の仲間で
自身の能力と過去を取り戻しつつある Edmund の冒険。
Edmund の育った町にやってきた二人だが…。

15 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/25 14:51
[ペーパーバック]
-----
Dragon Bones {ACE FT}
Patricia Briggs
ISBN 0441009166
Hurog のWard は愚か者と思われていたが、実は父の虐待から逃れるための偽装だった。
父の死によって、Ward は Hurog の Load になるが、統治能力がないとされる。
王国を取り戻すため、国境の抗争を鎮めることで自身の能力を示そうとするが、
王国の宝である、城塞地下に隠されたドラゴンの骨が、敵の狙いだった。

-----
Iron Wars {ACE FT}
Paul Kearney ISBN 0441009174
互いに敵対しあっている Ramusian の5王国において、三人の異端の王が
新しい教皇を拒否する。
王位奪回の戦いの途中、Abelyn は傷を負い、王国は陰謀によって疲弊する。
一方、東では一人の兵士 Corfe が兵を募っていた。
そして、西からは悪の勢力が影響を強めてきていた。

-----
The Dragon Delasangre {Roc FT}
Alan F. Troop ISBN 0451458710
時と同じくらい古く、伝説に名を残している種族。
自らは血の一族と名乗り、人々は彼らをドラゴンと呼んだ。
少数だが現代に生き残っている彼らの一人 Peter が自らの人生と
その目的−種族の女性を見つけること−を語る。

-----
The Serpent's Shadow {DAW FT}
マーセデス・ラッキー(Mercedes Lackey) ISBN 0756400619
神秘のインドからガス燈のビクトリア朝のロンドンまで、Valdemarシリーズから
はじまって、魔法の血脈の秘密を探る若き女性医師の話に続く。
(短編集?)

16 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/25 14:52
-----
Stark's Crusade {ACE SF}
John G. Hemry ISBN 0441009158
アメリカの月コロニーが脅かされたとき、Sergent Stark は彼の国の側についた。
だが高級士官が彼と彼の兵士を裏切ったとき、彼は反逆者とならざるを得なかった。
彼は不本意ながら反逆組織の一員となり、合衆国はそれを潰すために敵軍側に参戦した。

彼と部下達は月コロニーを守るためにあらゆる妥協を拒否し、
一方で、大規模な内戦に発展するのを防がねばならない。

-----
The Spirit of Thunder {Roc AH}
Kurt R. A. Giambastiani ISBN 0451458702
19世紀を舞台にした仮想歴史もの。
1886年、合衆国では シャイアン(Cheyenne)族連合と80年に渡る内戦が続いていた。
Custer大統領に対し、シャイアン側についた空を飛ぶ男(飛行機の発明者?) である
大統領の一人息子 Custer Jr が戦いを挑む。

-----
Mechwarrior #6: Imminent Crisis {Roc SF}
Randall N. Bills ISBN 0451458729
メックウォリアー6
Katrina王女と彼女の兄弟は権力闘争を続けていたが、Leftenant(?) Colonel
Grayson Addisonと部下はどちらにもつかず、危険な綱渡りを続けていた。
だが、侵入軍が彼らの地に降り立ったとき、決断の時が。

-----
The Better Part of Valor {DAW SF}
Tanya Huff ISBN 0756400627
Quarters シリーズとヴァンパイア小説で知られる作者による、
ミリタリーアクションSFの Valor's Choice の続編。
放棄されたとおぼしい異星人の宇宙船での、連邦の調査隊の話。

-----
Oceans of Space {DAW SF}
Brian Thomsen & マーティン・H・グリーンバーグ
(Martin H. Greenberg)編 ISBN 0756400635
ホーンブロワーや宝島といった古典的な海洋冒険小説に想を得た、
宇宙の海における探検と海賊と発見のアンソロジー。

17 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/25 15:13
【映画化】ディックの「妖精の王」が映画化
ttp://www.scifi.com/scifiwire/art-main.html?2002-03/22/11.00.film

Wally Wolodarsky はP.K.ディックの1953年の短編「妖精の王」(The King of the Elves)
を映画化すると述べた。

「原作は10ページ以下の短いもので、ストーリーは変わるが基本アイデアは同じだ。
森から出てきたエルフが、普通の人に『王になりませんか?』と頼む。
この先の話はちょっと違ってくる。

Wolodarsky はディズニーで映画を作っている。
「指輪物語やハリー・ポッターと似ているが正反対で、一種のコメディで、
ああいう世界を笑いとばす。

「妖精の王」は以下に収録。
ディック傑作集 3 『ゴールデン・マン』マーク・ハースト(Mark Hurst)編 (早川)
(『ザ・ベスト・オブ・P・K・ディック III』 サンリオ)
『ウォー・ゲーム』仁賀克雄編(朝日ソノラマ)「矮人の王」
『顔のない博物館』仁賀克雄編 (北宋社) 「小人の王」

18 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/27 14:31
【受賞】オーストラリアSF賞(the Aurealis Awards)

ttp://www.scifi.com/scifiwire/art-books.html?2002-03/25/10.00.books

[SF部門]
短編
"The Weatherboard Spaceship" by Adam Browne
長編
The Dark Imbalance by ショーン・ウィリアムズ(Sean Williams) and シェイン・デックス(Shane Dix)

[ファンタジー部門]
短編
The Woman of Endor by Sue Isle
長編
The Wounded Hawk by Sara Douglass

以下略

19 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/03/27 14:44
【受賞】サファイア賞(Sapphire Award 恋愛SFが対象)
ttp://www.sfronline.com/sapphirewins.htm

長編
Finders Keepers, by Linnea Sinclair
短編
Kinsman", by Susan Krinard

20 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/04 15:29
【受賞】P.K.ディック記念賞
ttp://www.locusmag.com/2002/News/News04Log.html#1apr

Ship of Fools by Richard Paul Russo's (Ace)


21 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/04 15:30
【受賞】2001年度英国SF協会賞
ttp://www.locusmag.com/2002/News/News04Log.html

長編
Chasm City, by アレステア・レナルズ(Alastair Reynolds) (Gollancz)

短編
The Children of Winter by エリック・ブラウン(Eric Brown) (Interzone #163 Jan 2001)

アートワーク
Colin Odell, Cover of Omegatropic (スティーヴン・バクスター(Stephen Baxter)著; BSFA)

ノンフィクション
Omegatropic by スティーヴン・バクスター(Stephen Baxter) (BSFA)


22 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/04 16:01
【訂正】 >>20
×:Richard Paul Russo's
○:Richard Paul Russo

23 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/08 02:56
【訃報】 Joan Benford死去
ttp://www.locusmag.com/2002/News/News04Log.html
作家グレゴリーベンフォードの妻で、彼の幾つかの作品には
Gregory and Jan Markham夫妻として登場している。

24 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/08 03:05
【訃報】 John R. Pierce逝去
ttp://www.sfwa.org/News/pierce.htm
1910年アイオワ生まれ。92才。
科学者で電気エンジニアでSF作家。
本名とJohn Roberts 及び J.J. Couplingの名で30年代〜70年代にかけて小説を発表。
通信衛星「Telstar 1」の打ち上げに携わったこともあって、A.C.クラークに
「通信衛星の生みの親の一人」と呼ばれた。

25 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/11 13:29
【作家情報】アサロ、新作を契約
ttp://www.scifi.com/scifiwire/art-main.html?2002-04/10/12.00.books
キャサリン・アサロがスコーリア戦史の新作 Skyfall をTorと契約した。
今のキャラクターの親の時代を舞台にした新シリーズらしい。

新シリーズは、Torでは年一作ずつ出版の予定らしいが、
アサロとしては、もう少し早く、9ヶ月程度の間隔で出せないか、打診中という。

Skyfall の出版は2003年秋の見込み。


26 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/13 06:35
【アニメ情報】ディズニー、「千と千尋の神隠し」の権利を取得。
ttp://www.scifi.com/scifiwire/art-main.html?2002-04/12/10.35.anime

The Hollywood Reporterによると、ディズニーはアニメマスター宮崎の
最新作「Spirited Away」の米国と香港、台湾、シンガポール、フランスでの
興行権とTV放映権、日本語ビデオの販売権を取得した。

現在、トイ・ストーリーのJohn Lasseter の手で吹き替え作業が進められており、
秋に公開の予定。

27 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/13 06:49
【受賞】2001年度ティプトリーJr賞
http://www.tiptree.org/
The Kappa Child, by Hiromi Goto

ティプトリー賞は、女性もしくは男性によって書かれた、
女性/男性の役割について検討し、広げたSF/FT作品に与えられる。

28 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/13 10:51
【補足】
Hiromi Goto
カナダ、カルガリー大学で creative writing を学び、1992年から多くの短編を発表。
.
カナダに住む日本人女性の3世代に渡る文化的な葛藤を描いた Chorus of Mushrooms で
the Commonwealth Writers' Prize for Best First Book in the Carribean and Canadian Region と
the Canada Japan Book Awardを受賞。この作品は CBC Radioでも放送された。

今回受賞した The Kappa Child では、過酷な大平原の熱暑を背景に、日系カナダ人の女性姉妹の、
日本の家系のしがらみと解放を扱っている。

[参考]
ttp://www.amazon.com
ttp://www.canadacouncil.ca/archival/ccnews/canjap-e.htm

29 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/15 13:03
【訃報】 ヘンリースレッサー(Henry Slesar )逝去
ttp://www.locusmag.com/2002/News/News04Log.html

1927年生まれ。
異色短編やミステリを中心に発表。ハーランエリスンとの共作もある。
"The Dinner Party" F&SF(January 2001)が最後の発表作の模様。

30 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/16 06:26
【訃報】 デーモン・ナイト逝去
ttp://www.sfwa.org/News/knight.htm

1922年生まれ。作家・編集者・批評家。
主に50年代から60年代にかけて短編を発表、短編の名手と言われた。

1965年にはアメリカSF作家協会(SFWA:Science Fiction Writers of America)を設立、初代代表も務めた。

オリジナル・アンソロジー、オービットシリーズの編集者としても名高く、
ラファティやドゾワ、ジーン・ウルフといった作家を育てたことは良く知られている。

これらの功績により、1975年にPilgrim Award、1995年にはGrand Master Awardを受賞した。

31 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/17 16:11
【作家情報】ハリー・ポッターの新作延期
ttp://www.scifi.com/scifiwire/art-main.html?2002-04/16/11.45.books

ハリー・ポッターの5作目、Harry Potter and the Order of the Phoenix(仮題)
は当初、7月発売予定だったが、ローリングがまだ書き終えていないため、延期となった。
出版社によると「いつ書き終えるか判らないが、秋には出版出来ると思う」とのこと。
9月には二作目の映画が公開される予定。

32 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/17 17:13
【訂正】
×: 9月には二作目の映画が
○:11月には二作目の映画が

33 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/21 07:18
【受賞】2002年国際ホラーギルド賞(INTERNATIONAL HORROR GUILD awards)
ttp://www.ihgonline.org/

長編 Threshold, Caitlin R. Kiernan (Roc)
処女長編 Ordinary Horror, David Searcy (Viking)
中編(?) "Cleopatra Brimstone", Elizabeth Hand (Redshift)
短編 "Onion", Caitlin R. Kiernan (Wrong Things)

以下略

34 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/25 00:46
age

35 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/25 04:42
【訃報】 ジョーン・ハリスン逝去
ttp://www.sfwa.org/news/jharrison.htm

ハリィ・ハリスンの妻のJoan Harrisonが4月21日、亡くなった。
ハリスンのオフィシャルサイトには二人の写真が掲載されている。
(弔意を示すため、他のコンテンツはしばらく中止)
http://www.harryharrison.com/

36 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/25 05:01
【その他】 SF税で宇宙開発を支援
ttp://www.locusmag.com/2002/News/News04Log2.html
ttp://www.al.com/news/huntsvilletimes/index.ssf?/xml/story.ssf/html_standard.xsl?/base/news/101949940424601171.xml

アラバマ州で共和党の議員立候補者の Michael Williams の発表した
「SF小説(宇宙に関連したコミックや科学解説を含む)に1%の"NASA tax"を」、
という案に、Webのあちこちで議論が行われている。

37 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/25 05:12
【その他】 ファーマーのデイワールドが盗作される?
ttp://www.locusmag.com/2002/News/News04Log2.html

人口増大により、週に一度だけ目覚めることが許される世界というTVドラマ
On the Seventh Day に対し、P.J.ファーマーの代理人がファーマーの作品、
デイワールド(Dayworld)に似すぎているとクレームをつけた。

38 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/27 18:20
【その他】ベストセラー情報4/22
ttp://www.locusmag.com/2002/News/Bestsellers0421.html

キングのEverything's Eventual がほとんどのリストでベスト10入り。
David Gemmell のStormrider もUKベストセラーの7位に。

長期間ランク入りしていたローリングのハリポタの1、2巻は消え、
同じくトールキンも指輪とホビットのみリストに残っている。

39 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/29 00:14
【受賞】ネビュラ賞
http://www.sfwa.org/News/02nebwin.htm
長編:キャサリン・アサロ Quantum Rose
ノヴェラ:ジャック・ウィリアムスン The Ultimate Earth
ノヴェレット:ケリー・リンク Louise's Ghost
ショートストーリー:セヴェルナ・パーク The Cure for Everything

ウィリアムスンのノヴェラは昨年のヒューゴー賞と併せてダブルクラウンに輝いた。

40 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/29 00:17
【訃報】ジョージ・アレック・エフィンジャー逝去
http://www.locusmag.com/2002/News/News04Log2.html

ブーダーインシリーズや「シュレーディンガーの仔猫」(80年代SF傑作選所収)
で知られるジョージ・アレック・エフィンジャーが4/27に逝去した。享年55歳
詳細はまだ明らかにはなっていない。

41 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/30 16:41
【受賞】アナログ解析研究賞およびアシモフ読者賞
ttp://www.locusmag.com/2002/News/News04Log3.html

アナログAnLab賞 (AnLab =Analytical Laboratory)
中編: "Sunday Night Yams at Minnie and Earl's", アダム=トロイ・カストロ Adam-Troy Castro (Analog Jun 2001)
短編: "Tower of Wings", ショーン・マクマレン Sean McMullen (Analog Dec 2001)
ショートストーリィ "Jake, Me, and the Zipper", Rajnar Vajra (Analog Nov 2001)
科学記事 "Up in Smoke: How Mt. St. Helens Blasted Conventional Scientific Wisdom", Richard A. Lovett, Ph.D. (Analog Apr 2001)

アシモフ読者賞
中編 "Stealing Alabama", アレン・スティール Allen Steele (Asimov's Jan 2001)
短編 "Into Greenwood", Jim Grimsley (Asimov's Sep 2001)
ショートストーリィ "Old MacDonald Had a Farm", マイク・レズニック Mike Resnick (Asimov's Sep 2001)
詩 "January Fires",ジョー・ホールドマン Joe Haldeman (Asimov's Jan 2001)
カバーアーティスト Michael Carroll
挿絵アーティスト Darryl Elliot

Darryl Elliot とレズニックは去年に続いて受賞。

42 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/04/30 16:52
【受賞】ウルザ大賞(熊大賞)
ttp://www.polarden.org/UrsaMajor/

昨年までの「年間擬人文学及び芸術賞(The Annual Anthropomorphic Literature and Arts of the Year)」
が今年からウルザ大賞(The Ursa Major Awards) と名前を変更、第一回の結果が発表された。
アンダースン&ディクスンのThe Sound & the Furry: The Complete Hoka Stories や映画シュレック等が
受賞した。

43 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/05/03 04:33
【訃報】リチャード・カウパー逝去
ttp://news.independent.co.uk/people/obituaries/story.jsp?story=290979

英国のSF作家 Richard Cowper が4月29日になくなった。

1926年生まれ。D.H. ロレンスの評論で有名な父親の影響か、
当初は主流文学を発表。

主な作品に「クローン」「大洪水伝説」(サンリオ)がある。

44 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/05/07 16:16
【新刊情報】ヒッチハイカーズ・ガイド最終作出版
ttp://www.amazon.com

以前からの予定通り、故ダグラス・アダムズの未完に終わった
ヒッチハイカーズシリーズの最終作
The Salmon of Doubt : Hitchhiking the Galaxy One Last Time
が本日発売となる。

未完に終わった表題作(10章分)の他に、"The Private Life of Genghis Khan"や
"Young Zaphod Plays It Safe" といった短編から、少年時代に U.K. boy's magazine に
投稿した手紙まで、様々な作品が収録される。

編集 Peter Guzzardi  序文 Christopher Cerf
ハードカバー 288ページ $24.00

45 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/05/11 15:14
【受賞】第14回ラムダ文学賞
ttp://www.lambdalit.org/

レズビアンとゲイを扱った作品が対象の
The 14th Annual Lambda Literary AwardsのSF/F部門は
Point of Dreams, by Lisa A. Barnett & メリッサ・スコットMelissa Scott
が受賞した。

46 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/05/20 16:48
【受賞】2002年A.C.クラーク賞決定
ttp://www.appomattox.demon.co.uk/acca/index.htm

英国で2001年に出版されたベストSF小説に与えられるA.C..クラーク賞は
Bold As Love by Gwyneth Jones に決定した。

Gwyneth Jones は1952年2月14日生まれ。
SF及びファンタジー小説家及び評論家。
Ann Halam の名で若者向けホラー小説も執筆。
1999年度イギリスSF協会賞短編部門を La Cenerentola で受賞している。

今回の受賞作は近未来の政治が崩壊した英国を舞台に、カルト的なロックシンガー
を主人公にした政治と恋愛の物語。

47 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/06/11 17:43
【受賞】2001年ブラムストーカー賞はゲイマンのアメリカン・ゴッドに
ttp://www.horror.org/stokers.htm

長編
American Gods by Neil Gaiman

第一長編
Deadliest of the Species by Michael Oliveri

中編
"In These Final Days of Sales" by Steve Rasnic Tem

短編
"Reconstructing Amy" by Tim Lebbon

短編集
The Man With the Barbed-Wire Fists by Norman Partridge

アンソロジー
Extremes 2: Fantasy and Horror From the Ends of the Earth, ed. by Brian A. Hopkins

以下省略

48 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/06/17 21:08
【受賞】2002年ディトマー賞決定
ttp://home.vicnet.net.au/~sfoz/2002dit.htm

ディトマー賞の名で知られる、オーストラリアのSF賞、
2002 Australian Science Fiction Achievement Awards (Ditmars)
が発表された。

長編
Lirael by Garth Nix (Allen & Unwin)

中短編(統合された)
"Absolute Uncertainty" by Lucy Sussex (F&SF April 2001)
"The Diamond Pit" Jack Dann Jubilee (Harper Collins)

短編集
Earth is But a Star by Damien Broderick (UWA Press)

49 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/06/17 21:18
【受賞】金のアヒル賞決定
ttp://www.goldenduck.org/winners.php

子供向けSFに与えられるGolden Duck Awardsが発表された。

絵本
Boloney by Jon Scieszka, Illustrated by Lane Smith [Viking Press]

中級(Eleanor Cameron 賞)
Beatnik Rutabagas From Beyond the Stars by Quenin Dodd [Farrar Strauss Giroux]

ヤング・アダルト(ハル・クレメント賞)
This Side of Paradise by Steven Layne [North Star Books]

50 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/06/18 05:48
【映画化】ベアの「天空の劫火」映画化
ttp://www.scifi.com/scifiwire/art-main.html?2002-06/17/10.00.film

グレッグ・ベアの「天空の劫火(The Forge of God)三部作を
ワーナーブラザーズが映画化するとのこと。

(第2部は「天界の殺戮」 Anvil of Stars、3部はまだ執筆されていない)

51 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/26 02:14
【作家情報】チャールズ・シェフィールドが脳腫瘍に
http://www.locusmag.com/2002/News/News08Log2.html

脳腫瘍(第4段階のアストロチトーム )のためシェフィールドと妻(ナンシー・クレス)は
今年のワールドコン出席を取りやめWashington Hospital Centerで手術wうけるという。
見舞いの手紙・カードの送り先は下記。

2833 Gunarette Way
Silver Spring, MD 20906

52 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/08/27 12:45
わわ、シェフィールドのSF読み足りぬ。
成功を祈る・・・。

53 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/09/15 22:29
【訃報】ロイド・ビッグル・Jr.逝去
http://www.mlive.com/obituaries/index.ssf?/base/mlive/1031946305107222.xml&cachetime=900

SF作家のロイドビッグルJr.が20年に及ぶ闘病生活(ガンと白血病)の末、9月12日亡くなった。
日本でもサンリオSF文庫から「暗黒のすべての色」をはじめとする
私立探偵ダーゼック・シリーズが翻訳されている。

54 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/10/01 00:31
【訃報】ロバート・L・フォワード逝去
http://www.locusmag.com/2002/News/News09Log2.html

9月21日、脳癌"brain cancer"で亡くなる。70歳。
邦訳作は『竜の卵』『スタークェイク』『ロシュ・ワールド』他。


55 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/11/03 10:22
【訃報】チャールズ・シェフィールド逝去
http://www.locusmag.com/2002/News/News11Log.html
11月2日、脳腫瘍のため逝去。67歳

56 :名無しは無慈悲な夜の女王:02/12/15 03:13
【その他】日本SF紹介雑誌
DePauw University刊行の研究誌 Science Fiction Studies の最新号は日本SF特集。
安部公房から小谷真理、柴野拓美のエッセイ、評論が掲載されている。
編者(の一人)は例によって巽孝之。

ttp://www.depauw.edu/sfs/covers/cov88.htm


57 :山崎渉:03/01/12 04:13
(^^)

58 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/01/22 00:55
【新刊情報】ジョン・ヴァーリィ『レッド・サンダー』

2003年4月刊行予定

七人のオチコボレが改造タンクローリーの宇宙船〈レッド・サンダー〉で火星を一番乗りを目指す。

大昔に見たジョン・ランディスの〈エクスプローラー〉という映画を思い出すなぁ。

59 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/01/22 01:49
>>58
「エクスプローラーズ」の監督は ジョー・ダンテでつ。

60 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/01/22 20:57
>>59
スマソ。LDまだ持ってるのにまちがってもた。

61 :山崎渉:03/01/23 03:35
(^^)

62 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/02/13 00:45
保守

63 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/02/17 00:22
【その他】LOCUS Onlineに2002年のベスト15がリストアップされている。
ttp://www.locusmag.com/2003/Guide/BestOf2002.html

以下の4つはベストセラーリストやレビューで高い評価を得た。
The Scar チャイナ・ミーヴィルのSFとファンタシィのハイブリッド作品
       幾つかの賞を受賞したPerdido Street Stationの続編
The Years of Rice and Salt キム・スタンリー・ロビンスンの野心的かつ
       哲学的な仮想歴史物
Coraline ニール・ゲイマンの短いヤングアダルト・ホラー、昨年、多くの
      ファンタジー系YAのうちで一番評判になった。
Bones of the Earth マイクル・スワンウィックの精力的なタイムトラベル恐竜物。

64 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/02/17 00:22


The Separation クリストファー・プリーストのドッペルゲンガーと第二次大戦の仮想歴史物。
Light マイケル・ジョン・ハリスン、遠未来を舞台に含んだ、上質で複雑な物語
Redemption Ark アレステア・レナルズ、彼の一連のゴシック・スペース・オペラの最新作
The Facts of Life Graham Joyceの第二次大戦の7人の姉妹についてのファンタジー
Altered Carbon 英国のRichard MorganのデビューSFスリラーで多くの読者や書評家に熱狂的に迎えられた。

A Scattering of Jades , Alexander C. Irvineは上記Morganの作品と並んで、多くの書評で
昨年のベスト処女長編としてあげられている。
(The Golden Age、John C. Wright と Solitaire、Kelley Eskridgeがそれに続いている)
Kiln People デヴィッド・ブリンの上質で手堅いSFで、クローニング論争にタイミング良く合った
The Mount キャロル・エムシュワイラー、昨年の、小出版社からのヒット作
The Impossible Bird パトリック・オリアリー、作者の有名なGMの広告コピー「…そして私以外の誰も知らない」
を遙かに凌ぐ、文学的な傑作。
The Haunting ダン・シモンズは何人かの評者がベストと推すホラー
White Apples ジョナサン・キャロル、彼独特の、奇妙で、それ故に愛されるファンタジー

65 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/02/17 00:31
アンソロジーや短編については転載を省略。
なお、「これらのリストは厳密なデータによるものではない」とのこと。

66 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/02/22 20:18
【新刊情報】キングのダークタワー・シリーズの完結編が出版へ
ttp://www.scifi.com/scifiwire/art-main.html?2003-02/21/14.00.books

キングの暗黒の塔シリーズの完結編の3冊が今年秋から順に出版されていくことが
発表された。三部構成。
Wolves of the Callaは2003年11月、Song of Susannah は2004年の夏、The Dark Towerは秋。

「私はこのシリーズをまだ大学にいた頃に書き始めた。私の人生とキャリアの大きな部分を占めていた。
これを、熱心なファンのため、そして私自身のためにも、完結させたいと思っていた。

 新作では、新しいキャラクターも出てくるし、「アトランティスのこころ」のテッド・ブローティガンや
「呪われた町」のキャラハン神父、さらにはEverything's Eventualのディンキーエランショウのような、
懐かしい人物に再会するだろう。私にとって、フィナーレであり統合でもあった。
もてる物をすべて注ぎ込んだし、結果にもそれが出ている。

 今までの作品の中でも限られた作品にしかいえなかったことを、言うことができる。
『これらは良くできており、いい作品で、これらを書いたことを誇りに思う
(They work, they're good, and I'm proud to have written them)』」

67 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/03/07 01:39
【映画化】P.J.ファーマーのリバーワールドがTV映画化。
ttp://www.scifi.com/scifiwire/art-main.html?2003-03/05/12.00.sfc

ファーマーのリバーワールドが2時間のTV映画にされ、
3月22日に放映される。

アレックス・プロヤス(クロウやダークシティの監督)がウロデュース。
ハールにブラッド・ジョンソン、アリスにエミリー・ロイド、
マーク・トウェインにキャメロン・ダドー。


68 :山崎渉:03/03/13 16:45
(^^)

69 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/03/23 02:04
【新刊情報】 2/26〜3/11の新刊13冊(Locusより)

For Love and Glory by P.アンダースン
死後に発表された長編。アンソロジー「Isaac's Universe」の90年、91年版に掲載の中編2編が元になっている。

The Moon's Shadow by C.アサロ
スコーリアン戦史ものの最新作

Jinn by  Matthew B.J.Delaney
SFの要素を含んだホラーサスペンスミステリ。デビュー作。 「プライベート・ライアン+エイリアン」

Hot Blood XI: Fatal Attractions   Gelb, Jeff, & Michael Garrett編
エロチック・アンソロジー。18編のうち17編がオリジナル。
ナンシー・ホールダーやP.D. Cacek, Edo van Belkom, Graham Mastertonなど。

The Fifth Ring  by Mitchell Graham
ファンタジー。シリーズ第一作。5つの指輪の力で世界を統一しようとした王の話。一つの指輪は失われる。

Celtika by ロバート・ホールドストック
「マーリンの写本」シリーズ第一巻のUS版。アーサーに出会う前のマーリンから始まるアーサー王伝説。

70 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/03/23 02:30
The Road to Hell by Gerard Houarner
暗殺者Maxについてのホラー。99年に出た限定版の一般向け再刊。

Haunter by Charlee Jacob
ホラー。著者の第2作。amazonの書評ではかなり好評。

The Buzzing by Jim Knipfel
日本の怪獣映画ものを扱ったジャンル外の作者のSF。デビュー作。珍しいことに、ピンチョンが推薦文。

The Wellstone by Wil McCarthy
ネビュラ賞にノミネートされたThe Collapsium の続編で3部作の2番目。

Altered Carbon by Richard K.Morgan
英国で好評を得たデビュー作のUS版。ギブスン+スピンラッド、とのこと。

Horrible Beginnings Steven H.,Silver & Martin H. Greenberg 編
SF編とファンタジー編に続くホラーアンソロジー。全ての収録作が初めての単行本化。
ニール・ゲイマン、ロバート・ブロック、エド・ブライアント、ラムゼイ・キャンベル、タニス・リーなど。

The Lost Army of Cambyses by Paul Sussman
エジプトの考古学をテーマにしたスリラー。デビュー作。英国版は昨年発売済。

71 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/03/24 01:30
【新刊情報】3月のペーパーバック Locusより

Lion's Blood スティーブン・バーンズ
「アメリカの自由と奴隷制度に関する」仮想歴史物。
ヨーロッパが力を持たず、アメリカがアフリカ人とヴァイキングに植民地化された世界。

Darwin's Radio グレッグ・ベア
「ダーウィンの使者」の再刊

Transcension by Damien Broderick
ノンフィクションの前作でのテーマ(科学の進歩と人間性への影響)の小説化。
Gary K. Wolfeによると「古典的寓話SFに仮想現実やAIや情報理論といった現代のアイデアを入れたもの」

Kushiel's Chosen by Jacqueline Carey
ローカス賞処女長編賞受賞のKushiel's Dartの続編。

Appleseed ジョン・クルート
SF百科事典の著者で評論家からの現代スペースオペラ。

The Eyre Affair by Jasper Fforde
仮想歴史物。Jonathan Strahan の評によると
「殺人と暴力とタイムトラベルとファンタジーと文学の冗談が詰まった傑作」

once… ジェームズ・ハーバート
ホラー。

Martian Knightlife J.P.ホーガン
テレポートの実験が失敗した結果を扱ったSFミステリー


72 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/03/24 01:55
Nancy Probability Sun ナンシー・クレス
三部作の三作目。ネビュラ受賞の中編「密告者」の世界が舞台。
エイリアンとの戦争と時空間の織り目をゆるめるほどの
超兵器の話。

The Birthday of the World and other stories U.K.ル.グィン
ハーニッシュ世界が舞台の6編を含むSF8編の短編集。
うち"Paradises Lost"は(短編集も)ローカスの2002推薦リスト入り。

The Impossible Bird パトリック・オリアリー
>>64 参照。今春邦訳予定(「SFが読みたい」2003版より)

Jenna Starborn by Sharon Shinn
SF版ジェーン・エア。ローカスの2002年6月の注目本。

Bones of the Earth マイクル・スワンウィック
恐竜についてのタイムトラベルの話。>>65 参照

Terraforming Earth ジャック・ウィリアムスン
隕石の落下で荒廃した地球を再生しようとする月面の生き残りのクローン達の話。
キャンベル賞受賞作。(テラフォームはウイリアムスンの50年前の造語!)


73 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/03/27 13:11
すげえな、ウィリアムスンってまだ書いてるのか……。
今日泊亜蘭とどっちが年上だろう。

74 :山崎渉:03/04/17 12:19
(^^)

75 :山崎渉:03/04/20 05:51
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

76 :山崎渉:03/05/22 02:06
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

77 :山崎渉:03/05/28 16:50
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

78 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/06/11 02:46
【訃報】ケン・グリムウッド逝去

6月6日、カリフォルニア、サンタバーバラにて死去。59才。
リプレイ(1987)で1988年の世界幻想文学大賞を受賞。
(ローカスより)

邦訳は
『リプレイ』 Replay (1988)
ディープ・ブルー』 Into the Deep (1995)
(翻訳作品集成より)

79 :山崎 渉:03/07/15 11:50

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

80 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/17 23:57
【その他】Del Rey マンガを出版
ttp://www.scifi.com/scifiwire/art-main.html?2003-07/17/09.00.books

DelReyが講談社と組んで日本のマンガを2004年から出版すると発表した。
まずシリーズ1巻を4冊、年内に続巻8冊の予定。
右開きでペーパーバックサイズとのこと。

81 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/20 00:59
【新刊情報】ハインラインの処女長編、出版へ
ttp://www.locusmag.com/2003/News/News07Log4.html

1938年末から1939年の4月にかけて執筆されたと思われる
ハインラインの処女長編 For Us, the Living は、
これまで失われたとされてきたが、写しが見つかり、
競売にかけられ、Scribner's and Pocket Booksに売られた。

出版日時は今のところ不明。

82 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/07/21 23:59
【今週の新刊】 ドゾワの年間SF傑作選

ttp://www.locusmag.com/2003/Monitor/Books07b.html

2002年に発表された25の短編を収めたアンソロジー。
スターリング、イーガン、ストロス、マクラウドなど。
他に、ドゾワの40ページに及ぶ2002年の、様々なメディアについての
SF界の総括がのっている。ハードカバー。

【先週の新刊】 ル・グィンの短編集 Changing Planes
ttp://www.locusmag.com/2003/Monitor/Books07a.html
短編集。16のうち既に発表ずみはわずか6。


83 :ぼるじょあ ◆yBEncckFOU :03/08/02 05:48
     ∧_∧  ∧_∧
ピュ.ー (  ・3・) (  ^^ ) <これからも僕たちを応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄ ̄∪ ̄ ̄〕
  = ◎――――――◎                      山崎渉&ぼるじょあ

84 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/08/04 21:20
【今週の新刊】キャラハン亭シリーズの新刊発売!
ローカスより
スパイダーロビンスンの人気シリーズ「キャラハン亭」の新作 Callahan's Conが出版。
前作でKeyWestに引っ越して以降の、おなじみの連中の活躍が。

ロビンスンは現在ハインラインの幻の処女作の紹介文(81参照)を書いているという。

85 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/08/10 03:22
【今週の新刊】ダン・シモンズの「イリウム」発売
ローカスより

シモンズのイリウムが発売になり、ベストセラーリストにも載り始めた。

ホメロスの「イリアス」「オデッセイ」シェイクスピアの「テンペスト」
プルーストの「失われた時を求めて」などに影響を受けており、2部作の予定。

第一作は40世紀を舞台にした3つの話に分かれており、
最初の話は人類の後継者が自らの起源を探るというもので、
二つ目は木星と土星の衛星の住人が火星のテラフォーミングの謎を探る話、
三つ目は歴史を観察するため時をさかのぼった教授の話、とのこと。

86 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/09/09 00:55
【新刊】カードの短編集発売。
ローカスより

First Meetings in the Enderverse
エンダーの世界を舞台にした短編4つを収録した短編集。
元になった短編「エンダーのゲーム」と「投資顧問」が邦訳有り。
残り2編は未訳、そのうち"Teacher's Pest". はこれが初出。

87 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/07 00:41
【受賞】World Fantasy Awards 2003 (ローカスより)

障害の功績 (2名)
Donald M. Grant
Lloyd Alexander

長編(2編)
The Facts of Life, Graham Joyce
Ombria in Shadow, Patricia A. McKillip

中編
The Library, Zoran Zivkovic

短編
Creation, Jeffrey Ford

アンソロジー(2編)
The Green Man: Tales from the Mythic Forest, Ellen Datlow & Terri Windling,編
Leviathan Three, Jeff VanderMeer & Forrest Aguirre編

短編集
The Fantasy Writer's Assistant and Other Stories, Jeffrey Ford

88 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/11/15 21:25
保守

89 :名無しは無慈悲な夜の女王:03/12/14 00:02
【注目の新刊】ローカスより

From Narnia to A Space Odyssey
クラークとルイスの書簡(18頁)をもとにエッセイや短編などを
とりまとめたもの

For Us, the Living R.A.ハインライン
最近発見されたハインラインの幻の作品。
売れずに破棄されたとされていた。

1939年の交通事故にあった人間が目覚めたのは
2086年の未来だった。

Coalescent スティーブン・バクスター
Destiny's Childrenシリーズ第一作。
別次元の古代ローマと現在を舞台にしたSF。

The Salt Roads ナロ・ホプキンソン
魔術的リアリズムの主流文学。
アフリカの女神に興味を抱かれた3人の女性の話。

90 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/14 01:59
【注目の新刊】ローカスより
Alphabet of Thorn, Patricia A. McKillip
若い女王と古い奇妙な文字で書かれた本の訳者の話。
amazonに引用のPublishersWeeklyでは「美しく古い形式を
見事に現代化した魅惑される小説」
LOCUSではJonathan Strahan が「彼女の最高作」と評している。

Forty Signs of Rain Kim Stanley Robinson
地球温暖化と政治と科学調査についての近未来SF。
The Capital Codeとよばれる3部作の1冊目。

The Sundering Walter Jon Williams
The Praxisにつづくスペースオペラシリーズ「Dread Empire's Fall」の2作目。
Patrick O'Brian(帆船小説) とJane Austenの影響を指摘されている.

The Charmed Sphere Catherine Asaro
スコーリア戦記の作者による、ファンタジー。
ハーレクインが出す新ファンタジーシリーズの第二弾。
(第一弾は Mercedes Lackeyの The Fairy Godmother)

91 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/02/28 23:52
【注目の新刊】ローカスより

The Collected Short Fiction of C. J. Cherryh  C. J. Cherryh
Sunfall やVisible Light に収録した作品に加えて16編を追加した、
チェリィの短編集。ヒューゴー受賞の「カッサンドラ」も収録。

The Wave in the Mind U. K. Le Guin
主にSF以外のテーマについてのエッセイ集。
ただし、「コードウェイナースミスについて考える」なども含まれている。
構成は、Personal Matters, Readings,Discussions and Opinions, On Writing
の4つからなっている。

92 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/06 15:41
【その他】「アシモフを米の郵便切手に」キャンペーン
http://www.mervius.com/misc.php?fID=43

F&SF誌の編集者Gordon Van Gelderが、「アシモフを米の郵便切手に」
というキャンペーンを開始した。(同じ運動を以前から行っているファンもいる)

これまでにもthe Literary Arts series として作家が切手の題材に取り上げられている。
賛同者は下記の住所へ手紙を送付とのこと。

CITIZENS’ STAMP
ADVISORY COMMITTEE
C/O Stamp Development
475 L’Enfant Plaza,
SW Room 5670
Washington, D. C. 20260-2437

93 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/03/08 01:18
【その他】Asimov誌、ローカルTV局の番組からの非難に反論。
ttp://www.asimovs.com/_issue_0403/response.shtml

アシモフ誌の内容が、sexやドラッグや性的虐待に満ちているとして
TV番組から攻撃を受けたが、同誌は不正確な報道であると反論を掲載。

チャリティ目的で学生達が行っている(?)アシモフ誌の購読セールについて、
ある親から編集部に苦情があり、その親から連絡を受けたミシガン州のTV局が
2月12日に同誌を非難する内容の報道を行ったが、アシモフ誌はこの報道について
不正確で偏見にみちた内容であった、と反論を掲載した。

アシモフ誌の反論。
・この販売は児童間の販売ではなく、児童が大人達に販売する目的で行われている。
・同誌は”Children"向けではなく”Science/Technology/Environmental”のカテゴリーで売られており、
他にも大人向け雑誌が多く含まれている。
・取り扱いは数ヶ月前に中止されていたと示したのに、抗議されて取り扱いを中止したと報道された。
・各賞を受賞している雑誌であり、「sexやドラッグについての大人向け雑誌」ではない。

94 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/04/11 22:59
【新刊情報】ローカスより

The Hunters of Pangaea  スティーブン・バクスター
バクスターのBoskone 41への出席を記念した出版。
書き下ろし2本を含む19の短編と5つのエッセイ収録。
ユーモアSFやファンタジー、ホームズ物といった、
いつもとは違う傾向の作品集。

Beyond Infinity グレゴリー・ベンフォード
クラークの「銀河帝国の崩壊」(「都市と星」の雛形となった作品)の続編として
ベンフォードが書いた中編「Beyond the Fall of Night」を加筆したもの。


95 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/04/20 03:48
【注目の新刊】ローカスより

No Phule Like an Old Phule アスプリン & ヘック
銀河お騒がせシリーズ5巻

Space Stations グリーンバーグ & John Helfers
宇宙ステーションについての14本の書き下ろし短編を収録したアンソロジー。
ティモシー・ザーン、ソウヤー、ジャック・ウィリアムスン、ベンフォードなど

Frek and the Elixir ルーディ・ラッカー
3003年、生物工学で変化した地球が舞台。
遺伝的に改変されていない変わり者の主人公Frek Huggins が
異星人に世界を救う者として選ばれる。


Stephenson, Neal : The Confusion ニール・スティーブンスン
クイックシルバーに続く歴史小説シリーズ「バロック・サイクル」
の2作目。今年末には3作目のThe System of the Worldも出版予定。

Out of the Darkness ハリィ・タートルダブ
仮装歴史小説「World at War」の最終に当たる第6巻

96 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/08/24 02:00
【注目の新刊】ローカスより 

Gifts U. K. ル グイン
YA小説。各人が様々な超能力(Gift)をもち、
山中で暮らしている一族の話。

Camouflage ジョー・ホールドマン
海底で発見された異星人の遺物の話。
Analogに連載されたもの。

Mother Aegypt and Other Stories ケイジ・べイカー
13短編を集めた短編集。新作1つ(65ページ)を含む。

Iron Council チャイナ・ミエヴィル
New Crobuzonを舞台にした3作目の小説。


Crucible ナンシー・久レス
Crossfire の続編。交戦中の異星人から
人類のコロニーを守るために到着した軍艦の話。



97 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/11/24 01:46:22
【注目の新刊】ローカスより

Neuromancer ウィリアム・ギブスン
再刊 前書き(ギブスン)解説(ウォマック)がついた 20年記念版

The Wizard ジーン・ウルフ  
The Wizard Knight シリーズの第二作

【受賞】
ブラッドべリNational Endowment for the Arts Award を米政府より授与される。
ttp://www.whitehouse.gov/news/releases/2004/11/20041117-11.html


98 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/03/06 00:23:55
 【作家情報】アンドレ・ノートン、入院治療を中止。

アンドレ・ノートンが、病の悪化と治療に疲れたとの理由で、「ホスピス・ケア」として、
治療を受けていた病院から、彼女の愛する本や猫や家族のいる自宅へ戻った。
ノートンの意識はあり、彼女自信の望みとのこと。

詳細は以下。
http://www.sf-fandom.com/vbulletin/showthread.php?t=17606



99 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/03/06 00:25:36
age忘れ。

100 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/03/13 03:43:42
アタイこそが 100へとー

101 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/03/13 08:49:11
もうすぐスレ満3歳

102 :吾輩は名無しである:2005/03/28(月) 11:30:44
5

103 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/04/30(土) 03:46:14
【新刊情報】
Three Hands for Scorpio アンドレ・ノートン
16世紀の英国に似た世界が舞台のファンタジー。
5年ぶりの単独作品。
作者の生きているうちに出版して、闘病中の作者に本を見せようと
計画していた、とのこと。

アマゾンに転載のPWのレビューでは
「若い読者向けだが大人も引き込まれるファンタジー」

104 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/05/04(水) 15:56:08
sage

105 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/05/07(土) 08:52:41
【作家情報】 シェクリィ、病院に入院中。

シェクリィ(76歳)、キエフの病院に入院、人工呼吸による治療中。
ウクライナのSF大会を訪れていたシェクリィが、風邪で入院し
現在入院治療中。医者の話では重態(grave)とのこと。

http://www.mosnews.com/news/2005/05/05/sheckleyhospital.shtml

106 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/05/07(土) 12:11:07
>>105
シェクリイ、ロシアで人気があると聞いてましたけど、今年も来ていたんですね。

107 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/08/07(日) 07:14:45
【作家情報】 フレッド・セイバーヘーゲン、前立腺ガンで治療

9月1日〜5日にかけて開催予定のcascadia Conの
ゲストオブオナーに予定されていたフレッド・セイバーヘーゲンが
前立腺ガンの治療のため出席をキャンセルした。

なお、他の出席予定者はガイナックス井上博明(Anime Guest of Honor)、
ハリー・ハリスン( Special Guest of Honor)など。

http://www.cascadiacon.org/

108 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/08/07(日) 07:23:55
井上中将、ゲストなんだ。
しかしガイナックスってあんた……

HAMANACONの心労で痩せた?

109 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/10/07(金) 01:19:56
【作家情報】 チャールズ・L・ハーネス逝去

9月20日、カンザス州のノースニュートンにて闘病の末逝去。89才。
1915年12月29日テキサス州コロラド市生まれ。
息子と娘、二人の孫がいる。

長編では「ウルフヘッド」のみ訳されているが、
未訳の『昨日への飛行』や『リタネルの環』が
ワイドスクリーン・バロックの代名詞として有名。

http://www.sff.net/people/linn/harnesspage.html

110 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/10/08(土) 17:54:27
誰か知らんけど、もっとがんばってくだされ

111 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/10/09(日) 00:13:16
【作家情報】SF作家の看板を避けるデイヴィッド・ブリン

ブリンが自分のブログの自己紹介で、「SF」の単語を使っていないことが話題に。

ブログの自己紹介では「デイヴィッド・ブリンは科学者で、「アース」やヒューゴー受賞の
「スタータイド・ライジング」や「知性化戦争」などの未来志向(future-oriented)の
小説で人気の作家である」となっている。

原文
http://davidbrin.blogspot.com/

112 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/10/10(月) 00:29:07
ブリンよ、おまえもか。

113 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/10/10(月) 21:03:57
どっから情報を引っ張ってくるんだろうか?
いつもすごいなぁ

114 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/10/11(火) 00:36:27
でもブリンなら別にいいか

115 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/11/05(土) 22:18:42
【作家情報】マイクル・コニィ逝去

ローカスによると、「ブロントメク!」や「ハローサマー、グッドバイ」で知られる
マイクルコニィが、11月4日、カナダ、ブリティッシュコロンビア州Sydneyの病院で
数ヶ月の闘病の末、逝去した。死因はアスベストに起因する肺ガン。

1932年、英国生まれで、パブやホテルを経営の後、72年にカナダ、ヴァンクーヴァーへ移住。
引退するまで17年間、Forest Service の財政部門に勤務。

「ブロントメク!」で1977年の英国SF作家協会賞受賞。
87年にはカナダのSF作家協会からLifetime Achievementとしてオーロラ賞を受賞。
SFの出版された長編は18本、自らのウェブで発表した作品が3本
(この中には「ハローサマー、グッドバイ」の続編もある)、短編が約60本。

SF以外にも、勤務していた森林警備隊の歴史をとりあげた
ノンフィクション「Forest Ranger, Ahoy」などがある。

コニィのウェブサイト(現在、逝去についてのコメントはない)
http://www.members.shaw.ca/mconey/

書誌データ(本人記述の詳細なpdf版もある)
http://westshore.bc.ca/booksmusic/coney.cfm

116 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/11/05(土) 23:46:18
死んじゃったのか
つーかサンリオSF文庫なんで「ハローサマー、グッドバイ」とか読んだこと無いんだよな・・・・
早川でも創元でも河出でもいいから出してくれないもんか

117 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/11/05(土) 23:48:36
おおう、このスレはじめて見た。
マイケルコニイ死んだのか。
あー、サンリオSF文庫で一番好きだった作家だ。
「ハローサマー、グッドバイ」の続編だって!

ああ、>>109では、渋くて好きだった「ウルフヘッド」の作者も。
ああ俺の青春のサンリオSFが…。

118 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/11/06(日) 00:27:03
>「ハローサマー、グッドバイ」の続編

うおおぉ・・は、激しく読みてえ・・・
どっからの話なんだぁ・・

119 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/11/06(日) 00:42:50
    |┃≡
    |┃≡
 ガラッ.|┃∧∧    
.______|*‘ω‘ *) 晴郎サマが亡くなったと聞いて飛んできました!
    | と   l,) 
______.|┃ノーJ_

120 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/11/06(日) 07:53:23
>>118
読めばいいやん。作者サイトからpdfでダウンロードできる。

121 :118:2005/11/06(日) 15:18:38
実は英語が・・よめなぃ・・orz

122 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/11/06(日) 15:33:14
>>121
ガンガレ!

123 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/01/04(水) 00:40:56
>>105
追伸、残念ながら12月9日ニューヨークで亡くなられたそうです。

124 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/02/11(土) 22:39:15
【作家情報】バクスターへの質問受付中

スティーヴン・バクスターのファンサイト”The Manifold.”では、
サイトの一周年記念に、バクスターにファンからの質問への
回答を受け入れてもらった。webで質問を受け付けており、
2月末か3月はじめに、いいものを20件取りまとめて
バクスターに送付するとのこと。

http://www.themanifold.co.uk/fullnews2.php?newsid=46

125 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/02/22(水) 01:43:58
【新刊情報】ローカスより

Solstice Wood Patricia A.McKillip
祖母の葬式のために帰郷した女性が、周囲の森と
そこに住まうものたちに引き寄せられる。

The Draco Tavern Larry Niven
1977年から続くドラコ亭夜話シリーズ27編を収録
うち5編は初収録。

126 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/02/27(月) 22:19:05
【作家情報】オクティヴィア・E・バトラー逝去 (ローカスより)

脳卒中と思われる発作で家から外に落ち倒れていたのを、昨日(2/25)、隣人の
子供に発見され、病院に運ばれた。手術を受けたが本日(2/26)死亡した、と
近くに住む友人の作家スティーヴン・バーンズ(「ドリーム・パーク」「アナンシ号の降下」)
が報告している。享年58才。

カリフォルニア州パサデナの黒人の靴磨き職人の子として生まれ、10才から
小説を書き始め、12才でSFを発見。1970年にエリスンの紹介で
クラリオンワークショップに参加。ヒューゴーとネビュラをそれぞれ2回受賞。
長編Parable of the Talents(1998年)でネビュラ受賞。

Patternist シリーズ、Xenogenesis/Lilith's Brood シリーズ
Parable seriesシリーズの3つのシリーズがある。

邦訳は
ことばのひびき 84年ヒューゴー受賞(ショートストーリィ部門)
血をわけた子供 85年ヒューゴー&84年ネビュラ受賞(中篇部門)
キンドレッド 絆の召喚  など 

127 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/03/01(水) 19:23:58
>>119
warota

128 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/03/04(土) 22:00:49
【今年の新刊】ローカスより
3月
PretenderC.J. チェリィ Foreigner Universe の8作目
Titan ベン・ボーヴァ 太陽系惑星シリーズの新作

5月
Voices ル・グゥイン 
Rainbows End ヴァーナー・ヴィンジ

6月
Dark Mondays ケイジ・ベーカー

7月
Emperor S.バクスター
The Line Between ピーター・S・ビーグル

8月
A Separate War and Other Stories ジョー・ホールドマン
Dragon's Fire アン&トッド・マキャフリィ

129 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/03/04(土) 22:18:18
【今年の新刊】ローカスより
9月
The Machine's Child .ケイジ・ベーカー
Resplendent S・バクスター
The Pinhoe Egg ダイアナ・W・ジョーンズ
10月
Farewell Summer R・ブラッドべリ
The Sharing Knife, Volume 1: Beguilement R・M・ビジョルド
Fragile Things ニール・ゲイマン
Black Man リチャード・モーガン
Wintersmith T・プラチェット
11月
The Green Trap ベン・ボーヴァ
Fortress of Ice  C・J・チェリィ
Galactic North アリステア・レナルズ
Odyssey  ジャック・マクデヴィット
The Jennifer Morgue C・ストロス
12月
Mathematicians in Love ルディ・ラッカー

130 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/03/04(土) 22:19:31
訂正
R・M・ビジョルド -->L.M.ビジョルド

131 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/03/06(月) 00:10:03
毎度毎度おつ

132 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/03/06(月) 23:06:21
あぁ〜俺アメリカに生まれたかったなー

そうすりゃ今頃全部読めたのに。チェリイとかさ

133 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/03/07(火) 18:35:42
いや、何となく言いたいことはわかるけど
アメリカに生まれてたらいまだに文盲だったかもしれんし・・・

134 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/03/12(日) 09:00:18
【情報】ネット古書店「Dangerous Visions」、エリスンよりクレームを受け名称変更へ
(Ansibleより)

「Dangerous Visions」を名乗っていたSF系古書店(開業して25年、2002年にネット専門店へ)が、
エリスンからの、弁護士を通じたクレームで名称を変更することになった。
現在は従来のhp名のreadsfの名で営業しており、4月末まで新名称を募集中。
http://www.readsf.com/

今更のエリスンの変更要求は、あの未完のアンソロジーのネット出版計画の一環?との観測も。

135 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/03/12(日) 19:47:18
前にエリスンが訴訟のしすぎですっからかん同然になっていると聞いたことがあったが、まだやってるのか
ちょっと前にもAOLを訴えてた気がするぞ

136 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/03/12(日) 20:31:52
ただのアホだな。

137 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/03/12(日) 21:05:48
さすがエリスン、俺達に出来ないことをやってのけるそこにしびれるあこがれるぅ!

138 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/03/12(日) 21:19:18
訴訟のしすぎですっからかん同然になることか。たしかにそりゃできんわ(w

139 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/03/12(日) 21:52:22
何、すっからかんになったら日本のタイトルパクってる小説の出版社から金せびれば
いいだけのことよ。エリスンに隙無し。

140 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/03/13(月) 11:10:29
何たる強弁(w

141 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/03/14(火) 03:26:30
【投票情報】Hayakawa's SF Magazine's All-Time Best SF(ローカスより)

The results of a poll of SF published in Japan, both in translation and by Japanese writers,
were announced in Hayakawa's SF Magazine 2006/4, issue number 600.
The poll was conducted among 103 readers and 98 writers and critics.

Foreign Novel
1. Solaris, Stanislaw Lem
2. Childhood's End, Arthur C. Clarke
3. The Door Into Summer, Robert A. Heinlein
4. The Martian Chronicles, Ray Bradbury
5. Tiger! Tiger!, Alfred Bester
6. Hothouse, Brian W. Aldiss
7. Distress, Greg Egan
8. Hyperion Quadralogy (Hyperion, The Fall of Hyperion, Endymion and The Rise of Endymion), Dan Simmons
9. Hyperion, Dan Simmons
10. Hyperion two-part work (Hyperion and The Fall of Hyperion), Dan Simmons

142 :ジョーダンスレには投稿したけど、ここに書くのを忘れてた:2006/03/26(日) 11:20:05
【作家情報】時の車輪シリーズの作者ジョーダン入院(ローカスより)
http://www.locusmag.com/2006/Features/03JordanLetter.html

時の車輪シリーズの作者ジョーダンが、患者数の少ない難病「アミロイドーシス」で入院治療を受ける。
血液中の異常蛋白(アミロイドタンパク)が臓器に沈着するもので、沈着箇所により症状が様々だが、
ジョーダンの場合はアミロイドタンパクが心臓に沈着し、心臓が硬く厚くなっていき、
最終的には心機能の不全を起こすというタイプ。

ジョーダンは、「余命の中央値は、診断から一年(I would have a median life expectancy
of one year from diagnosis.)、治療を受ければ約4年に伸びる」と述べている。

median(中央値)なので、半分は4年以下だが、半分は4年以上生きのびており、
当然ながらジョーダン自身が何年かは判らないが、
新しいものを付け加えず、今頭の中にあるものを全て書くだけで
約30年かかる見込みであり、それくらいは生き続けるつもりでいる、としている。

143 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/03/26(日) 12:34:39
すげえ、ガッツで勝負か・・・

144 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/04/08(土) 14:43:28
>>139
しかし、あれの英訳版は題名が「恋するソクラテス」に戻っている訳だが?

145 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/04/17(月) 12:00:38
受賞作情報(ローカス・オンライン)

イギリスSF作家協会賞
長編部門 ジェフ・ライマン「空気」Air
短編部門 ケリー・リンク「初心者向きの魔法」Magic for Beginners

ディトマー賞
長編 ショーン・ウィリアムス&シェーン・ディックス「エース」Ace
中篇 キャーロン・ワレン「粉挽き小屋」The Grinding House
短編 キャーロン・ワレン「若き未亡人」Fresh Young Widow
短編集 キャーロン・ワレン「粉挽き小屋」The Grinding House

146 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/04/17(月) 19:51:35
乙だ。

147 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/04/18(火) 00:08:01
ファンタジー臭がするのですが

148 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/04/18(火) 21:38:49
ジェフ・ライマン 読みたいぞ

149 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/04/18(火) 23:03:30
ファンタジー臭ですか。

ジェフ・ライマンはファンタジーも書いてますが、この作品は「分類するとSF」とのこと。
ただ、米アマゾンコムの読者評で、「マサチューセッツ在住の読者のケリー・リンクさん」が、
「去年、一番気に入った本、SFだけどSFファンでない人にも薦めている」と述べているという、そういう本。

ディトマー賞長編は「銀河戦記エヴァージェンス」の作者たちの、2388年が舞台のSF(スペオペ?)。
タイトルは「Geodesica: Ascent」が正(エースは出版社の名前)。
今年1月に出たGeodesica: Descentで完結した二部作の第一部。

Kaaron Warrenはデビューして10年以上経つ短編作家で、ホラーっぽい作風のようす。
ただ、3冠ではなく2冠です。(145さんの勘違い?)

(短編集部門は彼女じゃなく、Daikaiju! Giant Monster Tales - Robert Hood & Robin Penn, Agog! Press
という怪獣もののアンソロジー。何故日本語なのかは不明ですが続編も出る予定とか。
http://www.roberthood.net/daikaiju-antho/).

ディトマー賞のリスト
http://splints.customer.netspace.net.au/ditmar1024res/winners.html#2006

150 :145:2006/04/19(水) 03:28:29
>>149
訂正ありがとう。短編集は別の本でしたね。

151 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/04/20(木) 01:36:58
>>149
親切な人、解説サンクス

メチャ詳しいす

152 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/04/29(土) 23:57:35
ジェフ・ライマンの"Air"がアーサー・C・クラーク賞を受賞。
1990年度の"The Child Garden"に続き、2度目の受賞となった。
"Air"は、他に英国SF作家協会賞、ティプトリー記念賞、
サンバースト賞も受賞している。

ローカスオンライン 4月26日
http://www.locusmag.com/

153 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/04/30(日) 10:20:52
ジェフ・ライマンって日本だと夢の文学館シリーズの「夢の終わりに・・・」と20世紀SFに短編一つぐらいしか訳されてないのな
The Child Gardenとかめちゃくちゃ読みたいんだが

154 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/05/01(月) 02:02:25
The Child Gardenはマジ凄い本。
強烈なヴィジョンを見せてくれる、ちゃんとしたSF。
もっと訳されて欲しい作家だ……。

155 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/05/01(月) 19:16:43
「強烈なヴィジョン」か・・・
そそられるが、もうすこし説明してくれんか。

156 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/05/01(月) 21:40:58
>>155サン
説明するの難しいので、参考までに読んだときの感想↓
http://www2.atwiki.jp/zgok0079/pages/281.html
この感想はひどい文だけど、作品は本当に凄いので。
とにかく、異様な未来社会のディテール描写と、
グロテスクかつ童話的な異様で謎めいたストーリーと、
ラストの超宇宙的/神話的な幻想ヴィジョン。
どれをとっても強烈でした。

157 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/05/01(月) 23:39:50
うぉおおおぉ・・す・すげー本だ!!読みてぇーー

158 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/05/02(火) 03:53:56
>>156
サンクス

159 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/05/07(日) 23:59:58
ネビュラ賞発表(ローカスオンラインより)

長編『カムフラージュ』Camouflage,ジョー・ホールドマン(Analog; Ace Books)
NOVELLA
「初心者のための魔法」"Magic for Beginners" ケリー・リンク (Magic for Beginners Small Beer Press; F&SF Sep 2005)
中篇
「妖精のハンドバッグ」"The Faery Handbag" ケリー・リンク (The Faery Handbag Viking; ed. Ellen Datlow & Terri Windling)
短編
「あなたと生きる」"I Live With You"キャロル・エムシュウィラー(F&SF Mar 2005)

160 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/05/08(月) 03:53:13
ジョー・ホールドマンおめでd

ハヤカワでも創元でも良いから「カムフラージュ」早く訳してケロ

161 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/05/15(月) 00:01:44
【作家情報】 ブッシュ大統領、マイクル・クライトンと非公式対談

地球温暖化を環境活動家の陰謀に関連づけたクライトン作品「恐怖の存在」を
よんで感銘を受けたジョージブッシュ大統領が、クライトンを呼び、話し合ったが、
環境活動家を刺激しないよう、非公式にされているとの記事が、
ニューヨーカー4月24日号にでているとのこと。(アンシブルより)



162 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/05/15(月) 00:26:14
【作家?情報】 ファン作家、無許可でスターウォーズ小説を出版

Lori Jareo なる女性作家兼エディターがスターウォーズの自作小説「Another Hope」を
無許可でamazonで販売して話題になった。

エピソードIV「A new hope」の別ヴァージョンで、「ルークやオビワンが途中で死ぬ」というもの。
彼女はこの作品を昨年から自分のサイトで公開していたが、その後、自らが創立者の一人である
小出版社のWordtech社から「出版」してamazon等で販売を開始したため、論議を呼ぶことに。

「家族や友人のために書いたものであり、商業目的ではないため、著作権上の問題はない」
「販売は知人などへのサービスが目的」などと述べていたが、結局、ルーカスフィルムからの
申し入れにより、販売は中止された。

作品の出来は「誤植や文法ミスが多い」「他のまともなファン活動の妨げ」として
アマゾンレビューでは否定的。マニュアルなどの出版実績のある「ライター」である
彼女の今回の無思慮な行動をいぶかしむ声もある。

なお、既にウィキペディアには彼女の項目(英語)が作られ、今回の「事件」が解説されている。

163 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/05/15(月) 16:28:26
>>161-162
乙であります。

164 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/05/16(火) 08:12:39
「恐怖の存在」の内容を信じるとは・・・
やっぱブッシュは馬鹿だな

165 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/05/16(火) 21:33:09
真に受けるおまえもなw

166 :161-162:2006/05/17(水) 00:14:19
忘れてたんで、一応、ソース(?)を載せておきます(元は両方ともアンシブルです)。

161のニューヨーカーの記事は、その後、ネットで公開されています。
http://www.newyorker.com/printables/talk/060424ta_talk_remnick

4段落目で言及されていますが、ソースとなったのはfoxニュース
コメンテイターのFred Barnesによるホワイトハウスの内幕本
「Rebel-in-Chief: Inside the Bold and Controversial Presidency of George W. Bush」で
今年1月に出版されたもの。未読ですが、アマゾンレビューによると「大統領は実は本好きである」との文脈で
紹介されたエピソードのようです。なお、Fred Barnesはwikiによれば「保守系のジャーナリスト」とのこと。
http://en.wikipedia.org/wiki/Fred_Barnes_(journalist)

162の内容もwiki等を参考にしています
http://en.wikipedia.org/wiki/Lori_Jareo
http://www.scifi.com/scifiwire/index.php?category=4&id=35724

167 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/05/17(水) 15:05:01
どうもです。

168 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/06/05(月) 02:53:36
【注目のPB】
The World Turned Upside Down David Drake, Eric Flint & James Baen,
05年1月出版のアンソロジーのPB化。1933年から1967年までに発表され、衝撃的であった短編29編。
 C.L. Moore, "Shambleau
 Campbell, Jr. "Who Goes There?
 A.E. Van Vogt, "Black Destroyer"
 Arthur C. Clarke, "Rescue Party"
 Robert A. Heinlein, "The Menace From Earth"
 Fritz Leiber, "A Pail of Air"
 Fredric Brown, "Answer"
 Isaac Asimov, "The Last Question,"
 etc

The Stonehenge Gate ジャック・ウィリアムスン
05年8月出版のPB化。サハラ砂漠で発見された異世界への門の話。
最近、ウィリアムスンは引退をほのめかしており、これが最後の作品になるかもしれないとのこと。

169 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/06/05(月) 11:54:12
どうもです。
アンソロジーそこに出てるのは有名作品ばかりですね。
未訳の埋もれた傑作とかは入っているのかな?

170 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/06/05(月) 13:40:49
>>169

C.L. Moore, "Shambleau"
John W. Campbell, Jr. (writing as Don A. Stuart), "Who Goes There?"
A.E. Van Vogt, "Black Destroyer"
Lee Gregor, "Heavy Planet"
P. Schuyler Miller, "Spawn"
Ross Rocklynne, "Quietus"
Chester S. Geier, "Environment"
Arthur C. Clarke, "Rescue Party"
Theodore Sturgeon, "Thunder and Roses"
C.M. Kornbluth, "The Only Thing We Learn"
Wyman Guin (writing as Norman Menasco), "Trigger Tide"
Jack Vance, "Liane the Wayfarer"
Fritz Leiber, "A Pail of Air"
Michael Shaara, "All the Way Back"
Poul Anderson, "Turning Point"
Robert Ernest Gilbert, "Thy Rocks and Rills"
Tom Godwin, "The Cold Equations"
Fredric Brown, "Answer"
Robert Sheckley, "Hunting Problem"
L. Sprague de Camp, "A Gun For Dinosaur"
Isaac Asimov, "The Last Question,"
H. Beam Piper, "Omnilingual"
Robert A. Heinlein, "The Menace From Earth"
Gordon R. Dickson, "St. Dragon and the George"
Christopher Anvil, "The Gentle Earth"
Murray Leinster, "The Aliens"
Rick Raphael, "Code Three"
James H. Schmitz, "Goblin Night"
Keith Laumer, "The Last Command"

171 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/06/05(月) 15:37:45
>>170
ありがとうございます。
結構知らない作家、作品があるなあ。読み応えがありそう。

172 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/06/05(月) 15:55:21
>>171
ワイマン・グイン、マイクル・シャーラが未読なら、これだけでも買いだと思います
他はまめに捜せば、ほとんど翻訳があります

173 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/06/19(月) 21:13:44
シルヴァーバーグの消息とかないでしょうか。もしあればぜひ。

174 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/06/20(火) 01:49:05
あんまりないですね。
洋書店なんかではPBの再販を定期的に見かけるんですが。

シルヴァーバーグが作成依頼したという半公式サイトによれば、
http://www.majipoor.com/

2000年に、「King of Dreams」で、マジプール・シリーズを完結。
これは作者が、「『おそらく』シリーズの最後だろう」、といっています。
2001年には、「The Longest Way Home」という単発作品。
これは、知性を持つ生物が多く存在する異星を舞台に、奴隷種族の反乱(革命)の中、
支配階級の少年が、大陸の反対にある自分の故郷に戻ろうとする話とのこと。

2003年には「永遠なるローマ」シリーズ連作をとりまとめたRoma Eternaを出しています。
これは、ローマ帝国が滅びずにその後も存続したという設定の歴史変革物のようで、
1203年から2723年までが舞台です。その内の「竜帝の姿がわかってきて」のみ邦訳されているようです。

他の仕事では、「伝説は永遠に(LEGENDS)(1998)」「SFの殿堂遥かなる地平(FAR HORIZONS)(1999)」
のアンソロジーにつづいて、「Legends II(2003)」と「The Science Fiction Hall of Fame(2003)」を編集しています。
後者は、SF作家協会のメンバーの投票によるオールタイムベストの短編集。
また、「第七の神殿」 The Seventh Shrine が2005年にコミック化されています。
2006年11月には短編集の「To Be Continued」が出版予定。
これは、どうやら、これまでの短編のベストというか総集編の第一巻のようです。

ネットでは、ローカスマガジンの2004年3月号のインタビューが読めます。
http://www.locusmag.com/2004/Issues/03Silverberg.html
ラインスターやキャンベルにSF大会でサインしてもらった50年代のアスタウンディングを今でも持っているとか、
根っからのSFファンだなあ、って感じです。

175 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/06/20(火) 09:49:53
>>174
詳しい情報をありがとうございました。
おかげさまでたいへん参考になりました。

短編集に「To Be Continued」なる表題をつけるということは
まだ引退せずに作品を書く気があるということでしょうねw

176 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/07/02(日) 03:01:09
【訃報】編集者、ベーン・ブックスの創立者ジム・ベーン逝去(ローカスより)

ロイス・マクマスター・ビジョルド、ジェリー・パーネル、マーセデス・ラッキーらを擁し、ミリタリーSFや冒険ファンタジイといった
娯楽アクション路線を守り続けているSF出版社、ベーン・ブックスのジム・ベーンは、12日に脳卒中(stroke)で倒れ、
昏睡のまま、28日、死去した。

1943年10月23日生まれ。義父との折り合いが悪く、17歳で家を出、路上で暮らした後に軍に入る。
復員後、ニューヨークシティカレッジに入り、ヒッピーとなってさまざまな職を経験。
出版業界ではエースブックスの苦情係としてスタート、ギャラクシー誌やイフ誌の編集に携わり、トーのSF部門の責任者を務めた後、
1983年より、サイモン・シャスター社との取引によりSF専門出版社のベーン・ブックスを立ち上げた。
娯楽冒険系SF出版のトップとして成功を収めたあと、近年では電子出版などに力を入れていた。

米SF作家協会の追悼ニュース
http://sfwa.org/news/2006/jbaen.htm
デヴィッド・ドレイクの追悼文
http://david-drake.com/baen.html

177 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/07/15(土) 01:25:26
【その他】コレクションの引き取り手求む(ローカスより)

コレクションの引き取り手を捜すメールが2通、ローカスのwebに掲載された
http://www.locusmag.com/2006/Features/07Letters.html

辞書やガイドブック、特殊なジャンルの(SFやTVやロックなど)の参照本を引き受けてくれる図書館などを
探している。輸送費は負担するが、死蔵ではなく、複数の作家志望者などが活用してくれることが条件。
Ken Rand


母の面倒を見るためにLAに引っ越すことになったので、35年にわたって集めてきたSF本やパルプ雑誌を
安く売りたい。5000冊以上あるが、2軒の大きな古書店には断られた。
Steve Adler




178 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/07/15(土) 08:46:34
Steve のほうは、読んでてちょっと身につまされるな・・・orz

179 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/07/29(土) 21:00:55
【訃報】英国のファンタジー作家David Gemmell逝去

1948年、ロンドン生まれ。16で放校ののち、ソーホーの
ナイトクラブで用心棒を務める。
「口のうまさで処理ていした」という。

その後、フリーの記者としてデイリーメイルなどに寄稿の後、
1984年にLegendでデビュー。86年から専業作家に。

先週、心臓の手術を受けていた。

(ローカスおよび非公式ファンサイトより)

日本未紹介の作家ですが、ジョーダン、サルバトーレと並んで、
洋書屋ではもっとも目につく、人気ヒロイックファンタジー作家の
一人でした。

180 :179:2006/07/29(土) 21:02:30
訂正;「口のうまさで処理ていした」という。
-->          処理していた

181 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/06(日) 12:24:50
【賞】世界幻想文学大賞ノミネート作決定
http://www.worldfantasy.org/awards/
2005年世界幻想文学大賞(World Fantasy Awards)ノミネート作が発表された。
長編に村上春樹の海辺のカフカがノミネートされている。
日本で知名度がある作家としては、長編にP.A.マキリップ、中編にタニス・リー、
短編にP.S.ビーグル、中編および短編集にケリー・リンク。アーティストにキヌコ・クラフト。
11月2〜5日にテキサス州オースティンで開かれる大会で結果発表。

NOVEL
# Kafka on the Shore, Haruki Murakami (Harvill; Knopf)
# The Limits of Enchantment, Graham Joyce (Gollancz; Atria)
# Lunar Park, Bret Easton Ellis (Knopf; Macmillan)
# Od Magic, Patricia A. McKillip (Ace)
# A Princess of Roumania, Paul Park (Tor)
# Vellum, Hal Duncan (Macmillan; Del Rey)

182 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/08(火) 11:14:52
乙です。
村上春樹が取ったら面白いわ。
中篇はまたリンクかな。

183 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/08(火) 23:10:45
読んだことないんだけど村上春樹を応援しとこう

184 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/28(月) 00:20:02
【賞】ヒューゴー賞とキャンベル記念賞決定

NOVEL Spin, Robert Charles Wilson (Tor)
NOVELLA "Inside Job", Connie Willis (Asimov's Jan 2005)
NOVELETTE "Two Hearts", Peter S. Beagle (F&SF Oct/Nov 2005)
SHORT STORY "Tk'tk'tk", David D. Levine (Asimov's Mar 2005)

DRAMATIC PRESENTATION: LONG FORM Serenity (Universal Pictures/Mutant Enemy, Inc.; Written & Directed by Joss Whedon)
DRAMATIC PRESENTATION: SHORT FORM Doctor Who: "The Empty Child" & "The Doctor Dances" (BBC Wales/BBC1; Directed by James Hawes; Written by Steven Moffat)

PROFESSIONAL EDITOR David G. Hartwell
PROFESSIONAL ARTIST Donato Giancola

John W. Campbell Award for Best New Writer [Not a Hugo] John Scalzi
http://www.locusmag.com/


185 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/29(火) 00:20:30
またコニー・ウィリスか

186 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/29(火) 20:46:42
ビーグルの中編はどんな話なのでしょうか。

187 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/30(水) 01:18:37
>186
なんか、ちょっと答えるのに躊躇しますので。コナー出版社の宣伝より抜粋しておきます
http://www.conlanpress.com/html/books_2H.html

2004年の春、最後のユニコーンのオーディオブックの制作中のこと、コナーは
ビーグル作品の宣伝のはがきに載せる文章を作成していました。
このはがきは、アトランタで開かれる「神秘の旅(Mythic Journeys)大会」の参加者に配布される予定で、
ビーグルの過去の作品と出版予定の作品の概要版となるはずでした。

コナーが最後のユニコーンのオーディオブックの説明文にとりかかったとき、無意識の悪魔がそそのかし
こうタイプさせました。オーディオブックには「ビーグルの古典の世界を舞台にした、未発表の作品が付録に付けられる」と。

もちろん、例えマネージャーといえども、こんなことは、ビーグルの許可なしではできません。
それで、コナーは電話をかけ、この文章を読み上げました。

ビーグルの反応はぶっきらぼうでした。「36年間、みんなは最後のユニコーンの続編を書いてくれ、といってきて、
36年間、僕はノーと言い続けてきた。続編は絶対にあり得ない。あの本は独特なんだ。僕は言うべきことを全て述べたし、
他に言うべき事はないから、戻ることはない。それに、僕はもはやあの本をかいたときの人間じゃない。続編はない。」

188 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/30(水) 01:28:47
「分かると思うが」コナーは穏やかに答えました。「続編とは一言もいっていないよ。
同じ世界が舞台、としか。君は作家だ。あの本には広大な世界があって、いろんな場所や人々、
可能性がある。40年間、君の頭の中に在ったんだ−もう一つ別の話がそのどこかにあるはずだ。
そもそも、最後のユニコーンの登場人物がまったく出てこなくたってかまわない。」

ビーグルのたった一言の答えを可能な限り正確に翻訳するとこうです「Grrurmupph」
(uやmの数は一つ二つ違っているかもしれません)。

それで会話は終わりました。
しかし、です。ひと月もしないうちに、ファンファーレも警告もなく、ビーグルはコナーに
題名のついていない原稿を手渡しました。

「さあ」ピーターは言いました「頼まれたやつだ。だけど僕は、こいつがいい作品かどうかわからないよ」

直ちにコナーは読み始めました。数ページで、コナーは、ピーターが頼んだのことを全くやっていないと気づきました。
実際にはピーターは会話を完全に無視していました。「最後のユニコーンの世界を舞台にした」話ではなかったのです。

完全に違いました。これは今までこの本に存在しなかった終章(コーダ)でした。
全て同じ登場人物が戻ってきました。全て、でも、コナーがこれまで一度も予想しなかった形で。

189 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/30(水) 01:40:18

原稿の途中で、コナーは涙を流しました。読み終えて鼻をかみ、嗚咽をもらし、両頬を強くこすりました、涙が止まらなかったのです...

読み終えたとき、コナーはこの信じがたい小説の最初の読者になるという幸運に恵まれたことを悟り、ピーターに向かって言いました。
「この新しい登場人物Sooz、若い女性…このままにしておくのはもったいないってことに気づいてるだろう?
彼女の新しい話を書かなきゃならなってことを?そいつがいままで絶対書かないと言っていた続編になるって事を?」

ピーターは少し弱気そうでしたが、うなずきました。今回は、grrurmupphは無しで、あっさりしていました「分かってる(I know)」。

190 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/30(水) 01:49:58
補足:サイン付きのハードカバー(64ページ)が、当初予定通り「オーディオブックの付録」として
先着3千名に配布され、ついでアシモフ誌にのり、短編集「The Line Between」に収録されました。

191 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/30(水) 20:23:15
>>187-190
うう、なんかすごそうです。
どうもありがとうございました。

192 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/09/04(月) 14:42:05
>>184
ノヴェラと短編部門がすごい接戦ですね。
特にノヴェラのウィリスとケリー・リンクの接戦スゴス。
ケリー4冠ならずか。

193 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/09/04(月) 16:15:09
ロバート・チャールズ・ウィルソンのは
本国のオーロラ賞は落選してるのにヒューゴー受賞とは。
アメリカ人好みの内容なのか?

194 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/09/04(月) 17:44:21
>>184
Tk'tk'tkをみてキタコレと一瞬思った俺、2ch脳

195 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/09/07(木) 01:24:25
ウィリスのやつ、雑誌サイトで読んだけどSFじゃないじゃん……
オカルトものだったよ。
ノヴェラ、中篇部門がファンタジーって、
アメリカSFほんとにだめになってるんだなぁ
長編賞はカナダ作家に取られてるし……orz
短編賞も読んだけど、これは一応エイリアンものSFだったけど
非常につまらなかった。

196 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/10/12(木) 02:10:28
【訃報】「スペースオペラ」の発明者、ウィルソン・タッカー逝去

「超能力エージェント」や「静かな太陽の年」「長く大いなる沈黙」などの作品で知られる
ウィルソン・タッカーが、10月6日、フロリダ州の病院で亡くなった。91才。

1914年生まれで1932年からファン活動に参加、ファンジンやニュース・レター発行を行った。
その一つ、「Le Zombie」は38年から75年まで60冊以上出され,後にウェブジンとしても発行された。

41年に掌編「Interstellar Way Station」.にてデビュー、ミステリおよびSFの20冊以上の著作がある。
知人の名をもつキャラクターを登場させることが多かったため、今ではこれは「タッカリゼイション(tuckerization)」
と呼ばれている。
また、41年に「スペースオペラ」という用語を提唱したことでも知られている。
(ただし"the hacky, grinding, stinking, outworn space-ship yarn"と説明しており、いい意味ではない)
キャンベル記念賞などを受賞しているが、ファン活動に関しての受賞も数多い。

(ローカスおよびwikipediaより)

197 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/10/12(木) 09:37:00
謹んでご冥福をお祈りいたします。⊂⌒~⊃。Д。)⊃

198 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/10/12(木) 23:31:27
>>196
黙祷。
> (ただし"the hacky, grinding, stinking, outworn space-ship yarn"と説明しており、いい意味ではない)
ていうか、スペースオペラが肯定的に使われてるのは日本だけなのでは?
アメリカでその後スペースオペラがいい意味で使われるようになったんですか?

199 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/10/13(金) 01:23:44
いい意味、というわけでもないけれど。

ウィキペディアの英語版では (http://en.wikipedia.org/wiki/Space_opera

「元は軽蔑的な用語だった。"Space opera" was originally a derogatory term」

「懐古趣味などが、用語を再評価させた。A nostalgic fondness〜 led to a reevaluation of the term.
今では一般に、アクション重視の宇宙を舞台にした話を意味する。
It is now commonly used to mean a tale of space adventure whose 〜」

とあるから、今では、元の意味とは異なってる。
よく知らないけど、スターウォーズのヒットあたりからかな。

200 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/10/15(日) 10:20:34
いわゆる「スペースオペラ」に無関心な俺としては、
「光瀬龍のスペースオペラ」とか書いてあると違和感ありまくり。
あれはちがうだろ、と思わず文句を言いたくなる。

201 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/10/23(月) 03:21:26
【作家情報】ハーランエリスンの新たなる訴訟状況

1.FantagraphicsのGary Groth と Kim Thompsonを、
a. エリスンの古いインタビューを再録したComics Journal Library 8: The Writersの表紙において彼の名に
  「有名なコミック愛好家Famous comics dilettante 」という不適切なキャッチフレーズをつけた。
b.Comics as Art (We Told You So)において中傷を行った。
という理由で訴えている。
訴状の写しは http://www.tcj.com/journalista/lawsuit.pdf

2.Pocket Books に対して、スタートレックの他者の手になるノベライズにおいて
エリスンの脚本、ノベライズの「City on the Edge of Forever」のキャラクター
「Edith Keeler」を使うことを許可したことにたいして。
http://peterdavid.malibulist.com/archives/004740.html

(アンシブルより http://news.ansible.co.uk

202 :200:2006/10/23(月) 03:26:22
補足
2のPocket Booksあては「法的措置を準備中」で、
まだ訴訟にはなっていない。。

203 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/10/23(月) 03:27:12
訂正:202の200は201の間違い...

204 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/10/23(月) 08:49:55
エリスンという人は、トム・ソーヤーとハマコウがシャブ打って合体したような
いわく言い難い人だと思ってたが、
最近、ますますわからんな…

205 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/10/23(月) 17:19:58
>>201-202

落ち着けw


206 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/11/05(日) 01:47:30
【訃報】作家、脚本家ナイジェル・ニール〈Nigel Kneale〉逝去

ホラー作家、脚本家のナイジェル・ニールが10月29日亡くなった。
1922年4月生まれ。84才。
バーナード・クォーターマス博士が主人公の、BBCのTVドラマ
「原子人間The Quatermass Experiment」の原作及び脚本家として知られる。
同シリーズは、続編や映画、リメイクなどが作られており
2000年に英国のTV番組のベスト100本に選ばれている。
90年代には「炎の英雄シャープ」等の脚本も手がけており、「Xファイル」
のエピソードの依頼もあったが、これは断ったという。

「怪奇と幻想」系の小説も手がけており、短編集「トマト・ケイン」や、
いくつかの短編が翻訳されている。

English Passengers(ウィットブレッド賞受賞、ブッカー賞候補)の
作家Matthew Knealeは彼の息子。   (ローカス及びウィキペディアより)

207 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/11/05(日) 18:44:33
原子に還ったか・・・
ご冥福をお祈りいたします。

208 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/11/08(水) 00:41:01
【受賞】「海辺のカフカ」世界幻想文学大賞(World Fantasy Awards)受賞

2005年の世界幻想文学大賞の長編部門は村上春樹の「海辺のカフカ」が受賞した。

他の主な受賞は以下の通り
生涯功労賞
Stephen Fabian
John Crowley
中編 Voluntary Committal, Joe Hill
短編  "CommComm", George Saunders
アンソロジー The Fair Folk, Marvin Kaye, ed.
短編集 The Keyhole Opera, Bruce Holland Rogers

                                         (ローカスより)

209 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/11/08(水) 00:51:50
【訃報】SFおよびファンタジー作家のネルスン・ボンド逝去

SFおよびファンタジー作家のネルスン・S・ボンドが11月4日、心臓病で亡くなった。
1908年生まれ。97才。1935年にデビューしアメージングストーリーズ誌や
ウィアードテールズ誌などで活躍した。
ラジオやTV等の脚本も手がけ、その後、稀覯本の販売も行っていた。
日本では「宇宙人ビッグスの冒険(Lancelot Biggs, Spaceman)」等で
知られている。

(ローカス及びウィキペディアより)

210 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/11/08(水) 20:02:31
誰か知らんけど長生きしすぎやろうw

211 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/11/11(土) 20:15:33
【訃報】ジャック・ウイリアムスン逝去

SF界の長老として知られるジャック・ウイリアムスンが、11月10日、
ニューメキシコ州の自宅で亡くなった。1908年生まれ。98才。
1928年に「The Metal Man」にてアメージングストーリーズ誌にデビュー。
ウイリアムスンおよびウィル・スチュアート(Will Stewart)の筆名で活躍。
「宇宙軍団」のようなスペースオペラ、歴史改変戦争物の「航時軍団」、
狼男を扱ったSFファンタジー「Darker Than You Think」など、数多くの作品を発表している。
「テラフォーミング」は彼の造語で、1942年に「アスタウンディングに発表した作品で用いられたとされる。
2005年発表の「The Stonehenge Gate」が遺作となった。

1930代にはSF作家としての地位を確立し、当時わずか19才でデビューしたアシモフが、
ウィリアムスンから送られた「業界にようこそ」という手紙に感激したというエピソードがある。
ヒューゴー賞、ネビュラ賞、米SF作家協会のグランドマスターや「SFの殿堂」、
世界幻想文学大賞とブラムストーカー賞からの生涯功労賞などを受けている。
また、ウェルズの初期の作品を扱った論文で、コロラド大学から英文学の博士号を得ている。

ニューメキシコ東部大学(Eastern New Mexico University)に
「ジャックウィリアムスンサイエンスフィクションライブラリー」を設置(1982年)、
SF作家二人がパネルディスカッションを行う「Jack Williamson Lectureship Series」も主催していた。

(ローカス及びウィキペディアより)

212 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/11/12(日) 00:33:26
ああ、「宇宙軍団」も「航時軍団」も本棚の肥やしになったまま読んでない・・・
しかし、SF界って意外とご長寿が多いね。若い頃はそんなにいい労働条件じゃなかったろうに。

213 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/11/12(日) 00:53:56
長老乙かれ様でした。見事な大往生っす。

214 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/11/12(日) 17:31:14
21世紀になってもまだ作品を発表していたのね・・・

215 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/11/12(日) 18:31:41
しかし、考えると日本の作家って短命だなあ…

216 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/11/12(日) 20:24:18
今日泊亜蘭が1910年(明治43年)生まれで存命のはず。
ほかはせいぜい70台くらいかねぇ。
浅倉さんがわりと長生きしておられますな(しかもまだ現役)。

217 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/11/13(月) 21:01:11
>>211
いま知った。ほんにお疲れ様でした。
「宇宙軍団」わりと好きでした。ストーンヘンジゲートっつうのもいろんな意味で興味がわくな
ヴェルヌ、C.S.ルイス、ラヴクラフトがまざったような話を
バーホーベンが映画化した作品のノヴェライズのような…ってどんな話やねん

218 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/11/18(土) 23:29:27
【新作情報】

ワイアードで、ヘミングウェイの6語の小説「売ります。赤ちゃんの靴。未使用新品」
にならって書かれた6語のSF」アンソロジ−が公開されている。
http://wired.com/wired/archive/14.11/sixwords.html

著作権がどうなるのかよく判らないので一部のみ紹介。
興味ある方はオリジナルサイトへ。

A.C.クラーク(10語なので厳密には失格)
神がいった。「創世記計画を中止せよ」宇宙は存在を止めた。
"God said, 'Cancel Program GENESIS.' The universe ceased to exist.

アイリーン・ガン
コンピューター?我々はバッテリーを持ってきてたっけ?コンピューター?
Computer, did we bring batteries? Computer?

219 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/11/18(土) 23:37:24
ルーディ・ラッカー
ペニスがとれた。彼は妊娠したのだ。

ヴァーナー・ヴィンジ
墓碑銘「愚かな人類よ。地球から脱出できなかった」

ブルース・スターリング
高くつきすぎるぜ、人間のままでいるってのは。

ハリィ・ハリスン
タイムマシンが未来に到達したぞ!!!...誰もいねぇ...

ウィリアム・ギブスン
ブッシュが真実を語った。地獄が凍り付いた。



220 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/11/20(月) 07:14:36
>>218
短い言葉遊びの中に、それぞれの作家の個性が出ていて面白い。
ブラウンのが読みたかったが…

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 03:16:55
関連wiki
http://wiki.ninki.org/wiki.cgi?p=%b3%a4%b3%b0SF+%ba%ee%b2%c8%a1%f5%bf%b7%b4%a9%be%f0%ca%f3


222 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/12/10(日) 01:40:45
>>218
マーガレット・アトウッドのやつワロタ。

223 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/12/10(日) 22:53:22
アトウッドのって「彼に憧れてた、彼を手に入れた、Shit.」ってやつですね。
(ヘタレが訳すと面白さ半減かな...)

224 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/12/10(日) 23:04:34
【注目の新刊情報】ローカスより 

12月 
イアンマクラウド 過去の魔法 Past Magic
ティム・パワーズ 瓶の中の魂 A Soul in a Bottle
ルーディ・ラッカー 恋に落ちた数学者 Mathematicians in Love
チャ−ルズ・ストロス ミサイルギャップ Missile Gap
ハワード・ウォルドロップ 物事は同じには戻らない Things Will Never Be the Same
タッド・ウィリアムズ 儀式 Rite
ロバート・チャールズ・ウィルソン ジュリアン、クリスマスストーリィ Julian: A Christmas Story

225 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/12/10(日) 23:13:42
【注目の新刊情報】ローカスより 

1月
ニール・アッシャー 真鍮の男 Brass Man
ケイジ・ベイカー 神々と人質 Gods and Pawns
スティーブン・バクスター エンペラー Emperor
ジョン・クロウリー 別の言葉では In Other Words
ロバート・ホールドストック 砕けた王者達 The Broken Kings
アン・マキャフリィ&エリザベス・アン・スカーバラ 大渦巻 Maelstrom
ルーディ・ラッカー 狂った教授 Mad Professor
ダン・シモンズ 恐怖 The Terror

226 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/12/10(日) 23:21:43
【注目の新刊情報】ローカスより 
2月
スティーブン・バクスター征服者Conqueror
C・J・チェリィ 配達者 Deliverer
コリィ・ダクトロワ Overclocked
J・P・ホーガン 異星の空の響き Echoes of an Alien Sky
ナロ・ホプキンソン 新しい月の腕 The New Moon's Arms
ガイ・ゲイブリエル・ケイ イザベル Ysabel
ハリィ・タートルダブ 間隙を超えて Beyond the Gap

227 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/12/10(日) 23:32:35
3月
イアン・バンクス ガーバデールへの急な接近 The Steep Approach to Garbadale
ラムゼイ・キャンベル 暗闇の笑み The Grin of the Dark
ゴードン・R・ディクスン& David W. Wixon 敵対者 The Antagonist
キャロル・エムシュワイラー秘密の都市 The Secret City
ダイアナウィンジョーンズ ゲーム The Game
マーセデス・ラッキー 幸運の愚者 Fortune's Fool
チャイナ・ミエヴィル ウン・ルン・ドン(?)  Un Lun Dun
エリザベス・ムーン 決定の指揮Command Decision
キムスタンリーロビンスン 60日と勘定 Sixty Days and Counting
ハワード・ウォルドロップ 月(?)世界 The Moone World
タッド・ウィリアムズ シャドウプレイ Shadowplay
サラ・ゼッテル 詐欺師の剣 Sword of the Deceiver


228 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/12/10(日) 23:41:22
4月
エリザベスハンド 世代間の損失 Generation Loss
グラハム・ジョイス  TWOC
ケン・マクラウド 実行(処刑?)チャンネル The Execution Channel
バリー・N・マルツバーグ廃墟での朝食Breakfast in the Ruins
マイケル・マーシャル 侵入者達 The Intruders
アレステア・レナルズ  パーフェクト The Prefect
ロバート・J・ソウヤー 巻き戻し Rollback
J. R. R. トールキン Hurinの子供達 The Children of Hurin
ジョン・C・ライト 混沌の巨人 Titans of Chaos

229 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/12/10(日) 23:48:44
5月
ピーター・S・ビーグル 残念ながら竜を捕まえたようですね I'm Afraid You've Got Dragons
ベン・ボーヴァ 結果 The Aftermath
マイケル・シェイボン ユダヤ人警官連盟 The Yiddish Policemen's Union
ジョン・クロウリー 終わりのないもの Endless Things
リチャード・モーガン ブラックマン Black Man

230 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/12/10(日) 23:53:12
6月
ブライアン・オールディスH. A. R. M.
ジョージアレクエフィンジャー 千の死A Thousand Deaths
シェリ・S・テッパー マーガレットたちThe Margarets
ロバート・チャールズ・ウィルソン 軸 Axis


231 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/12/10(日) 23:58:28
ジョン・クロウリーって邦訳が遅れまくってるだけで、本人はコンスタントに作品を出す人なのか
いい加減にエヂプトを出してくれよ、早川・・・

232 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/12/10(日) 23:59:37
7月
ニール・アシャー 丘掘人 Hilldiggers
ケイジ・ベイカー 天国の息子達 Sons of Heaven
スティーブン・バクスター ナビゲーター Navigator
レイ・ブラッドベリ 今と永遠 Now and Forever: Somewhere a Band Is Playing & Leviathan ‘99
ロイス・マクマスター・ビジョルド 分断のナイフThe Sharing Knife,
ニール・ゲイマン& Michael Reaves  内側世界 Interworld
ニール・ゲイマン 魔法のM M Is for Magic
タニス・リー 神々への誘惑 Tempting the Gods

233 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/12/11(月) 00:10:36
8月
チャールズ・デ・リント ニューフォードコレクションThe Newford Collection
ウィリアム・ギブスン 異形の国 Spook Country
スティーブン・グールド ジャンパー;グリフィン編 Jumper: Griffen's Story
ジョー・ホールドマン 偶発的タイムマシン The Accidental Time Machine
ピーター・F・ハミルトン 空虚の夢 The Dreaming Void
カール・シュローダー キャンデスの女王 Queen of Candesce
ルーシャス・シェパード 短剣の鍵 Dagger Key and Other Stories
コニー・ウィリス コニー・ウィリスの宝箱 A Connie Willis Treasury


234 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/12/11(月) 00:19:40
9月
U・K・ル・グィン パワー Powers
ポールマコーリィ カウボーイの天使達 Cowboy Angels
ラリィ・ニーブン& Edward M. Lerner 世界の艦隊 Fleet of Worlds
ジーン・ウルフ 自由の略奪 Pirate Freedom


とりあえず完了。

235 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/12/11(月) 00:23:42
>231
1月の本は情報がなく小説か評論か、よく判りませんが、
最近はそこそこコンスタントに出してるようです。

5月の本「終わりのないもの Endless Things」は
エヂプト・シリーズの4巻目、完結編とのこと。

236 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/12/11(月) 01:02:58
>>225-234
これってもう出た本ってことですか?
ジョン・クロウリー読みたい……
エジプトって原書が絶版だったような。
続編の愛と眠りってのは読んだけど、超名作だった。

237 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/12/11(月) 01:13:23
>236
いえ、これから出版予定の本です。(最初の「12月」のは既に出てるのもあります)

ただ、ご存じの通り、英米では、よほどの流行作家でも、出版のほぼ半年〜1年前には
原稿が出来ているのが普通なので、確実とみていいと思います。

238 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/12/11(月) 09:50:25
おお、面白そうなのが目白押しだ。
お疲れさんでした。

239 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/12/19(火) 00:17:25
はぁ〜読みてえなあ…

でも英語読めねぇんだよなあ…

240 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/12/23(土) 17:45:32
【作家情報】 クラーク、執筆から事実上の引退

アンシブルによると、A.C.クラークが新作長編の執筆を断念し、
完成をフレデリック・ポールに依頼したという。
ファンライター、編集者のC. N. Brown(ローカスの創始者)が
「ポールに確認したところ、執筆中だった」と述べており、
確実と思われる。

この話を聞いてベンフォードが「驚いた」という噂もながれている。

アンシブル(Ansible) ディヴィッド・ラングフォードの情報サイト
http://news.ansible.co.uk/

241 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/12/24(日) 00:57:51
>>240
やはり寄る年波には……
バクスターとの共作チームも終了なんでしょうか。
アイデアにぐらいは参加して欲しいものです。

242 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/12/24(日) 14:02:17
クラークとポールの年齢はそれぞれ何歳なのでしょうか?

243 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/12/24(日) 14:28:22
ぐぐって(wikipedia見て)みた
クラーク 89
ポール 87

244 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/12/24(日) 17:04:38
ポール凄すぎw

245 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/12/24(日) 18:25:54
それじゃあポールに託しても似たようなもんなのでは・・・

246 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/12/24(日) 18:30:41
アーサー・C・クラーク&フレデリック・ポールって
往時なら相補って最強のコラボレーションになる可能性があったよね。
ただし残念ながら、『人間臨終図鑑』で調べてみるとわかるけれども、
もうこのくらいの年齢のひとはたいがい惚けているからねぇ。

がんばれ、ボール!

247 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/12/24(日) 18:55:23
>240
The Last Theorem のことだと思いますが、ポールはもう原稿を
仕上げたと Locus に載ってましたよ。

248 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/12/24(日) 22:51:28
それを考えるとジャック・ウィリアムスンって凄かったんだなぁ。
実は人間じゃなかったのかも知れんぞ。

249 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/12/25(月) 18:18:06
ん、人間じゃない?
それじゃ、まさか・・・

250 :ちょっと古いネタ:2007/03/04(日) 04:47:53
【新刊情報】 P.K.ディックの新作出版

ディックの未発表長編Voices from the Streetが1月に出版された。
52年から53年にかけて執筆されたとみられる非SFの長編。

オークランドを舞台に、無線機類のセールスマンが、狂気に陥っていく
様子を描いた小説、とのこと。

251 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/03/04(日) 10:34:37
>>250
それ「はんぷてぃだんぷてぃ・おーくらんど」みたいなもんかなあ
「ぶろーくんばぶる」も邦訳されてないんだよね
「戦争が終り〜」の映画版も見たいけどDVDになってるんですか?

252 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/03/04(日) 19:45:31
Confessions of a Crap Artistは米では
Barjo (仏題Confessions d'un Barjo )というタイトルで
英語字幕付きVHSでのみリリースされてるようです。

日本での公開タイトル「バルジョーでいこう!」。
ではアマゾンでヒットしないので、日本ではおそらく未発売では。

253 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/03/07(水) 01:44:27
【作家情報】リー・エディングス逝去

デヴィッド・エディングスの奥さんで共著者のリー・エディングスが脳卒中の後遺症でなくなった。
しばらく前に倒れて喋れなくなっていたとのこと。

なお、エディングスは1月末に失火で仕事場兼ガレージと車、過去の原稿を焼失している。


ローカスより

254 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/03/08(木) 00:44:46
おいおいおい大丈夫かよ……。
消失といえばシルヴァーバーグも一回家が火事で焼けたんだよな。

104 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)