5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

今だからこそロードダンセイニ『ペガーナの神々』を

1 :読んでみませんか:04/08/28 22:29

 この世がはじまらないより前のふかいふかい霧のなかで、
「宿命(フェイト)」と「運命(チャンス)」とが、賽を振って
 勝負を決めた。
 そうして勝った者は霧を超えてマアナ=ユウド=スウシャイの
 そばに行き、
「さぁ、われの為に神をつくれ。われは勝負に勝ち、
 勝者に与えられるものを得たのだから」
 と言った。しかし勝ったのが>>2-3のどちらで、
 また、マアナに語りかけたのがどちらであるかを
 知る者は誰もいない。


160 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/06/16(金) 01:24:51
>159
なるほど。
少し考えれば早川、ちくま、河出、その他といろいろ出てるんだから
特に制限されてない事ぐらいは推測出来た筈だ自分。
とりあえず花開かなさそうでも夢は見続けたい。トーマス・シャップ氏の後を追わない程度に。

しかしダンセイニ作品の映像化は見たいような見たくないような。
世にも奇妙な物語で「二壜のソース」やってくれるなら見たいかも。

161 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/06/16(金) 01:26:15
160=158です。

162 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/06/16(金) 09:02:22
著作権が切れても、原則、著作権法は適用される。
ラヴクラフトと対照的でありながら、全集が刊行されない事実の背景には、ダンセイニの“物語”のほとんどが教訓譚の嫌いがあることによる。
それさえ無ければ、現代ファンタジーの父祖として通用しただろうに!

163 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/06/16(金) 23:51:17
権利がないのになんで法律が適用されるの?

164 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/06/17(土) 20:47:25
>>162
卿の作品ってそんなに教訓譚めいてるか?

「ギベリン族の宝蔵」 → 物語は常にハッピーエンドで終わるわけではない
「女王の涙を求めて」 → ダメなものはダメ
ぐらいしかとっさに浮かばなかった読解力の足りない俺に具体的に教えてくれ。
煽りとかじゃなくて真剣に。

165 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/06/18(日) 10:22:02
俺も聞きたいな、真剣な話。

166 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/06/20(火) 21:28:52
162マダー?(AA略

167 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/06/20(火) 21:33:07
そっとしといてやれ…

168 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/06/20(火) 23:30:04
The Little Tales of Smethers (1952)
The Ghosts of the Heaviside Layer and Other Fantasms (1980)

河出はこの二つはスルー?

169 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/06/21(水) 07:15:05
前者は東京創元社が出す予定だから無理。
(この先何年待てばいいかは知らんが)
後者は短編のみ「時と神々の物語」に収録済み(ジョーキンズ除く)

170 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/06/22(木) 23:36:14
「二壜のソース」以外のスミザーズ物読みたいなぁ。

171 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/07/01(土) 17:11:43
http://blog.bk1.co.jp/genyo/archives/2006/06/post_537.php

『文豪怪談傑作選 森鴎外集 鼠坂』にダンセイニが収録されるようです。

172 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/07/02(日) 08:22:09
情報乙ですが、最初のhは抜いた方がよかったのではないかと。

173 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/07/02(日) 09:15:03
なぜ?

174 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/07/02(日) 10:16:20
個人サイトなどへの「2ちゃん」の外へのURLを全部書いてしまうと
嵐対策に引っ掛かりやすくなってしまうからというのと、
個人サイトによっては「2ちゃん」からのリンクを嫌がる人もいるので
直接リンクしてしまわないように、という慣習。
どっちかというと前者の方が大半だと思う。

175 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/07/02(日) 13:42:20
つけてもつけなくても一緒

176 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/07/05(水) 23:46:29
家帰ってカバン開けたら中でペットボトルのキャップが外れて
河出の「時と神々の物語」が珈琲色に染まってたorz
こんなこともあろうかと2冊買っといて良かったぜ。

177 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/07/09(日) 19:28:56
 .   冒
      | |
   / \
    |    |
    |('A`) .|
    |ノ( ヘヘ|
    ̄ ̄ ̄
     
      | |
   / \
    |    |
    |('∀`).|
    |ノ( ヘヘ|
    ̄ ̄ ̄

178 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/07/10(月) 18:52:46
二瓶のソース?

179 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/07/18(火) 01:04:27
なんで、rapierをラピアーって表記したんだろう。翻訳文学で先例があるのかな。
レピアーとレイピアしか知らなかったので少し気になった。

180 :484:2006/07/18(火) 23:04:05
ラピアーがレイピアという事を今知った。
で、とりあえずググってみた。

[ ラピアー ] の検索結果です。 ( 42件中 1〜10件を表示 )
[ レピアー ] の検索結果です。 ( 75件中 1〜10件を表示 )
[ レイピア ] の検索結果です。 ( 約9,740件中 1〜10件を表示 )

レイピアが圧倒的に多い。
「ラピアー」は「スウォード」みたいなもんなのかな?

181 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/07/18(火) 23:05:45
名前欄は無視してくれorz

182 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/07/19(水) 05:22:54
ラピアーってどこで出てたっけ?

183 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/07/19(水) 20:42:29
>>180
フランス語だとレピアかラピアになるはず。
ぐぐったならわかると思うけどフェンシング用語でもそうだ。
んでフェンシングから取って訳したんじゃないかねやっぱり。

184 :180:2006/07/19(水) 23:04:37
>>183
ググったけど、実はヒットしたページ自体はあまり見てない。
「ラピアー」の検索結果でとりあえず目に付いたのが
ワイン(地名「ラピアーナ」)とかボリショイサーカス(人名「なんとかラピアー」)とか
シェイクスピアのページだった。
んで、フェンシングのページは目に入らなかったから、
シェイクスピア→古くから翻訳されてる→昔は正確でない訳もあった
の発想で、swordが一時期「スウォード」だったみたいに
rapierが「ラピアー」になったものかと思ったんだ。

>>182
「理由」(河出の「最後の夢の物語」収録。原題「The Cause」)。

185 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/07/20(木) 01:12:39
スリッドは後から地球にやってきた神みたいだが
マーナはいつスリッドを創造したのだろうか?

186 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/07/20(木) 07:54:16
>>184
「理由」か。どれ…なるほど、これか。
前に読んだ時ちょっとよくわからなかったが(「ラピアー」という
剣があるのだと思ってた)、レイピアに置き換えたらよくわかった。
ありがとう。

187 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/07/22(土) 22:45:11
>>185
「時と神々」には、後から地球にやってきた記述はあるが、
「ペガーナの神々」には、スリッドが他の神々と別に創られたという記述はない。
また、マアナは神がみとスカアルを創りだしたあと寝てしまっているので、スリッドも例外ではないはず。

188 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/07/24(月) 22:29:32
ttp://www.generalworks.com/databank/movie/title2/ihtom.html
「ルネ・クレールの明日を知った男」

原題:IT HAPPENED TOMORROW
製作年:1944年(日本劇場未公開)
アメリカ劇場公開:1944年5月28日
上映時間:84分/モノクロ/モノラル
製作:UA、アーノルド・プレスバーガー(アメリカ)

■スタッフ■
監督:ルネ・クレール
製作:アーノルド・プレスバーガー
脚本:ルネ・クレール、ダドリイ・ニコルズ
ストーリー:ロード・ダンサニー
撮影:アーキー・スタウト
編集:フレッド・プレスバーガー
音楽:ロバート・ストルツ

>ストーリー:ロード・ダンサニー

この映画の原作はダンセイニなのか?

189 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/07/24(月) 23:52:00
調べてたら、ダンセイニ原作の映像作品をもうひとつ見つけた。

ttp://www.imdb.com/title/tt0581934/

"Four Star Playhouse"
The Lost Silk Hat (1952)
< Prev | Episode 3 of 127 | Next > Directed by
Robert Florey

Writing credits
Ronald Colman (adaptation)
Lord Dunsany (story)

「忘れてきたシルクハット」ですな。

190 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/07/30(日) 13:09:11
ラヴクラフト好きならはまると友人に薦められて呼んでみたが
どこぞの無貌の神と違って、性格のいい神が多いな。

191 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/07/30(日) 14:37:24
>>190
「性格がいい」?そうか?

192 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/07/30(日) 15:16:04
性格とかわからんかった

193 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/16(水) 23:44:52
10年以上前に古本屋でgetして、本棚に放置してた「妖精族のむすめ」(ちくま文庫)を
読み返してみら、無茶苦茶良かった……

なんて言ったらいいか、FT濃度が異様に濃い。
今ここにはないものへの憧れ、謎めいた雰囲気、とでもいうべき情緒があまりにも
鮮明に表現されてる。
それって普通の作家なら、何百ページにも渡るような作品の中の、あちこちに少しずつ
断片的に埋め込むような要素だと思う。
でもそれはジャンルとしてのFTのアイデンティティとでも言うべき重要な要素で、そして
ダンセイニは、純粋にその重要な要素でだけ、他の余分な要素抜きで、物語を作って
しまってる。

せいぜい10P、20P程度の短編一本に、なんか普通の単行本一冊分くらいの
センスオブワンダーが詰まってる気がする。どういうことよこれ。

作風を表現するなら、「昔話のように人物の内面描写は行わず展開は明瞭、しかし
描写はモダンで映像的」みたいな感じだろうか。
この昔話的な作風が、上述の効果を上げてるのかもしれない。

普通の小説みたいに、登場人物の内面を描写したり人物が経験すべき世界を
設定として構築したり、といった作業を積み重ねると、却ってロマンや謎めいた雰囲気
は薄まるのかもしれない。その分登場人物に感情移入が容易になって、読みやすくも
なるんだろうけど。

もっと早く読んでりゃ良かった。

194 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/18(金) 23:02:52
>>193
ダンセイニの世界にようこそ。

そのまま高濃度FTにどっぷり浸かりたいのなら、
「ヤン河の舟歌」
「ペガーナの神々」
「エルフランドの王女」
という順番で読むのがいいと思う。
「ペガーナの神々」は二十歳すぎて読むには
少し難しい本かもしれないけど。

ダンセイニという作家の全体像を知りたいのなら、
河出文庫から出ている四冊の短編集を読んでから、
「エルフランドの王女」と「魔法の国の旅人」と進んで、
あとは「ダンセイニ戯曲集」と「牧神の祝福」をお好みでどうぞ。
アンソロジーピースで有名な短編「二瓶のソース」も
どっかのアンソロ探して読むのも吉。

195 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/25(金) 20:27:07
老怒男性尼

196 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/26(土) 00:31:00
なにその民明書房

197 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/28(月) 23:42:41
ムング「死亡確認!」

198 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/08/29(火) 07:43:42
お前が殺したんだろが(w

199 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/09/20(水) 23:46:32
もう稲垣足穂経由でダンセイニを読み出す香具師は少ないのかな…
ラヴクラフト関連で読みはじめる人の方が多いみたいね
雑誌『遊』→松岡正剛→足穂→ダンセイニ→ラヴクラフト→クトゥルー神話
の流れて読んできますたが最近のダンセイニ翻訳ラッシュは嬉しい限りです

200 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/09/23(土) 12:10:09
卿を知ったのはリア厨の頃に読んだTRPG関連の本からだったな。
「偶然」と「宿命」が勝負する話が紹介されてたんだけどスケールの大きさに圧倒された。

201 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/11/19(日) 09:17:22
スミザーズマダー?(AA略)

202 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/11/25(土) 18:30:30
「二瓶のソ−ス」以外も読みたいなぁ

203 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/01/01(月) 03:37:19
あけましておめでとうございます
今年もマアナ=ユウド=スウシャイの目覚めが来ませんように
そしてスミザーズものの短編集が発売されますように

204 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/01/05(金) 15:30:43
『スミザーズのささやかな冒険』はいま絶望的状況です。
自分で翻訳した方が早いかも。

205 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/01/05(金) 21:05:17
マジで? >絶望的状況

206 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/03/02(金) 22:09:19
原因は何なの?ていうか誰なの?
バークリー共々大概にしろよと

207 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/03/03(土) 07:47:03
本人等に直接聞いた訳じゃないからあくまで噂だと思って欲しい。
企画を立てた人が退社したが、企画の中身は引き継がれ
なかったのでその人が立てた企画全部が絶望的、らしい。

208 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/03/15(木) 23:14:00
何でそんなズサンなことになるんだ?
読者を馬鹿にし過ぎだろ

209 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/03/16(金) 09:02:27
出版企画が、出版社でなく編集者個人頼みなのは普通。
売れ行きを見て継続する価値があると認めた時に、編集者の成果を出版社が奪って続ける。

50 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)