5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

戦国銀河英雄伝ライ

1 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/12/20 03:28:44
拙者不殺の誓い破りまくってますからー
残念!

2 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/12/20 06:58:46
糞スレ2get

3 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/12/20 13:35:16
主人公が善人じゃないのがいいな。

4 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/12/20 16:15:33
犬と女のエッチしか描けない人のマンガだっけ?

5 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/12/20 19:17:32
正直銀英伝よか完成度高いと思うな。
あっちは西洋ベースだから野心100%に徹しきれないのが弱点。

6 :越後屋藤兵衛:04/12/20 20:34:19
人の道など知ったことか!

7 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/12/20 22:47:30
羅鶴んときにキョウシショウはどこで何をしてたんだろうね。

8 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/12/21 13:57:09
紫紋て何か良くわからないうちに死んじゃったよね

9 :戦国銀河英雄伝ライ・研究家:04/12/21 14:52:59
諸国変遷図

北天
  神聖帝国、西羌
  ↓
  五丈、佐倉、西羌・・・etc
  ↓
  比揮朝五丈、西羌
  ↓
  大五丈、西羌
  ↓
  竜我朝五丈、西羌
  ↓
  五丈帝国

南天
  智、練、明、曹、呉、南蛮
  ↓
  智、練、南蛮
  ↓
  南天国
  ↓
  南蛮
  ↓
  五丈帝国


10 :戦国銀河英雄伝ライ・研究家:04/12/21 15:09:50
戦国銀河英雄伝ライ・人物列伝  竜我朝五丈編

竜我ライ  主役。戦国一の出世頭。一兵卒から皇帝まで成り上がる。
大覚屋師真  ライの軍師。
シモン  ライの正室。西羌の攻撃で死亡。
レイラ  ライの側室。
モウカク  ライの武将。竜我朝の大将軍。西羌の攻撃で戦死。
項武  ライの武将。一番の武芸者。先手大将。
林  副軍師。後に丞相となる
ショウシゲン 武将。竜我朝の上将軍。
ヨウブン 武将。竜我朝の上将軍。
三楽斎  ライの腹心。内政宰相。
コウエン  コウブの父。将軍。
モウユウ  モウカクの息子。父の後を継ぐ。若手の筆頭。
ショウブン  工学に優れた軍師将軍。若手ナンバー2。
英真  師真の弟。大商人。南天との和平に奔走する。


11 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/12/21 15:14:16
戦国銀河英雄伝ライ・人物列伝  竜我朝五丈編

竜我ライ  主役。戦国一の出世頭。一兵卒から皇帝まで成り上がる。
大覚屋師真  ライの軍師。
シモン  ライの正室。西羌の攻撃で死亡。
レイラ  ライの側室。
モウカク  ライの武将。竜我朝の大将軍。西羌の攻撃で戦死。
項武  ライの武将。一番の武芸者。先手大将。
林  副軍師。後に丞相となる
ショウシゲン 武将。竜我朝の上将軍。
ヨウブン 武将。竜我朝の上将軍。
三楽斎  ライの腹心。内政宰相。
コウエン  コウブの父。将軍。
モウユウ  モウカクの息子。将軍。若手の筆頭。
ショウブン  科学に優れた将軍。若手ナンバー2。
英真  師真の弟。大商人。南天との和平に奔走する。
シンテイカツ  西羌の王。ライに服属するが後に裏切る。
シンケイ  シンテイカツの弟。五丈帝国の大将軍となる。


12 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/12/21 16:24:26
風雲児が2人って1巻冒頭にあったけど
雷と南天の犬っころの事じゃないんだよな。

13 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/12/22 00:55:51
>>12
じゃあ誰なの?

14 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/12/22 01:05:28
弾正だろ。

15 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/12/22 02:03:50
はあ?

16 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/12/22 17:05:11
>>12-14
そうだな。冒頭で言われてるのは弾正と雷の事なんだよね。
でも弾正は半分もいかないうちに寿命で死んじゃうんだよな。

17 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/12/22 23:07:14
ヒッキーだったからな

18 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/12/24 20:21:03
この漫画、光栄の
「信長の野望」と「三國志」を元にしているね。
特に地図上の半ばを征服すると
後半が同じことの繰り返しになるあたりを
忠実によく再現できている。

19 ::04/12/24 21:55:56
独眼龍

20 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/12/25 00:00:09
一介の武辺者が覇者となり、皇帝となった後に権力者としての残酷さを発揮するところなんかは
ヘタなメジャー歴史小説よりよほどイイ。

同じ架空大河歴史小説でも、○英伝よりはるかに話が出来ていると思う。
(まして○イン如きは論外w)

21 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/12/26 15:45:51
ライは良く人の良さそうなイケイケ兄ちゃんから残酷になれた感じ。

それにしても宇宙空間で生身で戦っちゃうのは凄いよな。
最初はカルチャーショック受けたもんだよ。

22 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/12/27 02:47:53
>>21
銀河…河なんだよ。

23 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/12/27 21:23:39
>>20
ふーん

24 :名無しは無慈悲な夜の女王:04/12/31 00:18:17
後半は、雷とか師真に感情移入できなくなるもんな。
だからといって、反権力的なエピソードとかを挿入する「マヌケな良心」も無い。

まさに教育的かつストーリー全体のバランスを考えたイイ仕事だよな(結果往来かもw)。

25 :研究会:05/01/01 19:42:59
戦国銀河英雄伝ライ・諸国変遷図

北天
  神聖帝国、西羌
  ↓
  五丈、佐倉、鳥架、阿楚、奉天・・・etc、 西羌
  ↓
  五丈(ヒキ朝)、西羌
  ↓
  大五丈(骸朝)、西羌
  ↓
  五丈(竜我朝)、西羌
  ↓
  五丈帝国

南天
  智、練、明、曹、呉、南蛮
  ↓
  智、練、南蛮
  ↓
  練、南蛮
  ↓
  南天国
  ↓
  五丈帝国


26 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/01 19:52:07
戦国銀河英雄伝ライ・人物列伝  五丈(竜我朝)編

竜我ライ  主役。戦国一の出世頭。一兵卒から皇帝まで成り上がる。
大覚屋師真  ライの軍師。
シモン  ライの正室。西羌の攻撃で死亡。
麗羅  ライの側室。
孟閣  ライの武将。竜我朝の大将軍。西羌の攻撃で戦死。
項武  ライの武将。一番の武芸者。先手大将。
林  副軍師。後に五丈帝国の丞相となる
華玉  参謀。師真の補佐役。
雲海  ライの兵卒時代からの相棒。将軍。
太助  ライの旧友。戦国最大の六紋海合戦で戦死する。
ショウシゲン 古参の武将。竜我朝の上将軍。
ヨウブン 古参の武将。竜我朝の上将軍。
三楽斎  ライの腹心。内政宰相。
コウエン  項武の父。将軍。
モウユウ  孟閣の息子。将軍。若手の筆頭。
ショウブン  科学に優れた将軍。若手ナンバー2。
英真  師真の弟。大商人。南天との和平に奔走する。
シンテイカツ  西羌の王。ライに服属するが後に裏切る。
シンケイ  シンテイカツの弟。五丈帝国の大将軍となる。


27 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/01 21:25:22
>>26
中堅武将が抜けていますよ。

28 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/01 21:26:53
戦国銀河英雄伝ライ・人物列伝  五丈(ヒキ朝)&大五丈(骸朝)編

ヒキ弾正  五丈国主。神聖皇帝死後の群雄割拠を征して五丈を建国する。
竜我ライ  主役。戦国一の出世頭。弾正に認められ兵卒から師団長、太守となる。
骸羅  五丈国の元帥。弾正死後に国を乗っ取り大五丈皇帝と称す。
狼刃  五丈国の元帥。ライの師匠的存在。骸羅に属しライに討ち取られる。
麗羅  弾正の娘。ライを気に入る。骸羅と組み一時女帝となるが幽閉されてしまう。
ゲンイ 元帥。陰謀家。キレ者。
華玉  ゲンイの参謀。
鳳鳴  大元帥。骸羅のクーデター時に殺される。
アソウ主禅  佐倉国主。神聖帝国のNo2だったが弾正に倒される。シモンの父。
シモン 後にライの正室となる。
雲海  ライの相棒。
太助  ライの相棒。
師真  大商人の放蕩息子だったが後にライの軍師となる。
林  身元不明の書生。ライに才能を買われて参謀となる。
孟閣  ライ配下の副師団長。
骸山  骸羅の次弟。大五丈の大元帥となる。ライに倒される。
骸エン  骸羅の末弟。骸羅の軍師で知略に優れる。
武倒国  骸羅配下の将軍。


29 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/01 21:59:39
戦国銀河英雄伝ライ・人物列伝  南天編

羅侯  第二の主役でライの好敵手。練の国主から後に南天を統一する。
独眼竜正宗  本名は紅玉。智の国主。天才的軍略家。
姜子昌  羅侯の軍師。知略に優れる。師真のライバル。
サイエン  羅侯の妻。
神楽  羅侯の武将。女傑。
飛竜  正宗の副官。智滅亡後にライを暗殺しようとする。
龍緒  練=南天国の宰相。羅侯の補佐役で国の柱。
夏侯獣  練=南天国の大将軍。武勇に優れる。
牛魔王  練=南天国の将軍。
金角  練=南天国の武将。戦国最大の六紋海合戦で五丈側に寝返る。
銀角  金角の弟。武将。
夏侯何  夏侯獣の息子。将軍。
火徳星  練=南天国の将軍。六紋海合戦で戦死。
エンネイ  南蛮の王。羅侯の才能を買って南蛮国をまかせる。
エンヨウ  エンネイの息子。六紋海合戦敗北後の羅侯に謀反を起こすが倒される。
羅鶴  羅侯の父。練国主だったが五丈の南征時に戦死。
紅膳  紅玉の弟で智の国主となるが、五丈に征服される。
雷神  明国主。智の正宗に倒されて征服される。


30 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/02 19:26:26
結構登場人物が多いな。
ライって10年近く連載されたんだっけ?

31 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/02 19:40:00
>21
>>宇宙空間で生身で戦っちゃうのは凄いよな

初めは、あれに出てくる白兵戦部隊は宇宙空間で息を止めて戦ってるという
設定だったんだが、いつのまにかライの世界では宇宙にも空気があるって事に
なり、みんなが宇宙戦艦の上でチャンバラするようになってしまった。

宇宙艦隊やビーム、ミサイルがあるのに、何故か兵士達が持つのは
刀と槍ばかりで、飛び道具は弓矢か火縄銃という訳の分からない
アンバランスさが面白かった。


32 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/02 20:11:12
空母や戦闘機、駆逐艦とか重巡洋艦とかも消えたな。

33 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/02 23:23:50
あの漫画は、15年位前に放送された大河ドラマ(大河歴代中トップクラスの
視聴率だったらしい)「独眼竜政宗」に啓発されて描き始めたらしい。
さらに作者は旧日本海軍ファンだったので、物語前半は日本の戦国時代
と戦前の海戦をモデルに描いてたのだが、いつの間にか今度は三国志と
項羽と劉邦の横山光輝漫画に傾倒するようになり、物語後半は
完全に中国歴史物語風になってしまった。
キャラモデルも
ライ=始皇帝、師真=孔明&陳平、羅侯=項羽、シンテイカツ=馬超
って感じでほとんどパクリ。ストーリーや台詞もほとんど意図的に
パクってる(笑)


34 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/03 00:08:26
あの当時、大河ドラマは現代物が続いていてね。
視聴者の時代物が見たいという要望とちょうど時期があったこともあった。
政宗に渡辺謙、片倉小十朗にあおい輝彦、伊達成実に三浦知良。
父に北大路欽也、母は岩下志麻、乳母に沢口靖子。
鬼庭にいかりや長介、妻の愛姫の幼少時代に後藤久美子。
など役者もけっこう話題だった。

35 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/06 15:40:18
age

36 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/07 22:53:14
アニメは酷かったがな・・・
らしかったのは主題歌だけかw

37 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/08 00:05:55
十倍の敵を倒すのに、
味方を二つに分けると、敵がそれに合わせて二手に分かれるから、
それを叩くとか・・・(笑)

38 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/08 16:15:26
age

39 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/09 01:56:36
>>34
どうでもいいがあおいじゃなくて西郷な

40 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/09 10:01:05
作者自らエロ同人を出したのが面白かった

41 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/09 22:20:25
エロ同人を書くのはかまわんが、
ちゃんと本業をしっかりやれ・・・と。

42 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/10 14:36:10
研究会という香具師の、やたら内容には正確で詳しいのに
肝心のタイトルを間違えてるアンバランスさにワラタ

43 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/10 21:19:48
ねらったんじゃないの?

44 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/13 04:59:27
もんくあんのかこら

45 :研究会:05/01/13 20:54:11
銀河戦国群雄伝ライ・合戦列伝 六紋海の合戦

○合戦への経緯
五丈国王ライが率いる約10万の大軍が南天(銀河南部)に侵攻し、
対する錬国王羅侯は、約12万の大軍と12個の巨大戦艦を率いて
迎撃した。両軍は南天の交通の要衝「六紋海」で対峙した。
この六紋海の合戦は銀河戦国史上、規模的に最大の戦いを言われる。

46 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/13 21:14:05
銀河戦国群雄伝ライ・合戦列伝 六紋海の合戦

○両軍の編成

五丈軍
中軍・大本営(4万)
  最高司令官  竜我ライ(五丈国王)
  軍師元帥  大覚屋師真
  大将軍  孟閣
  次将軍  孟ユウ
  副軍師  林  
  副軍師  華玉
前軍(1万)
  先手都督  項武
  次都督  刑岳
  次都督  ユショウ
左軍(2万)
  上将軍  鐘士元
  将軍  ウエイゲン
  将軍  檄栄
右軍(2万)
  上将軍  ヨウブン
   将軍  戊三超
   将軍
後軍(1万)
  将軍  雲海
  次将軍  ショウブン

47 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/13 21:27:47
銀河戦国群雄伝ライ・合戦列伝 六紋海の合戦
○両軍の編成

練軍
第一軍(2万)
  最高司令官 羅侯(錬国王)
  大都督  姜子昌
  将軍  神楽
第二軍(2万)
  大将軍  夏侯獣
第三軍(2万)
  将軍  牛魔王
第四軍(2万)
  将軍  魚武水
第五軍(2万)
  将軍  金角
第六軍(2万)
  将軍  夏侯牙
遊撃軍(帝虎級戦艦6個)
  将軍  火徳星

48 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/13 23:25:06
わざとやってるだろ。
北天に侵入した羅候をライが迎撃したヤツだな。
師真が水攻めを宇宙でやったアレだ。

49 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/13 23:55:51
銀河戦国群雄伝ライ・合戦列伝 六紋海の合戦
○合戦の推移 その1

銀河時間8時4分に戦端は開かれた。
錬の大都督・姜子昌の号令の下、第一〜六軍が縦隊で整然と前進を
開始し、敵との距離6000メートル付近で突如左翼に大回頭した。
それを見た五丈軍は猛烈な砲撃を開始し、回頭中の錬軍艦艇は
少なからぬ損害を被った。しかし、回頭が終わり錬軍の全砲門が
五丈側に向けられたのと同時に砲撃を開始、横隊による効果的な
砲撃の前に、五丈軍は一気に劣勢に追い込まれた。

50 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/14 00:10:22
銀河戦国群雄伝ライ・合戦列伝 六紋海の合戦
○合戦の推移 その2

五丈の軍師・師真は砲戦による劣勢を挽回する為に接近戦に移す事を決意し、
全軍に突撃命令を出した。五丈軍は項武を先頭に雪崩を打って錬の戦列に
割り込み、両軍入り乱れての大乱戦となった。
姜子昌は、火徳星率いる別働隊に敵後方への迂回を命じ、五丈軍を包囲
しようとしていた。これが成功すれば五丈軍の敗北は必至だったが
錬側に密偵として送り込まれていた五丈兵士太助(ライの旧友)の活躍
によって、別働隊の旗艦「双虎」が火薬庫の誘爆により爆沈し、
その連鎖反応で別働隊は全滅した。

51 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/14 00:21:52
銀河戦国群雄伝ライ・合戦列伝 六紋海の合戦
○合戦の推移 その3

別働隊の全滅という不運で決定的な勝利は逃したが、依然正面戦列では
錬軍が優勢だった。五丈の軍師・師真は全軍の後退命令を出す。
しかしこれはかねてより用意していた水攻めの罠に敵を誘い込む為の
擬態だった。姜子昌は敵の策を察したが、追撃の好機を見逃す訳にも
いかず、「用心して」前進する事を指示した。

52 :名無しは無慈悲な夜の王女:05/01/14 09:58:41
 ライと正宗の間に生まれたという流浪の皇子ジャムカについて教えてくれ〜


53 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/14 13:57:36
>>45
そもそも軍勢少なすぎだろ。

>>52
ライが「夢の中で」正宗を抱いて生まれた子な。
清々しい程の後付け設定だ。

54 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/14 15:02:44
ライも名作なんだが、いかんせん配下武将のキャラが全然立ってないのが失点だな。
あとストーリー。
六モン海の決戦以降は、はっきり言って緊迫感に欠けるダラダラ話で、
面白い面もあるが迫力にかける。
あれ以降は、いつ終わるんだって感じで読んでた。

中国歴史物語に傾倒した作者が普通の戦記物よりもマニアックな
戦の事後処理や占領、統治機構に関心を寄せて、それに基づいたストーリー
を書きたかったのだろうが、はっきり言ってこれは作者の自己満足。
オナニーストーリーと言ってもいい。
物語冒頭で同盟の主力が壊滅してしまう銀河英雄伝説の変な所を真似て
しまったな。
いい漫画だっただけに、咲きかけの花で終わってしまったのは残念。
似たような雰囲気でいいから、是非もう一つの銀河戦国モノを書いて
欲しいよ。作者には。

55 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/14 15:35:46

銀河戦国群雄伝ライ・合戦列伝 六紋海の合戦
○合戦の推移 その4

姜子昌の度々の注意にも関わらず、錬軍全艦艇は勝利の興奮にまかせて
五丈軍を追撃し、当初の整然とした陣形も崩れてつつあった。
錬軍が予定の罠地点に差し掛かった時、師真は合図を送り水惑星を
爆破した。水惑星から放たれた大量の水流が向かいの重力惑星に引き
寄せられ、一気に濁流となって錬軍に襲い掛かりその大半を飲み込んだ。
錬軍は一瞬にして軍勢の大半を失い、そこに師真は全軍を反転させて
総攻撃をかけた。錬軍は総崩れとなり羅侯の本営も危機に瀕した。
勝敗は決し、姜子昌は主君羅侯に退却を進言する。

56 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/14 21:39:18
姜子昌って退却を進言してなかったんじゃ???

57 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/14 22:48:52
姜子昌は、水攻めの段階で気を失ってなかったか?

58 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/14 23:10:32
っていうか、行方不明だよな。

59 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/14 23:41:05
それは奥さん。

60 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/15 17:58:10
銀河戦国群雄伝ライ・合戦列伝 六紋海の合戦
○合戦の推移 その5

退却を渋る羅侯も五丈の大軍が目前に迫った以上決断せざる得なかった。
旗艦「帝虎」を先頭にし、僚艦をその後尾に盾代わりに配置して退却を
開始した。僚艦には反撃を一切禁じ、ただ盾となる事を強要した。
この退却劇によって羅侯の名声は地に落ちた。錬軍で生還できたのは
羅侯の帝虎だけで他の艦艇は尽く沈没、捕獲されるか行方不明となった。
錬は12万の主力と8隻の大戦艦を一気に失い、銀河のパワーバランスは
大きく崩れた。五丈の優勢はゆるぎないものとなった。


61 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/15 18:47:33
銀河戦国群雄伝ライ・合戦列伝 六紋海の合戦
○合戦の総評

六紋海の合戦は、五丈王ライと錬王羅侯が直接ぶつかり合った大決戦だが
それ以上に注目すべきは、師真と姜子昌という銀河系最高の軍師同士による知略を
尽くした戦いだった点だろう。事実、采配を取り実際に戦場を動かしていたのは
彼ら二人だった。五丈側の大勝に終わったとは言え、戦術面では姜子昌の方が
勝っていたとする見方が多い。師真の勝利は、別働隊の全滅という全くの幸運に
拠るものであり、それが無ければ水攻めの前に確実に包囲殲滅されていただろう。
姜子昌が考案した緒戦の敵前大回頭は優れた戦術だった。その後の砲戦、白兵戦でも
錬軍は常に優勢を保っていた。姜子昌の最大のミスは、戦場の偵察が不十分だった事だろう。
水惑星の質量と重力惑星の吸引力を過小評価し、故に敵の罠を察知していたにも関わらず
敗北を招いてしまった。


62 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/16 20:22:11
ライって名前だけ知ってたけど、今までの読んで興味出た。
結構マジメな戦記モノなんだな。
古本屋あさるのもメンドイし、続きキボンヌ

63 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/16 20:54:50
買えよ。
その方が本屋も作者も喜ぶ。

64 :研究会:05/01/17 03:06:21
銀河戦国群雄伝ライ・合戦列伝 北京沖の合戦

○合戦への経緯
六紋海の合戦の大勝に沸く五丈国は、いよいよ本格的な南天制圧に乗り出した。
五丈王ライとその軍師・師真は12万の大軍を率いて南天に侵入する。
敗戦以降自暴自棄になっていた羅侯だが、重臣リュウショに諌められて
再度の決戦を決意する。しかし新たに編成された軍隊は、方々から
かき集められた新参の徴募兵が大部分を占める烏合の衆と言うべきものだった。
両軍は南天首都大王理から北に9000宇宙キロの北京沖で激突した。





65 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/17 03:22:05
銀河戦国群雄伝ライ・合戦列伝 北京沖の合戦
○合戦の推移 その1

羅侯は自軍を3つの陣に分けた。
新参兵からなる第一陣。主力兵からなる第二陣。そして羅侯の近衛兵から
なる第三陣である。第一陣は敵を疲労させる為の完全な捨て駒であり
その後の第二陣で本格的な戦闘を挑み、第三陣は督軍として退却する
兵士達を砲撃して全軍の士気を引き締めるというのが羅侯の構想だった。
烏合の衆の軍隊を運用する為の非情な作戦と言える。
対する五丈軍は、錬度も士気も高い歴戦の精鋭揃いであり、各軍を横列に
並べた陣を敷き万全の構えを見せていた。
戦闘開始前の精密な砲撃によるデモンストレーションは、羅侯を初めとする
錬軍全体に衝撃を与え、すでに敵を呑んでいた。


66 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/17 10:51:08
銀河戦国群雄伝ライ・合戦列伝 北京沖の合戦
○合戦の推移 その2

動揺する兵士を叱咤する様に、羅侯は全軍に突撃命令を出した。
猛烈な速度で迫ってくる錬軍の勢いを削ぐ為に、五丈の軍師・師真は
全軍を左右二つに分かれさせる。それを見た羅侯も軍を二手に分けて
それぞれに突撃させた。しかし五丈側の巧みな操艦について行けず、
何時しか左右から挟撃される形となってしまい、そこに五丈軍は
一斉砲撃を開始。左右からの十字砲火によって錬軍は大混乱に陥った。
しかし羅侯は逃げ出す味方を砲撃して、遮二無二に前進させ
ようやく錬軍は五丈の戦列に辿り着き白兵戦を開始した。


67 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/17 11:09:59
銀河戦国群雄伝ライ・合戦列伝 北京沖の合戦
○合戦の推移 その3

ついに接近戦に持ち込んだ錬軍だったが、その間に師真は全軍の
陣形を変更させ、左右に分かれた五丈軍は互いに延翼しながら
元の中央で合流し、錬軍を三方向から包囲するU字形の陣を
完成させた。そこからのさらに効果的な砲撃によって、新参兵からなる
錬第一陣は完全に崩壊し、羅侯は主力兵からなる第二陣を投入した。
五丈側の優勢は依然変わりなかったが、第二陣の主力兵の粘りも
凄まじく、五丈軍も局地的に大きな被害を出し始めた。


68 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/17 11:33:02
銀河戦国群雄伝ライ・合戦列伝 北京沖の合戦
○合戦の推移 その4

敵に包囲され圧倒的不利な状況で苦戦する羅侯は、とにかく敵中央の
突破、分断を目指していた。そこに武将・金角が率いる約3万の援軍が
戦場郊外に到着したとの報が寄せられる。反撃の好機到来と大喜びする羅侯は、
金角に五丈軍の背後を突くように命令を出した。
しかし、金角は動こうとせずにただ戦場を傍観するばかりだった。
彼はすでに師真に篭絡され、戦いの折には五丈側に立つ事を承諾していた。
だが、かつての主君・羅侯への直接の攻撃も躊躇われて、結局
戦闘に参加しない傍観者の立場を決め込む事にした。


69 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/17 11:54:23
何でかは知らんが、微妙に変えて話してるな。
第一陣に砲撃して、ドサクサにまぎれて白兵戦にしたんじゃなく、
白兵戦をやってるど真ん中に砲撃を叩き込んでただろ。

70 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/17 12:19:29
そもそも12万とか兵少な過ぎ。

71 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/17 13:10:03
銀河戦国群雄伝ライ・合戦列伝 北京沖の合戦
○合戦の推移 その5

五丈側の優勢も何時しか鈍り、次第に戦は一進一退の様相を見せ始めた。
この不測の事態にライと師真は少なからず動揺した。士気、錬度ともに
大幅に勝っている五丈兵士だったが、これまでの遠征の疲労が想像以上に
蓄積されていた。死闘が長引くにつれその影響が色濃く出始めた。
羅侯はついに近衛兵の第三陣を投入し、自身も戦闘に参加した。
羅侯の執念が当初の予想を覆し、勝敗の行方は分からないものとなった。
戦場を傍観する武将・金角も羅侯の敗北は避けられないと見ていたが、
状況が変わり、この合戦の勝敗を握るのが自分達である事に気付き始めていた。
羅侯も師真も、どうにか金角軍を動かそうと躍起になっていた。


72 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/17 13:32:41
関が原のパクリか?

73 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/17 19:42:40 ,
というより、誇張されているので、
本編とはちょっと違った構成となっております。

74 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/17 20:51:27
銀河戦国群雄伝ライ・合戦列伝 北京沖の合戦
○合戦の推移 その6

羅侯からの再三の攻撃命令に金角は迷っていた。五丈側の圧勝に終わる
はずだった当初の予想は外れ、少なくともこの合戦においては、自分達が
味方した側が勝利者となる。五丈か錬かと迷う金角だったが、そこに
多数の砲弾が飛び込んできた。砲撃は五丈軍によるものだった。
師真は金角の性格を読みあえて強硬策に出て、砲弾による威圧を行った。
それに屈した金角は遂に決意し、自軍を錬軍に向けて突入させた。
錬軍はひとたまりもなく総崩れとなり、勝敗は完全に決した。
五丈軍の執拗な追撃によってほとんどの艦艇は捕獲、破壊された。
錬王羅侯は近衛兵の活躍で何とか脱出に成功したが、首都大王理を放棄し
南蛮の奥地へと逃げ込まざる得なかった。


75 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/17 21:54:20
銀河戦国群雄伝ライ・合戦列伝 斉王都沖の合戦
○合戦への経緯その1

北京沖の合戦に勝利した五丈軍は錬国首都・大王理に入城し、遂に南天制覇を
成し遂げた。しかし南天領内には未だ不穏分子が多く、完全な平定への道程は
まだ遠かった。北京沖合戦に参加せず一人別行動をしていた錬の大都督・姜子昌は
もはや武力では五丈に太刀打ち出来ないと悟り、各種陰謀による五丈国の弱体化を
目指していた。その彼が目を付けたのが、五丈の西にある西羌国だった。
西羌王・秦テイカツは五丈王ライに服属していたが、自国の行く末に不安を
抱いていた。姜子昌は使者を送って、南天征伐で本国をガラ空きにしてる五丈を
倒すなら今、と働きかけ、さらに莫大な軍資金と錬が誇る巨大戦艦3隻を供与した。
秦テイカツは遂に五丈国への侵攻を決意する。


76 :研究会:05/01/17 22:03:14
銀河戦国群雄伝ライ・合戦列伝 斉王都沖の合戦
○合戦への経緯その2

秦テイカツ率いる西羌軍4万5千は、南天征伐で無防備となった五丈領内を易々と突破し
五丈首都・斉王都に迫っていた。首都の留守を預かる五丈国大将軍・孟閣の下にある軍勢は、
1個師団5千隻のみだった。
約10倍の敵に立ち向かわねばならない彼だったが、偵察隊から西羌軍の陣形についての
報告を受けると、敵が未だ近代戦を理解してない事に勝機を見出し、部下を励まして出陣した。
五丈軍5千と西羌軍4万5千は、首都近辺の斉王都沖で戦闘を開始した。


77 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/18 00:41:08
>>73
何のためにコイツはそんなことをやっているんだ?
読んだことのあるヤツは腹が立つし、
読んだことのないのが、誇張した内容で面白くなければ、ライを読まないだろうし、
読んだことのないのが、誇張した内容で面白くて、ライを読んだら、展開が違うから腹が立つだろうし。

遠まわしな誹謗中傷?

78 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/18 01:14:20
なんか北京の合戦の内容おかしくないか?
新参兵が大半を占める軍隊って初めに出てるのに(つまり主力兵が少ない)
新兵があっけなく全滅した後の、少ない主力兵との戦いで何でいきなり
五丈軍が苦戦するんだ? フツーしないだろ。

79 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/18 07:34:42
>>77
いや、俺が書いたわけじゃないからわかんないんだけどな(笑)

>>78
疲れたから。
南蛮人の戦闘力は一般人でも武装すれば兵士になるくらいすごい。
艦隊戦のような高度な技術と訓練が必要な戦いでは五丈に劣っていたけれでも、
白兵戦となれば互角に近い戦いができる。
また五丈も練軍の主力が出る時に備えて、決戦兵力を残しておかねばならず、
そのため五丈軍は疲れのため苦戦していたのだ。


80 :研究会:05/01/18 10:33:44
銀河戦国群雄伝ライ・合戦列伝 斉王都沖の合戦
○合戦の推移 その1

西羌軍の編成は、連隊レベルにまで大型、中型、小型艦をバランスよく配備し、
それら部隊を旗艦の回りに均等に配置する旧世代のもので、これは、
同一艦種で部隊を組み、それを集中運用する近代戦術と全く異なっていた。
五丈国大将軍・孟閣の率いる軍は数こそ少ないが(敵の1割)高速戦艦からなる
精鋭部隊で、近代戦の定石である機動戦術を存分に発揮する事ができた。
孟閣はここに勝機を見出し、高速移動に有利な単縦陣を敷いて決戦に臨んだ。
対する秦テイカツは軍を3つに分けて、自分の率いる中軍の両翼を二人の弟(元帥)
に固めさせた。やがて、孟閣軍が西羌軍の戦闘圏内に高速で突入し、合戦の
火蓋は切って落とされた。


81 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/18 10:46:12
銀河戦国群雄伝ライ・合戦列伝 斉王都沖の合戦
○合戦の推移 その2

西羌軍は猛烈な砲火を浴びせたが、矢の様な単縦陣で高速移動する孟閣軍は巧みに
それをかわし、まず敵の左翼に回りこんで、全艦による一点集中砲撃を叩き込んだ。
西羌軍の戦列に亀裂が入り、その部分の指揮系統を無効化した。
西羌軍は豊富な火力で砲弾の雨を降らせるが、そのほとんどがかわされてしまい
逆に自軍をクルクルと回る孟閣軍によって、あちこちの戦列に亀裂を入れられていた。
錬から供与された3隻の巨大戦艦も、布陣の失敗からその火力を生かす事が出来なかった。
孟閣の指揮とその艦艇の操艦は見事で、西羌軍は完全に翻弄され空しく弾薬を消費する
ばかりだった。


82 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/18 10:55:11
銀河戦国群雄伝ライ・合戦列伝 斉王都沖の合戦
○合戦の推移 その3

しかし、やがて孟閣軍に不運が訪れる。
西羌軍の放った一発の砲弾が、偶然にも先頭を走る孟閣の旗艦に命中し、大破した旗艦は
そのまま右に旋回して、後続の長い艦列の間に突っ込んでしまった。
先導艦の機能を失った孟閣軍は大混乱に陥り、一時その場に停滞してしまう。
そこに西羌軍の猛烈な砲火が浴びせられ、孟閣軍は壊滅状態に陥った。
一瞬の出来事で敗北に追い込まれた孟閣軍は斉王都への退却を開始する。旗艦が大破した
孟閣も負傷しながら斉王都に辿り着いた。
西羌軍は勢いにのって斉王都に突入し、五丈軍は必死の防戦を試みるが遂に突破され
五丈国の首都・斉王都は西羌軍の支配下となった。
攻城戦の最中に孟閣は戦死し、ライの正室シモンも瓦礫に巻き込まれて死亡した。



83 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/18 13:20:22
この書き方だと潰されたように見えるぞ>シモン

未見の皆様、奥方は負傷し、その傷が元で他界しますです。

84 :研究会:05/01/18 16:54:55
銀河戦国群雄伝ライ・合戦列伝 斉王都沖の合戦
○合戦の総評

この斉王都沖の合戦は規模的にはB級レベルだが、旧戦術の大軍に近代戦術の
小軍が善戦したという点で、戦史上度々取り上げられる人気の高い合戦の
一つになっている。敵の1割程度でしかない孟閣軍は、機動戦術を駆使して
西羌軍の約半数を戦闘不能状態に追い込んでいた。

この近代戦術は神聖帝国末期に考案され、かの五丈国祖ヒキ弾正が北天の
群雄割拠を制したのも、それを本格的に採用し合戦に用いたからだった。
秦テイカツは近代戦術に疎かった故に、せっかくの帝虎級戦艦3隻を
ただの戦艦の延長程度にしか使えなかった。その3隻を別部隊とし
機動戦を理解する武将に率いさせれば当初の苦戦は無かっただろう。

孟閣の戦闘指揮は見事だったが、先導艦破損時の迅速な指揮権交代ルールを決めて
置かなかったのが致命的だった。彼の敗因は全く不運な被弾によるものだが
(これは後世「運命の一弾」と呼ばれている)戦場ではあらゆる事態を想定して
おかねばならない。二番艦、三番艦に先導権を委譲出来ていれば、あの時点での
敗北は避けられていた。秦テイカツが帝虎級戦艦の用い方を知らない以上、
その後に勝利していた可能性も高い。


85 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/18 21:53:15
ライの世界設定で、将がやられて兵が浮き足立たない・・・っていうのは疑問だな。

そんなに近代軍隊じゃねーだろ。

86 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/20 22:01:51
モウカクvsシンテイカツの戦いのモデルは
日清戦争時の黄海海戦がモデル。


87 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/23 04:00:45
なんか専門的な話になってるところにオタ妄想ですまんが、
シモンが西羌の攻撃で死ぬ前にライの子供生んでて、
そのあとでその子を育てるのが妊娠しなかったレイラっつーのはどうでしか
その方がキャラが生きてた気がする


88 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/23 11:46:51
自分としては、レイラは漢の呂后になるイメージがある。
物語後半のちょっとハードな展開を見ても、中国古代史に傾倒した
作者はそっち方面を志向してるみたいだし。

89 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/24 12:14:27
後継者問題ではすごいことをしたみたいだからな。
たしか「三大悪女」の一人になるんだっけ?

90 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/24 12:30:08
>>87
あれ?
確かシモンの子のボンテン丸とレイラの子のショウジュ丸が
いたんじゃなかったか?
ボンテン丸は風前の灯火の様な気がする。


91 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/24 12:34:03
>>90
シモンは子供いなかった。
側室の子だろ。

92 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/24 13:13:54
>>90
紫紋に子はいない。
梵天丸は麗羅の子で、松寿丸はもう一人の側室、綺羅の子だ。
どっちにしろ麗羅と綺羅の骨肉の争いが起きるのは
避けられないだろうが。
ライが早逝したら、それこそ麗羅の比紀氏一族と綺羅の羅氏一族の
争いで、下手したら大規模な内乱になるだろうな。
それに乗じて、ライのもう一人の庶子、ジャムカも出てくるだろうよ。


93 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/01/30 14:33:00
>>92
いや〜。
松寿丸は、楊尚香との子なんだが・・・

普通間違えるか?
ちゃんと読めれば。

94 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/02/17 01:48:24
むかしっから人がバンバン死ぬ話書くのが大好きなデブだったな

95 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/02/17 15:27:51
どーでもいいが、あの探偵ファイルの記事は本当なのだろうか?


96 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/02/17 15:34:17
>95
何の記事さ?

97 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/02/17 15:44:07
アレだよ。あの元アシ(リューナイトの作者)の発言にやつ

98 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/02/17 16:01:07
>97
詳細キボン

99 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/02/17 16:15:26
>>98
このスレにあるので探してくれ。
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/rcomic/1083540497/

100 :名無しは無慈悲な夜の女王:05/02/17 21:11:34
アタイこそが100げとー

101 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/03/29(火) 19:15:21
雷の、直情径行で気風のいい、単純バカから、腹黒い非情な覇者への変貌が、
必要なことだったのだろうけど、納得いかなかった。

詩紋ちゃんの死がきっかけになるとかだったら良かったのに。

102 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/03/30(水) 06:24:37
このマンガ作者本人がエロ同人書きまくってるのが珍しいな

103 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/03/30(水) 09:45:21
なんの、珍しいものかよw

104 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/03/30(水) 10:41:00
あー、自作品のセルフエロパロって意味では珍しいか

105 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/03/30(水) 11:59:14
>>5
>>6

「人道」ひいては「民意」が無視出来ない要素というのは、
それはそれで難しくて面白いと思う。

106 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/03/31(木) 14:37:31
雷と覇権を争うのは正宗であって欲しかったなあ。
そしたら、ジャムカの存在感も、より重くなったと思う。

雷と正宗が直接会う、つまりナニするのが可能な機会だって、増えていた
ろうしさw

107 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/03/31(木) 14:38:34
「ナニするのが可能な機会」てのは、現実的な意味でな。

108 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/03/31(木) 18:10:35
紫紋が、虎になって宇宙を飛んできた羅侯にナニされるエロパロとか、
背徳的でイイ感じがするがどーかなー。

109 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/04/08(金) 11:16:11
hosyu

110 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/05/06(金) 17:41:24
真鍋先生にイベントにて伺ったが、五丈の銀河帝国、10代くらいで
滅びるんだそうだ。

「雷の帝国が順調に発展したら、工業化が進んで、市民階級が勃興して、
いずれ立憲化ってことも有り得るんでしょうか」と伺ったら、前記のお
言葉。
「そう甘いもんじゃないよ(笑)」とのことでした。

111 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/05/18(水) 18:39:02
滅亡と、乱世と、新たな英雄による天下取りの話もおもろそうだなあ。


112 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/05/20(金) 04:41:01
この漫画家さん救いの無い話書くの好きだよね

113 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/05/21(土) 03:43:43
ライはマシな方だろ。

アウトランダーズとか、主人公2人以外皆殺しだもん(笑)。

114 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/05/28(土) 02:54:11
厳密に言うと従者のチビ一族以外は皆死ぬ予定だったが
情が涌いてしまったので主役カップルだけは見逃してやった

115 :吾輩は名無しである:2005/06/04(土) 11:46:42
9

116 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/06/17(金) 00:25:14
hosyu

117 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/06/18(土) 21:28:46
>>101
そうかな?ライは最初からではないにしても野心家になる素地はあったろう。
それと
>>113−114
アウト乱ダーズ本編しか読んどらんのか?後日談よく読め。
全キャラクター生きてる(と言っていいのか分からんが)ぞ

昔の話なので名前度忘れだが
本編の後で
あのメガネの女性(主人公の先輩)ね
親友の女将校&狼の将校(このカップルは子供まで生んでる)
主人公夫妻の元に遊びにきている。
とうぜん後日談だから本編とは矛盾は起きないようになってる。

ちなみにあのアウトランダーズでは、ある意味死んだキャラなど誰もいない。
全員生きてる。
後日談とサイドストーリー嫁ば分かるよ。ネタばれに成るので詳細は述べまい。
「○○○○の鍵」なんだなww
てわけでおそらくアウトランダーズと似たような世界観を考慮すれば
この話でも死んだキャラ皆無で
シモンがジャムカと話したり、正宗がライのもとを訪れたりする機会があって
も驚かんがな。

118 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/06/22(水) 11:56:34
あのアホらしい一年に一度亡者どもが戻ってくるお彼岸惑星の話か

119 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/07/08(金) 00:39:57
hosyu

120 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/07/15(金) 18:37:15
hosyu

121 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/07/18(月) 04:22:04
地球人皆殺し

122 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/07/22(金) 00:47:07
>>86
今更だけど・・・・ 運命の一弾って、日露戦争じゃなかったっけ?

123 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/07/22(金) 07:31:00
黄海海戦でツェザレウィッチかなにかの
艦橋にあたったヤツね。

124 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/07/28(木) 21:43:53
戦艦でドンパチしてるアニメのスレはここですか?懐かしい〜若かりし頃を思い出すのぅ〜

125 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/07/28(木) 22:17:49
>>124
戦艦でチャンバラ、のほうがふさわしいとオモタ。

126 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/07/29(金) 12:55:36
ライの原作者は誰でつか?

127 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/07/29(金) 12:59:28
オレW

128 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/07/29(金) 18:32:04
>>127
なら、オマイに言いたいことがある。
なぜ、正宗を病気で殺した。
ライか羅候と戦って死ぬべきだろう。
一代の英雄をあんなふうに殺しやがって、てめーどういうつもりだ !?

129 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/07/30(土) 19:25:57
英雄の最後なんて損なもんだ

130 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/08/18(木) 23:26:32
今から全巻集めようとすると高いな。
1万円以上かかる。

131 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/08/20(土) 15:59:36
100円コーナーいけばいいじゃん

132 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/08/23(火) 00:06:41
大型本だから高いんだな。
100円じゃ売ってないと思う。

133 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/08/23(火) 01:44:22
ドラクゥーンもライもアウトランダーズも100円コーナーで購入しますた

134 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/08/30(火) 23:43:57
>>128
>なぜ、正宗を病気で殺した。
>一代の英雄をあんなふうに殺しやがって

三国志で言うと、主なところで、孫策、周瑜、曹操、劉備、諸葛孔明、孫権。
ごろごろ病死してるな。

135 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/09/17(土) 11:45:41
hosyu

136 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/09/24(土) 09:57:36
正宗が病気にかからなかったら、天下をとれたかしらねえ?

137 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/09/25(日) 00:12:51
>>136
弟である智王に天下を取らせることが出来たか?、という質問なのか?

138 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/09/25(日) 00:54:22
これって作者が♂アシと共に♀アシたちを次々と輪姦していくやつだっけ

139 :名無しは無慈悲な夜の女王:2005/12/07(水) 14:45:19
23巻で華玉がレイープされる
シーンでハアハアしたのは俺だけですか?

140 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/04/10(月) 06:03:57
>>139
どんな感じ?

141 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/04/10(月) 10:21:50
>>140
汚らしい部屋に叩き込まれる華玉。
乱れた髪をそのままに顔をあげる華玉。
荒くれ男どもがニヤリと笑い寄ってくる。
男どもに周りを囲まれ、組み敷かれ、衣服を破られる華玉。(ただし大事なところはみえません)

これが一コマずつ。
>>139は想像力がたくましい。うらやましい。

142 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/05/04(木) 23:27:51
ジャムカの話に矛盾してないかと気になる点あるんだけど
あれって皇帝即位から12・3年は経過した頃の話だったと思うけど

正宗最後の出撃時点でジャムカが少なくとも3〜4歳で7年後銀河統一なら
ジャムカの年齢は17歳前後は無理だよな・・・25歳前後の筈

143 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/05/10(水) 11:26:21
>>123
黄海海戦じゃなくてツェザレヴィッチなら日本海海戦だろう

144 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/05/11(木) 09:46:51
>>139のシーンは作者の同人で補完されている。

145 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/05/13(土) 15:00:17
>>130
古本屋なら1冊100円か200円で売ってる店も多い、全巻揃ってない場合が多いけど・・・
あとネットオークション等でも全巻セットが6000円前後からで出回ってる

146 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/05/14(日) 00:24:32
ライのことをずっと見張ってた密偵のねーちゃんが萌えだった。

147 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/05/14(日) 13:22:58
ここまで読んだけど、いろんな戦史から露骨にぱくってますな。
吟詠もぱくってるけど、もうちょっと巧妙やね。
けどおもしろそうだから古本屋で探してみよう。

148 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/05/14(日) 14:22:26
>>147
銀英伝も露骨だぞ。
最近アメリカの移民の歴史の本を読んでいたら、
スールズカリッターのエピソードそのまんまのアメリカの政治家とかあったぞ。

149 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/05/14(日) 20:15:15
>>148
吟詠はぱくるにしても、普通の日本人が知らないことからぱくってる。
けど、この本は関が原やら黄海海戦やら
ちょっと歴史小説読む日本人なら知ってることからぱくってるように見える。

150 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/05/14(日) 20:36:38
最初は日本の戦国時代だったのに途中からシナになったな

151 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/05/15(月) 17:17:03
戦国時代と思えるのは2巻ぐらいかな

あとライの世界は技術の退化が感じるんですが・・・
作戦会議や通信に初期はテレビジョンや立体映像らしきもの、
無線通信等やレーダー等の機械技術が存在してたはずなのに

六紋海辺りからは哨戒は目視、南天侵攻時は長距離通信は船で文書の送り届け・・・・


152 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/05/17(水) 01:34:52
>>151
戦争のせいで文明が衰退している。

153 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/05/19(金) 01:27:27
普通は戦争が技術を発展させるのでは

154 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/05/20(土) 09:35:07
弾正と正宗は技術者を優遇しそうだが、ライとか羅侯とかは冷遇してそうだ。
二人とも鼻がきくから、レーダの価値が分からなさげだし。

155 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/06/16(金) 10:06:09
これってアニメでやってたやつ?

156 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/06/16(金) 11:36:25
そう

157 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/06/16(金) 13:18:24
♪己〜との戦〜

158 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/07/05(水) 20:19:08
>>151
そうそう。始めの頃は空母機動部隊や艦載機なんて代物も出てたのにな・・・。
いつのまにかメインはWW2レベルの大艦巨砲と白兵・近接戦にとって変わられた。
絵にしやすいのは解るが、一度出したからには航空機動戦術とかもきっちり
描いて欲しかったと思う俺はここの住人的に見て異端だろうか・・・。

159 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/07/06(木) 05:43:57
銀河戦国群雄伝ライ
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/rcomic/1152132173/


160 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/09/16(土) 16:03:45
作者自ら同人描いてたのはいいんだが……
今はエロマンガ家になっちまった

161 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/09/16(土) 22:59:12
作者がアニメの砲撃シーンのショボさに憤ってたことくらいしか覚えてないww

162 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/09/19(火) 21:30:31
俺はアニメの主題歌の歌無しバージョンが、
なんでも鑑定団で、中国の陶器を紹介する時にかかっていたことくらいしか憶えていない。

163 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/09/22(金) 02:03:50
三石の最後のヒロイン役だな(エクセルはヒ-ロ-)
アニメのほうが展開的に好きだったな
ク-デタ-とか

164 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/09/23(土) 21:21:43
裏銀河戦国群雄伝うpキボン

165 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/09/24(日) 03:04:12
ライが黒くなってくのって太助が死んだ頃からだっけ?
あっさり流されてた気もするが・・・。

166 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/09/24(日) 08:37:42
黒くなるタイミングがちっと変だよなあ。
「情のライ」と「理の師真」とあったのに、
皇帝になったら「清濁あわせもつ大人物」になっちまったからねえ。
太助は死ぬときはドラマチックだったが、
支配者としてのライの性格が変化するのであったのなら、
太助よりも狼刃が死んだときの方が説得力があると思うな。

最後の方に「権力者の孤独」と書いてあったけど、
暮らしぶりが裕福になっただけで、周りの面子もやってることも師団長時代とかわりねえ。

167 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/09/24(日) 09:34:39
血の気が多いだけで、別に黒くもなってないよね
ひたすら覇道を突き進んでるだけで
まわりがそれについて来れないなら、黒いとなるけど、普通について来てたし

168 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/09/24(日) 10:46:21
>>167
ところが、キャラ紹介のところには「権力者の孤独」とか書かれているんです(笑)

169 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/09/24(日) 16:06:20
猜疑心が強くなる訳じゃないもんね。
公旦を大将軍に抜擢はするけど、
人質に女を後宮に入れさせる位のことはヤって欲しかったぜ!

配下が戦功を上げるたびに嫉妬心で気が狂いそうになるライー。

170 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/09/25(月) 12:00:58
英真をきっちり殺したり、正宗の弟(名前忘れた)を自殺させたりしたのは変わって行った
ところだとは思う。師団長やってた頃なら殺さず甘い処置で済ませたはず。

171 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/10/02(月) 18:35:03
羅候は結局雷と対比させると
小人物になってしまったのが残念
正宗や狼刃を強く書きすぎたんだな

雷どころか骸羅より器が小さく見える羅候

172 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/10/03(火) 21:30:41
その割には雷や師真は羅候をやたら高く評価してるのがなんだか不自然なんだよな。
正宗や玄偉の方がラスボスには相応しかったと思う。いずれも中途半端な所で死んでしまった
のが残念。

173 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/10/04(水) 00:26:31
特に玄偉だよな。あのやられ方は雑魚過ぎた。
弾正も退場早過ぎたし。

174 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/10/06(金) 20:37:27
せめて羅侯個人はライよりも強い・・・くらいの設定はあってもよかったかもなあ。

かろうじて戦闘力がライと互角くらいで、
支配者としての質も、部下も、国の質も五丈に劣っているからな。

175 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/10/07(土) 04:06:46
>174
いや部下の質ではそんなに大差ないし国力ではむしろ上回ってた。(多民族国家なので団結力に欠ける
という問題はあったが。)
やっぱり問題は羅候個人の資質だろ。つうか読み返してみると羅候自身が支配者として
優れている描写が全くと言っていいほどないな。本当になんで雷はこいつを好敵手として認めて
いたのか謎だ。




176 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/10/08(日) 00:53:39
>>175
いや、国力というか質がかなり劣る。
飛竜が言っているが「物量をそろえてはじめて練は智に対抗できた」ってな。
実際物量で勝った決戦で敗北したらもう一方的に負けたし、
それを支えるような家臣もいなかった。

177 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/10/08(日) 03:03:14
>>176
姜子昌とか龍緒とかを使いこなせなかった面がある。

178 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/10/08(日) 03:46:14
羅候がライバルになってからつまらなくなった、というのは同感。キャラとしての魅力に
乏しかったからなぁ。漫画としてのピークは狼刃との決戦あたりだろうか。

国力は南蛮側の方が優勢だった記憶があるなぁ。帝虎だっけ ? 一個艦隊に匹敵する超巨大
戦艦を量産してたから。まぁ、こういう超兵器は活躍しないのはお約束だけどw

>>175
羅候個人の活躍というと、嫁取りで南蛮王の跡取りになれたことくらいかな ?

>>176
家臣の人材不足は感じたね。姜子昌が孤軍奮闘していて孔明のように過労死しそうに
なってるのには苦笑してしまった。孔明モデルにしてるはずの師真と立場が逆w

179 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/10/08(日) 21:24:41
個人的には、五丈再建している辺りが一番好きだったなあ。
ああいう建国物な雰囲気が好きなんで。

>>176
つーか、雷陣営が三国志でいうなら魏+蜀の美味しい所取り状態だからな。
後半一方的過ぎ。

180 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/10/09(月) 00:19:43
自分は、龍緒が国を守るために裏で色々やっていたエピソードが好きだったなぁ。
羅候の乱心を隠すために魚鳥目(だっけ?)の一族を皆殺しにしたりとか。
和平交渉に対して謀叛の疑いを掛けられて自分の一族も皆殺しにされたのに、それでも国を守ろうとしたりとか……
龍緒、カワイソ。

>>178
>羅候個人の活躍というと、嫁取りで南蛮王の跡取りになれたことくらいかな ?
羅候個人の活躍というより、南蛮王が老衰で死にかけていて耄碌していたとしか……
羅候を跡取りにしなければ、南蛮まで五丈に征服されることもなかったかもしれないし。
それに、五丈に征服される前に羅候に南蛮を国中無茶苦茶にされていたような……

>家臣の人材不足は感じたね。姜子昌が孤軍奮闘していて孔明のように過労死しそうに
>なってるのには苦笑してしまった。孔明モデルにしてるはずの師真と立場が逆w
人材不足というより、そもそもの原因は羅候と思った。
主君がアレでは、それでも頑張ろうと思うのは、それこそ、親友の姜子昌ぐらいじゃね?
配下に有能な人材がいても、さぼるか、逃げるか、叛乱するわな(笑


181 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/10/09(月) 01:23:47
>178
>羅候個人の活躍というと、嫁取りで南蛮王の跡取りになれたことくらいかな ?
あれだって姜子昌が考えた策に乗っかっただけだろ。別に羅候の功績じゃない。
強いて言えば南蛮王を継ぐのに反対して反乱を起こした夏候才を許した事ぐらいかな、
支配者の器を感じたのは。せめて項羽や上杉謙信みたいに合戦のセンスは天才的、のような
描写があれば良かったのに。力攻めしか能が無いからな。

182 ::2006/10/09(月) 05:25:36
usowotuke


183 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/10/10(火) 00:55:30
人材でも姜子昌は師真に劣り、五丈には林やら他にもいるからな。


184 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/10/13(金) 14:43:37
艦隊戦だったら、やはり正宗が一番なんだろうか

185 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/10/13(金) 18:22:06
師真には負けるんじゃないかな>政宗

186 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/10/15(日) 14:24:07
>>179
俺は左遷先の南京楼で雌伏してるのが好きだった。
あの時期をもっと長くして密度を濃くすれば良かったのに。
偽帝討伐篇の無茶っぷりが少しは減ったと思う。

会戦なら六紋海前後の凄まじい展開は好きだった。
正攻法で包囲殲滅を狙う姜子昌と一発逆転の奇策に掛ける師真の駆け引きは痺れたなあ。

187 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/10/15(日) 14:28:54
数の単位が馬鹿馬鹿し過ぎる。
銀河レベルだろうと26万vs8万で十分。

188 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/10/15(日) 19:31:48
>>187
宇宙なんだから、でかいほうがいい。

189 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/10/15(日) 22:24:30
無限に広がる大宇宙…

190 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/10/22(日) 02:44:12
OPのCDってタイトルは?
すげー気に入った。
今さらだけどwww

191 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/10/22(日) 17:59:53
雷伝説

192 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/10/31(火) 09:18:59
cxvvx

193 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2006/11/01(水) 00:55:39
骸羅の弟の軍師が惜しかったなあ。
どうにか活かせなかったものか。

あと、羅侯の子供達。
殺さずに、ライが引き取って、羅侯の妹に育てさせても面白かったのでは。
んで、将来、5人のうち2人が叛乱を起こし、2人は忠実な五丈の将帥になって兄弟対決。
残り1人は野に下って師真の弟子になるとか。

194 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/11/03(金) 14:28:02
そういう二次創作小説でも書けば

195 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/11/06(月) 01:43:45
誰もスレタイに突っ込まないことに絶望した。
銀河戦国群雄伝なんだがな・・・。
まあどうでもいいか。

196 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/11/06(月) 09:13:17
いや、突っ込むまでもなく、みんな知っているし。

197 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/11/06(月) 18:33:33
銀英伝と混同したんだろうなw

198 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/11/13(月) 13:41:52
てっきり、ゲームの英雄伝説が元かとおもったよ。

199 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/11/15(水) 02:29:39
スレタイはわざとらしいのがミエミエだからいいとして、
スレ冒頭の研究者とやらが書いてる大嘘ダイジェストの方が問題なので
あっちを何とかしてほしい。

200 :名無しは無慈悲な夜の女王:2006/12/03(日) 00:47:49
原作を”正史”として見てるんだろ。
数字関係は大嘘もいいとこだし。
それくらいの度量はあっても困らんよ。

201 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/01/01(月) 18:15:05
あけおめ

202 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/01/04(木) 19:14:46
こんなところに豚のカツ丼スレがあったのか。
何たって師真の天下取りの方針を記した巻物が三国志の人物名列挙だからな。
さすがパクリコン。

203 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/01/05(金) 02:45:09
>>202
>師真の天下取りの方針を記した巻物が三国志の人物名列挙だからな。

何のことか判らない。
もう忘れただけかもしれないが、詳しく教えてくれると助かる。

204 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/01/05(金) 21:53:50
>>203
たしか8巻結婚直後、林が書庫で読書三昧をしてたところを師真に見出されて、
「将軍(雷)に献上する天下取りの方針をまとめたものだ」と巻物に文字が
羅列されたものを林に見せ、「明日までコレの代案を作ってもらいたい」と
師真が林に言ったところ。ページ数は忘れたが。
あの巻物のページを逆さまにして目を凝らして良く見ると、文字の羅列から
三国志の人物名がたくさん出てきますよ。


205 :203:2007/01/06(土) 03:19:42
>>204
最初から、そんな細かいトコ見てない。orz
スゴイね。

206 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/01/06(土) 17:23:11
パクリコンだから犬いきなり連載切られるんだよ。
犬は同人で続けてるようだが。

207 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/01/09(火) 12:30:18
ライの中小ヒットで大御所を気取りすぎて、犬という無茶な企画を押し通し
かねてよりの敵の多さもあって、その雑誌がやや復調した途端
突然の連載打ち切り、後はどこからもオファーが掛からずに(ポルノ系からは幾つかあったが)
同人作家まっしぐらというやや自業自得的なパターンだな。。。
もうちょっと謙虚に人当たりを良くしとけば、まだまだ行けたはずの作家だけに惜しい。


208 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/01/10(水) 00:49:15
アダルト系も中途半端でアレだが、結局喧嘩別れした原因てなんだっけ?

209 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/01/10(水) 03:06:26
一つの決定的な出来事じゃなくて、それまでの因縁の積み重ねじゃないの?
日記を読んでも、原稿紛失に対して過剰なまでの反応を示したり
一時断筆したり、尊大な物言いをしたりだから、これじゃ軋轢が生じて当然
アニメ批判も明らかに度を越してたしな。
原作改変なんてザラにあるケースなのに、あーまで叩くのはちょっと

210 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/01/10(水) 15:12:52
マルコポーロ一発廃刊という前例があるにも関わらず
あの漫画の連載を許可してくれた編集者の寛大さを理解できない時点でイタかった。

そういや、作者サイトから尊敬する人物「アドルフ・ヒトラー」と
仕事部屋の鉤十字の旗写真が消えたのは、やっぱりイスラエル団体からの
挨拶があったからかな?

211 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/01/10(水) 15:16:37
イスラエル団体って、結構こまめに挨拶しに行くんだよ

212 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/01/11(木) 20:56:22
それは怖い

213 :名無しは無慈悲な夜の女王:2007/04/05(木) 14:06:00
魚長目の顔が出目金なのか普通の魚なのかわからん

56 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)